1990年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1990年 | 1990年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 88 42 0 .677 - 詳細
2位 広島東洋カープ 66 64 2 .508 22.0 詳細
3位 横浜大洋ホエールズ 64 66 3 .492 24.0 詳細
4位 中日ドラゴンズ 62 68 1 .477 26.0 詳細
5位 ヤクルトスワローズ 58 72 0 .446 30.0 詳細
6位 阪神タイガース 52 78 0 .400 36.0 詳細
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西武ライオンズ 81 45 4 .643 - 詳細
2位 オリックス・ブレーブス 69 57 4 .548 12.0 詳細
3位 近鉄バファローズ 67 60 3 .528 14.5 詳細
4位 日本ハムファイターズ 66 63 1 .512 16.5 詳細
5位 ロッテオリオンズ 57 71 2 .445 25.0 詳細
6位 福岡ダイエーホークス 41 85 4 .325 40.0 詳細

日本シリーズ[編集]

1990年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月20日(土) 第1戦 西武ライオンズ 5-0 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月21日(日) 第2戦 西武ライオンズ 9-5 読売ジャイアンツ
10月22日(月) 移動日
10月23日(火) 第3戦 読売ジャイアンツ 0-7 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
10月24日(水) 第4戦 読売ジャイアンツ 3-7 西武ライオンズ
優勝:西武ライオンズ(2年ぶり9回目)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 斎藤雅樹 巨人   野茂英雄 近鉄  
最優秀新人 与田剛 中日   野茂英雄 近鉄  
首位打者 J.パチョレック 大洋 .326 西村徳文 ロッテ .338
本塁打王 落合博満 中日 34本 O.デストラーデ 西武 42本
打点王 落合博満 中日 102点 O.デストラーデ 西武 106点
石嶺和彦 オリックス
最多安打 J.パチョレック 大洋 172本 J.トレーバー 近鉄 150本
盗塁王 緒方耕一 巨人 33個 秋山幸二 西武 51個
野村謙二郎 広島
最高出塁率 落合博満 中日 .416 清原和博 西武 .454
最優秀防御率 斎藤雅樹 巨人 2.17 野茂英雄 近鉄 2.91
最多勝利 斎藤雅樹 巨人 20勝 渡辺久信 西武 18勝
野茂英雄 近鉄
最多奪三振 木田優夫 巨人 182個 野茂英雄 近鉄 287個
最高勝率 斎藤雅樹 巨人 .800 野茂英雄 近鉄 .692
最優秀救援投手 与田剛 中日 35SP 鹿取義隆 西武 27SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 斎藤雅樹 巨人 野茂英雄 近鉄
捕手 村田真一 巨人 伊東勤 西武
一塁手 落合博満 中日 清原和博 西武
二塁手 高木豊 大洋 大石大二朗 近鉄
三塁手 バンスロー 中日 松永浩美 オリックス
遊撃手 池山隆寛 ヤクルト 田中幸雄 日本ハム
外野手 J.パチョレック 大洋 西村徳文 ロッテ
広沢克己 ヤクルト 石嶺和彦 オリックス
原辰徳 巨人 秋山幸二 西武
指名打者   O.デストラーデ 西武

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

韓国プロ野球[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月9日 - ダイエーの間柴茂有が対近鉄戦(北九州)に先発登板し、通算500試合登板を達成。間柴はこの試合を最後にシーズン途中で引退。
  • 5月17日 - オリックス対ダイエー戦で、ダイエーがオリックスに対し日本プロ野球2度目となる毎回四球13を記録[2]。その他16安打で16-3で試合に勝利する[3]
  • 5月20日 - 1987年のパ・リーグ新人王を争った近鉄の阿波野秀幸と日本ハムの西崎幸広がそれぞれ対ロッテオリオンズ戦と対ダイエー戦に勝利し、共に通算50勝を達成する。
  • 5月23日 - 巨人が対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤ球場)に勝利し、日本プロ野球史上初の球団3000勝を達成。

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月3日 - 【MLB】デーブ・スティーブがノーヒットノーランを達成。それまでに、9回2死のいわゆる「あと一人」で3回ノーヒットノーランを逃していた。
  • 9月8日 - 巨人が東京ドームのヤクルト戦に勝ち、セ・リーグ史上最短でリーグ優勝達成。
  • 9月10日 - オリックスの門田博光がメジャーリーグでも前例の無い、日本プロ野球初の40歳代でシーズン30本塁打を記録[7]
  • 9月11日
    • ナゴヤ球場バックスクリーン右後方左翼寄りの照明灯下の清掃用置場で火災。発生が試合開始直前の午後5時50分であったため、試合開始が23分遅れる。
    • 連続無安打のセ・リーグ記録を更新していた阪神の猪俣隆が対ヤクルト戦でプロ入り80打席目で初安打を記録[8]
  • 9月23日 - 西武が西武ライオンズ球場の対日本ハム戦に9-3で勝利。球団史上最速でパ・リーグ優勝。
  • 9月26日 - オリックス対ダイエー戦(阪急西宮球場)でダイエーの広永益隆山沖之彦から日本プロ野球通算6万号ホームランを記録。

10月[編集]

  • 10月5日 - オリックスが、翌年から球団名を「ブルーウェーブ」に変更し、上田利治監督の勇退と土井正三新監督の就任を発表。
  • 10月13日 - ロッテの村田兆治投手が現役引退。同日の引退試合で若林忠志(1949年)以来2人目となる40歳代での2桁勝利を記録。
  • 10月24日 - 日本シリーズは西武が4連勝のストレート勝ちで巨人に勝利し、2年ぶり日本一を達成。4連勝のストレート勝ちは西武としては前身、後の埼玉西武を通じて球団史上初で、シリーズとしては1960年の大洋以来、30年ぶり。
    • この年はワールドシリーズがシンシナティ・レッズの4連勝のストレート勝ちで、韓国シリーズもLGツインズの4連勝のストレート勝ちで終わっており、日米韓全てのシリーズがチャンピオンチームの4連勝のストレート勝ちで終わっている。
  • 10月28日 - ダイエーの監督田淵幸一がセレクション会議に提出する他球団リストを公表、球団は厳重注意、減俸10%の処分を科した[9]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 篠塚の打球を本塁打と判定した審判の大里晴信は同年限りで退職。
  2. ^ ただし9回裏の攻撃はなく8イニング。
  3. ^ 宇佐美徹也 『日本プロ野球記録大鑑』 講談社1993年、623頁。ISBN 4062061082
  4. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 696.
  5. ^ 【8月27日】1990年(平2) 本塁打王放棄!パリッシュ突然の退団 川藤惜別の贈り物”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2008年8月22日). 2015年12月26日閲覧。
  6. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 295.
  7. ^ 大修館書店刊「近代体育スポーツ年表1800-1907」272ページ
  8. ^ 『日本スポーツ事典 トピックス1964-2005』 日外アソシエーツ編集部 編、日外アソシエーツ2006年、63頁。ISBN 4816919856
  9. ^ 『日本プロ野球事件史 1934-2013 秘蔵写真で振り返る衝撃のプロ野球史』 ベースボール・マガジン社、2013年、98頁。ISBN 9784583619323
  10. ^ ベースボールマガジン』、ベースボール・マガジン社、2012年11月、 74頁。
  11. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、2011年12月12日、 36頁。