佐々木昌信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 昌信
20190716 Masanobu Sasaki, umpire of the npb, at Yokohama stadium.jpg
2019年7月16日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県館林市
生年月日 (1969-08-06) 1969年8月6日(52歳)
選手情報
ポジション 一塁手外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐々木 昌信(ささき まさのぶ、1969年8月6日 - )は、日本の元プロ野球審判員。NPB審判員袖番号は38東都大学野球連盟審判員。

経歴[編集]

群馬県館林市出身。館林市立第一小学校[1]館林市立第一中学校[2]群馬県立館林高等学校[2]大谷大学卒業[2]

小学校時代は剣道をやっていたが、高校に入ってから本格的に野球を始めたという。実家は浄土真宗の寺で佐々木自身は長男でもあり、実質的には寺の後継者であったため、仏教を学ぶべく大谷大学文学部真宗学科へ入学[2]。父親からは「大学卒業して実家へ帰るまでは好きなことをやって良い」と言われたので、大谷大学でも硬式野球部に入部した。大谷大学時代は一塁手外野手でプレー、京滋大学野球リーグ公式戦に出場し、大学2年の時にはリーグ優勝も経験し、3年秋のリーグでは外野手でベストナインも受賞している[2]

佐々木は大学卒業時には社会人野球のチームに入ろうかと思っているうちに、京滋大学野球連盟の審判を指導していたプロ野球審判OBから「プロ野球の審判員のテストを受験してみれば」と勧められた。本人は合格すると思わずにテストを受けたところ、合格したことでプロ野球審判となった[2][3]

1992年、セントラル・リーグ審判員。審判員袖番号は38。1995年5月5日の阪神タイガース広島東洋カープ4回戦において三塁塁審としてデビュー。引退した2020年シーズン終了時点で2414試合出場。オールスターゲーム4回(2000年、2003年、2011年、2019年。2003年第2戦、2019年第1戦で球審)、日本シリーズ6回(2004年、2007年、2009年、2011年、2013年、2015年。2004年第3戦、2007年、2011年第4戦、2013年第1戦、2015年第5戦で球審)の出場。若くして1000試合出場を達成。また、2006年に審判員奨励賞を受賞している。

2009年10月11日、神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ中日ドラゴンズで三塁塁審を務めた佐々木は、3-2と中日が1点リードしている7回裏一死一塁の場面で、ジェイミー・デントナが放ったレフトポール際への大飛球をホームランと判定し、4-3とヤクルトが逆転に成功した。しかし、中日の監督の落合博満がスコアボードで流れたVTRをみて「ファウルだ」と17分間にわたって猛抗議を行った。審判団が協議をしたが、判定はホームランのまま覆ることはなかった[注 1]。落合は5分以上の抗議をし、選手を引き揚げさせるなどしたため、遅延行為を理由に退場処分を受け、試合もそのままヤクルトが勝った。

球審を務める際、2012年シーズンまではヘルメットと一体化したマスクを使用していたが、翌2013年からは従来タイプに戻った。球審時のストライクコールや立ち振る舞いが独特である。この独特な立ち振る舞いが話題だった頃、東京ドームの試合で球審を務めた際に、コール時に両手でゲッツのような恰好をする事から、当時巨人ベンチに居た清原和博元木大介に真似をされ、右手で(止めなさい)という仕草をしたというやり取りの映像が、当時放送されていたプロ野球珍プレー好プレーで紹介された事がある。

2013年よりクルーチーフに昇任。

2014年シーズンより、ストライクコール時の立ち振る舞いが大きく変わっている。

2016年5月17日、福岡ソフトバンクホークス北海道日本ハムファイターズ9回戦(北九州市民球場)にて二塁塁審を務め、史上64人目の通算2000試合出場を達成した[4]

上述のように実家は真宗大谷派の寺(佛光山覺應寺)であり、佐々木自身も僧侶の資格を持っている。プロ野球のシーズンオフには館林へ帰省して実家の寺の手伝いをしている[3]

2020年シーズンをもってNPB審判を引退し前述の実家の寺を継ぐ。最後の出場試合は2020年11月4日にメットライフドームで行われた埼玉西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズ最終戦の三塁塁審だった[5]。また、クルーチーフの役職を維持したままで引退した審判員は、佐々木が初めてである。

2021年より住職の傍ら、東都大学野球連盟の審判員も務める[6]

審判出場記録[編集]

  • 初出場:1995年5月5日広島東洋カープ阪神タイガース4回戦(広島)、三塁塁審
  • 出場試合数:2414試合(セ・リーグ1747、パ・リーグ376、交流戦219、日本シリーズ27、オールスター10、クライマックスシリーズ35)
  • オールスター出場:4回(2000年、2003年、2011年、2019年)
  • 日本シリーズ出場:6回(2004年、2007年、2009年、2011年、2013年、2015年)

(記録は2020年シーズン終了時)

表彰[編集]

  • セントラル・リーグ審判員奨励賞:1回(2006年)
  • 最優秀審判員賞:1回(2015年)
(記録は2019年シーズン終了時)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この当時は現行のように微妙な場面での審判の判定を確認するためのビデオ判定を行う「リクエスト」制度は存在していなかったことに留意。

出典[編集]

  1. ^ 平成29年度 スポーツ少年団の取り組み 館林市立第一小学校
  2. ^ a b c d e f 佐々木昌信さんに聞く 衝撃的だったムービングファーストボール (PDF)”. 館高東京同窓会会報. p. 10-13 (2010年2月). 2017年4月27日閲覧。
  3. ^ a b 【ザ・アンパイア】 実家は寺!袈裟をプロテクターに代えた佐々木 J SPORTS 野球好きコラム 2014年4月16日
  4. ^ 佐々木昌信審判員 2000試合出場達成のお知らせ - NPBニュース(日本野球機構オフィシャルサイト)、2016年5月17日
  5. ^ 審判の佐々木昌信氏が引退 今後は実家の寺継ぐ予定 日刊スポーツ 2020年11月4日
  6. ^ 元NPB審判員が、東都大学野球で住職との二刀流デビュー 法事少ない「平日は時間がある」 Sponichi Annex 2021年3月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]