延長引き分け再試合規定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

延長引き分け再試合規定(えんちょうひきわけさいしあいきてい)とは、高校硬式野球における、日本高等学校野球連盟が定めた規定の一つである。

現在、延長15回までに同点により勝敗が決しなかった場合は、引き分けで試合打ち切りとし、後日「再試合」を行う決まりとなっている(その他降雨など天災の理由により、延長15回まで進まずに同点引き分けのまま試合打ち切り、後日再試合を行うケースも有る)。

再試合規定制定の経緯[編集]

高校野球の黎明期には延長回数を制限する規定や試合を途中で打ち切るルールが存在せず、その結果、1933年(昭和8年)の中京商業 対 明石中学の延長25回の死闘のような試合が生まれる結果となっていた。この試合について、大会本部は「勝負がつかなくても25回で打ち切る」と決定していた。

その後も、実に25年にわたって、試合の延長回数が長くなった場合の打ち切りに関するルールが設定されるには至らなかった。

現在の延長引き分け再試合が設定される契機となったのは、1958年(昭和33年)、春季四国大会での板東英二の投球であった[1]

この大会に徳島商業高校投手として参加していた板東は、対高知商業戦で延長16回、翌日の対高松商業戦で延長25回をいずれも一人で完投した。

これまで甲子園大会での延長回数は無制限であったが、2日間で41イニングを投げた板東の姿を見ていた高野連の幹部役員が連盟や大会本部に働きかけ、第40回の夏の甲子園大会より次のルールが制定された。

「延長18回を終えて同点引き分けの場合はその時点で試合を終了し、後日再試合を行う。」

板東は、この年の第40回全国高等学校野球選手権大会において、準々決勝の対魚津高校富山)戦で延長18回引き分け再試合を演じ、奇しくもこの規定の初適用者ともなった。

延長18回制から延長15回制へ短縮[編集]

この「延長18回引き分け再試合」の規定は、以後42年にわたって適用され、数々の名勝負を生んできた。しかし、1998年(平成10年)夏の第80回全国高等学校野球選手権大会の準々決勝第一試合では、PL学園対横浜延長17回の試合が行われ、横浜高校の投手だった松坂大輔が、延長17回を一人で250球投げ続けた事が後に論議を呼んだ[要出典]

2000年第72回選抜高等学校野球大会から、延長戦が従来の18回制から15回制に短縮変更された[2][3]

また、変更されたのは延長のイニング数だけでなく、決着の方法も再試合以外の方法が規定された。[4]すなわち15回までに試合が決しなかった場合には

  1. 後日再試合を実施する(従来通り)
  2. 抽選によって上位進出チームを決定できる(新設)

のどちらかを選択して上位進出チームを決定する、というものである。どちらを選択するかは(地方ごとの)主催連盟が決めることができる、とされているが、このうち抽選は「選抜高等学校野球大会ならびに全国高等学校野球選手権大会、同地方大会では適用しない」と明記されており、必ず後日再試合が行われる[3]

タイブレーク導入で60年ぶりに延長無制限に戻る[編集]

2018年春季の第90回記念選抜高等学校野球大会及び夏季の第100回全国高等学校野球選手権記念大会(予選となる地方大会も含む)から延長戦におけるタイブレーク方式が導入され、延長13回から試合が決着するまで行われる。このため延長回数制限を廃止し、60年ぶりに延長回数無制限に戻す(決勝戦を除く)。また準決勝までは延長引き分け再試合が廃止となる。ただし両大会共に決勝戦ではタイブレーク方式を採用せず、延長15回で引き分けた場合は1回に限り再試合とするが、再試合では準決勝までと同じ形で延長無制限でのタイブレーク方式を採用する[5]。甲子園では、第100回全国高等学校野球選手権記念大会第2日目において、1回戦の旭川大学高等学校佐久長聖高等学校戦で、春夏通して史上初めて適用された[6]

延長回数の制限は無制限となるものの、再試合を除く決勝戦ではタイブレーク方式を採用しないため、引き続き延長15回までとなることから、この規定自体は廃止とはならない。

なお、例外として国民体育大会と、及び春季高校野球大会の一部の試合では「9回打ち切りで引き分けとし、その後抽選(クジ引き)制度を適用して勝敗を決定」とされている。

再再試合[編集]

再試合でもなお延長15回迄で同点引き分けとなり、試合が決着しなかった場合には、さらに「再再試合」が行われる。2003年(第85回記念大会)の全国高等学校野球選手権福井大会1回戦で、大野東敦賀気比の試合で延長15回に規定により5-5で引き分けとなった。翌日の再試合でも延長15回に規定により3-3で引き分けとなり、雨天順延をはさんだ翌々日の再再試合で敦賀気比が6-1で大野東に勝利した。総イニング数39回、試合時間は8時間42分に及んだ。

1941年(第27回大会)には、全国中等学校優勝野球台湾大会の嘉義農林対台北工でも再再試合が記録された。0-0のまま8回に雨天引き分けとなり、翌日も0-0のまま7回雨天引き分けとなった。その翌日には延長25回で嘉義農林が台北工を2-1で破った。総イニング数は40回に及んだ。

脚注[編集]