最優秀防御率 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

最優秀防御率(さいゆうしゅうぼうぎょりつ)は、日本プロ野球タイトルの一つ。

規定投球回に達した投手のうち、防御率が最も優秀な(0に近い)選手に与えられる。なお、タイトルの正式名称としてはセ・リーグでは「最優秀防御率」、パ・リーグでは「防御率第1位」であるが、一般名称では前者に統一されている。

1リーグ時代[編集]

年度 選手名 所属球団 防御率
1936秋 景浦將 大阪タイガース 0.79
1937春 沢村栄治 東京巨人軍 0.81
1937秋 西村幸生 大阪タイガース 1.48
1938春 西村幸生 大阪タイガース 1.52
1938秋 V.スタルヒン 東京巨人軍 1.05
1939 若林忠志 大阪タイガース 1.09
1940 野口二郎 翼軍 0.93
1941 野口二郎 大洋軍 0.88
1942 林安夫 朝日軍 1.01
1943 藤本英雄 東京巨人軍 0.73
1944 若林忠志 阪神軍 1.56
1946 藤本英雄 東京巨人軍 2.11
1947 白木義一郎 東急フライヤーズ 1.74
1948 中尾碩志 読売ジャイアンツ 1.84
1949 藤本英雄 読売ジャイアンツ 1.94
  • 赤太字はNPB記録

2リーグ制後[編集]

年度 セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
選手名 所属球団 防御率 選手名 所属球団 防御率
1950 大島信雄 松竹ロビンス 2.03 荒巻淳 毎日オリオンズ 2.06
1951 松田清 読売ジャイアンツ 2.01 柚木進 南海ホークス 2.08[1]
1952 梶岡忠義 大阪タイガース 1.71 柚木進 南海ホークス 1.91
1953 大友工 読売ジャイアンツ 1.85 川崎徳次 西鉄ライオンズ 1.98
1954 杉下茂 中日ドラゴンズ 1.39 宅和本司 南海ホークス 1.58
1955 別所毅彦 読売ジャイアンツ 1.33 中川隆 毎日オリオンズ 2.08
1956 渡辺省三 大阪タイガース 1.45 稲尾和久 西鉄ライオンズ 1.06
1957 金田正一 国鉄スワローズ 1.63 稲尾和久 西鉄ライオンズ 1.37
1958 金田正一 国鉄スワローズ 1.30 稲尾和久 西鉄ライオンズ 1.42
1959 村山実 大阪タイガース 1.19 杉浦忠 南海ホークス 1.40
1960 秋山登 大洋ホエールズ 1.75 小野正一 毎日大映オリオンズ 1.98
1961 権藤博 中日ドラゴンズ 1.70 稲尾和久 西鉄ライオンズ 1.69
1962 村山実 阪神タイガース 1.20 久保田治 東映フライヤーズ 2.12
1963 柿本実 中日ドラゴンズ 1.70 久保征弘 近鉄バファローズ 2.36
1964 G.バッキー 阪神タイガース 1.89 妻島芳郎 東京オリオンズ 2.15
1965 金田正一 読売ジャイアンツ 1.84 三浦清弘 南海ホークス 1.57
1966 堀内恒夫 読売ジャイアンツ 1.39 稲尾和久 西鉄ライオンズ 1.79
1967 権藤正利 阪神タイガース 1.40 足立光宏 阪急ブレーブス 1.75
1968 外木場義郎 広島東洋カープ 1.94 皆川睦男 南海ホークス 1.61
1969 江夏豊 阪神タイガース 1.81 木樽正明 ロッテオリオンズ 1.72
1970 村山実 阪神タイガース 0.98 佐藤道郎 南海ホークス 2.05
1971 藤本和宏 広島東洋カープ 1.71 山田久志 阪急ブレーブス 2.37
1972 安田猛 ヤクルトアトムズ 2.08 清俊彦 近鉄バファローズ 2.36
1973 安田猛 ヤクルトアトムズ 2.02 米田哲也 阪急ブレーブス 2.47
1974 関本四十四 読売ジャイアンツ 2.28 佐藤道郎 南海ホークス 1.91
1975 安仁屋宗八 阪神タイガース 1.91 村田兆治 ロッテオリオンズ 2.20
1976 鈴木孝政 中日ドラゴンズ 2.98 村田兆治 ロッテオリオンズ 1.82
1977 新浦寿夫 読売ジャイアンツ 2.32 山田久志 阪急ブレーブス 2.28
1978 新浦寿夫 読売ジャイアンツ 2.81 鈴木啓示 近鉄バファローズ 2.02
1979 平松政次 横浜大洋ホエールズ 2.39 山口哲治 近鉄バファローズ 2.49
1980 松岡弘 ヤクルトスワローズ 2.35 木田勇 日本ハムファイターズ 2.28
1981 江川卓 読売ジャイアンツ 2.29 岡部憲章 日本ハムファイターズ 2.70
1982 斉藤明夫 横浜大洋ホエールズ 2.07 高橋里志 日本ハムファイターズ 1.84
1983 福間納 阪神タイガース 2.62 東尾修 西武ライオンズ 2.92
1984 小林誠二 広島東洋カープ 2.20 今井雄太郎 阪急ブレーブス 2.93
1985 小松辰雄 中日ドラゴンズ 2.65 工藤公康 西武ライオンズ 2.76
1986 北別府学 広島東洋カープ 2.43 佐藤義則 阪急ブレーブス 2.83
1987 桑田真澄 読売ジャイアンツ 2.17 工藤公康 西武ライオンズ 2.41
1988 大野豊 広島東洋カープ 1.70 河野博文 日本ハムファイターズ 2.38
1989 斎藤雅樹 読売ジャイアンツ 1.62 村田兆治 ロッテオリオンズ 2.50
1990 斎藤雅樹 読売ジャイアンツ 2.17 野茂英雄 近鉄バファローズ 2.91
1991 佐々岡真司 広島東洋カープ 2.44 渡辺智男 西武ライオンズ 2.35
1992 盛田幸妃 横浜大洋ホエールズ 2.05 赤堀元之 近鉄バファローズ 1.80
1993 山本昌広 中日ドラゴンズ 2.05 工藤公康 西武ライオンズ 2.06
1994 郭源治 中日ドラゴンズ 2.45 新谷博 西武ライオンズ 2.91
1995 T.ブロス ヤクルトスワローズ 2.33 伊良部秀輝 千葉ロッテマリーンズ 2.53
1996 斎藤雅樹 読売ジャイアンツ 2.36 伊良部秀輝 千葉ロッテマリーンズ 2.40[2]
1997 大野豊 広島東洋カープ 2.85 小宮山悟 千葉ロッテマリーンズ 2.49
1998 野口茂樹 中日ドラゴンズ 2.34 金村暁 日本ハムファイターズ 2.73
1999 上原浩治 読売ジャイアンツ 2.09 工藤公康 福岡ダイエーホークス 2.38
2000 石井一久 ヤクルトスワローズ 2.61 戎信行 オリックス・ブルーウェーブ 3.27
2001 野口茂樹 中日ドラゴンズ 2.46 N.ミンチー 千葉ロッテマリーンズ 3.26
2002 桑田真澄 読売ジャイアンツ 2.22 金田政彦 オリックス・ブルーウェーブ 2.50
2003 井川慶 阪神タイガース 2.80 斉藤和巳 福岡ダイエーホークス 2.83
松坂大輔 西武ライオンズ
2004 上原浩治 読売ジャイアンツ 2.60 松坂大輔 西武ライオンズ 2.90
2005 三浦大輔 横浜ベイスターズ 2.52 杉内俊哉 福岡ソフトバンクホークス 2.11
2006 黒田博樹 広島東洋カープ 1.85 斉藤和巳 福岡ソフトバンクホークス 1.75
2007 高橋尚成 読売ジャイアンツ 2.75 成瀬善久 千葉ロッテマリーンズ 1.82[3]
2008 石川雅規 東京ヤクルトスワローズ 2.68 岩隈久志 東北楽天ゴールデンイーグルス 1.87
2009 チェン 中日ドラゴンズ 1.54 ダルビッシュ有 北海道日本ハムファイターズ 1.73
2010 前田健太 広島東洋カープ 2.21 ダルビッシュ有 北海道日本ハムファイターズ 1.78
2011 吉見一起 中日ドラゴンズ 1.65 田中将大 東北楽天ゴールデンイーグルス 1.27
2012 前田健太 広島東洋カープ 1.53 吉川光夫 北海道日本ハムファイターズ 1.71
2013 前田健太 広島東洋カープ 2.10 田中将大 東北楽天ゴールデンイーグルス 1.27
2014 菅野智之 読売ジャイアンツ 2.33 金子千尋 オリックス・バファローズ 1.98
2015 K.ジョンソン 広島東洋カープ 1.85 大谷翔平 北海道日本ハムファイターズ 2.24
2016 菅野智之 読売ジャイアンツ 2.01 石川歩 千葉ロッテマリーンズ 2.16
  • 太字は各リーグ記録。

脚注[編集]

  1. ^ 数値上のパ・リーグ1位の防御率は服部武夫(南海ホークス)の2.03。この年の南海ホークスの試合数は104試合、服部の投球回数は155回で規定投球回数を満たしていたが、1951年度にかぎり採用された資格投球回数算定法による標準回数が南海ホークスの場合は164回であったため、柚木が防御率第1位投手となった(柚木の投球回数は198.1回)。社団法人日本野球機構編 『オフィシャル ベースボール・ガイド』2003 共同通信社、371頁。ISBN 978-4-7641-0522-5
  2. ^ 厳密には2.402(参照
  3. ^ 厳密には1.817(参照

関連項目[編集]