スタットキャスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スタットキャスト(Statcast)はアメリカ合衆国メジャーリーグベースボール(MLB、野球の大リーグ)で導入されている、ステレオカメラレーダーを使用して選手やボールの動きを高速・高精度に分析するためのもの。MLBアドバンストメディア社によって2015年にはMLBのすべての本拠地球場に導入された[1][2]

概要[編集]

軍事技術の追尾レーダーの技術を利用したもの[3]。2014年に試験的に導入され2015年には全面導入された。ドップラーレーダーと複数の光学高精細カメラを使用してグラウンド上の選手やボールの位置や方向や速度などを計測し、それらのデータを記録・分析・数値化する[4]。算出された結果は実況放送中にも画像やデータとして表示が可能である。

データ項目の例[編集]

投球[編集]

  • リリースポイント
  • 球速
  • 体感速度
  • 回転数

打撃[編集]

  • 打球速度
  • 打球角度
  • 打球方向
  • 打球距離

走塁[編集]

  • リード距離
  • 第二リード距離
  • スタート
  • 加速
  • 最高速度

守備[編集]

  • 始動時間 (最初の一歩)
  • 打球を追う速度(外野手)
  • 打球を追う走路(外野手)
  • 送球速度
  • 捕球から送球までの時間

脚注[編集]

  1. ^ データが伝えるベースボールの面白さ、MLB観戦を変える「Statcast」
  2. ^ メジャーさらに進化「スタットキャスト」詳細データを公開
  3. ^ 軍事技術を応用!プレーを瞬時に数値化するMLBのスタットキャストとは?
  4. ^ 瞬時に解析データを表示。スタットキャストとは何か。~MLBで進むハイテク化への賛否~

関連項目[編集]

外部リンク[編集]