森永勝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森永 勝也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県柳井市
生年月日 (1934-04-05) 1934年4月5日
没年月日 (1993-12-07) 1993年12月7日(59歳没)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1958年
初出場 1958年4月5日
最終出場 1970年10月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 広島東洋カープ (1971 - 1974)

森永 勝也(もりなが かつや、1934年4月5日 - 1993年12月7日)は、山口県柳井市出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ監督解説者評論家。息子は元俳優森永健司

1958年から1962年までの登録名は「森永 勝治」。

経歴[編集]

柳井商工高では、エースとして1952年夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが、この大会に優勝した芦屋高植村義信投手に完封され敗退。卒業後は専大へ進学。東都大学リーグでは2回優勝。1954年全日本大学野球選手権大会では準決勝で、秋山登投手を擁する明大に敗れた。1年生の春からレギュラーになり在学中全試合に出場、リーグ通算99試合出場、348打数85安打、打率.244、1本塁打、37打点。専大卒業後は熊谷組へ入社。1年目の1957年には第28回都市対抗野球大会に出場。ライバル日大から同期入社したエース島津四郎を擁し、四番打者として活躍。決勝では日通浦和堀本律雄を打ち崩し、チーム初優勝を飾る。全日本でも四番打者を務めた。

1958年広島カープへ入団し、1年目から中軸バッターとして活躍する。1962年には.307という2リーグ分裂後の最低打率で球団史上初の首位打者に輝いた。この年はセ・リーグの防御率ベストテンの5位までが1点台(村山実小山正明金田正一、秋山登、稲川誠)、10位の権藤博でも2.33を記録、チーム防御率も森永のいた広島だけが3点台(3.30)で他の5チームはすべて2点台と言う史上まれにみる投高打低の年であり、森永は規定打席到達者で唯一の3割打者であった。このとき森永は、首位打者争いのライバルだった大洋近藤和彦から率を下げないコツをつかんだという。近藤は「天秤打法」と呼ばれた変則フォームで知られていたが、打撃は粘り強く、ボールをぎりぎりまで引きつけて打ち、打てなければファウルで粘ることが多かった。森永はそのバッティングスタイルに打率を稼ぐ秘密を見つけた[1]。読売ジャイアンツの森昌彦は「見逃した、やった、と思った瞬間、ミットの中にバットを入れるように振るんだから、まるでキャッチャーの方を向いて打っているみたいだったよ。ボールを打つんじゃなくてミットを打ちに来るんだからまいったよ」と述懐している[1]

1967年宮本洋二郎との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。巨人では代打の切り札として活躍。同年5月27日中日ドラゴンズとの対戦では、9回に不振だった長嶋茂雄に入団以来初の代打が送られたが、その時の代打は森永であり、板東英二より右前ヒットを放った。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは第4戦に右翼手、六番打者として先発出場、4打数3安打1打点を記録した。1970年限りで引退。

引退後の1971年からは一軍打撃コーチとして広島に復帰し、1972年にはシーズン途中に辞任した根本陸夫監督の代理を務めた。1973年には二軍監督を務め、1974年からは監督に昇格。しかし、最下位に終わり、わずか1年で辞任した。寡黙で内に秘めるタイプで、チームの先輩である長谷川良平ヘッドコーチと自身が招聘したジョー・ルーツ打撃コーチの確執を抑えきれなかったことも理由の一つと言われる。

ただし、この年は南海から大学の後輩・古葉竹識近鉄から阿南準郎を広島に復帰させた。古葉は思い切った野球ができなかった森永の無念を反面教師に厳しい指導で後の黄金時代を築いた。その後はテレビ新広島解説者・日刊スポーツ評論家(1975年 - 1993年)を長く務め、初期の『プロ野球ニュース』でも主に神田康秋アナウンサーとのコンビで広島の試合の解説を担当した。

1993年12月7日肺がんのため死去。享年59。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 広島 118 419 383 51 104 13 6 13 168 45 5 1 3 4 27 1 2 46 7 .272 .320 .439 .758
1959 127 504 452 42 117 19 6 8 172 44 5 2 4 1 43 1 4 67 2 .259 .328 .381 .709
1960 108 269 238 27 53 11 1 4 78 24 4 2 1 5 24 4 1 23 1 .223 .291 .328 .619
1961 124 468 420 52 117 22 3 14 187 59 6 7 6 2 37 3 3 43 7 .279 .340 .445 .785
1962 130 536 476 60 146 22 1 11 203 55 10 9 4 5 49 4 2 48 12 .307 .370 .426 .797
1963 111 401 357 36 95 12 1 6 127 45 3 2 2 1 41 0 0 30 10 .266 .341 .356 .697
1964 131 433 387 42 114 15 3 12 171 53 5 3 2 3 39 3 2 34 7 .295 .360 .442 .801
1965 120 361 341 23 93 13 1 2 114 38 5 2 1 1 17 2 1 33 3 .273 .308 .334 .643
1966 113 303 273 19 71 6 1 3 88 21 2 0 1 4 23 2 2 22 10 .260 .318 .322 .640
1967 巨人 83 123 110 9 27 3 1 3 41 15 0 1 0 1 11 1 1 6 3 .245 .317 .373 .690
1968 63 71 58 5 11 0 0 4 23 11 0 0 0 2 11 1 0 6 2 .190 .310 .397 .706
1969 59 63 60 2 13 1 1 1 19 11 0 0 0 0 3 0 0 9 3 .217 .254 .317 .571
1970 19 17 14 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 3 0 0 2 1 .143 .294 .143 .437
通算:13年 1306 3968 3569 368 963 137 25 81 1393 421 45 29 24 29 328 22 18 369 68 .270 .332 .390 .722
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1972年 昭和47年 広島 6位 130 49 75 6 .395 24.0 117 .250 3.57 38歳
1974年 昭和49年 広島 6位 130 54 72 4 .429 19.5 127 .242 3.61 40歳
  • 通算監督成績 213試合87勝118敗8分 勝率.424
  • 1972年から1996年までは130試合制

※ 1972年は、監督代行として根本陸夫監督休養後の6月18日から閉幕まで指揮

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • 初出場:1958年4月5日、対中日戦
  • 初安打:1958年4月5日、対中日戦
  • 初本塁打:1958年4月5日、対中日戦
  • オールスターゲーム選出:2回 (1961年、1962年)
  • 1000試合出場:1966年6月8日(108人目)

背番号[編集]

  • 9 (1958年 - 1966年)
  • 19 (1967年 - 1970年)
  • 63 (1971年 - 1973年)
  • 71 (1974年)

登録名[編集]

  • 森永 勝治 (もりなが かつはる、1958年 - 1962年)
  • 森永 勝也 (もりなが かつや、1963年 - 1974年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 文春ビジュアル文庫『豪打列伝2』森永の項

関連項目[編集]