2009年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2009年 | 2009年のスポーツ 2009年の野球(2009ねんのやきゅう)では、2009年野球における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月5日9日 - 【WBC】第2回ワールドベースボールクラシック1次リーグ東京ラウンド開催(於:東京ドーム)。A組の日本は、1回戦(5日)で中国に4-0で勝利。2回戦(7日)では、韓国に14-2で7回コールド勝ちを収め、15日から米サンディエゴで行われる2次リーグ進出を決めた。その後9日に行われた1次リーグ1位決定戦では、敗者復活戦から勝ち上がってきた韓国と再戦。しかし1-0で完封負けを喫し、1次リーグ2位通過となった。

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月20日 - 【高校】近畿地区高等学校野球連盟が新型インフルエンザの影響で23日に滋賀県立彦根球場で開幕予定だった春季近畿大会の延期を発表。
  • 5月26日 - 【高校】近畿地区高等学校野球連盟が20日に新型インフルエンザの影響で延期を発表していた春季近畿大会の中止を発表。

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月1日 - 【社会人】第80回都市対抗野球大会の決勝戦が東京ドームで行われ、狭山市Hondaが4対2で豊田市トヨタ自動車に勝利し、13年ぶり2度目の優勝達成。橋戸賞(最優秀選手賞)は、Honda・筑川利希也が受賞。
  • 9月14日 - 【独立】四国・九州アイランドリーグの高知は、投手の伊良部秀輝が、腱鞘炎で復帰が困難となり退団したことを発表[5]
  • 9月20日 - 【独立】四国・九州アイランドリーグの後期は、高知ファイティングドッグスが高知市野球場でおこなわれた香川オリーブガイナーズ(2位)との試合に4対1で勝利し、優勝が決定[6]。高知の半期優勝は、2シーズン制になってからは初めて。
  • 9月27日 - 第38回IBAFワールドカップの決勝戦はアメリカが10対5でキューバに勝利し、2年連続4度目の優勝達成。

10月[編集]

  • 10月3日 - 【独立】四国・九州アイランドリーグのリーグチャンピオンシップ第3戦は、後期優勝の高知が前期優勝の長崎に3対1で勝利して対戦成績を3勝0敗とし、年間総合優勝を達成[7]。高知の優勝は、1シーズン制だった2005年(リーグ初年度)以来4年ぶり2回目。
  • 10月24日 - 【KBO】韓国シリーズの第7戦が行われ、起亜タイガースSKワイバーンズに6対5でサヨナラ勝利し、4勝3敗で前身のヘテ時代以来12年ぶりの優勝達成。
  • 10月24日 - 【台湾】中華職業棒球大聯盟の台湾シリーズ第7戦で統一セブンイレブン・ライオンズ兄弟エレファンツに5対2で勝利し、3年連続7度目の優勝達成。

11月[編集]

12月[編集]

  • 12月6日 - プロ野球マスターズリーグのオールイースタンvsオールウエスタン』がひたちなか市民球場で行われ、4対4の引き分け。
  • 12月27日 - 「NPB 12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2009」大会の決勝トーナメントが札幌ドームで行われ、決勝戦で福岡ソフトバンクホークスジュニアチームが読売ジャイアンツジュニアチームに4対2で勝利し、初優勝達成。

競技結果[編集]

国際大会[編集]

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

順位 チーム
1 日本の旗 日本 7 2
2 大韓民国の旗 大韓民国 6 3
ベスト4
準決勝
敗退
ベネズエラの旗 ベネズエラ 6 2
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4 4
第2ラウンド敗退
敗者復活
2回戦
敗退
プエルトリコの旗 プエルトリコ 4 2
キューバの旗 キューバ 4 2
敗者復活
1回戦
敗退
オランダの旗 オランダ 2 4
メキシコの旗 メキシコ 2 4
第1ラウンド敗退
敗者復活
2回戦
敗退
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 1 2
イタリアの旗 イタリア 1 2
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 1 2
オーストラリアの旗 オーストラリア 1 2
敗者復活
1回戦
敗退
カナダの旗 カナダ 0 2
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 0 2
パナマの旗 パナマ 0 2
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 0 2

第25回アジア野球選手権大会[編集]

7月27日8月3日、成田・円山、日本の成績のみ記述)

  • 1次ラウンド
第1戦(7月27日) 日本 12-0 フィリピン (7回コールド)
第2戦(7月28日) 日本 12-0 タイ (7回コールド)
第3戦(7月29日) 日本 13-0 インドネシア (7回コールド)
3戦全勝で第2ラウンド進出
  • 2次ラウンド
第1戦(8月1日) 日本 4-0 中国
第2戦(8月2日) 日本 6-5 チャイニーズ・タイペイ (延長10回)
第3戦(8月3日) 日本 7-1 韓国
3戦全勝で優勝(4大会連続17回目)

第38回IBAFワールドカップ[編集]

9月9日9月27日(現地時間)、ヨーロッパ各地、日本の成績のみ記述)

  • 1次ラウンドD組(9月10日~12日、クロアチア・ザグレブ)
第1戦(9月10日) 日本 9-7 イギリス
第2戦(9月11日) 日本 13-3 クロアチア (7回コールド)
第3戦(9月12日) 日本 4-8 ニカラグア
2勝1敗でラウンド2位、2次ラウンド進出
  • 2次ラウンド(9月13日~20日、イタリア各地)
第1戦(9月13日) 日本 9-3 メキシコ
第2戦(9月15日) 日本 2-4 アメリカ
第3戦(9月16日) 日本 1-3 チャイニーズ・タイペイ (延長10回タイブレーク)
第4戦(9月17日) 日本 2-3 カナダ (延長11回タイブレーク)
第5戦(9月18日) 日本 4-6 イタリア
第6戦(9月19日) 日本 0-5 オーストラリア
第7戦(9月20日) 日本 10-1 オランダ領アンティル
2勝5敗でラウンド5位(全体で10位)、3次ラウンド進出できず敗退決定

韓国プロ野球(KBO)[編集]

ペナントレース[編集]

順位 球団 勝率
優勝 起亜 81 48 4 .609 -
2位 SK 80 47 6 .602 1
3位 斗山 71 60 2 .534 10
4位 ロッテ 66 67 0 .496 15
5位 三星 64 69 0 .481 17
6位 ヒーローズ 60 72 1 .451 21
7位 LG 54 75 4 .406 27
8位 ハンファ 46 84 3 .346 35

勝率は勝利数÷試合数(引き分けは負けと同じ扱い)で計算。

ポストシーズン[編集]

  • 準プレーオフ
日付 ホーム 結果 ビジター 球場
第1戦 9月29日 斗山 2-7 ロッテ 蚕室
第2戦 9月30日 斗山 6-0 ロッテ 蚕室
第3戦 10月2日 ロッテ 3-12 斗山 社稷
第4戦 10月3日 ロッテ 5-9 斗山 社稷

斗山が3勝1敗で勝ち抜け。

  • プレーオフ
日付 ホーム 結果 ビジター 球場
第1戦 10月7日 SK 2-3 斗山 文鶴
第2戦 10月8日 SK 1-4 斗山 文鶴
第3戦 10月10日 斗山 1-3 SK 蚕室
第4戦 10月11日 斗山 3-8 SK 蚕室
第5戦 10月14日 SK 14-3 斗山 文鶴

10月13日の試合は2回降雨ノーゲーム。SKが3勝2敗で勝ち抜け3年連続の韓国シリーズ進出。

韓国シリーズ[編集]

日付 ホーム 結果 ビジター 球場
第1戦 10月16日 起亜 5-3 SK 光州
第2戦 10月17日 起亜 2-1 SK 光州
第3戦 10月19日 SK 11-6 起亜 文鶴
第4戦 10月20日 SK 4-3 起亜 文鶴
第5戦 10月22日 起亜 3-0 SK 蚕室
第6戦 10月23日 SK 3-2 起亜 蚕室
第7戦 10月24日 起亜 6-5 SK 蚕室

台湾プロ野球(CPBL)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

前期 後期 年間
順位 球団 勝率 順位 球団 勝率 順位 球団 勝率
優勝 統一 34 24 2 .586 - 優勝 兄弟 33 25 2 .569 - 1位 統一 63 54 3 .538 -
2位 La New 33 26 1 .559 1.5 2位 統一 29 30 1 .492 4.5 2位 La New 61 58 1 .513 3
3位 興農 29 29 2 .500 5 3位 興農 28 31 1 .475 5.5 3位 興農 57 60 3 .487 6
4位 兄弟 21 38 1 .356 13.5 4位 La New 28 32 0 .467 6 4位 兄弟 54 63 3 .462 9

台湾シリーズ[編集]

日付 ホーム 結果 ビジター 球場
第1戦 10月17日 統一 5-4 兄弟 台南
第2戦 10月18日 統一 6-3 兄弟 斗六
第3戦 10月20日 兄弟 5-4 統一 澄清湖
第4戦 10月21日 兄弟 5-11 統一 中洲
第5戦 10月22日 兄弟 5-4 統一 新荘
第6戦 10月24日 統一 4-5 兄弟 台南
第7戦 10月25日 統一 5-2 兄弟 台南

中国プロ野球(CBL)[編集]

西北地区 東南地区
順位 球団 勝率 順位 球団 勝率
1位 北京タイガース 6 2 .750 - 1位 広東レパーズ 7 2 .778 -
2位 天津ライオンズ 5 3 .625 1.0 2位 上海ゴールデンイーグルス 6 3 .667 1.0
3位 四川ドラゴンズ 1 7 .125 4.0 3位 江蘇ホープスターズ 4 5 .444 2.0
4位 河南エレファンツ 1 8 .111 3.0
  • セミファイナル(天津ドジャースタジアム)
  • 天津ライオンズ 5-6 広東レオパーズ
  • 北京タイガース 不明 上海ゴールデンイーグルス
  • 中国シリーズ
  • 北京タイガース 7-1 広東レオパーズ

独立リーグ(日本)[編集]

四国・九州アイランドリーグ[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 長崎セインツ 22 12 6 .647 - 高知ファイティングドッグス 22 12 6 .647 -
2位 香川オリーブガイナーズ 21 16 3 .568 2.5 香川オリーブガイナーズ 20 15 5 .571 2.5
3位 愛媛マンダリンパイレーツ 16 14 10 .533 1.5 福岡レッドワーブラーズ 20 18 2 .526 1.5
4位 福岡レッドワーブラーズ 15 18 7 .455 2.5 長崎セインツ 17 17 8 .500 2.5
5位 高知ファイティングドッグス 17 21 2 .447 0.5 愛媛マンダリンパイレーツ 15 21 4 .417 0.5
6位 徳島インディゴソックス 13 23 4 .361 3.0 徳島インディゴソックス 12 23 5 .343 2.5
リーグチャンピオンシップ[編集]
第1戦 高知 5-1 長崎
第2戦 高知 8-4 長崎
第3戦 高知 3-1 長崎
  • (高知は4年ぶり2回目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

上信越地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 20 14 2 .558 - 群馬ダイヤモンドペガサス 22 13 1 .600 -
2位 新潟アルビレックスBC 15 19 2 .441 5.0 新潟アルビレックスBC 18 17 1 .514 4.0
3位 信濃グランセローズ 14 19 3 .424 5.5 信濃グランセローズ 13 21 2 .382 8.5
北陸地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 石川ミリオンスターズ 21 13 2 .618 - 石川ミリオンスターズ 21 14 1 .600 -
2位 富山サンダーバーズ 21 13 2 .618 - 富山サンダーバーズ 17 18 1 .486 4.0
3位 福井ミラクルエレファンツ 10 23 3 .303 10.5 福井ミラクルエレファンツ 13 21 2 .382 7.5
※前期の石川と富山は同勝率。直接対戦成績の優劣により、石川が優勝。
プレーオフシリーズ[編集]
上信越地区藤岡伊勢崎
第1戦 群馬 3-3 新潟
第2戦 群馬 7-1 新潟
  • (群馬は前後期優勝のため、1勝でリーグチャンピオンシップに進出)
北陸地区石川県立
第1戦 富山 14-1 石川
第2戦 富山 6-3 石川
第3戦 石川 5-4 富山
  • (石川は前後期優勝のため、1勝でリーグチャンピオンシップに進出)
リーグチャンピオンシップ前橋、伊勢崎、石川県立)
第1戦 群馬 3-2 石川
第2戦 石川 2-0 群馬
第3戦 群馬 5-4 石川
第4戦 群馬 5-1 石川
  • (群馬は初の総合優勝)

グランドチャンピオンシップ[編集]

第1戦 高知 6- 2 群馬(10月24日、藤岡)
第2戦 高知 3 - 1 群馬(10月25日上毛新聞敷島
第3戦 群馬 7 - 5 高知(10月31日、高知球場)
第4戦 群馬 2 - 1 高知(11月2日、高知球場)
第5戦 高知 2 - 1 群馬(11月3日、高知球場)
  • (高知は初優勝)

関西独立リーグ[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 大阪ゴールドビリケーンズ 19 15 2 .559 - 大阪ゴールドビリケーンズ 22 12 2 .647 -
2位 神戸9クルーズ 16 14 6 .533 1.0 明石レッドソルジャーズ 18 16 2 .529 4.0
3位 紀州レンジャーズ 17 17 2 .500 2.0 神戸9クルーズ 14 19 3 .424 7.5
4位 明石レッドソルジャーズ 14 20 2 .412 5.0 紀州レンジャーズ 13 20 3 .394 8.5
  • チャンピオンシップは大阪が前後期優勝のため実施せず。

社会人野球[編集]

大学野球[編集]

決勝 法大東京六大学4-1 富士大北東北
(法大は3年ぶり8回目の優勝)
決勝 立正大東都2-0 上武大(関東第1・関甲新学生
(立正大は初優勝)

高校野球[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原監督、3度舞った! スポーツニッポン 2009年3月24日閲覧[リンク切れ]
  2. ^ ドミンゴ投手FD入団 中日、楽天などで30勝 - 高知新聞2009年4月7日[リンク切れ]
  3. ^ 長崎前期初V、香川敗れる - 四国新聞2009年6月22日
  4. ^ 伊良部、FD入団決定 - 高知新聞2009年8月9日[リンク切れ]
  5. ^ 伊良部右手故障でFD退団 - 高知新聞2009年9月15日[リンク切れ]
  6. ^ 高知FD 後期優勝 - 高知新聞2009年9月21日
  7. ^ FD4年ぶり年間王者 - 高知新聞2009年10月4日
  8. ^ 高知FD 初の日本一 - 高知新聞2009年11月4日
  9. ^ 『阪神タイガース栄光の75年史』ベースボール・マガジン社、2010年の写真名鑑より