廣瀬純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
廣瀬 純
広島東洋カープ コーチ #75
廣瀬純75.jpg
2017/11/14 天福球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県臼杵市
生年月日 (1979-03-29) 1979年3月29日(38歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2000年 ドラフト2巡目(逆指名)
初出場 2001年3月31日
最終出場 2016年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

選手歴

コーチ歴

  • 広島東洋カープ (2018 - )
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2000年

廣瀬 純(ひろせ じゅん、1979年3月29日 - )は、大分県臼杵市出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。現役時代は広島東洋カープに所属した。

日本野球機構の一軍公式戦における連続打席出塁記録保持者。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大分県立佐伯鶴城高等学校では3年夏の第78回全国高等学校野球選手権大会で初戦敗退。

その後法政大学で3年春に六大学9人目の三冠王を獲得。4年春のリーグ戦で優勝し自身も主将を務めた。同学年のチームメイトには佐藤隆彦阿部真宏がいた。また、シドニーオリンピック野球日本代表にも選出された。

2000年11月17日に行われたプロ野球ドラフト会議広島東洋カープから2巡目で指名(逆指名)され契約。背番号は「26」。

広島時代[編集]

2001年3月31日の対中日ドラゴンズ戦でプロ入り初出場を果たし、5月22日の対横浜ベイスターズ戦において、7回裏に三浦大輔からプロ初本塁打を記録した。同年はシーズンを通して80試合に出場し、打率.286を記録した。

2002年7月18日の対阪神タイガース戦で、7回表にプロ初盗塁を記録した。しかしシーズンを通して前年の出場試合数の半分にも満たない39試合の出場にとどまり、0本塁打に終わった。打席数も少なかったが、打率は.286と前年までの数値を維持した。

2003年は前年を上回る52試合に出場し、二年ぶりの本塁打も放ったが、シーズンを通して打率.240と低調であった。

2004年はプロ入り最少となる10試合の出場に終わった。また、打率.077、安打はシーズンを通して僅か1本に終わり、全く結果を残せなかった。

2005年は43試合に出場。自己最高の打率.308を記録したが、代打(左投手時)・外野の守備固めとしての起用が多かったため、打席数は少なく、無本塁打に終わった。

2006年はシーズン中盤に一塁のレギュラーである栗原健太、外野手の嶋重宣の戦線離脱もあり、主に一塁での先発出場が多くなった。バックスイングを大きく取るバッティングフォームに改造し、パンチ力も増した。10月5日の対中日ドラゴンズ戦で、エース川上憲伸から左翼席への先制3ランに、追加点の足がかりとなるヒットを放つ活躍を見せる。また10月11日のヤクルト戦では自身初の一試合2本塁打をマークするなど、同年はプロ入り最高の成績を残し、飛躍のシーズンとなった。オフには新井貴浩と同じく最福寺護摩行を行った。

2007年は前年外野のレギュラーであった前田智徳が離脱していたこともあり、3月30日阪神タイガースとの開幕戦(京セラドーム大阪)に先発出場。チーム初安打を放ち、梵英心の犠飛でチーム初得点のホームを踏んだが、この際に左太ももを負傷。4月28日の阪神戦で守備での途中出場により一軍復帰。翌29日は6番スタメンで出場し、復帰後初打席となる第一打席で、初球をバックスクリーンへ自身初の満塁本塁打を放ち、満員の観衆の前でお立ち台に上った。同年は自己最多の7本塁打を記録した。

2008年は開幕一軍入りを果たすことができなかった。5月20日に一軍登録され、打率.400をマークするが、その後は低迷。一軍に帯同はしたものの激しい外野争いから出番が減っていき、わずか13試合の出場に留まり、7月11日に抹消された。ファームでは出番を増やすために従来の外野、一塁手に加え、三塁手の練習も行った。9月12日に再登録され、9月13日に三塁手での先発出場を果たした。

2009年は開幕一軍入りを果たし、シーズンを通してほぼ一軍に帯同。自己最多の94試合に出場し、規定打席には届かなかったが打率も.277と安定した成績を残した。しかし、左投手からの打率は.242、得点圏での打率は.213と低く終わり、翌年への課題も残った。

2010年も開幕一軍入りを果たし、開幕戦では7番・右翼手で先発出場した。その後も好調を維持し続け、ついに外野のレギュラーの座を獲得。野村謙二郎監督は前年に引退した緒方孝市の後継者として使い続けヒットも順調に量産し、前半戦の段階で自己のシーズン安打記録を更新した。故障欠場していた栗原健太の代替選手として、オールスターゲームへの初出場を果たす。また栗原が欠場した際に1試合だけ4番を任された。最終的に自身初の規定打席到達を果たし、同時に初の3割と二桁本塁打を記録。多くのカテゴリーでキャリアハイを更新する自己最高のシーズンとなり、攻守にわたってチームの要となった。

2011年は同年から導入された統一球に苦しみ、シーズンを通して僅か2本塁打にとどまり、故障の影響もあって73試合の出場に終わった。また、規定打席不足ながらリーグ最多となる14死球を記録した。

2012年は前年よりも出場機会を増やし102試合に出場したが、規定打席には届かなかった上、打率も.241と低調で、レギュラーを奪い返すまでには至らなかった。

2013年4月21日の対巨人戦の第4打席から4月26日の対中日戦(マツダ)の第4打席まで日本プロ野球新記録の15打席連続出塁。この間の成績は15打席で8打数8安打(単打6本、二塁打2本)4四球3死球[1]。翌27日の対中日戦(マツダ)の第1打席、1回2死三塁の場面での第1打席で一飛に終わり、連続出塁記録は15でストップした[2]

2014年は60試合と試合数が減り、打率.234、本塁打2と低迷した。

2015年はプロ入り以降初めて、二軍生活に終始。ウエスタン・リーグ公式戦でも、35試合の出場で、打率.240、1本塁打、3打点という成績にとどまった。

2016年は2年連続で、一軍公式戦への出場機会がなかった。ウエスタン・リーグ公式戦には、代打などで53試合に出場。打率.292、3本塁打、12打点を記録した。9月20日に球団を通じて倉義和と共に現役引退を発表した[3]。球団は本拠地最終戦(9月25日の対ヤクルト25回戦)を廣瀬・倉の引退試合とし、2人は同日付で出場選手登録された。この試合では廣瀬の長男が始球式に登場し、倉が「8番・捕手」として初回先頭打者の1打席のみ守備に就いた。交代後の1回表2死1・3塁時点で激しい雨に見舞われ、1時間20分の中断を経て降雨ノーゲーム終了。廣瀬の出場機会は無く試合後に予定されていた倉・廣瀬の引退セレモニーも延期となった。球団は廣瀬の出場選手登録を抹消せず10月1日の振替試合(公式戦最終戦)を廣瀬の引退試合とした[4]。廣瀬は先発投手黒田博樹の代打として7回裏に現役最後の打席を迎え、松岡健一から大きなレフトフライを打ち上げた。8回表からは右翼守備に就いたが、守備機会は無いまま試合終了を迎え16年間の現役生活に幕を閉じた。試合後の引退セレモニーでは「ファンの皆さんの声援が本当に頼もしかったです。そして、監督、チームメート、裏方の皆さんと野球ができて本当に楽しかったです。僕も皆さんも大好きなカープは、これからもっともっと良いチームになって、強くなっていくと思います。皆さんも一緒に、広島伝説を作っていきましょう」との言葉を残している[5]。12月2日、自由契約公示された[6]

現役引退後[編集]

2017年は、中国放送(RCCテレビ・RCCラジオ)の野球解説者にを務めた[7]

2017年オフ、広島東洋カープの一軍外野守備コーチに就任、球団からは11月6日に役職と背番号が発表された。[8]

人物[編集]

新聞の成績表や出演者名などでは常用漢字広瀬純と表記されることがある。長いモミアゲが特徴で、そのモミアゲ(チャリ)から、「チャーリー」という愛称を持つ。

死球の多さが特徴の1つで、2011年にはリーグ最多の14死球を記録した。また2013年に15打席連続出塁を記録した際も、15打席の間に3つの死球を受けている[9]

強肩で打球判断に優れた外野守備が強みで、2010年は9月までに9つの補殺を記録し、JA全農Go・Go賞9月度の「強肩賞」を受賞[10]、シーズン終了までに外野手としてリーグ最多の10補殺を記録した。

広島入団時の山本浩二は大学、大学入学時の山中正竹、広島選手時代の野村謙二郎は高校と各監督が先輩であった。

夫人はウェルストンプロモーションに所属し、広島県内でフリーアナウンサーとして、ラジオ番組などで活動している廣瀬桃子で、かつて青谷桃子名義で、TBSのバラエティ番組『ウンナンのホントコ!』で人気を博したコーナー未来日記III「3人のクリスマス」にヒロイン役として出演していた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2001 広島 80 120 105 15 30 5 0 1 38 5 0 1 0 2 7 1 6 27 2 .286 .358 .362 .720
2002 39 43 35 3 10 1 0 0 11 2 1 0 5 0 2 0 1 6 1 .286 .342 .314 .656
2003 52 53 50 4 12 3 0 2 21 7 0 0 0 0 1 0 2 11 1 .240 .283 .420 .703
2004 10 16 13 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 1 3 0 .077 .200 .077 .277
2005 43 43 39 4 12 2 0 0 14 2 0 1 0 1 2 0 1 14 1 .308 .349 .359 .708
2006 84 183 162 20 47 6 0 5 68 29 4 0 3 3 10 1 5 30 4 .290 .344 .420 .764
2007 83 177 158 21 44 7 0 7 72 15 1 1 4 0 10 0 5 25 5 .278 .341 .456 .797
2008 16 30 28 1 3 1 0 0 4 1 0 1 0 0 2 0 0 8 1 .107 .167 .143 .310
2009 94 213 195 18 54 9 1 5 80 22 1 3 4 4 7 0 3 32 3 .277 .306 .410 .716
2010 135 546 482 65 149 32 3 12 223 57 3 1 8 4 36 3 16 66 9 .309 .374 .463 .836
2011 73 276 218 24 59 4 0 2 69 27 2 0 9 6 29 3 14 36 11 .271 .382 .317 .699
2012 102 337 294 25 71 11 1 6 102 33 0 0 7 1 24 2 11 55 3 .241 .321 .347 .668
2013 106 334 274 41 74 8 1 9 111 39 7 2 4 5 43 1 8 51 6 .270 .379 .405 .784
2014 60 148 124 11 29 7 0 2 42 14 0 2 2 4 17 0 1 23 6 .234 .322 .339 .661
2016 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
NPB:15年 978 2520 2178 252 595 96 6 51 856 253 19 12 47 30 191 11 74 387 53 .273 .348 .393 .741
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


一塁 三塁 外野




































2001 - - 68 63 2 0 0 1.000
2002 - - 32 17 1 0 0 1.000
2003 - - 48 27 1 1 0 .966
2004 - - 10 8 0 0 0 1.000
2005 - - 30 12 0 1 0 .923
2006 28 164 13 1 15 .994 - 40 38 0 1 0 .974
2007 - - 69 90 2 1 0 .989
2008 - 3 0 2 1 0 .667 7 4 2 0 0 1.000
2009 - - 77 94 4 2 2 .980
2010 2 5 0 0 0 1.000 - 129 274 10 2 3 .993
2011 - - 69 130 6 1 1 .993
2012 - - 91 129 1 1 1 .992
2013 - - 92 120 5 1 2 .992
2014 - - 38 44 0 1 0 .978
2016 - - 1 0 0 0 0 .---
通算 30 169 13 1 15 .995 3 0 2 1 0 .667 801 1050 34 12 9 .989
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

その他の記録
  • オールスターゲーム出場:2回(2010年、2013年)
  • 15打席連続出塁:2013年4月21日、対読売ジャイアンツ6回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、第4打席から同年4月26日、対中日ドラゴンズ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)の第4打席 ※プロ野球記録

背番号[編集]

  • 26 (2001年 - 2016年)
  • 75 (2018年 - )

登場曲[編集]

出演[編集]

解説者[編集]

テレビ番組[編集]

  • 元就。(2016年12月4日[12]、RCCテレビ) - 温泉組
  • 開幕直前!3時間生放送スペシャル Veryカープ!RCC (2017年3月29日、RCCテレビ) - 15打席連続出塁の日本記録を持つ廣瀬純が放送時間内に33本のホームラン達成にチャレンジ!
  • 広島市広報番組『ひろしま日常劇場 ご老公様 出番ですよ』(2017年4月 - 、RCCテレビ) - ひろ助 役[13] レギュラー 毎週日曜21:54~
  • Veryカープ!祝!カープ連覇V8(2017年9月18日深夜、RCCテレビ)
  • Veryカープ!安仁屋倶楽部 ANIYA-CLUB(2017年、RCCテレビ) 部長:安仁屋宗八 部員No.8:廣瀬純

ラジオ[編集]

CM[編集]

連載[編集]

  • CARP TIMES(カープタイムズ)「廣瀬純レーザービーム」(2017年)
  • 東スポwebに寄稿(2017年)

大使[編集]

著書[編集]

  • カープはもっと強くなる (2017年4月12日、ワニブックスPLUS新書、ISBN 978-4847065873

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞2013年4月27日
  2. ^ 朝日新聞2013年4月28日
  3. ^ 広島倉と広瀬が引退 低迷期支えたベテラン今季限り日刊スポーツ2016年9月21日配信
  4. ^ 【広島】ノーゲームで広瀬の引退試合は10・1に延期スポーツ報知2016年9月25日配信
  5. ^ 広島広瀬「一緒に広島伝説を!」引退スピーチ全文日刊スポーツ2016年10月1日配信
  6. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  7. ^ 今期で引退するカープ廣瀬純選手 中国放送野球解説者に - 中国放送公式ホームページ、2016年10月3日
  8. ^ 2018年度 コーチングスタッフ発表 - 広島東洋カープ公式サイト、2018年11月6日
  9. ^ コイ「新4番」広瀬が15連続出塁日本新!”. 日刊スポーツ (2013年4月27日). 2013年8月14日閲覧。
  10. ^ 廣瀬純選手「JA全農Go・Go賞」受賞!!”. 広島東洋カープ. 2010年10月11日閲覧。
  11. ^ 2013年度 表彰選手(セントラル・リーグ)
  12. ^ RCCテレビ | 元就。 中国放送、2016年12月4日閲覧。
  13. ^ ひろしま日常劇場 ご老公様 出番ですよ│出演者.RCCテレビ.2017年4月12日閲覧。
  14. ^ カルビーが広島ご当地ポテトチップス 「汁なし担担麺」とコラボ、中四国エリア限定販売へ.広島経済新聞(2017年11月02日).2017年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]