1984年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1984年 | 1984年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 広島東洋カープ 75 45 10 .625 -
2位 中日ドラゴンズ 73 49 8 .598 3.0
3位 読売ジャイアンツ 67 54 9 .554 8.5
4位 阪神タイガース 53 69 8 .434 23.0
5位 ヤクルトスワローズ 51 71 8 .418 25.0
6位 横浜大洋ホエールズ 46 77 7 .374 30.5
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 阪急ブレーブス 75 45 10 .625 -
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .557 8.5
3位 西武ライオンズ 62 61 7 .504 14.5
4位 近鉄バファローズ 58 61 11 .487 16.5
5位 南海ホークス 53 65 12 .449 21.0
6位 日本ハムファイターズ 44 73 13 .376 29.5

日本シリーズ[編集]

1984年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 阪急ブレーブス 2-3 広島東洋カープ 広島市民球場
10月14日(日) 第2戦 阪急ブレーブス 5-2 広島東洋カープ
10月15日(月) 移動日
10月16日(火) 第3戦 広島東洋カープ 8-3 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
10月17日(水) 第4戦 雨天中止
10月18日(木) 広島東洋カープ 3-2 阪急ブレーブス
10月19日(金) 第5戦 広島東洋カープ 2-6 阪急ブレーブス
10月20日(土) 移動日
10月21日(日) 第6戦 阪急ブレーブス 8-3 広島東洋カープ 広島市民球場
10月22日(月) 第7戦 阪急ブレーブス 2-7 広島東洋カープ
優勝:広島東洋カープ(4年ぶり3回目)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 衣笠祥雄 広島   ブーマー.W 阪急  
最優秀新人 小早川毅彦 広島   藤田浩雅 阪急  
首位打者 篠塚利夫 巨人 .334 ブーマー.W 阪急 .355
本塁打王 掛布雅之
宇野勝
阪神
中日
37本 ブーマー.W 阪急 37本
打点王 衣笠祥雄 広島 102点 ブーマー.W 阪急 130点
盗塁王 高木豊 大洋 56個 大石大二郎 近鉄 46個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
谷沢健一 中日 231個 スティーブ.O 西武 .443
最優秀防御率 小林誠二 広島 2.20 今井雄太郎 阪急 2.93
最多勝利 遠藤一彦 大洋 17勝 今井雄太郎 阪急 21勝
最多奪三振 遠藤一彦 大洋 208個 佐藤義則 阪急 136個
最高勝率 江川卓 巨人 .750 石川賢 ロッテ .789
最優秀救援投手 山本和行 阪神 34SP 山沖之彦 阪急 25SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 山根和夫 広島 今井雄太郎 阪急
捕手 達川光男 広島 藤田浩雅 阪急
一塁手 谷沢健一 中日 ブーマー.W 阪急
二塁手 篠塚利夫 巨人 大石大二郎 近鉄
三塁手 衣笠祥雄 広島 落合博満 ロッテ
遊撃手 宇野勝 中日 弓岡敬二郎 阪急
外野手 山崎隆造 広島 高沢秀昭 ロッテ
山本浩二 広島 T.クルーズ 日本ハム
若松勉 ヤクルト 蓑田浩二 阪急
指名打者   L.リー ロッテ

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 6月9日 - 近鉄の加藤英司が藤井寺球場での対南海10回戦の9回裏に、2-3とリードされた場面で金城基泰から5号逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、プロ通算300号本塁打を達成[14]
  • 6月11日 - 近鉄の柳原隆弘が対南11海戦の9回裏に二死満塁の場面で代打で起用され、1号逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、近鉄は9日の南海戦(10日の同カードは雨天中止)に続いての2試合連続サヨナラ満塁本塁打で勝利[15]
  • 6月15日] - ヤクルトは代理監督の土橋正幸を監督に昇格させたと発表[16]
  • 6月21日
    • 中日の大島康徳がナゴヤ球場での対ヤクルト13回戦の5回裏に17号本塁打を放ち、プロ通算250号本塁打を達成[17]
    • 阪急の水谷実雄が平和台球場での対西武16回戦の3回裏に安打を放ち、プロ通算1500本安打を達成[18]
  • 6月28日 - 日本ハムファイターズは監督の植村義信が辞任したと発表[19]
  • 6月29日 - 中日は横浜スタジアムでの対大洋12回戦で1回表から9回表まで毎回得点を記録、プロ野球史上4度目。試合は22-9で中日の勝利[20]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月1日 - 広島の山本浩二が広島市民球場での対大洋16回戦に先発出場し、プロ通算2000試合出場を達成[24]
  • 8月7日 - 阪急の福本豊が大阪球場での対南海18回戦の9回表に二盗を成功させ、プロ通算1000盗塁を達成[25]
  • 8月9日 - 神宮球場でのヤクルト対阪神19回戦で阪神が9回表に一死から11連続得点のプロ野球タイ記録。打たれたヤクルトの中本茂樹は1イニング11失点[26]
  • 8月12日 - ロッテの村田兆治が札幌丸山球場での対西武16回戦の九回表から登板し1回を無失点に抑え、1982年5月17日対近鉄戦以来の公式戦出場を果たす[27]
  • 8月16日 - 阪急の村上信一が平和台球場での対ロッテ21回戦の八回裏に代打で登場し2号本塁打を放つ。村上は9日の対南海戦で公式戦初本塁打を代打で記録、プロ2打席でいずれも代打本塁打はプロ野球史上初[28]
  • 8月20日 - 中日の田尾安志が神宮球場での対ヤクルト22回戦三回表に16号2点本塁打を放ち、プロ通算100号本塁打を達成[29]
  • 8月21日 - 全国高等学校野球選手権大会の決勝戦が甲子園において行われ、茨城県代表の取手二高が前年度優勝のPL学園を破り大会初優勝。大会連覇を阻止されたPL学園は春に続いて準優勝。
  • 8月26日 - 南海の門田博光が平和台球場での対日本ハム24回戦の2回表に25号本塁打を放ち、プロ通算350本塁打を達成[30]

9月[編集]

  • 9月1日 - 近鉄の鈴木啓示が大阪球場での対南海22回戦の2回裏に門田博光から三振を奪い、プロ通算3000奪三振を記録、史上4人目[31]
  • 9月9日 - 巨人の江川卓が後楽園球場での対ヤクルト25回戦に先発し二回表に玄岡正充から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成[32]
  • 9月15日 - 西武の東尾修が西武球場での対南海25回戦で勝利投手となって13勝目を挙げ、プロ通算200勝を達成[33]
  • 9月17日 - 【MLB】エンゼルスレジー・ジャクソンが通算500本塁打を達成。メジャー史上13人目。
  • 9月23日 - 阪急対近鉄の第26回戦で阪急が8-4と近鉄を下し、1978年以来6年ぶり通算10度目のリーグ優勝が決定[34]
  • 9月30日 - パ・リーグは全日程が終了[35]

10月[編集]

  • 10月2日 - 西武の田淵幸一が池袋サンシャインビル内の西武球団事務所にて記者会見し、現役引退を発表[36]
  • 10月4日 - 大洋対広島23回戦が横浜スタジアムで行われ、広島が3-2で大洋を下し、4年ぶりのセ・リーグ優勝[37]
  • 10月5日
    • 甲子園球場で阪神対中日26回戦が行われ、掛布雅之宇野勝が5打席連続敬遠[38]。掛布と宇野は本塁打王争いをしており、中日・阪神の両ベンチが敬遠策で勝負を避けていた。両者は3日のナゴヤ球場での中日対阪神26回戦でも5打席連続敬遠を記録しており[39]、掛布と宇野は10打席連続四球のプロ野球新記録[40]
    • 大洋のレオン・リーが横浜スタジアムでの対広島24回戦の7回裏に安打を放ち、通算1000本安打を達成[41]
  • 10月6日 - セ・リーグ会長の鈴木龍二は、本塁打王争いをしていた掛布雅之と宇野勝が中日・阪神から10打席連続敬遠を受けたことに対し「野球協約の根本理念に反する」との声明を発表[42]
  • 10月8日 - ヤクルトの水谷新太郎が神宮球場での対大洋25回戦に先発出場し、プロ通算1000試合出場を達成[43]
  • 10月14日 - 【MLB】ワールドシリーズはタイガースがパドレスを下し、優勝。監督のスパーキー・アンダーソンは史上初の「(監督として)両リーグでのワールドシリーズ制覇」を達成。
  • 10月15日
    • 大洋は東京・大手町の大洋漁業本社にて記者会見し、新監督に野球評論家の近藤貞雄が就任したと発表[44]
    • 阪神のオーナーの田中隆造と球団社長の小津正次郎は、監督の安藤統夫から提出されていた辞表を正式に受理。
    • 沢村賞選考委員会による沢村賞の選考が大阪の新阪急ホテルにて開かれ、「該当者なし」との結果に[45]
  • 10月22日 - 日本シリーズの第7戦が広島球場で行われ、広島が阪急を7-2で下し、対戦成績を4勝3敗として阪急を破り4年ぶり3度目の日本一[46]
  • 10月23日 - 阪神はホテル阪神に午後3時より記者会見を行い吉田義男の監督就任を発表。また、取締役会が開かれ、オーナーが田中隆造から久万俊二郎に、球団社長が小津正次郎から中埜肇がそれぞれ選出され、続いて行われた株主総会で承認される[47]

11月[編集]

  • 11月12日 - 西武の江夏豊が西武球団事務所で記者会見し、引退を表明。この日球団事務所を訪れ「自由契約にしてほしい」と申し出、球団も了承[48]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞1984年4月1日21面「『西高東低』開幕デー」毎日新聞縮刷版1984年4月p21
  2. ^ 毎日新聞1984年4月5日1面「センバツ 初陣・岩倉に栄冠 強豪PLを1-0で破る」毎日新聞縮刷版1984年4月p123
  3. ^ 毎日新聞1984年4月15日19面「トレーシーが突然退団」毎日新聞縮刷版1984年4月p475
  4. ^ 毎日新聞1984年4月23日19面「広島連勝球団新『11』 山本浩4試合連発 達川は満塁」毎日新聞縮刷版1984年4月p735
  5. ^ 毎日新聞1984年4月26日19面「300二塁打」毎日新聞縮刷版1984年4月p833
  6. ^ 毎日新聞1984年4月28日17面「武上監督が『休養』 成績不振ヤクルト 代理監督に中西氏」毎日新聞縮刷版1984年4月p919
  7. ^ 毎日新聞1984年5月6日18面「鈴木啓300勝 6人目の偉業 気迫19年『幸せや』36歳男泣き」毎日新聞縮刷版1984年5月p158
  8. ^ 毎日新聞1984年5月6日19面「37歳 山本浩2000本安打 プロ16年19人目」毎日新聞縮刷版1984年5月p159
  9. ^ 毎日新聞1984年5月8日19面「“ホームシック”に泣く近鉄 マネーついに退団」毎日新聞縮刷版1984年5月p193
  10. ^ 毎日新聞1984年5月11日19面「平松2000奪三振」毎日新聞縮刷版1984年5月p305
  11. ^ 毎日新聞1984年5月19日15面「200本塁打」毎日新聞縮刷版1984年5月p561
  12. ^ 毎日新聞1984年5月23日19面「ヤクルトまた指揮者交代 中西代理監督が病欠」毎日新聞縮刷版1984年5月p683
  13. ^ 毎日新聞1984年5月25日19面「土橋氏が代理監督に 中西氏はユニフォーム脱ぐ」毎日新聞縮刷版1984年5月p767
  14. ^ 毎日新聞1984年6月10日18面「逆転満塁サヨナラ 加藤英通算300号」毎日新聞縮刷版1984年6月p316
  15. ^ 毎日新聞1984年6月11日19面「2試合連続 近鉄の奇跡 柳原 代打 満塁 逆転 サヨナラ アーチ」毎日新聞縮刷版1984年6月p351
  16. ^ 毎日新聞1984年6月16日15面「土橋代行が監督に」毎日新聞縮刷版1984年6月p497
  17. ^ 毎日新聞1984年6月22日19面「250本塁打」毎日新聞縮刷版1984年6月p693
  18. ^ 毎日新聞1984年6月22日19面「1500本安打」毎日新聞縮刷版1984年6月p693
  19. ^ 毎日新聞1984年6月29日19面「植村監督辞任 ハム奮起 近鉄から今季初白星」毎日新聞縮刷版1984年6月p941
  20. ^ 毎日新聞1984年6月30日17面「毎回得点」毎日新聞縮刷版1984年6月p981
  21. ^ 毎日新聞1984年7月17日23面「3000塁打」毎日新聞縮刷版1984年7月p551
  22. ^ 毎日新聞1984年7月20日19面「阪急・中日 首位ターン」毎日新聞縮刷版1984年7月p657
  23. ^ 毎日新聞1984年7月28日19面「通算150本塁打」毎日新聞縮刷版1984年7月p931
  24. ^ 読売新聞1984年8月2日17面「広島・山本浩二外野手(三七)が2000試合出場」読売新聞縮刷版1984年8月p65
  25. ^ 毎日新聞1984年8月8日15面「福本走った1000盗塁」毎日新聞縮刷版1984年8月p227
  26. ^ 読売新聞1984年8月10日17面「阪神快記録 中本珍記録 プロタイ11得『失』点」読売新聞縮刷版1984年8月p361
  27. ^ 読売新聞1984年8月10日19面「”マサカリ村田”帰ってきた ロッテ 20安打10連勝」読売新聞縮刷版1984年8月p475
  28. ^ 読売新聞1984年8月10日17面「阪急・村上信一内野手がプロ2打席2本塁打」読売新聞縮刷版1984年8月p625
  29. ^ 読売新聞1984年8月21日17面「ヤクルト5位に」読売新聞縮刷版1984年8月p777
  30. ^ 毎日新聞1984年8月27日19面「350号本塁打」毎日新聞縮刷版1984年8月p833
  31. ^ 毎日新聞1984年9月2日17面「鈴木啓3千奪三振 史上4人目」毎日新聞縮刷版1984年9月p55
  32. ^ 毎日新聞1984年9月10日19面「1000奪三振」毎日新聞縮刷版1984年9月p313
  33. ^ 毎日新聞1984年9月16日19面「”苦投”16年 東尾200勝 2安打完封で悲願飾る」毎日新聞縮刷版1984年9月p527
  34. ^ 毎日新聞1984年9月24日1面「阪急が優勝 パ・リーグ」毎日新聞縮刷版1984年9月p777
  35. ^ 読売新聞1984年10月1日17面「パ・リーグ全日程終了 ブーマー、外人初の三冠王」読売新聞縮刷版1984年10月p17
  36. ^ 朝日新聞1984年10月2日19面「パワーと華麗さ ファン魅了し16年 田淵、正式に引退」朝日新聞縮刷版1984年10月p57
  37. ^ 読売新聞1984年10月5日1面「広島、4年ぶり優勝 セ・リーグ」読売新聞縮刷版1984年10月p183
  38. ^ 読売新聞1984年10月6日17面「あきれました10連続四球 掛布『今さら仕方ない』宇野『投手に悪かった』」読売新聞縮刷版1984年10月p243
  39. ^ 読売新聞1984年10月4日17面「二死満塁でも敬遠、キング争い 宇野、掛布 5四球づつ痛み分け」読売新聞縮刷版1984年10月p159
  40. ^ 読売新聞1984年10月6日17面「阪神・掛布、中日・宇野ともに10打席連続四球のプロ野球新記録」読売新聞縮刷版1984年10月p243
  41. ^ 読売新聞1984年10月5日17面「レオン(大洋)が1000本安打」読売新聞縮刷版1984年10月p243
  42. ^ 読売新聞1984年10月7日17面「10連続敬遠は協約理念違反 セ会長声明」読売新聞縮刷版1984年10月p287
  43. ^ 読売新聞1984年10月9日17面「ヤクルト・水谷が1000試合出場」読売新聞縮刷版1984年10月p367
  44. ^ 読売新聞1984年10月16日17面「近藤・大洋がスタート」読売新聞縮刷版1984年10月p646
  45. ^ 読売新聞1984年10月16日17面「『沢村賞』は該当なし」読売新聞縮刷版1984年10月p646
  46. ^ 読売新聞1984年10月23日1面「広島が4年ぶり優勝 日本シリーズ」読売新聞縮刷版1984年10月p927
  47. ^ 読売新聞1984年10月24日17面「阪神新監督に吉田氏」読売新聞縮刷版1984年10月p991
  48. ^ 朝日新聞1984年11月13日19面「さびしく退場、異端の大投手 江夏 栄光とトラブル18年 自由契約決定 事実上の引退」朝日新聞縮刷版1984年11月p479