児玉利一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
児玉 利一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 (1919-02-19) 1919年2月19日
没年月日 (2008-09-03) 2008年9月3日(89歳没)
身長
体重
179 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手投手
プロ入り 1951年
初出場 1951年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1954 - 1955)
  • 大洋ホエールズ (1976)

児玉 利一(こだま りいち、1919年2月19日 - 2008年9月3日)は、大分県大分市出身のプロ野球選手内野手)、野球解説者。

経歴[編集]

大分商業学校時代にセンバツ出場。

その後明治大学に進学し4番として活躍。全大分から1951年に32歳の年齢で名古屋ドラゴンズに入団。この年は内野手としてプレーしつつ、投手としても数試合投げた。翌年からは定位置を確保し主力として活躍。

1954年西沢道夫杉山悟と強力クリーンナップを組み、リーグ優勝及び日本一には4番・三塁手として貢献した。1955年1956年ベストナインを獲得した。

1957年大洋ホエールズへ移籍。1958年引退した。引退後は大洋でコーチを務めたほか、フジテレビ関西テレビ東海テレビ広島テレビ(クロスネット時代にFNS向け)・テレビ西日本東海ラジオでプロ野球解説者としても活躍した。特に、相次ぐ現場復帰でフジテレビ系列局の解説者が不足した時期には大部分の全国中継を担当していた。

カーブを打つのが上手く、「カーブ打ちの名人」と言われていた。

2008年9月3日前立腺癌のため死去[1]。享年89。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1951 名古屋
中日
75 204 166 16 46 7 1 3 64 36 1 0 3 -- 35 -- 0 19 4 .277 .403 .386 .789
1952 119 502 434 67 115 14 2 5 148 54 8 4 5 -- 62 -- 1 39 14 .265 .358 .341 .699
1953 106 404 347 36 105 24 2 5 148 58 6 4 3 -- 51 -- 3 32 5 .303 .397 .427 .823
1954 107 422 353 41 96 21 2 10 151 47 3 3 2 8 54 -- 5 37 9 .272 .376 .428 .804
1955 108 400 355 34 112 21 2 8 161 45 7 5 1 2 40 4 2 28 11 .315 .388 .454 .841
1956 121 448 371 34 102 16 0 3 127 45 3 5 1 1 73 7 2 28 8 .275 .397 .342 .739
1957 大洋 125 493 439 40 110 15 1 7 148 32 1 2 1 1 46 3 6 32 19 .251 .330 .337 .667
1958 107 401 346 34 95 21 1 10 148 35 3 1 0 1 53 3 1 35 7 .275 .373 .428 .800
通算:8年 868 3274 2811 302 781 139 11 51 1095 352 32 24 16 13 414 17 20 250 77 .278 .374 .390 .764
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 名古屋(名古屋ドラゴンズ)は、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1951 名古屋 4 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 27 5.2 6 0 2 -- 0 1 0 1 6 2 3.00 1.41
通算:1年 4 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 27 5.2 6 0 2 -- 0 1 0 1 6 2 3.00 1.41

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 14 (1951年 - 1956年)
  • 5 (1957年 - 1958年)

脚注[編集]

  1. ^ プロ野球中日OBの児玉利一氏死去”. 時事通信. 2008年9月3日閲覧。

関連項目[編集]