この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

King & Prince

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

King & Prince
別名 Mr.King vs Mr.Prince
(旧グループ名)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル Johnnys’Universe / ユニバーサルJ
2018年 - )
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > King & Prince
UNIVERSAL MUSIC JAPAN > King & Prince
Johnny's web > King & Prince
メンバー Mr.KING
平野紫耀
永瀬廉
髙橋海人
Prince
岸優太
神宮寺勇太
岩橋玄樹(2018年11月から休養[1][2]

King & Prince(キング アンド プリンス[3])は、日本の6人組男性アイドルグループジャニーズ事務所所属。2015年結成。旧グループ名はMr.King vs Mr.Prince(ミスターキング ブイエス ミスタープリンス)[4]。所属レコードレーベルはJohnnys’Universe / ユニバーサルJ[注 1]。愛称は「キンプリ[6][7]

メンバー

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

プロフィール出典[3][8][9]

Mr.KING

名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー[10] 備考
平野紫耀
(ひらの しょう)
(1997-01-29) 1997年1月29日(21歳) O型 愛知県     真紅
永瀬廉
(ながせ れん)
(1999-01-23) 1999年1月23日(19歳) O型 東京都     漆黒
髙橋海人
(たかはし かいと)
(1999-04-03) 1999年4月3日(19歳) A型 神奈川県     ひまわりイエロー

Prince

名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー[10] 備考
岸優太
(きし ゆうた)
(1995-09-29) 1995年9月29日(23歳) A型 埼玉県     リーダー[11]
神宮寺勇太
(じんぐうじ ゆうた)
(1997-10-30) 1997年10月30日(21歳) O型 千葉県     ターコイズブルー
岩橋玄樹
(いわはし げんき)
(1996-12-17) 1996年12月17日(21歳) O型 東京都     濃いピンク 2018年11月から休養[1][2]

略歴

2015年4月24日 - 6月1日にシアタークリエで開催された公演『ジャニーズ銀座2015』にて、4月24日 - 26日・5月30日 - 6月1日の公演を、この6人が抜擢され座長公演を務めたのが、最初となる。その時は、出演者欄はこの6名での連名で表記され、グループ名等の表記はされなかった[12]。また、4月26日の昼公演の当日券が、4枚しか販売されなかったのに対し、抽選で決まる若干数の当日券を求めて1000人以上が列を作ったことで話題となった[13]

2015年6月5日Mr.King vs Mr.Princeが結成され、同時にテレビ朝日のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーター就任が発表される[14]。グループ名は会見2時間前にジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川が決定[4]平野紫耀永瀬廉髙橋海人の3人からなる「Mr.King[注 2]」と、岸優太岩橋玄樹神宮寺勇太の3人からなる「Mr.Prince[注 3]」の2つのユニットがグループ内に存在し、「“王とプリンスの戦い”が意味するとおり、それぞれが火花を散らし、切磋琢磨していく」という意味が込められている[4]。イベントの公式テーマソングには「サマー・ステーション」が選曲され、7月17日に東京ドームで行われたマツダオールスターゲーム2015(第1戦)試合前イベントにて初披露された[16]

結成当初は期間限定グループとされていたが[6]、2015年8月20日に活動の継続が正式に発表され、翌21日の音楽番組『ミュージックステーション』生放送にて「サマー・ステーション」がテレビ初披露された[17]

2016年以降は、Mr.KINGは写真集『DREAM KINGDOM』の発売や『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーター就任[18]、Princeはバラエティ番組『イマドキ男子冒険バラエティ 真夜中のプリンス』レギュラー出演や『ジャニーズ銀座』での公演を行うなど、それぞれのユニットに分かれて活動。しかし2017年夏開催のコンサート『サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE』で6人が揃ったのを機に9月、平野を中心にメンバーが6人でのデビューを社長に直談判した[7]

2018年1月17日、ユニバーサルミュージックの新社屋にて会見が行われ、ジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックが初のタッグを組んだ新レーベル・Johnnys’Universe(ジャニーズ・ユニバース)がユニバーサルJ内に設立され、その第一弾アーティストとしてCDデビューすることが発表された[3]。これに伴い、「6人一緒に」という意味を込め、グループ名をKing & Princeに変更した。また、岸がリーダーに就任したことも併せて発表された[11]。なお、今後もMr.KINGとPrinceはそれぞれのユニット活動を続ける可能性があるという[19]

2月1日、CDデビューより先にファンクラブが発足される[20]。5月16日からは東京・原宿に期間限定で『King & Prince』のスペシャルストア「King & Prince SWEET GARDEN」がオープン[21]。5月26日には都内でデビューイベントが行われ、ファンネームが「ティアラ」に決定した(命名は岩橋玄樹[22]

5月23日に発売されたデビューシングル「シンデレラガール」は発売初日に31.8万枚を売り上げ、オリコンデイリーシングルランキングで初登場1位を記録[23]。その後ウィークリーランキングでも1位を記録した[24]。また、音楽ソフト(シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlue-ray Disc)においても総売上で2018年の上半期8.7億円を記録し、「オリコン上半期ランキング2018」で新設されたアーティスト別セールス部門の新人ランキング1位を記録した[25]

10月26日、岩橋玄樹がパニック障害の治療に専念するため11月初旬から一定期間の休養に入ることが発表される[1][2]。11月14日、大晦日に開催される『第69回NHK紅白歌合戦』に初出場することが発表された。番組の制作統括をつとめる渋谷義人によれば、リリース2作が共にチャート1位を記録するなど「今年の新人の中でも1番の活躍をされていた」ことが高く評価されたという[26]。なお、パニック障害の治療に専念するため、活動休止中の岩橋玄樹を除く5名で出演する予定。

デビューまで

CDデビューに際し社長のジャニー喜多川は、『いつデビューできるの?』という本人達からの直談判と、『6人でデビューしたい』との2つのグループの「合流」という「2つの驚きがあった。」と答えている[27][28]

2組に分かれて高め合う姿を見てきたジャニー社長は、『6人でやるとは絶対、思わなかった。そのような発想が無かった。なんで「3、3」で、きちっとやっているのに6人で集まらないといけないのか?』と自身の考えに合流は無かったと答えている[27]

マスコミによる「デビュー打ち止め」の噂から、神宮寺はデビュー最有力と言われても『もう難しいと思っていた』[28]そうだが、メンバーも直訴までには議論を重ねた。不安もありながらも、平野は『デビューして「もっと有名になりたい。もっと大きな規模で」という気持ちが強くなり、2017年9月に平野本人より『(デビューしたいと)言いに行かない?』とメンバーに告白した。その際、永瀬と岸は『まだ早いんじゃないか?』と思っていたが、その後6人でご飯に行って話し、今の6人で改めて気持ちを一つにして『デビューしたい』と考えが変わり気持ちを伝えた』と葛藤があったことも打ち明けた[27]

作品

シングル

順位はオリコンの発表する週間ランキングでの最高位。

# リリース日 曲名 販売形態 規格品番 週間チャート 初動推移 RIAJ認定
1 2018年05月23日 シンデレラガール 初回限定盤A(CD+DVD) UPCJ-9001 1位[24] 57.7万枚[24] トリプル・プラチナ[29]
初回限定盤B(CD+DVD) UPCJ-9002
通常盤(CD) UPCJ-5001
UNIVERSAL MUSIC STORE限定 K盤(CD) PDCJ-5101
UNIVERSAL MUSIC STORE限定 P盤(CD) PDCJ-5102
2 2018年10月10日 Memorial 初回限定盤A(CD+DVD) UPCJ-9003 1位[30] 40.1万枚[30] ダブル・プラチナ[31]
初回限定盤B(CD+DVD) UPCJ-9004
通常盤(CD) UPCJ-5002

映像作品

# リリース日 タイトル 備考 販売形態 規格品盤 週間チャート
1 2018年12月12日 King & Prince First Concert Tour 2018 ライブ映像作品 初回限定盤(2BD) UPXJ -9001/2 TBA
通常盤(BD) UPXJ-1001
初回限定盤(2DVD) UPBJ-9001/2 TBA
通常盤(2DVD) UPBJ-1001/2

オリジナル曲

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[32]で、アーティスト名に「Mr.King vs Mr.Prince」および「Mr.KING」「Prince」のみを含む楽曲の検索結果をもとに記述。

Mr.King vs Mr.Prince名義
  • サマー・ステーション[16] - JASRAC作品コード:212-7293-0
  • Bounce To Night[33] - JASRAC作品コード:212-7289-1
Mr.KING・Prince名義
  • MIXTURE - JASRAC作品コード:230-8235-6
Mr.KING名義
  • 情熱の色 - JASRAC作品コード:215-6921-5
  • OH!サマーKING[34] - JASRAC作品コード:1J1-4968-0
  • Alright[35] - JASRAC作品コード:1L0-3437-5
  • Beautiful world[36] - JASRAC作品コード:231-3342-2
Prince名義
  • Prince Princess[37] - JASRAC作品コード:221-8383-3
  • For the Glory[37] - JASRAC作品コード:221-8590-9
  • 描いた未来〜たどり着くまで〜 - JASRAC作品コード:230-8370-1
  • You are my Princess[38] - JASRAC作品コード:1L4-3926-0

出演

特記なき場合はMr.King vs Mr.Princeとして出演

テレビ番組

コンサート

  • ガムシャラ!サマーステーション(2015年7月18日 - 21日・8月2日 - 5日・8月20日、東京・EXシアター六本木[46]
  • サマステ ジャニーズキング(2016年7月20日 - 8月28日、EXシアター六本木) - Mr.KING[47]、Prince[48]
  • ジャニーズJr.祭り(2017年3月24日 - 26日、横浜アリーナ / 4月8日 - 9日、さいたまスーパーアリーナ / 5月3日、大阪城ホール) - Mr.KING[49]、Prince[50]
  • サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE(2017年7月20日 - 26日〔Mr.KING〕[35]、7月27日 - 30日〔Prince〕、8月22日 - 27日〔Mr.KING、Prince〕、EXシアター六本木)[51]
  • お台場 踊り場 土日の遊び場(2017年10月14日 - 22日〔Mr.KING〕、28日・29日〔Prince〕、お台場湾岸スタジオ特設会場)[52]
  • My Princess Your Prince(2017年12月26日 - 29日、品川プリンスホテル クラブeX)- Prince[53]

舞台

CM

サポーター

  • テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION(2015年7月18日 - 8月23日)応援サポーター
  • テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION(2016年7月16日 - 8月28日)応援サポーター - Mr.KING[62]
  • テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION(2017年7月15日 - 8月27日)応援サポーター - Mr.KING[63]

イベント

単独コンサート

タイトル 公演規模 備考
2018年 King & Prince First Concert Tour 5都市21公演
(追加2公演含む[69]
26万人動員[70]
初の全国ツアー[71]。宝箱のようなゴンドラで上空から降り、開くとそれぞれのイメージカラーの“玉座”に座った6人がいるという、メンバーとスタッフで決め、ジャニー喜多川にも助言を受けた演出で登場[71]。事務所の先輩の楽曲[72]や新曲11曲を含む計36曲を披露した[70]。2ndシングルの発売が決定し、カップリング曲をファン投票で決める企画も発表された[72]

書籍

写真集

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ Johnnys’Universeとは、ユニバーサルミュージックの社内レーベルであるユニバーサルJ内に新設された本グループのプライベートレーベル。ジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックの共同運営[5]
  2. ^ 2015年10月26日に行われた『ジャニーズ・ワールド』の製作発表記者会見時から表記が「Mr.KING」に変更された[15]
  3. ^ のちに「Prince」に変更された。

出典

  1. ^ a b c “岩橋玄樹、11月から病気休養へ メンバー「戻るまでKing & Prince守る」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年10月26日). https://news.mynavi.jp/article/20181026-714000/ 2018年10月31日閲覧。 
  2. ^ a b c 所属タレント岩橋玄樹(King & Prince)に関するお知らせ”. Johnn's net. ジャニーズ事務所 (2018年10月26日). 2018年10月31日閲覧。
  3. ^ a b c ジャニーズの新星“King & Prince”をおさらい!今春CDデビューへ〈記者会見レポート/メンバーコメント〉”. モデルプレス (2018年1月18日). 2018年3月17日閲覧。
  4. ^ a b c “ジャニーズJr:新ユニット「Mr.King VS Mr.Prince」誕生 名前は「2時間前にジャニーさんが決めた」”. MANTANWEB. (2015年6月5日). http://mantan-web.jp/2015/06/05/20150605dog00m200022000c.html 2016年2月19日閲覧。 
  5. ^ King & Prince、新レーベル「Johnnys’ Universe」から今春CDデビュー”. BARKS (2018年1月18日). 2018年4月10日閲覧。
  6. ^ a b “夏限定ジャニーズJr選抜「キンプリ」誕生”. nikkansports.com. (2015年6月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1488074.html 2016年2月2日閲覧。 
  7. ^ a b 横山慧 (2018年1月18日). “ジャニーズ久々新グループ「キンプリ」CDデビュー”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801180000012.html 2018年1月18日閲覧。 
  8. ^ Mr.KING”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2017年12月2日). 2017年12月7日閲覧。
  9. ^ Prince”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2017年12月2日). 2017年12月7日閲覧。
  10. ^ a b King & Prince「僕らと皆さんの記念日になれば」CDデビュー日が5・23に決定”. TVLIFE Web. 学研プラス (2018年3月15日). 2018年3月17日閲覧。
  11. ^ a b デビュー決定『King & Prince』“初代”リーダーは岸優太”. ORICON NEWS. オリコン (2018年1月17日). 2018年1月25日閲覧。
  12. ^ a b ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. ザテレビジョン (2015年4月26日). 2018年1月22日閲覧。
  13. ^ 「ジャニーズ銀座」当日券4枚に1000人殺到!座長に岩橋玄樹ら”. サンスポ.com (2015年4月27日). 2018年1月22日閲覧。
  14. ^ ジャニーズJr.平野紫耀、永瀬廉ら新ユニット『Mr.King vs Mr.Prince』結成”. ORICON STYLE (2015年6月5日). 2015年12月24日閲覧。
  15. ^ 「ジャニーズこの1年」、『日経エンタテインメント!』2016年1月号、日経BP社2015年12月4日、 74-77頁。
  16. ^ a b キラキラ輝くキンプリが“球宴”で特別なステージを!”. ザテレビジョン (2015年7月4日). 2016年6月8日閲覧。
  17. ^ 活動継続決定のキンプリが『Mステ』出演!アクロバットに生歌でファンを魅了”. T-SITE (2015年8月22日). 2015年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月24日閲覧。
  18. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”の勢いが止まらない!「ベストジーニスト」有力候補メンバーも?「狙っていきたい」”. モデルプレス (2016年8月31日). 2017年3月25日閲覧。
  19. ^ 目指すは「世界」!King & Princeが今春メジャーデビュー (3/3). SANSPO.COM (2018年1月18日) 2018年1月18日閲覧。
  20. ^ King & Prince ファンクラブ発足のお知らせ”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年2月1日). 2018年2月3日閲覧。
  21. ^ キンプリ、5・23「シンデレラガール」でCDデビュー決定 ファン1000人に生披露”. ORICON NEWS. オリコン (2018年3月15日). 2018年3月17日閲覧。
  22. ^ King & Princeデビューイベントはサプライズの連続 ファンの総称は「ティアラ」に決定”. モデルプレス (2018年5月26日). 2018年5月29日閲覧。
  23. ^ 【オリコン】King & Princeデビューシングル、デイリーランキング初登場1位”. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月23日). 2018年5月29日閲覧。
  24. ^ a b c 【オリコン】King & Princeデビュー曲で栄冠 2010年代最高の初週57.7万枚”. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月29日). 2018年5月29日閲覧。
  25. ^ 【オリコン】キンプリ、上半期新人王に 平野紫耀「本当にうれしくてびっくり」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年6月29日). 2018年7月19日閲覧。
  26. ^ “紅白 デビュー1年目で初出場のキンプリ「今年の新人の中でも1番の活躍をされていた」”. Sponichi Annex. (2018年11月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/14/kiji/20181114s00041000300000c.html 2018年11月17日閲覧。 
  27. ^ a b c 【芸能】ジャニー社長 キンプリに驚かされたこと2つ…6人の「デビュー」への情熱とは”. デイリースポーツ (2018年1月21日). 2018年1月22日閲覧。
  28. ^ a b 「King&Prince」デビュー決定 ジャニー社長に直談判で夢実現”. スポニチAnnex (2018年1月18日). 2018年1月22日閲覧。
  29. ^ 7月度GD認定、King&Prince「シンデレラガール」がトリプル・プラチナ”. Musicman-net. F.B.Communications (2018年8月10日). 2018年11月17日閲覧。
  30. ^ a b King & Prince、シングル2作連続初週売上40万超え KAT-TUN以来12年3ヶ月ぶり史上2組目の快挙”. ORICON NEWS. オリコン. 2018年10月16日閲覧。
  31. ^ King&Prince、Mr.Children、米津玄師がダブル・プラチナ認定 レコ協10月度ゴールドディスク認定”. ORICON NEWS. オリコン (2018年11月12日). 2018年11月17日閲覧。
  32. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2018年1月24日閲覧。
  33. ^ 【KING、Prince、HiHi Jet、東京B少年ライブ全曲リポ6】「16.Alright」〜「En3.スペースジャーニー」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年9月9日). 2018年1月25日閲覧。
  34. ^ “テレビ朝日:今夏も大型イベント開催 応援サポーターに「Mr.King」就任&新曲披露”. MANTANWEB. (2016年6月7日). https://mantan-web.jp/article/20160607dog00m200018000c.html 2017年11月7日閲覧。 
  35. ^ a b “ジャニーズJr."Mr.KING"「格好よさ意識」ライブイベント開幕”. スポーツ報知. (2017年7月21日). オリジナル2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107142452/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170720-OHT1T50289.html 2017年11月7日閲覧。 
  36. ^ “ザ少年倶楽部11月10日放送内容”. ザ少年倶楽部. (2017年11月10日). オリジナル2017年11月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/ze296 2017年11月19日閲覧。 
  37. ^ a b 岸優太 (2017年12月22日). 岸優太「家では基本“亀”なんです(笑)」【Princeのホンネに迫る6つの質問】. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/127978/ 2018年1月25日閲覧。 
  38. ^ ザ少年倶楽部「Prince初披露曲!」”. ザ少年倶楽部. NHK (2018年2月9日). 2018年2月9日閲覧。
  39. ^ キンプリ岩橋がジャニーズメドレーで大技をキメる!”. ザテレビジョン (2015年8月7日). 2016年1月17日閲覧。
  40. ^ ジャニーズJr.、新番組で未知なる世界を体験 「ゴールデンのプリンス目指す」”. ORICON STYLE (2016年3月20日). 2016年3月21日閲覧。
  41. ^ Mr.KINGが女子高生にダンス指導! 共に泣き笑う姿に密着”. マイナビニュース (2016年11月17日). 2016年11月17日閲覧。
  42. ^ KING ステーション”. テレビ朝日 (2017年). 2017年9月5日閲覧。
  43. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”初の冠番組が決定 初回は生放送〈番組内容&本人コメント〉”. モデルプレス (2017年6月6日). 2017年6月9日閲覧。
  44. ^ Mr.KING、PrinceらジャニーズJr.の新番組スタート”. モデルプレス (2017年10月6日). 2017年10月7日閲覧。
  45. ^ King & Prince『ZIP!』で冠コーナー、9日から毎日出演! 銀座で自分磨き”. マイナビニュース. マイナビ (2018年4月4日). 2018年4月4日閲覧。
  46. ^ ガムシャラ!サマーステーション スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI 公式サイト. テレビ朝日. 2016年4月22日閲覧。
  47. ^ Mr.KING (2016年6月7日). Mr.KING デビューに最も近いといわれるジャニーズJr.を直撃. (インタビュー). NEWSポストセブン.. http://www.news-postseven.com/archives/20160607_417708.html 2017年3月25日閲覧。 
  48. ^ サマステ ジャニーズキング スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI 公式サイト. テレビ朝日. 2016年6月19日閲覧。
  49. ^ Mr.KING (2017年3月24日). ジャニーズJr.注目トリオ『Mr. KING』新生活への意気込み. (インタビュー). NEWSポストセブン.. http://www.news-postseven.com/archives/20170324_504255.html 2017年3月25日閲覧。 
  50. ^ “ジャニーズJr.異例の25万5000人動員!追加4公演開催を発表”. スポーツ報知. (2017年3月27日). オリジナル2017年3月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170327024535/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170327-OHT1T50012.html 2017年6月8日閲覧。 
  51. ^ サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE”. テレビ朝日 (2017年6月). 2017年6月7日閲覧。
  52. ^ お台場 踊り場 土日の遊び場”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2017年). 2017年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  53. ^ a b ジャニーズJr.・Prince、写真集ランキング初登場首位 総合で5位”. ORICON NEWS. オリコン (2017年12月7日). 2017年12月7日閲覧。
  54. ^ ジャニー喜多川作・構成・演出 佐藤勝利×中島健人×A.B.C-Z出演『ジャニーズ・ワールド』製作発表会”. シアターガイド (2015年10月28日). 2016年2月19日閲覧。
  55. ^ シアタークリエ『ジャニーズ銀座2016』”. 東宝. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。
  56. ^ “ミュージカル「ジャニーズ・ワールド」 「歴史を塗り替えたい」平野紫耀”. 中日スポーツ. (2016年5月5日). オリジナル2016年5月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160505011806/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016050502000195.html 2016年7月16日閲覧。 
  57. ^ “ジャニーズJr平野紫耀 博多、梅田で最年少座長”. nikkansports.com. (2016年7月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1681251.html 2016年9月29日閲覧。 
  58. ^ “「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」出演者代表21人が意気込み…全員コメント”. スポーツ報知. (2016年9月6日). オリジナル2016年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160909203256/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160906-OHT1T50088.html 2017年10月7日閲覧。 
  59. ^ ジャニーズJr.だけで帝劇公演 Mr.KING・平野「すてきな舞台がつくれたら」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月20日). 2017年6月23日閲覧。
  60. ^ 東山紀之、Mr.KINGらジャニーズJr.と舞台共演「どんな化学反応をみせられるのか」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年10月26日). 2018年4月28日閲覧。
  61. ^ 5月デビュー・King & Prince、初CMに喜び! "ツムツムランド"誘う”. マイナビニュース. マイナビ (2018年4月27日). 2018年4月28日閲覧。
  62. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”平野紫耀・永瀬廉・高橋海人、2度目の夏を盛り上げる「ラブラブで行こうぜ!」”. モデルプレス (2016年6月7日). 2016年6月8日閲覧。
  63. ^ Mr.KING『テレ朝夏祭り』公式サポーター テーマ曲も歌う”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月6日). 2017年6月7日閲覧。
  64. ^ “106人ジャニーズ野球祭り 試合はマッチ監督のJ.Redが勝利”. 中日スポーツ. (2016年4月14日). オリジナル2016年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160414054840/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016041402000150.html 2016年7月16日閲覧。 
  65. ^ 4年ぶり開催のジャニーズ野球大会 マッチ率いる『J.Red』の勝利”. ORICON STYLE (2016年4月13日). 2016年5月5日閲覧。
  66. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”、悪天候も上裸&びしょ濡れ姿でファン沸かす「興奮すんなって〜!」”. モデルプレス (2016年7月14日). 2016年7月16日閲覧。
  67. ^ 「ジャニーズ大運動会 2017」開催決定”. 音楽ナタリー (2017年3月15日). 2017年4月30日閲覧。
  68. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”、炎天下でファン2000人とハイタッチ!“イチャイチャコメント”に熱狂”. モデルプレス (2017年7月13日). 2017年9月5日閲覧。
  69. ^ a b Concert / Stage 「King & Prince First Concert Tour」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月13日閲覧。
  70. ^ a b “キンプリに横浜アリーナ熱狂 紅白へ神宮寺「お声がかかれば出たい」”. デイリースポーツonline. (2018年8月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/11/0011532734.shtml 2018年8月13日閲覧。 
  71. ^ a b “キンプリ“王道第一歩” 初の全国ツアー ジャニー社長「間違いなく一時代築く」”. Sponichi Annex. (2018年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/10/kiji/20180810s00041000448000c.html 2018年8月13日閲覧。 
  72. ^ a b King & Prince、初ツアー開幕 2ndシングルリリース決定で新企画始動〈ライブレポ〉”. モデルプレス (2018年8月11日). 2018年8月13日閲覧。
  73. ^ ジャニーズJr.ユニット・Mr.KINGの初写真集が部門首位獲得、往年のアイドル・河合奈保子の写真集は3位に”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年9月8日). 2016年9月29日閲覧。

外部リンク