速球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

速球(そっきゅう)は、野球投手が投げる球種のうちで球速が速いものを指す。英語ではファストボール: fast ball)と呼ばれる。

概要[編集]

速球はバックスピンの成分が強く直進する物と回転軸が傾いたり回転が少ない事により直進しない物の2種類に大別できる。日本において前者は直球(ちょっきゅう)、ストレート (和製英語) 、真っ直ぐ(まっすぐ)、アメリカではフォーシーム・ファストボール(four-seam fastball)等と呼ばれ、最も落差が少なく到達時間も短い球種である事などから、基本になる球種とされている。後者は癖球(くせだま)と呼ばれ、さらにツーシーム・ファストボール(two-seam fastball)、カット・ファストボール(cut fastball) などに分類されている。

かつて日本では、速球について、純粋なバックスピンが良い回転でそれ以外を悪い回転と考える傾向があり、またシュートなどは変化球の一種とされてきたが、2000年代頃から明確に速球の投げ分けが認識され、意図的に直進する物と直進しない物を投げ分ける投手も増加している。

主なバリエーション[編集]

フォーシーム・ファストボール[編集]

フォーシームの握りの例(前)
フォーシームの握りの例(横)

フォーシーム・ファストボールとは日本では直球ストレートとも呼ばれ、真っ直ぐに進む球である。省略してフォーシームとも呼ばれる。

フォーシームとは縫い目の向きを表し、ボールが1周スピンする間に縫い目 (seam) の線が4回 (four) 通過し、マグヌス効果による揚力をより効果的に得られるとされる。

人差し指中指を並べ、ボールにある縫い目に交差させて握り、リリースの際に強いバックスピンをかけて投げる。人差し指と中指の間は隙間を開けるのが一般的で、隙間を開けて握る事で制球が安定しやすい。閉じて握ると強い回転はかけやすいが、制球が不安定になりやすく、回転軸も左右にブレやすい。また、リリースポイントが高い(腕・両肩の角度が立っている)方が純粋に近いバックスピンをかけるに有利で、後述のキレのあるボールを投じるに向く。なお、真っすぐと呼ばれるが、投球動作により、どの投手でも量に差はあるがシュート方向に変化している[注釈 1]。サイドスローやアンダースロー投手など腕の角度が低い投手はそれが顕著で、利き手方向に球が沈む軌道を描く場合が多い。

各球種の中で最も球速があり、打たれ難い基本の球種と考えられているが、同じ直球でも内角・外角の左右の距離感や高め・低めの高低差を使い分けたり、他の球種を交える事で球の軌道や球速の差を利用して打者を打ち取ることが一般的で、こういった工夫により球速の遅い投手でも打者を打ち取ることができる。

純粋なバックスピンに近く、スピン量が多いボールが理想的なフォーシーム・ファストボール(ストレート)であるとされる。これに近い球をキレのある球と呼び、特にキレのある球は球速が速いことに加えて、マグヌス効果により球の重力による落下が他の投手の直球に比べ少なく、打者がボールの下を空振る事を期待できる。ロジャー・クレメンスランディ・ジョンソンマーク・プライアーらの投げるものなど、特に浮き上がるかのような印象を打者に与えるものはライジング・ファストボール (rising fastball) やマジック・ファストボール (magic fastball)[1] と呼ばれている。日本では、藤川球児のフォーシーム・ファストボールが浮き上がるような印象から火の玉ストレートなど呼ばれる。

尚、単にファストボール(fastball)だけで「直球」を意味する。英語圏でのストレート(straight ball)は、球威もキレもない棒球・死に球・失投などを意味するため、球種の名前としては用いられていない。また、日本では稀にスピードボール(speed ball)という和製英語で呼ばれる場合もあるが、英語圏では大麻の隠語であるため、使用は好ましくない。

ムービング・ファストボール[編集]

ムービング・ファストボール とは、直訳すると動く速球という意味で、日本では昔から癖球(くせだま)と呼ばれてきた。

握り方や投げ方は様々あり、それによって左右どちらかに小さく変化したり打者の手元で沈んだりする。速い速度で小さく鋭い変化をする事から、バットの芯を外して打たせて取りやすい。なお、近年では高速化したブレーキングボールで置き換えられる場合も多い。

ツーシーム・ファストボール[編集]

ツーシームの握りの例

ツーシーム・ファストボールはボールを1周する間に縫い目 (seam) の線が2回 (two) 通過する向きで投じられた球である。省略してツーシームファストツーシームとも呼ばれる。フォーシームと同様にツーシームも縫い目の向きを表す言葉だが、主に球種を表す言葉として用いられている[注釈 2]。日本では2000年代になってフォーシーム・ファストボールと明確に区別されるようになった。

投球動作はフォーシームと同じだが、握った際のボールの向きはフォーシームを横に90度回転させた向きであり、バックスピンを掛けた時に縫い目が1周で2回通過するように握る。このように握りを変え、スピン軸を変えることで、もしくは縫い目に指を掛けないなど、指が掛かりにくい握りで投げスピン量を低下させる、スピンで縫い目が現れる回数を減らしマグヌス効果による揚力を減らすことで、フォーシームに比べ球速は大きく変えないでシュート方向に曲げたり、沈む軌道とすることができる[2]。また、フォークと同様、握る際の親指の置き方で横に曲がるか沈めるかの調整をする投手もいる。

特に沈む軌道のものをシンキング・ファストボール(sinking fastball)と呼び、長打の少ないゴロ打球を打たせられるということで有効な球種であるとされる[3]。これについて、アジア圏以外ではシンカー(Sinker)と略されて呼ばれることが多いが、日本で「シンカー」と呼ばれている球種は全く別のものである

派生として、1本の縫い目だけに指をかけて投げる球種でワンシーム[注釈 3]・ファストボール(one-seam fastball)という物も存在し、縫い目に平行に指を掛けるといった握りであるため握力が必要となり、制球も難しいが[4]、ツーシームと同じ方向で大きい変化が得られる[5]ことから、ティム・ハドソンジョン・レスターザック・ブリットン[6]、日本人選手ではダルビッシュ有菅野智之松坂大輔金子千尋山口俊が使用している。

なお、日本独自に用いられてきたシュートと呼ばれる球種との違いは曖昧である。吉井理人は、自分がMLB時代に投げていたツーシームは日本時代に投げていたシュートの呼び方を変えただけ(シュートを投げていたら同僚に「マサトはツーシームを投げるのか」と言われた)だと述べている[7][注釈 4]。また、西本聖川崎憲次郎はテレビ番組「NANDA!?」で自身のシュートの投げ方を披露しているが、どちらもツーシームとほぼ同じ握り(掌を開いた状態から戻すことでシュート回転を掛ける)であり、西本が説明した「深く握って縦回転を落として沈ませる」と言う投げ方はシンキングファストの理論そのものである。

アメリカでは日本より縫い目が高く変化をさせやすい、また、過密日程により凡打を打たせて球数を減らしたいなどの理由から、1980年代半ばから90年代以降広く活用されている。代表的な使い手としてはグレッグ・マダックスフェリックス・ヘルナンデスがいる[8]。日本球界でも徐々に浸透しつつあり館山昌平田中将大などが投げる。

カット・ファストボール[編集]

カット・ファストボール (cut fastball) はリリースの際にボールを切る様に投げる球種。アジア圏以外ではカッター(Cutter)と略されて呼ばれることが多い。回転軸が僅かに傾く事で打者の手元で、投手の利き腕と逆方向に小さく鋭く変化し、特に投げ手と逆の打席に入る打者を詰まらせて打ち取る球種として使用される。

スプリットフィンガード・ファストボール[編集]

アメリカではフォークボールの中でも高速のフォークボールをスプリットフィンガー・ファストボール: split-finger fastball)と呼び、一種の速球として扱っている。

打者心理に与える様々な表現と工夫[編集]

野球中継の解説などで、投手の直球に対して「球質」「球威」「球の伸び」などと表現されることがある。これらは投球された球の空気抵抗やスピンによる揚力による軌道の変化、リリースポイントの遠近などの投手の投球フォームによって打者が抱く印象が深く関係しているものと言える。

球速[編集]

投手の投げた球の速さのことで、スピードガンによる簡易計測が可能なため、具体的な数値で表されることが多い。単純に球速が速いほど、球を目で捉えることが難しくなり、到達時間も短くなることから、打者は対応が難しくなる。しかし、単純に球速が速くても活躍できない投手や、逆に球速はなくとも活躍する投手、共に多く存在し、他の球種や後述する要素への工夫を凝らすことによって打者を打ち取っている場合が多い。

初速・終速[編集]

球速はリリースポイントから捕手ミットに到達するまでに空気抵抗により逓減する。その量は投球の初速とスピンによって変化する。初速が速いほど空気抵抗は増える。空気抵抗による投球の減速量を決める要素はPITCHf/x初めとするトラッキングシステムにより解析されつつある。効果として、同じ初速でも減速が少ない球の方が相対的に体感速度が上がるため、打ちにくい球であるとされるが、成績との関連などは研究の途上である。

落差[編集]

球は重力により放物線を描くが、先述のようにバックスピンをかけた球はマグヌス効果により上向きの揚力を持ち、放物線から離れた直線に近い軌道になる。打者は、投球がマウンドからホームプレートの投手側からおおよそ2分の1から3分の2ほど進んだ時点までの球の挙動を見て、他の投手などとの対戦で見てきた経験から軌道を予測し、それに合わせてバッティングを行うが、他の投手よりバックスピンの量が多い、もしくはスピンの角度が純粋なバックスピンに近いなどで、その予測よりも上を通過すると球が浮き上がったと錯覚する。

このような球を、「伸び」のある球と呼ぶ。また、直球においては球の「切れ(キレ)」も「伸び」と同義である。このような球は、打者のスイングするバットの上をボールが通過することで空振りを奪うことが出来る、またバットの上っ面でボールを叩かせることによりポップフライを打たせることが出来るが、「伸び」が疲労などにより鈍ってしまったら、飛距離が出やすいようにバットが当たってしまい被本塁打が増えてしまうという場合もある。

一方、逆に当たる球を「お辞儀する球」などと呼ばれ、日本においてはスピン量を増やすなど修正されるべきとされるが、スピン量が一般的な投手より際立って少ないなどの場合、打球がゴロとなりやすいので打球管理において有効であるとする説もある。

スピン量について、球速とスピン量(球のマグヌス効果による変化量)には比例に近い関係があり、その球速の標準的なスピン量に対しスピンが多い、もしくはスピンが少ない球などギャップがある球が打ちにくいと分かりつつある。

また、投球フォームの歩幅が広いなど工夫をするなどでリリースポイントの低い投手、サイドスローアンダースロー投法から投げられる「伸び」のある球は、下から上がって来るのでこれも効果的に浮き上がるように錯覚させられる(ソフトボールのライズボールも同じ理屈である)。

球持ち[編集]

マウンド上の投手板とホームベース間の距離は公認野球規則により18.44mと定められているが、実際には18.44mの距離から球は放たれず、投球動作に伴いリリースポイントはホームベース寄りに近付くのが一般的である。リリースポイントが打者に近いほどボールの飛行距離は短縮され、それにより球速が保存されて初速と終速の差が小さくなる。これを「球持ち」が良いと表現し、投手は少しでもリリースポイントを打者寄りにするため、体の開きを抑え、球を長く持つようにするといった工夫がなされる。より打者にリリースポイントを近付けるには基本的に身長が高く手足が長い方が有利である。

また、グラブや自身の体を使う、体の開きを遅らせるなどでリリースポイントを遅くまで見えないようにすることにより、打者が球を見られる時間を減らし体感速度を上げる、打者にタイミングを取らせにくくすることも打者を打ちにくくする事に有効である。このような球の出処が見にくいことをメジャーリーグでは「スモーキー」などと呼ぶ[9]

角度[編集]

投手はその投法や身長・腕の長さにより打者に対して高低、または左右の角度を付けた球を投じることが出来る。平均的投手よりリリースポイント角度が大きいと、視界の揺さぶりや、高低の場合バットの下に潜り込むようにボールが入ってくるため[10]メカニクスが崩れやすく、打ち難さを増す事が出来る。より大きい角度をつけるためには球持ちと同様に長身で手足が長い投手が体格的に有利で、高低差はオーバースローかアンダースロー、左右の角度はサイドスローや投手板の立ち位置の左右[注釈 5]を利用する投手が一般的に有利である。投げる腕と対角のコースを突く直球をクロスファイアと呼ぶ事が有る。前述の球持ちとは逆に、リリースポイントを敢えて早くすることで角度を大きくしようとすることもある。

球質[編集]

古くから日本において、打者の感覚として、投球を打ち返した際に打球の飛距離が予想よりも短く、もしくは長くなる事、また、打った時の感覚が「重い」「軽い」と感じる球質を「重い」、「軽い」と形容されることがある。ボールの重さが変わることは当然ないが、そのような感覚を与える要因としては様々な説が存在し、主に、先述のスピン量による落差の変化に伴う打球傾向の違いによる説、球の回転数が多いほど反発力が増して軽い球に、少ないと重い球になるという説がある。また、回転の少ない球は「棒球(ぼうだま)」と呼ばれ、痛打されやすい球とされる事もある。或いは、打者が自身の打ち損じなどに気付かず球質のせいだと思っているだけで、飛距離を大きく左右するほどの影響を与える球の回転や球質は存在しないという説もある。特にツーシームやカットファストボールのように打者の手元で変化する球種では、芯を外しやすく打球が伸びないということがままある。また、芯を外されるとインパクトの衝撃が手に伝わることから重く感じる。体重の軽い投手が投げる球は軽いという説もあり、体重を重くすることで球質を重くしようと考える投手もいる[11]。これらのように回転は飛距離が伸びる方向にも縮む方向にも作用する可能性が有り、科学的に検証されつつあるが、未だに様々な考え方が混在している。

球威[編集]

球威とは「球の威力」で球速などを表す言葉だが定義は曖昧で、球に伸びがあり球速以上の威力が有る事を示す場合や球速、球質、伸びなどの総合的な評価の場合も有る。

最高球速[編集]

速球の球速はしばしば投手の実力を評価する指標の一つとなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ナチュラルシュートしない、もしくはナチュラルカットと呼ばれるわずかにスライダー方向に変化する投手も存在するが、ごく稀な存在である。
  2. ^ 「ツーシームの握りのスライダー」などといった使われ方をする場合もある。
  3. ^ 回転するボールを真正面から見たとき、縫い目が縦方向に一本だけ見えることが名前の由来。実際には、縫い目は4回現れるのでフォーシーム・ファストボールの一種とされる。
  4. ^ しかし、1992年公開のアメリカ映画ミスター・ベースボール」の作中で、強打者ジャック・エリオットが日本投手のシュートによって打ち取られるシーンがあり、その影響から日本語発音をそのまま英語表記した"shuuto"(shootballとも)という名称が使われることもある。また、近年はダルビッシュ有の奪三振率の高さから、アメリカの野球評論家のジェイソン・パークスらはツーシームとは少し違うと述べており、"shuuto"に対する関心が寄せられている。
  5. ^ スライダー、投げる腕と対角のコースを突く「クロスファイア」の角度を生かしたい場合、プレートの投げる腕側を使うと有効である。一方、シュートを生かしたい場合やクロスファイア―の角度が負担になる投手はプレートのグラブをはめる腕側を使うと効果的であるとされる。どちらが良いかは、投手のフォームと持ち球、投手にとっての投げやすさ、打者にとっての打ちにくさ、これらの優先順位次第で変わる。

出典[編集]

  1. ^ http://m.mlb.com/news/article/32669682/MLB News 2012年6月12日
  2. ^ 高見圭太 宮嵜武 姫野龍太郎 バックスピンする球体に働く負のマグナス力~飛翔実験による測定~ - 2009年
  3. ^ 一方、沈む軌道がアッパースイング打者のスイング軌道に拾われ被本塁打を浴びるというシーンも近年は目立つなど、当然万能な球種であるわけではない。
  4. ^ 菅野“ダル魔球”ワンシーム投げた!初日から大器片りん sponichi annex 2013年1月7日
  5. ^ 松坂、パワーピッチャーへ=新たな武器ワンシームを習得 スポーツナビ 2010年7月27日
  6. ^ ダル魔球開幕「ワンシーム」ついに解禁! nikkansports.com 2010年3月20日
  7. ^ 『メジャー・リーグ変化球バイブル』 ベースボール・マガジン社、2010年ISBN 978-4-583-61678-0
  8. ^ 2010-11 MLB投手白書 球種別解説&データファイル 速球(4シーム&2シーム)『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、9頁。
  9. ^ 『投手論』 PHP研究所、2013年ISBN 978-4569810010
  10. ^ ボールの上っ面を叩き、ゴロになりやすくなる。
  11. ^ 楽天永井が体重7キロ増で球質&球威↑
  12. ^ 日本ハム大谷、プロ野球最速165キロ CS最終第5戦”. asahi.com. 2016年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]