MLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MLBオールスターゲーム(MLB All-Star Game)とは、メジャーリーグベースボール(MLB)を構成する2リーグ(ナショナルリーグアメリカンリーグ)の選抜チーム同士による対抗試合である。毎年7月に行われ、ファンによる投票や監督推薦などで選抜された選手が一晩限りのドリームチームを結成する。ミッドサマー・クラシック(Midsummer Classic、“真夏の祭典”)とも呼ばれる。

歴史[編集]

第1回のMLBオールスターゲームが開催されたのは1933年7月6日である。この試合は、同年に開催されたシカゴ万国博覧会の記念行事として行われた。実現には、イリノイ州シカゴの地元紙『シカゴ・トリビューン』のスポーツ担当編集者であったアーチ・ウォードの尽力があった。当時はゲーム・オブ・ザ・センチュリー(世紀の試合)と呼ばれていた[1]

ウォードがオールスターゲームの実現に向けて動くようになったきっかけとしてよく語られている逸話が、野球ファンの少年から「ベーブ・ルースカール・ハッベルの対決が見たい」という趣旨の投書があった、というものである。当時ルースはニューヨーク・ヤンキースの主砲であり、ハッベルはニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)のエースであった。ヤンキースとジャイアンツはそれぞれニューヨーク州ニューヨークに本拠地を置いていたが所属リーグが違うため、両チームが同じ年に揃ってワールドシリーズ進出を果たさないと、ルースとハッベルの対決は観ることができない。この対決を実現できないか、という少年の訴えに共鳴したウォードが、球界関係者たちに働きかけ、ナ・ア両リーグのスター選手が一堂に会する「夢のゲーム」を実現させた、という。しかし野球殿堂が所蔵するウォード関連の資料には、前述の少年が登場するものがひとつとして存在しておらず、そのためこのエピソードも事実であるかどうかは疑わしい[2]

この第1回オールスターの開催地として選ばれたのが、シカゴのコミスキー・パークであった。5万人近い大観衆を集めて行われた試合ではルースが大活躍。3回裏に大会第1号の本塁打を放つなど、ア・リーグの4 – 2の勝利に貢献した。もちろん一方の雄であるハッベルも、ナ・リーグの一員としてこの試合に出場した。また他にもルー・ゲーリッグレフティ・ゴメス(ともにヤンキース)、ビル・テリー(ジャイアンツ)など球史に名を残す選手達が顔を揃えている。

その後は持ち回りでの開催となったが、1945年は戦争のため中止、また1959年から1962年までは選手の年金基金費用を増やすために2試合開催となったが、不評だったため1試合に戻された。開催日は大半が7月の火曜日であり、その中でも第2、第3火曜日が多い[1]。その前日の月曜日には同じ球場で「本塁打競争」(オールスター出場選手の中からさらに選抜された選手により、本塁打の本数を争うトーナメント戦)が行われる。

1年1都市のみでの開催、しかも現在ではMLB所属チームが30チームもあるため単純計算でも30年に1度しか開催されないイベントであり、開催都市では地域を挙げての盛り上がりを見せる。但し1都市に複数の球団を持つ大都市(NY:ヤンキースとメッツ、シカゴ:カブスとホワイトソックスなど)の場合は計算上30年しないうちに開催権利が周ってくる上に、新球場が建設されたなどの要因が生じた場合は基本的にはそちらが優先される事になる(これは日本のオールスターゲームでも同様)。

開催概要[編集]

MLBオールスターゲームの現在の開催概要・試合結果は次のとおりである。

選出方法[編集]

  • 公式投票用紙、インターネット(パソコン)から投票する。
  • ファン投票選出は投手を除く各ポジションにつき1位選手ずつ(但し外野手は3位まで)。公式投票用紙からの投票の場合マークシート方式であらかじめノミネートされた選手の中から選んで塗りつぶす方式が取り入れられている。
  • 後日発表の投手を含む関係者の投票と監督推薦(前年度リーグ優勝監督が担当[3])を併せて両チーム32名ずつ(計64名)がメンバーとして登録される。
  • 5人の候補の中から「33人目の選手」を選ぶファン投票(インターネット投票)を行い、両チーム33名ずつ(計66名)がメンバーとして登録される。
  • 上記登録時あるいは登録後に故障者リスト入りした選手とオールスターゲーム前の最終戦に先発した投手の代わりに選手が補充される[4]

試合方式[編集]

  • 2009年まではア・リーグ球団の本拠地球場で開催時は指名打者制、ナ・リーグ球団の本拠地球場で開催時は投手も打席に立つ。2010年からはア・リーグ、ナ・リーグの球場を問わず指名打者制を採用。
  • 9イニングで決着がつかない場合は延長戦を原則として決着がつくまで行う[5]
  • 投手は3イニングを超えて登板することはできない[6]

ワールドシリーズのホームアドバンテージ特典[編集]

2002年の試合は延長11回の末引き分けとなった。これは控え選手がほぼいなくなったことなどからコミッショナーが裁定を下し引き分けになったといわれる。

2003年から2016年までこの試合で勝ったリーグに所属するチームは、ワールドシリーズのホームゲームアドバンテージ(第1・2・6・7試合を本拠地球場で開催する権利)を獲得することになった。敗戦リーグの所属チームは第3・4・5試合を本拠地球場で開催する。例えばある年にア・リーグが勝って、その年のワールドシリーズにア・リーグからニューヨーク・ヤンキース、ナ・リーグからニューヨーク・メッツが出場してワールドシリーズがニューヨークのサブウェイ・シリーズ(ダービーマッチ)になった場合には、第1・2・6・7戦はヤンキー・スタジアムで、第3・4・5戦はシティ・フィールドで実施される。なおこの特典が付与されるようになった2003年から2016年まで、ワールドシリーズを制したチームは14回中9回がこのホームゲームアドバンテージを得たリーグの代表である。

これまでの試合結果[編集]

開催日 勝利チーム スコア 敗戦チーム 開催球場 MVP
1 1933年7月6日 アメリカン 4 – 2 ナショナル コミスキー・パーク ---
2 1934年7月10日 9 – 7 ポロ・グラウンズ
3 1935年7月8日 4 – 1 ミュニシパル・スタジアム
4 1936年7月7日 ナショナル 4 – 3 アメリカン ブレーブス・フィールド
5 1937年7月7日 アメリカン 8 – 3 ナショナル グリフィス・スタジアム
6 1938年7月6日 ナショナル 4 – 1 アメリカン クロスリー・フィールド
7 1939年7月11日 アメリカン 3 – 1 ナショナル ヤンキー・スタジアム
8 1940年7月9日 ナショナル 4 – 0 アメリカン スポーツマンズ・パーク
9 1941年7月8日 アメリカン 7 – 5 ナショナル ブリッグス・スタジアム
10 1942年7月7日 3 – 1 ポロ・グラウンズ
11 1943年7月13日 5 – 3 シャイブ・パーク
12 1944年7月11日 ナショナル 7 – 1 アメリカン フォーブス・フィールド
- 1945年7月10日 開催中止
13 1946年7月9日 アメリカン 12 – 0 ナショナル フェンウェイ・パーク ---
14 1947年7月8日 2 – 1 リグレー・フィールド
15 1948年7月13日 5 – 2 スポーツマンズ・パーク
16 1949年7月12日 11 – 7 エベッツ・フィールド
17 1950年7月11日 ナショナル 4 – 3 アメリカン コミスキー・パーク
18 1951年7月10日 8 – 3 ブリッグス・スタジアム
19 1952年7月8日 3 – 2 シャイブ・パーク
20 1953年7月14日 5 – 1 クロスリー・フィールド
21 1954年7月13日 アメリカン 11 – 9 ナショナル ミュニシパル・スタジアム
22 1955年7月12日 ナショナル 6 – 5 アメリカン カウンティ・スタジアム
23 1956年7月10日 7 – 3 グリフィス・スタジアム
24 1957年7月9日 アメリカン 6 – 5 ナショナル スポーツマンズ・パーク
25 1958年7月8日 4 – 3 メモリアル・スタジアム
26 1959年7月7日 ナショナル 5 – 4 アメリカン フォーブス・フィールド
27 1959年8月3日 アメリカン 5 – 3 ナショナル LAメモリアル・コロシアム
28 1960年7月11日 ナショナル アメリカン ミュニシパル・スタジアム
29 1960年7月13日 6 – 0 ヤンキー・スタジアム
30 1961年7月11日 5 – 4 キャンドルスティック・パーク
31 1961年7月31日 (引き分け) 1 – 1 (引き分け) フェンウェイ・パーク
32 1962年7月10日 ナショナル 3 – 1 アメリカン DCスタジアム アメリカ合衆国の旗 モーリー・ウィルス
33 1962年7月30日 アメリカン 9 – 4 ナショナル リグレー・フィールド アメリカ合衆国の旗レオン・ワグナー
34 1963年7月9日 ナショナル 5 – 3 アメリカン ミュニシパル・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ウィリー・メイズ
35 1964年7月7日 7 – 4 シェイ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ジョニー・カリソン
36 1965年7月13日 6 – 5 メトロポリタン・スタジアム ドミニカ共和国の旗 フアン・マリシャル
37 1966年7月12日 2 – 1 ブッシュ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ブルックス・ロビンソン
38 1967年7月11日 アナハイム・スタジアム キューバの旗 トニー・ペレス
39 1968年7月9日 1 – 0 アストロドーム アメリカ合衆国の旗 ウィリー・メイズ
40 1969年7月22日 9 – 3 RFKスタジアム アメリカ合衆国の旗 ウィリー・マッコビー
41 1970年7月14日 5 – 4 リバーフロント・スタジアム アメリカ合衆国の旗 カール・ヤストレムスキー
42 1971年7月13日 アメリカン 6 – 4 ナショナル タイガー・スタジアム アメリカ合衆国の旗 フランク・ロビンソン
43 1972年7月25日 ナショナル 6 – 5 アメリカン フルトン・カウンティ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ジョー・モーガン
44 1973年7月24日 7 – 1 ロイヤルズ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ボビー・ボンズ
45 1974年7月23日 7 – 2 スリー・リバース・スタジアム アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ガービー
46 1975年7月15日 6 – 3 カウンティ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ジョン・マトラック
アメリカ合衆国の旗 ビル・マドロック
47 1976年7月13日 7 – 1 ベテランズ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ジョージ・フォスター
48 1977年7月19日 7 – 5 ヤンキー・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ドン・サットン
49 1978年7月11日 7 – 3 サンディエゴ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ガービー
50 1979年7月17日 7 – 6 キングドーム アメリカ合衆国の旗 デーブ・パーカー
51 1980年7月8日 4 – 2 ドジャー・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ケン・グリフィー・シニア
52 1981年8月9日 5 – 4 ミュニシパル・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ゲイリー・カーター
53 1982年7月13日 4 – 1 オリンピック・スタジアム ベネズエラの旗 デーブ・コンセプシオン
54 1983年7月6日 アメリカン 13 – 3 ナショナル コミスキー・パーク アメリカ合衆国の旗 フレッド・リン
55 1984年7月10日 ナショナル 3 – 1 アメリカン キャンドルスティック・パーク アメリカ合衆国の旗 ゲイリー・カーター
56 1985年7月16日 6 – 1 メトロドーム アメリカ合衆国の旗 ラマー・ホイト
57 1986年7月15日 アメリカン 3 – 2 ナショナル アストロドーム アメリカ合衆国の旗 ロジャー・クレメンス
58 1987年7月14日 ナショナル 2 – 0 アメリカン アラメダ・カウンティ・コロシアム アメリカ合衆国の旗 ティム・レインズ
59 1988年7月12日 アメリカン 2 – 1 ナショナル リバーフロント・スタジアム アメリカ合衆国の旗 テリー・スタインバック
60 1989年7月11日 5 – 3 アナハイム・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ボー・ジャクソン
61 1990年7月10日 2 – 0 リグレー・フィールド ドミニカ共和国の旗 フリオ・フランコ
62 1991年7月9日 4 – 2 スカイドーム アメリカ合衆国の旗 カル・リプケン・ジュニア
63 1992年7月14日 13 – 6 ジャック・マーフィー・スタジアム アメリカ合衆国の旗 ケン・グリフィー・ジュニア
64 1993年7月13日 9 – 3 カムデン・ヤーズ アメリカ合衆国の旗 カービー・パケット
65 1994年7月12日 ナショナル 8 – 7 アメリカン スリー・リバース・スタジアム アメリカ合衆国の旗 フレッド・マグリフ
66 1995年7月11日 3 – 2 ザ・ボールパーク・イン・アーリントン アメリカ合衆国の旗 ジェフ・コーナイン
67 1996年7月9日 6 – 0 ベテランズ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 マイク・ピアッツァ
68 1997年7月8日 アメリカン 3 – 1 ナショナル ジェイコブス・フィールド プエルトリコの旗 サンディ・アロマー・ジュニア
69 1998年7月7日 13 – 8 クアーズ・フィールド プエルトリコの旗 ロベルト・アロマー
70 1999年7月13日 4 – 1 フェンウェイ・パーク ドミニカ共和国の旗 ペドロ・マルティネス
71 2000年7月11日 6 – 3 ターナー・フィールド アメリカ合衆国の旗 デレク・ジーター
72 2001年7月10日 4 – 1 セーフコ・フィールド アメリカ合衆国の旗 カル・リプケン・ジュニア
73 2002年7月9日 (引き分け) 7 – 7 (引き分け) ミラー・パーク
74 2003年7月15日 アメリカン 7 – 6 ナショナル USセルラー・フィールド アメリカ合衆国の旗 ギャレット・アンダーソン
75 2004年7月13日 9 – 4 ミニッツ・メイド・パーク ドミニカ共和国の旗 アルフォンソ・ソリアーノ
76 2005年7月12日 7 – 5 コメリカ・パーク ドミニカ共和国の旗 ミゲル・テハダ
77 2006年7月11日 3 – 2 PNCパーク アメリカ合衆国の旗 マイケル・ヤング
78 2007年7月10日 5 – 4 AT&Tパーク 日本の旗 イチロー
79 2008年7月15日 4 – 3 ヤンキー・スタジアム アメリカ合衆国の旗 J.D.ドリュー
80 2009年7月14日 ブッシュ・スタジアム アメリカ合衆国の旗 カール・クロフォード
81 2010年7月13日 ナショナル 3 – 1 アメリカン エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム アメリカ合衆国の旗 ブライアン・マッキャン
82 2011年7月12日 5 – 1 チェイス・フィールド アメリカ合衆国の旗 プリンス・フィルダー
83 2012年7月10日 8 – 0 カウフマン・スタジアム ドミニカ共和国の旗 メルキー・カブレラ
84 2013年7月16日 アメリカン 3 – 0 ナショナル シティ・フィールド パナマの旗 マリアーノ・リベラ
85 2014年7月15日 5 – 3 ターゲット・フィールド align=left|アメリカ合衆国の旗 マイク・トラウト
86 2015年7月14日 6 – 3 グレート・アメリカン・ボール・パーク
87 2016年7月12日 4 – 2 ペトコ・パーク アメリカ合衆国の旗 エリック・ホズマー
88 2017年7月11日 2 - 1 マーリンズ・パーク ドミニカ共和国の旗 ロビンソン・カノ
89 2018年7月10日 ナショナルズ・パーク
90 2019年7月9日 プログレッシブ・フィールド

諸記録[編集]

※数字は2007年終了時点のもの

打撃部門[編集]

試合数
打席・打数
得点
安打
  • 通算最多はウィリー・メイズの23安打。
  • 1試合では4本が最多(ジョー・メドウィック、テッド・ウィリアムズ、カール・ヤストレムスキー)。
二塁打
三塁打
本塁打
  • 通算最多はスタン・ミュージアルの6本。
  • 1試合最多は2本。5人が記録している(アーキー・ヴォーン、テッド・ウィリアムズ、アル・ローゼン、ウィリー・マッコビー、ゲーリー・カーター)。
  • ランニング本塁打は2007年にイチローが初めて記録した。
打点
  • 通算最多はテッド・ウィリアムズの12打点。
  • 1試合最多は5打点(テッド・ウィリアムズ、アル・ローゼン)。
三振
盗塁
  • 通算最多はウィリー・メイズの6盗塁。1試合最多は2盗塁。
  • 本塁盗塁は1934年のパイ・トレイナーが唯一の記録である。

投手部門[編集]

登板試合数
投球回
勝利数
  • 通算最多はレフティ・ゴメスの3勝。
セーブ
奪三振
被安打
与四球
防御率

MLB本塁打競争[編集]

本塁打競争はオールスターゲームの関連イベントとして1985年から行われるようになった。出場選手は基本的にオールスター出場選手の中から選ばれるが、辞退者などがある場合この限りではない。また、2005年には翌年ワールド・ベースボール・クラシック開催を睨んで、同大会出場国の国別対抗戦として行われた。

現在のルール[編集]

オールスター出場選手の中からさらに8人を選抜して、本塁打の本数の合計を3ラウンドで競う。まず第1ラウンドを行い、本数上位4選手が第2ラウンドへ進む。第2ラウンドでは前ラウンドとの合計本数を争い、上位2名が決勝戦に進む。決勝戦はそれまでのラウンドでの本数は関係なく、決勝戦の本数だけで争う。

本塁打以外は全てアウトと計算し(ファウルや空振りもアウトになる。ただし「見逃し」は許されていて好球が来るまで待つことができる)、1選手1回の試技で10アウトになるまで打つことができる(1回10球までというわけではない)。

フューチャーズゲーム[編集]

オールスターゲームの前々日に同じ球場で行うマイナーリーグ版オールスターゲーム。1999年に開始された。出場選手はマイナーリーグから選抜され、「アメリカ合衆国出身選手選抜」と「世界選抜」の2チームに分かれて対戦する。

脚注[編集]

  1. ^ a b Natsuki Une (2014年7月4日). “オールスターゲームの歴史”. GyaO. 2014年7月4日閲覧。
  2. ^ 出野哲也 「歴史が動いた日――1933年7月6日 夢のオールスターが初開催」 『月刊スラッガー』2005年8月号、日本スポーツ企画出版社、2005年、雑誌15509-8、88-90頁。
  3. ^ 1995年は前年のポストシーズンがストライキで中止されたため、1994年度の最高勝率チーム監督が担当した。
  4. ^ オールスターゲームと前半戦最終戦の間隔は中1日になるため、前半戦最終戦に先発登板した投手については出場を辞退するか登板しても1イニングのみに制限される。出場を辞退してもベンチ入りすることは可能である。
  5. ^ ただし、2002年は選手を使い切ってしまう状態になり11回で試合が打ち切られた。
  6. ^ 前半最終戦に先発した投手は出場しても1イニングに制限される。

外部リンク[編集]