レガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集]

レガースレガーズまたは脛当て(すねあて)は、スポーツ競技者が用いるに装着する防具である(ここに強い打撃を受けると、激痛で成人男子といえども立てなくなる。「弁慶の泣き所」と言われる所以)。語源は英語Leg Guards に由来する和製英語である。シンガード(脛のガードの意)やレッグガードの方が英語としては正しい。

サッカーホッケーアイスホッケースキー(スラローム競技)など、硬いボールを用いたり選手同士の激しい肉体的接触を伴う競技では、装着が義務付けられている。

球技[編集]

野球においては捕手が装着する。また、打者が自打球死球による怪我を避けるために装着する場合もある。

スキー[編集]

スキーにおいては、アルペンレースであるスラローム競技(SL)において着用が推薦されている。これは、ポールを倒したりアタックする際に保護する目的を持っている。また、ポールによるワンピースやスキーウェアの磨耗を防ぐ役割も担っている。なお、出場大会によっては着用が義務付けられている。

格闘技[編集]

キックボクシング[編集]

蹴り技を使用するキックボクシングムエタイ空手等の打撃系格闘技の練習や試合でも使用される。アマチュアでは着用が義務、プロでは任意または着用を禁止していることが多い。脹脛側でマジックテープ付きのストラップ二本で固定する仕様や、ジャージ素材で筒状にして脛側に緩衝材を縫いこんだ物等がある。素足やキック用の足首サポーターと合わせて着用する。

プロレス[編集]

プロレスを参照。

シュートボクシング[編集]

シュートボクシングを参照。

関連項目[編集]