打席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

打席(だせき)とは、

  1. 野球において打者が打撃(投手の投球をバットで打つ)時に入る領域。アメリカでは "batter's box"、公認野球規則では「バッタースボックス」[1]あるいは「打者席」[2]と規定されるが、広くはバッターボックスと通称される。本塁(ホームベース)を挟むように2つの長方形の形をしている。一塁(ファースト)に近い方が左打席、三塁(サード)に近い方が右打席。
  2. 野球において打者が打撃を行い、自身がアウトとなるか、塁に達した場合の記録。1.と区別するため打席数と呼ばれることがある。本稿で詳説する。

打席(だせき)とは、野球において打者が打撃を行い、自身がアウトとなるか、塁に達した場合の記録。打席数(英:Plate appearance)とも呼ばれる。

概要[編集]

打席は打数四球死球犠打犠飛打撃妨害による出塁、走塁妨害による出塁に分類できる。これらが記録された場合に、打席が1ずつ増える。

打者がバッターボックスに入りながら打席が記録されないのは、打席が完了する以前に代打を出された場合、走者の盗塁死・牽制死でチェンジになった場合、暴投捕逸など守備側のミスで得点が入りサヨナラゲームとなった場合、悪天候などでコールドゲームとなった場合である。

一般的に公式なリーグでは、所属チームの試合数の3.1倍の打席を規定打席と呼び、規定打席に到達している選手が打率等のランキングを形成する。

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 打席
1 野村克也 11970
2 王貞治 11866
3 張本勲 11122
4 衣笠祥雄 10634
5 金本知憲 10431
6 谷繁元信 10336
7 門田博光 10304
8 福本豊 10130
9 立浪和義 10033
10 石井琢朗 9967
順位 選手名 打席
11 土井正博 9853
12 清原和博 9428
13 山本浩二 9409
14 落合博満 9257
15 大島康徳 9227
16 長嶋茂雄 9201
17 高木守道 9110
18 秋山幸二 9063
19 中村紀洋 9048
20 榎本喜八 9002
  • 記録は2016年シーズン終了時点[3]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 打席 記録年 備考
1 西岡剛 千葉ロッテマリーンズ 692 2010年 パ・リーグ記録
2 赤星憲広 阪神タイガース 689 2005年 セ・リーグ記録
3 石井琢朗 横浜ベイスターズ 688 2005年
4 山田哲人 東京ヤクルトスワローズ 685 2014年
5 青木宣親 東京ヤクルトスワローズ 680 2006年
5 田中賢介 北海道日本ハムファイターズ 680 2009年
7 田中広輔 広島東洋カープ 679 2016年
8 広瀬叔功 南海ホークス 676 1963年
8 坂本勇人 読売ジャイアンツ 676 2010年
10 石井琢朗 横浜ベイスターズ 675 2006年
10 秋山翔吾 埼玉西武ライオンズ 675 2015年
  • 記録は2016年シーズン終了時点[4]

1イニング記録[編集]

選手名 所属球団 打席数 記録日 対戦相手 イニング
大松尚逸 千葉ロッテマリーンズ 3 2009年6月11日 広島東洋カープ 6回裏

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 打席
1 ピート・ローズ 15890
2 カール・ヤストレムスキー 13992
3 ハンク・アーロン 13941
4 リッキー・ヘンダーソン 13346
5 タイ・カッブ 13084
6 カル・リプケン 12883
7 エディ・マレー 12817
8 スタン・ミュージアル 12717
9 バリー・ボンズ 12606
10 デレク・ジーター 12602
順位 選手名 打席
11 クレイグ・ビジオ 12504
12 ウィリー・メイズ 12496
13 デーブ・ウィンフィールド 12358
14 ロビン・ヨーント 12249
15 ポール・モリター 12167
16 ラファエル・パルメイロ 12046
17 エディ・コリンズ 12044
18 オマー・ビスケル 12013
19 トリス・スピーカー 11992
20 アレックス・ロドリゲス 11907
  • 記録は2014年シーズン終了時点[5]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 打席数 記録年 備考
1 ジミー・ロリンズ フィラデルフィア・フィリーズ 778 2007年 ナ・リーグ記録
2 レニー・ダイクストラ フィラデルフィア・フィリーズ 773 1993年
3 ピート・ローズ シンシナティ・レッズ 771 1974年
4 デーブ・キャッシュ フィラデルフィア・フィリーズ 766 1975年
5 ホセ・レイエス ニューヨーク・メッツ 765 2007年
6 ピート・ローズ シンシナティ・レッズ 764 1975年
7 ホセ・レイエス ニューヨーク・メッツ 763 2008年
8 イチロー シアトル・マリナーズ 762 2004年 ア・リーグ記録
9 モーリー・ウィルス ロサンゼルス・ドジャース 759 1962年
ピート・ローズ シンシナティ・レッズ 1976年
  • 記録は2014年シーズン終了時点[6]

脚注[編集]

  1. ^ 公認野球規則 本規則における用語の定義 10 BATTER'S BOX 「バッタースボックス」
  2. ^ 公認野球規則 5.04(b)(2)【原注】など
  3. ^ 歴代最高記録 打席【通算記録】 - NPB.jp 日本野球機構(シーズン中は毎日更新)
  4. ^ 歴代最高記録 打席【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  5. ^ 通算記録 (MLB) (Baseball-Reference.com)
  6. ^ シーズン記録 (MLB) (Baseball-Reference.com)

関連項目[編集]