山本幸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 幸二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊明市
生年月日 (1963-11-14) 1963年11月14日(58歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1981年 ドラフト2位
初出場 1984年7月10日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 幸二(やまもと こうじ、1963年11月14日 - )は、愛知県豊明市出身の元プロ野球選手捕手[1]。右投右打[1]。現在は読売ジャイアンツ(巨人)の査定室長を務める。

来歴・人物[編集]

名古屋電気高校時代は工藤公康(1981年西武ドラフト6位指名)とバッテリーを組み、広島東洋カープに在籍していた山本浩二にあやかった「コージマーチ」で本塁打を打ち「尾張のコージ」として有名になった[1]。高校3年時には1981年夏の甲子園で準決勝(ベスト4)まで進出したが[1]、エース金村義明を擁する報徳学園高に惜敗した[2]。工藤以外のチームメートには二塁手高橋雅裕遊撃手中村稔がいた。

1981年プロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツ(巨人)から2位指名を受け入団[1]。当時の巨人には同姓同音名(名前の漢字が違う)の山本功児が在籍していたため[3]、音声上は区別するのが困難であった(背番号も本人は43[1]、山本功児は44[3]と1つしか違わなかった)。ドラフト同期には工藤・浜田一夫愛知高等学校中日2位指名)とともに「愛知三羽烏」として名を馳せた[4]槙原寛己[5]村田真一[6]らがいる。

プロ入り3年目の1984年に初めて一軍出場し、翌1985年には山倉和博の控えの捕手として一軍に定着。主にキース・カムストックの先発する試合で21試合に先発マスクを被り、勝負強いリードで勝利に貢献した。しかし、翌1986年には近鉄バファローズからベテラン捕手の有田修三が移籍。高田誠村田真一といった同世代捕手の台頭や中尾孝義らの加入で、それ以降一度も一軍から声がかかることなく1991年限りで現役を引退した。

引退後はブルペン捕手・スコアラーに転身し、2022年現在は査定室長を務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 巨人 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1985 41 72 66 6 16 2 0 2 24 7 1 0 3 0 3 0 0 13 3 .242 .275 .364 .639
通算:2年 43 74 68 6 16 2 0 2 24 7 1 0 3 0 3 0 0 14 3 .235 .268 .353 .621

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1984 1 0 0 0 ----
1985 40 33 29 4 .121
通算 41 33 29 4 .121

記録[編集]

背番号[編集]

  • 43 (1982年 - 1991年)
  • 84 (1992年)
  • 98 (1993年 - 2005年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ホームラン 1982, p. 19.
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ a b ホームラン 1982, p. 21.
  4. ^ 『'85プロ野球 12球団全選手百科名鑑』 第9巻第3号(通算:第88号、1985年3月号)、日本スポーツ出版社、1985年3月31日、37頁。 
  5. ^ ホームラン 1982, p. 18.
  6. ^ ホームラン 1982, p. 20.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]