藤本勝巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤本 勝巳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県日高郡みなべ町
生年月日 (1937-08-08) 1937年8月8日(85歳)
身長
体重
175 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年9月21日
最終出場 1967年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤本 勝巳(ふじもと かつみ、1937年8月8日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

和歌山県立南部高等学校では、控え投手として1954年春季近畿大会県予選決勝に進むがエース前岡勤也を擁する新宮高に逆転負け。同年秋季近畿大会県予選でも準決勝に進むが、日高高に敗退した。

現役時代[編集]

1955年に各球団の注目の的であった前岡勤也をマークしていた青木一三スカウトが、藤本の将来性に目を付け入団交渉。卒業後の1956年投手として大阪タイガースに入団するが、すぐに外野手に転向。1957年は右ひじ骨折のケガがありながらも61試合に出場し、9月には渡辺博之に代わり一塁手の定位置を得る。1958年は開幕から六番打者として起用され、124試合に出場し、初めて規定打席(打率.225、リーグ25位)に達する。同年5月28日の大洋戦では1試合3失策を犯している[1]1959年は四番打者に定着。6月25日の天覧試合では、6回表に藤田元司から試合を一時引っ繰り返す逆転2点本塁打を放つが、その後同点に追いつかれ、9回裏に長嶋茂雄がサヨナラ本塁打を放ち、藤本はヒーローになり損ねている。また、同年にはオールスターゲームにファン投票で選抜されるも、7月25日の対広島カープ戦で大石清から顔面に死球を受けて入院したため、出場できなかった[2]。シーズンでは打率.278(リーグ9位)、24本塁打の好記録を残し、ベストナインに選ばれる。1960年遠井吾郎に一塁手を任せ、開幕から右翼手に回るが打撃は好調。シーズン後半には一塁手に戻り、森徹らを抑えて本塁打王(22本塁打)、打点王(76打点)の二冠を獲得した。1961年は打率.300(リーグ3位)の好記録を残し、自身2度目のベストナインに選ばれる。1962年も中心打者として初のリーグ優勝に貢献し、東映フライヤーズとの日本シリーズでは全7戦に四番打者として出場。チームは敗退したが33打数11安打2本塁打6打点と活躍した。同年10月25日に島倉千代子婚約テレビで島倉の容姿に惚れた藤本が、新聞記者から島倉の自宅電話番号を聞き出し、島倉に直接電話をかけてデートに誘ったのが交際のきっかけとされる[3]

しかし1963年は打撃不振に陥り、8月には故障もあり欠場、遠井に一塁手のレギュラーを明け渡す。同年12月5日に島倉千代子と結婚した(媒酌は藤本定義夫妻)。1964年は遠井と併用され2度目のリーグ優勝を果たすが、南海ホークスとの日本シリーズでは3試合に代打で起用されるにとどまる。1965年も遠井との定位置争いが続くが、翌1966年以降は出場機会が減少。1967年の最終戦に一塁手、五番打者として先発出場した後、同年限りで現役引退。

引退後[編集]

引退後は1968年1月に大阪市心斎橋クラブ「藤」を開店するが、同年5月に島倉と離婚。1970年11月に佳代子夫人と再婚し、翌1971年9月からスナック「ジャガー」を経営した[4]

選手としての特徴[編集]

荒削りだが、バットの真芯で捉えた打球はピンポン球のように弾む、抜群の腕力から放つ本塁打が魅力だった[5]藤本定義からは「一見して不器用に見えるが実は身体は軟らかく、バッティングがナイーブ」と評された[6]

人物[編集]

1957年に巨人戦で安打を打って一塁に立った際、川上哲治から「この世界で悔いのないようにやりなさい」と声をかけられる。藤本はこれに対して直立不動で大声で「ハイッ!ありがとうございますッ!」と答え、以来「悔いのない人生」を座右の銘とした[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 大阪
阪神
2 2 2 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 1.000 1.500
1957 61 147 140 13 35 3 1 8 64 24 1 1 0 1 5 0 0 32 4 .250 .274 .457 .731
1958 124 410 378 35 85 14 2 16 151 49 2 4 0 4 27 5 1 83 11 .225 .276 .399 .675
1959 127 502 450 54 125 19 4 24 224 81 4 4 0 5 45 4 2 63 8 .278 .343 .498 .840
1960 119 474 413 56 104 17 3 22 193 76 3 1 1 5 53 8 2 69 8 .252 .336 .467 .803
1961 108 421 370 36 111 16 2 8 155 41 6 3 0 4 46 4 1 58 10 .300 .375 .419 .794
1962 121 475 429 44 110 13 1 15 170 57 0 0 0 2 40 4 3 66 11 .256 .323 .396 .719
1963 61 204 175 12 38 3 0 5 56 15 0 1 0 3 24 0 2 24 8 .217 .314 .320 .634
1964 83 214 177 19 50 6 0 7 77 34 2 2 0 3 34 2 0 36 5 .282 .393 .435 .828
1965 110 319 290 23 65 14 0 5 94 29 3 3 0 2 23 0 4 55 9 .224 .288 .324 .613
1966 66 119 100 6 21 6 0 1 30 9 1 0 0 0 18 0 1 30 1 .210 .336 .300 .636
1967 51 62 55 4 11 1 0 2 18 5 0 0 0 0 7 1 0 18 0 .200 .290 .327 .618
通算:12年 1033 3349 2979 303 756 113 13 113 1234 420 22 19 1 29 322 28 16 535 75 .254 .327 .414 .741
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大阪(大阪タイガース)は、1961年に阪神(阪神タイガース)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 53 (1956年 - 1957年)
  • 5 (1958年 - 1967年)

登録名[編集]

  • 藤本 克巳 (ふじもと かつみ、1956年 - 1957年)
  • 藤本 勝巳 (ふじもと かつみ、1958年 - 1967年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 阪神マルテNPB初不名誉記録 一塁手1試合4失策 日刊スポーツ 2020年10月23日
  2. ^ 『背番号の消えた人生』195-196頁
  3. ^ 『背番号の消えた人生』198-199頁
  4. ^ 『背番号の消えた人生』199頁
  5. ^ 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』227頁
  6. ^ a b 『猛虎大鑑』47頁

参考文献[編集]

  • 近藤唯之『背番号の消えた人生』新潮文庫、1985年
  • 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年
  • 『猛虎大鑑1936-2002 スーパー・カタログ・阪神歴代成績上位「打者200人&投手100人」 完全保存版』(BBmook スポーツ・スピリット21)』ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]