佐野仙好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐野 仙好
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県高崎市
生年月日 (1951-08-27) 1951年8月27日(66歳)
身長
体重
174 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 左翼手三塁手
プロ入り 1973年 ドラフト1位
初出場 1974年4月28日
最終出場 1989年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1990, 1994 - 1997)

佐野 仙好(さの のりよし、1951年8月27日 - )は、群馬県高崎市出身の元プロ野球選手外野手)。現在は、阪神タイガースの統括スカウトの役を担っている[1]

愛称は名前を音読みした「センコー」。

経歴[編集]

前橋工業高校では1968年、2年の時に三塁手として夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で智辯学園上田容三投手に完封を喫する。3年の夏は北関東大会準決勝に進出するが、宇都宮学園に敗れる。高校同期に柚木秀夫投手、片貝義明捕手がいた。

卒業後は中央大学へ進学、東都大学リーグでは3度優勝。同期入学の藤波行雄と共に1年生の春季リーグからレギュラーとして出場し、在学中リーグ全試合出場を果たす。1970年秋季リーグでは、リーグ4人目の1年生での首位打者になった。1973年全日本大学野球選手権大会ではエース田村政雄を擁し、決勝で愛知学院大を降し優勝を飾る。同年の第2回日米大学野球選手権大会日本代表に選出された。リーグ通算99試合出場、350打数99安打、打率.283、7本塁打、39打点。ベストナイン2回。1973年のドラフト1位で阪神タイガースに入団。

プロ入り当初は同期入団の掛布雅之と三塁手のレギュラーを争ったが、佐野はレギュラー争いに敗れ、1977年から外野手に転向した。このライバル関係は佐野の現役活動の基本トーンとなる。

後述する試合中のフェンス激突事故で戦線離脱を余儀なくされたが、復帰後は左翼手のレギュラーに定着し勝負強い打撃を見せる。1979年には、藤田平の故障もあって一塁手に回り、初の規定打席(11位、打率.300)に達する。翌年から外野手に戻り、1981年には制定初年度の最多勝利打点(15)のタイトルを獲得した。1985年のチームの優勝の際には6番・左翼手として活躍し、5月20日の対読売ジャイアンツ戦では5点ビハインドの場面で槙原寛己から代打満塁本塁打を放ち、逆転勝利に貢献した。そして、10月16日の対ヤクルトスワローズ戦では優勝を決定付ける同点犠飛を放った。日本シリーズでは11打数無安打と結果が出ず、第4戦に長崎啓二にスタメンの座を明け渡し、以後は出番はなかった。

佐野は、1989年の引退に際して記者に野球生活の総括を求められると掛布の名を挙げ「あいつのおかげでここまでやれた。あいつに負けたくないという気持ちがあったから必死になれた。あいつのおかげ」と言うのに終始している程である。

1989年に引退した後は育成、守備・走塁、打撃コーチ等を歴任した。1998年からは編成部スカウト(関東担当)として吉野誠狩野恵輔藤田太陽中村泰広らを担当。広い人脈を球団内外に持ち定評がある。

川崎での負傷とルール改正[編集]

1977年4月29日川崎球場での対大洋ホエールズ[2]、阪神が7-6とリードした9回裏1死1塁、左翼手の佐野は、大洋の清水透が打った大飛球をフェンスに激突しながらも好捕したが、コンクリートが剥き出しだった当時の川崎球場のフェンスで頭部を強打したために、ボールを捕球したままうずくまり、そのまま気を失った。頭蓋骨陥没骨折だった。

佐野の状態がただならぬこと(白目をむいたまま口から血の泡を吹いて痙攣していたとのこと)を察知した左翼線審の田中俊幸は捕球を確認してアウトを宣告し、担架を要請した。中堅手・池辺巌も外野から同様の合図をしたため(重傷者が出たのだから当然ボールデッドになるものと思っていた)、阪神の選手・コーチが佐野に駆け寄った。その間に、内野に残った一塁走者の野口善男がベンチの指示を受けタッチアップ、場内が騒然とする中をほぼ全力で駆け抜けて本塁に生還した(タイムが掛けられていないことをいいことに野口が目ざとく隙をうかがったともされているが、これは大きな誤りである)。当初は佐野が清水の打球を捕球した後に他の野手への返球を怠ったと判断され、佐野には捕球による刺殺と送球をしなかったとして失策が記録されていたが、後に前述の判断を下した藤森清志記録員の自らの進言により訂正がなされ[3]、記録上は1死1塁から清水の左翼への野選を伴った犠牲フライとなり、清水に打点、野口に得点が記録された。これは一塁走者が生還した犠飛として唯一の事例である。試合は7-7の同点となった。佐野はグラウンド内に乗り入れた救急車で直接病院に搬送されている。

阪神側はこれを受けて吉田義男監督が「突発事故の発生によりタイムが宣告されるケースだから得点は認められない」「他の審判団を呼び寄せたり、救急車を要請した時点でボールデッドではないか」と田中に抗議したが、審判団は「ルール上は守備側プレーヤーの負傷で、プレー中にタイムを宣告することができない」として抗議を退けた。結局、吉田は提訴試合とすることを条件に試合再開に応じ、試合は時間切れのため7-7の引き分けに終わった。

提訴を受けたセントラル・リーグ5月12日に考査委員会を開き、「この件は規則に定められた突発事故に当たらない」として、阪神の提訴は取り下げられた。

  • 公認野球規則5.10 (c)(当時)には「突発事故によりプレーヤーがプレイできなくなるか、あるいは審判員がその職務を果たせなくなった場合(球審は"タイム"を宣告しなければならない)」とある。しかし同時に、同5.10 (h) に「審判員はプレイの進行中に、"タイム"を宣告してはならない。ただし、本条 (b) 項、 または (c) 項の〔付記〕に該当するときは、この限りではない」となっている。
  • (b) 項はナイトゲームにおける照明の故障に関するものである。(c) 項の〔付記〕は「プレイングフィールド外への本塁打、または死球の場合のように、一個またはそれ以上の安全進塁権が認められた場合、走者が不慮の事故のために、その安全進塁権を行使することが出来なくなったときは、その場から控えのプレーヤーに代走させる事ができる」という、攻撃側の突発事故を想定したものとなっている。
  • つまり野球規則上では、佐野の負傷のような守備側の突発事故は、審判がタイムをかけられる状況には当たらず、タイムを宣告しなかったのは規則に照らして正しい処置だった、と結論づけられた。

なお、上記の考査委員会と同日に両リーグの実行委員会が開かれ、この事故を教訓としてセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグは、全12球団の本拠地球場のフェンスにラバーを張るように指示し、以後全ての球場にラバーが張られるようになった。また、佐野の事故を受けて8月1日日本野球規則委員会が開かれ、試合中に選手の生命に関わる負傷が生じた場合は、審判員はタイムを宣告できるとする条文が細則に追加された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 阪神 61 152 143 9 34 3 1 2 45 11 0 0 0 1 8 0 0 25 4 .238 .276 .315 .591
1975 82 198 179 10 36 7 0 6 61 16 0 2 0 2 16 4 1 36 8 .201 .268 .341 .608
1976 71 126 112 12 27 4 0 4 43 11 1 0 0 2 11 1 1 20 2 .241 .310 .384 .693
1977 67 228 203 23 62 9 0 8 95 21 2 1 1 0 22 2 2 36 9 .305 .379 .468 .847
1978 104 323 288 22 65 14 1 8 105 34 0 2 3 3 27 2 2 32 12 .226 .294 .365 .658
1979 123 447 413 42 124 18 4 10 180 52 2 3 1 1 31 2 1 41 9 .300 .350 .436 .786
1980 129 519 462 52 124 18 2 15 191 58 6 8 1 6 49 4 1 41 7 .268 .336 .413 .749
1981 127 508 466 59 138 14 0 11 185 48 5 7 6 4 31 2 1 29 6 .296 .339 .397 .736
1982 130 542 495 56 134 13 2 15 196 65 10 1 5 8 32 3 2 49 10 .271 .313 .396 .709
1983 130 542 495 51 138 21 0 13 198 64 8 8 2 6 35 2 4 33 10 .279 .328 .400 .728
1984 125 517 475 61 145 17 1 15 209 50 7 3 1 7 33 2 1 32 16 .305 .347 .440 .787
1985 120 413 375 38 108 18 1 13 167 60 1 0 1 9 26 0 2 27 9 .288 .330 .445 .775
1986 107 361 332 36 89 10 1 14 143 35 1 1 1 3 24 4 1 21 10 .268 .317 .431 .747
1987 100 316 300 20 72 5 0 10 107 33 2 0 0 1 15 0 0 29 11 .240 .275 .357 .632
1988 54 70 65 0 16 0 0 0 16 6 0 0 0 0 5 2 0 10 1 .246 .300 .246 .546
1989 19 24 23 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .174 .208 .174 .382
通算:16年 1549 5286 4826 491 1316 171 13 144 1945 564 45 36 22 53 366 30 19 452 124 .273 .323 .403 .726
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1983年9月17日、対広島東洋カープ20回戦(阪神甲子園球場)、3番・左翼手として先発出場 ※史上239人目
  • 100本塁打:1984年7月16日、対広島東洋カープ16回戦(広島市民球場)、8回表に白武佳久からソロ ※史上133人目
  • 1000本安打:1984年8月22日、対中日ドラゴンズ19回戦(ナゴヤ球場)、1回表に都裕次郎から ※史上136人目
  • 1500試合出場:1988年6月13日、対読売ジャイアンツ9回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に金森栄時の代打として出場 ※史上87人目

背番号[編集]

  • 9 (1974年 - 1989年)
  • 86 (1990年、1994年 - 1997年)

出典[編集]

  1. ^ 小豆畑(西濃運輸)阪神入団 4位指名「レギュラー狙う」 岐阜新聞 2012年11月20日11:25配信 2013年2月6日閲覧
  2. ^ この試合はデーゲームであったが、テレビ神奈川が収録撮影を行なっており、佐野負傷の一部始終は夜間にテレビ放映された。
  3. ^ ~プロ野球ニュースで綴る~ プロ野球黄金時代第2回放送

関連項目[編集]

外部リンク[編集]