野球のビデオ判定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビデオ判定の結果を待つMLB審判員たち(2014年

野球のビデオ判定(やきゅうのビデオはんてい)とは、野球において撮影・録画されたビデオ映像(動画)を活用してビデオ判定を行うことである。ボールインプレイ中は、その後の一連のプレーの選択に影響するため対象とならないが、ボールデッド(ボールを用いたプレーが行われない状態)に限って、直前の判定はビデオ判定が対象可能となる。

メジャーリーグベースボール[編集]

MLBでは、2005年のポストシーズンで疑惑の判定があったことでビデオ判定の導入が考えられた。また、2006年11月15日(現地時間)のGM会すね))な、てーね議でも、判定検証のためのビデオ導入などが議題にあがった[1]。本塁打の判定、およびフェア・ファウルの判定に用いるという方向で話が進んだ。

そして、2007年11月6日(現地時間)にフロリダ州オーランドで開催されたGM会議において、本塁打の判定に限定したビデオ判定制度の導入が可決された(賛成25、反対5)。ビデオ判定の対象となるのは、フェンス際やポールぎりぎりの際どい本塁打の判定に限られ、打球がポールのどちら側を通過したのか、観客の妨害があったのか、フェンスのどの部分に当たったのか、などを審判が映像で確認することになる[2]

2008年8月27日、MLBのバド・セリグコミッショナーがビデオ判定を導入することを発表。北米4大プロスポーツリーグで最後の導入となった。初めにチェックを兼ねて28日のオークランド・アスレチックスミネソタ・ツインズ戦、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムテキサス・レンジャーズ戦、シカゴ・カブスフィラデルフィア・フィリーズ戦の3試合で採用され、その他の試合では29日から導入された。

2008年9月3日トロピカーナ・フィールドで行われたタンパベイ・レイズニューヨーク・ヤンキース戦で、初めてビデオ判定が適用された。6-3とヤンキースのリードで迎えた9回表二死二塁、アレックス・ロドリゲストロイ・パーシバルから放った左翼ポール上部への打球を三塁塁審ブライアン・ランジが本塁打とコール。レイズのジョー・マドン監督が抗議し、二塁塁審を務めていたチャーリー・レリフォード主任審判員がビデオ判定の適用を決めた。違う角度からの複数の映像を検証した結果、打球がポールの内側を通ったことを確認。判定は覆らず本塁打となった[3]。中断時間は2分15秒だった。なお、アレックス・ロドリゲスはこの本塁打で通算549本塁打となり歴代単独12位に浮上した。

2008年9月19日、ビデオ判定で初めて判定が覆された。同じくトロピカーナ・フィールドで行われたタンパベイ・レイズ対ミネソタ・ツインズ戦の4回裏1死一、二塁の場面で、レイズのカルロス・ペーニャの打球が右翼フェンス上部付近に当たりグラウンドへ落ちた。一塁塁審マイケル・ディミューロはファンが触ったとして二塁打と判定したが、ジョー・マドン監督が抗議しビデオ判定となった。4分10秒の検証の結果、二塁打から3ラン本塁打に訂正された。ビデオ判定が導入されてから3度目の適用例だった。

なおビデオ判定が2008年8月に導入されて以降100本以上が対象となっている。

チャレンジ制度導入[編集]

2014年からは拡大されチャレンジ方式が採用された[4][5][6]。チャレンジ用のスタジオをニューヨークに建設し、30球場それぞれに7~12台設置されたカメラの映像を一括管理。1日8人の分析担当審判員が各球場の審判員と連絡を取り合い判定を行う[7]。監督には試合開始から7回までに1度、8回から試合終了までに2度、判定に異議を申し立てビデオ判定を要求できる権利が与えられる(異議申し立てが認められた場合は最高2回までを上限として、再びチャレンジ権利を得ることができる)。ボール、ストライクの判定は対象にならない。チャレンジの要請はタイムをかけてから30秒以内に行わなければならない。また、チャレンジを実行してから2分以内に判定が決まらなかった場合は判定は変わらずそのままとなる。

日本プロ野球[編集]

導入までの経緯[編集]

日本野球機構(NPB)管轄のプロ野球では、現場や各球団関係者から相当数の要望があったが、長らく導入されなかった。2006年6月11日千葉ロッテマリーンズ読売ジャイアンツ戦で、李承ヨプの本塁打が取り消しになった[8]ことをきっかけとして、巨人がビデオ判定の導入を訴えたことにより、9月28日のコミッショナー事務局で開かれた事業委員会(委員長:清武英利巨人球団代表)でビデオ判定の一部導入が議論された。その後、10月2日のプロ野球実行委員会で12球団に提案され、特に異論はなく導入される運びとなり、2007年オープン戦で本塁打の判定に関してビデオ判定を試験導入する予定だった。

予定では、審判員控え室にモニターのある球場でのテレビ中継のある試合に限って、予備審判を置き判定の補助を行うことになっていた(この試験導入に先駆けて2006年の日米野球でも試験導入された)。しかし、審判員控え室にモニターの設置されていない球場が2006年時点では3球場(ナゴヤドーム横浜スタジアム明治神宮野球場)あったことから、2007年3月6日に開催された実行委員会で、2007年度の試験導入は見送りとなった。以降は、モニターの設置を急ぎ、予備審判が映像などをチェックすることで、判定技術の向上に役立てることにした。

その後2009年7月6日に開催されたセントラル・リーグの理事会で、モニターの設置が済んでいない3球場にも装置を設置し、同年8月11日から試験的に導入されることとなり、同年11月11日に開催されたセ・リーグの理事会にてビデオ判定が2010年のシーズンから、本塁打に限り正式に導入されることが決定した。

一方のパシフィック・リーグは導入に消極的であったが、同年12月7日の理事会で2010年のシーズンから本塁打に限りビデオ判定を導入することを決めた。こうして、ビデオ判定はセ・パ両リーグが同じ運用方法で行い、本拠地球場にのみ適用され、交流戦でも実施されることとなった。

ビデオ判定は試合担当の4審判のうち、判定した当該審判と責任審判(クルーチーフ)は必ず参加、残り二人から一人計3審判(残った一人は場内説明を行いグランドに残る)と待機している予備審判を含め4人でモニターを確認して判定しているが、2015年シーズンのビデオ判定での誤審(後述)が順位を左右したことを受け、リーグ統括が判定に加わるなどの対策を始めることが報じられた[9]。今後はトラッキングシステムPITCHf/x)による投球のデータ化を検討している[10][11]

2016年より本塁クロスプレーにもビデオ判定が導入されることとなった[12]

導入後[編集]

運用方針としては当該試合の責任審判が必要と判断したときのみ行なわれることになっており、審判が誤審の可能性を自ら認めてそれを自己申告する必要がある点で「自主制度」、「審判の判定への信頼性、権威を、著しく貶めることになるのではないか」と制度に関する抵抗を取り沙汰する報道も確認される。[13]

適用第1号は、2010年3月27日、巨人対東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)における9回表にアーロン・ガイエルの放った打球で、バックスクリーン付近のフェンスに当たったため、当初はインプレーとして二塁打と判定されたもの。後にビデオ判定により「オーバーフェンスしていた」として本塁打に訂正された。パ・リーグ適用第1号は、翌28日のロッテ対北海道日本ハムファイターズ戦(千葉マリンスタジアム)の7回裏に西岡剛が打った右翼ポール際の打球で、こちらはビデオ判定後も当初の判定のまま(本塁打)となった。

一方、ビデオ判定により本塁打が取り消された初のケースとなったのは、同年5月1日の広島東洋カープ中日ドラゴンズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)の6回表に和田一浩が打った左翼ポール際の打球(この打球はポールの上空を通過したため、即座の判断が難しい打球であった)。また、その逆にビデオ判定によりファウルが取り消され本塁打となった初のケースは、同年5月13日の横浜ベイスターズ対ロッテ戦(横浜スタジアム)の6回表に福浦和也が右翼ポール際へ放った打球だった。

なお、ビデオ判定に使用される映像についての統一ルールはなく、当日の試合を中継しているテレビ映像を見て判断される。また、使用するテレビについても統一ルールはないため、各球場に設置されているものを見て判定している。京セラドーム大阪では、2010年開幕直後に岡田監督からの要請を受けて、それまでのブラウン管テレビから液晶テレビに取り替えられている。2012年の横浜スタジアムでは「日本野球機構から提供された家庭用のビデオデッキ」と「16インチの小型テレビ」が使用されており、「コマ送りをすると画像が粗くなる」という状況で判定が行われ、映像では分からなかったために最初の判定通りファウルと判定されることとなった[14][15]。その後、プロ野球実行委員会でビデオ判定をより正確にするために本拠地球場の映像はデジタル化する方針が決まった。

2013年12月の実行委員会で、2014年度から本塁打以外のフェンス際の飛球に関しても、ビデオ判定を導入する方針となった[16]

2017年8月16日、阪神対広島戦にて岩本貴裕のフェンス直撃のファウル判定にビデオ判定が用いられた。リーグでの申し合わせにより本塁打以外のフェア・ファウルの判定にもビデオ判定が適用される事が明らかになった[17][18]

本塁クロスプレーでビデオ判定が用いられるケースの多くはコリジョンルールが適用されるか否かという事例である(コリジョンルール関係のビデオ判定適用事例は同記事に詳しい)が、同年の日本シリーズ第2戦など、純粋にクロスプレーの判定に用いられるケースも存在する。

MLBで導入されているチャレンジ方式については、12球団監督からの要望は多いものの「すべてをリプレーに頼るのは審判員の技術向上に逆行する」と審判側の慎重な意見もあり、導入には至っていない[19]

韓国プロ野球[編集]

韓国プロ野球では2009年シーズンから本塁打性打球に限り、導入している。

2014年7月22日、シーズン後半戦から「審判合意判定制度」という名で、1試合に各チーム一度だけ(成功した場合は継続)判定に異議申し立てを要請出来るチャレンジ制ビデオ判定が導入されたが、大リーグのようなチャレンジ制度専用の本部やカメラを設置することは難しく、テレビ放送局の中継映像を見て判定する方法が用いられている。

しかし中継映像に依存するため、放送局によっては映像の画質も変動し、中継カメラで詳細なプレーを把握するには限界がある。重要なプレーを捉えられていなかった場合、放送社に非難が殺到する恐れがあるという意見も提起されている。

1シーズンを通して実施された2015年は、リーグ全体で408回の合意判定要請がなされ、159回もの判定が覆った。成功率は約39%に及ぶ。

2016年からは合意判定の可否に関わらず、1試合に二度使用することが可能となった。

1.判定後、30秒以内(スリーアウト目の場合は10秒以内)に監督が合意判定を要請すれば、4審判が中継映像を見て判定する。

2.合意判定の要請可能回数は各チーム2回に限られており、判定の可否に関わらず、これ以上の要請機会は与えられない。

3.ホームラン性の打球に対するビデオ判定は従来同様、回数制限を設けない。

上記の内容を了承の上、判定要請が可能な対象は次のような例に定められている。

  • 本塁打性打球のホームラン/ヒット/ファウル(2009年~)
  • ファウルチップを含む野手の捕球
  • 外野のファウルライン周辺に落ちた打球のファウル/フェア
  • フォースプレー状況下でのアウト/セーフ
  • 打者のスイング/ファウル(2016年~)
  • ホームプレート付近での衝突プレー(2016年~)
  • 高尺スカイドーム限定ローカルルール 天井に打球が当たったり、挟まったりしたかどうかの可否(2016年~)

導入後の誤審[編集]

MLBでは、2015年5月13日ロサンゼルス・ドジャースマイアミ・マーリンズ戦4回、ドジャースのハウィー・ケンドリックが放ったライトへの浅いフライに対し、マーリンズのジャンカルロ・スタントンがダイビングキャッチを試みた。判定は直接キャッチしたとしてアウトになったが、ドジャースはチャレンジを要求。しかし、ビデオ判定でも判定は覆らず、なおも抗議したドン・マッティングリー監督は退場処分を受け、試合はドジャースが1点差で敗れた。

その後MLB機構が再確認したところ、打球は捕球前にグラウンドでバウンドしている事が判明。翌日に誤審を認め、ドジャース側に謝罪した。この件について、マッティングリー監督は「審判に責任はない。責任はニューヨークのオペレーション本部にある」と語った。[20]

NPBでは、2015年9月12日阪神タイガース広島東洋カープ阪神甲子園球場)の延長12回表に、田中広輔が放ったセンターへの打球が、フェンスを越えた所に張られた観客が上らないよう設置されたワイヤー(通称忍者返し)に跳ね返り、グラウンド内へ戻った。審判はこれをフェンス上段に当たった三塁打と判定し、広島側の求めに応じたビデオ判定が行われた後も、結果は覆らなかった。その後後続が倒れ無得点となり、12回裏の阪神の攻撃でも得点が入らず、試合は引き分けとなった。

9月14日にNPBは「実際はホームランだった」として誤審を認めた[21]。機構は「審判がワイヤーに当たって跳ね返ることを想定しておらず、フェンスの上段に当たったと思い込んでしまった」と説明した。一方で記録の訂正は行われず、試合結果も引き分けで確定した。同年10月7日に行われた対中日ドラゴンズとのシーズン最終試合に広島は負けてセ・リーグ4位となったが、先の試合でもし広島が勝っていれば、ゲーム差は無いものの、対戦成績の差で阪神に代わって3位となるだけでなく、クライマックスシリーズにも出場できる計算になるため、結果論ではあるが影響は大きいと言える[22]

その他[編集]

学生野球社会人野球では2011年現在、都市対抗野球大会選抜高等学校野球大会全国高等学校野球選手権大会をはじめどの大会でも導入されていない。

なお、現行の野球規則上は、ルール解釈に誤りがあった場合を除き、一度下された審判の判定は終局のものであり覆らないとされている。

脚注[編集]

  1. ^ “GMs want to explore instant replay” (英語). MLB.com. (2006年11月15日). http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20061115&content_id=1741170&vkey=hotstove2006&fext=.jsp 2012年7月26日閲覧。 
  2. ^ “Baseball general managers recommend instant replay for first time” (英語). ESPN. AP通信. (2007年11月6日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=3097070 2012年7月26日閲覧。 
  3. ^ “Instant replay used for first time” (英語). MLB.com. (2008年9月4日). http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20080903&content_id=3412816&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb 2012年7月26日閲覧。 
  4. ^ MLB誤審89%減へ 来季ビデオ判定拡大
  5. ^ メジャーリーグ大改革ビデオ判定を大幅拡大
  6. ^ “大リーグ、10億円かけビデオ判定センター始動へ”. SANSPO.COM(サンスポ). (2014年3月27日). オリジナル2014年8月22日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20140822141931/http://www.sanspo.com/baseball/news/20140327/mlb14032712350013-n1.html 2015年9月27日閲覧。 
  7. ^ “チャレンジ制度導入なら…30億円スタジオ、地方球場の“壁”も”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/15/kiji/K20150915011134470.html 
  8. ^ 幻の本塁打一覧を参照。
  9. ^ “プロ野球 誤審が順位左右の可能性 対策必要に”. NHKニュース (日本放送協会). (2015年10月8日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151008/k10010262661000.html 2015年10月8日閲覧。 
  10. ^ プロ野球 来季から本塁クロスプレーでビデオ判定導入も
  11. ^ 本塁クロスプレーへのビデオ判定導入を検討
  12. ^ NPB、今季から本塁クロスプレーでビデオ判定導入日刊スポーツ、2016年10月25日閲覧。
  13. ^ プロ野球のビデオ判定スタート。審判の権威が崩れ始めている! SportsGraphic NumberWeb 2010/04/06 10:30
  14. ^ “ラミレス先制弾 幻に、ビデオ判定画像に問題”. 神奈川新聞. (2012年5月20日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1205200003/ 2012年5月20日閲覧。 
  15. ^ “テレビは16型、ビデオは家庭用 友寄塁審「確認できないので判定通り」”. スポーツニッポン. (2012年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/20/kiji/K20120520003289570.html 2012年5月20日閲覧。 
  16. ^ 来季からフェンス際の飛球にもビデオ判定導入:プロ野球:野球:スポーツ報知
  17. ^ 阪神―広島戦で“珍事”、フェン直ファウルをリプレー検証で訂正:プロ野球:野球:スポーツニッポン
  18. ^ 阪神広島両監督がファウルのリプレー検証めぐり抗議:プロ野球:野球:日刊スポーツ
  19. ^ “「チャレンジ」導入要望に審判側は難色”. デイリースポーツ. (2015年7月18日). http://www.daily.co.jp/baseball/2015/07/18/0008219950.shtml 
  20. ^ “ビデオ判定して誤審…大リーグ機構がドジャースに謝罪”. スポーツニッポン. (2015年5月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/05/15/kiji/K20150515010355090.html 2015年9月24日閲覧。 
  21. ^ “ビデオ判定の誤審認める 実際にはホームラン”. (2015年9月14日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150914/k10010234041000.html 2015年9月14日閲覧。 
  22. ^ “【広島】響いた大誤審…もし本塁打の判定だったら3位でCS進出、4位阪神”. スポーツ報知. (2015年10月6日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20151007-OHT1T50143.html 2015年10月6日閲覧。 

関連項目[編集]