SixTONES

拡張半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SixTONES
公式写真(2022年撮影)
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP[1]
活動期間 2015年5月1日[2] -
レーベル ソニー・ミュージックレーベルズ[注 1]
事務所 ジャニーズ事務所SMILE-UP.(2015年 - 2024年)
STARTO ENTERTAINMENT(2024年 - )
公式サイト SixTONES Official web site
SixTONES|STARTO ENTERTAINMENT
メンバー
SixTONES
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年 -
ジャンル
登録者数 224万人
総再生回数 18億1325万2898回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年3月11日時点。
テンプレートを表示

SixTONES(ストーンズ[2])は、日本の6人組男性アイドルグループ。所属事務所STARTO ENTERTAINMENT、所属レーベルソニー・ミュージックレーベルズ[注 1]。2015年5月結成。2020年1月22日、シングルImitation Rain/D.D.」でCDデビュー

メンバー

特記がない限り、出典は公式サイトの「Profile」[5][6]

名前 生年月日 出身地 血液型 身長[7] メンバーカラー[8][9] リーダー歴
ジェシー (1996-06-11) 1996年6月11日(27歳) 東京都 O型 184cm     2024年[10]
京本 大我
(きょうもと たいが)
(1994-12-03) 1994年12月3日(29歳) 東京都 B型 174cm     ピンク
松村 北斗
(まつむら ほくと)
(1995-06-18) 1995年6月18日(28歳) 静岡県 B型 177cm     2021年[11]
髙地 優吾
(こうち ゆうご)
3月8日(年齢非公開) 神奈川県 A型 175cm     2020年[12]・2022年[13]
森本 慎太郎
(もりもと しんたろう)
(1997-07-15) 1997年7月15日(26歳) 神奈川県 A型 175cm     2023年[14]
田中 樹
(たなか じゅり)
(1995-06-15) 1995年6月15日(28歳) 千葉県 B型 175cm    

グループについて

グループ名の由来

ジャニー喜多川により命名されたグループ名「SixTONES」には、次の3つの意味が込められている[15][16]

  1. その読み方から「原石」
  2. "ド" を抜いた "レミファソラシ" の6音のように "6人それぞれの個性を出せるように"「音域」[17]
  3. "TONE" から「音の6原色」[18]

当初は、「シックストーンズ」という読み方だったが[19]、グループ名発表の翌日に、ジャニー喜多川が「(グループ名が)長いよ。僕がつけた名前を略されるのも嫌だ」と主張をし始め、小文字の "ix" を抜いた大文字だけを読んだ「ストーンズ」に呼称が変更された[20][21]

グループ結成まで

Sexy Zoneがデビューした2011年冬、A.B.C-ZHey! Say! JUMPのコンサートバックジュニアとして活動[22][23]

2012年2月、A.B.C-Z初演作『ABC座』出演期間中に6人が呼び出され[24][25]日本テレビ深夜ドラマ枠『私立バカレア高校』への起用が告げられる。以後、6人は「バカレア組」と呼ばれるようになる。深夜枠にもかかわらず、平均視聴率2.8パーセントと高視聴率を記録し[26]映画化が決定。10月13日、『劇場版 私立バカレア高校』が公開された[27]。また、この時期に6人でジャニー喜多川に直談判し[28]、「Johnny's Jr. Johnny's Dome Theatre 〜SUMMARY〜」を開催[29]。年末に開催された「フレッシュジャニーズJr. IN 横浜アリーナ」では、スクリーンに『私立バカレア高校』の映像が流され、主題歌Shake It Up」を披露[30]

翌年2013年1月放送の『ザ少年倶楽部』にて、6人での「SIX SENSES」が放送されるが[31]、翌月の放送では、ジェシー・松村の2人と、京本・髙地・森本・田中の4人に分かれての出演となり[32]、その出演を最後に同番組内で6人が揃ってパフォーマンスを披露することがなくなる。同年春の「Live House ジャニーズ銀座[33]で、再び6人での出演が発表されるが、突然、ジェシー・松村の2人と、京本・髙地・森本・田中の4人に分かれての出演が発表され[34]、その後も6人が揃うことはほぼなくなった。

翌年2014年の「ジャニーズ銀座2014」で、ジェシーと他5人に分かれての出演だったが[35]、同時期に開催された「ガムシャラ J's party!! vol.4」では、6人が1年半ぶりに再集結し、「Shake It Up」を披露[36]。しかし、同年10月発売の『Myojo』11月号掲載の松村と京本の対談内で「同じステージに立っているのにしっくりこなくて…」「この公演をキッカケにバカレアへの未練はなくなった」と、当時の複雑な心境を語っている[34]。ところが、同誌発売の翌月、年末に開催される「ガムシャラ J's party!! vol.6」の出演メンバーに、岩橋玄樹神宮寺勇太岸優太らと共に6人揃っての出演が発表された[37]。2015年発売の同誌3月号では「バカレア組」の文字が同コンサートのレポート内で掲載され[38]、さらに『Duet』2月号では、同コンサート本番前夜の6人への取材レポートが掲載された[39]

2015年1月放送の『ザ少年倶楽部』では、2年ぶりに6人で「HELL, NO」を披露[40]。同年4月開催の「ジャニーズ銀座2015」では、舞台『エリザベート』と日程が重なったため、京本を除く5人での出演が発表されるが[41]、初日より京本が飛び入り参加[42][43] 。公演2日目の5月1日昼の部にて、6人よりグループ結成と新ユニット名が発表された[42]

再結成当時、森本と京本は事務所を辞めることも考え、田中は高校卒業後の進路に悩み、それぞれが現状に対し思い詰め、停滞時期を迎えていた[44]。久しぶりの6人での撮影後、ジェシーが一緒に帰っていた髙地に「やっぱり6人でやりたい、みんなを集めてくれないか」と頼み、後日、6人でジャニー喜多川に「1曲だけでいい、6人でやりたい」とかけ合ったのち、グループ結成に至った[45]

年次リーダー

当初は、あえてリーダーを決めていなかったが、2020年1月11日放送『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)にて、大野智の提案により突如、その場でリーダーを決めることになり、メンバー内で多数決を行った結果、髙地が初代リーダーに決定[注 2]。翌年は、「年を越して1発目にみんなでじゃんけんをして、『勝ったやつ運良いよね。そいつに引っ張ってもらおう』」との理由から[46]、2021年リーダーが松村に決定する。以降も毎年じゃんけんを行い、その年のリーダーをじゃんけんによって決定している[14][47]

来歴

ジャニーズJr.時代

2015年5月1日開催の「ジャニーズ銀座2015」昼公演にて、SixTONESの結成を発表[42][48]。9月には、舞台少年たち 世界の夢が・・・戦争を知らない子供達』で、Snow Manと共に初主演を果たす[49]。以降、5年間にわたり『少年たち』の共主演を務める。

2018年3月21日に開設されたジャニーズJr.の公式YouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」で金曜日を担当する[50]。10月には、YouTubeが世界各地で展開している「YouTubeアーティストプロモキャンペーン」に抜擢され[注 3]、同月29日には、「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」のキャッチコピーと共に、東京・JR品川駅構内をはじめ都内各所でポスターが掲出された[53]。また、11月5日に滝沢秀明プロデュースの「JAPONICA STYLE」のミュージックビデオをジャニーズJr.チャンネルで公開[54]。12月11日には、幕張メッセで開催されたYouTubeの音楽の祭典「YouTube FanFest Music」に大トリで出演した[55]

2019年8月8日、東京ドームにて開催された「ジャニーズJr.8・8祭り 〜東京ドームから始まる〜」の公演中、2020年にSnow Manと同時CDデビューをすることを発表[56]。ジャニーズJr.チャンネルを卒業し、同日には、単独の公式YouTubeチャンネルと公式Instagramを開設した[56][57]。10月23日のジャニーズ事務所公式YouTubeチャンネルにて行われた生配信において[58]、デビュー日と両A面シングルでの同時CDデビューを発表[59]。12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』には、ジャニー喜多川の追悼企画として、Snow Man・ジャニーズJr.と共に出演し、パフォーマンスを披露した[60]。CDデビューは、喜多川が倒れる2日前の6月16日に滝沢秀明と決定され、6月28日、全員が喜多川の病室に集められ、知らされた[61]

デビュー後

2020年1月22日にリリースされたデビューシングルImitation Rain/D.D.」は、初日77.3万枚を売り上げ、1月21日付オリコンデイリーランキングにて、初登場1位を記録。リリース3日目の1月23日付オリコンデイリーシングルランキングでは、109.4万枚を売り上げ、ミリオンを達成した[62][注 4]。4月4日より、ニッポン放送にて、ラジオ番組SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』が放送開始[64]

7月22日、2ndシングル「NAVIGATOR」をリリースし、フジテレビノイタミナテレビアニメ富豪刑事 Balance:UNLIMITED』のオープニングテーマを担当[65]。11月11日には、読売テレビ・日本テレビ系テレビアニメ『半妖の夜叉姫』のオープニングテーマを表題曲とする3rdシングル「NEW ERA」をリリース[66]。上記2作品および、10月17日にリリースされた映像作品『TrackONE -IMPACT-』の売上により、オリコン年間ランキング2020のアーティスト別セールス部門・新人ランキングにて、1位を獲得[67][注 5]

ジャニーズ事務所による新型コロナウイルス感染拡大防止の支援活動「Smile Up! Project」の一環として、2020年5月に結成された期間限定ユニット・Twenty★Twentyチャリティーソングsmile」にも参加した[68]

12月24日・25日放送のニッポン放送『第46回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』では、Kis-My-Ft2と共にパーソナリティを務める[69]。31日には、『第71回NHK紅白歌合戦』で紅白初出場を果たし、「Imitation Rain」を歌唱した[70][71][72]

2021年1月6日、1stアルバム1ST』をリリース[73]。翌月2月17日リリースの4thシングル「僕が僕じゃないみたいだ」は、松村と森七菜が主演を務めた映画ライアー×ライアー』の主題歌となった[74]。同年8月11日には、5thシングル「マスカラ」をリリース。

5月には、グループ結成6周年を記念した「スペシャル月間」として、「Strawberry Breakfast」「Lifetime」のミュージックビデオを公開するなど、各種企画が行われた[75][76]。12月には、単独で『第47回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』のパーソナリティを担当した。31日には、2度目となる『第72回NHK紅白歌合戦』に出場し、「マスカラ」を歌唱[77]

2022年1月5日、2ndアルバム『CITY』をリリース。リード曲「Rosy」は映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の日本語吹替版主題歌となった[78]。続く3月2日リリースの6thシングル「共鳴」では、再び『半妖の夜叉姫』のオープニングテーマを担当[79]。6月8日には、松村が出演するフジテレビ系連続ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』の挿入歌が表題曲の7thシングル「わたし」をリリース[80]。8月5日には、新曲「PARTY PEOPLE」のミュージックビデオを公開[81]

4月5日より、2度のパイロット版を経て『バリューの真実』が、レギュラー番組として放送開始[82][83]。グループ結成7周年である5月1日には、グループの公式Twitterを開設した[84]

11月2日には、8thシングル「Good Luck!/ふたり」をリリース。初の両A面シングルであり、「Good Luck!」は、ジェシーが主演を務めたテレビ朝日金曜ナイトドラマ最初はパー』の主題歌、「ふたり」は、京本が主演を務めた日本テレビ系シンドラ枠連続ドラマ『束の間の一花』主題歌となった[85]。12月31日には、3度目となる『第73回NHK紅白歌合戦』に出場し、「Good Luck!」を歌唱し、トップバッターを飾った[86]

2023年1月4日には、3rdアルバム『』をリリース[87]。12月9日には、アルバムリリースを記念し、グループの公式TikTokが開設された[88]

4月12日、9thシングル「ABARERO」をリリース[89]。続く6月14日には、森本と髙橋海人King & Prince)が主演を務めた日本テレビ系日曜ドラマだが、情熱はある』の主題歌が表題曲の10thシングル「こっから」をリリース[90]。9月23日、本楽曲のミュージックビデオが、グループ初となる1億回再生を突破した[91]

8月30日、松村と西畑大吾なにわ男子)が主演を務めたテレビ朝日系オシドラサタデーノッキンオン・ロックドドア』の主題歌が表題曲の11thシングル「CREAK」をリリース[92]

2024年1月10日、4thアルバム『THE VIBES』をリリース[93]。続く5月1日には、京本が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系火ドラ★イレブンお迎え渋谷くん』の主題歌が表題曲の12thシングル「音色」をリリース予定[94]

受賞歴

2020年
2021年
  • オリコン上半期ランキング2021 - 作品別売上数部門 アルバムランキング 1位(『1ST』)[100]
  • 第36回日本ゴールドディスク大賞 - ベスト5アルバム(邦楽部門)(『1ST』)[101]
2022年
  • オリコン上半期ランキング2022 - 作品別売上数部門 アルバムランキング 1位(『CITY』)[102]
  • 第37回日本ゴールドディスク大賞 - ベスト5アルバム(邦楽部門)(『CITY』)[103]
2023年
2024年
  • 第38回日本ゴールドディスク大賞 - ベスト5アルバム(邦楽部門)(『』)[105]

ディスコグラフィ

SixTONESのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 4
シングル 12
映像作品 4
ミュージック・ビデオ 38
参加作品 3
CD未収録曲 7

順位はオリコン週間ランキング最高位を示す。

シングル

発売日 タイトル 形態 規格品番 初週売上 順位 収録アルバム
1st 2020年1月22日 Imitation Rain/D.D.[注 6] CD+DVD 初回盤 SECJ-1/2 132.8万枚[106] 1位[106][107] 1ST
with Snow Man盤 SECJ-3/4
CD 通常盤 SECJ-5
CD+DVD 初回盤 AVCD-94666/B
with SixTONES盤 AVCD-94667/B
CD 通常盤 AVCD-94668
2nd 2020年7月22日 NAVIGATOR CD+DVD 初回盤 SECJ-6/7 62.2万枚[108]
期間限定盤 SECJ-8/9
CD 通常盤 SECJ-10
3rd 2020年11月11日 NEW ERA CD+DVD 初回盤 SECJ-11/2 44.6万枚[109]
期間限定盤 SECJ-13/4
CD 通常盤 SECJ-15
4th 2021年2月17日 僕が僕じゃないみたいだ CD+DVD 初回盤A SECJ-21/2 43.1万枚[110] CITY
初回盤B SECJ-23/4
CD 通常盤 SECJ-25
5th 2021年8月11日 マスカラ CD+DVD 初回盤A SECJ-26/7 49.6万枚[111]
初回盤B SECJ-28/9
CD 通常盤 SECJ-30
6th 2022年3月2日 共鳴 CD+DVD 初回盤A SECJ-40/1 40.0万枚[112]
初回盤B SECJ-42/3
CD 通常盤 SECJ-44
7th 2022年6月8日 わたし CD+DVD 初回盤A SECJ-45/6 47.1万枚[113]
初回盤B SECJ-47/8
CD 通常盤 SECJ-49
8th 2022年11月2日 Good Luck!/ふたり CD+DVD 初回盤A SECJ-50/1 39.2万枚[114]
初回盤B SECJ-52/3
CD 通常盤 SECJ-54
9th 2023年4月12日 ABARERO CD+DVD 初回盤A SECJ-64/5 42.9万枚[115] THE VIBES
初回盤B SECJ-66/7
CD 通常盤 SECJ-68
10th 2023年6月14日 こっから CD+DVD 初回盤A SECJ-69/70 49.5万枚[116]
初回盤B SECJ-71/2
CD 通常盤 SECJ-73
11th 2023年8月30日 CREAK CD+DVD 初回盤A SECJ-74/5 47.5万枚[107]
初回盤B SECJ-76/7
CD 通常盤 SECJ-78
12th 2024年5月1日 音色 CD+DVD 初回盤A SECJ-88/9 TBA 未収録
初回盤B SECJ-90/1
CD 通常盤 SECJ-92

アルバム

発売日 タイトル 形態 規格品番 初週売上 順位
1st 2021年1月6日 1ST CD+DVD 初回盤A:原石盤 SECJ-16/7 46.7万枚[117] 1位[118]
初回盤B:音色盤 SECJ-18/9
CD 通常盤 SECJ-20
2nd 2022年1月5日 CITY CD+Blu-ray 初回盤A SECJ-31/2 47.0万枚[119]
CD+DVD SECJ-33/4
CD+Blu-ray 初回盤B SECJ-35/6
CD+DVD SECJ-37/8
CD 通常盤 SECJ-39
3rd 2023年1月4日 CD+Blu-ray 初回盤A SECJ-55/6 51.7万枚[120]
CD+DVD SECJ-57/8
CD+Blu-ray 初回盤B SECJ-59/60
CD+DVD SECJ-61/2
CD 通常盤 SECJ-63
4th 2024年1月10日 THE VIBES CD+Blu-ray 初回盤A SECJ-79/80 49.7万枚[118]
CD+DVD SECJ-81/2
CD+Blu-ray 初回盤B SECJ-83/4
CD+DVD SECJ-85/6
CD 通常盤 SECJ-87

CD未収録曲

デビュー前の楽曲はJASRAC公式サイト上の「作品データベース検索サービス」におけるアーティスト名に「SixTONES」を含む楽曲の検索結果をもとに記載。

タイトル 作詞 作曲 作品コード
2016年 IN THE STORM[121] 深川琴美 STEVEN LEE / ANDERS WIGELIUS / ERIK WIGELIUS 1J5-6509-8
2017年 Amazing!!!!!![121] MORISHIN OEHRN ANDREAS / LAURIDSEN CHRISTOFFER / GRIBBE SIMON ANDREAS 1K3-6191-7
Beautiful Life[121][122] MINE MINE / ATSUSHI SHIMADA / LADIMEJI DELE 1L0-4176-2
2018年 Jungle[123] Komei Kobayashi AKESSON ROBIN BORJE / KOOS KAMERLING 1L7-0917-8
Night Train[124] ma-saya JOEY CARBONE 240-5407-1
2019年 Mr.ズドン[125] Mr.ズドン Mr.ズドン 244-7682-0
2024年 GONG[126] Zembnal Zembnal

映像作品

総合はミュージックDVD・Blu-rayを示す。

発売日 タイトル 形態 規格品番 初週売上 順位
1st 2020年10月14日 TrackONE -IMPACT- 2DVD 初回盤 SEBJ-1/2 DVD:10.3万枚
Blu-ray:15.2万枚
合計:25.5万枚[127]
DVD:1位
Blu-ray:1位
総合:1位[128]
通常盤 SEBJ-3/4
2Blu-ray 初回盤 SEXJ-1/2
通常盤 SEXJ-3/4
2nd 2021年10月20日 on eST 2DVD 初回盤 SEBJ-5/6 DVD:9.4万枚
Blu-ray:16.2万枚
合計:25.6万枚[129]
通常盤 SEBJ-7/8
2Blu-ray 初回盤 SEXJ-5/6
通常盤 SEXJ-7/8
3rd 2022年9月28日 Feel da CITY 2DVD 初回盤 SEBJ-9/10 DVD:9.8万枚
Blu-ray:17.8万枚
合計:27.6万枚[130]
通常盤 SEBJ-11/2
2Blu-ray 初回盤 SEXJ-9/10
通常盤 SEXJ-11/2
4th 2023年11月1日 慣声の法則 in DOME 3DVD 初回盤 SEBJ-13/5 DVD:9.9万枚
Blu-ray:20万枚
合計:29.9万枚[128]
通常盤 SEBJ-16/8
2Blu-ray 初回盤 SEXJ-13/4
通常盤 SEXJ-15/6

参加作品

  • 素顔4(2020年1月8日)
  • smile(2020年8月12日)- Twenty★Twenty名義
  • WE ARE(配信:2024年4月10日、CD:2024年6月12日)- STARTO for you名義

ミュージックビデオ

フルサイズ解禁年をもとに記載。

タイトル リンク 監督 備考
2018年 JAPONICA STYLE [動画 1] 脇坂侑希
2020年 Imitation Rain [動画 2] 安田大地
NAVIGATOR [動画 3]
NEW ERA [動画 4]
2021年 ST [動画 5] 福居英晃
EXTRA VIP [動画 6] Saeki ジェシー・田中のユニット曲
My Hometown ウエダマサキ 髙地・森本のユニット曲
ってあなた 三石直和 京本・松村のユニット曲
うやむや [動画 7] - 全編アニメーションMV
アニメーション:えむめろ
イラストレーション:ダイスケリチャード
僕が僕じゃないみたいだ [動画 8] 大久保拓朗
Strawberry Breakfast [動画 9] 瀬里義治
Lifetime [動画 10] 加藤ヒデジン
マスカラ [動画 11] 芳賀陽平
フィギュア [動画 12] - 全編アニメーションMV
アニメーション:えむめろ
イラストレーション:リトルサンダー
2022年 Rosy [動画 13] 芳賀陽平
LOUDER [動画 14] Ryo Ichikawa ジェシー・森本のユニット曲
真っ赤な嘘 えむめろ 松村・髙地のユニット曲
With The Flow Nasty Men$ah 京本・田中のユニット曲
共鳴 [動画 15] えむめろ
FASHION [動画 16] 土屋隆俊
わたし [動画 17] 内山拓也
PARTY PEOPLE [動画 18] 鈴木利幸
Good Luck! [動画 19]
ふたり [動画 20] 加藤ヒデジン
2023年 Boom-Pow-Wow! [動画 21] 鈴木利幸
OPA! [動画 22] Nasty Men$ah 森本・田中のユニット曲
ラ・ラ・ラ・ラブストーリー 山口保幸 京本・髙地のユニット曲
愛という名のベール 多田卓也 ジェシー・松村のユニット曲
ABARERO [動画 23] 安田大地
こっから [動画 24] Nasty Men$ah
CREAK [動画 25] 大河臣
Only Holy [動画 26]
2024年 アンセム [動画 27] Nasty Men$ah
君がいない [動画 28] - 全編アニメーションMV
アニメーション:えむめろ
イラストレーション:ピカタ
Blue Days [動画 29] Yoshiharu Seri ジェシー・髙地のユニット曲
希望の唄 水野那央貴 京本・森本のユニット曲
スーパーボーイ Nasty Men$ah 松村・田中のユニット曲
音色 [動画 30] Nasty Men$ah

タイアップ

起用年 曲名 タイアップ
2019年
光る、兆し
CM:「モンスターストライク[131]
2020年
Imitation Rain
CM:セブン-イレブン「VSコラボキャンペーン」[132]
CM:NTTドコモ「新体感ライブ CONNECT」[133]
CM:WEGO「WEGO×SixTONESコラボキャンペーン」[134]
NAVIGATOR
フジテレビアニメ富豪刑事 Balance:UNLIMITED』オープニングテーマ[65]
NEW ERA
読売テレビ日本テレビ系アニメ『半妖の夜叉姫』オープニングテーマ[66]
2021年
ST
CM:エイブル[135]
Lifetime
CM:出光興産[136]
僕が僕じゃないみたいだ 映画ライアー×ライアー主題歌[74]
Everlasting
CM:出光興産[137]
2022年
Rosy
映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』日本語吹替版主題歌[78]
共鳴
読売テレビ・日本テレビ系アニメ『半妖の夜叉姫』弍ノ章1月クールオープニングテーマ[79]
Your Best Day
CM:エイブル[138]
わたし
カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ恋なんて、本気でやってどうするの?』挿入歌[80][139]
オンガク
CM:ソニー ワイヤレス型イヤホン「LinkBuds S」[140]
Sing Along
CM:ECCジュニア[141]
Good Luck!
テレビ朝日金曜ナイトドラマ最初はパー』主題歌[142]
ふたり
日本テレビ系シンドラ束の間の一花』主題歌[143]
Boom-Pow-Wow!
CM:ソニー ワイヤレス型イヤホン「LinkBuds S」[144]
Always
CM:出光興産[145]
2023年
人人人
CM:エイブル[146]
SUBWAY DREAMS
CM:ECCジュニア[147]
Drive
CM:リーボック「Spring Kicks」[148]
こっから
日本テレビ系日曜ドラマだが、情熱はある』主題歌[149]
CREAK
テレビ朝日系オシドラサタデーノッキンオン・ロックドドア』主題歌[150]
Eye to Eye
CM:ロート製薬[151]
2024年
音色
カンテレ・フジテレビ系火ドラ★イレブンお迎え渋谷くん』主題歌[94]
GONG
日本テレビ系日曜ドラマ『ACMA:GAME』挿入歌[126]

出演

舞台

コンサート

テレビ番組

NHK紅白歌合戦出場歴

年度 放送回 曲目 備考
2019年 第70回 特別企画 Let's Go to 2020 Tokyo ジャニーズJr.として出場[60]
2020年 第71回 Imitation Rain[71] 白組歌手として初出場[189]
コーナー出演者としても歌唱[注 7]
2021年 第72回 2 マスカラ[191]
2022年 第73回 3 Good Luck! トップバッター[192]

ネット配信

CM・キャンペーン

ラジオ

映画

イベント

単独コンサート

タイトル 公演規模 備考
2019年 CHANGE THE ERA -201ix- 3都市10公演
(追加2公演含む)[231]
初の単独コンサート。ライブタイトル "201ix" は、"SixTONES" では普段読まれない "ix" に意味を持たせるためにローマ数字の "9=ix" をあてたもので、メンバー全員で考案[232]。コンサートのロゴマークは京本がデザインした[233]。13万6000人を動員[234]
Rough"xxxxxx" 14都市19公演
(追加1公演含む)[235]
読みは「ラフ・ストーンズ」[237]。11月19日の東京国際フォーラム公演のMCで単独ファンクラブの開設や、来年のアリーナツアーが発表された[238]。5万人を動員[239]
2020年 TrackONE -IMPACT- 3都市12公演[240][241] 読みは「トーンインパクト」[238]。地上15メートルの高さに設置された回転するゴンドラに乗って登場し[7]、近未来的なステージで[242] デビュー曲でライブ初披露の「Imitation Rain」や[243]、ジャニーズJr.として歌ってきたグループのオリジナル曲をはじめとする25曲を披露[242]。横浜アリーナでの7公演が、Jr.として最後のステージとなった[244]新型コロナウイルスの影響で、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(3公演)と[245] 静岡・エコパアリーナ(3公演)が中止し[246]、それぞれ8月・9月に振替となったが[247]、ジャニーズ事務所が8月13日以降の大型公演を年内自粛することを発表したため、最終的に振替の全公演が中止された[241][248]
2021年 on eST 7都市30公演[73]+配信5公演[249] 読みは「オン エスト」で、1stアルバム『1ST』のタイトルを分解・再構築し名付けられた[73]。新型コロナウイルス感染防止対策のもと、有観客で開催される予定だったが[250]、1月の神奈川・横浜アリーナ公演および愛知・日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホール公演を延期[251]。当初の神奈川公演のうち5公演は無観客生配信ライブとしてJohnny's net onlineにて配信された[249]。また、1月7日に発令された緊急事態宣言とその2度の延長を受け、2月の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ公演[252]、大阪・大阪城ホール公演[253]、3月の福岡・マリンメッセ福岡公演、新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター公演も延期された[254]。いずれも振替公演が設けられたが、大阪公演のみ中止となった[255][256][257]
2022年 Feel da CITY 9都市37公演
(追加1公演含む)[258]
1月28日、ジェシー・森本・田中の新型コロナウイルスにより、予定していた2月1日・2日の愛知・日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホール公演の中止を発表[260]。後に3月に振替公演が発表された。3月16日に発生した福島県を震源とする最大震度6強の地震により、予定していた宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ公演が中止となったが[261]、6月に振替公演が決定した[262]
2023年 慣声の法則 6都市26公演
[263]
3rdアルバム『』を引っ提げたツアー[265]。2020年1月のデビュー以来初めて観客の声出しが許可されたライブであり[266]、「ファンの声の力が作用して前に進む」という意味を込めてツアータイトルは「慣声の法則(かんせいのほうそく)」と命名された[265]。アルバム収録曲の他、紅白歌合戦でも披露した「Good Luck!」など全26曲を歌唱[265][266]。また、横浜アリーナ公演の初日には、追加公演として4月に京セラドーム大阪と東京ドームでグループ初のドーム公演を行うことが中盤のMCで発表された[266]
慣声の法則 in DOME 2都市5公演
[267]
アリーナツアーの "延長戦" で、新曲「ABARERO」などメドレー含む計27曲を披露[269]。2022年5月21日放送の『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演した際、SixTONESがドーム公演をする時はゲスト出演するというメンバーとの約束を守り、東京ドームの初日公演にはYOSHIKIが登場した[270]。アリーナツアーと合計し、52万6000人を動員[270]
2024年 VVS 4都市10公演
[271]
読みは「バイブス」で、初の4大ドームツアー。

雑誌連載

脚注

注釈

  1. ^ a b 作品リリースの際は、SME Recordsと同様の規格品番だが、各種クレジットでは「Sony Music Labels」と表記される。
  2. ^ 大野は、先輩である少年隊の番組で突如、リーダーに任命された過去を持ち、同じく嵐の櫻井翔曰く、「たぶん20年越しにそれをやってみたいんだと思う」とのこと[12]
  3. ^ 日本でのYouTubeアーティストプロモキャンペーンはSixTONESにお願いしたいと、ジャニーズJr.チャンネル担当のスタッフの推薦もあり、YouTubeサイドからカリフォルニアにあるYouTube本社の社長と掛け合い、事務所にオファーがあったという[51][52]
  4. ^ Sony Music Labelsおよびavex traxから発売されている全6形態の合算[63]
  5. ^ 「SixTONES vs Snow Man」名義のため、「Imitation Rain/D.D.」は換算されていない。
  6. ^ Snow Manとのスプリット・シングルであり、「SixTONES vs Snow Man」名義で発売。
  7. ^ 「今こそ歌おうみんなでエール 特別企画」コーナー出演者として、「ENDLESS RAIN」を歌唱し、YOSHIKIとの共演を果たした[190]
  8. ^ 3日・10日:京本、髙地
    17日・24日:髙地、田中
  9. ^ 令和元年東日本台風(台風19号)の影響により、10月14日の公演が11月28日に延期になった[236]

出典

  1. ^ “J-Pop Group SixTONES: 5 Things to Know”. Billboard. (2020年1月30日). https://www.billboard.com/music/music-news/5-things-j-pop-group-sixtones-8549736/ 2021年6月30日閲覧。 
  2. ^ a b “SixTONES&Snow Man 初座長公演「全力でぶつかる」”. スポーツ報知. (2015年9月5日). オリジナルの2016年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160324144637/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150904-OHT1T50233.html 2017年3月28日閲覧。 
  3. ^ SixTONES - Thank You for Subscribing! (YouTube). SixTONES YouTube Channel. 30 August 2019. 2021年1月28日閲覧
  4. ^ SixTONES、YouTube登録者数100万人突破で緊急生配信 “金の盾”に興奮”. モデルプレス (2021年12月8日). 2021年1月28日閲覧。
  5. ^ Member Profile”. Sony Music Entertainment (Japan) Inc.. 2024年4月11日閲覧。
  6. ^ プロフィール | STARTO ENTERTAINMENT”. STARTO ENTERTAINMENT. 2024年4月11日閲覧。
  7. ^ a b “SixTONES デビュー曲“ライブ初披露”に涙…Jr.ラストステージ「粘って粘ってやり続けてきた」”. Sponichi Annex. (2020年1月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/05/kiji/20200105s00041000003000c.html 2020年1月5日閲覧。 
  8. ^ 『ジャニーズJr.カレンダー 2015.4-2016.3』巻末プロフィール、学研マーケティング、2015年
  9. ^ “SixTONES デビュー曲作曲のYOSHIKIと夢の競演 「皆さんのために来ました」と米ロスから駆けつけた!”. デイリースポーツonline. (2023年4月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/04/22/0016270132.shtml 2023年4月27日閲覧。 
  10. ^ SixTONES、2024年の新リーダー決定 - モデルプレス” (2024年1月1日). 2024年1月3日閲覧。
  11. ^ SixTONES、今年のリーダーが決定!独特のリーダー決定方法は?”. ググットニュース. ドットレンド (2021年2月22日). 2023年1月3日閲覧。
  12. ^ a b SixTONES、リーダーが決定 嵐・大野智が突然提案”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年1月11日). 2023年10月19日閲覧。
  13. ^ SixTONES、2022年のリーダー決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年1月1日). 2022年1月16日閲覧。
  14. ^ a b SixTONES、2023年新リーダーは森本慎太郎 恒例のジャンケンで”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年1月1日). 2023年10月19日閲覧。
  15. ^ 「SixTONES スキルUPミーティング」『duet』2015年8月号 80ページ
  16. ^ “京本大我「果てしない旅を見ていて」ジャニー氏悼む”. nikkansports.com. (2019年7月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907110000628.html 2019年7月15日閲覧。 
  17. ^ 「SixTONES 徹底解剖‼︎めっちゃがんばります宣言」『Myojo』2015年8月号、70ページ
  18. ^ 「SixTONES 徹底解剖‼︎めっちゃがんばります宣言」『Myojo』2015年8月号、73ページ
  19. ^ ジャニーズJr."バカレア組"に正式ユニット名「シックストーンズ」”. Yomerumo news. GMOインターネット (2015年5月1日). 2016年2月1日閲覧。
  20. ^ “SixTONES メンバーが明かした命名秘話「最初は『シックストーンズ』だった」”. Sponichi Annex. (2021年1月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/11/kiji/20210111s00041000243000c.html 2021年1月21日閲覧。 
  21. ^ SixTONES、“シックストーンズ”から改名の真相語る”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年1月11日). 2023年4月20日閲覧。
  22. ^ 「夏の特別講座 ジャニーズJr. 松村北斗」『日経エンタテインメント!』2012年8月号、28ページ
  23. ^ 「ジャニーズJr.この夏注目の30人」『日経エンタテインメント!』2013年8月号、63ページ
  24. ^ 「3週連続ジャニーズJr.企画第2弾 俺たちがSixTONES」『ザテレビジョン No.43』2015年10-24〜10/30、194ページ
  25. ^ 「Johnnys' Jr.」『TV fan CROSS vol.22』2017年5月号増刊、100ページ
  26. ^ 週刊ザテレビジョン No.33』2012年8月号、31ページ
  27. ^ 「特集 劇場版『私立バカレア高校』」『Screen plus No.36』2012年、31ページ
  28. ^ 「天下無敵のTV学園 ドラマ黒の女教師 松村北斗」『Myojo』2012年10月号、111ページ
  29. ^ 「Johnny's Jr. Johnny's Dome theater〜SUMMARY〜」『WiNK UP』2012年12月号、118〜119ページ
  30. ^ 「フレッシュジャニーズJr.」『QLAP!』2013年2月号、46〜49ページ
  31. ^ 「ザ少年倶楽部」『POTATO』2013年2月号、115ページ
  32. ^ 「ザ少年倶楽部」『POTATO』2013年3月号、85ページ
  33. ^ 「Live House ジャニーズ銀座 2013」『BEST STAGE vol 57』2013年06月号、22ページ
  34. ^ a b 「入所から現在、そして未来 真剣対談」『Myojo』2015年1月号、70〜71ページ
  35. ^ 「ジャニーズ銀座 2014」『QLAP!』2014年7月号、56〜59ページ
  36. ^ 「ガムシャラJ's party‼︎ vol.4」『POTATO』2014年7月号、106〜107ページ
  37. ^ 『EX THEATER ROPPONGI 公演履歴 2014年12月』”. 2015年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月24日閲覧。
  38. ^ 「ガムシャラJ's party!! vol.6」『Myojo』2015年3月号、120〜121ページ
  39. ^ 「ガムシャラ STAGE前夜祭」『Duet』2015年2月号、154〜157ページ
  40. ^ 「ザ少年倶楽部」『月刊TVfan 関東版 新春特大号』2013.12/23-2014.1/30、199-200ページ
  41. ^ ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. 株式会社KADOKAWA. 2018年12月24日閲覧。
  42. ^ a b c 「ジャニーズ銀座2015」『WiNK UP』2015年7月号、96ページ
  43. ^ 「Sleeping in the morning」『WiNK UP』2015年7月号、11ページ
  44. ^ 「On STAGE ジャニーズJr.!SixTONES」 『STAGEnavi Vol.20』 2018年3月、28ページ
  45. ^ 「10000字インタビュー SixTONES・Snow Man編 第8回・髙地優吾」『Myojo』2021年2月号、180ページ
  46. ^ SixTONES松村北斗、ジェシー&田中樹がリーダーになれない理由明かす”. モデルプレス (2021年2月19日). 2023年10月19日閲覧。
  47. ^ SixTONES 髙地優吾、松村北斗から引き継ぎ二度目の就任 リーダー決めに見るグループらしさ”. Real Sound (2022年1月15日). 2023年10月19日閲覧。
  48. ^ 「ジャニーズ銀座2015 STAGE REPORT」『月刊ソングス』2015年6月号Vol.150、63ページ
  49. ^ a b “新ユニット「SixTONES」“伝統登竜門”舞台初主演”. Sponichi Annex. (2015年9月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/05/kiji/K20150905011067530.html 2015年9月5日閲覧。 
  50. ^ a b ジャニーズ公式YouTubeチャンネル始動 参加5組の担当曜日が決定”. ORICON NEWS. オリコン (2018年3月21日). 2018年12月19日閲覧。
  51. ^ 「We are SixTONES」『ザテレビジョン』2018年12月49号、96ページ
  52. ^ 「オレたちが創るジャニーズ新世代」『女性セブン』2018年12月6日号、196ページ
  53. ^ a b ジャニーズJr.SixTONES、YouTubeキャンペーンに抜てき 都内に巨大ポスター登場”. ORICON NEWS. oricon ME inc. (2018年10月29日). 2018年10月29日閲覧。
  54. ^ ジャニーズJr. SixTONES、結成3年で念願の初MV公開 滝沢秀明がMV初プロデュース”. ORICON NEWS. oricon ME inc. (2018年11月5日). 2018年12月19日閲覧。
  55. ^ a b SixTONES、YouTube祭典で大トリ歌唱 “日本代表”として飛躍誓う”. ORICON NEWS. oricon ME inc. (2018年12月11日). 2018年12月19日閲覧。
  56. ^ a b c SixTONES & Snow Man、2020年“ジャニーズ史上初”2グループ同時CDデビュー決定”. ORICON NEWS. オリコン (2019年8月8日). 2019年8月8日閲覧。
  57. ^ SixTONES・Snow Man、2020年に同時CDデビューへ。京本大我「2組は仲間でありライバル」”. BARKS (2019年8月11日). 2019年8月13日閲覧。
  58. ^ SixTONES, Snow Man「デビュー日決定!2組で緊急ライブ配信!」 (YouTube). Johnny's official. 23 October 2019. 2019年10月25日閲覧
  59. ^ “ジャニーズ2組の初同時デビューが来年1月22日に”. nikkansports.com. (2019年10月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910230000748.html 2019年10月25日閲覧。 
  60. ^ a b 【紅白】SixTONES&Snow ManらジャニーズJr. 圧巻のステージ 嵐・櫻井&松本が見守る”. ORICON NEWS (2019年12月31日). 2020年11月17日閲覧。
  61. ^ ジャニー喜多川さん、逝去前に最後のデビュー決断 SixTONES&Snow Man、“2組同時”への思い”. ORICON NEWS (2020年1月22日). 2023年5月25日閲覧。
  62. ^ SixTONESvsSnowManデビューシングル、発売3日でミリオン突破【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 2020年1月24日閲覧。
  63. ^ “「SixTONES VS Snow Man」デビューシングルが発売3日でミリオン突破 ジャニーズで06年のKAT-TUN以来”. スポーツ報知. (2020年1月24日). https://hochi.news/articles/20200124-OHT1T50183.html?page=1 2022年3月21日閲覧。 
  64. ^ SixTONES、『ANN』特別枠で冠レギュラー番組決定「不思議な感覚です」”. マイナビニュース (2020年3月7日). 2021年1月26日閲覧。
  65. ^ a b SixTONES、アニメ「富豪刑事」OP曲「NAVIGATOR」を2ndシングルとして6月発売”. barks (2020年4月16日). 2020年4月16日閲覧。
  66. ^ a b SixTONES「半妖の夜叉姫」オープニングテーマ担当、楽曲は王道ロックチューン”. 音楽ナタリー (2020年9月17日). 2020年11月17日閲覧。
  67. ^ 【オリコン年間ランキング2020】SixTONESが総売上30億円超、新人部門で1位”. オリコン (2021年1月5日). 2021年1月28日閲覧。
  68. ^ ジャニーズ15組参加の期間限定ユニットTwenty★Twenty結成、楽曲提供は櫻井和寿”. 音楽ナタリー. 2020年5月15日閲覧。
  69. ^ Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』 運営&放送で万全のコロナ対策”. ORICON NEWS. 2020年12月26日閲覧。
  70. ^ SixTONES、Snow Manが紅白初出場!ジャニーズ新人で堂々2組”. スポーツ報知 (2020年11月16日). 2022年8月23日閲覧。
  71. ^ a b “SixTONES「Snow Manの分まで」紅白”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年12月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012310000736.html 2021年1月3日閲覧。 
  72. ^ SixTONES「ズドンと見せつけたい」紅白圧巻パフォーマンス”. Music Voice (2020年12月31日). 2021年1月26日閲覧。
  73. ^ a b c SixTONES初のフルアルバム「1ST」発売、全国アリーナツアー「on eST」開催”. 音楽ナタリー (2020年11月20日). 2020年11月20日閲覧。
  74. ^ a b SixTONES新曲が松村北斗&森七菜の共演映画「ライアー×ライアー」主題歌に、映画の予告も公開”. 音楽ナタリー (2020年11月30日). 2021年1月28日閲覧。
  75. ^ SixTONES「Strawberry Breakfast」のワンカットMV公開”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年5月11日). 2022年8月21日閲覧。
  76. ^ SixTONESが「Lifetime」歌い上げるワンカットMV(動画あり) - 音楽ナタリー”. ナターシャ (2021年5月19日). 2022年8月21日閲覧。
  77. ^ 紅白歌合戦2021の曲目一覧 NHK発表、「命に嫌われている。」「プロミスザスター」 | 社会,催し・文化 | 福井のニュース”. 福井新聞ONLINE. 2023年11月26日閲覧。
  78. ^ a b SixTONES新曲『スパイダーマン』最新作の吹替版主題歌に!トム・ホランド、ANNにサプライズコメント”. シネマトゥデイ (2021年11月28日). 2021年11月28日閲覧。
  79. ^ a b TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章1月クールオープニングテーマアーティストは、SixTONESに決定!!”. 半妖の夜叉姫 公式サイト (2021年12月5日). 2021年12月6日閲覧。
  80. ^ a b SixTONES「恋マジ」挿入歌をシングルリリース、初回盤Bに「Feel da CITY」ライブ音源”. 音楽ナタリー. Natasha (2022年4月19日). 2022年4月19日閲覧。
  81. ^ SixTONESと踊れる夏を、YouTubeで話題沸騰の「PARTY PEOPLE」をレビュー”. 音楽ナタリー (2022年8月9日). 2022年8月22日閲覧。
  82. ^ a b @nhk_Etele (2022年2月9日). "定時化決定 Eテレ✖SixTONES 『バリューの真実』 (火)午後7:00~7:30 今年4月からの 定時番組化が決定しました!!!…". X(旧Twitter)より2022年2月9日閲覧
  83. ^ a b “SixTONES松村北斗、メンバーに明かしていない“真実”初告白「高校の頃に…」<「バリューの真実」取材全文>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年3月10日). https://mdpr.jp/news/detail/3037929 2022年3月10日閲覧。 
  84. ^ @SixTONES_SME (2022年5月2日). "\🎊🎉公式Twitterスタート🎉🎊/ 本日よりSixTONESソニーミュージックTwitter公式アカウントを開設! …". X(旧Twitter)より2022年8月22日閲覧
  85. ^ SixTONES|ニューシングル『ふたり/Good Luck!』11月2日発売|ドラマ「最初はパー」&「束の間の一花」主題歌|形態ごと別購入先着特典あり - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2022年11月15日閲覧。
  86. ^ 「第73回NHK紅白歌合戦」曲順発表。トップ・バッターはSixTONES、トリは福山雅治、MISIA - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2023年11月26日閲覧。
  87. ^ Inc, Natasha. “SixTONESの「声」いっぱいのニューアルバムが年明け発売”. 音楽ナタリー. 2022年11月15日閲覧。
  88. ^ SixTONESのTikTok公式アカウント開設、新曲含む36曲の配信もスタート”. BARKS (2022年12月9日). 2022年12月27日閲覧。
  89. ^ Inc, Natasha. “SixTONESニューシングルは「ABARERO」、衝動あふれる攻撃的なヒップホップチューン”. 音楽ナタリー. 2023年2月2日閲覧。
  90. ^ SixTONES、ドラマ「だが、情熱はある」主題歌をシングルリリース”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年4月18日). 2023年4月18日閲覧。
  91. ^ SixTONES「こっから」MVが1億回再生を突破、田中樹「こっからですから!僕たちは」熱い思い語る”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2023年9月24日). 2023年10月18日閲覧。
  92. ^ Inc, Natasha. “SixTONESが11thシングル「CREAK」リリース、松村北斗×西畑大吾W主演ドラマ主題歌”. 音楽ナタリー. 2023年7月5日閲覧。
  93. ^ ニューアルバム「THE VIBES」2024年1月10日に発売決定! | SixTONES(ストーンズ) Official web site”. ニューアルバム「THE VIBES」2024年1月10日に発売決定! | SixTONES(ストーンズ) Official web site. 2023年11月11日閲覧。
  94. ^ a b 関西テレビ放送 (2024年3月10日). “SixTONESの新曲「音色」が主題歌に決定!京本大我がライブ中にXで発表!『お迎え渋谷くん』”. www.ktv.jp. 2024年3月10日閲覧。
  95. ^ ananAWARDにスノストやユーミンが輝く、ジェシー「今すぐ表紙にお願いします!」”. 映画ナタリー. ナターシャ (2020年11月9日). 2020年11月9日閲覧。
  96. ^ SixTONES&Snow Man・星野源・EXIT・田中みな実ら今年“もっとも輝いたヒーロー”に決定<GQ MEN OF THE YEAR 2020>”. モデルプレス (2020年11月23日). 2020年11月23日閲覧。
  97. ^ 【オリコン年間ランキング2020】SixTONESが総売上30億円超、新人部門で1位”. オリコン (2021年1月5日). 2021年1月6日閲覧。
  98. ^ SixTONES『日本GD大賞』新人賞「忘れられない年になりました」”. ORICON NEWS (2021年3月15日). 2021年3月15日閲覧。
  99. ^ 嵐が「日本ゴールドディスク大賞」2年連続7回目の受賞、BTSや米津玄師も複数部門に”. 音楽ナタリー (2021年3月15日). 2021年3月15日閲覧。
  100. ^ 【オリコン上半期】SixTONESが上半期アルバムランキング首位 光GENJI以来33年ぶりの快挙”. オリコン (2021年6月29日). 2022年1月20日閲覧。
  101. ^ 第36回日本ゴールドディスク大賞”. 日本ゴールドディスク大賞. 2022年5月5日閲覧。
  102. ^ 【オリコン上半期】SixTONESが2年連続50万枚超えでアルバム1位、史上5組目の快挙”. オリコン (2022年6月29日). 2022年6月29日閲覧。
  103. ^ 第37回日本ゴールドディスク大賞”. 日本ゴールドディスク大賞. 2023年3月10日閲覧。
  104. ^ <ドラマアカデミー賞>ドラマソング賞はSixTONES「こっから」 『この受賞、(森本)慎太郎にちゃんと伝えます!』(ジェシー)”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2023年8月25日). 2023年10月5日閲覧。
  105. ^ ベスト5アルバム(邦楽部門)|第38回日本ゴールドディスク大賞”. 日本ゴールドディスク大賞. 2024年3月13日閲覧。
  106. ^ a b “SixTONESvsSnowMan、史上初のデビューシングル初週ミリオン「夢のひとつを達成できた」【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2154103/full/ 2020年12月2日閲覧。 
  107. ^ a b SixTONES、初週47.5万枚を売り上げ、10作連続シングル1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年9月5日). 2023年9月9日閲覧。
  108. ^ “SixTONES最新シングルが初登場1位、週間60万枚超えを記録”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年7月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2167955/full/ 2020年7月28日閲覧。 
  109. ^ “紅白初出場のSixTONES、シングル2作連続1位 ジェシー「新しい道、新しい時代を、少しずつ作っていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年11月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2176897/full/ 2020年11月18日閲覧。 
  110. ^ “SixTONES、最新シングルで3作連続の1位獲得【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年2月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2185298/ 2021年2月23日閲覧。 
  111. ^ “SixTONES最新シングル「マスカラ」、初週売上49.6万枚で4作連続の1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年8月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2203695/full/ 2021年8月17日閲覧。 
  112. ^ SixTONES、「共鳴」が5作連続「シングル」1位獲得【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年3月8日). 2022年3月8日閲覧。
  113. ^ SixTONES「わたし」、前作超えの初週売上47.1万枚で、6作連続「シングル」1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年6月14日). 2022年6月14日閲覧。
  114. ^ SixTONES、最新シングル「Good Luck!/ふたり」が初登場1位、7作連続で初週売上30万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年11月8日). 2022年11月8日閲覧。
  115. ^ SixTONES、最新シングル「ABARERO」が初週売上42.9万枚で8作連続1位獲得【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年4月18日). 2023年4月18日閲覧。
  116. ^ SixTONES、9作連続「シングル」1位獲得 9作連続の初週売上30万枚超【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年6月20日). 2023年6月20日閲覧。
  117. ^ “SixTONES、アルバム初登場1位 46.7万枚で「1stアルバム初週売上」男性アーティスト歴代4位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2181570/full/ 2021年1月12日閲覧。 
  118. ^ a b “SixTONESの最新アルバム1位、男性アーティスト史上4組目の1stから4作連続初週30万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2024年1月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2310573/full/ 2024年1月17日閲覧。 
  119. ^ “SixTONES、2ndアルバム『CITY』が2作連続の1位 初週売上前作超えの47.0万枚【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年1月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2220658/full/ 2022年1月11日閲覧。 
  120. ^ “SixTONES、1stから3作連続「アルバム」1位 自己最高初週売上を記録【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年1月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2263557/full/ 2023年1月10日閲覧。 
  121. ^ a b c 「SixTONES」『TV navi SMILE』vol.028 2018年 月刊TV navi 首都圏5月号増刊、86ページ
  122. ^ a b “SixTONES&Snow Man「少年たち」でジャニー社長の戦争への思い伝える!”. スポーツ報知. (2017年9月7日). オリジナルの2017年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107144002/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170907-OHT1T50163.html 2017年11月5日閲覧。 
  123. ^ 「ジャニーズ Jr.祭り2018 SixTONES」『ザテレビジョンZOOM‼︎』vol.32 2018年 週刊ザテレビジョン5月18日号増刊、93ページ
  124. ^ 「少年たち そして、それから… SixTONES × Snow Man」『STAGE navi』vol.25 2018年、産経新聞出版、38ページ
  125. ^ ジャニーズJr.チャンネル (26 April 2019). SixTONES【Mr.ズドンがやって来た】みんなで一緒に楽しもう!!. YouTube. 2020年8月15日閲覧
  126. ^ a b SixTONES新曲「GONG」、田中樹出演『ACMA:GAME』挿入歌に 第1話で“ゲリラ解禁”「この曲だなと確信した」【コメントあり】”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年4月8日). 2024年4月8日閲覧。
  127. ^ “SixTONESの初ライブ映像作品、1st音楽映像作品の初週売上で歴代1位に【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年10月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2174918/full/ 2020年10月22日閲覧。 
  128. ^ a b SixTONESが自己最高記録、東京ドーム公演の映像作品が映像3部門同時1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 2023年11月11日閲覧。
  129. ^ “SixTONES、『on eST』が自己最高初週売上25.6万枚で映像3部門同時1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年10月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2211752/full/ 2021年10月28日閲覧。 
  130. ^ “SixTONES、最新ライブ映像作品が自己最高の初週売上で「映像3部門」1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年10月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2251908/full/ 2022年10月6日閲覧。 
  131. ^ SixTONES「モンスト」新CMで黒髪&制服姿に、CMソングは書き下ろし新曲”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年7月5日). 2021年10月25日閲覧。
  132. ^ SixTONESとSnow Man、セブン-イレブンキャンペーンで日替わり対決”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年12月27日). 2021年10月25日閲覧。
  133. ^ SixTONESとSnow Manがドコモの「新体感ライブ」のキャンペーンキャラクターに”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2019年12月23日). 2021年10月25日閲覧。
  134. ^ SixTONES、WEGO新CMで見せる素顔「行っちゃおうよ。WEGOに。Here we go!」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2020年1月21日). 2021年10月25日閲覧。
  135. ^ “「エイブル」の新TV-CMがスタート! イメージキャラクターにはSixTONES(ストーンズ)を起用!”. プレスリリース (株式会社エイブル). (2021年1月1日). https://www.able.co.jp/campaign/2021/ 2021年10月25日閲覧。 
  136. ^ SixTONES、アルバム曲「Lifetime」が出光興産の新CMソングに”. マイナビニュース (2021年1月27日). 2021年10月25日閲覧。
  137. ^ SixTONESの新曲「Everlasting」が流れる出光興産新CM”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年10月25日). 2021年10月25日閲覧。
  138. ^ 「エイブル」の新TV-CMがスタート!イメージキャラクターは昨年に引き続きSixTONES(ストーンズ)を起用!”. エイブル (2022年1月1日). 2022年1月4日閲覧。
  139. ^ 田中久勝 (2022年5月25日). “SixTONES、ドラマ『恋マジ』を際立たせる「わたし」の純度の高いせつなさ 6つの個性を昇華したマルチな音楽性”. Real Sound. blueprint. 2023年4月10日閲覧。
  140. ^ SixTONESがソニーのイヤホン「LinkBuds S」CMに登場、音楽への愛歌う新曲「オンガク」も流れる”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年6月3日). 2022年6月4日閲覧。
  141. ^ SixTONES ジェシー&松村北斗、『ECCジュニア』ブランドアンバサダーに就任 新曲「Sing Along」使用したCMも”. Real Sound. blueprint (2022年8月9日). 2022年8月9日閲覧。
  142. ^ SixTONES、新曲「Good Luck!」ジェシー主演「最初はパー」主題歌に決定「シングル史上最も笑顔で元気な作品」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年9月16日). 2022年9月16日閲覧。
  143. ^ SixTONES、京本大我主演ドラマ『束の間の一花』主題歌に 新曲「ふたり」を起用「余りにもぜいたくな話でうれしい限り」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年9月16日). 2022年9月16日閲覧。
  144. ^ SixTONESの新曲「Boom-Pow-Wow!」が流れるソニー「LinkBuds S」新CMオンエア(動画あり / コメントあり)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年11月15日). 2022年11月15日閲覧。
  145. ^ 「人と人がつながるエネルギー。」テレビCMシリーズ第三弾、全国で放映開始|出光興産株式会社のプレスリリース”. PR TIMES. 2022年11月22日閲覧。
  146. ^ SixTONESが部屋選びのこだわり語る、エイブル新CMソングは新曲「人人人」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年12月20日). 2022年12月20日閲覧。
  147. ^ SixTONESジェシー&松村北斗の肉体改造&声優経験で“変身”「なにか飛躍できたかな」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年12月19日). 2023年1月9日閲覧。
  148. ^ SixTONESがリーボック“Kicks”アンバサダー就任、新曲「Drive」を使用したCMオンエア”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年3月6日). 2023年3月6日閲覧。
  149. ^ SixTONESの新曲「こっから」が、高橋海人&森本慎太郎W主演ドラマ『だが、情熱はある』第一話にてサプライズ解禁”. THE FIRST TIMES. THE FIRST TAKE (2023年4月10日). 2023年4月18日閲覧。
  150. ^ SixTONES&なにわ男子『#ノキドア』W主題歌に決定 松村北斗&西畑大吾W主演作で【コメント全文あり】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年7月5日). 2023年7月5日閲覧。
  151. ^ 寺島咲菜 (2023年8月30日). “SixTONESが表現する光と闇とは?「ノキドア」主題歌シングル「CREAK」を全曲レビュー”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2023年10月21日閲覧。
  152. ^ 『ジャニーズ銀座2015』”. 2015年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  153. ^ 歌舞伎・演劇 > その他の公演 >少年たち”. 松竹. 2015年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  154. ^ 帝国劇場『ジャニーズ・ワールド』”. 東宝. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月7日閲覧。
  155. ^ ジャニー喜多川作・構成・演出 佐藤勝利×中島健人×A.B.C-Z出演『ジャニーズ・ワールド』製作発表会”. シアターガイド (2015年10月28日). 2017年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月7日閲覧。
  156. ^ 今年はTravis Japan、SixTONESらが出演、「ジャニーズ銀座2016」”. ステージナタリー (2016年3月5日). 2016年3月14日閲覧。
  157. ^ 公演情報 > 歌舞伎・演劇 > その他の公演 > 少年たち 見どころ・キャスト”. 松竹. 2016年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月28日閲覧。
  158. ^ “SixTONESGSnow Man主演舞台で「桶ダンス」復活”. SANSPO.COM. (2016年9月4日). https://www.sanspo.com/article/20160904-ZZYUACYUFRNFHPWLGHSYICQKF4/ 2017年6月11日閲覧。 
  159. ^ 帝国劇場『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』”. JOHNNY'S ALL STARS ISLAND. 東宝 (2016年). 2016年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  160. ^ 関西ジャニーズJr.西畑大吾「関東も関西にしたい!」の言葉にSixTONESジェシーの反応は!?『東SixTONES×西関西ジャニーズJr. SHOW合戦』”. SPICE. イープラス (2017年2月18日). 2017年5月18日閲覧。
  161. ^ 歌舞伎・演劇 > その他の公演 >少年たち 〜Born Tomorrow〜”. 松竹. 2017年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  162. ^ 歌舞伎・演劇 > その他の公演 >少年たちLIVE”. 松竹. 2017年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  163. ^ 帝国劇場『ジャニーズ Happy New Year アイランド』”. 東宝. 2017年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  164. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「少年たち そして、それから・・・」”. Johnny's net. Johnny&Associates (2018年6月20日). 2018年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月20日閲覧。
  165. ^ “ストーンズ&スノーマン出演舞台が映画に ジャニー社長が平和への思い込めた「少年たち…」開幕”. Sponichi Annex. (2018年9月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/08/kiji/20180907s00041000296000c.html 2018年9月15日閲覧。 
  166. ^ 平野紫耀「ジャニーさんの期待を超えたい」シリーズ最新作「ジャニーズKing & Princeアイランド」製作発表会見”. テレビがもっと楽しくなる!. TVLIFE web (2018年9月19日). 2018年9月20日閲覧。
  167. ^ 少年たち To be!”. 少年たち To be!. 松竹 (2019年). 2019年8月10日閲覧。
  168. ^ SUMMER STATION ジャニーズキング”. テレビ朝日 (2016年). 2017年3月28日閲覧。
  169. ^ “ジャニーズJr.異例の25万5000人動員!追加4公演開催を発表”. スポーツ報知. (2017年3月27日). オリジナルの2017年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170327024535/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170327-OHT1T50012.html 2017年3月27日閲覧。 
  170. ^ サマステ 〜君たちが〜KING'S TREASURE”. テレビ朝日 (2017年). 2017年6月6日閲覧。
  171. ^ お台場 踊り場 土日の遊び場- フジテレビ EVENT GUIDE”. 2017年9月25日閲覧。
  172. ^ 「ジャニーズJr.祭り 2018」開催決定 各ユニット単独公演も実施”. モデルプレス (2018年1月19日). 2018年1月19日閲覧。
  173. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)”. Johnny's net. Johnny &Associates (2018年7月30日). 2018年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月30日閲覧。
  174. ^ 令和初『ジャニーズカウントダウン』詳細発表 V6の25周年メドレー&ストスノ初参戦”. ORICON NEWS. オリコン (2019年12月12日). 2021年1月21日閲覧。
  175. ^ Biography(SixTONES)2019”. Johnny's net. Johnny &Associates. 2021年1月20日閲覧。
  176. ^ 2年ぶりの東京ドームから独占生中継!MCはKinKi Kids!夢のコラボユニットのメンバーを決める国民投票も開催!”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2021年12月1日). 2022年1月13日閲覧。
  177. ^ 『ジャニーズカウントダウン2022-2023』開催決定 総勢14組発表 MCは国分太一と井ノ原快彦”. ORICON NEWS (2022年12月7日). 2022年12月31日閲覧。
  178. ^ ジャニーズ13組出演「Johnny’s Festival」12月30日に東京ドームで開催、総合演出は松本潤”. 音楽ナタリー. ナタリー (2021年11月5日). 2022年1月3日閲覧。
  179. ^ 「STARTO ENTERTAINMENT」イベント開催を発表 キンプリ・SixTONES・Snow Manら出演<コメント>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2024年3月2日). 2024年3月11日閲覧。
  180. ^ SixTONES、初の音楽フェス出演へ 浜田雅功MCイベント最終アーティスト発表<ごぶごぶフェス>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2024年3月9日). 2024年3月11日閲覧。
  181. ^ “「Mr.KING」VS「Prince」ジャニーズJr.新冠番組”. DAILY SPORTS ONLINE. (2017年10月6日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/10/06/0010618745.shtml 2017年10月28日閲覧。 
  182. ^ “ジャニーズJr.dex - フジテレビ”. (2017年12月3日). https://www.fujitv.co.jp/johnnysjrdex/index.html 2017年12月3日閲覧。 
  183. ^ ジャニーズJr.『8時だJ』後継番組が誕生 MCにヒロミ「レギュラー化を目指したい!」”. ORICON NEWS. 2020年2月2日閲覧。
  184. ^ SixTONES&SnowMan、『調べるJ』第2弾決定 ジェシー&岩本照が“インストラクター”対決”. ORICON NEWS. 2020年2月2日閲覧。
  185. ^ SixTONES、NHKで初の全員MC番組 “価値観のズレ”を体当たり検証”. ORICON NEWS (2020年11月16日). 2020年11月16日閲覧。
  186. ^ SixTONES、『バリューの真実』第2弾が放送決定 グループの大事な“価値”は「仲の良さ」”. ORICON NEWS (2021年5月21日). 2021年5月22日閲覧。
  187. ^ NHK、Eテレ番組『バリューの真実』『言葉にできない、そんな夜。』など8番組終了へ”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年2月15日). 2024年3月11日閲覧。
  188. ^ 『ジャニーズカウントダウン2020-2021』は生放送番組に 関ジャニ∞ 村上信五MC、11組出演で東京の街から歌を届ける”. Real Sound|リアルサウンド (2020年12月9日). 2022年12月31日閲覧。
  189. ^ SixTONESとSnow Manが紅白初出場 昨年の企画枠から出世”. サンスポ (2020年11月6日). 2023年10月22日閲覧。
  190. ^ YOSHIKIがつないだコロナ禍の世界…QUEEN、LiSA、SixTONESら歌でひとつに【紅白歌合戦】”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 中日新聞 (2021年1月1日). 2023年10月22日閲覧。
  191. ^ 【NHK紅白】SixTONES、「マスカラ」提供の常田大希へ「いつかコラボし“マスカラ”」。Snow Man紅白出場への思いも”. barks. JAPAN MUSIC NETWORK (2021年12月29日). 2022年1月2日閲覧。
  192. ^ SixTONES、紅白トップバッター飾る! Snow Man&なにわ男子も盛り上げる”. マイナビニュース. マイナビ (2022年12月31日). 2023年1月2日閲覧。
  193. ^ “タッキー社長が新プロジェクト ジャニーズJr.コンサートを生配信”. スポーツ報知. (2019年2月22日). https://hochi.news/articles/20190222-OHT1T50025.html?page=1 2022年3月21日閲覧。 
  194. ^ SixTONES&Snow Man、ISLAND TV・ISLAND STOREを卒業へ”. モデルプレス (2020年11月30日). 2020年12月14日閲覧。
  195. ^ SixTONES Channel Teaser (YouTube). SixTONES YouTube Channel. 9 August 2019. 2019年10月25日閲覧
  196. ^ ジャニーズ公式YouTubeでライブ配信 “少しでも皆さまに元気と笑顔を””. ORICON NEWS (2020年3月29日). 2020年7月24日閲覧。
  197. ^ ジャニーズ有料ライブ配信、6・15から開催 出演20組の日程発表”. ORICON NEWS (2020年6月6日). 2020年7月24日閲覧。
  198. ^ YOUTUBE FANFEST ジャパンステージは10月11日21時30分から Snow Manなど出演者も発表”. EVENT MARKETING (2020年9月25日). 2020年9月28日閲覧。
  199. ^ 2022年初の「THE FIRST TAKE」にSixTONESが登場 デビュー曲「Imitation Rain」を披露”. Real Sound. blueprint (2022年1月1日). 2022年1月2日閲覧。
  200. ^ SixTONES、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」再登場。ニュー・アルバム『CITY』より“Everlasting”をここだけのアレンジで披露”. TOWER RECORDS (2022年1月13日). 2022年1月15日閲覧。
  201. ^ SixTONES、2年ぶりの『TFT』で大ヒット曲「こっから」を披露!「歌い慣れているけれども緊張感がありました」”. THE FIRST TIMES. 2024年1月17日閲覧。
  202. ^ Inc, Natasha. “SixTONES「君がいない」主人公がマイクの前へ 「THE FIRST TAKE」SNSにイラスト投稿”. 音楽ナタリー. 2024年1月17日閲覧。
  203. ^ SixTONES、制服姿でモンスト1週間限定CM! どんな時期も「モンストだけは…」”. マイナビニュース (2019年7月5日). 2019年7月5日閲覧。
  204. ^ a b 「新体感ライブ」キャンペーンキャラクターにSixTONES、Snow Manが決定〜SixTONES、Snow Manが出演する「新体感ライブ」スペシャルイベントを独占生配信〜』(pdf)(プレスリリース)株式会社NTTドコモ、2019年12月23日。 オリジナルの2020年1月29日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200129173256/https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_191223_00.pdf2020年1月23日閲覧 
  205. ^ SixTONES・Snow Manがセブン-イレブンとコラボ、“35本の日替わり動画”をアプリで配信”. ORICON NEWS (2019年12月27日). 2020年1月23日閲覧。
  206. ^ SixTONES、「WEGO」初CMに登場! リハなし「素の表情」が見どころ”. マイナビニュース. マイナビ (2020年1月21日). 2020年1月26日閲覧。
  207. ^ @WEGO_press (2020年10月9日). "\BIG NEWS!!/ WEGOの'20AUTUMNキャンペーンが開催決定…". X(旧Twitter)より2020年10月17日閲覧
  208. ^ WEGO '20SAUTUMNキャンペーン”. WEGO ONLINE STORE. 2020年10月17日閲覧。
  209. ^ WEGOクリスマスキャンペーン”. WEGO. 2020年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月20日閲覧。
  210. ^ SixTONES、難易度高めの“ジョアダンス”に挑戦”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2020年3月31日). 2020年4月1日閲覧。
  211. ^ SixTONESと“ジョア”の日常 新CM『1日分』5・10放送スタート”. ORICON NEWS (2021年4月26日). 2021年4月26日閲覧。
  212. ^ SixTONES、SHIBUYA109と初コラボ決定”. モデルプレス (2020年12月18日). 2021年1月11日閲覧。
  213. ^ エイブルの新TV-CMがスタート!イメージキャラクターにはSixTONES(ストーンズ)を起用!”. エイブル (2021年1月1日). 2021年1月11日閲覧。
  214. ^ SixTONES、『LinkBuds S』初体験CM 松村北斗「ミュージックビデオごっこをやりたい」”. ORICON NEWS (2022年6月3日). 2022年6月3日閲覧。
  215. ^ “SixTONES、リーボック新アンバサダー就任 新曲「Drive」で華麗にダンス”. マイナビニュース (マイナビ). (2023年3月6日). https://news.mynavi.jp/article/20230306-2606693/ 2023年3月6日閲覧。 
  216. ^ SixTONESプロデュースのスニーカー「SixTONES CLUB C 85 VINTAGE」発売開始 サイトではメンバー着用カットも”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年6月14日). 2023年7月17日閲覧。
  217. ^ 『らじらー!』公式Twitter@nhk_radirerの2019年3月9日のツイート2019年5月2日閲覧。
  218. ^ SixTONES&Snow Man「らじらー!サタデー」卒業を発表”. モデルプレス (2021年2月27日). 2021年2月28日閲覧。
  219. ^ SixTONES「オールナイトニッポン」 初のパーソナリティ決定!”. ニッポン放送. 2019年7月27日閲覧。
  220. ^ SixTONESがCDデビュー直前のアツい想いを語る2時間のラジオ!ニッポン放送『すとーんずのおしゃべり』”. ニッポン放送. 2019年12月13日閲覧。
  221. ^ “SixTONES、デビュー後初の冠レギュラー番組が決定!”. ニッポン放送. https://news.1242.com/article/212334 2020年3月7日閲覧。 
  222. ^ 「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」今年のパーソナリティはKis-My-Ft2とSixTONES”. 音楽ナタリー (2020年10月31日). 2020年11月1日閲覧。
  223. ^ SixTONES『ミュージックソン』2年連続&初の単独パーソナリティー起用「力強く、そして楽しくお届けできれば」”. ORICON NEWS (2021年10月31日). 2021年10月31日閲覧。
  224. ^ SixTONES、3年連続で『ミュージックソン』メインパーソナリティーに 田中樹「伝えたい想いが増しています」”. ORICON NEWS (2022年10月30日). 2022年10月30日閲覧。
  225. ^ SixTONESがマンスリーラジオのパーソナリティ担当、ルーツや新アルバムについて語る”. 音楽ナタリー (2020年12月27日). 2020年12月28日閲覧。
  226. ^ SixTONES、関西ジャニーズJr.ら勢ぞろいで舞台『少年たち』が初の映画化へ ジャニー喜多川氏が製作総指揮”. SPICE. イープラス (2018年11月16日). 2018年12月16日閲覧。
  227. ^ 映画「YOSHIKI:UNDER THE SKY」HYDE、SUGIZO、SixTONESら歌う劇中セットリスト公開(場面写真10枚)”. 音楽ナタリー. ナタリー (2023年9月4日). 2023年11月15日閲覧。
  228. ^ ジャニーズJr.“SixTONES”、完全シークレットで「関コレ」降臨 新曲&新衣装のランウェイに会場沸く”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年3月17日). 2019年3月26日閲覧。
  229. ^ SixTONES、客席から登場で会場パニック「TGCしずおか」シークレット降臨〈TGCしずおか2020〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年1月11日). 2020年1月12日閲覧。
  230. ^ 3.18 スペシャルイベント 新体感ライブ CONNECT With SixTONES/Snow Man イベントレポート”. 新体感ライブ CONNECT. 2020年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  231. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「CHANGE THE ERA -201ix-」”. Johnny's net. Johnny &Associates (2019年1月17日). 2019年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月26日閲覧。
  232. ^ 「My Style-マイスタイル-」『QLAP!』2019年3月号、音楽と人、2019年2月15日、4-15頁。 
  233. ^ SixTONES、コンサートロゴを滝沢秀明氏に褒められる「自由にやっていいよと」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年3月26日). 2019年3月26日閲覧。
  234. ^ “ジャニーズJr.「Snow Man」単独コンサートで新体制を披露…4万5000人を動員”. スポーツ報知. (2019年3月26日). https://hochi.news/articles/20190325-OHT1T50249.html?page=1 2022年3月21日閲覧。 
  235. ^ Concert・Stage(SixTONES)「Rough"xxxxxx"」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年8月23日). 2019年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月21日閲覧。
  236. ^ SixTONES「Rough"xxxxxx"」10/14長野公演中止のお知らせ”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年10月13日). 2019年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  237. ^ SixTONESツアー名が読めないと話題 特別感あると感激の声も”. 女性自身. 光文社 (2019年9月11日). 2019年11月21日閲覧。
  238. ^ a b SixTONES、デビュー前最後のツアーで絆深まる 松村北斗「SixTONESって面白い」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年11月20日). 2019年11月21日閲覧。
  239. ^ SixTONES、発表にファン歓喜!来年はもっと!”. tvasahi 芸能&ニュース. テレビ朝日 (2019年11月19日). 2019年11月21日閲覧。
  240. ^ Concert・Stage(SixTONES)「TrackONE -IMPACT-」”. Johnny's net. Johnny &Associates (2020年4月3日). 2020年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月14日閲覧。
  241. ^ a b ジャニーズ主催公演に関するお知らせ(2020年8月20日現在)”. Johnny's net (2020年8月20日). 2020年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月23日閲覧。
  242. ^ a b SixTONES田中樹が靴下の毛まみれ(!?)の素足を披露し松村北斗「頼むからやめて」”. フジテレビュー!!. フジテレビ (2020年1月5日). 2020年1月8日閲覧。
  243. ^ SixTONES、デビューイヤーの全国ツアー開幕 嵐・櫻井翔ら“お年玉”で激励”. ORICON NEWS. オリコン (2020年1月5日). 2020年1月8日閲覧。
  244. ^ “SixTONES万感唱 デビュー目前Jr.で最後のツアー開幕”. デイリースポーツonline. (2020年1月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/05/0013009765.shtml 2020年1月8日閲覧。 
  245. ^ ジャニーズ、コロナ影響で関ジャニ∞・NEWSなど公演中止・延期を追加決定 所属タレントによる感染予防活動も始動”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年3月17日). 2020年3月20日閲覧。
  246. ^ “ジャニーズ 30日までの公演中止発表 関ジャニ∞、SixTONESなど”. Sponichi Annex. (2020年4月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/03/kiji/20200403s00041000210000c.html 2020年4月3日閲覧。 
  247. ^ SixTONESアリーナツアー、中止になっていた北海道&静岡公演の振替公演決定”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2020年7月14日). 2020年7月14日閲覧。
  248. ^ “セクゾら8月末までのジャニーズ主催公演再び中止に”. 日刊スポーツ. (2020年8月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008120000277.html 2020年8月12日閲覧。 
  249. ^ a b ジャニーズグループ主催公演に関するお知らせ (2020年12月29日現在)”. Johnny's net (2020年12月29日). 2020年12月29日閲覧。
  250. ^ SixTONES年明けに初アルバム、全国ツアーも”. 日刊スポーツ (2020年11月20日). 2020年11月20日閲覧。
  251. ^ ジャニーズ事務所、関ジュやSixTONESの1月アリーナ公演中止を発表”. 音楽ナタリー (2020年12月29日). 2020年12月29日閲覧。
  252. ^ “SixTONESら2・7までの開催予定公演を中止”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年1月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202101090000220.html 2021年1月9日閲覧。 
  253. ^ ジャニーズ事務所、3・7までの主催コンサート中止 緊急事態宣言延長受け、SixTONESの公演など”. ORICON NEWS (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  254. ^ ジャニーズ事務所主催コンサート、宣言延長を受け一部中止を発表”. 音楽ナタリー (2021年3月6日). 2021年3月9日閲覧。
  255. ^ Concert・Stage(SixTONES)「on eST」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2021年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月25日閲覧。
  256. ^ SixTONES、コンサートツアー振替公演決定 神奈川など4都市で”. モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ (2021年4月14日). 2021年4月30日閲覧。
  257. ^ ジャニーズ事務所、主催公演は政府など定めた「要件に沿って実施」 土日の大阪公演は要請解除まで中止”. ORICON NEWS. オリコン (2021年6月29日). 2021年6月29日閲覧。
  258. ^ SixTONESの2ndアルバム発売決定、数々の物語が“CITY”で交差する”. 音楽ナタリー (2021年11月6日). 2021年11月6日閲覧。
  259. ^ Concert・Stage(SixTONES)「Feel da CITY」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2022年3月17日). 2022年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月21日閲覧。
  260. ^ SixTONESジェシー・森本慎太郎・田中樹が新型コロナ感染 2・1&2・2コンサート中止”. ORICON NEWS (2022年1月28日). 2022年1月29日閲覧。
  261. ^ “宮城でのSixTONES公演中止 地震の影響で”. 産経ニュース. (2022年3月17日). https://www.sankei.com/article/20220317-MEIO4E3PTVI5XLUZB225ZO2SK4/ 2022年3月21日閲覧。 
  262. ^ SixTONES、地震で中止の宮城ライブ振替公演決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年4月20日). 2022年6月2日閲覧。
  263. ^ SixTONES、ツアー開催を発表 来年1月から全国6都市26公演を予定”. ORICON NEWS (2022年11月3日). 2022年11月3日閲覧。
  264. ^ Concert・Stage(SixTONES)「SixTONES LIVE TOUR 2023」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2022年11月3日). 2023年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月3日閲覧。
  265. ^ a b c “SixTONES、全国ツアー初日1万5000人の「声」道標に「もっと大きく進化」4月には初ドーム公演”. スポーツ報知. (2023年1月5日). https://hochi.news/articles/20230104-OHT1T51113.html?page=1 2023年4月27日閲覧。 
  266. ^ a b c “SixTONES初のドーム公演決定!田中樹「今年はみんなをビビらせてやるから!」全国アリーナツアー初日1万5000人興奮”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. (2023年1月5日). https://www.chunichi.co.jp/article/612237 2023年4月27日閲覧。 
  267. ^ SixTONES初のドーム公演をサプライズ発表 ジェシー「今年は勝負の年。衝撃を与えたい」”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2023年1月5日). 2023年1月5日閲覧。
  268. ^ Concert・Stage(SixTONES)「慣声の法則 in DOME」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2023年1月5日). 2023年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月5日閲覧。
  269. ^ “SixTONES、初2大ドームツアー 東京3日間初日、熱狂5万5000ファン ジェシー感涙「素晴らしい景色をありがとう」”. サンスポ (産経新聞社). (2023年4月22日). https://www.sanspo.com/article/20230422-UH4CCZQMIVNURKYQDHZGPDRIRQ/ 2023年4月27日閲覧。 
  270. ^ a b 【SixTONES・初単独東京ドーム初日最速レポート】YOSHIKIさんも登場!「慣声の法則 in DOME」”. CLASSY.. 光文社 (2023年4月22日). 2023年4月27日閲覧。
  271. ^ SixTONES初の4大ドームツアー開催決定”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年12月6日). 2023年12月6日閲覧。
  272. ^ Concert・Stage(SixTONES)「VVS」”. FAMILY CLUB Official Site. SMILE-UP (2023年12月6日). 2023年12月6日閲覧。
  273. ^ SixTONES、令和最初の『TVガイド』で単独初表紙 新連載も決定”. ORICON NEWS. オリコン (2019年5月1日). 2019年5月2日閲覧。
  274. ^ SixTONES、デビュー前にファッション誌連載 テーマは「デート」初回はジェシー”. ORICON NEWS. オリコン (2019年11月20日). 2019年11月21日閲覧。
  275. ^ Media Info(SixTONES)”. ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」. 2020年1月22日閲覧。
  276. ^ 2020年4月号詳細”. WiNK UPオフィシャルサイト. ワニブックス (2020年). 2020年4月1日閲覧。
  277. ^ 2020年5月号詳細”. DUeTオフィシャルサイト. ホーム社 (2020年). 2020年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月2日閲覧。
  278. ^ 「POTATO」2020年6月号詳細”. ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」. 2020年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月1日閲覧。

動画

  1. ^ SixTONES(ストーンズ) - JAPONICA STYLE [Official Music Video]. 5 November 2018. 2021年1月28日閲覧
  2. ^ SixTONES - Imitation Rain (Music Video) [YouTube Ver.]. 25 December 2019. 2021年1月28日閲覧
  3. ^ SixTONES - NAVIGATOR (Music Video) [YouTube Ver.]. 25 June 2020. 2021年1月28日閲覧
  4. ^ SixTONES - NEW ERA (Music Video) - [YouTube Ver.]. 20 October 2020. 2021年1月28日閲覧
  5. ^ SixTONES - ST (Music Video) [YouTube Ver.] (from Album “1ST”). 8 December 2020. 2021年1月28日閲覧
  6. ^ SixTONES "1ST" digeST movie”. YouTube. 2023年8月14日閲覧。
  7. ^ SixTONES - うやむや (Music Video) [YouTube Ver.] (from Album “1ST”). 7 January 2021. 2021年1月28日閲覧
  8. ^ SixTONES - 僕が僕じゃないみたいだ (Music Video) [YouTube Ver.]. 22 January 2021. 2021年1月28日閲覧
  9. ^ SixTONES - Strawberry Breakfast - (Music Video). 11 May 2021. 2021年5月11日閲覧
  10. ^ SixTONES – Lifetime. 18 May 2021. 2021年5月18日閲覧
  11. ^ SixTONES – マスカラ [YouTube Ver.]. 8 July 2021. 2021年7月9日閲覧
  12. ^ SixTONES – フィギュア [YouTube Ver.]. 14 July 2021. 2021年7月14日閲覧
  13. ^ SixTONES – Rosy [YouTube ver.]. 10 December 2021. 2021年12月10日閲覧
  14. ^ SixTONES – 2ndアルバム「CITY」初回盤B限定ユニット曲 nonSTop digeST”. YouTube. 2023年8月14日閲覧。
  15. ^ SixTONES – 共鳴 [YouTube ver.]. 4 February 2022. 2022年2月5日閲覧
  16. ^ SixTONES – FASHION [YouTube ver.]. 18 February 2022. 2022年2月19日閲覧
  17. ^ SixTONES – わたし [YouTube ver.] / Watashi [YouTube ver.]. 17 May 2022. 2022年5月23日閲覧
  18. ^ SixTONES – PARTY PEOPLE. 5 August 2022. 2022年8月6日閲覧
  19. ^ SixTONES – Good Luck! [YouTube ver.]. 7 October 2022. 2022年10月11日閲覧
  20. ^ SixTONES – ふたり [YouTube ver.] / Futari [YouTube ver.]. 14 October 2022. 2022年10月16日閲覧
  21. ^ SixTONES – Boom-Pow-Wow! [YouTube ver.]. 9 December 2022. 2022年12月12日閲覧
  22. ^ SixTONES – 3rd アルバム「声」初回盤B収録ユニット曲 nonSTop digeST”. YouTube. 2023年8月14日閲覧。
  23. ^ SixTONES – ABARERO [YouTube ver.]. 3 March 2023. 2023年3月4日閲覧
  24. ^ SixTONES – こっから [YouTube ver.]. 12 May 2023. 2023年5月23日閲覧
  25. ^ SixTONES – CREAK [YouTube ver.]. 4 August 2023. 2023年9月1日閲覧
  26. ^ SixTONES – Only Holy. 31 December 2023. 2024年2月13日閲覧
  27. ^ SixTONES – アンセム [YouTube ver.]. 1 December 2023. 2023年12月1日閲覧
  28. ^ SixTONES – 君がいない [YouTube ver.]. 9 January 2024. 2024年1月18日閲覧
  29. ^ SixTONES – 4th Album「THE VIBES」初回盤B収録ユニット曲digeST. 8 December 2023. 2024年1月18日閲覧
  30. ^ SixTONES – 音色 [YouTube ver.]. 5 April 2024. 2024年4月11日閲覧

外部リンク