秋広優人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋広 優人
読売ジャイアンツ #68
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 (2002-09-17) 2002年9月17日(18歳)
身長
体重
202 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2020年 ドラフト5位
年俸 540万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

秋広 優人(あきひろ ゆうと、2002年9月17日 - )は、千葉県船橋市出身のプロ野球選手[2][3]内野手)。読売ジャイアンツ所属。右投左打[2]

経歴[編集]

幼稚園の年中から軟式野球を始める。船橋市立宮本中学校では「江戸川ボーイズ」に所属して内野手。二松學舍大学附属高等学校では2年秋から投手も兼ねる。高校通算23本塁打[2] [4]

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツから5巡目で指名され、11月22日に契約金3,500万円、年俸540万円で仮契約した[2][1]。背番号は68

選手としての特徴[編集]

日本人選手としては馬場正平、同期入団の阿部剣友と並んで歴代最長身。

投打において高く評価されており、投手として最速144km/h、打者としても高校通算23本塁打を放った[2]が、巨人は大型三塁手として育成する方針であり、内野手として選手登録された[5]

人物[編集]

身長は小学校卒業時で180cm、中学校卒業時で198cmだった。遺伝ではなく、父は172cm、母は165cmで決して大きくない[6]

足のサイズは32cmで、スパイクは特注。高校入学後、アシックスの工場に出向き、オーダーメイドで作ってもらった。

高校時代の体育の授業では、バスケットボールのリングに軽く跳べば届くため、秋広とバスケ部はシュートを決めても1点だった[7]

3歳上の兄・秋広涼太も野球選手で、小学校時代にWBSC U-12ワールドカップ日本代表に選ばれ、二松学舎大付で6番・一塁手として第99回全国選手権に出場。高校卒業後は中央学院大学に進み内野手としてプレーしている。身長は185cmで、高校時代に中学生だった弟・優人に抜き去られている[8]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 68 (2021年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]