ビッグイニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビッグイニングとは、野球において大量点が記録されたイニング。基準は明確には定まっていないが、一般的に5得点(投手から見ると5失点)以上したイニングがビッグイニングであったと報道されている[1][2]

ビッグイニングの例[編集]

メジャーリーグ[編集]

メジャーリーグベースボールにおける1イニングの最多得点は1883年9月6日にシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)がデトロイト・ウルバリンズ(現存しない)戦で記録した18点。近代野球が確立した1901年以降では1953年6月18日ボストン・レッドソックスデトロイト・タイガース戦の7回裏に記録した17点[3]

日本[編集]

日本プロ野球[編集]

日本プロ野球においては、2009年6月11日千葉ロッテマリーンズ広島東洋カープ戦の6回裏に記録した15得点(15打点)が最多[4]。14者連続得点はプロ野球タイ記録であり、1イニング12安打は史上2位。このときロッテの攻撃イニングにおいて延べ20人の打者が打席に立っている。このうち1人が1イニング3打席を記録しており(もう1人は2打席目に出塁後代走を送られ途中交代。その代走にもイニング中に打席が回っている)、こちらもプロ野球記録である[5][6]

高校野球[編集]

選抜高等学校野球大会では1971年東邦高等学校の11点、全国高等学校野球選手権大会では1923年立命館中学校の14点が最高記録である。

脚注[編集]

  1. ^ Woes still beginning with one big inning”. Boston.com(ボストン・グローブ) (2007年8月16日). 2009年8月5日閲覧。
  2. ^ Johnny Cueto surrenders 9 runs, can't get out of first inning”. ESPN.com (2009年7月7日). 2009年8月5日閲覧。
  3. ^ Thursday, June 18, 1953,, Fenway Park” (英語). Baseball-Reference.com. 2016年5月8日閲覧。
  4. ^ 従来の記録は13得点(13打点)
  5. ^ ロッテ歴史的猛攻1イニング48分20人15点 - 2009年6月12日 日刊スポーツ
  6. ^ 【6月11日】2009年(平21) 笑いが止まらないロッテ 6回に日本新記録6個の猛攻 - 2010年6月11日 Sponichi Annex 日めくりプロ野球