インフィールドフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インフィールドフライ: Infield fly rule)は、野球ソフトボールの試合で、特定の条件下において打者が打ち上げたフェア飛球の内、内野手普通の守備行為を行えば捕球できると判断されるもの、またその際に適用される規則である。

概要[編集]

インフィールドフライは、公認野球規則「本規則における用語の定義」40において規定されている。

「無死または一死」「走者一・二塁または満塁」の場面において打者が打ち上げた飛球で、審判員が「内野手(内野に位置する野手)が普通の守備行為を行えば、捕球できる」と判断したものを、インフィールドフライという。インフィールドフライと判断した審判員は、直ちに上空を指差し「インフィールドフライ」とコールを行い、続いてアウトのジェスチャーとともに「バッターアウト」をコールする。また、いずれか一人の審判員がこのインフィールドフライのコールを行った場合は、他の審判員も同様のジェスチャーとコールを行い(コールを省略しているリーグもある)、野手、走者および打者に対してこのプレイがインフィールドフライであることを知らせる。宣告を受けた時点で打者はアウトとなり、塁上の走者はフォースの状態から解除され、進塁義務がなくなる。また、インフィールドフライ宣告後はボールインプレイであり、審判員の宣告があってもプレイは続行される。

つまり、インフィールドフライとは「フェアの飛球を打ち上げた時点でその打者はアウトになる」というルールであり、一見すると攻撃側に不利に働くルールのようにも思える。しかし、このルールは守備側が余分にアウトを取れる可能性を防ぐ目的で存在している(詳細後述)。ルール上は宣告時点で打者がアウトになるが、実際に打者のアウトが確定するのは打球が捕球されるかフェアと確定した時点である。

「インフィールド(内野)」と名称されてはいるが、宣告の基準となるのはあくまでその飛球が「内野手が普通の守備行為をすれば、捕球できる」飛球であるかどうかである。そのため、守備側のシフトやその動きによって適用される地域の判断は流動的となり、最終的に投手、捕手、外野手によって捕球されたとしても一度なされたインフィールドフライの宣告が取り消されることはない。ベースラインや芝生の境界線(グラスライン)などを宣告の基準に設定することは不適切であるとされる[1][注 1]

打球がインフィールドフライかどうかはあくまでも審判員の判断によって決定されるものであり、審判員がインフィールドフライと判断しなかった打球が攻撃側や守備側のアピールプレイによってインフィールドフライになることはない[1]。宣告の権限は全ての審判員に同等に与えられており、1人でもインフィールドフライを宣告すればこのルールが適用される。インフィールドフライの適用条件が揃っているときは、審判員が投手の投球前(ボールデッド時ならプレイ再開前)に相互にインフィールドフライ適用条件が揃っていることの確認を行っている場面が見られる。

ただし、飛球がファウルとなった場合には、インフィールドフライの宣告は取り消しとなる。そのためファウルライン付近にあがった飛球に対しては、審判員は「インフィールドフライ・イフ・フェア(もしもフェアならインフィールドフライの意)」と宣告する。なお、宣告が「インフィールドフライ」(イフ・フェアの宣告がない場合)であっても適用規則は同じであり、ファウルになればインフィールドフライは取り消しとなる。

なお、故意落球とは次の点で異なる。

  • 走者が一塁や一・三塁のときには適用されない
  • ライナーやバントでの飛球には適用されない
  • 野手がインフライト[注 2]の打球に直接触れなくても適用される
  • ボールデッドにならない

背景[編集]

一見すると攻撃側に不利なルールのようにも見えるこの規則であるが、実際は攻撃側が受ける不当な不利益を除外するために定められた規則である。

例えば、一死一・二塁で内野に飛球が飛んだとき、2人の走者は飛球が捕らえられた際のリタッチに備え安易に離塁することができない。その一方で、この飛球が捕球されなかった場合はフォースの状態にある2人の走者には進塁の義務が生じてしまい、野手がすばやくボールを拾って三塁へ送球、続けて二塁へと送球することでこれを併殺とすることが可能となる。すなわち、フォースの状態にある走者が2人以上いる場合、野手は意図的に飛球を落とすことで正規に飛球を捕球するより多くのアウトを取ることができてしまうこととなり、攻撃側に一方的な不利益が生じるのである。

この事態を改善するため、打球が上がった時点で打者をアウトと見なすことで、飛球が捕球されなかった場合でも走者の進塁義務を発生させないという規則としてインフィールドフライが制定されるに至った。インフィールドフライはこのように、リタッチの義務とフォースの状態による進塁の義務という相反する2つのルールを悪用し、ボールが空中を飛んでいる間、元の塁から動けずにいる走者をまとめてフォースプレイで併殺にしようとする守備側の行為を防止するために設けられたものなのである。

アメリカでこのルールが出来たのは1895年のことで、当初は一死のときだけ適用された。1901年に無死でも適用されるようルールが改正された。1904年にはライナーが適用除外となり、1920年にはバント飛球が適用除外となった[2]

インフィールドフライ宣告後の試合進行[編集]

打球が捕球された場合[編集]

ルール上は通常の飛球が捕らえられたときと同様となる[3]。すなわち、走者にリタッチの義務が生じるため、走者の帰塁前に、野手が走者またはその占有塁に触球してアピールすれば走者はアウトになる。走者は捕球後にリタッチを果たせば、走塁死を賭して進塁を試みてもよい(タッグアップ/タッチアップ)。もっとも、基本的に内野で行われるプレイであるため、プレイボールインプレイであることを失念するなどといった相当の油断が守備側に無い限り進塁を試みても成功は見込めない。

打球が捕球されなかった場合[編集]

打球がフェアになったとき
野手が意図的に捕球しなかった、あるいは捕球しようとして落球したとしても、打者はインフィールドフライの宣告によって既にアウトになっており、このアウトが取り消されることはない。そのため、すべての走者はフォースの状態から解除され、進塁義務はなくなるため元の塁に留まったままでもアウトになることはない。また、リタッチの義務は生じないため、離塁して塁間にいる場合は、そのまま次の塁への進塁を狙ってもよいし元の塁に戻ってもよい。
もちろん、進塁または帰塁の途中にあり離塁している走者に対して野手が触球するとその走者はアウト(打者のアウトと合わせて併殺)となる。しかし、上記の通りこの際の走者のプレーはフォースプレイによる進塁でも、飛球が捕らえられたことによる帰塁(リタッチ)でもないため、野手は塁へ触球しても走者をアウトにすることはできない。
また、野手が打球を捕球できなかったがどの走者も進塁しなかったときは、失策は記録されない。落球を利して走者が進塁したときは、落球した野手に失策が記録される。
打球がファウルになったとき
ファウルゾーンで野手が触れて落球した場合や、野手が触れずにファウルゾーンに直接落下したか内野に落ちたあとファウルゾーンに転がった後で野手が触れた場合など、打球がファウルになればインフィールドフライの宣告は取り消しとなる[3]。それに伴って打者のアウトも取り消され、走者は投球前に占有していた塁に戻される。ただし、普通の守備行為で捕球できる飛球であったと記録員が判断すれば、打者の打撃の時間を延ばしたことになるため、野手に失策を記録する。

インフィールドフライと同時に他のプレイが発生した場合[編集]

守備妨害
インフィールドフライが宣告された打球に対して守備妨害が発生した場合、打球がフェアかファールか確定するまでボールインプレイの状態が継続され[1]、確定後ボールデッドとなる[4]。フェアとなった場合、守備を妨害した走者と、打者はともにアウト。ファールの場合は、走者のみがアウトになり、その打球が捕球されたとしても打者は打ち直しとなる[1]
また、野手が触れる前のインフィールドフライに対して離塁していた走者がフェア地域内で触れたときは打者・走者ともにアウトとなる[5]
ただし、走者が塁についていた状態でインフィールドフライに触れた場合は守備妨害にはならず[6]、打者のみがアウトになった上でボールデッドとなる[4]
故意落球
インフィールドフライを宣告された打球に対して、野手が故意に落球した場合、故意落球の規定に関わらずインフィールドフライの規則が優先されボールインプレイとして試合が進行される[1]

インフィールドフライが宣告されない場合[編集]

以下の場合は、インフィールドフライのルールが適用されない。

二死の場合
守備側が飛球を捕球すれば三死で攻守交代であり、意図的に捕球しないことによる守備側の利益も攻撃側の不利益もない。
無死または一死で、走者二塁、走者三塁または走者二・三塁の場合
フォースの状態の走者がいないので、たとえ野手が落球しても、フォースプレイを悪用した併殺は起こらない。
無死または一死で、走者一塁または一・三塁の場合
野手が落球しても、フォースの状態にある走者は一塁走者だけであるから、打者走者が一塁への全力の走塁を怠らない限りは、フォースの状態を悪用した併殺が起こることはない(一塁走者が二塁フォースアウトになっても、アウトカウントが1つ増えて打者走者が一塁走者と入れ替わるだけである)。
バントして打ち上げた飛球の場合
インフィールドフライの規則本文で、適用から除外することが明記されている[3]
打球がライナーの場合
これもインフィールドフライの規則本文で、適用から除外することが明記されている[3]

インフィールドフライが宣告された打球でサヨナラゲームとなった事例[編集]

1991年6月5日、大洋対広島[編集]

1991年6月5日横浜大洋ホエールズ広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)、2-2の同点で迎えた9回裏、大洋の攻撃で一死満塁。

  1. 大洋の打者・清水義之は本塁付近の三塁線上に飛球を打ち上げた。これに対して、球審の谷博は「インフィールドフライ・イフ・フェア」を宣告した。
  2. 打球は広島の捕手・達川光男の頭上に上がったが、達川は直接捕球せず、地面でバウンドした打球をフェア地域内で捕球して、本塁を踏んで一塁に送球した。達川はこれで打者走者と三塁走者を併殺したつもりだったが、球審がインフィールドフライを宣告した時点で打者の清水はアウトになっているため、塁上の全走者はフォースの状態を解かれ進塁義務がなくなっていたのであった。
  3. 大洋の三塁走者・山崎賢一もこのルールを把握しておらず、達川が飛球を落とすのを見るなり本塁に向かって走り出した[注 3]。達川が本塁を踏んだのを見て自分がアウトになったと思った山崎は、本塁手前で走るのを止め惰性で歩いて本塁を通過した(山崎はこのときに事態を理解したのか、振り向いてもう一度本塁を踏み直した。この試合に大洋の選手として出場していた高木豊によると、大洋ベンチからは山崎に声を掛けて「本塁を踏め」と指示していたという[7])。
  4. 達川が本塁に触球したとしても三塁走者・山崎はフォースアウトにはなりえず、アウトになったのは打者の清水のみであったため、球審は山崎が本塁に触れたことによる得点を認め、試合終了を宣告。大洋のサヨナラ勝ちとなった。
  • 達川のみならず、三塁走者の山崎、打者の清水、達川から送球を受けて攻守交替で延長戦に突入したと思った広島の一塁手・長内孝、試合終了後も激しく抗議を続けた広島・山本浩二監督など、インフィールドフライのルールを熟知していなかった当事者が多かったため起こったプレイである。達川はワンバウンドした打球を捕球した後、本塁を踏んで一塁に送球するのではなく、三塁から走ってきた山崎に触球すれば、打者走者及び三塁走者に対する併殺プレイを完了してこのイニングを終了することが出来たのである。
  • この一連のプレイでは達川に失策が記録された他、球審の谷はこの判定により1991年度ファインジャッジ賞を受けた。
  • この件はインフィールドフライルール説明の教材として使われることが多い。2015年5月4日、後述する広島対読売ジャイアンツ(巨人)戦で起こったインフィールドフライの宣告がきっかけで起こったサヨナラゲームを受けて、達川は、報道陣の取材に対し、「あの時の失敗は私自身にとっても勉強になったし、後に『インフィールドフライの処置の仕方』として、アマチュアの教材にもなったんよ」とコメントした[8]

2015年5月4日、広島対巨人[編集]

2015年5月4日の広島対巨人戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2-2の同点で迎えた9回裏、広島の攻撃で一死満塁。

  1. 広島の打者・小窪哲也は本塁周辺のフェア地域上に飛球を打ち上げた。この飛球に対して二塁塁審・嶋田哲也、三塁塁審・丹波幸一がインフィールドフライを宣告した。
  2. 捕球を試みた巨人の三塁手・村田修一と一塁手・フアン・フランシスコは、連携ミスのため双方とも捕球できず打球はフェア地域内に落ちた。この時点で球審・福家英登はフェア宣告を行った(村田が飛球に触れたと判断したと思われる)。
  3. フランシスコは打球をフェア地域内で拾って本塁を踏み、一塁への送球を試みた。その直後、広島の三塁走者・野間峻祥が本塁を駆け抜け、福家はアウトを宣告した。
  4. 直後、広島の石井琢朗三塁ベースコーチや緒方孝市監督は福家のもとに駆け寄り、「塁審がインフィールドフライの宣告をしていた」とのプレイと判定の確認を行った。当該試合の責任審判であった丹波は、福家のもとに駆け寄り、このプレイで打球がインフィールドフライと判定したことを福家と確認した。福家は野間の得点を認め本塁に向かってセーフを宣告し、広島のサヨナラ勝ちとなった。
  • インフィールドフライ宣告の際は、通常、一人の審判員が宣告すれば他の審判員も続いて宣告を行う。しかし、このとき福家は、目の前に上がった打球がフェアかファウルかを判定する必要もあったことから混乱して余裕がなくなり、追従宣告を行わず、フランシスコが本塁に触球し、一塁に送球した直後にアウトを宣告した。
  • インフィールドフライが宣告されると、打者の小窪がアウトになり、塁上の走者はフォースの状態が解除される。したがって、フランシスコが本塁に触球しても、三塁走者の野間はアウトにならない。野間をアウトにするためには、野間への触球が必要である。
  • 緒方監督は、前述の1991年6月5日の試合では中堅手として出場していたため、当時の試合をほとんど再現する形となった今回のプレイに対して、直ちに球審のもとに駆け寄り確認を行うことができた[注 4]
  • このプレイでは、落球した時点で打球に触れていたとされた村田に失策が記録された。試合後の報道陣の取材に対し、インフィールドフライを宣告した丹波は「明らかなインフィールドフライ。落ちてフェアゾーンで捕ったのでフェア。落ちてフランシスコが確捕した時点で打者はアウト。あとはタッグプレイ。(球審に)混乱もあったと思う」「選手にうまく伝わっていなかったが、あれは誰が見ても明らかなインフィールドフライです」と話した。また、福家は「僕がもっとうまく選手に伝えていたらスムーズにいけた。もっと分かりやすくやっていれば…」と話した[9][10][11]
  • なお丹波は「フェアゾーンで捕ったからフェアボール」としているが、福家は、フランシスコの捕球の前にフェアの宣告を行っているため、村田が触れたという判定である(触れていなければ、打球がファウルになる可能性もあるため、この段階ではノージャッジである)。公式には、小窪の三塁フライと、村田の失策による野間の進塁が記録されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ グラスラインを内野の範囲として適用地域とすると勘違いされているケースもあるが、そもそも正確な内野の定義はベースラインの内側である。
  2. ^ 打球、送球、投球が、地面かあるいは野手以外のものにまだ触れていない状態(公認野球規則「本規則における用語の定義」41)。
  3. ^ 上記の通り、走者である山崎に進塁義務はないので、塁から離れて触球されるとアウトになる。また、本塁付近に立っていた打者の清水も達川がワンバウンドで捕球したのを見て一塁に走り出していたがこれも達川と同様に意味の無いプレイである
  4. ^ このときの緒方監督と石井コーチが福家のもとに駆け寄ったときの状況を、広島が「知ってたもん勝ち」Tシャツとして作成し、カープ公式グッズショップで発売された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 公認野球規則「本規則における用語の定義」40【原注】
  2. ^ A Comparison Of Three Rules - Northwest Association of Umpires, Ltd.
  3. ^ a b c d 公認野球規則「本規則における用語の定義」40
  4. ^ a b 公認野球規則5.09(b)(7)【注5】
  5. ^ 公認野球規則5.09(b)(7)
  6. ^ 公認野球規則5.09(b)(7)【例外】
  7. ^ プロ野球ニュースフジテレビONE 2011年7月10日放送)より。当日は高木の他、達川本人も出演。
  8. ^ 珍サヨナラは91年大洋─広島戦にも!アマチュアの教材にもなった”. スポーツ報知 (2015年5月5日). 2015年6月7日閲覧。
  9. ^ 広島、インフィールドフライでサヨナラ/プレー図解”. 日刊スポーツ (2015年5月5日). 2015年5月24日閲覧。
  10. ^ 原巨人、赤っ恥負け…一死満塁インフィールドフライでサヨナラ”. サンケイスポーツ (2015年5月5日). 2015年6月7日閲覧。
  11. ^ インフィールドフライ巡る珍プレーでサヨナラ負け”. スポーツ報知 (2015年5月5日). 2015年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]