1963年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1963年 | 1963年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 83 55 2 .601 -
2位 中日ドラゴンズ 80 57 3 .584 2.5
3位 阪神タイガース 69 70 1 .496 14.5
4位 国鉄スワローズ 65 73 2 .471 18.0
5位 大洋ホエールズ 59 79 2 .428 24.0
6位 広島カープ 58 80 2 .420 25.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西鉄ライオンズ 86 60 4 .589 -
2位 南海ホークス 85 61 4 .582 1.0
3位 東映フライヤーズ 76 71 3 .517 10.5
4位 近鉄バファローズ 74 73 3 .503 12.5
5位 毎日大映オリオンズ 64 85 1 .430 23.5
6位 阪急ブレーブス 57 92 1 .383 30.5

日本シリーズ[編集]

  • 読売ジャイアンツ (4勝3敗) 西鉄ライオンズ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 長嶋茂雄 巨人   野村克也 南海  
最優秀新人 該当者なし
首位打者 長嶋茂雄 巨人 .341 J.ブルーム 近鉄 .335
本塁打王 王貞治 巨人 40本 野村克也 南海 52本
打点王 長嶋茂雄 巨人 112点 野村克也 南海 135点
最多安打 長嶋茂雄 巨人 163本 広瀬叔功 南海 187本
盗塁王 高木守道 中日 50個 広瀬叔功 南海 45個
最優秀防御率 柿本実 中日 1.70 久保征弘 近鉄 2.36
最多勝利 金田正一 国鉄 30勝 稲尾和久 西鉄 28勝
最多奪三振 金田正一 国鉄 287個 稲尾和久 西鉄 226個
最高勝率 山中巽 中日 .714 田中勉
森中千香良
西鉄
南海
.680

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 金田正一 国鉄 稲尾和久 西鉄
捕手 森昌彦 巨人 野村克也 南海
一塁手 王貞治 巨人 榎本喜八 大毎
二塁手 高木守道 中日 J.ブルーム 近鉄
三塁手 長嶋茂雄 巨人 小玉明利 近鉄
遊撃手 古葉毅 広島 小池兼司 南海
外野手 江藤愼一 中日 張本勲 東映
近藤和彦 大洋 広瀬叔功 南海
藤井栄治 阪神 山内一弘 大毎

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月14日 - パ・リーグのオーナー、理事合同会議が午後1時より中之島の新大阪ホテルで開かれ、1963年度の開幕日を4月6日、年間試合数を150試合とすることを正式決定[2]
  • 1月16日 - セ・リーグは午後1時より銀座のスポーツマンクラブにて理事会を開き、今シーズンは28回総当たり制とすること、引き分け再試合を実施しないこと、などを決定[3]
  • 1月24日 - プロ野球実行委員会が丸の内のパレス・ホテルにて開かれ、コミッショナーの内村祐之を実行委員長とすること、12球団の球団代表全員を実行委員とする、野球協約の条文をわかりやすくする、等の案件をまとめたほか、オールスターを7月22日から26日に後楽園球場、東京スタジアム、神宮球場の順番で行うことなどを決める[4]

2月[編集]

  • 2月4日 - 野球体育博物館に表彰掲載される殿堂入りを決める特別表彰委員会が開かれ、市岡忠男が選出される[5]
  • 2月15日 - プロ野球機構参事の赤嶺昌志が自宅で脳軟化症と心臓衰弱のため亡くなる[6]

3月[編集]

  • 3月18日 - プロ野球実行員会が丸の内のパレス・ホテルで開かれ、来年度の日程を東京五輪が開催されるためそれ以前に終了させる方向を確認したほか、最高殊勲選手について優勝チームからの選出にこだわらず、大リーグにならいその年の最優秀選手を選ぶことにすることなどを決定[7]

4月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 6月15日 - 【MLB】サンフランシスコ・ジャイアンツのホワン・マリシャルが対ヒューストン・コルト45s戦においてノーヒットノーランを達成、スコアは1対0

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1位の関西大が「西川事件」により優勝取り消しとなったため。
  2. ^ 読売新聞1963年1月15日7面「開幕日など本決まり パ・リーグ」読売新聞縮刷版1963年1月p291
  3. ^ 読売新聞1963年1月17日6面「セは28回戦制 引き分け再試合しない」読売新聞縮刷版1963年
  4. ^ 読売新聞1963年1月25日6面「オールスター7月22日から プロ野球 開幕日は決定通り」読売新聞縮刷版1963年
  5. ^ 読売新聞1963年2月5日7面「市岡氏『野球殿堂』入り 15人目 巨人軍の初代代表」読売新聞縮刷版1963年2月p95
  6. ^ 読売新聞1963年2月16日6面
  7. ^ 読売新聞1963年3月19日7面「優勝チームだけに限らず 最高殊勲選手選ぶ プロ野球きめる」読売新聞縮刷版1963年
  8. ^ 読売新聞1963年5月3日6面「高倉(西鉄)が一千本安打」読売新聞縮刷版1963年5月p29
  9. ^ 読売新聞1963年5月9日6面「金田、宿願の300勝 史上、3人目の偉業 延長10回、大洋は根負け」読売新聞縮刷版1963年5月p178
  10. ^ 読売新聞1963年5月15日7面「玉造、千試合出場」読売新聞縮刷版1963年5月p321
  11. ^ この年は、6月12日東映フライヤーズ対南海、9月26日の読売ジャイアンツ広島東洋カープ戦においても濃霧による試合中止が発生
  12. ^ 読売新聞1963年10月16日1面「巨人の優勝決定 セ・リーグ」読売新聞縮刷版1963年10月p395
  13. ^ 毎日新聞1963年10月18日13面「野村52号の日本新」毎日新聞縮刷版1963年10月p421
  14. ^ 読売新聞1963年10月21日1面「西鉄五年ぶり優勝 パ・リーグ 26日から巨人と日本シリーズ」読売新聞縮刷版1963年10月p395
  15. ^ 西日本スポーツ1963年10月21日1面「ついに奇跡なる 西鉄逆転優勝 五年ぶり五度目の感激」
  16. ^ 読売新聞1963年11月4日夕刊1面「巨人、6度目の優勝 日本シリーズ 西鉄くだす」読売新聞縮刷版1963年11月p99
  17. ^ 朝日新聞1963年12月21日13面「小山と山内、トレード 阪神と大毎の話し合いつく」