坂倉将吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂倉 将吾
広島東洋カープ #61
Sakakura-shogo.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県印旛郡酒々井町
生年月日 (1998-05-29) 1998年5月29日(21歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
初出場 2017年9月23日
年俸 700万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

坂倉 将吾(さかくら しょうご、1998年5月29日 - )は、広島東洋カープに所属する千葉県印旛郡酒々井町出身のプロ野球選手捕手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

打席での坂倉(2017年7月28日 ウエスタンリーグにて)

酒々井町立酒々井小学校時代には、1年時から酒々井ビッグアローズに所属。当初は捕手だったが、5年時に投手へ転向すると、6年時に千葉県大会へ出場した[2]

酒々井町立酒々井中学校への進学後は、八千代中央シニアに所属しながら捕手へ復帰。中学3年の春には、八千代中央シニアの正捕手として、シニアリーグの全国大会で優勝を経験した。

日本大学第三高等学校(日大三高)への進学後は、持ち前の強肩を生かすべく、1年時に外野手としてプレー。秋から4番打者としてレギュラーに定着したが、2年時の秋から正捕手になった[2]。在学中は春夏とも甲子園球場の全国大会へ出場できなかったが、対外試合では通算で25本塁打をマーク。2年時夏の選手権西東京大会準々決勝では、神宮球場のバックスクリーンを直撃する本塁打を放っている。

2016年のNPBドラフト会議で、広島東洋カープから4巡目で指名。契約金3,500万円、年俸500万円(年俸は推定)という条件で入団した。背番号は61

プロ入り後[編集]

2017年には、ウエスタン・リーグ公式戦99試合へ出場するとともに、リーグの最終規定打席へ到達。本塁打は1本にとどまったが、チームメイトのアレハンドロ・メヒアに次いでリーグ2位の打率.298を記録した。また、7月13日静岡県草薙総合運動場硬式野球場で催されたフレッシュオールスターゲームにも、同リーグ選抜の捕手として途中で出場[3]9月23日の対読売ジャイアンツ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)8回裏に代打で一軍公式戦へのデビューを果たすと、同月30日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、延長10回表の打席で一軍公式戦初安打・初打点を田中健二朗からの適時2点打で記録した。広島の高卒新人捕手が一軍公式戦で安打を放った事例は、1965年衣笠祥雄(当時は捕手で登録)以来2人目である[4]。一軍公式戦への出場は3試合にとどまったが、二軍のリーグ優勝で臨んだ10月7日ファーム日本選手権KIRISHIMAサンマリンスタジアム)では、同期入団の高卒左投手・高橋昂也とのバッテリーでフル出場。読売ジャイアンツ(巨人)打線を2点に抑える一方で、二軍チームを史上初の日本一達成に導く3点本塁打を放つ活躍で、MVPを受賞した[5]。さらに、シーズン終了後には、ウエスタン・リーグを代表して「ビッグホープ賞」(ベースボールマガジン社選定)を受賞している[2]

2018年には、ウエスタン・リーグ公式戦58試合に出場。最終規定打席には到達しなかったものの、打率.329、4本塁打という好成績を残したほか、7月12日弘前市はるか夢球場で催されたフレッシュオールスターゲームでは同リーグ選抜の「5番・指名打者」としてフル出場を果たした[6]。一軍公式戦にも代打を中心に9試合へ出場したが、打率は.125で、後半戦は一軍から遠ざかった。 シーズン終了後の秋季キャンプでは、「3番・中堅手」としてこの年のセントラル・リーグ優勝に大きく貢献した丸佳浩国内FA権を行使したことを踏まえて、外野の守備練習も再開している[7]

2019年には、丸が上記の事情で巨人へ移籍したことを背景に、丸と同じ左打者として一軍の3番打者候補の1人に浮上。捕手としての登録を続けながらも、春季キャンプからは、外野手としての実戦経験も積んでいる[8]

選手としての特徴[編集]

出塁時の坂倉(2019年3月12日マツダスタジアムにて)
出塁時の坂倉(2019年3月12日マツダスタジアムにて)

広島OBの前田智徳を彷彿とさせる高い打撃センス[9]、捕手の域を超える長打力、手動計測ながら50m走で最速6秒3を記録したほどの俊足の持ち主[2]。捕手としては、キャッチングのうまさ、投手の良さを引き出す配球、観察眼に定評がある。さらに、高校2年時の夏まで捕手以外のポジションも経験したことから、試合の流れを読む能力も高い[2]。広島との入団交渉で仮契約を結んだ際には、交渉へ同席した苑田聡彦スカウト統括部長に、「スカウト歴40年で坂倉のような高校生捕手を初めて見た」と言わしめた[10]。もっとも、入団2年目(2018年)の秋季キャンプから外野の守備練習も再開したのは、長打力への高い評価や複数ポジションでの起用構想にもよる[7]

人物[編集]

少年時代は、地元の千葉県に本拠地を置く千葉ロッテマリーンズのファンだった。憧れの選手には当時の正捕手で「(観に行った試合で)よくホームラン打ってくれた」と言う里崎智也を挙げている[11]

高校への進学に際しては、出身地の千葉県内にとどまらず、県外の野球強豪校からも勧誘を受けた。合計で30校近くの高校から勧誘されたが、結局、東京都内にある日大三高への進学を決めた。坂倉は、この決断について、広島への入団後に「3年間寮で生活しながら、野球だけではなく人間力も磨きたかった」と語っている[12]

広島との仮契約後の記者会見で、チームOBの前田健太ロサンゼルス・ドジャース)に笑顔が似ていることを報道陣から指摘された。坂倉自身はその場で否定しながらも、かねてから「マエケン(前田健太)似」と言われていたことを明かした[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 広島 3 4 4 0 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .250 .250 .250 .500
2018 9 9 8 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .125 .222 .250 .472
NPB:2年 12 13 12 1 2 1 0 0 3 3 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .167 .231 .250 .481
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手






















2017 広島 1 2 1 0 0 1.000 0 - - - -
2018 5 3 0 0 0 1.000 1 1 1 0 .000
通算 6 5 1 0 0 1.000 1 1 1 0 .000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 61(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2019年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e 広島東洋カープ 坂倉将吾週刊ベースボールONLINE
  3. ^ 2017年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果NPB日本野球機構
  4. ^ 広島の高卒捕手坂倉、初出場初安打なら衣笠祥雄以来 日刊スポーツ 2017年9月21日
  5. ^ 2017年度ファーム日本選手権 試合結果NPB日本野球機構
  6. ^ 2018年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果NPB日本野球機構
  7. ^ a b 【広島】緒方監督、西川・メヒア・坂倉の外野挑戦に手応え スポーツ報知 2018年11月21日付記事
  8. ^ 広島坂倉「ポスト丸」名乗り3番左翼で攻守に存在感 日刊スポーツ 2019年2月23日付記事
  9. ^ 抜群のセンス 広島坂倉捕手は前田智徳級の逸材だ 日刊スポーツ 2017年6月21日付記事
  10. ^ ドラフト4位・坂倉将吾が仮契約「打てる捕手」誓う 契約金3500万円 デイリースポーツ 2016年11月13日付記事
  11. ^ 広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』(2017年9月9日放送回)のインタビューにて発言 http://home-tv.co.jp/frontdoor/sp/2017/0909.php
  12. ^ 坂倉将吾(日大三高・捕手) 甲子園と侍ジャパンを目指す不屈の司令塔 週刊ベースボールONLINE 2016年7月11日付記事
  13. ^ 広島ドラ4坂倉の笑顔に注目 母“公認”マエケン似 日刊スポーツ 2016年11月14日付記事

関連項目[編集]

外部リンク[編集]