中村奨成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 奨成
広島東洋カープ #22
Nakamura-shosei22(carp).jpg
2018年4月13日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県廿日市市
生年月日 (1999-06-06) 1999年6月6日(19歳)
身長
体重
181 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2017年 ドラフト1位
年俸 800万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 奨成(なかむら しょうせい、1999年6月6日 - )は、広島県廿日市市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。広島東洋カープ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年から少年野球クラブ「大野友星」で野球を始め[2]、3年から捕手に転向[3]廿日市市立大野東中学校3年時には軟式野球のチーム「大野シニアベースボールクラブ」のメンバーとして、広島県でベスト8に入る[2][3]。広陵高校では1年春の広島県大会で背番号「20」ながらレギュラーとなり、同年夏から背番号「2」を付ける[3]

2017年の夏の甲子園で、1985年から清原和博が保持していた一大会における最多本塁打記録である5本塁打を6本塁打に更新し[3]、塁打、打点の記録も更新、安打の記録に並び[4]、チームも10年ぶり4度目の準優勝[5]。高校通算45本塁打[2]

この決勝戦後、プロ志望届を提出する意向を示し[2]、10月26日のドラフト会議広島中日が1位指名した末に、地元広島が交渉権を獲得する[6]。高校生捕手が1回目の入札で競合したのはNPBドラフト史上初である[7]。11月22日に仮契約、背番号は「22[8]

プロ入り後[編集]

2018年2月8日 東光寺球場での春季キャンプにて

2018年は一軍出場がなく、二軍で83試合に出場、打率.201、4本塁打、16打点で、現状維持の推定年俸800万円で更改した[9]

プレースタイル[編集]

広島の苑田聡彦スカウト総括部長は中村について、「捕手でもそうだけど、三塁手になったら日本一の選手になれる。左にも右にも打てる」と評した[10]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 22 (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 原田遼太郎 (2017年8月24日). “広陵・中村、プロ表明!号泣準V悔しさ糧に「球界代表する捕手になりたい」”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20170824/hig17082405070003-n1.html?pdm_ref=gpc 2017年8月24日閲覧。 
  3. ^ a b c d “広陵・中村奨成、32年前の清原超え1大会6本塁打”. 日刊スポーツ. (2017年8月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1875016.html 2017年8月23日閲覧。 
  4. ^ “広陵・中村が今大会通算19安打、水口の最多記録に並ぶ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月23日). オリジナル2017年8月23日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170823085824/http://www.asahi.com/koshien/articles/ASK8R4RLZK8RPTQP00Y.html 2017年8月23日閲覧。 
  5. ^ “広陵また準優勝…中村奨成は大会タイ19安打も涙”. 日刊スポーツ. (2017年8月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1876436.html 2017年8月23日閲覧。 
  6. ^ “緒方監督「うちにピッタリ」広陵・中村の交渉権”. 日刊スポーツ. (2017年10月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710260000594.html 2017年10月26日閲覧。 
  7. ^ 広陵・中村奨成は広島、中日の競合 高校捕手史上初
  8. ^ 来季の背番号変更選手 および 新入団選手背番号のお知らせ
  9. ^ 広島中村奨成は現状維持、2軍で打てず「悔しい」 - プロ野球. 日刊スポーツ (2018年11月13日). 2018年12月9日閲覧。
  10. ^ “広島のドラフト1位候補、中村奨成と清宮幸太郎”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月19日). オリジナル2017年8月23日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170823235642/http://www.asahi.com/koshien/articles/ASK8M42R4K8MPTQP01T.html 2017年8月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]