山田哲人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 哲人
東京ヤクルトスワローズ #1
Gk ryoIMG 3666.jpg
2016年9月3日、明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県豊岡市
生年月日 (1992-07-16) 1992年7月16日(29歳)
身長
体重
180 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2012年4月5日
年俸 5億円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
五輪 2021年
WBC 2017年
プレミア12 2015年2019年
獲得メダル
日本の旗 日本
オリンピック
2020 野球
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球
WBSCプレミア12
2019 野球
2015 野球

山田 哲人(やまだ てつと、1992年7月16日 - )は、兵庫県豊岡市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

NPBにおける日本人右打者シーズン最多安打記録保持者であり(193安打 = 2014年)、史上初の本塁打王盗塁王の同時獲得者(2015年)[2]、日本プロ野球史上、唯一のトリプルスリー複数回達成者(3回)である。そのため、「ミスター・トリプルスリー」という愛称がつけられている[3]。また、平成生まれのプロ野球選手として初の最多本塁打を獲得している。

第1回プレミア12銅メダリスト。東京オリンピック野球金メダリスト。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小さい頃から空手サッカーをしており、華奢で物静かだったが運動神経は抜群だった[4]

小学校2年時に宝塚リトルリーグの外野手として野球を始める。当時、穴田真規とチームメイトだった。御殿山中学校時代はヤングリーグ・兵庫伊丹に所属し主に内野手でプレー。当時を振り返って、「小学校、中学校の時はプロに行けるとは思っていなかった。」と語っている[5]

履正社高等学校に進学と同時に家族で同校のある大阪府豊中市に引っ越す[6]。1年夏からベンチ入りし、2年夏は二塁手でレギュラーを務めた。2年秋から遊撃手のレギュラーとして活躍し、3年春は高い守備力と打率.435でチームを引っ張り、大阪大会優勝・近畿大会で準優勝する[7]。3年夏の第92回全国高等学校野球選手権大会では2回戦(初戦)の中村奨吾擁する天理高校戦で本盗を決め、履正社の夏初勝利に貢献した。聖光学院高校戦では歳内宏明から本塁打を打つも、チームは惜敗した。後に阪神タイガースに入団することになる井上広大は、その本塁打を見て履正社に行きたいと思ったという[8]。また、高校の1学年後輩に坂本誠志郎がいた。

2010年プロ野球ドラフト会議東京ヤクルトスワローズオリックス・バファローズから外れ外れ1巡目指名を受け[9]、抽選の結果ヤクルトが交渉権を獲得した。11月25日に年俸720万円で仮契約を結んだ[10]。ヤクルトは1番行きたい球団だった[11]

ヤクルト時代[編集]

2013年9月29日、明治神宮野球場にて

2011年はレギュラーシーズン中の公式戦出場は果たせなかったが一軍で遊撃手を守ってきた選手の怪我の多発やフェニックスリーグでの好調さが評価され[12]中日とのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦に「1番・遊撃手」として先発出場[13]。4打数無安打に終わったが、CSで高卒新人野手の先発は山田が史上初であった[14]。第3戦には山井大介から四球を選び初出塁と青木宣親の適時打で初得点を記録した。第4戦では川井雄太から右翼線への二塁打で初安打、浅尾拓也から適時打を打ち初打点を記録し、2安打1打点を挙げた[15]

2012年4月5日に代打でシーズン公式戦初出場、初打席、初安打を記録。8月10日の対巨人戦で内海哲也から初本塁打を記録した。二軍では3割近い打率を記録した。

2013年は遊撃手としての守備難と田中浩康の打撃不振により、5月の一軍昇格後は二塁手固定での出場がほとんどだった。10月6日には広島東洋カープ前田健太からプロ初の満塁本塁打を記録している。

2014年杉村繁打撃コーチのマンツーマンの指導により打撃が大幅に向上した[16]。4月から9月にかけて、NPB史上初の6か月連続初回先頭打者本塁打を達成[17]。監督推薦でオールスターゲームに選出されると、第2戦で本塁打を含む2安打を打ち敢闘選手賞を獲得した[18]。8月はリーグトップとなる41安打を記録し、自身初の月間MVPを受賞した[19]。10月6日の対DeNA戦の第4打席でこの日3安打目を打ち、1950年に阪神の藤村富美男が記録した日本人右打者のシーズン通算191安打に並ぶと、続く8回の一死満塁で迎えた第5打席で山口俊から逆転満塁本塁打を打ち、新記録を樹立した[20]。最終的に193安打を打ち、最多安打を獲得。OPS.941はリーグ2位、wRAA48.4はリーグトップだった[21]。オフの10月9日に日米野球2014日本代表に選出された[22]。なお強化試合では、プロ入り後初めてとなる一塁手での出場があった[23]

2015年はシーズン開幕前の2月16日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された[24]。同年3月10日の第1戦に「8番・一塁手」で先発出場した[25]。3月11日の第2戦でも「2番・二塁手」で先発起用され、レスリー・ナカルから本塁打を記録している[26]。杉村コーチから、シーズン前にトリプルスリーをやり遂げる素質を持っていると期待されていた[27]

シーズンでは8月22日の対中日戦で3打数連続本塁打を打ち、前日の最後の打席から通算してプロ野球タイ記録となる4打数連続本塁打を記録[28]。この連続本塁打で自身初の30本塁打をクリアした[29]。9月6日の対広島戦では30個目の盗塁となる二盗を決め、トリプルスリーに王手をかけた[30]。チームで唯一全試合フルイニング出場を果たし、打率.329、38本塁打、100打点、34盗塁といずれもキャリアハイの成績を残し、2002年の松井稼頭央以来、プロ野球史上9人目、球団では初のトリプルスリーを達成した[31]。23歳での達成はセントラル・リーグ最年少記録である[32]。トリプルスリー・100打点の同時達成は1950年の別当薫岩本義行以来、65年ぶりであり、プロ野球史上3人目[31]。月間MVPは7月〜9月の3か月連続で受賞した[33]。セ・リーグ野手での月間MVP3か月連続受賞は2007年のアレックス・ラミレス(2007年7月〜9月)以来となる快挙だった[34]。シーズン途中、真中満監督の方針で2番・川端慎吾、3番・山田、4番・畠山和洋に固定されてから調子が上がり、打率・安打数・打点はそれぞれリーグ2位を記録した他、本塁打王[注 1]盗塁王最高出塁率の打撃タイトルを獲得し、優勝したヤクルト打線の中心となる活躍を見せた。本塁打王と盗塁王の同時獲得と、トリプルスリーを達成しつつ盗塁王を獲得するのは、ともに史上初[35][36]である。ソフトバンクとの日本シリーズでは、第3戦で日本シリーズ史上初の1試合3打席連続本塁打を記録[注 2]。チームは1勝4敗で敗退したものの、日本シリーズ敢闘賞を受賞した[38]NPB AWARDSでは、2年連続となるベストナインとセ・リーグの最優秀選手に選出された[39]

また、10月9日には第1回WBSCプレミア12の最終ロースター28名に選出された[40]。最終的にチームは3位に輝いて銅メダルを獲得した。オフの12月8日に東京都内の球団事務所で契約更改に臨み、来シーズンから背番号が今年までの「23」から「1」に変更されることが正式に発表され、サプライズで登場した背番号1の前任者である青木宣親から背番号1のユニホームを渡された[41]。1億4000万円増となる推定年俸2億2000万円でサインした。高卒野手5年目オフの2億円到達は、イチロー松井秀喜と並ぶ史上最速タイとなった[42]

2016年はシーズン開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表に選出された[43]。同年シーズンでは6月は23試合に出場し、打率.346、28安打、10本塁打、28打点のうち打率・本塁打・打点がリーグ1位の成績となり、自身5度目となる月間MVPを受賞した。なお、ヤクルトで5度目の月間MVPはラミレスと並ぶ球団タイ記録である[44]。しかし、7月30日の対読売戦(東京ドーム)で田原誠次から背中付近に死球を受け[45]、その後も試合に出続けたが、8月9日の対中日戦(ナゴヤドーム)で痛みを訴えて途中交代。左第八肋骨骨挫傷と診察されたため翌10日に出場登録を抹消された[46]。2週間の抹消を経て復帰すると、9月10日の対阪神戦では1試合3本塁打を記録するなど復調の兆しを見せた、翌11日の対阪神戦の第1打席で岩貞祐太からまたも背中付近に死球を受ける[47]。この2度の死球により打撃成績は下降線をたどるも、最終的に打率.304、38本塁打、30盗塁で前年に続きトリプルスリーを達成。2年連続、複数回の達成はいずれもプロ野球史上初[48]。併せて2年連続の盗塁王にも輝き、最多四球も記録した。オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された[49]

2017年はシーズン開幕前の3月に開催された第4回Wワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出された。同大会では主に「1番・DH」として出場。2次ラウンド第2戦のキューバ戦で大会史上8人目となる先頭打者本塁打など[50]1試合2本塁打の活躍を見せた[51]

シーズンでは下半身のコンディション不良に苦しみながらも、チームで唯一となる全試合フルイニング出場を達成[52]。しかし、年間を通して不振が続き[53]、打率.247、24本塁打、14盗塁とトリプルスリーには遠く及ばない結果でシーズンを終えた[54][55]。最終戦後にはチームが崩壊状態で96敗を喫し、自身も不調で悔し涙を流した[56]

2018年4月7日、神宮球場

2018年は新年早々トリプルスリーを取ることを目指した[57][58]。前年の不振から脱却し、オープン戦から安定した成績を残した[59][60]。5月11日のベイスターズ戦で10号ソロ本塁打を打ったことにより、5年連続2桁弾を達成[61]。6月28日の対中日戦(神宮球場)の9回裏に3点本塁打を打ち、プロ8年目で初となるサヨナラ打(サヨナラ四球を除く)を記録[62][63]。7月9日の対巨人戦(静岡草薙球場)で史上66人目・平成生まれの選手では初となるサイクル安打を達成した[64]。7月20日の対中日戦(神宮球場)から8月4日の対阪神戦(京セラドーム大阪)まで記録した12試合連続打点は、NPBでは1986年のランディ・バースに次ぐ歴代2位の記録で、日本人では歴代最長の記録である[65][66][67]。8月31日の対広島戦では2年ぶりの30盗塁を記録[68][52]。ここぞの場面で勝負強い打撃をみせるなど[69][70]、最終的に打率.315、34本塁打、33盗塁で自身3度目のトリプルスリーを達成した[71]。OPSも1.014を記録し、強力打線を牽引した[72]。オフには2年ぶりとなるベストナインに選出された[73]

2019年は4月26日の対巨人戦(神宮球場)で菅野智之から青木宣親・山田・バレンティンで3者連続本塁打を記録[74]。1か月後の5月26日には同じ3人で再度3者連続本塁打を記録した[75][注 3]。9月4日の対広島戦(神宮球場)では33号サヨナラ満塁本塁打を打ち、通算200号本塁打に到達した。27歳1か月での同記録達成はNPB史上5番目の若さであり、球団では最年少記録でバレンティンに次ぐ8人目の200号達成となった[77]。また、9月14日の対DeNA戦で盗塁を失敗するまで、前年から続けて38連続で盗塁を成功をさせ、プロ野球新記録を達成した[78]。最終的に30本塁打30盗塁はクリアしたが、打率は2割7分台にとどまり、4度目のトリプルスリーはならなかった。オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12日本代表に選出された。決勝の対韓国戦では2回に逆転3点本塁打を記録[79]し、日本の初優勝に貢献した。12月24日、7000万円増の推定年俸5億円で契約を更改した[80]

2020年は開幕から2戦連続で本塁打を打つ好スタートを切ったが、その後は上半身のコンディション不良に苦しみ、欠場や登録抹消により回復に努める時期もあった。9月20日の対広島戦(神宮球場)では中村祐太から濱田太貴・青木宣親・山田で2年連続で3者連続本塁打を記録した[81][82][83]。最終的に規定打席に初めて到達した2014年以来ワーストになる、出塁率、長打率、OPSを記録するなど苦しんだ。9月3日に国内FA権を取得[84]し去就に注目が集まったが[85][86][87]、「自分の居場所はこのチーム(ヤクルト)と感じた」としてFA権を行使せずに残留を決意し、新たに推定年俸5億円+出来高払いの7年契約を結んだ[88][89][90][91][92]。また、「同じ環境にいるとどうしても甘えが出ると思ったから」という理由から、キャプテン就任を志願。翌2021年シーズンより、青木宣親に代わってチームのキャプテンを務める[93]

2021年は開幕後から不振が続いたが[94]、交流戦を境に徐々に調子を上げていった[95][96][97][98][99]。自身6度目の出場となったマイナビオールスターゲーム2021では、第1戦(7月16日)に29歳の誕生日を迎えたことから、セ・リーグ出場選手の記念撮影の際にサプライズ祝福を受けた[100][101]。6月16日に東京オリンピック野球日本代表に内定する[102]と、オリンピック本大会では全5試合に1番打者として出場。準決勝の対韓国戦での決勝打を含む、チームトップの7打点を記録するなど[103]、日本代表の金メダル獲得に貢献[104]し、大会MVPに選出された[105]。9月26日の対中日戦(神宮球場)で3回に小笠原慎之介から30号満塁本塁打を放つ[106]。これで30本塁打は2019年以来5度目となり、球団ではバレンティン(8度)、池山隆寛(5度)に次ぐ記録となった[107]。4回には適時打、6回にはこの日2本目の本塁打を放ち、2本塁打7打点の活躍をみせた[108][109]。シーズンを通して足のコンディション不良を抱えた影響で盗塁企図は大きく減ったものの、リーグ4位の34本塁打、同3位の101打点、同4位のOPS.885を記録。2016年以来となる30本塁打100打点以上を記録し、同じく30本塁打100打点以上を記録した村上宗隆と共に強力な3・4番コンビを形成した[110]。また、キャプテンとしてもピンチの場面ではマウンドへ向かい投手を鼓舞し、ベンチでは若手選手に積極的にアドバイスを送るなど、2年連続最下位に沈んでいたチームを牽引し、6年ぶりのリーグ優勝に貢献した[111][112]オリックスとの日本シリーズでは第5戦の8回にタイラー・ヒギンスから値千金となる同点3点本塁打を打ち、大杉勝男池山隆寛に並ぶ球団最多タイの日本シリーズ4本塁打目を記録した[113]。シリーズ全体で打率.167と打撃不振に陥ったが、最終的にチームを20年ぶり6度目の日本一へ導き[114]、前年の故障・不振から復活を印象付ける活躍を見せるシーズンとなった。来シーズンの目標として自身4度目のトリプルスリーと初のゴールデングラブ賞受賞を掲げた[115]

2022年は4度目のトリプルスリーに向かって、積極的に盗塁を仕掛けていくことを決意した[116]。3月25日の開幕戦では、1打席目で相手先発投手の藤浪晋太郎から死球を受けるが[117]、9回表にカイル・ケラーから同点ソロ本塁打を放ち開幕史上最大の7点差逆転勝利に貢献した[118][119]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

高校通算31本塁打を記録するなどプロ入り前から長打力は高く評価されており[120]、高校時代にスイングスピードは高校の先輩であるT-岡田オリックス)を上回る154km/hを記録している[120]

スピードとパワーを兼備した最高の右打者。山田自身は「自分はホームランバッターじゃない」と言い聞かせている[121]

スイングをする頻度が非常に低い打者であり、2014年のスイング率は38.8%で、NPBで規定打席に到達した全58人の打者の中で7番目に少なく、2016年5月終了時点は36.6%と規定打席に到達した全63人の打者の中で3番目、セ・リーグでは最小である[122]。ボール球のスイング率は、2014年から24.9%→23.3%→17.6%と推移しておりNPBで最も低い数値を記録している[122]。全打席に占める四球の割合を表すBB%(Base on balls Percentage)も年を追って高まっている[122]。全打球に占めるフライの割合は、2014年から49.0%→54.8%→58.1%と推移しており、着実に打球を上げられる打者へと進化している。また、元々引っ張り傾向が強い打者だが、年々その割合を上げている[122]

元チームメイトのウラディミール・バレンティンは、大砲と呼ぶには小さい山田が本塁打を量産出来る理由について、「ボールを遠くに飛ばすのに重要なことは、体のサイズではなくボールの下を叩くこと」「バックスピンをかける技術に長けており、それは持って生まれた才能である[123]」、ブラッド・エルドレッドは「山田は大きな体を使ってボールを遠くに飛ばすタイプでなくスイングスピードを利用して本塁打を打つタイプのパワーヒッター」「一番の特長はコンパクトに打っていく中で凄いバットスピードを生み出せることであり、正しいバット軌道の中でボールを捉えることができる。選球眼も良いのでボール球に手を出さない」と分析している[123]

2018年度の本塁打の平均飛距離は119.7メートルであり、20本以上を記録したセ・リーグの日本人選手では最長である。2015年度から2018年度まで飛距離は毎年伸び続けている[124]。2018年の時点で神宮球場NPB球団の本拠としては狭い部類であり他球場では外野フライとなる打球が本塁打になることがあるが、2018年度は神宮球場に限定した平均飛距離でも121.7メートルを記録しており、球場の環境に助けられた本塁打は僅かだった(数字はデータスタジアム社調べ)[124]

インコースの球の捌き方が上手い[125]。また、ここぞの場面で結果を出す勝負強い打者[126]

数々のタイトルを受賞経験のある打者。2014年には最多安打(193本)、ベストナインを受賞[127]。他にも最多マルチ安打(59)、最多猛打賞(20)、最高2ストライク後打率(.292)、最高対右打率(.343)を記録した[128]

走塁[編集]

2015年には盗塁成功率89.5%を記録し、盗塁数と盗塁成功率の高さによって、リーグ平均に比べて4.2点のプラスを生んでおり、また、ベースランニングではリーグ平均に比べて8点分のプラスを記録するなど[129]、BsR(盗塁とベースランニングの得点貢献合計)では両リーグトップの数値を残しており、盗塁でもベースランニングでも得点貢献度が高い[129]

50メートル走は5.67秒[130]を記録し、中学時代には100メートル走で11秒5を記録している[131]。ヤクルトのコーチを務める福地寿樹は山田について「単純にスピードという面で言えば、チームでは1番速い。」と語っている[132]

2020年度まで共にプレーしていた上田剛史によると山田は「走れる勇気」と相手バッテリーの心理を読むことに長けていると語っている[133]

対戦した投手によると、出塁してもリードは大きくなく走る気配も見せないのに、気がつくと初球でスタートを切れられているという[134]

スライディング技術にも定評がある[135]

守備[編集]

守備練習中の山田(2017年9月28日、マツダスタジアム)

他球団のベテランスカウトによると、打撃や足に関しては問題なかったが、いかんせん守備が酷く2位か3位で獲れれば、という評価だった[136]。しかし、プロ入り後は米メディアから称賛されたこともある[137]

2013年序盤まで遊撃守備での送球難に悩まされており、同年5月の一軍昇格後には二塁にほぼ専念する[138]

2015年には二塁手としてリーグ2位の守備率.989を記録した他[139]UZRで17.6を記録している[140]

2017年度のDELTA社のFIELDING AWARDSの評価では、一・二塁間の打球に強く二遊間の打球に弱いという傾向が出ている[141]

2018年度はUZRで1位の菊池涼介との差は僅かであり、FIELDING AWARDSではトップとは小差の2位、別の評価手法では12球団1位の評価を受けている。前年に続き一塁側のゴロ処理に強い傾向が出ており、守備範囲では全体でトップである[142]

その他代表(侍ジャパン)選出時には他選手との兼ね合いで一塁手三塁手としての出場もある。遠投110メートル[143]

ゴールデングラブ賞に対して強い憧れを持っている[144]

野球用具[編集]

グラブのアドバイザリー契約を2016年よりドナイヤと結んでいる[145]。同社とアドバイザリー契約を結ぶ選手は自身が初めてとなる[146]

2012年オフにドナイヤ社製のグラブに出会い、それ以後同社のグラブを愛用している[147]

人物・エピソード[編集]

子供の頃に憧れていた選手は巨人時代のドミンゴ・マルティネス[148]、またプロ入り前に目標としていた選手は坂本勇人であり[149]、プロ入り後にはプライベートでの交流もある[150]。「一番、憧れの人」は松井稼頭央と述べている[151]。好きなサッカー選手クリスティアーノ・ロナウド[152]

高校時代、公式戦のメンバー表などに記入する際、字画が良くないとして「人」の字に「ノ」を加えていた[153]

ヤクルト入団発表記者会見では「(ヤクルトの)青木さんや宮本さんのように日の丸を背負う選手になりたいと思います」と抱負を語った[154]

2013年に体力強化のためにマクドナルドチーズバーガーを多量摂取し体重増加を図ったが[155]、2015年シーズンには健康面の理由でチーズバーガーを控えている[156]

2015年に、ソフトバンクの柳田と共にトリプルスリーを達成したことにより、同年のユーキャン新語・流行語大賞において「トリプルスリー」が年間大賞に選出された[157]

2016年からは川端慎吾鵜久森淳志らと共に松山市で自主トレを行っている[158]

応援歌も人気があり、2021年にスポーツ総合サイト「スポーツナビ」が実施した「プロ野球ファンが選ぶ!心の中で熱唱したい選手応援歌ランキング」では1位を獲得した[159]

2020年6月17日より、自身のインスタグラムを開設したことを明かした[160]

チームメイトの村上宗隆と非常に仲が良い[161][162]

もともと言葉数は少なめで、周りを鼓舞するような性格ではないものの、2020年オフに主将就任を申し出たことは周囲を驚かせた[163][164]

子供の頃からオリンピックに対する憧れは強かったと語っている[165]

5回終了時のちょっとした時間にその日によって味が違うおにぎり1個を食べている[166]

キャプテンに就任してからは、後輩に対して積極的に技術を伝受することが増えた[167][168]

2017WBCにおける幻の本塁打[編集]

2017年3月7日に東京ドームで開催されたワールド・ベースボール・クラシック第4回大会1次リーグB組日本キューバ戦において、4回裏二死二塁の場面で山田が左翼へ打った打球を、最前列にいた男子中学生がグラブをはめた手をグラウンド側に伸ばし捕球する事態が発生した。一時は本塁打かと思われたが、ビデオ判定の実施による審議が行われた後、審判団の判断により二塁打と判定された[注 4]。この件をめぐり、山田が実際には口にしていないコメントがデマとして拡散されたり、捕球した中学生を誹謗中傷する書き込みがネット上に広まるなどの騒動となった[170]

山田は試合後当該打席について「まぁ、これも野球なんで。仕方ないですけど、ウェートトレーニングをして、打球飛ばしたいです」と述べ、捕球した男子中学生に対しては「僕は全然気にしてない。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい」「これも何かの縁だし、将来プロ野球選手になって、一緒に『あんなことがあったね』と懐かしい話ができるように頑張ってほしい。僕も完璧な本塁打を打てるように頑張ります」とコメントした[171][172]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 ヤクルト 26 49 44 5 11 2 0 1 16 1 0 0 0 0 5 0 0 11 0 .250 .327 .364 .690
2013 94 396 350 50 99 13 2 3 125 26 9 2 3 3 39 0 1 37 6 .283 .354 .357 .711
2014 143 685 596 106 193 39 1 29 321 89 15 5 2 5 74 2 8 95 10 .324 .403 .539 .941
2015 143 646 557 119 183 39 2 38 340 100 34 4 0 3 81 2 5 111 11 .329 .416 .610 1.027
2016 133 590 481 102 146 26 3 38 292 102 30 2 0 4 97 1 8 101 16 .304 .425 .607 1.032
2017 143 624 526 79 130 25 1 24 229 78 14 4 0 1 91 1 6 132 15 .247 .364 .435 .799
2018 140 637 524 130 165 30 4 34 305 89 33 4 0 3 106 5 4 119 8 .315 .432 .582 1.014
2019 142 641 520 102 141 35 5 35 291 98 33 3 0 5 110 7 6 121 14 .271 .401 .560 .961
2020 94 384 334 52 85 17 1 12 140 52 8 4 0 2 48 3 0 83 6 .254 .346 .419 .766
2021 137 581 493 84 134 18 0 34 254 101 4 3 0 7 76 0 5 100 10 .272 .370 .515 .885
通算:10年 1195 5233 4425 829 1287 244 19 248 2313 736 180 31 5 33 727 21 43 910 96 .291 .393 .523 .916
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]























2012[173] 20 セ・リーグ - - - - - - - -
2013[174] 21 - - - - - - - -
2014[175] 22 3位 1位 1位 - 3位 4位 10位 3位
2015[176] 23 2位 2位 1位 - 1位 2位 1位 1位
2016[177] 24 6位 - 8位 10位 2位 2位 1位 3位
2017 25 - - - - 7位 8位 9位 -
2018 26 10位 4位 6位 9位 5位 7位 1位 3位
2019 27 - - 3位 2位 4位 2位 2位 3位
2020 28 - - - - - - - -
2021 29 - - - - 4位 3位 - 5位
  • -は10位未満(打率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

WBSCプレミア12での打撃成績[編集]

















































2015 日本 8 38 26 10 8 3 0 2 17 4 1 1 0 0 11 2 1 4 0 .308 .526 .654
2019 8 27 20 4 4 2 0 1 9 6 0 0 0 1 6 0 0 4 0 .200 .385 .450
  • 太字は大会最高

WBCでの打撃成績[編集]

















































2017 日本 7 34 27 4 8 2 0 2 16 5 3 0 1 1 5 2 1 4 1 .296 .412 .593

オリンピックでの打撃成績[編集]

















































2020 日本 5 24 20 3 7 2 0 1 12 7 3 0 1 0 3 0 0 5 0 .350 .435 .600

年度別守備成績[編集]



二塁 遊撃
























2012 ヤクルト - 17 13 34 3 6 .940
2013 91 198 258 9 50 .981 1 1 1 2 0 .500
2014 143 368 445 13 105 .984 -
2015 143 337 472 9 103 .989 -
2016 133 304 417 5 70 .993 -
2017 143 301 442 9 78 .988 -
2018 138 319 457 13 92 .984 -
2019 142 297 417 8 84 .989 -
2020 88 170 260 4 63 .991 -
2021 136 221 373 5 83 .992 -
通算 1157 2515 3541 75 728 .988 18 14 35 5 6 .907
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

NPB
国際大会

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:2016年7月10日、対中日ドラゴンズ15回戦(明治神宮野球場)、7回裏に岡田俊哉から左中間越2ラン ※史上277人目、ヤクルト球団史上最年少となる23歳11か月での記録達成
  • 150本塁打:2018年6月30日、対阪神タイガース8回戦(明治神宮野球場)、7回裏にマルコス・マテオから中越2ラン ※史上168人目、ヤクルト球団史上最年少となる25歳11か月での記録達成
  • 1000本安打:2019年6月30日、対読売ジャイアンツ11回戦(秋田こまちスタジアム)、1回裏にC.C.メルセデスから中前安打 ※史上300人目、ヤクルト球団史上最年少となる26歳11か月での記録達成[182]
  • 200本塁打:2019年9月4日、対広島東洋カープ22回戦(明治神宮野球場)、9回裏にヘロニモ・フランスアからサヨナラ左越満塁 ※史上106人目、ヤクルト球団史上最年少となる27歳1か月での記録達成
  • 1000試合出場:2020年8月23日、対阪神タイガース12回戦(明治神宮野球場)、2番・二塁手で先発出場 ※史上507人目[183]
  • 250本塁打:2022年4月2日、対横浜DeNAベイスターズ2回戦(明治神宮野球場)、6回裏に大貫晋一から左越ソロ ※史上66人目、ヤクルト球団史上最年少となる29歳8か月での記録達成、20代での達成は史上13人目[184][185]
その他の記録
  • 6か月連続初回先頭打者本塁打:2014年 ※NPB史上初
    • 4月16日、対読売ジャイアンツ戦(明治神宮野球場)
    • 5月6日、対広島東洋カープ戦(明治神宮野球場)
    • 6月11日、対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天Koboスタジアム宮城
    • 7月8日、対中日ドラゴンズ戦(明治神宮野球場)
    • 8月2日、対中日ドラゴンズ戦(明治神宮野球場)
    • 9月16日、対阪神タイガース戦(明治神宮野球場)
  • 日本人右打者シーズン193安打:2014年 ※NPB記録(1950年の藤村富美男〈191安打〉以来64年ぶりの記録更新)
  • 4打数連続本塁打:2015年8月21日対中日ドラゴンズ第20回戦(明治神宮野球場)第4打席から1四球を挟み、8月22日対中日ドラゴンズ第21回戦(明治神宮野球場)第4打席で達成 ※NPB記録、史上19人目
  • トリプルスリー:3回(2015年、2016年、2018年)
    • トリプルスリーと100打点の同時達成は1950年の岩本義行別当薫以来65年ぶり(史上3人目)、トリプルスリーと盗塁王の同時達成は史上初。複数回達成も史上初。
    • 同一年に両リーグからトリプルスリー達成者(2015年、パ・リーグでは福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐が達成)は1950年の岩本義行・別当薫以来65年ぶり2回目
    • トリプルスリー3度の達成は、バリー・ボンズに続き世界で2人目
  • 本塁打王と盗塁王の同時獲得:2015年 ※史上初
  • 日本シリーズでの3打席連続本塁打:2015年 ※長嶋茂雄以来2人目(日本シリーズでの1試合3本塁打は史上初)
  • サイクル安打:2018年7月9日、対読売ジャイアンツ12回戦(静岡県草薙総合運動場硬式野球場)※史上66人目(71度目)、平成生まれの選手では史上初
  • 12試合連続打点:2018年7月20日 - 8月4日 ※史上2位
  • シーズン130得点:2018年 ※歴代3位タイ、球団記録
  • 38連続盗塁成功:2018年 - 2019年 ※NPB記録
  • 開幕から33連続盗塁成功:2019年 ※NPB記録
  • 1シーズンで33連続盗塁成功:2019年 ※NPB記録
  • 3年連続リーグ最多得点:2014年 - 2016年 ※王貞治に次ぐセ・リーグ2位タイ
  • オールスターゲーム出場:6回(2014年 - 2016年2018年2019年2021年

背番号[編集]

  • 23(2011年 - 2015年)
  • 1(2016年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM[編集]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 球団では1957年の佐藤孝夫(国鉄)以来となる58年ぶりの日本人打者本塁打王で、ヤクルト球団としては史上初。シーズン38本塁打での日本人打者本塁打王は球団新記録。同時に、池山隆寛が記録した日本人右打者シーズン本塁打(34本塁打)の球団記録も26年ぶりに更新した。
  2. ^ 試合をまたいでの記録も含むと、日本シリーズ3打席連続本塁打は1970年長嶋茂雄(巨人)以来、45年ぶり2人目となる[37]
  3. ^ 前者は平成最後の、後者は令和初の3者連続本塁打となった[76]
  4. ^ いわゆる幻の本塁打。なお、これにより二塁走者松田宣浩の生還が認められ、日本に1点が追加されている[169]

出典[編集]

  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月9日閲覧。
  2. ^ ヤクルト山田哲人が残留決断 7年の超大型契約濃厚”. 日刊スポーツ (2020年11月19日). 2020年12月19日閲覧。
  3. ^ 晶一, 長谷川 (2018年12月22日). “若松、池山、岩村、青木、山田……スワローズ歴代“背番号1”を巡る物語”. 文春オンライン. 2021年12月25日閲覧。
  4. ^ 侍ジャパン・山田哲人、空手やサッカーも…華奢だけど運動神経抜群だった少年時代” (日本語). Smart FLASH (2021年7月21日). 2021年12月25日閲覧。
  5. ^ やる気スイッチオン。山田哲人は高2でドラフト中継を見て別人になった” (日本語). web Sportiva (2020年1月16日). 2021年7月16日閲覧。
  6. ^ “独自の練習、息子のため転居も…ヤクルト・山田哲人を育てた父は警察官”. 産経ニュース. (2015年10月21日). https://www.sankei.com/article/20151021-3N6LR2TCDBLABOX3VBF2MBULLU/ 2021年8月11日閲覧。 
  7. ^ 「はずれはずれ1位」から首位打者を狙え! ヤクルト・山田哲人” (日本語). BASEBALL KING (2014年6月30日). 2022年3月19日閲覧。
  8. ^ 山田哲人がドラ1指名を確実にする一発。歳内宏明から超技ありの一打だった|高校野球他|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva” (日本語). web Sportiva (2020年6月11日). 2021年7月16日閲覧。
  9. ^ ヤクルトのドラフト秘話。八重樫幸雄が語る、いろいろ誤算があった選手たち” (日本語). web Sportiva (2020年4月23日). 2021年7月16日閲覧。
  10. ^ “ドラ1の山田仮契約 青木の背番号で新人王「意識」”. スポニチ Sponichi Annex. (2010年11月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/11/26/kiji/K20101126Z00001440.html 2018年7月30日閲覧。 
  11. ^ 菊田康彦 (2020年11月23日). “入団前からの「ヤクルト愛」も? 山田哲人残留の“決め手”は何だったのか【燕軍戦記】 〈dot.〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2021年7月3日閲覧。
  12. ^ 修哉, 遠藤 (2020年5月9日). “山田哲人、宮本慎也、つば九郎……「週刊SPA!」はヤクルトをどう報じてきたか”. 文春オンライン. 2021年12月20日閲覧。
  13. ^ 【現役スター名場面5選:山田哲人】応援歌・“新たな時代”を自ら体現し、プロ1年目から数々の記録を作り上げる天才打者”. THE DIGEST (2020年5月23日). 2021年11月3日閲覧。
  14. ^ 高卒新人野手初のCS先発 山田4タコも守備バッチリ”. スポニチ Sponichi Annex (2011年11月4日). 2011年11月5日閲覧。
  15. ^ ヤクルトルーキー山田プロ初安打/CS - プロ野球ニュース” (日本語). 日刊スポーツ (2011年11月6日). 2021年12月20日閲覧。
  16. ^ 4年目の覚醒。山田哲人が「ヤクルトの至宝」になるまで web Sportiva 2014年7月29日
  17. ^ 週刊ベースボール2014年10月6日号97ページ
  18. ^ 山田 球宴初アーチで敢闘賞「知名度上げるのが目標だった」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年7月20日). 2015年1月8日閲覧。
  19. ^ ヤクルト・山田「まさか獲れるとは…」 初の月間MVP受賞”. スポニチ Sponichi Annex (2014年9月5日). 2015年1月8日閲覧。
  20. ^ 山田 逆転満塁弾で64年ぶり記録更新「どうしてでしょうね…わからないです」スポーツニッポン2014年10月6日配信
  21. ^ データで見る!最もチームに貢献した打者とは…”. 週刊ベースボールONLINE (2015年1月23日). 2015年1月28日閲覧。
  22. ^ 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表! 侍ジャパン公式サイト (2014年10月9日) 2015年3月26日閲覧
  23. ^ 山田 侍定着誓う「選ばれ続ける選手に」最終戦は一番で先発”. スポニチ Sponichi Annex (2014年11月21日). 2015年1月8日閲覧。
  24. ^ 欧州代表戦、侍ジャパン出場選手発表!6選手が小久保体制下で初招集 侍ジャパン公式サイト (2015年2月16日) 2015年3月22日閲覧
  25. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第1戦 2015年3月10日(火) 東京ドーム 打席結果・投打成績 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月10日) 2016年3月10日閲覧
  26. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 打席結果・投打成績 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日) 2016年3月10日閲覧
  27. ^ トリプルスリー確実!ヤクルト・山田の快挙を生んだ2人の師匠 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2015年9月8日). 2021年8月14日閲覧。
  28. ^ ヤクルト・山田哲人が4打数連続本塁打”. デイリースポーツ online (2015年8月22日). 2015年8月22日閲覧。
  29. ^ ヤクルト山田、自身初30号到達「ひとつの通過点」”. 日刊スポーツ (2015年8月22日). 2015年10月5日閲覧。
  30. ^ “トリプルスリー”見えた!燕・山田が30個目の盗塁決める”. サンケイスポーツ (2015年9月6日). 2015年9月6日閲覧。
  31. ^ a b 山田哲人、史上9人目のトリプルスリー! 100打点同時達成は65年ぶり3人目”. Full-Count (2015年10月4日). 2015年10月4日閲覧。
  32. ^ セリーグ最年少「トリプルスリー」ヤクルト山田哲人!球団から30歳まで結婚NG指令」 J-CASTテレビウォッチ 2021年8月29日閲覧。
  33. ^ SANKEI DIGITAL INC (2015年10月7日). “ヤクルト・山田、史上3人目の3カ月連続月間MVP受賞!” (日本語). サンスポ. 2021年8月18日閲覧。
  34. ^ 9月の月間MVPが発表!優勝のヤクルトが今季2度目のW受賞、山田は3カ月連続”. BASEBALL KING (2015年9月6日). 2021年4月2日閲覧。
  35. ^ 山田哲人トリプルスリー!史上初の本塁打&盗塁王も - 日刊スポーツ(2015年10月4日22時10分配信、2015年10月27日閲覧)
  36. ^ ヤクルト・山田、トリプルスリー達成 盗塁王獲得は史上初 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)(2015年10月4日配信、2015年10月27日閲覧)
  37. ^ ヤ山田シリーズ史上2人目の3打席連発 デイリースポーツ(2015年10月27日)2015年10月27日閲覧
  38. ^ ヤクルト山田敢闘賞も「1日だけ打っても意味ない」”. 日刊スポーツ (2015年10月29日). 2021年4月2日閲覧。
  39. ^ セ・パMVPは山田&柳田!トリプルスリーコンビが初受賞”. スポニチ Sponichi Annex (2015年11月25日). 2015年11月26日閲覧。
  40. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  41. ^ 契約更改について | 東京ヤクルトスワローズ - 2015年12月8日閲覧
  42. ^ ヤクルト山田2・2億円!イチ、松井秀に続く高卒6年目最速突破”. スポーツニッポン (2015年12月9日). 2021年4月2日閲覧。
  43. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  44. ^ 6月度の月間MVPが発表 ロッテ・田村が球団捕手24年ぶりの受賞!”. BASEBALL KING (2016年7月6日). 2021年4月2日閲覧。
  45. ^ ヤク山田 背中にズドン…3四死球「人生初の息苦しさを感じた」 スポニチ Sponichi Annex、2016年7月31日
  46. ^ ヤクルト山田が登録抹消 肋骨骨挫傷で全治期間未定 日刊スポーツ、2016年8月10日
  47. ^ ヤクルト・山田、また背部に死球受ける 苦悶の表情で打席に倒れこむ サンスポ、2016年9月11日
  48. ^ ヤクルト山田、2年連続「トリプル3」記録 日本経済新聞、2016年10月2日
  49. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  50. ^ 山田、先頭打者本塁打で侍ジャパン先制 WBCで日本人3人目― スポニチ Sponichi Annex 野球
  51. ^ イチロー、鳥谷、山田/WBC先頭打者本塁打メモ - WBC”. 日刊スポーツ (2017年3月15日). 2017年3月18日閲覧。
  52. ^ a b ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.27.
  53. ^ SANKEI DIGITAL INC (2017年12月13日). “【球界ここだけの話(1118)】不振だったヤクルト・山田が今季から頼んだ出前の焼き魚定食” (日本語). サンスポ. 2021年8月14日閲覧。
  54. ^ 山田哲人、8年目の雪辱。もう「感覚だけのバッティング」はしない” (日本語). web Sportiva (2018年3月1日). 2021年12月25日閲覧。
  55. ^ 【絆トーク】初の減俸も晴れやかだった燕・山田の表情”. SANSPO.COM (2017年12月26日). 2018年1月4日閲覧。
  56. ^ ヤクルト・山田の涙…3年連続「トリプル3」ならず : 深読み” (日本語). 読売新聞オンライン (2017年10月11日). 2021年12月25日閲覧。
  57. ^ SANKEI DIGITAL INC (2018年1月1日). “ヤクルト・山田、2018年の誓い!3度目のトリプルスリーで3年ぶりVだ” (日本語). サンスポ. 2021年12月25日閲覧。
  58. ^ ヤクルト山田哲人3度目トリプル3へ バットに金色” (日本語). 日刊スポーツ (2018年1月12日). 2021年12月25日閲覧。
  59. ^ ヤクルト山田哲人2018年“1号弾” 昨季大不振…復活へ確かな一歩” (日本語). デイリースポーツ online (2018年2月11日). 2021年12月25日閲覧。
  60. ^ ヤクルト山田哲「凄くいい時の自分」OP戦4号 スロースターター返上” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2018年3月24日). 2021年12月25日閲覧。
  61. ^ ヤクルト山田哲人5年連続2桁弾 スイングに好感触” (日本語). 日刊スポーツ (2018年5月11日). 2021年12月25日閲覧。
  62. ^ 殿馬推し山田哲人「ドカベン」ばりプロ初サヨナラ弾” (日本語). 日刊スポーツ (2018年6月29日). 2021年12月25日閲覧。
  63. ^ 【ヤクルト】山田哲人が初のサヨナラ打!3ランに「野球やっててよかった」”. スポーツ報知 (2018年6月28日). 2021年5月9日閲覧。
  64. ^ 史上66人目!ヤクルト山田哲人がサイクル安打達成”. 日刊スポーツ (2018年7月9日). 2021年5月9日閲覧。
  65. ^ ヤクルト山田哲トドメ弾で11戦連続打点 M灯&自力V消滅阻止” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2018年8月3日). 2021年12月25日閲覧。
  66. ^ ヤクルト山田哲人「1つ出なかった」連続打点止まる” (日本語). 日刊スポーツ (2018年8月6日). 2019年1月23日閲覧。
  67. ^ 2度の得点圏生かせず…ヤクルト山田哲 連続試合打点12で止まる” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2018年8月5日). 2021年12月25日閲覧。
  68. ^ ヤクルト・山田哲、30盗塁に到達!トリプルスリー条件満たす”. SANSPO.COM (2018年8月31日). 2018年9月25日閲覧。
  69. ^ ヤクルト山田哲 打って走って逆転G討ち!珍し自画自賛「必死こいていい仕事」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2018年7月27日). 2021年12月25日閲覧。
  70. ^ ヤクルト山田哲人、自ら誕生日を祝う“ラッキー”打” (日本語). 日刊スポーツ (2018年7月16日). 2021年12月25日閲覧。
  71. ^ ヤクルト山田哲、史上初3度目のトリプルスリー”. 朝日新聞デジタル (2018年10月9日). 2018年10月14日閲覧。
  72. ^ 2018スワローズはココが違う!「再起」の物語はいよいよ最終章へ | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2018年9月24日). 2021年12月25日閲覧。
  73. ^ SANKEI DIGITAL INC (2018年11月27日). “ヤクルト・山田哲、得票率1位の座奪回!2年ぶり4度目ベストナイン” (日本語). サンスポ. 2021年12月25日閲覧。
  74. ^ ヤクルト 6年ぶり14度目3連発 前回は番長から”. 日刊スポーツ (2019年4月26日). 2021年5月9日閲覧。
  75. ^ ヤクルト 1イニング3者連発でも黒星は20年ぶり 逆転負けで泥沼11連敗”. スポーツニッポン (2019年5月26日). 2021年5月9日閲覧。
  76. ^ ヤクルト青木、山田、バレンティンが「令和初」の3者連続ホームラン”. SPORTING NEWS (2019年5月26日). 2021年5月9日閲覧。
  77. ^ 山田哲人サヨナラ満塁弾200号「自分が決めると」” (日本語). 日刊スポーツ (2019年8月17日). 2019年9月4日閲覧。
  78. ^ 山田哲人「ソトもセーフと…」悔し連続盗塁ストップ”. 日刊スポーツ (2019年9月14日). 2019年11月21日閲覧。
  79. ^ 侍山田哲人「やってやった」4年前の雪辱逆転3ラン”. 日刊スポーツ (2019年11月17日). 2020年4月22日閲覧。
  80. ^ プロ10年で69倍超5億到達/山田哲人の年俸推移”. 日刊スポーツ (2019年12月24日). 2021年5月9日閲覧。
  81. ^ ヤクルトが25年ぶりプロ野球タイ記録達成!浜田の初回先頭打者弾から青木、山田哲と3者連続アーチ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2020年9月20日). 2021年8月9日閲覧。
  82. ^ ヤクルト初回先頭から3者連続ホームラン! 浜田2号、青木15号、山田哲がトドメの10号” (日本語). Full-Count (2020年9月20日). 2021年8月9日閲覧。
  83. ^ SANKEI DIGITAL INC (2020年9月21日). “ヤクルト初の一回先頭から3連発!浜田&青木&山田哲弾で25年ぶりプロ野球タイ記録” (日本語). サンスポ. 2021年8月9日閲覧。
  84. ^ 【ヤクルト】山田哲人が国内FA権の節目に感謝「ヤクルトにドラフトされて本当によかった」” (日本語). スポーツ報知 (2020年9月3日). 2022年3月19日閲覧。
  85. ^ ヤクルト・山田哲人、国内FA権行使に前向き 巨人に楽天、ソフトバンクが候補 年俸9億円の複数年用意の球団も” (日本語). zakzak (2020年11月11日). 2021年7月3日閲覧。
  86. ^ 移籍か残留か、注目される今オフ FA権取得のヤクルト・山田哲人” (日本語). 47NEWS (2020年9月22日). 2021年7月3日閲覧。
  87. ^ 巨人がもしもFAで山田哲人を獲ったら・・・理想オーダーを組んでみた” (日本語). web Sportiva (2020年11月4日). 2021年7月3日閲覧。
  88. ^ 山田哲、年俸5億円でサイン 「居場所はヤクルト」―プロ野球”. 時事ドットコム (2020年12月4日). 2021年5月9日閲覧。
  89. ^ 燕・山田哲人は7年総額40億円、DeNA大和は1億円…各球団4日の主な契約更改は?”. Full-Count (2020年12月4日). 2021年5月9日閲覧。
  90. ^ ヤクルト山田哲人が残留決断 7年の超大型契約濃厚” (日本語). 日刊スポーツ (2020年11月18日). 2021年7月3日閲覧。
  91. ^ 山田哲人がヤクルト残留 7年総額35億円プラス出来高払い” (日本語). 毎日新聞 (2020年11月19日). 2021年7月17日閲覧。
  92. ^ ヤクルトの山田哲人がFA宣言せずに7年契約で残留” (日本語). TOKYO HEADLINE (2020年12月11日). 2021年7月17日閲覧。
  93. ^ 【ヤクルト】山田哲人が残留で来季主将「パで挑戦したい気持ちも正直あった。球団の誠意、愛を感じた」” (日本語). スポーツ報知 (2020年12月5日). 2021年7月3日閲覧。
  94. ^ 「準備が整っていないように見える」燕の巻き返しに欠かせない山田哲人の復活” (日本語). Full-Count (2021年3月28日). 2021年7月3日閲覧。
  95. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年7月4日). “ヤクルト・山田、2打席連発弾「後ろにつなぐ気持ちだった」” (日本語). サンスポ. 2021年7月3日閲覧。
  96. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年7月4日). “ヤクルト・山田&村上&青木、「負けたら切る」高橋光を“散髪”KO” (日本語). サンスポ. 2021年7月3日閲覧。
  97. ^ 豪快な2戦連発は打棒完全復活? 不安の声が途絶えない山田哲人のバッティング本領発揮か” (日本語). リアルライブ (2021年6月12日). 2021年7月3日閲覧。
  98. ^ 日本テレビ (2021年6月10日). “ヤクルト山田哲人2試合連発の14号ソロ|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年7月3日閲覧。
  99. ^ 【ヤクルト】山田哲人が2戦ぶり22号ソロ「終盤のいいところで打つことができてよかった」” (日本語). スポーツ報知 (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。
  100. ^ 【球宴】ヤクルト・山田哲人にサプライズ…記念撮影で誕生日ケーキ登場 この日29歳の誕生日” (日本語). スポーツ報知 (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  101. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年7月16日). “【カメラマン日記】試合前にサプライズ 山田哲人選手、29歳の誕生日に” (日本語). 産経ニュース. 2021年7月16日閲覧。
  102. ^ 東京オリンピック内定選手決定について”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2021年6月16日). 2021年6月16日閲覧。
  103. ^ 「ヤマダが役割を担った」 侍J・山田哲人の“勝負強さ”にMLB公式など米メディアが注目” (日本語). Full-Count (2021年8月6日). 2021年9月27日閲覧。
  104. ^ 【侍ジャパン】悲願金メダルへ8回に貴重追加点 山田哲人、吉田正尚の安打、坂本勇人の犠打に相手失策も絡む” (日本語). スポーツ報知 (2021年8月7日). 2021年8月9日閲覧。
  105. ^ 山田哲人7打点で大会MVP ベストナインに山本由伸、甲斐拓也、坂本勇人”. 日刊スポーツ (2021年8月7日). 2021年8月8日閲覧。
  106. ^ 首位ヤクルト 山田が30号満塁本塁打!中日から大量リード” (日本語). デイリースポーツ online (2021年9月26日). 2021年9月27日閲覧。
  107. ^ 【ヤクルト】山田哲人が30号満塁本塁打 5度目の30発” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月26日). 2021年9月27日閲覧。
  108. ^ ヤクルト 山田が2発7打点の大暴れ 30号満塁弾、31号2ランも飛び出した” (日本語). デイリースポーツ online (2021年9月26日). 2021年9月27日閲覧。
  109. ^ ヤクルト・山田2発7打点 5度目30本塁打で池山に並ぶも「ある人物にすぐ抜かれると思う」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年9月26日). 2021年9月27日閲覧。
  110. ^ ヤクルトが2年連続最下位からのリーグ制覇。サクセスストーリーを完結させた「4つのシンカ」” (日本語). web Sportiva (2021年10月26日). 2021年11月4日閲覧。
  111. ^ 【ヤクルト・山田哲人独占手記】絵馬に込めた「導」 新主将の決意、“甘え”からの脱却” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年11月28日). 2021年12月1日閲覧。
  112. ^ ヤクルト森岡良介コーチが明かす“山田哲人&村上宗隆”守備力UPの秘策とは〈メンタルに“表情改革”の効果あり!?〉(佐藤春佳)” (日本語). Number Web (2021年11月28日). 2021年11月4日閲覧。
  113. ^ 泣けた鳥肌立ったヤクルト山田哲人3ラン空砲も…大杉、池山に並ぶ球団最多タイ日本シリーズ4号” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年11月25日). 2021年12月1日閲覧。
  114. ^ 【燕のキャプテン山田の闘い(1)】「キャプテンになって良かった」ヤクルトを日本のテッペンに導いた”. サンケイスポーツ (2021年11月29日). 2021年12月9日閲覧。
  115. ^ ヤクルト山田哲人来季は「トリプルスリー&Gグラブ」7年契約の2年目現状維持の年俸5億円プラス出来高” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年12月8日). 2021年12月25日閲覧。
  116. ^ 赤尾裕希 (2022年3月11日). “ヤクルト・山田哲人、開幕へ意気込み「状態をマックスに」 4度目トリプルスリーへ「今年はどんどん走る」” (日本語). サンスポ. 2022年3月28日閲覧。
  117. ^ 【阪神】藤浪晋太郎、初回ヤクルトに先取点許す 山田哲人への死球ヒヤリ” (日本語). スポーツ報知 (2022年3月25日). 2022年3月28日閲覧。
  118. ^ 赤尾裕希 (2022年3月26日). “ヤクルト、開幕史上最大7点差逆転!山田哲人が同点弾、サンタナV弾” (日本語). サンスポ. 2022年3月28日閲覧。
  119. ^ 【ヤクルト】高津監督、試合前に「君らはできる男」終盤7点差大逆転…山田哲人「誰一人諦めていなかった」” (日本語). スポーツ報知 (2022年3月26日). 2022年3月28日閲覧。
  120. ^ a b 【ドラフト】注目の候補たち(2)履正社・山田哲人〜急成長でドラフト上位候補に躍り出た、T−岡田の後輩”. sportiva (2010年10月13日). 2014年4月26日閲覧。
  121. ^ 「自分はホームランバッターじゃない…… - 山田哲人の名言” (日本語). Number Web (2020年5月14日). 2021年8月14日閲覧。
  122. ^ a b c d DELTA (2016年6月1日). “'スイングしない打者'山田哲人がスゴイ 際立つ「引っ張り」と「見極め」”. Full-Count. 2017年12月30日閲覧。
  123. ^ a b 島村誠也 (2016年6月1日). “セの外国人スラッガーに聞く「なぜ山田哲人は本塁打を打てるのか?」”. 集英社. web Sportiva. 2017年12月30日閲覧。
  124. ^ a b 伊藤昇 (2018年12月14日). “【科学特捜隊】ヤクルト・山田哲、来季大チャンス!40本塁打40盗塁”. SANKEI DIGITAL Inc.. SANSPO.COM. 2019年4月26日閲覧。
  125. ^ 山崎武司氏が見る燕・山田の本当の凄さ HR打者との「決定的な違い」とは” (日本語). Full-Count (2016年8月31日). 2021年7月23日閲覧。
  126. ^ SANKEI DIGITAL INC (2020年9月3日). “ヤクルト・山田哲、延長十回V犠飛!「粘り強い野球、これがスワローズ」” (日本語). サンスポ. 2021年8月9日閲覧。
  127. ^ 山田 哲人 プロ野球選手データ - プロフィール、成績、ヒートマップ、選手分類” (日本語). Baseball LAB[ベースボールラボ]プロ野球×データ. 2021年7月22日閲覧。
  128. ^ 山田 哲人 プロ野球選手データ - プロフィール、成績、ヒートマップ、選手分類” (日本語). Baseball LAB[ベースボールラボ]プロ野球×データ. 2021年7月22日閲覧。
  129. ^ a b 金沢 慧 (2015年10月16日). “山田哲人は「本塁生還力」も優れている!?”. Baseball LAB. 2018年4月14日閲覧。
  130. ^ “ヤクルト、3年ぶり首位!“快盗”山田が2盗塁3得点”. SANSPO.COM. (2018年4月9日). https://www.sanspo.com/article/20180409-UKUVXWZOEJJ77LQV5YUTM6ET3E/2/ 2018年12月10日閲覧。 
  131. ^ ドラフト注目選手・山田哲人(履正社)”. 日刊スポーツ (2010年9月24日). 2016年1月1日閲覧。
  132. ^ 史上初の200安打&トリプルスリーも? 山田哲人が秘める打撃以外の武器”. Full-Count (2015年3月9日). 2015年5月16日閲覧。
  133. ^ 【ヤクルト】山田哲人の盗塁技術の凄味はどこにある? 走力だけなら山田哲人の上をいく選手がいる!!《ファンを楽しませる天才・上田剛史オンライントーク》” (日本語). ラブすぽ (2021年6月8日). 2021年7月3日閲覧。
  134. ^ 山田哲人のヤクルト残留理由は…張り込みカメラマンが目撃した超一流の「危機察知能力」”. Smart FLASH (2020年11月23日). 2022年1月12日閲覧。
  135. ^ ヤクルト・山田、セオリーの逆を突く「右手」生還 左手おとりに捕手の意識誘いタッチかいくぐった” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年10月9日). 2021年12月20日閲覧。
  136. ^ 4冠狙うヤクルト山田はなぜ「外れの外れの1位」だったのか”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2015年8月24日). 2021年12月20日閲覧。
  137. ^ 【日米野球】侍・山田哲人、二塁守備でも米メディアから称賛浴びる「並外れた守備範囲」” (日本語). Full-Count (2018年11月12日). 2021年12月25日閲覧。
  138. ^ ヤクルト打線変革の理由に迫る”. 週刊ベースボールONLINE (2014年6月12日). 2016年8月24日閲覧。
  139. ^ 2015年度 セントラル・リーグ セントラル・リーグ 個人守備成績(規定以上)”. 日本野球機構. 2016年8月24日閲覧。
  140. ^ Essence of baseball(DELTA社)
  141. ^ 1.02 Fielding Awards 2017 野手の守備力をデータから分析し評価する 06 SECOND BASEMAN”. 1.02 Essence of Baseball. 市川 博久. DELTA. 2019年4月24日閲覧。
  142. ^ 野手の守備力をデータから分析し評価する[1.02 FIELDING AWARDS 2018]二塁手部門”. 1.02 Essence of Baseball. 大南淳. DELTA (2018年11月27日). 2019年4月24日閲覧。
  143. ^ 山田 哲人 (履正社)”. 高校野球ドットコム (2010年10月24日). 2021年5月9日閲覧。
  144. ^ [天才打者が挑む壁]山田哲人「僕が本当に欲しいもの」(佐藤春佳)” (日本語). Number Web (2022年3月17日). 2022年3月19日閲覧。
  145. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年8月1日). “山田哲人の日の丸グラブは「日本代表の自覚」 グラブメーカー社長が語る” (日本語). サンスポ. 2021年12月20日閲覧。
  146. ^ “燕・山田、社員1人メーカーの市販グラブで初GG賞どないや!”. SANSPO.COM. (2016年1月11日). https://www.sanspo.com/article/20160111-I27DRIEHKJKGPBDQ3CWDCDCJ5U/ 2017年6月16日閲覧。 
  147. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年2月11日). “【番記者が選ぶ撮っておき】ヤクルト・山田キャプテン、愛用グラブ手に考え事!?” (日本語). サンスポ. 2021年12月20日閲覧。
  148. ^ 中溝康隆 (2015年7月13日). “山田哲人 NPB史上初の本塁打王&盗塁王の同時獲得なるか?”. BASEBALL KING. 2015年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月23日閲覧。
  149. ^ 大阪No.1野手はオレだ!『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、64-67頁。
  150. ^ 【新春スーパースター対談】巨人・坂本勇×ヤクルト・山田哲、東京五輪は2人で二遊間! サンスポ 2019年1月1日
  151. ^ ヤクルト山田哲「一番、憧れの人」稼頭央氏とテレビ番組競演”. Sponichi Annex (2018年12月13日). 2018年12月30日閲覧。
  152. ^ Cロナ好きヤクルト山田哲人、交流戦「得点王」狙う” (日本語). 日刊スポーツ (2018年6月7日). 2021年12月25日閲覧。
  153. ^ ドラ1候補“T―山田”強襲2安打に“ホームスチール”も決めた”. Sponichi Annex (2010年8月13日). 2010年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月30日閲覧。
  154. ^ “ヤクルトが新入団選手発表 山田は日本代表目標に”. 47news. (2010年12月9日). オリジナルの2014年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140903145537/http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010120901000742.html 2021年7月4日閲覧。 
  155. ^ “がむしゃら増量へ!ヤクルト・山田「マックでめっちゃ食べた」”. サンスポ電子新聞. (2014年1月13日). https://www.sanspo.com/article/20140113-J5SAKFWFHNLUJM2Z5FEZTFG4NY/ 2021年7月4日閲覧。 
  156. ^ ヤクルト優勝への立役者!前人未到の六冠へいざ!天才バッター・山田哲人の「秘密」両親・恩師らが明かすニューヒーローの原点”. 週刊現代 (2015年9月24日). 2015年11月11日閲覧。
  157. ^ 自由国民社. “2015ユーキャン新語・流行語大賞発表”. 2015年12月1日閲覧。
  158. ^ “山田・鵜久森始動 ヤクルト選手ら自主トレ・松山”. 愛媛新聞ONLINE. (2016年1月12日). http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160112/news20160112918.html 2016年1月12日閲覧。 
  159. ^ 「プロ野球ファンが選ぶ! 心の中で熱唱したい選手応援歌ランキング」 1位はヤクルトの山田哲人選手 阪神のルーキー佐藤輝明選手が5位にランクイン!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2021年6月25日). 2021年7月3日閲覧。
  160. ^ ヤクルト・山田哲がインスタ開設「世の中に感動や興奮を届けられるように頑張ります」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2020年6月17日). 2021年7月3日閲覧。
  161. ^ 山田哲人&村上宗隆、「語り継がれるような」3・4番コンビへ。「オレらが打たなあかん」” (日本語). web Sportiva (2021年7月7日). 2021年7月16日閲覧。
  162. ^ ヤクルト・サンタナの勝負飯はTKG 山田哲&村上のオススメ気に入った!” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2021年5月7日). 2021年8月9日閲覧。
  163. ^ ヤクルト山田哲、主将就任 自ら名乗りに込めた決意(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年3月9日). 2021年7月17日閲覧。
  164. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年7月17日). “【独占手記】ヤクルト新主将・山田哲人が決意 6年ぶり優勝導く” (日本語). サンスポ. 2021年7月17日閲覧。
  165. ^ 山田哲人 ここぞの場面で集中力発揮、プレミア決勝3ランで世界一に貢献 - 野球の国から” (日本語). 日刊スポーツ (2021年7月17日). 2021年7月22日閲覧。
  166. ^ ヤクルト・山田哲人内野手「おにぎりの味が毎回楽しみ」/ベンチ | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2018年4月27日). 2021年12月25日閲覧。
  167. ^ ヤクルト山田哲人が盗塁技術惜しみなく伝授「チームに必要な選手」教え請うた2年目並木へ” (日本語). 日刊スポーツ (2022年2月21日). 2022年2月28日閲覧。
  168. ^ 赤尾裕希 (2022年2月26日). “ヤクルト・山田哲人、清水昇に〝哲学〟注入 「教えて、山田先生」第2弾!” (日本語). サンスポ. 2022年2月28日閲覧。
  169. ^ えっ?何が?…山田の左翼への当たりを観客キャッチ、ビデオ判定で二塁打に スポニチアネックス 2017年3月7日 2017年3月8日閲覧
  170. ^ WBCキューバ戦、山田哲人の“幻のホームラン”を巡ってネット上ではデマも拡散 ねとらぼ 2017年3月8日 同日閲覧
  171. ^ 侍・山田、V打も“幻の本塁打”に…「ウェートトレして打球飛ばしたい」 Full-Count 2017年3月8日 同日閲覧
  172. ^ 山田から幻弾少年へ「またグラブ持って応援に来て」 日刊スポーツ 2017年3月9日 同日閲覧
  173. ^ 2012 Japan Central League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2015年1月26日閲覧。
  174. ^ 2013 Japan Central League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2015年1月26日閲覧。
  175. ^ 2014 Japan Central League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2015年1月26日閲覧。
  176. ^ 2015 Japan Central League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2015年10月29日閲覧。
  177. ^ 2016 Japan Central League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2015年10月29日閲覧。
  178. ^ 2015報知プロスポーツ大賞にトリプルスリーの山田、柳田ら決まる”. スポーツ報知 (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  179. ^ 2014ファン感謝DAY③(燕市年間ヒーロー賞)”. 燕市長 鈴木 力 の日記 (2014年11月28日). 2017年8月4日閲覧。
  180. ^ 2015ファン感謝Day④(燕市表彰)”. 燕市長 鈴木 力 の日記 (2015年12月2日). 2017年8月4日閲覧。
  181. ^ ファン感謝Dayレポート②(年間ヒーロー賞編)”. 燕市長 鈴木 力 の日記 (2016年12月3日). 2017年8月4日閲覧。
  182. ^ ヤクルト山田哲人、通算1000安打達成 史上300人目、球団史上最速” (日本語). Full-Count (2019年6月30日). 2021年12月20日閲覧。
  183. ^ SANKEI DIGITAL INC (2020年8月23日). “ヤクルト・山田哲がプロ10年目で1000試合出場達成”. サンスポ. 2021年12月20日閲覧。
  184. ^ “【ヤクルト】山田哲人が通算250号本塁打 球団では3人目の快挙「良い角度で上がってくれた」”. 日刊スポーツ. (2022年4月2日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204020000639_m.html 2022年4月2日閲覧。 
  185. ^ “【ヤクルト】山田哲人が史上66人目の通算250本塁打達成 球団最年少で大台到達「いい角度で上がってくれた」”. スポーツ報知. (2022年4月2日). https://hochi.news/articles/20220402-OHT1T51143.html?page=1 2022年4月2日閲覧。 
  186. ^ “ヤクルト山田、プロ野球選手初のアディダス全国CM”. 日刊スポーツ. (2016年4月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1633988.html 2016年4月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]