左翼手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

左翼手(さよくしゅ、: left fielder)とは、野球またはソフトボールにおいて、本塁から見て左側を主な守備位置とする外野手

中堅手の隣、遊撃手三塁手の後方に位置する。守備番号は7。英略字はLFLeft fielderから)。日本ではレフトとも呼ばれる。

投手打者捕手一塁手二塁手遊撃手三塁手右翼手中堅手左翼手
野球のポジション図

概要[編集]

主にレフトファウルゾーンからセンターまでの守備範囲を担う。全体として多数を占める右打者による飛球を処理する機会が多いために、確実にフライを捕球する能力が求められる。また、レフト線上の打球を素早く処理して長打をシングルヒットにしてしまう機敏な選手が望ましい[1]。中堅手や遊撃手の守備による負担を軽減するために、足の速さを要求される場合もある。さらに、三塁への送球にそなえたバックアップも行う。

一方で、三塁近くに位置することから遠くの塁に送球する必要がほとんどなく、右翼手とは反対に肩の強さはさほど求められない。走者がいない状況ではバックアップを行うこともあまりないため、守備による負担が比較的少ないポジションである。

草野球少年野球などでは、左打者に比べて右打者の数が極めて多く、また引っ張る打球も多くなるため、必然的に打球処理の機会は外野手のうち最も多くなる。ただし、少年野球では守備位置がプロ野球と比べ30メートルほど前となるため、強い打球がレフトに飛んだ場合、ファーストに送球されレフトゴロが成立することもある。

一方で、高校野球やプロ野球のように競技レベルが上がっていくにつれて左打者の数が増え、右打者も意図的に右方向へのバッティングをする場合が増えてくるため、守備機会は少なくなっていく。そのため、日本プロ野球では一塁手と同様に、打撃能力は高い一方で守備能力に優れていない選手(ベテラン選手や、打撃に集中させたいタイプの選手)を左翼手に据えることが多く、日本プロ野球ではゴールデングラブ賞がそのシーズンでの左翼手のレギュラー選手から選出されることは少ない[2][3]

フライを捕球する左翼手(松井秀喜

また、高校野球などでエース格の投手を交代せずに休ませる時に、比較的負担の少なく利き腕の違いの影響も受けない左翼手に置くことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 全日本野球会議 > オンライン野球教室 > 守備(外野手)[リンク切れ]
  2. ^ 数少ない例として1972年-1975年の高田繁や1997年の田口壮、2004年の英智谷佳知など。ただし、2012年シーズン終了時点で日本プロ野球における外野手の通算最多補殺記録保持者である山内一弘の守備位置はおもに左翼手であった。
  3. ^ GG賞にホークス最多4人も…激戦の外野手部門で中村晃、上林が選外に”. Full-Count. 2018年3月12日閲覧。