1965年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1965年 | 1965年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 91 47 2 .659 -
2位 中日ドラゴンズ 77 59 4 .566 13.0
3位 阪神タイガース 71 66 3 .518 19.5
4位 大洋ホエールズ 68 70 2 .493 23.0
5位 広島カープ 59 77 4 .434 31.0
6位 サンケイスワローズ 44 91 5 .326 45.5
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 南海ホークス 88 49 3 .642 -
2位 東映フライヤーズ 76 61 3 .555 12.0
3位 西鉄ライオンズ 72 64 4 .529 15.5
4位 阪急ブレーブス 67 71 2 .486 21.5
5位 東京オリオンズ 62 74 4 .456 25.5
6位 近鉄バファローズ 46 92 2 .333 42.5

日本シリーズ[編集]

読売ジャイアンツ(4勝1敗)南海ホークス

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 王貞治 巨人   野村克也 南海  
最優秀新人 該当者なし   池永正明 西鉄  
首位打者 江藤慎一 中日 .336 野村克也 南海 .320
本塁打王 王貞治 巨人 42本 野村克也 南海 42本
打点王 王貞治 巨人 104点 野村克也 南海 110点
最多安打 近藤和彦 大洋 152本 野村克也 南海 156本
盗塁王 高木守道 中日 44個 広瀬叔功 南海 39個
最優秀防御率 金田正一 巨人 1.84 三浦清弘 南海 1.57
最多勝利 村山実 阪神 25勝 尾崎行雄 東映 27勝
最多奪三振 村山実 阪神 205個 尾崎行雄 東映 259個
最高勝率 山中巽 中日 .857 林俊彦 南海 .850

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 村山実 阪神 尾崎行雄 東映
捕手 森昌彦 巨人 野村克也 南海
一塁手 王貞治 巨人 高木喬 近鉄
二塁手 高木守道 中日 D.スペンサー 阪急
三塁手 長嶋茂雄 巨人 小玉明利 近鉄
遊撃手 吉田義男 阪神 小池兼司 南海
外野手 江藤愼一 中日 張本勲 東映
近藤和彦 大洋 広瀬叔功 南海
中暁生 中日 堀込基明 南海

オールスターゲーム[編集]

ドラフト会議[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月1日 - 広島カープが川崎球場での対大洋戦で2-1と勝利し、球団創設以来初めてセ・リーグの単独首位に立つ[3]
  • 5月2日 - 南海ホークス杉浦忠阪急西宮球場での対阪急ブレーブス戦で8回裏にダリル・スペンサーから三振を奪い、プロ通算1500奪三振を達成[4]
  • 5月7日 - 巨人対国鉄の試合が後楽園球場で行われ、巨人は3回裏に王貞治が5号本塁打を放ち、これで巨人は球団創設以来チーム本塁打2000本を記録[5]
  • 5月9日 - 中日の中暁生が広島市民球場での対広島4回戦の5回表に三塁打を放ち、プロ通算1000本安打を達成[6]
  • 5月10日 - 国鉄スワローズがサンケイスワローズに改称[2]
  • 5月19日 - 巨人の吉田勝豊が後楽園球場での対サンケイ戦の4回裏に代打で出場し、プロ通算1000試合出場を達成[7]
  • 5月31日 - 巨人の長島茂雄が中日球場での対中日8回戦の1回表に7号本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打を達成[8]


6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月8日
    • 南海の野村克也が日生球場での対近鉄ダブルヘッダー第2試合の15回戦の2回裏に25号本塁打、6回裏に26号本塁打を放ち、プロ通算300号本塁打を達成[22]
    • 阪急の米田哲也が西宮球場での対東京15回戦に先発登板し、プロ通算500試合登板を達成[23]
  • 8月17日 - 近鉄の山本八郎が大阪球場での対南海16回戦の4回表に10号本塁打を放ち、プロ通算100号本塁打を達成[24]
  • 8月18日 - 巨人の長島茂雄が中日球場での対中日20回戦に先発出場し、プロ通算1000試合出場を達成[25]
  • 8月19日 - 東映の嵯峨健四郎が後楽園球場での対阪急戦の5回の第二打席で足立光宏から中前安打を放ち、これが91打席ぶりの安打となった。試合は3対2で阪急が勝利し、嵯峨は敗戦投手となっている[26][27]
  • 8月22日 - 全国高等学校野球選手権大会の決勝戦が甲子園で行われ、福岡県三池工千葉県銚子商に2対0で勝利し、初出場初優勝を達成する。

9月[編集]


10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

  • 12月6日 - 巨人は関根潤三の引退を発表[43]
  • 12月14日 - 南海は村上雅則と来シーズンの契約を結んだと発表。村上は南海復帰[44]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b タイガースヒストリー 1965-1969阪神球団公式サイト
  2. ^ a b 球団のあゆみ 1960年代ヤクルト球団公式サイト
  3. ^ 読売新聞1965年5月2日9面「広島(結成以来)初の単独首位 興津1号 稲川を長打でつぶす」読売新聞縮刷版1965年5月p37
  4. ^ 読売新聞1965年5月3日9面「杉浦が奪千五百三振 14安打 南海、新安打で返礼」読売新聞縮刷版1965年5月p61
  5. ^ 読売新聞1965年5月2日9面「巨人、王で2千本塁打を記録」読売新聞縮刷版1965年5月p165
  6. ^ 読売新聞1965年5月10日9面「中(中日)が千本安打」読売新聞縮刷版1965年5月p215
  7. ^ 読売新聞1965年5月20日9面「吉田(巨人)が千試合出場」読売新聞縮刷版1965年5月p465
  8. ^ 読売新聞1965年6月1日9面「長島、待望の通算二百号 中山、小川健(中日)をKO 終回の反撃、宮田で断つ」読売新聞縮刷版1965年6月p9
  9. ^ 読売新聞1965年6月8日9面「サンケイ球団社長に友田氏」読売新聞縮刷版1965年6月p183
  10. ^ 読売新聞1965年6月17日8面「東京 本堂監督が休養 代理監督に濃人コーチ」読売新聞縮刷版1965年6月p410
  11. ^ 読売新聞1965年6月17日9面「吉田勝百号達成」読売新聞縮刷版1965年6月p411
  12. ^ 読売新聞1965年6月29日9面「バッキー 無安打無得点 巨人をたった3走者 10勝一番乗りをかざる」読売新聞縮刷版1965年6月p739
  13. ^ 読売新聞1965年7月1日9面「SBO クジラと少年 古沢 主演はなんと17歳」読売新聞縮刷版1965年7月p5
  14. ^ 読売新聞1965年7月3日9面「小玉、千五百試合出場」読売新聞縮刷版1965年7月p65
  15. ^ 読売新聞1965年7月4日9面「山内、四人目の千打点」読売新聞縮刷版1965年7月p93
  16. ^ 読売新聞1965年7月16日8面「小山 無安打無得点のがす 阪急 9回、二死からテキサス」読売新聞縮刷版1965年7月p406
  17. ^ 読売新聞1965年7月17日9面「米田(阪急)が奪三振二千 五人目」読売新聞縮刷版1965年7月p443
  18. ^ 読売新聞1965年7月24日9面「白石監督(広島)が休養 監督代行に長谷川コーチ」読売新聞縮刷版1965年7月p611
  19. ^ 読売新聞1965年7月26日9面「巨人、2000勝(新記録)の偉業」読売新聞縮刷版1965年7月p653
  20. ^ 【7月25日】1965年(昭40) 東大卒初のプロ、「南氷洋に行ったつもりで」1年目に初白星スポーツニッポン 2008年7月24日
  21. ^ 読売新聞1965年7月30日9面「大和田(広島)千試合出場」読売新聞縮刷版1965年7月p747
  22. ^ 読売新聞1965年8月9日9面「野村通算三百号 第2 逆転2ランで飾る」読売新聞縮刷版1965年8月p187
  23. ^ 読売新聞1965年8月9日9面「米田が五百試合登板」読売新聞縮刷版1965年8月p187
  24. ^ 読売新聞1965年8月18日9面「山本八が百号本塁打」読売新聞縮刷版1965年8月p393
  25. ^ 読売新聞1965年8月19日9面「長島千試合出場」読売新聞縮刷版1965年8月p417
  26. ^ 読売新聞1965年8月20日9面「嵯峨、91打席打席目に安打」読売新聞縮刷版1965年8月p441
  27. ^ 【8月19日】1965年(昭40) 90打席、506日もヒットが打てなかった男スポーツニッポン 2007年8月11日
  28. ^ a b 【9月4日】1965年(昭40) 通算“401勝” カネやん生涯唯一の2軍登板スポーツニッポン 2007年8月20日
  29. ^ 伊藤茂樹 「アメリカ野球雑学概論」 『週刊ベースボール』2009年3月30日号” (英語). ベースボール・マガジン社. 2012年4月10日閲覧。
  30. ^ 日外アソシエイツ刊「日本スポーツ事典トピックス1964-2005」15ページ
  31. ^ 日本文芸社刊「2000年優勝記念号 巨人軍歴史新聞」63ページ
  32. ^ 週刊ベースボール2011年11月21日号52ページ
  33. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』194ページ
  34. ^ 毎日新聞1965年11月6日13面「巨人、七度目の王座」
  35. ^ 毎日新聞1965年11月7日13面「『南海をやめる』と鶴岡 監督20年、いい区切り プロ野球生活は続ける」
  36. ^ 毎日新聞1965年11月14日13面「南海、若返りへ第一歩 38才の蔭山監督の登場」
  37. ^ 読売新聞1965年11月15日11面「プロ野球最優秀選手きまる セリーグは王 パリーグは野村」読売新聞縮刷版1965年10月p389
  38. ^ 読売新聞1965年11月17日夕刊9面「蔭山南海監督が急死 過労、眠れなかったここ数日」読売新聞縮刷版p429
  39. ^ 毎日新聞1965年11月21日15面「鶴岡氏、南海復帰を発表」
  40. ^ 読売新聞1965年11月22日10面「サンケイ監督 飯田氏きまる」読売新聞縮刷版p544
  41. ^ 読売新聞1965年11月26日11面「東京監督に田丸氏(二軍監督)」読売新聞縮刷版1965年11月p650
  42. ^ 読売新聞1965年11月26日「広島は長谷川氏 石本氏がヘッドコーチ」読売新聞縮刷版1965年11月p650
  43. ^ 読売新聞1965年12月7日「関根外野手(巨人)が引退」読売新聞縮刷版1965年12月p171
  44. ^ 読売新聞1965年12月15日「村上、南海と契約 保有権問題にケリ」読売新聞縮刷版1965年12月p389