カット・ファスト・ボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カット・ファスト・ボール: Cut Fastball)は、野球における球種の1つ。日本ではカットボールアメリカ合衆国ではカッター(英: Cutter)とも呼ばれ[1]、その名の通り速球に属する[1]

概要[編集]

カットファストボールの握りの例

フォーシームまたはツーシームの握り[1]から人差し指中指をずらしたり、指先の力加減を調節するなどして投げる。直球とほぼ同じ球速で小さく鋭く変化するため、打者からは直球との見分けがつきにくく、直球と思ってスイングした打者のバットの芯から外させて凡打に打ち取る。投げ手の逆側の打席に入る打者の内角に投じ、打球を詰まらせたり、見逃しのストライクを奪いたい場面でも有効である。横に曲がる、斜めに落ちる、縦に落ちるといった変化の種類があり、速球が真っ直ぐ進まずに常時このような変化をする投手もいる。

代表的な使い手としてはマリアノ・リベラアンディ・ペティットロイ・ハラデイジョン・レスターケンリー・ジャンセンなどがいる。特にマリアノ・リベラは史上最高のカッターの使い手として知られ[1]、球種がフォーシームかカッターのみという非常に珍しい投球スタイルでMLB屈指のクローザーとして活躍した。リベラのカッターは90mph半ば(約153km/h以上)を超える球速で約20cm変化すると言われた。

日本人選手ではカットボールを広めたのは武田一浩と言われている。ファイターズ時代にチームメイトだったマット・ウインタースからカットボールの存在を聞き習得し、武田のドラゴンズ移籍後に川上憲伸がこれを習得、日本屈指のカットボーラーとなった[2]。その他にはダルビッシュ有松坂大輔三浦大輔藤浪晋太郎松井裕樹山本由伸などが投げる。

歴史[編集]

この球種を投げる投手は古くから存在したが、くせ球やまっスラ、ムーヴィング・ファストボールなどと呼ばれていた。2000年代に入ってからカットボールが認知され始め、日本球界でも多くの選手が使用するようになったが、松井秀喜伊東勤によると、日本人選手の投げるカットボールはスライダーに近いものがほとんどだという[3]2003年には実況パワフルプロ野球などの野球ゲームにも採用された。

野村克也は、皆川睦雄が日本のプロ野球界で初めてカットボールを投げたと語る[4]

エピソード[編集]

日米の違い[編集]

日本では利き腕の反対方向に微妙に変化する軌道の速球として認識されているが、アメリカでは変化の方向は関係なくカットボールと呼ばれる。また、利き腕方向へ変化するカットボールを稀にリカットボールと呼ぶ場合もある。

真っスラとの違い[編集]

カットボールと真っスラは、投げられた球の回転軸の角度や、バックスピンまたはジャイロスピンなどの回転方向の比率などが異なる、全く別の球種である。しかしながら実際は投げた本人が球種を宣言でもしない限り球筋を見ただけではどちらの球種か判別しづらい。その一例として2018年8月24日、巨人対阪神・19回戦にて巨人先発のクリストファー・クリソストモ・メルセデスが来日初完封を記録した試合では、試合後初対戦で資料の乏しいメルセデスの投げていた動く速球を、金本知憲(当時1軍監督)が「(メルセデス)よかったね。右打者へのインカット(ボール)」と評したのに対して片岡篤史(当時1軍コーチ)は「右のインコースに真っスラ。あれがよかった。」と称したように、プロ野球チームの首脳陣でも初見では呼称が食い違う場合がある[5]。また桑原謙太郎菅野智之はカットボールと真っスラをともに持ち球として投げ分ける。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Cutter (FC)”. mlb.com. 2019年6月7日閲覧。
  2. ^ 名古屋テレビ 光る!スポーツ研究所2006年8月12日放送分バックナンバー
  3. ^ 『メジャー・リーグ変化球バイブル』ベースボール・マガジン社、2010年。ISBN 978-4-583-61678-0
  4. ^ 置賜スポーツ偉人伝 皆川睦雄 置賜文化フォーラム
  5. ^ “阪神・金本監督、対策裏目も「少ないデータですから」”. SANSPO.COM. (2018年8月25日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20180825/tig18082505010010-n1.html 2019年6月7日閲覧。 

参考文献[編集]