内野手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
投手 打者 捕手 一塁手 二塁手 遊撃手 三塁手 右翼手 中堅手 左翼手
野球のポジション図

内野手(ないやしゅ、英:infielder、IF)とは、野球またはソフトボールで、内野の守備をする、(捕手から見て、右から)一塁手(ファースト)・二塁手(セカンド)・遊撃手(ショート)・三塁手(サード)の4人の選手(野手)の総称である。なお、公認野球規則では「内野に守備位置をとる野手」としている。

通常は、投球や返球に使用する利き手と反対側のに、グラブ(グローブ)と呼ばれる捕球用の防具を着用する。一塁手はミットを使用するのが普通である。送球の方向の関係上、一塁手以外は右投げでないとプレーに遅れが生じるため、通常は右投げの選手が起用される。一塁手は左投げが有利とされるが、打力優先のポジションであるため右投げ、左投げのどちらの選手も見られる。

関連項目[編集]