山崎隆造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎 隆造
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市中区小町
生年月日 (1958-04-15) 1958年4月15日(59歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手二塁手三塁手
プロ入り 1976年 ドラフト1位
初出場 1978年8月1日
最終出場 1993年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 広島東洋カープ (1994 - 2011)

山崎 隆造(やまさき りゅうぞう、1958年4月15日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手外野手内野手)。愛称は「リュー」。2003年から2011年までの登録名は「山崎 立翔」(読み同じ)。

来歴・人物[編集]

崇徳高校では、1976年、3年の時に一番打者、遊撃手として春の選抜に出場。決勝で小山高を降し優勝を果たす。夏の甲子園では3回戦で長崎海星に敗退。黒田真二小川達明や後の新日鉄君津早稲田大学野球部監督の應武篤良は同期でチームメイトだった。

超高校級の遊撃手と騒がれ、1976年ドラフト1位で広島東洋カープに入団。1978年後半から当時監督だった古葉竹識の勧めにより、高橋慶彦に次いでスイッチヒッターへ転向した。しかし高橋がいたため遊撃手には定着出来ず、入団5年目までは内外野(主に二塁手左翼手)をかけもちした。

1981年3月8日、熊本藤崎台球場でのオープン戦(対日本ハムファイターズ)で、村井英司の打球を追ってコンクリートフェンスに激突し、右ひざを骨折し全治2か月の重傷を負う[1][注 1]。この時の衝撃音はベンチ裏まで聞こえたほどで、膝蓋骨はたいてい二つに割れるものだが、山崎の場合は粉々になっていたという。手術は「粉々になった骨を掻き集めて、ワイヤーで皿状に括る」という前例のないケースで行われ、一転して選手生命の危機を迎えた。

1981年のシーズンは棒にふったが、翌年の1982年に86試合に出場し、復活。1983年には開幕戦から山本浩二左翼手にコンバート)に代わって中堅手を任され、レギュラー定着を果たした。打順は主に2番や1番を打ち、6月以降は中堅手の座を長嶋清幸に譲り、自身は主に右翼手を務めるようになる。同年から3年連続で打率3割を記録。ベストナイン3度、外野手としてゴールデングラブ賞を4度受賞、1984年には26試合連続安打を記録するなど、走攻守三拍子揃った「赤ヘル野球」の体現者として高橋とともに活躍した。打撃タイトルは無かったものの、右ひざ骨折という致命的な大怪我をしながら、その後203個の盗塁を重ね、1984年からは6シーズン連続全試合出場を果たしており、1983年10月16日から1990年4月28日まで803試合連続出場している。

1990年以降は外野に加えて三塁手としての出場が増え、1993年シーズン終了後に現役引退した。その後はコーチ、二軍監督を経て2001年から一軍守備走塁コーチ(一塁・三塁ベースコーチ)を務めた。2003年に「隆造」から「立翔」に改名。2006年から再び二軍監督に就任し、2011年まで務め同年限りで辞任した[3]

2012年からは中国放送(RCC)の野球解説者を務める傍ら、広島東洋カープジュニアチームの監督を務めており、解説者・監督としての活動では本名の「隆造」名義に戻している。また同年より、崇徳高校硬式野球部OB会副会長に就任している(会長は應武)。

ちなみに、ロックバンドくるり」の岸田繁は山崎の現役時代のプレーを見て以来ファンとなり、現在も広島の大ファンで、2006年6月4日広島市民球場始球式を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 広島 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1979 24 58 53 8 14 1 0 1 18 5 8 1 0 0 4 0 1 11 1 .264 .328 .340 .667
1980 75 189 159 37 40 5 2 0 49 6 17 6 7 1 15 0 7 27 2 .252 .343 .308 .651
1982 86 218 183 26 44 1 2 2 55 14 14 9 8 1 20 0 6 29 2 .240 .335 .301 .635
1983 107 427 357 51 109 17 5 6 154 34 26 5 27 3 39 0 1 60 1 .305 .375 .431 .807
1984 130 576 495 79 158 27 3 6 209 43 39 9 20 1 57 2 3 59 3 .319 .393 .422 .815
1985 130 610 509 86 167 23 2 10 224 46 35 9 18 6 77 1 0 53 5 .328 .412 .440 .852
1986 130 551 491 63 135 25 2 7 185 43 23 6 18 1 40 2 1 71 6 .275 .330 .377 .707
1987 130 568 487 79 143 20 2 12 203 43 21 2 21 3 55 3 2 72 4 .294 .366 .417 .782
1988 130 546 470 51 113 17 6 10 172 47 14 4 36 1 37 1 2 61 9 .240 .298 .366 .664
1989 130 426 364 45 97 13 1 8 136 34 12 4 24 0 36 3 1 53 10 .266 .334 .374 .708
1990 127 474 402 51 118 22 3 7 167 50 8 5 28 1 40 0 3 61 7 .294 .361 .415 .776
1991 122 455 402 54 121 19 0 8 164 50 9 4 3 3 47 5 0 68 8 .301 .372 .408 .780
1992 111 376 332 32 88 18 0 6 124 31 2 1 4 2 36 2 2 54 9 .265 .339 .373 .712
1993 98 271 242 21 57 10 0 5 82 31 0 0 3 2 24 0 0 43 7 .236 .302 .339 .641
通算:15年 1531 5745 4946 683 1404 218 28 88 1942 477 228 65 217 25 527 19 29 722 74 .284 .355 .393 .747
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1989年6月30日 ※史上286人目
  • 1000本安打:1989年9月17日 ※史上159人目
  • 1500試合出場:1993年8月6日 ※史上109人目
その他記録

背番号[編集]

  • 23 (1977年 - 1982年)
  • 1 (1983年 - 1993年)
  • 76 (1994年 - 2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ プロ野球本拠地球場のフェンスにラバーを張ることは、1977年佐野仙好川崎球場頭蓋骨を骨折したのがきっかけとして進められた(同年、金子鋭コミッショナーより安全フェンスの導入要望が出される[2])が、地方の球場はまだフェンスがコンクリートが多かった。山崎の事故後も不十分な球場は残存し、1984年にはロッテオリオンズ高沢秀昭札幌市円山球場でおこなわれた対西武ライオンズ戦で、ジャンプ捕球の際にコンクリートフェンスの角の部分に右ひざを強打し、山崎同様に膝蓋骨を粉砕する重傷(全治6週間)を負っている[1]。プロ野球を開催する全球場でのフェンス部緩衝材設置が正式に義務化されたのは1988年(1987年7月7日のプロ野球実行委員会で「安全フェンスのない球場では、来期から公式試合はおこなわない。オープン戦もできるだけ安全フェンスのある球場でおこなう」と決定)からである[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 沢柳政義『野球場大事典』大空社、1990年、p.293
  2. ^ a b 『野球場大事典』、p.295 - 296
  3. ^ 山崎立翔二軍監督 辞任のお知らせ”. 広島東洋カープ公式サイト (2011年10月1日). 2011年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]