自打球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自打球(じだきゅう)とは、野球における俗語。打者が打った打球が、まだバッタースボックスを出ていない打者の身体に触れた場合に「(打者が)自打球に当たる」の形で用いられる。その打球そのものを自打球と呼ぶ場合もある。

打者が自打球に触れた場合、その打球はファウルボールになる。ただし、打者に打球の進路を妨害する意志がなかったと審判員が判断した場合に限られる(妨害の意志があったと判断された場合は、打者にアウトが宣告される)。

自打球が当たる場所の多くは、打者が打席に立って構えた時の、投手向きのである(左打者であれば右足、右打者であれば左足)。特に自打球となるような打球には相当の勢いがあるため、骨折などの重大な怪我の原因ともなる。怪我を防ぐために、打者は自打球を受けやすい足にレガースを着けて打席に立つことがある。一方自打球による怪我のリスクを背負ってでもバッティングスタイルを貫くために着けない選手もいる。

事例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪神・ブラゼル、自打球3連発悶絶ダ~ン サンケイスポーツ、2009年(平成21年)6月14日 (2012年7月3日リンク切れ)

関連項目[編集]