盗塁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

盗塁(とうるい)は、野球における攻撃側走者の進塁方法の一つ。走者が、安打刺殺失策封殺野選捕逸暴投ボークによらないで、一個の塁を進んだときに盗塁が記録される[1]。英語名はStolen Baseで略記はSBが使われる。日本でも「スチール」(steal) とも呼ばれる。

概説・規定[編集]

最も一般的なのは、投手の投球時に走者が次塁に向けスタートし、投球を捕った捕手刺殺を狙って次塁をカバーした野手に送球する。走者が刺殺されずに次塁に達することができれば盗塁が記録される。刺殺されてしまった場合には、盗塁刺盗塁死(とうるいし:Caught Stealing、英略記:CS)が記録される。

投手の投球が暴投捕逸になった場合、この投球が打者に達するより先に走者が次の塁に向かってスタートしていれば、盗塁とみなされる(暴投や捕逸は記録されない)[2]。盗塁を試みた際、送球がそれるなどで容易に1つの塁が奪えたときは、その送球を失策とせず、1盗塁を記録する。ただし、暴投や捕逸、悪送球などで2つ以上の塁を奪えた場合は、1個の盗塁と失策による進塁が記録される[3]。また、刺殺を試みた野手が落球してセーフになり記録員がその落球を失策と記録したとき、刺殺されてしまった場合と同じく盗塁死が記録される[4]。そのため、1回の出塁で2個以上の盗塁死が記録されるケースもある[5]

ヒットエンドランなどが実行され打者が空振りした場合でも、走者が進塁すれば盗塁、アウトになれば盗塁刺が記録され単独で走者が盗塁したものと記録は変わらない。足の遅い選手に記録されている盗塁・盗塁刺はこのケースが多い。最もよくあるパターンは一死でボールカウントが3ボール2ストライクになったときのもので、空振り三振と盗塁刺とで併殺となったものは俗に「三振ゲッツー」と表現される。

走者が盗塁を企てていたときに打撃妨害があった場合、盗塁を企てていた走者に1個の安全進塁権が与えられるが[6]、この場合も走者の盗塁は認められる[7]

2人以上の走者が同時に盗塁を試みることはできるが、うち1人でも走者がアウトになった場合、他の走者には盗塁ではなく野手選択による進塁が記録される[8]

走者が盗塁を試みた際、打席に立つ打者がファウル、もしくはインプレーの打球を打った場合、盗塁は成立しない。飛球の場合は、走者の次塁への到達如何に関わらず野手が飛球を正規に捕球した時点で走者に帰塁義務が生じる(タッチアップの項を参照)。逆に盗塁によって得点した場合には、打点は誰にもつかず、走者の得点のみが記録される。

打者走者が一塁に出塁後、走者としてそのまま二盗、三盗、本盗と3つの盗塁を行ない得点を挙げることをサイクルスチールパーフェクトスチールベーススチール・スウィーピングなどという。この際に記録される個人1イニング3盗塁は、甲子園の高校野球や日米のプロ野球では最高記録でありプロ野球では16選手が記録しているが、高校野球地方大会では1イニング4盗塁の記録も存在する。

高齢者同士による試合や障害者野球では禁止されている。

守備側の無関心[編集]

"Official Baseball Rules" や、それを基にした公認野球規則では盗塁を試みても、守備側がそれを封じようとする動作を見せない場合に、「守備側の無関心 (defensive indifference)」として盗塁を記録せず、代わりに野手選択を記録することが定められている。また、大量点差がついた試合での盗塁はタブー視されることがある(⇒野球の不文律)。

これまで日本のNPBのみこの規定を適用せず、守備側が無関心であった場合の進塁についても盗塁を記録していた。しかし2008年1月10日に行われたプロ・アマ合同規則委員会において2008年シーズンよりこの野球規則10.07(g)に「原注」をつけて無関心とみなす詳細な条件を加え、同規則を厳格に適用することを決定してこのような進塁を盗塁として記録しないことになり、1月28日に野球規則の改正が正式に発表された[9]。この改正が実際に適用された初めてのケースは、同年4月2日に行われた東北楽天ゴールデンイーグルス千葉ロッテマリーンズ戦である。9回表、ロッテが4点リードされている場面で一塁走者の竹原直隆が二塁へのスタートを切ったが、楽天の捕手・嶋基宏は送球をせず、竹原の進塁は盗塁ではなく野手選択と記録された[10]。ただし、守備側チームに盗塁が記録されることを強く拒む理由があると判断される場合には「無関心」とはみなされない。したがって、捕手が送球を行わなかったとしても、その理由が、例えば最多盗塁のタイトルを取らせたくないといったものだと判断されれば、野手選択ではなく盗塁が記録される。

逆走盗塁[編集]

二塁から一塁への盗塁や三塁から二塁への盗塁といった逆走盗塁は禁止されている[11]。アメリカで1920年に禁止が明文化されたが、それ以前は認められていた。メジャーリーグでは1902年ハリー・デービス1908年フレッド・テニー1911年ジャーマニー・シェーファーらが逆走盗塁の記録を残している[12]

戦術[編集]

盗塁のスタートを切るリッキー・ヘンダーソン(右)

最も基本的な盗塁の方法は、投手が投球動作に入る前に、牽制球に対し安全に帰塁できる程度の距離だけ離塁(これを「リード」という)し、投球動作を始めた瞬間に次の塁へ走り始めることである。対して投手は、走者の離塁を牽制するため、投球動作に入る前であれば、塁に牽制球を投げることができる。投球しなければならないモーションの段階で牽制球を投げた場合はボークと判定され、走者に安全進塁権が与えられる。

この他、守備側の牽制や送球の隙を衝いてスタートすることをディレイド・スチール (delayed steal) という。これは打球処理が終わった後に投手が投球準備に入るまでも含まれる[13]

二塁への盗塁を二盗セカンドスチール)、三塁への盗塁を三盗サードスチール)、本塁への盗塁を本盗ホームスチール)という。また、走者が一・二塁、一・三塁、二・三塁のいずれかにいる状況でこの2走者、あるいは満塁の状況で二塁・三塁の2走者が同時に盗塁することを重盗ダブルスチール)、満塁の状況で3走者が同時に盗塁することを三重盗トリプルスチール)という。重盗、三重盗の場合はすべての走者が安全に進塁した場合に限り、全員に盗塁が記録される。

二盗[編集]

二塁への盗塁(二盗)が最も仕掛けられやすいのは、走者一・三塁の場合である。[要出典]捕手は二塁に無理な送球を行ってそれたりすると三塁走者が本塁に行ってしまうため、二塁送球を行わず盗塁を許すことも多く、きわめて盗塁成功率が高い。[要出典]また、盗塁で一塁走者が二塁へ進むことにより、次打者での併殺のリスクの軽減、2点得点の可能性増大など攻撃側のメリットも大きい(ただし、状況次第では対戦している打者故意四球される可能性が高くなるため、次打者以降の攻撃による得点可能性を比較したうえで実行する必要がある)。

また比較的仕掛けるケースの多いのは、二死一塁の場合である。これは、無死や一死なら送りバントという別の手段の方が用いられやすいこともあるが、通常二死一塁から打撃のみで得点を狙う場合は単打2本か長打1本が必要であり、それよりは盗塁死の危険があっても盗塁と単打の実現可能性の方が高いということが理由として挙げられる。

三盗[編集]

三塁への盗塁(三盗)が最も仕掛けられやすいのは、一死二塁の場合で、特に右打者の打席の場合である。三盗は、捕手から三塁までの送球の距離が短いため、二盗よりも企図されづらいが、一方で牽制を受ける二塁手・遊撃手は二塁から離れることが多く、投手は二塁牽制時に体を大きく捻らなければならないため走者はリードを大きくとりやすい。また、左投手の場合には、二塁走者がスタートした際死角になるため、走者はリードを大きくとりやすい。

二塁に走者がいる場合、盗塁せずとも安打1本で得点できる可能性も高いので、リスクを考慮して無死や二死ではあまり用いられない(ただし、三塁に進むと相手にとって暴投や捕逸、ボークで点を取られるという可能性があるためにプレッシャーをかけることはできる)。それに対して、一死の場合は一死三塁となればスクイズプレイや犠牲フライ、あるいは内野ゴロで1点を取ることができるようになるため、走者が三塁に進むメリットが大きい。

本盗[編集]

本塁への盗塁(本盗)が最も仕掛けられやすいのは、二死三塁の場合である。本盗はどうしても1点が欲しいが、打者に期待ができないような場合の作戦であり、バッテリーが一定以上の警戒を払っていれば確実に失敗する作戦である。そのため、無死や一死の場合はより成功率の高いスクイズプレイが通常用いられる。ただし、スクイズが空振りによって失敗したにもかかわらず三塁走者が生還した場合は、結果的に本盗が記録されることになる。

本盗のスタートのタイミングは二種類ある。一つは二盗、三盗と同様のタイミングでスタートするものである。特に二死三塁の場合など、盗塁の危険がほとんど無いため、投手がセットポジションではなくワインドアップポジションで投げようとする場合、大きなモーションの隙を突いた本盗が敢行されることがある。また、右の強打者を確実に敬遠するために捕手が立ち上がってホームベースから1塁側に大きく離れた位置で捕球する隙を利用して本盗を敢行するケースもある。もう一つは捕手から投手への返球の隙に走り出すものであり、これはディレイド・スチールの一種といえる。

なお、記録上最も多いタイプの本盗は、走者一・三塁の状況からの重盗としてのものである。この多くはもともと重盗を企図したものではなく、一塁走者の単独盗塁に対しての送球の間に隙を見て三塁走者が走ったケースである。記録上重盗とするか失策とするかは微妙なケースも多い[14]

また、走者一・三塁の状況では本盗を絡めることにより投手のボークを誘うフォースボークというトリック・プレーが用いられる場合がある。これは二人の走者が連携して動くことでボークを誘発し、安全進塁権を与えられた三塁走者が生還するというものである[15]。具体的には、一塁走者は大きくリードをとることで投手に牽制球を投げさせ、三塁走者は投手が牽制動作に入ったところで本塁へスタートを切る。これにより、慌てた投手がプレートを外さずに一塁への牽制を止めて本塁へ送球してしまうことでボークとなることを狙う。三塁走者に背を向ける形になる左ピッチャーがマウンドにいるときに用いられる場合が多いが、右投手の場合でも一塁走者がわざと一二塁間に飛び出して守備側の関心を惹き、その隙に三塁走者が本塁を陥れる形で実行される場合がある[16]

その他[編集]

走者の盗塁を成功させるために、打者が捕手の送球を邪魔することを目的とし、わざと大きな空振りやバントの構えをすることがある。これを、バッターアシストというが、審判員が「明白な故意」による行為であると判断すれば守備妨害となる。特に、空振りではなく、結果的にバットを引いてボールを見送った格好になった状態で本塁上に覆いかぶさるなどの行為は、「明白な故意」でなくても、守備妨害と認定されやすい。

日本プロ野球における三重盗の初記録は1936年10月24日大阪タイガース大東京軍戦で大東京が記録した事になっているが、満塁の場面でカウントが2ストライク3ボールなった所で打者が四球と勘違いして一塁に歩いた際に[17]、塁上の走者もつられて進塁、三塁走者がホームインした後にカウント間違いに気付き、打者は打ち直しとなったが、インプレー中の出来事で走者を戻すことができず進塁と得点が認められ、公式記録員がやむなくこの進塁を「三重盗」と記録した為である。またこの試合は両軍合わせての日本プロ野球記録の18盗塁を記録したが、この中にはカウント間違いで生じた3盗塁も含まれている[18]

技術[編集]

塁上でリードをとるイチロー
三塁にスライディングするタイ・カッブ

盗塁を成功させるために必要な技術は短距離走の速さだけではない。江藤省三は盗塁を成功させるにはスタート (Start)、スピード (Speed)、スライディング (Sliding) の「3つのS」が大切で、なかでもスタートが最も重要と述べている[19]。NPBにおいて数々の盗塁記録を持つ福本豊はこの「3つのS」についてスタートは徹底した投手の癖の研究、スピードは天性の俊足と若い時のランニングフォーム矯正[20]によって研磨され、スライディングはスピードを殺さず、足への負担を軽くするためにつま先からやわらかくベースに触れるスライディングを独自に編み出している。日本プロ野球で5度盗塁王となった赤星憲広も盗塁において最も重要なのは「アウトを恐れずにスタートを切る勇気」であり、「僕にとって盗塁の数は勇気の証」と[21]述べており、またメジャーリーグベースボール (MLB) で6度盗塁王となったモーリー・ウィリスも「失敗を恐れてはいけない、数千数万の大観衆、あるいはテレビ視聴者が見ている前で喜んで盗塁死するくらいの図太さ・図々しさが必要なんだ」と述べ[22]、精神面の重要性を強調している。

盗塁を企図する走者は、投手による牽制球の際にアウトにならないよう帰塁することを第一に充分なリードを取り、投手の癖を見極め、勢いのあるスタートを切る必要がある[19]。MLBで最多盗塁のタイトルを4度獲得しているカール・クロフォードは「スピードだけに頼らない盗塁の仕方を考えたんだ。自分はどこまで塁から離れられるか突き詰めた結果、もう1歩だけ大きくリードをとることができることがわかった。そして今まで以上に野手の動きと投手のモーションを洞察するようになった」とリードとスタートの重要性について語っている[23]。場合によっては投手による牽制球がないタイミングを図り、投手が動いた瞬間にスタートさせる場合もある。野村克也はこれをギャンブルスタートと名づけている。

短距離走では全速力でゴールを駆け抜けるが、盗塁の場合は本盗の場合を除きベースを通り過ぎた(オーバーランした)状況で触球されればアウトとなってしまう。よって、ベース上で止まるスライディング技術が必要となる。このスライディングをするタイミングが早すぎるとベースに到達する前に無駄なブレーキが掛かってしまい、遅すぎるとベースで止まりきれずにオーバーランをする恐れがある。また、スライディングそのものが下手だとタイミングに関係なく無駄なブレーキが掛かってしまう。

記録[編集]

日本プロ野球[編集]

最多盗塁[編集]

通算記録[編集]

盗塁
順位 選手名 盗塁 順位 選手名 盗塁
1 福本豊 1065 11 古川清蔵 370
2 広瀬叔功 596 12 高木守道 369
3 柴田勲 579 13 西村徳文 363
4 木塚忠助 479 14 石井琢朗 358
5 高橋慶彦 477 15 島田誠 352
6 金山次郎 456 16 吉田義男 350
7 大石大二郎 415 17 中暁生 347
8 飯田徳治 390 18 坪内道典 344
9 呉昌征 381 19 松本匡史 342
赤星憲広 20 松井稼頭央 336
記録は2013年シーズン終了時点[24]
盗塁刺
順位 選手名 盗塁刺 順位 選手名 盗塁刺
1 福本豊 299 11 岡嶋博治 140
2 高橋慶彦 206 12 高木守道 139
3 柴田勲 193 13 島田誠 135
4 高木豊 178 14 大石大二郎 131
5 石井琢朗 169 15 衣笠祥雄 130
6 中暁生 167 16 R.バルボン 126
7 飯田徳治 161 村松有人
8 吉田義男 159 18 広瀬叔功 123
9 古川清蔵 155 19 玉造陽二 122
10 金山次郎 151 20 豊田泰光 121
記録は2013年シーズン終了時点[25]

シーズン記録[編集]

盗塁
順位 選手名 所属球団 盗塁 記録年 備考
1 福本豊 阪急ブレーブス 106 1972年 パ・リーグ記録
2 福本豊 阪急ブレーブス 95 1973年
3 福本豊 阪急ブレーブス 94 1974年
4 河野旭輝 阪急ブレーブス 85 1956年
5 木塚忠助 南海ホークス 78 1950年
6 松本匡史 読売ジャイアンツ 76 1983年 セ・リーグ記録
7 福本豊 阪急ブレーブス 75 1970年
8 金山次郎 松竹ロビンス 74 1950年
9 高橋慶彦 広島東洋カープ 73 1985年
10 広瀬叔功 南海ホークス 72 1964年
記録は2013年シーズン終了時点[26]
盗塁刺
順位 選手名 所属球団 盗塁刺 記録年 備考
1 河野旭輝 阪急ブレーブス 29 1956年 パ・リーグ記録
2 高橋慶彦 広島東洋カープ 28 1983年 セ・リーグ記録
高木豊 横浜大洋ホエールズ 1984年 セ・リーグ記録
4 村松有人 福岡ダイエーホークス 26 1996年
5 岡嶋博治 中日ドラゴンズ 25 1959年
福本豊 阪急ブレーブス 1972年
7 小玉明利 近鉄パールス 24 1956年
福本豊 阪急ブレーブス 1979年
高橋慶彦 広島東洋カープ 1982年
10 R.バルボン 阪急ブレーブス 23 1956年
岡嶋博治 中日ドラゴンズ 1958年
福本豊 阪急ブレーブス 1974年
野村謙二郎 広島東洋カープ 1990年
村松有人 福岡ダイエーホークス 1997年
記録は2013年シーズン終了時点[27]

1試合記録[編集]

選手名 所属球団 記録 記録日 対戦相手
山崎善平 名古屋ドラゴンズ 6盗塁 1952年6月3日 大洋ホエールズ
正田耕三 広島東洋カープ 1989年10月15日 中日ドラゴンズ

メジャーリーグベースボール[編集]

アメリカのメジャーリーグベースボールでは、1886年シーズンから盗塁数記録がとられるようになり、現在と同じ盗塁規則は1898年に制定された。

最多盗塁[編集]

通算記録[編集]

盗塁
順位 選手名 盗塁 順位 選手名 盗塁
1 リッキー・ヘンダーソン 1406 11 ジョー・モーガン 689
2 ルー・ブロック 938 12 ウィリー・ウィルソン 668
3 ビリー・ハミルトン 914 13 トム・ブラウン 657
4 タイ・カッブ 897 14 バート・キャンパネリス 649
5 ティム・レインズ 808 15 ケニー・ロフトン 622
6 ビンス・コールマン 752 16 オティス・ニクソン 620
7 アーリー・レイサム 742 17 ジョージ・デイヴィス 619
8 エディ・コリンズ 741 18 フアン・ピエール 614
9 マックス・キャリー 738 19 ダミー・ホイ 596
10 ホーナス・ワグナー 723 20 モーリー・ウィルス 586
記録は2013年シーズン終了時点[28]
盗塁刺
順位 選手名 盗塁刺 順位 選手名 盗塁刺
1 リッキー・ヘンダーソン 335 11 オマー・モレノ 182
2 ルー・ブロック 307 12 シーザー・セデーニョ 179
3 ブレット・バトラー 257 13 スティーブ・サックス 178
4 タイ・カッブ 212 14 ビンス・コールマン 177
5 モーリー・ウィルス 208 15 ジョージ・バーンズ 174
6 フアン・ピエール 203 16 ボビー・ボンズ 169
7 バート・キャンパネリス 199 17 エリック・ヤング 168
8 エディ・コリンズ 195 18 オマー・ビスケル 167
9 ロッド・カルー 187 19 ジョー・モーガン 162
10 オーティス・ニクソン 186 ビリー・ノース
記録は2013年シーズン終了時点[29]

シーズン記録[編集]

盗塁
順位 選手名 所属球団 盗塁 記録年 備考
1 リッキー・ヘンダーソン オークランド・アスレチックス 130 1982年 ア・リーグ記録
2 ルー・ブロック セントルイス・カージナルス 118 1974年 ナ・リーグ記録
3 ビンス・コールマン セントルイス・カージナルス 110 1985年
4 ビンス・コールマン セントルイス・カージナルス 109 1987年
5 リッキー・ヘンダーソン オークランド・アスレチックス 108 1983年
6 ビンス・コールマン セントルイス・カージナルス 107 1986年
7 モーリー・ウィルス ロサンゼルス・ドジャース 104 1962年
8 リッキー・ヘンダーソン オークランド・アスレチックス 100 1980年
9 ロン・ルフロア デトロイト・タイガース 97 1980年
10 タイ・カッブ デトロイト・タイガース 96 1915年
オマー・モレノ ピッツバーグ・パイレーツ 1980年
1901年以降[30]
盗塁刺
順位 選手名 所属球団 盗塁刺 記録年 備考
1 リッキー・ヘンダーソン オークランド・アスレチックス 42 1982年 ア・リーグ記録
2 タイ・カッブ デトロイト・タイガース 38 1915年
3 ジョージ・バーンズ ニューヨーク・ジャイアンツ 35 1913年 ナ・リーグ記録
4 タイ・カッブ デトロイト・タイガース 34 1912年
5 ルー・ブロック セントルイス・カージナルス 33 1974年
ハリー・ロード シカゴ・ホワイトソックス 1912年
オマー・モレノ ピッツバーグ・パイレーツ 1980年
8 ドック・コック ニューヨーク・ヤンキース 32 1914年
エディ・マーフィー フィラデルフィア・アスレチックス 1914年
バート・ショットン セントルイス・ブラウンズ 1915年
1901年以降[31]

脚注[編集]

  1. ^ 公認野球規則10.07
  2. ^ 公認野球規則10.07(a)
  3. ^ 公認野球規則10.07(b)
  4. ^ 公認野球規則10.07(f)
  5. ^ プロ野球初の珍記録!中島、1回に2盗塁死…西武
  6. ^ 公認野球規則7.04(d)
  7. ^ 公認野球規則10.07(a)注2
  8. ^ 公認野球規則10.07(d)
  9. ^ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20080128-00000034-kyodo_sp-spo.html
  10. ^ 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年5月19日号78-79ページ『2008年随想集2 4月のプロ野球から』
  11. ^ 公認野球規則7.08(i)
  12. ^ Baseball Library
  13. ^ 2011年9月26日ロッテ対西武戦においてホセ・フェルナンデスが記録
  14. ^ 二盗の項で触れられているとおり、捕手からの二塁送球時に三塁走者がスタートを切ると本盗を阻止できない場合が多い。無死や一死で走者一・三塁の状況では本盗に対処するため、一塁走者がスタートを切っても捕手は二塁にではなく投手に送球し、三塁走者がスタートを切った場合は投手が再び本塁に送球するのが一般的なセオリーである。ただし、二死の場合は一塁走者をアウトにした時点で攻撃終了となるため、盗塁阻止が可能だと判断すれば二塁に送球してもおかしくない。
  15. ^ 日刊スポーツ2011年6月17日 広島ノムラの考え的中!フォースボーク 2011年6月17日(金)8時41分
  16. ^ 勝機逸したDeNA 奇策「フォースボーク」不発… nikkansports.com 2012年6月1日
  17. ^ 日本プロ野球史上初のボールカウント間違いでもある
  18. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」617、717ページ
  19. ^ a b “盗塁のとき、良いスタートをするには?”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2011年3月16日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/eto/CK2011031602000087.html 2011年3月25日閲覧。 
  20. ^ 陸上の400メートル競走の選手に腕の振りの矯正を施され、また腿上げのトレーニングを繰り返すことで一定の歩幅でかつステップが横に広がらない陸上短距離選手の理想のようなランニングフォームを身に付けた。
  21. ^ 赤星憲広 『決断 阪神引退からのリスタート』 集英社、2010年、ISBN 978-4087805604、p.147
  22. ^ モーリー・ウィルス 「STEAL THIS BASE 歴代盗塁王が語る盗塁の極意」 『月刊スラッガー No.42 , 2001年10月号』 吉藤宗弘訳、日本スポーツ企画出版社、6-15頁
  23. ^ 津川晋一「韋駄天クロフォード、盗塁数激増の理由。」、『NUMBER』第735号、文藝春秋社、2011年3月25日閲覧。
  24. ^ 歴代最高記録 盗塁 【通算記録】 - NPB公式サイト(シーズン中は毎日更新)
  25. ^ 歴代最高記録 盗塁刺 【通算記録】 - NPB公式サイト(シーズン中は毎日更新)
  26. ^ 歴代最高記録 盗塁 【シーズン記録】 - NPB公式サイト
  27. ^ 歴代最高記録 盗塁刺 【シーズン記録】 - NPB公式サイト
  28. ^ Career Leaders & Records for Stolen Bases” (英語). Baseball-Reference.com. 2010年11月15日閲覧。
  29. ^ http://www.baseball-reference.com/leaders/CS_career.shtml
  30. ^ Single-Season Leaders & Records for Stolen Bases” (英語). Baseball-Reference.com. 2010年11月15日閲覧。
  31. ^ http://www.baseball-reference.com/leaders/CS_season.shtml

関連項目[編集]