ウエストボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウエストボール(和製英語)、またはウエストピッチ (英:waste pitch) とは、投手打者を打ち取るために敢えて投げるボール球のこと[1]。日本語では、捨て球遊び球釣り球、あるいは見せ球などともと称される[2]

語源である"waste"(無駄)の正しい発音は「ウエイスト」に近いが、日本の野球用語としては「ウエスト」と表記・発音されるのが慣習である。

盗塁エンドランあるいはスクイズプレイなどを警戒・阻止するためにストライクゾーンから大きく外れた投球をするピッチアウトとは区別される。

概要[編集]

ウエストピッチは0ボール2ストライクなどの投手に有利なボールカウントにおいて、敢えてボール球を投げることである[1]。具体的には打者を次に投げる内角へのシュートで打ち取るためにまずは外角へボールになるスライダーを投げたり[2]、打者のバットが届かない外角に緩いカーブを投げて打者の打ち気をそらしたり、あるいは踏み込んでくる打者の内角に速球を投げて打者の打撃フォームを崩すことを狙う[1]

ウエストピッチについての考え方は選手によって様々である。サイ・ヤング賞受賞投手のクリス・カーペンターは「投手に有利な0ボール2ストライクから打者に安打を打たれた場合、それは悪い投球と見做される。だから打者をアウトにするための効果的な投球(ウエストピッチ)をするんだ」と語っている[1]

一方で、ザック・グレインキーは「ウェストピッチといっても明らかにそれと分かるものを投げるのではなく、低めへのブレーキングボールや高めへの速球で打者を攻めることがより効果的だ」と語っている[1]

また、別のサイ・ヤング賞受賞投手ティム・リンスカムは「僕は0ボール2ストライクからカーブを投げるための布石として、高めの速球を投げるのが好きではないんだ。だったら(三振を狙って)チェンジアップを投げたい」と語っている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Frisaro, Joe "Are 'waste' pitches truly a waste?" - MLB.COM、2009年6月18日、2010年4月21日閲覧。
  2. ^ a b スペシャルインタビュー小林繁 - yakyutsuku-online.com、2010年4月22日閲覧。