King & Prince

拡張半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

King & Prince
別名
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル Johnnys' Universe[注釈 3]Project K&P[3](2018年 - )
事務所
公式サイト
メンバー
旧メンバー
King & Prince
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
ジャンル
登録者数 187万人
総再生回数 13億4844万8189回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年4月14日時点。
テンプレートを表示

King & Prince(キング アンド プリンス[4]: King and Prince[注釈 2])は、日本男性アイドルグループ2015年に6人で結成された。所属事務所はSTARTO ENTERTAINMENT、所属レコードレーベルはProject K&P[3]。愛称は「キンプリ[5][6]

旧グループ名はMr.King vs Mr.Prince(ミスターキング ブイエス ミスタープリンス)[7]

ジャニーズ事務所元社長のジャニー喜多川が、生涯最後にデビューさせたグループである[8][9]

メンバー

プロフィール出典[10][11][12]

名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー[13]
永瀬 廉
(ながせ れん)
(1999-01-23) 1999年1月23日(25歳) O型 東京都     漆黒
髙橋 海人
(たかはし かいと)
(1999-04-03) 1999年4月3日(25歳) A型 神奈川県     ひまわりイエロー

元メンバー

名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー[13] 備考
岩橋 玄樹
(いわはし げんき)
(1996-12-17) 1996年12月17日(27歳) O型 東京都     濃いピンク 2018年11月から休養[14][15]。2021年3月31日をもって脱退[16]
平野 紫耀
(ひらの しょう)
(1997-01-29) 1997年1月29日(27歳) O型 愛知県     真紅(深紅) 2023年5月22日をもって脱退[17]。同年10月15日より岸、神宮寺とともにNumber_iとして活動[18]
岸 優太
(きし ゆうた)
(1995-09-29) 1995年9月29日(28歳) A型 埼玉県     2023年5月22日をもって脱退[17]。同年10月15日より平野、神宮寺とともにNumber_iとして活動[18]
神宮寺 勇太
(じんぐうじ ゆうた)
(1997-10-30) 1997年10月30日(26歳) O型 千葉県     ターコイズブルー 2023年5月22日をもって脱退[17]。同年10月15日より平野、岸とともにNumber_iとして活動[18]

経歴

2015年 - 2017年:ジュニア時代、Mr.King vs Mr.Prince

2015年4月24日 - 6月1日にシアタークリエで開催された公演『ジャニーズ銀座2015』にて、4月24日 - 26日・5月30日 - 6月1日の公演を、この6人が抜擢され座長公演を務めたのが、最初となる。その時は、出演者欄はこの6名での連名で表記され、グループ名等の表記はされなかった[19]。また、4月26日の昼公演の当日券が、4枚しか販売されなかったのに対し、抽選で決まる若干数の当日券を求めて1000人以上が列を作ったことで話題となった[20]

2015年6月5日Mr.King vs Mr.Princeとして結成され、同時にテレビ朝日のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーター就任が発表される[21]。グループ名は会見2時間前にジャニーズ事務所社長であるジャニー喜多川が決め[7]平野紫耀永瀬廉髙橋海人の3人からなる「Mr.King[注釈 4]」と、岸優太岩橋玄樹神宮寺勇太の3人からなる「Mr.Prince[注釈 5]」の2つのユニットがグループ内に存在し、「“王とプリンスの戦い”が意味するとおり、それぞれが火花を散らし、切磋琢磨していく」という意味が込められている[7]。イベントの公式テーマソングには「サマー・ステーション」が選曲され、7月17日に東京ドームで行われたマツダオールスターゲーム2015(第1戦)試合前イベントにて初披露された[23]

結成当初は期間限定グループとされていたが[5]、2015年8月20日に活動の継続が正式に発表され、翌21日の音楽番組『ミュージックステーション』生放送にて「サマー・ステーション」がテレビ番組で初披露された[24]

2016年以降はそれぞれ『Mr.KING』『Prince』の2つのユニットに分かれて活動。しかし2017年夏開催のコンサート『サマステ 〜君たちが〜KING'S TREASURE』で6人が揃ったのを機に、9月に平野を中心にメンバーが6人でのデビューを社長に直談判した[6]

King & Princeの結成

CDデビューに際し社長のジャニー喜多川は、『いつデビューできるの?』という本人達からの直談判と、『6人でデビューしたい』との2つのグループの「合流」という「2つの驚きがあった。」と答えている[25][26]。2組に分かれて高め合う姿を見てきたジャニー社長は、『6人でやるとは絶対、思わなかった。そのような発想が無かった。なんで「3、3」で、きちっとやっているのに6人で集まらないといけないのか?』と自身の考えに合流は無かったと答えている[25]

マスコミによる「デビュー打ち止め」の噂から、神宮寺はデビュー最有力と言われても『もう難しいと思っていた』[26]そうだが、メンバーも直訴までには議論を重ねた。不安もありながらも、平野は『デビューして「もっと有名になりたい。もっと大きな規模で」という気持ちが強くなり、2017年9月に平野本人より『(デビューしたいと)言いに行かない?』とメンバーに告白した。その際、永瀬と岸は『まだ早いんじゃないか?』と思っていたが、その後6人で何度も食事に行って話し合い、今の6人で改めて気持ちを一つにして『デビューしたい、と考えが変わり気持ちを伝えた』と葛藤があったことも打ち明けた[25]。また6人は、ジャニー社長に嫌われたら、全員事務所を辞める覚悟で直談判に行ったそうである[27]。後日、平野はグループの公式インスタグラムにて、デビューについてジャニーと相談した際「(平野は)ソロがいいのでは?」と言われたが、平野は「(平野を含めた)6人での活動しか想像できなかった」とし、その思いをジャニーに述べた、と記している[28]

2018年 - 2021年:CDデビュー、紅白歌合戦初出場、岩橋活動休止・脱退

2018年1月17日、ユニバーサルミュージックの新社屋にて会見が行われ、ジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックが初のタッグを組んだ新レーベル・Johnnys’Universe(ジャニーズ・ユニバース)が設立され、その第一弾アーティストとしてCDデビューすることが発表された[4]。これに伴い、「6人一緒に」という意味を込め、グループ名をKing & Princeに改める[注釈 6]。また、当グループで最年長の岸がリーダーに就任したことも併せて発表された[30]。なお、今後もMr.KINGとPrinceはそれぞれのユニット活動を続ける可能性があるとされた[31]

2月1日、CDデビューより先にファンクラブが発足される[32]。5月16日からは東京・原宿に期間限定で『King & Prince』のスペシャルストア「King & Prince SWEET GARDEN」がオープン[33]。5月26日には都内でデビューイベントが行われ、ファンネームが「ティアラ」に決定した(命名は岩橋玄樹[34]

5月23日発売のデビューシングル『シンデレラガール』は発売初日に31.8万枚を売り上げ、オリコンデイリーシングルランキングで初登場1位を記録[35]。その後ウィークリーランキングでも1位を記録した[36]。また、音楽ソフト(シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu-ray Disc)においても総売上で2018年の上半期8.7億円を記録し、「オリコン上半期ランキング2018」で新設されたアーティスト別セールス部門の新人ランキング1位を記録した[37]

10月26日、メンバーの岩橋がパニック障害の治療に専念するため、11月初旬から一定期間の休養に入ることが発表される[14][15]。そのため、12月31日の『第69回NHK紅白歌合戦』には活動休止中の岩橋玄樹を除く5名で初出演した[38][注釈 7]

2019年2月17日、3枚目のシングル『君を待ってる』から岩橋の一部活動再開を発表[40]。しかし同月28日、一部活動再開発表後に「再度不安定な状況に陥った」ことから活動再開は見送られ、『君を待ってる』は岩橋を除く5人でレコーディングし直すために、発売日は2019年3月20日から4月3日へと延期された[41]

ジャニーズ事務所所属グループによる新型コロナウイルス感染拡大防止の支援活動『Smile Up! Project』の一環として、2020年5月13日に結成が発表された[42]75名の期間限定ユニット「Twenty★Twenty」に参加[43][注釈 8]。同年8月12日にシングル『smile』を発売する[44]

2021年3月29日、本人からの申し出により、2018年11月から療養中の岩橋が2021年3月末をもってグループを脱退、合わせて同事務所を退所することが発表された[16]

2021年 - 2023年:公式SNS開設、初の地上波冠番組、4大ドームツアー開催、ミリオンセラー、岸・平野・神宮寺脱退

CDデビュー3周年となる2021年5月23日、午前5時23分にグループの公式TwitterInstagramアカウント及びYouTubeチャンネルが開設され[45]、1枚目のシングル『シンデレラガール』を皮切りに、同月30日まで連日、過去にリリースしたシングルのミュージックビデオのYouTube版が公開された[46][47]。また、この日からグループ初の地上波冠番組『King & Princeる。』の放送も開始された[48]。5月30日、グループ初のインスタライブが行われ、40万人以上が視聴した中で3枚目のアルバムリリースとツアーを発表した[49]

8月21日から8月22日まで日本テレビ系列で生放送された『24時間テレビ44「愛は地球を救う」』にて、メインパーソナリティーを務めた[50]

12月、2021年の日本国内のYouTube新チャンネル登録者数ランキングで、第3位(87.3万人)にランクインした[51]

2022年1月1日、冠番組『King & Princeる。』が元日スペシャルとして全国ネットで放送され[52]、1月16日からはレギュラー放送も開始された[53]

4月2日からグループとしては初となる4大ドームツアー『King & Prince First DOME TOUR 2022 〜Mr.〜』を敢行[54]

岸・平野・神宮寺の脱退

2022年11月4日、2023年5月22日をもって岸、平野、神宮寺のグループ脱退、合わせてジャニーズ事務所の退所を発表した[注釈 9][17][55][56][57]。なお、5月23日以降は永瀬と髙橋の2人でグループを続ける[58]

永瀬は、自身のラジオのレギュラー番組『King & Prince 永瀬廉のRadio GARDEN』にて、通常の内容を変更し、2023年5月22日をもって5人組での活動を終了することを自らの言葉で報告した[59][60]。永瀬は5人での活動継続を望み、3人を引き留めたものの、意思を変えることはできず、その後グループの解散も考えたが、今まで応援してくれたファンのために髙橋と2人でグループを残す選択をしたことを明かした[59]

この脱退発表を受け、先に脱退した岩橋は自身の公式インスタグラムにて、「2021年の3月末にジャニーズ事務所を退所したが、その時も人生で味わった事のない、寂しさ、怖さ、そして勇気と覚悟があり、そんな人生の大切な決断をした3人や、3人の意見を尊重しそしてKing & Princeの名前を残してくれた2人にも本当に誇りに思う。」と、自身の思いを発表した[61][62]

脱退発表後の11月9日に発売された11枚目シングル『ツキヨミ/彩り』は、12月4日付「オリコンデイリーシングルランキング」で、累計売り上げ100.1万枚を記録し、自身初となるミリオンを達成[63]。また、12月22日に発表されたオリコン年間シングルランキングでも、2022年度唯一のミリオン達成となる期間内売上107.5万枚で1位を獲得した[64]。さらに、2023年2月22日に発売された12枚目シングル『Life goes on/We are young』は、2023年3月6日付の「オリコン週間シングルランキング」で初週103.2万枚を売り上げ、2作連続のミリオンと自身初の初週ミリオンを達成した[65]

4月19日、初のベスト・アルバムで5人体制最後の作品となる『Mr.5』を発売[66][67]。初週120.4万枚を売り上げ、アルバム作品でも自身初となるミリオンを達成した[68]

5人体制最後の日となる5月22日、公式SNSを更新し、5人が笑顔で寄り添うショットを公開[69]。5人はそれぞれブログも更新したが、反響が大きすぎたため会員サイトが一時サーバーダウンに陥る[70]。公式YouTubeの総視聴回数はこの日までに10億回を突破した[70]

2023年 - 現在:2人体制での始動

デビュー5周年となる5月23日、YouTubeチャンネルなどで永瀬と髙橋が生配信を行い、2人体制での活動を開始[71]。6月21日には2人体制初の作品となる13枚目シングル『なにもの[72][73]、8月16日には5枚目のアルバム『ピース』を発売し[74]、いずれもオリコンランキングで初登場1位を獲得した[75][76]。年末に発表された「第56回オリコン年間ランキング2023」では、「作品別売上数部門」のシングル・アルバム・合算アルバム・DVDランキング、および「アーティスト別セールス部門」のトータルランキング・音楽ソフトランキングで年間1位を獲得[77]。期間内売上は218.6億円で、2019年度の以来4年ぶり史上5組目となる期間内売上200億円超えを達成した[77]

12月31日には『King & Princeとおおみそか』を生配信[78]。「あそぶ」、「ふりかえる」、「としこす」の3部に分けて配信され、公式YouTubeで生配信された1部の「あそぶ」では配信冒頭で3万6千個のパーツでドミノ倒しをすることを発表[78]。開始直後から公式X(旧Twitter)のトレンドで「#KPとおおみそか_あそぶ」が1位を獲得し、同時視聴者数は14万人を超えた[78][79]。その後2部の「ふりかえる」は会員サイトで動画を公開、3部の「としこす」はFAMILY CULB onlineにて生配信された[79]

記録

シングルの連続初週売上記録
デビュー(1st)シングル[注釈 10]シンデレラガール』から14thシングル『愛し生きること/MAGIC WORD』まで14作連続初週30万枚超えを記録し、「デビュー(1st)シングルからの連続初週売上30万枚超え作品数」で歴代1位となる[80]
音楽映像作品の連続初週売上記録
1st音楽映像作品『King & Prince First Concert Tour 2018』から4th音楽映像作品『King & Prince CONCERT TOUR 2021 〜Re:Sense〜』まで4作連続DVD・BD合計初週売上が20万枚超えを、史上初の達成[81]

受賞歴

2018年
2019年
2021年
2022年
  • #Twitterトレンド大賞「ニュース部門賞」:キンプリ[87]
  • 第55回 オリコン年間ランキング 2022「作品別売上数部門」シングルランキング1位:『ツキヨミ/彩り[64]
2023年
  • 第37回日本ゴールドディスク大賞[88]
    • 「シングル・オブ・ザ・イヤー」(邦楽):『ツキヨミ/彩り』
  • オリコン上半期ランキング2023[89]
    • 「アーティスト別セールス部門」トータルランキング1位
    • 「作品別売上数部門」7冠達成
  • オリコン年間ランキング2023[77][90]
    • 「アーティスト別セールス部門」トータルランキング・音楽ソフトランキング1位
    • 「作品別売上数部門」4冠達成
      • シングルランキング1位:『Life goes on/We are young』
      • アルバムランキング・合算アルバムランキング1位:『Mr.5』
      • DVDランキング1位『King & Prince First DOME TOUR 2022 〜Mr.〜』
2024年
  • 第38回 日本ゴールドディスク大賞[91]
    • アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽):『Mr.5』
    • シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽):『Life goes on/We are young』
  • オリコン令和ランキング(令和元年〜5年)「アーティスト別セールス部門」音楽ソフトランキング1位[92]

ディスコグラフィ

King & Princeのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 5
シングル 14
映像作品 5
ミュージック・ビデオ 52
オリジナル曲 4

順位はオリコン週間ランキング最高位を示す。GD認定は日本レコード協会からのゴールドディスク認定を示し、日本レコード協会公式サイトの「ゴールドディスク認定検索」で、アーティスト名に「King & Prince」を含む作品の検索結果をもとに記述[93]

シングル

  体制 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 順位 初週売上 GD認定 初収録アルバム
1st 6人 2018年05月23日 シンデレラガール CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9001 1位[94] 57.7万枚[95] ミリオン King & Prince
初回限定盤B UPCJ-9002
CD K盤[注釈 11] PDCJ-5101
P盤[注釈 11] PDCJ-5102
通常盤 UPCJ-5001
2nd 2018年10月10日 Memorial CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9003 40.1万枚[96] ダブル・プラチナ
初回限定盤B UPCJ-9004
CD 通常盤 UPCJ-5002
3rd 5人 2019年04月03日 君を待ってる CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9005 39.1万枚[97]
初回限定盤B UPCJ-9006
CD 通常盤 UPCJ-5003
4th 2019年08月28日 koi-wazurai CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9011 39.9万枚[98] L&
初回限定盤B UPCJ-9012
CD 通常盤 UPCJ-5004
5th 2020年06月10日 Mazy Night CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9013 51.8万枚[99]
初回限定盤B UPCJ-9014
CD 通常盤 UPCJ-5005
6th 2020年12月16日 I promise CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9017 56.7万枚[100] Re:Sense
初回限定盤B UPCJ-9018
CD 通常盤 UPCJ-5006
7th 2021年05月19日 Magic Touch/Beating Hearts CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9019 46.4万枚[101]
初回限定盤B UPCJ-9020
CD 通常盤 UPCJ-5007
8th 2021年10月06日 恋降る月夜に君想ふ CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9024 44.2万枚[102] Made in
初回限定盤B UPCJ-9025
CD 通常盤 UPCJ-5008
9th 2022年04月13日 Lovin' you/踊るように人生を。 CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9026 46.6万枚[103]
初回限定盤B UPCJ-9027
CD 通常盤 UPCJ-9028
10th 2022年09月14日 TraceTrace CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9032 50.1万枚[104] Mr.5
初回限定盤B UPCJ-9033
CD 通常盤 UPCJ-9034
11th 2022年11月09日 ツキヨミ/彩り CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9035 79.2万枚[105] ミリオン
初回限定盤B UPCJ-9036
Dear Tiara盤[注釈 12] PROJ-5902
CD 通常盤 UPCJ-9037
12th 2023年02月22日 Life goes on/We are young CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9038 103.2万枚[106]
初回限定盤B UPCJ-9039
Dear Tiara盤[注釈 12] PROJ-5903
CD 通常盤 UPCJ-9040
13th 2人 2023年06月21日 なにもの CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9043 54.4万枚[75] ダブル・プラチナ ピース
初回限定盤B UPCJ-9044
Dear Tiara盤[注釈 12] PROJ-5904
CD 通常盤 UPCJ-9045
14th 2023年11月08日 愛し生きること/MAGIC WORD CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9049 34.8万枚[80] プラチナ 未収録
初回限定盤B UPCJ-9050
CD 通常盤(初回プレス) UPCJ-9051
通常盤[注釈 13] UPCJ-5014
Dear Tiara盤[注釈 12] PROJ-5906
15th 2024年05月23日 halfmoon/moooove!! CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9052
初回限定盤B UPCJ-9053
Dear Tiara盤[注釈 12] PROJ-5907
CD 通常盤(初回プレス) UPCJ-9054

アルバム

オリジナル・アルバム

  体制 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 順位 初週売上 GD認定
1st 5人 2019年06月19日 King & Prince CD+BD 初回限定盤A UPCJ-9007 1位[107] 46.8万枚[108] ダブル・プラチナ
CD+DVD UPCJ-9008
2CD 初回限定盤B UPCJ-9009/10
CD 通常盤 UPCJ-1001
2nd 2020年09月02日 L& CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9015 55.5万枚[109]
初回限定盤B UPCJ-9016
CD 通常盤 UPCJ-1002
3rd 2021年07月21日 Re:Sense CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9021 45.8万枚[110]
初回限定盤B UPCJ-9022
CD 通常盤 UPCJ-9023
4th 2022年06月29日 Made in CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9029 48.6万枚[111]
初回限定盤B UPCJ-9030
CD 通常盤 UPCJ-9031
5th 2人 2023年08月16日 ピース CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9046 34.2万枚[76] プラチナ
初回限定盤B UPCJ-9047
Dear Tiara盤[注釈 12] PROJ-1921
CD 通常盤 UPCJ-9048

ベスト・アルバム

  体制 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 順位 初週売上 GD認定
1st 5人 2023年04月19日 Mr.5 2CD+DVD 初回限定盤A UPCJ-9041 1位[107] 120.4万枚[68] ミリオン
初回限定盤B UPCJ-9042
Dear Tiara盤[注釈 12] PROJ-1920
2CD 通常盤 UPCJ-1005/6

映像作品

総合はミュージックDVD・BDを示す。

  体制 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 順位 初週売上 GD認定
1st 6人 2018年12月12日 King & Prince First Concert Tour 2018 2DVD 通常盤 UPBJ-1001/2 DVD1位
BD1位
総合1位[112]
DVD11.1万枚
BD12.2万枚
合計23.3万枚[113]
プラチナ
初回限定盤 UPBJ-9001/2
BD 通常盤 UPXJ-1001
2BD 初回限定盤 UPXJ-9001/2
2nd 5人 2020年01月15日 King & Prince CONCERT TOUR 2019 2DVD 通常盤 UPBJ-1003/4 DVD14.9万枚
BD16.9万枚
合計31.8万枚[114]
初回限定盤 UPBJ-9003/4
2BD 通常盤 UPXJ-1002/3
初回限定盤 UPXJ-9003/4
3rd 2021年02月24日 King & Prince CONCERT TOUR 2020 〜L&〜 2DVD 通常盤 UPBJ-1005/6 DVD12.8万枚
BD16.2万枚
合計29.0万枚[115]
初回限定盤 UPBJ-9005/6
2BD 通常盤 UPXJ-1004/5
初回限定盤 UPXJ-9005/6
4th 2022年01月12日 King & Prince CONCERT TOUR 2021 〜Re:Sense〜 2DVD 通常盤 UPBJ-1007/8 DVD12.9万枚
BD17.8万枚
合計30.7万枚[116]
初回限定盤 UPBJ-9007/8
2BD 通常盤 UPXJ-1006/7
初回限定盤 UPXJ-9007/8
5th 2023年01月18日 King & Prince First DOME TOUR 2022 〜Mr.〜 3DVD 通常盤 UPBJ-1009/11 DVD24.9万枚
BD37.1万枚
合計62.0万枚[117]
トリプル・プラチナ
初回限定盤 UPBJ-9009/11
2BD 通常盤 UPXJ-1008/9
初回限定盤 UPXJ-9009/10
6th 2023年03月22日 King & Prince ARENA TOUR 2022 〜Made in〜 2DVD 通常盤 UPBJ-1012/3 DVD20.5万枚
BD32.3万枚
合計52.8万枚[118]
ダブル・プラチナ
3DVD 初回限定盤 UPBJ-9012/4
2BD 通常盤 UPXJ-1010/1
初回限定盤 UPXJ-9011/2
7th 2人 2024年03月13日 King & Prince LIVE TOUR 2023 〜ピース〜 3DVD 通常盤 UPBJ-1014/5 DVD5.9万枚
BD9.9万枚
合計15.8万枚[112]
ゴールド
初回限定盤 UPBJ-9015/7
2BD 通常盤 UPXJ-1012/3
初回限定盤 UPXJ-9013/4

ミュージック・ビデオ

タイトル リンク 監督[119] 初収録作品
「シンデレラガール」 [動画 1] 渋江修平 シンデレラガール
「Memorial」 [動画 2] Memorial
「君を待ってる」 [動画 3] 須永秀明 君を待ってる
「Naughty Girl」 [動画 4] King & Prince
ダンスver.
メンバーソロver.
「koi-wazurai」 [動画 5] 大久保拓朗 koi-wazurai
ダンスver.
「Mazy Night」 [動画 6] 酒井伸太郎[120] Mazy Night
1カットダンスVer.
メンバーソロVer.
「&LOVE」 [動画 7] Hidenobu Tanabe L&
ダンスver. [動画 8]
「I promise」 Story ver. [動画 9] 月川翔 I promise
Dance ver. [動画 10]
「Magic Touch」 [動画 11] 新保拓人 Magic Touch/Beating Hearts
Dance ver. [動画 12]
「Beating Hearts」 [動画 13] 白石剛浩
「僕らのGreat Journey」 [動画 14] Re:Sense
「Namae Oshiete」 [動画 15]
Dance ver. [動画 16]
Lyric Video [動画 17] (YouTubeで公開)
「恋降る月夜に君想ふ」 [動画 18] 恋降る月夜に君想ふ
Dance ver. [動画 19] (YouTubeで公開)
「You are my hero」 Special Movie [動画 20] 恋降る月夜に君想ふ
Lyric Video [動画 21] (YouTubeで公開)
「Lovin' you」 [動画 22] 加藤マニ Lovin' you/踊るように人生を。
ソロアングル映像
「踊るように人生を。」 [動画 23]
Dance ver.
「ichiban」 [動画 24] Made in
ソロアングルEdit
Special Dance Clip [動画 25]
「Dream in」 [動画 26] (YouTubeで公開)
「TraceTrace」 [動画 27] 酒井伸太郎[120] TraceTrace
Dance ver. [動画 28]
Lip Sync ver.
「ツキヨミ」 [動画 29] ツキヨミ/彩り
ソロアングルEdit
「彩り」 [動画 30]
KP Cam Video
Lip Sync ver.
「Life goes on」 [動画 31] Life goes on/We are young
Dance ver.
「We are young」 [動画 32]
Lip Sync Ver.
「シンデレラガール 2023」 [動画 33] 酒井伸太郎[120] Mr.5
Dance ver.
「King & Prince, Queen & Princess」 [動画 34]
Live Recording ver.
「なにもの」 [動画 35] なにもの
Lip Sync ver.
「My Love Song」 [動画 36] ピース
Dance ver.
「愛し生きること」 [動画 37] Fujimaru Totsuka 愛し生きること/MAGIC WORD
Lip Sync ver.
「MAGIC WORD」 [動画 38]
Lip Sync ver.

オリジナル曲

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[121]で、アーティスト名に「Mr.King vs Mr.Prince」および「Mr.KING」「Prince」のみを含む楽曲の検索結果をもとに記述。CD化されていないもののみ記載する。

Mr.KING名義
  • 情熱の色 - JASRAC作品コード:215-6921-5
  • Beautiful world[122] - JASRAC作品コード:231-3342-2
Prince名義
  • For the Glory[123] - JASRAC作品コード:221-8590-9
King & Prince名義
  • We are King & Prince![124] - JASRAC作品コード:1M3-2173-4

タイアップ

楽曲 タイアップ
シンデレラガール TBS火曜ドラマ花のち晴れ〜花男 Next Season〜』主題歌[125]
High On Love! 映画『ういらぶ。』主題歌[126]
Memorial 日本テレビ系 深夜ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』主題歌[125]
風に乗れ CM:ベネッセ進研ゼミ 小学講座中学講座高校講座[127]
君を待ってる CM:UHA味覚糖ぷっちょ[125]
CM:Yahoo!Japan「Yahoo!きせかえ」[125]
君に ありがとう 映画『うちの執事が言うことには』主題歌[125]
Sha-la-laハジけるLove CM:大塚食品「ビタミン炭酸 MATCH[125]
マホロバ CM:UHA味覚糖「Sozaiのまんま コロッケのまんま」[125]
Super Duper Crazy CM:ベネッセ「進研ゼミ 小学講座・中学講座」[125]
koi-wazurai 映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』主題歌[128]
Winter Love Story CM:セブン-イレブン「2019年クリスマス」[129]
Mazy Night 日本テレビ系 土曜ドラマ未満警察 ミッドナイトランナー』主題歌[128]
Full Time Lover CM:UHA味覚糖「コロッケのまんま」[130]
Key of Heart 映画『弱虫ペダル』主題歌[128]
I promise CM:セブン-イレブン「2020年クリスマス」[131]
Beating Hearts CM:UHA味覚糖「ぷっちょ」2021年春[131]
恋降る月夜に君想ふ 映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル』主題歌[132]
You are my hero CM:セブン-イレブン「2021年クリスマス」[132]
Lovin' you CM:コーセーコスメポート「ジュレームiP」[133]
踊るように人生を。 日本テレビ系 シンドラ受付のジョー』主題歌[133]
TraceTrace 日本テレビ系 日曜ドラマ新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』主題歌[134]
ツキヨミ TBS系 金曜ドラマクロサギ』主題歌[135]
彩り テレビ朝日オシドラサタデーボーイフレンド降臨!』主題歌[135]
君とメリークリスマス CM:セブン-イレブン「2022年クリスマス」[136]
We are young 日本テレビ系 シンドラ『すきすきワンワン!』主題歌[137]
Life goes on TBS系 火曜ドラマ夕暮れに、手をつなぐ』エンディング曲[138]
Rainbow CM:UHA味覚糖「ぷっちょ 総集編」[139]
なにもの 日本テレビ系 日曜ドラマ『だが、情熱はある』エンディングテーマ(#8 - )[140]
愛し生きること 映画『法廷遊戯』主題歌[141]
MAGIC WORD テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ今日からヒットマン』主題歌[142]
One Sided Love CM:健栄製薬「ヒルマイルド」[143]
moooove!! テレビ東京系 ドラマプレミア2395』主題歌[144]
halfmoon テレビ朝日系 オシドラサタデー『東京タワー』主題歌[145]
Mr.King vs Mr.Prince
曲名 タイアップ
サマー・ステーション テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』公式テーマソング[146]

出演

特記なき場合はKing & Princeとして出演

テレビ番組

レギュラー出演

特別番組

NHK紅白歌合戦出場歴

年度 放送回 曲目 備考
2018年 第69回 シンデレラガール[38]
2019年 第70回 2 King & Prince 〜紅白スペシャルメドレー〜[注釈 14][169]
2020年 第71回 3 I promise[170] 先攻トップバッター[170]
コーナー出演者としても歌唱[注釈 15]
2021年 第72回 4 恋降る月夜に君想ふ[172] 岩橋脱退後初の紅白
2022年 第73回 5 ichiban 5人体制で最後の出場[173]

CM

サポーター

コンサート・フェス

舞台

イベント

ラジオ

単独コンサート

タイトル 公演規模 備考
2018年 King & Prince First Concert Tour 2018 5都市21公演
(追加2公演含む[238]
26万人動員[239]
初の全国ツアー[240]。宝箱のようなゴンドラで上空から降り、開くとそれぞれのイメージカラーの“玉座”に座った6人がいるという、メンバーとスタッフで決め、ジャニー喜多川にも助言を受けた演出で登場[240]。事務所の先輩の楽曲[241]や新曲11曲を含む計36曲を披露した[239]。2ndシングル『Memorial』の発売が決定し、カップリング曲をファン投票で決める企画も発表された[241]
2019年 King & Prince CONCERT TOUR 2019 7都市32公演
(追加4公演含む)
34万人動員[242]
“キラキラした王子様”と“上品で大人っぽいセクシーな王子”という「王子様の二面性」がテーマ[244]。また、メンバーの誕生花をモチーフとしたツアーロゴのイラストを髙橋が手掛け、もう一つの「花」というテーマを表現した[244]。コンサート本編ではこれまでのシングル曲の他、新曲の「koi-wazurai」など33曲を披露[242]。神宮寺と高橋がこだわったという桜の花びらに見立てた紙吹雪の演出や、水鉄砲をファンに向ける場面も見られた[245]。 なお、休養中の岩橋玄樹は本公演には出演していない[243]
2020年 King & Prince CONCERT TOUR 2020 〜L&〜 9都市39公演
5公演(配信)[246]
7月22日に9都市39公演の全国アリーナツアー開催が発表されていたが[248]新型コロナウイルス感染拡大の影響により、8月20日に全公演の中止とオンラインでの映像配信となることが発表された[249]
10月9日から11日までの全5公演、グループ単独では初となるオンラインコンサートが開催され、2ndアルバム『L&』の初回盤ジャケットの世界観で作られた巨大な城のステージで「シンデレラガール」や「Mazy Night」などの楽曲の他、メンバーそれぞれがプロデュースした曲も披露された[250]。また、6thシングル『I promise』の12月16日リリースがサプライズ発表された[250]。休養中の岩橋玄樹は本公演には出演していない[247]
2021年 King & Prince CONCERT TOUR 2021 〜Re:Sense〜 5都市28公演[49]
2022年 King & Prince First DOME TOUR 2022 〜Mr.〜 4都市10公演[54]
46万人動員[54]
初の4大ドームツアー[54]。ツアータイトルは前グループ名の「Mr.King vs Mr.Prince」にちなんだもので、ロゴデザインを髙橋が担当した[54]。その他、衣装のディレクションを永瀬が[54]、「NANANA」の振付を平野と髙橋が、“おふざけコーナー”「フィジャディバ グラビボ ブラジポテト!」を岸が、全体的な演出を神宮寺が担当し、5人それぞれが製作に携わった[9]。直径10メートル[253]で神宮寺命名の時計型巨大観覧車「タイムービング」[54]や全長16メートルの巨大クレーン「メカアーム」[9]で最後方の席でも見やすいような演出が心掛けられ[253]、楽曲についても原点を感じられるようにと「Bounce To Night」などJr.時代の楽曲[54]から最新曲「Lovin' you/踊るように人生を。」まで全37曲が披露された[253]
2022年 King & Prince ARENA TOUR 2022 〜Made in〜 7都市33公演
35万5000人動員[254]
8月6日、北海道立総合体育センター(札幌市)でライブを開催中、ステージ上の機材からの発火による火災が発生し、公演は中止になった[256]。原因は「スモークマシーンのケーブルの接触不良による電気ショートによるもの」と発表され、翌7日の公演は予定通り開催された[257]
公演は神宮寺が命名した総重量50キロの「ドッカン桜」(赤の大量の紙吹雪)が舞う中、オープニング映像無しで楽曲「ichiban」からスタート[258]。和×洋をコンセプトに展開し、後半には四季メドレー、神宮寺命名の「ソードブランコ」(椅子の部分が刀になっている)のパフォーマンスなどを見せ[258]、シングル曲も含め全31曲が披露された[254]。9月19日の横浜アリーナ公演のMCでは11thシングル「ツキヨミ/彩り」のリリース決定も発表された[258]
2023年 King & Princeファンミーティング「King & Princeとうちあわせ」 1都市2公演
3万人動員[259]
2人体制初イベントでKing & Prince初となるファンミーティング[261]
Johnny's netオンラインでも17時30分の回が生配信された[262]
「花道チキンレース」や「ウソをついているのはどっち?」、「借り物競走」といったゲームコーナーが行われた他[74]、声出し制限が解除されたため、ファンからの質問に直接答える場面もあった[259]。曲披露タイムでは「なにもの」、「Magic of Love」、「名もなきエキストラ」[263]、ラストには5人体制時代の楽曲「Lovin' you」も披露した[264]。また、2人体制初のアルバム『ピース』の発売と、8月から全国7か所24公演を周るアリーナツアーが決定したことも発表された[74]
King & Prince LIVE TOUR 2023 〜ピース〜 7都市24公演
27万人動員[74]
アルバム『ピース』を引っ提げて行われた2人体制初のアリーナツアー[266]。「今のKing & Princeのすべて」をテーマに選曲し、本編ラストにデビュー曲「シンデレラガール」、アンコール1曲目に最新シングル「なにもの」を歌うことで“今までと、これから”を表現[267]。衣装・映像・構成・演出など2人が中心となって作り上げ[266]、King & Princeとしてはアリーナコンサート初使用となるレーザーや、国内ツアーでは初めて使用される電子花火を波打たせる最先端の特効機材「スパークラー」、最上階である7階席のファンの目線高さまで上昇できるゴンドラなどの演出も取り入れながら、全29曲を披露した[266][267]

書籍

写真集

カレンダー

  • King & Princeカレンダー2019.4→2020.3(2019年3月8日発売、新潮社[269]
  • King & Princeカレンダー2020.4→2021.3(2020年3月6日発売、新潮社)[270]
  • King & Prince 2021.4-2022.3 ジャニーズ公式カレンダー(2021年3月5日発売、講談社[271]
  • King & Prince 2022.4-2023.3 オフィシャルカレンダー(2022年3月4日発売、集英社[272]

雑誌連載

脚注

注釈

  1. ^ ジャニーズJr.時代の旧ユニット名
  2. ^ a b 公式サイトのURLやSNS(公式アカウントのユーザー名およびハッシュタグ)における表記。
  3. ^ Johnnys' Universeとは、ユニバーサルミュージックの社内レーベルであるユニバーサルJ内に新設された[1]、本グループのプライベートレーベル。ジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックの共同運営[2]
  4. ^ 2015年10月26日に行われた『ジャニーズ・ワールド』の製作発表記者会見時から表記が「Mr.KING」に変更された[22]
  5. ^ のちに「Prince」に変更された。
  6. ^ 菊池風磨によれば、グループ名はSexy Zoneの6枚目のシングルである『King & Queen & Joker』に由来しているという[29]
  7. ^ その後、2022年まで5年連続出場する[39]
  8. ^ 療養中の岩橋を除く。
  9. ^ 平野と神宮寺はグループの脱退と同時に退所、岸は2023年9月30日に退所となる。
  10. ^ グループからのソロデビュー作品、再デビュー作品などを除く。
  11. ^ a b UNIVERSAL MUSIC STORE限定。
  12. ^ a b c d e f g ファンクラブ限定。
  13. ^ 通常盤(初回プレス)終了後に切り替わる。
  14. ^ 「シンデレラガール」(2回目)、「koi-wazurai」を順に披露。
  15. ^ 特別企画「紅白ディズニースペシャルメドレー」では乃木坂46と共に「星に願いを」を披露[171]
  16. ^ 2023年7月号[280]から目次には記載無し。

出典

  1. ^ ユニバーサル 1/18付組織変更と人事異動を発表、新レーベル「Johnnys’ Universe」を設立”. Musicman (2018年1月18日). 2021年7月15日閲覧。
  2. ^ King & Prince、新レーベル「Johnnys’ Universe」から今春CDデビュー”. BARKS (2018年1月18日). 2018年4月10日閲覧。
  3. ^ a b ユニバーサル ミュージック、1/1付組織変更および人事異動を発表”. Musicman. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2023年12月22日). 2024年4月14日閲覧。
  4. ^ a b ジャニーズの新星“King & Prince”をおさらい!今春CDデビューへ〈記者会見レポート/メンバーコメント〉”. モデルプレス (2018年1月18日). 2018年3月17日閲覧。
  5. ^ a b “夏限定ジャニーズJr選抜「キンプリ」誕生”. nikkansports.com. (2015年6月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1488074.html 2016年2月2日閲覧。 
  6. ^ a b 横山慧 (2018年1月18日). “ジャニーズ久々新グループ「キンプリ」CDデビュー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801180000012.html?mode=all 2018年1月18日閲覧。 
  7. ^ a b c “ジャニーズJr:新ユニット「Mr.King VS Mr.Prince」誕生 名前は「2時間前にジャニーさんが決めた」”. MANTANWEB (MANTAN). (2015年6月5日). https://mantan-web.jp/article/20150605dog00m200022000c.html 2022年11月5日閲覧。 
  8. ^ “キンプリ「最後のグループとして」ジャニーさん悼む”. nikkansports.com. (2019年7月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907110000473.html 2019年7月28日閲覧。 
  9. ^ a b c “King&Prince 新伝説第一章“聖地”初見参「最高だぜ!東京ドーム!」”. デイリースポーツonline. (2022年4月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/04/17/0015226318.shtml 2022年4月17日閲覧。 
  10. ^ プロフィール”. STARTO ENTERTAINMENT. 2024年4月12日閲覧。
  11. ^ Mr.KING”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2017年12月2日). 2017年12月7日閲覧。
  12. ^ Prince”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2017年12月2日). 2017年12月7日閲覧。
  13. ^ a b キンプリ、ファンの呼称「シンデレラ」は却下? 平野紫耀「ライブの時に絶対誰かが噛む…」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2018年3月15日). 2021年12月15日閲覧。
  14. ^ a b “岩橋玄樹、11月から病気休養へ メンバー「戻るまでKing & Prince守る」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年10月26日). https://news.mynavi.jp/article/20181026-714000/ 2018年10月31日閲覧。 
  15. ^ a b 所属タレント岩橋玄樹(King & Prince)に関するお知らせ”. Johnn's net. ジャニーズ事務所 (2018年10月26日). 2018年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月31日閲覧。
  16. ^ a b “岩橋玄樹が3月末でキンプリ脱退、ジャニーズ退所「これ以上待たせてしまう事がつらい」 パニック障害で18年11月から休養”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年3月29日). https://hochi.news/articles/20210329-OHT1T50214.html?page=1 2022年4月17日閲覧。 
  17. ^ a b c d 弊社所属アーティスト「King & Pince」に関するご報告”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年11月4日閲覧。
  18. ^ a b c 「Number_i」、デビュー曲「GOAT」を元日にリリース 平野紫耀「めでたい日がデビュー記念日になるなって」:中日スポーツ・東京中日スポーツ”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2024年1月3日閲覧。
  19. ^ a b ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2015年4月26日). 2018年1月22日閲覧。
  20. ^ 「ジャニーズ銀座」当日券4枚に1000人殺到!座長に岩橋玄樹ら”. サンケイスポーツ. 産経デジタル (2015年4月27日). 2018年1月22日閲覧。
  21. ^ ジャニーズJr.平野紫耀、永瀬廉ら新ユニット『Mr.King vs Mr.Prince』結成”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年6月5日). 2015年12月24日閲覧。
  22. ^ 「ジャニーズこの1年」『日経エンタテインメント!』2016年1月号、日経BP社、2015年12月4日、74-77頁。 
  23. ^ キラキラ輝くキンプリが“球宴”で特別なステージを!”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2015年7月4日). 2016年6月8日閲覧。
  24. ^ 活動継続決定のキンプリが『Mステ』出演!アクロバットに生歌でファンを魅了”. T-SITE NEWS. T-MEDIA HOLDINGS (2015年8月22日). 2015年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月24日閲覧。
  25. ^ a b c 上野明彦 (2018年1月21日). “【芸能】ジャニー社長 キンプリに驚かされたこと2つ…6人の「デビュー」への情熱とは”. デイリースポーツ. デイリースポーツ. 2018年1月22日閲覧。
  26. ^ a b 「King&Prince」デビュー決定 ジャニー社長に直談判で夢実現”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2018年1月18日). 2018年1月22日閲覧。
  27. ^ 「キンプリ高橋海人「ジャニーさんに嫌われたらみんなで辞めようって」デビュー直談判の顛末明かす”. 日刊スポーツ (2022年11月12日). 2022年11月12日閲覧。
  28. ^ King & Prince [@kingandprince_j] (2022年2月1日). "さりげなくカメラ目線なジン". Instagramより2022年4月18日閲覧
  29. ^ #155【セクシゾ】ジャニーズマニアだから…安心してた日 (YouTube). ジャにのちゃんねる. 24 August 2022. 該当時間: 01m45s. 2022年8月25日閲覧
  30. ^ デビュー決定『King & Prince』“初代”リーダーは岸優太”. ORICON NEWS. オリコン (2018年1月17日). 2018年1月25日閲覧。
  31. ^ 目指すは「世界」!King & Princeが今春メジャーデビュー”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. p. 3 (2018年1月18日). 2018年1月18日閲覧。
  32. ^ King & Prince ファンクラブ発足のお知らせ”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年2月1日). 2018年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月3日閲覧。
  33. ^ キンプリ、5・23「シンデレラガール」でCDデビュー決定 ファン1000人に生披露”. ORICON NEWS. oricon ME (2018年3月15日). 2018年3月17日閲覧。
  34. ^ King & Princeデビューイベントはサプライズの連続 ファンの総称は「ティアラ」に決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年5月26日). 2018年5月29日閲覧。
  35. ^ 【オリコン】King & Princeデビューシングル、デイリーランキング初登場1位”. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月23日). 2018年5月29日閲覧。
  36. ^ 【オリコン】King & Princeデビュー曲で栄冠 2010年代最高の初週57.7万枚”. ORICON NEWS. oricon ME (2018年5月29日). 2018年5月29日閲覧。
  37. ^ 【オリコン】キンプリ、上半期新人王に 平野紫耀「本当にうれしくてびっくり」”. ORICON NEWS. oricon ME (2018年6月29日). 2018年7月19日閲覧。
  38. ^ a b King & Prince、初紅白で“6色”のスポットライト輝く 休養中・岩橋玄樹の思いのせ「シンデレラガール」〈紅白本番〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年12月31日). 2019年1月4日閲覧。
  39. ^ 【紅白】キンプリ、5年連続・5回目、5人で最後の出場へ反響「目に焼き付けます!」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年11月16日). 2023年5月25日閲覧。
  40. ^ 休養のキンプリ・岩橋玄樹、芸能活動を一部再開へ ファンやメンバー5人に感謝【コメント全文】オリコン(2019年2月17日)
  41. ^ “キンプリ・岩橋玄樹、再びパニック障害の治療専念発表 新曲は5人で再録 発売は2週間延期”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年2月28日). https://hochi.news/articles/20190228-OHT1T50158.html?page=1 2022年4月17日閲覧。 
  42. ^ ジャニーズ15組参加の期間限定ユニットTwenty★Twenty結成、楽曲提供は櫻井和寿”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2020年5月13日). 2020年5月15日閲覧。
  43. ^ むらたかもめ (2020年6月23日). “ジャニーズ期間限定ユニット Twenty★Twenty、櫻井和寿提供の「smile」は歌い継がれる名曲に 歌割りやメロディに感じた工夫”. Real Sound. blueprint. 2020年7月13日閲覧。
  44. ^ “ジャニーズ15組75人期間限定ユニットトニトニのシングル「Smile」が8・12にCD発売!”. サンスポ (産経デジタル). (2020年6月16日). https://www.sanspo.com/article/20200616-MOWHVFJNNFPGFOHMUKUC67FQJE/ 2022年1月4日閲覧。 
  45. ^ King & Prince、公式SNSとYouTube開設 インスタライブも決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年5月23日). 2021年5月23日閲覧。
  46. ^ King & Prince 公式SNSを開設、YouTube版「シンデレラガール」MVも公開”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2021年5月23日). 2021年5月23日閲覧。
  47. ^ King & Prince、公式YouTubeチャンネルで「Magic Touch」映像公開”. BARKS. JAPAN MUSIC NETWORK (2021年5月30日). 2021年6月2日閲覧。
  48. ^ King & Prince、地上波初冠番組でムチャぶり対応「初々しさを大切に」”. マイナビニュース. マイナビ (2021年5月15日). 2021年5月17日閲覧。
  49. ^ a b “キンプリ3枚目アルバムリリース&ツアーを発表 初のインスタライブで喜び爆発”. CHUNICHI Web (中日新聞社). (2021年5月30日). https://www.chunichi.co.jp/article/263478 2021年6月1日閲覧。 
  50. ^ a b King & Prince、『24時間テレビ』初メインパーソナリティー意気込み 岸優太は2年連続【コメント全文】”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年5月9日). 2021年11月17日閲覧。
  51. ^ 2021年に最も再生されたチャンネルや動画は?新規チャンネルはジャニーズが、切り抜き動画はひろゆきが秀出。「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」発表。』(プレスリリース)株式会社BitStar、2021年12月28日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000250.000015232.html2022年8月6日閲覧 
  52. ^ a b “King & Prince:冠番組「King & Princeる。」元日に初の全国ネット 岸優太「お正月にたくさん笑っていただけたら」”. MANTANWEB (MANTAN). (2021年12月7日). https://mantan-web.jp/article/20211207dog00m200005000c.html 2021年12月31日閲覧。 
  53. ^ a b King & Prince初の冠バラエティがレギュラー化、元日から特番でムチャぶり生検証”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年12月27日). 2021年12月26日閲覧。
  54. ^ a b c d e f g h キンプリ、初の東京ドーム単独公演で5.5万人魅了「一つ夢が叶いました」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年4月17日). 2022年4月17日閲覧。
  55. ^ “キンプリから3人脱退&退所へ 来年5・23より永瀬廉と高橋海人の2人組で活動”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年11月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2255869/full/ 2022年11月4日閲覧。 
  56. ^ “平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太が来年5月にキンプリ脱退で退社へ 永瀬廉、高橋海人2人で存続”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2022年11月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202211040001600.html?mode=all 2022年11月4日閲覧。 
  57. ^ キンプリ5人がファンに激白 平野「目標を失い…」岸「自分の実力の差とギャップ」高橋「正直つらい」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2022年11月4日). 2022年11月5日閲覧。
  58. ^ King & Prince平野紫耀・岸優太・神宮寺勇太、グループ脱退を発表 永瀬廉・高橋海人の2人で活動”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年11月4日). 2022年11月4日閲覧。
  59. ^ a b キンプリ永瀬廉が涙「俺と海人に解散という決断させなかった皆さんに感謝」ラジオで声詰まらせ”. 日刊スポーツ (2022年11月11日). 2022年11月11日閲覧。
  60. ^ @reco_oshirase (2022年11月10日). "King&Prince #永瀬廉 のRadioGARDEN". X(旧Twitter)より2022年11月11日閲覧
  61. ^ 岩橋玄樹 公式instagram” (2022年11月7日). 2022年11月11日閲覧。
  62. ^ 岩橋玄樹、3人脱退のキンプリに「どんな形であれ、ずっとずっとKing&Princeが大好き」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2022年11月7日). 2022年11月11日閲覧。
  63. ^ “キンプリが今年度初のシングルミリオンを達成”. サンスポ. (2022年12月5日). https://www.sanspo.com/article/20221205-ZZFCZDR7YZOBHNFSCWLPUUDRC4/ 2022年12月6日閲覧。 
  64. ^ a b 【オリコン年間】King & Princeが自身初の「シングル」1位、平野「ファンのみなさんにトロフィーをおすそ分けしたいくらい感謝」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年12月22日). 2022年12月23日閲覧。
  65. ^ キンプリ、最新シングルが初週ミリオン突破 キンキ以来21年9カ月ぶりの記録も”. マイナビニュース. マイナビ (2023年2月28日). 2023年4月7日閲覧。
  66. ^ King & Prince:ベストアルバム「Mr.5」発売 ファンから感謝「一生大切にします」”. MANTANWEB. MANTAN (2023年4月19日). 2023年4月19日閲覧。
  67. ^ 石井恵梨子 (2023年5月20日). “King & Prince、ベストアルバム『Mr.5』が4週連続トップ3圏内キープ “等身大”という言葉に寄りかからない美しさ”. Real Sound. blueprint. 2023年5月25日閲覧。
  68. ^ a b King & Princeのベストアルバムが初週売上120.4万枚、初週アルバムミリオンは男性アーティスト9組目【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年4月25日). 2023年4月25日閲覧。
  69. ^ キンプリ、5人最後の日に笑顔の集合写真を公開「#ティアラありがとう」”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年5月22日). 2023年6月29日閲覧。
  70. ^ a b 本江希望 (2023年5月23日). “キンプリ3人脱退 ファン悲しむ声、反響でサーバーダウンも”. 産経ニュース (産経新聞社). https://www.sankei.com/article/20230523-EWTPAVVTXJBN3MC4JAPIX2HKQE/ 2023年6月29日閲覧。 
  71. ^ “2人の新生キンプリ始動 デビュー5周年にSNSで生配信 永瀬廉「もう泣くな、泣くな」 高橋海人「ティアラに恩返し」”. サンスポ. (2023年5月24日). https://www.sanspo.com/article/20230524-W7FQSGMVEBKYXO5E6F4L25H57I/ 2023年6月29日閲覧。 
  72. ^ King & Prince 13thシングル『なにもの』6/21 発売決定”. ユニバーサルミュージック. 2023年5月23日閲覧。
  73. ^ King & Prince“気負わず今を楽しむ”新体制シングルリリース、有明アリーナで初のファンミ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年5月23日). 2023年5月23日閲覧。
  74. ^ a b c d King & Princeが5thアルバム「ピース」リリース、8月からアリーナツアー開催”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年7月2日). 2023年7月5日閲覧。
  75. ^ a b King & Prince、初週54.4万枚で「シングル」1位 オリコン史上初の記録も樹立【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年6月27日). 2023年6月29日閲覧。
  76. ^ a b King & Prince、2人体制初アルバムが1位 永瀬、高橋のソロ曲も初収録【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年8月22日). 2023年9月3日閲覧。
  77. ^ a b c King & Princeの2023年は「激動の年」…歩んできた道のり、5人で辿り着いたドーム「僕たちの思い出がちゃんと作品として形に」【オリコン年間】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年12月20日). 2023年12月22日閲覧。
  78. ^ a b c King & Prince、大晦日生配信で3万6千個ドミノ挑戦 “隠されたメッセージ”匂わせ話題に”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年12月31日). 2024年2月29日閲覧。
  79. ^ a b 池田夏葉 (2024年1月10日). “Kis-My-Ft2、WEST.、King & Prince……年越し生配信から見えたグループの個性”. Real Sound. blueprint. 2024年2月29日閲覧。
  80. ^ a b King & Princeがオリコン史上初の快挙 最新シングル1位&デビューから14作連続初週売上30万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年11月14日). 2023年11月15日閲覧。
  81. ^ “King & Prince、コンサート映像作品が「映像3部門」同時1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年1月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2221669/full/ 2022年1月21日閲覧。 
  82. ^ King & Prince「Yahoo!検索大賞」大賞に! アイドル部門賞とダブル受賞”. マイナビニュース. マイナビ (2018年12月5日). 2019年11月23日閲覧。
  83. ^ キンプリ『日本GD大賞』“ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー”受賞 「これからも高みを目指す」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年2月26日). 2019年11月23日閲覧。
  84. ^ King & Prince、ジャニーズ初の快挙に喜び〈GQ MEN OF THE YEAR 2019〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年11月21日). 2019年11月23日閲覧。
  85. ^ キンプリ『withOL大賞』の「一緒に働きたいチーム賞」「OL大賞オブザイヤー」に決定 贈賞式を生配信”. ORICON NEWS. 2021年10月27日閲覧。
  86. ^ 【「#Twitterトレンド大賞」TOP20発表】急上昇アカウント部門賞にKing & Prince JO1・SKY-HIら豪華集結”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年12月20日). 2022年1月4日閲覧。
  87. ^ King & Prince、2022年「#Twitterトレンド大賞」ニュース部門に選出”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年12月22日). 2022年12月23日閲覧。
  88. ^ 【日本ゴールドディスク大賞】King & Prince「シングル・オブ・ザ・イヤー」初受賞”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年3月10日). 2023年3月10日閲覧。
  89. ^ 【オリコン上半期ランキング2023】King & Prince、「作品別」で7冠達成 男性アーティスト35年ぶりの「シングル」&「アルバム」同時1位”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年6月29日). 2023年6月29日閲覧。
  90. ^ King & Princeが嵐以来の総売上200億円超え、年間ランキング作品別4冠を達成【オリコン年間】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年12月20日). 2023年12月22日閲覧。
  91. ^ 【日本ゴールドディスク大賞】King & Prince、アルバム&シングル・オブ・ザ・イヤー含む6冠”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年3月13日). 2024年3月14日閲覧。
  92. ^ King & Princeが令和「音楽ソフト」1位に感慨、ファンの応援で「自分たちはずっとKing & Princeでいることができている」【オリコン令和ランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年4月19日). 2024年4月20日閲覧。
  93. ^ ゴールドディスク認定検索”. 一般社団法人 日本レコード協会. 日本レコード協会. 2024年4月20日閲覧。
  94. ^ King & Princeの作品 シングル”. オリコン. 2023年11月15日閲覧。
  95. ^ “【オリコン】King&Princeデビュー曲で栄冠 2010年代最高の初週57.7万枚”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2112370/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  96. ^ “King&Prince、シングル2作連続初週売上40万超え KAT-TUN以来12年3ヶ月ぶり史上2組目の快挙”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2121558/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  97. ^ “King&Prince、12年4ヶ月ぶり史上3組目 デビューから3作連続初週30万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2133189/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  98. ^ “King&Prince、4作連続1位 12年3ヶ月ぶり史上3組目「デビューシングルから4作連続の初週30万枚超え」【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2143599/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  99. ^ “King&Prince新曲、初週50万枚超え 12年7ヵ月ぶり、史上3組目の「デビューシングルから5作連続の初週30万枚超え」も記録【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2164617/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  100. ^ “King&Prince、最新シングルがデビューから6作連続1位を獲得【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2179901/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  101. ^ “King&Prince「MagicTouch/BeatingHearts」がデビューから7作連続1位を獲得【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2194437/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  102. ^ “King & Prince「恋降る月夜に君想ふ」が1位 KinKi Kids以来22年ぶり2組目の記録達成【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年10月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2209993/full/ 2022年4月19日閲覧。 
  103. ^ “King & Prince、「Lovin' you / 踊るように人生を。」が9作連続「シングル」1位 22年1ヵ月ぶり、史上2組目の好記録も【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2231945/full/ 2022年4月19日閲覧。 
  104. ^ “King & Prince、最新シングル「TraceTrace」が1位、デビューから10作連続で初週30万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2249968/full/ 2022年9月20日閲覧。 
  105. ^ “King & Prince、最新作「ツキヨミ/彩り」が、「シンデレラガール」超えの自己最高売上79.2万枚で「シングル」1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年11月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2256961/full/ 2022年11月27日閲覧。 
  106. ^ King & Princeが自身初の初週ミリオン突破、自己最高103.2万枚で「シングル」12作連続1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年2月28日). 2023年2月28日閲覧。
  107. ^ a b King & Princeの作品 アルバム”. オリコン. 2023年9月3日閲覧。
  108. ^ “King&Prince、初アルバムが1位&男性アーティスト歴代3位の売上「皆さんと共に素敵な未来を」【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2138433/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  109. ^ “King&Prince、2ndアルバム初登場1位に 初週50万枚超えは今年度3作目【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2171407/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  110. ^ “King&Prince『Re:Sense』、初週売上45.8万枚で初登場1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年7月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2201484/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  111. ^ “King & Prince最新アルバム『Made in』が1位 18年3ヵ月ぶりに1stから4作連続初週売上30万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年7月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2241148/full/ 2022年7月5日閲覧。 
  112. ^ a b King & Princeが7作連続の映像3部門同時1位、史上初の記録も【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年3月21日). 2024年3月24日閲覧。
  113. ^ “King&Princeの初ライブ映像、1st音楽映像作品の初週売上で歴代記録”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2125846/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  114. ^ “King&Prince、最新ライブDVD&BD2作連続3部門同時1位獲得【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2153779/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  115. ^ “King&Princeの最新ライブ映像作品が初登場1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年3月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2186142/full/ 2021年11月4日閲覧。 
  116. ^ King & Prince、コンサート映像作品が「映像3部門」同時1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年1月20日). 2022年1月21日閲覧。
  117. ^ King & Prince、自身初のドーム公演の映像作品が「映像」3冠【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年1月26日). 2023年1月26日閲覧。
  118. ^ King & Prince、初週売上52.8万枚で「映像3部門」1位 史上2組目の2作連続初週売上50万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年3月30日). 2023年3月30日閲覧。
  119. ^ ミュージックビデオサーチ”. SPACE SHOWER TV. 2022年2月14日閲覧。[リンク切れ]
  120. ^ a b c cobne.|酒井伸太郎 Shintaro Sakai”. 酒井伸太郎オフィシャルサイト. 2024年3月25日閲覧。
  121. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2018年1月24日閲覧。
  122. ^ “ザ少年倶楽部11月10日放送内容”. ザ少年倶楽部. (2017年11月10日). オリジナルの2017年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/ze296 2017年11月19日閲覧。 
  123. ^ 岸優太(インタビュー)「岸優太「家では基本“亀”なんです(笑)」【Princeのホンネに迫る6つの質問】」『ザテレビジョン』、2017年12月22日https://thetv.jp/news/detail/127978/2018年1月25日閲覧 
  124. ^ 【ライブレポート】King & Prince 初のコンサートツアー 横浜アリーナより開幕!|邦楽・K-POP”. HMV&BOOKS online. 株式会社ローソンエンタテインメント (2018年8月13日). 2019年4月19日閲覧。
  125. ^ a b c d e f g h King & Prince [通常盤][CD]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  126. ^ Memorial [通常盤][CD MAXI]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  127. ^ 君を待ってる [通常盤][CD MAXI]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  128. ^ a b c L& [通常盤][CD]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  129. ^ I promise [通常盤][CD MAXI]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  130. ^ UHA味覚糖「コロッケのまんま」CMソング「Full Time Lover」6/10発売 シングル「Mazy Night」通常盤に収録”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  131. ^ a b Re:Sense [通常盤(初回プレス)][CD]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  132. ^ a b 恋降る月夜に君想ふ [通常盤][CD MAXI]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2021年11月4日閲覧。
  133. ^ a b Lovin'you/踊るように人生を。[通常盤(初回プレス)][CD MAXI]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2022年2月13日閲覧。
  134. ^ TraceTrace[通常盤(初回プレス)][CD MAXI]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2022年9月20日閲覧。
  135. ^ a b ツキヨミ/彩り[通常盤(初回プレス)][CD MAXI]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2022年9月20日閲覧。
  136. ^ King & Prince 11th Single「ツキヨミ / 彩り」2022.11.9(水) 商品情報”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. ユニバーサルミュージック合同会社 (2022年10月14日). 2022年11月1日閲覧。
  137. ^ キンプリ、岸優太主演ドラマ主題歌「We are young」を担当「夕暮れ時に聴きたくなるような背中を押してくれる楽曲」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年12月20日). 2022年12月20日閲覧。
  138. ^ キンプリ新曲、広瀬すず×永瀬廉ドラマのED曲に決定 音源は第1話の放送で解禁”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年1月17日). 2023年1月17日閲覧。
  139. ^ King & Prince「ぷっちょ」CM7編を15秒間にアソート”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年3月8日). 2023年4月7日閲覧。
  140. ^ King & Prince「だが、情熱はある」エンディングテーマ担当、SixTONESとダブル主題歌体制に”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年5月24日). 2023年5月24日閲覧。
  141. ^ King & Prince、新曲「愛し生きること」が永瀬廉主演映画『法廷遊戯』主題歌に決定 優しい歌声が切ない余韻を残す楽曲に”. Real Sound|リアルサウンド. blueprint (2023年10月1日). 2023年10月1日閲覧。
  142. ^ King & Princeの新曲「MAGIC WORD」が相葉雅紀主演『今日からヒットマン』主題歌に決定!【コメントあり】”. TV LIFE web. ワン・パブリッシング (2023年10月6日). 2023年10月6日閲覧。
  143. ^ 健栄製薬ヒルマイルドCMソングに「One Sided Love」が決定!”. King & Prince公式サイト. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2023年11月3日). 2023年11月10日閲覧。
  144. ^ 高橋海人主演ドラマの主題歌はKing & Princeの新たなヒップホップチューン「moooove!!」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2024年3月26日). 2024年3月26日閲覧。
  145. ^ 永瀬廉主演『東京タワー』主題歌はキンプリ新曲「halfmoon」 小林武史プロデュースのバラード「ぜひ楽しみにしてください!」”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年4月7日). 2024年4月7日閲覧。
  146. ^ キンプリ、オールスターゲームで新曲初披露 アクロバティックに魅了”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツNEWS (2015年7月17日). 2023年4月7日閲覧。
  147. ^ ジャニーズJr.、新番組で未知なる世界を体験 「ゴールデンのプリンス目指す」”. ORICON STYLE (2016年3月20日). 2016年3月21日閲覧。
  148. ^ KING ステーション”. テレビ朝日 (2017年). 2017年9月5日閲覧。
  149. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”初の冠番組が決定 初回は生放送〈番組内容&本人コメント〉”. モデルプレス (2017年6月6日). 2017年6月9日閲覧。
  150. ^ 永瀬廉、King & Prince「ザ少年倶楽部」卒業で感謝 思い出振り返る”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年4月23日). 2021年4月25日閲覧。
  151. ^ 柚月裕実 (2023年3月31日). “King & Prince 永瀬廉&髙橋海人、『ザ少年倶楽部プレミアム』MC就任 これまでの経験をどう生かす?”. Real Sound. blueprint. 2023年5月25日閲覧。
  152. ^ NHK『ザ少年倶楽部プレミアム』の新タイトルは『プレミセ!』 キンプリ&岡田圭右が引き続きMC”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年11月15日). 2023年11月15日閲覧。
  153. ^ 「プレミセ!」初回はロケ企画 永瀬廉、高橋海人らの珍道中にSNS大盛り上がり「可愛すぎた」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年11月24日。2023年11月25日閲覧。
  154. ^ NHK「ニュージェネ!」「プレミセ!」3月末で終了 昨年末「ザ少年俱楽部」などから改名”. モデルプレス. ネットネイティブ (2024年2月14日). 2024年2月29日閲覧。
  155. ^ 「キンプリがミスチル・斉藤和義曲カバー!ゲストIKKO」”. プレミセ!. NHK (2024年3月15日). 2024年3月24日閲覧。
  156. ^ King & Prince『ZIP!』で冠コーナー、9日から毎日出演! 銀座で自分磨き”. マイナビニュース. マイナビ (2018年4月4日). 2018年4月4日閲覧。
  157. ^ King & Prince 新シーズン突入!|ZIP!|日本テレビ”. ZIP!. 日本テレビ (2018年7月4日). 2019年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月19日閲覧。
  158. ^ GEM TV Asia [@gemtvasia] (2019年11月28日). "King & Prince goes for apprenticeship! Watch them undergo rigorous training and overcome difficult missions to be the best apprentice~ 'DESHIIRI King & Prince' premieres tonight at 9PM (8PM JKT/BKK). #KingPrince #キンプリ". X(旧Twitter)より2022年8月6日閲覧
  159. ^ King & Prince『ZIP!』で新コーナー開始 オリパラ種目に挑戦”. マイナビニュース. マイナビ (2019年3月25日). 2019年4月9日閲覧。
  160. ^ King & Prince『ZIP!』で新コーナー、週1回7時台で放送時間拡大”. マイナビニュース. マイナビ (2020年8月18日). 2020年8月20日閲覧。
  161. ^ King & Prince「ZIP!」卒業 メンバー全員で4年間の想い語る”. モデルプレス (2022年3月27日). 2022年4月1日閲覧。
  162. ^ King & Prince:初の地上波冠番組「King & Princeる。」がデビュー日の5月23日に放送”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2021年5月15日). 2021年12月26日閲覧。
  163. ^ a b 『King & Princeる。』番組初のゴールデン2時間SPが決定!5・20放送”. TV LIFE web. ワン・パブリッシング (2023年4月14日). 2023年4月15日閲覧。
  164. ^ 新体制のキンプリ、7月からレギュラー番組開始 日テレ土曜昼枠・劇団ひとり&ザキヤマと再共演”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年5月23日). 2023年5月23日閲覧。
  165. ^ “永瀬廉「甘えています(笑)」高橋海人「めちゃくちゃ怖かった」 キンプリ新番組”. マイナビニュース (マイナビ). (2023年6月25日). https://news.mynavi.jp/article/20230625-2711909/ 2023年6月25日閲覧。 
  166. ^ キンプリ岩橋がジャニーズメドレーで大技をキメる!”. ザテレビジョン (2015年8月7日). 2016年1月17日閲覧。
  167. ^ Mr.KINGが女子高生にダンス指導! 共に泣き笑う姿に密着”. マイナビニュース (2016年11月17日). 2016年11月17日閲覧。
  168. ^ Mr.KING、PrinceらジャニーズJr.の新番組スタート”. モデルプレス (2017年10月6日). 2017年10月7日閲覧。
  169. ^ 【紅白】キンプリ、早着替え成功で2パターンの“王子さま”衣装を披露”. ORICON NEWS. オリコン (2019年12月31日). 2021年5月3日閲覧。
  170. ^ a b “第71回NHK紅白歌合戦:曲順発表 大トリMISIA、白組トリは福山雅治 トップバッターはKing & Prince、Foorin 嵐は後半登場”. MANTANWEB. (2020年12月28日). https://mantan-web.jp/article/20201228dog00m200054000c.html 2020年12月28日閲覧。 
  171. ^ King & Prince×乃木坂46が豪華コラボ 紅白ディズニースペシャルメドレーに反響「これぞまさに夢の国」<紅白本番>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年12月31日). 2021年4月25日閲覧。
  172. ^ <紅白本番>King & Prince永瀬廉「みーちゃんも見てくれてるのかな」にファン悶絶「おかえりモネ」清原果耶&坂口健太郎が絶賛”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年12月31日). 2022年1月4日閲覧。
  173. ^ “【紅白歌合戦】King & Prince「ichiban」5人で紅白ラスト歌唱/曲目発表”. 日刊スポーツ. (2022年12月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202212220000386.html 2022年12月23日閲覧。 
  174. ^ 5月デビュー・King & Prince、初CMに喜び! "ツムツムランド"誘う”. マイナビニュース. マイナビ (2018年4月27日). 2018年4月28日閲覧。
  175. ^ 平野紫耀が涙…King & Princeが“King & Prinちょ”に改名!?”. TVLIFE Web. 学研プラス (2019年3月6日). 2019年3月6日閲覧。
  176. ^ King & Princeがまたまた改名!? 「ぷっちょ」TVCM第二弾が9/7よりオンエア開始”. Billboard JAPAN (2019年8月29日). 2020年3月15日閲覧。
  177. ^ King & Prince、ぷっちょ派vsぷっちょボール派でグループ断裂の危機”. Billboard JAPAN (2020年3月5日). 2020年3月15日閲覧。
  178. ^ キンプリ、新CM撮影の思わぬシンクロ 食レポの感想が合致”. ORICON NEWS (2019年4月25日). 2019年5月5日閲覧。
  179. ^ 【公式】King&Prince出演TVCM公開中! - 『Sozaiのまんま コロッケのまんま』 UHA味覚糖”. 【公式】Sozaiのまんま コロッケのまんま - UHA味覚糖. 2019年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月19日閲覧。
  180. ^ King & Prince、新CM撮影も指示は「自由にどうぞ!」賑やかな姿満載に”. マイナビニュース. マイナビ (2020年7月13日). 2020年7月13日閲覧。
  181. ^ King & Prince、パジャマにスーツにCMで6スタイルの“きせかえ”披露”. ORICON NEWS (2019年3月19日). 2019年3月25日閲覧。
  182. ^ King & Prince撮影で、平野紫耀がマジボケ! 「Yahoo!検索」新CM”. マイナビニュース. マイナビ (2019年8月20日). 2019年8月21日閲覧。
  183. ^ King & PrinceがXmasケーキをアピール「小さい子から大人のすごい方まで楽しめる」”. マイナビニュース (2019年9月19日). 2020年3月2日閲覧。
  184. ^ 2020年「おうちで過ごす」クリスマス 9月21日(月)より、全国のセブン‐イレブンにて予約開始』(プレスリリース)セブンイレブン、2020年9月9日https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2020/202009091000.html2020年11月9日閲覧 
  185. ^ “セブンイレブン「King&Prince(キンプリ)」クリスマスキャンペーン2021年も、アートスピーカーなどプレゼント”. 食品産業新聞社ニュースWEB (食品産業新聞社). (2021年9月21日). https://www.ssnp.co.jp/distribution/189810/ 2021年10月12日閲覧。 
  186. ^ “King & Prince、昨年のクリスマスプレゼント交換会を回顧「愛が試される」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年10月28日). https://news.mynavi.jp/article/20221028-2496540/ 2022年10月28日閲覧。 
  187. ^ King&Princeのみなさんが『ミートピア』を体験する映像を公開。無料体験版も本日から配信開始。”. 任天堂 (2021年4月28日). 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  188. ^ ムービー”. マリオパーティ スーパースターズ|Nintendo Switch. 任天堂. 2021年10月11日閲覧。
  189. ^ 緑里孝行(クラフル) (2021年10月11日). “「マリオパーティ スーパースターズ」King & Princeが「スゴロク」を体験する2つのCMが公開!”. GAME Watch. https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1357370.html 2021年10月13日閲覧。 
  190. ^ キンプリ“メッセンジャー”『Honda』試乗体験で夢叶う 平野紫耀「楽しかったの一点張り」”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年11月8日). 2023年9月21日閲覧。
  191. ^ キンプリ全員で1年ぶり2回目の『Hondaハート』CM出演「より愛が増してます」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年12月13日). 2023年9月21日閲覧。
  192. ^ “2015年夏★今年もやります!テレ朝夏祭り!!”. touch!★テレアサ (テレビ朝日). (2015年6月5日). https://www.tv-asahi.co.jp/reading/touch/41091/ 2015年6月17日閲覧。 
  193. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人、2度目の夏を盛り上げる「ラブラブで行こうぜ!」”. モデルプレス (2016年6月7日). 2016年6月8日閲覧。
  194. ^ Mr.KING『テレ朝夏祭り』公式サポーター テーマ曲も歌う”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月6日). 2017年6月7日閲覧。
  195. ^ ガムシャラ!サマーステーション スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI 公式サイト. テレビ朝日. 2015年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月22日閲覧。
  196. ^ Mr.KING(インタビュー)「Mr.KING デビューに最も近いといわれるジャニーズJr.を直撃」『NEWSポストセブン』、2016年6月7日https://www.news-postseven.com/archives/20160607_417708.html?DETAIL2017年3月25日閲覧 
  197. ^ サマステ ジャニーズキング スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI 公式サイト. テレビ朝日. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
  198. ^ Mr.KING(インタビュー)「ジャニーズJr.注目トリオ『Mr. KING』新生活への意気込み」『NEWSポストセブン』、2017年3月24日https://www.news-postseven.com/archives/20170324_504255.html?DETAIL2017年3月25日閲覧 
  199. ^ “ジャニーズJr.異例の25万5000人動員!追加4公演開催を発表”. スポーツ報知. (2017年3月27日). オリジナルの2017年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170327024535/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170327-OHT1T50012.html 2017年6月8日閲覧。 
  200. ^ “ジャニーズJr."Mr.KING"「格好よさ意識」ライブイベント開幕”. スポーツ報知. (2017年7月21日). オリジナルの2017年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107142452/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170720-OHT1T50289.html 2017年11月7日閲覧。 
  201. ^ サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE”. テレビ朝日 (2017年6月). 2017年6月7日閲覧。
  202. ^ お台場 踊り場 土日の遊び場”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2017年). 2017年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  203. ^ a b ジャニーズJr.・Prince、写真集ランキング初登場首位 総合で5位”. ORICON NEWS. オリコン (2017年12月7日). 2017年12月7日閲覧。
  204. ^ “ジャニーズカウコン:今年もフジテレビで中継 嵐&関ジャニがメドレー キンプリが初出演”. MANTANWEB. (2018年11月29日). https://mantan-web.jp/article/20181129dog00m200044000c.html 2021年2月19日閲覧。 
  205. ^ 令和初『カウコン』ジャニーズ144人集結 NEXTステージ&V6“25周年メドレー”に5万5000人熱狂”. ORICON NEWS. オリコン (2020年1月1日). 2021年4月25日閲覧。
  206. ^ 来年も活躍期待の“丑年”ジャニーズを紹介 関ジャニ大倉&キスマイ北山、キンプリ平野&神宮寺など華やかメンツがずらり”. ORICON NEWS. オリコン (2020年12月31日). 2021年4月25日閲覧。
  207. ^ 完全版!ジャニーズカウントダウン2020→2021”. Johnny's net online (2021年1月1日). 2021年1月1日閲覧。
  208. ^ 『ジャニーズカウントダウン』2年ぶり生中継 嵐・相葉雅紀『VS魂』チーム&“国民投票”結果も発表”. ORICON NEWS. オリコン (2022年1月1日). 2022年1月7日閲覧。
  209. ^ 『ジャニーズカウントダウン』“声出しOK”の会場は大盛り上がり”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年1月1日). 2024年3月14日閲覧。
  210. ^ 「Johnny's World Happy LIVE with YOU」 2020.3.30(月)20時〜配信 【KAT-TUN / A.B.C-Z / King & Prince】 (YouTube). Johnny's official. 30 March 2020. 2020年7月13日閲覧
  211. ^ V6、King & Prince、嵐…オンラインライブで示したそれぞれの個性と存在感 『Johnny’s World Happy LIVE with YOU』Day1”. Real Sound|リアルサウンド (2020年6月17日). 2020年7月11日閲覧。
  212. ^ “『ジャニーズフェス』に4万人のファン熱狂!キンキ・堂本光一「ここからが新しいスタート」 13組71人ファミリー集結”. サンケイスポーツ. (2020年12月31日). https://www.sanspo.com/article/20211231-CXYR4W3OXZK6LHECEGWJNQCWAY/ 2022年1月7日閲覧。 
  213. ^ King & Princeがフェス初出演!リーダーズ、WANIMAらも熱演した「ドリフェス」初日”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年11月6日). 2023年11月10日閲覧。
  214. ^ 「STARTO ENTERTAINMENT」イベント開催を発表 キンプリ・SixTONES・Snow Manら出演<コメント>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2024年3月2日). 2024年3月14日閲覧。
  215. ^ 『STARTO ENTERTAINMENT』東京Dで夢の一夜 ファンとともに「新たな一歩」踏み出す【ライブレポ】”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年4月11日). 2024年4月14日閲覧。
  216. ^ ジャニー喜多川作・構成・演出 佐藤勝利×中島健人×A.B.C-Z出演『ジャニーズ・ワールド』製作発表会”. シアターガイド (2015年10月28日). 2017年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月19日閲覧。
  217. ^ シアタークリエ『ジャニーズ銀座2016』”. 東宝. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。
  218. ^ “ジャニーズJr平野紫耀 博多、梅田で最年少座長”. nikkansports.com. (2016年7月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1681251.html 2016年9月29日閲覧。 
  219. ^ “ミュージカル「ジャニーズ・ワールド」 「歴史を塗り替えたい」平野紫耀”. 中日スポーツ. (2016年5月5日). オリジナルの2016年5月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160505011806/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016050502000195.html 2016年7月16日閲覧。 
  220. ^ “「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」出演者代表21人が意気込み…全員コメント”. スポーツ報知. (2016年9月6日). オリジナルの2016年9月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160909203256/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160906-OHT1T50088.html 2017年10月7日閲覧。 
  221. ^ ジャニーズJr.だけで帝劇公演 Mr.KING・平野「すてきな舞台がつくれたら」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月20日). 2017年6月23日閲覧。
  222. ^ 東山紀之、Mr.KINGらジャニーズJr.と舞台共演「どんな化学反応をみせられるのか」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年10月26日). 2018年4月28日閲覧。
  223. ^ “キンプリ新年の誓い「6人で冠番組」療養中・岩橋の分も…平野、睡眠1時間で主演舞台”. スポーツ報知. (2019年1月3日). https://hochi.news/articles/20190102-OHT1T50174.html?page=1 2022年4月17日閲覧。 
  224. ^ Biography(King & Prince)2018”. 2021年1月20日閲覧。
  225. ^ ジャニーズの新ユニット“キンプリ”、スターの証明? イベント中だけ雨上がる”. ORICON NEWS (2015年7月16日). 2015年7月16日閲覧。
  226. ^ “106人ジャニーズ野球祭り 試合はマッチ監督のJ.Redが勝利”. 中日スポーツ. (2016年4月14日). オリジナルの2016年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160414054840/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016041402000150.html 2016年7月16日閲覧。 
  227. ^ 4年ぶり開催のジャニーズ野球大会 マッチ率いる『J.Red』の勝利”. ORICON STYLE (2016年4月13日). 2016年5月5日閲覧。
  228. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”、悪天候も上裸&びしょ濡れ姿でファン沸かす「興奮すんなって〜!」”. モデルプレス (2016年7月14日). 2016年7月16日閲覧。
  229. ^ 「ジャニーズ大運動会 2017」開催決定”. 音楽ナタリー (2017年3月15日). 2017年4月30日閲覧。
  230. ^ ジャニーズJr.“Mr.KING”、炎天下でファン2000人とハイタッチ!“イチャイチャコメント”に熱狂”. モデルプレス (2017年7月13日). 2017年9月5日閲覧。
  231. ^ 【挨拶からあふれる6人の色】King & Prince (岩橋玄樹・神宮寺勇太・岸優太・平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人)デビュー曲『シンデレラガール』発表イベントレポート”. with online (2018年3月16日). 2022年2月13日閲覧。
  232. ^ King & Prince、デビューイベントで1000人とハイタッチ”. 音楽ナタリー (2018年5月26日). 2022年2月13日閲覧。
  233. ^ King & Prince「シンデレラガール」発売記念トーク&ハイタッチイベント開催”. 音楽ナタリー (2018年4月20日). 2022年2月13日閲覧。
  234. ^ King & Prince 5th Anniversary「King & Princeとうちあげ」”. FAMILY CLUB online. SMILE-UP. (2023年11月4日). 2024年4月14日閲覧。
  235. ^ King & Princeとうちあげ花火”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2024年4月14日閲覧。
  236. ^ King & Princeがティアラ3万人との“花火デート”に大興奮「こんな贅沢なことないよ」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2024年4月12日). 2024年4月14日閲覧。
  237. ^ A.B.C-Z&キンプリ出演、ジャニーズの歴史2時間生特集”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年8月10日). 2022年2月20日閲覧。
  238. ^ a b Concert / Stage 「King & Prince First Concert Tour」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月13日閲覧。
  239. ^ a b “キンプリに横浜アリーナ熱狂 紅白へ神宮寺「お声がかかれば出たい」”. デイリースポーツonline. (2018年8月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/11/0011532734.shtml 2018年8月13日閲覧。 
  240. ^ a b “キンプリ“王道第一歩” 初の全国ツアー ジャニー社長「間違いなく一時代築く」”. Sponichi Annex. (2018年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/10/kiji/20180810s00041000448000c.html 2018年8月13日閲覧。 
  241. ^ a b King & Prince、初ツアー開幕 2ndシングルリリース決定で新企画始動〈ライブレポ〉”. モデルプレス (2018年8月11日). 2018年8月13日閲覧。
  242. ^ a b キンプリ、デビュー2年目34万人動員ツアーが開幕 嵐・松潤からも助言”. ORICON NEWS. オリコン (2019年7月22日). 2019年7月28日閲覧。
  243. ^ a b Concert・Stage(King & Prince)「King & Prince CONCERT TOUR 2019」”. Johnny's net. 2019年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月19日閲覧。
  244. ^ a b キンプリが横アリ公演で“王子様の二面性”を表現! さらに新曲も披露”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2019年7月22日). 2019年7月28日閲覧。
  245. ^ “キンプリコンサート メンバーこだわりの紙吹雪&水浸し演出”. NEWSポストセブン (小学館). (2019年7月28日). https://www.news-postseven.com/archives/20190728_1419303.html/2 2019年7月28日閲覧。 
  246. ^ a b King & Prince CONCERT TOUR 〜L&〜”. Johnny's net オンライン. 2020年10月11日閲覧。
  247. ^ a b Concert・Stage(King & Prince)「King & Prince CONCERT TOUR 〜L&〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2020年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月22日閲覧。
  248. ^ King & Prince、全国アリーナツアー開催決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年7月22日). 2020年10月11日閲覧。
  249. ^ “ジャニーズ事務所 年内の大型公演中止を発表、オンラインでの映像配信へ”. Sponichi Annex. (2020年8月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/08/20/kiji/20200820s00041000268000c.html 2020年8月20日閲覧。 
  250. ^ a b King & Prince、12・16に6thシングル発売 グループ単独初のオンライン公演が開幕”. ORICON NEWS. オリコン (2020年10月9日). 2020年10月11日閲覧。
  251. ^ Concert・Stage(King & Prince)「King & Prince CONCERT TOUR 2021 〜Re:Sense〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2021年5月30日). 2021年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月1日閲覧。
  252. ^ Concert・Stage(King & Prince)「King & Prince First DOME TOUR 2022 〜Mr.〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2022年2月15日). 2022年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月15日閲覧。
  253. ^ a b c “King&Prince初の東京ドーム公演 ティアラに 天国のジャニー喜多川さんに 笑顔で全37曲熱唱”. スポーツ報知. (2022年4月17日). https://hochi.news/articles/20220416-OHT1T51216.html?page=1 2022年4月17日閲覧。 
  254. ^ a b “キンプリアリーナツアー横浜公演最終日に1万5000人…平野「スーパーアイドルだから」これからも王道歩む”. スポーツ報知. (2022年9月20日). https://hochi.news/articles/20220919-OHT1T51221.html?page=1 2022年9月21日閲覧。 
  255. ^ Concert・Stage(King & Prince)「King & Prince ARENA TOUR 2022 〜Made in〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2022年9月5日). 2022年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  256. ^ “King&Prince、ライブ中の火災により公演中止を発表 7日の開催については「協議の上で可否を判断」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年8月6日). https://hochi.news/articles/20220806-OHT1T51227.html?page=1 2022年8月6日閲覧。 
  257. ^ “キンプリ、7日の2公演は開催へ グループ公式ツイッターは6日の公演に訪れていたファンへ「また会えるように頑張るね」”. サンスポ. (2022年8月6日). https://www.sanspo.com/article/20220806-CRULP2YSQJE7RIC4TPGL6F3O2I/ 2022年9月21日閲覧。 
  258. ^ a b c King & Prince、横浜アリーナで11thシングル発売決定報告 平野紫耀/高橋海人主演ドラマ主題歌の両A面”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年9月20日). 2022年9月21日閲覧。
  259. ^ a b “キンプリ永瀬廉&高橋海人の2人体制初イベント「5人で歩んできた歴史も背負う」3万人魅了”. 日刊スポーツ. (2023年7月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202307020001261.html 2023年7月2日閲覧。 
  260. ^ Concert・Stage(King & Prince)「King & Princeファンミーティング「King & Princeとうちあわせ」」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2023年5月23日). 2023年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月23日閲覧。
  261. ^ King & Prince“気負わず今を楽しむ”新体制シングルリリース、有明アリーナで初のファンミ”. ナタリー (2023年5月23日). 2023年5月30日閲覧。
  262. ^ King & Prince、初ファンミーティングの生配信決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年6月26日). 2023年7月5日閲覧。
  263. ^ King & Prince、初ファンミーティングで「Lovin' you」&最新曲歌唱 2人のLINEも特別公開でファン歓喜”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年7月2日). 2023年7月5日閲覧。
  264. ^ “King & Prince 新体制初ファンの前でイベント ラストで5人体制時代の楽曲熱唱”. デイリースポーツonline. (2023年7月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/07/03/0016542519.shtml 2023年7月5日閲覧。 
  265. ^ Concert・Stage(King & Prince)「King & Prince LIVE TOUR 2023 〜ピース〜」”. FAMILY CLUB Official Site. SMILE-UP. (2023年11月21日). 2023年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月21日閲覧。
  266. ^ a b c キンプリ、新体制後初ツアーでティアラに感謝「僕たちには、みなさんがいる」 神奈川5公演10万人を魅了”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年10月23日). 2023年10月25日閲覧。
  267. ^ a b キンプリ永瀬廉&高橋海人、2人体制で初アリーナツアー「みんなに甘えてばっかり」ファンに感謝」『日刊スポーツ』、2023年10月23日。2023年10月25日閲覧。
  268. ^ ジャニーズJr.ユニット・Mr.KINGの初写真集が部門首位獲得、往年のアイドル・河合奈保子の写真集は3位に”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年9月8日). 2016年9月29日閲覧。
  269. ^ King & Princeカレンダー 2019.4→2020.3 好評発売中!”. News Headlines. 新潮社 (2018年). 2019年5月24日閲覧。
  270. ^ 『King & Prince カレンダー 2020.4→2021.3 Johnnys' Official』(仮)が新潮社から発売決定!”. News Headlines. 新潮社 (2019年). 2019年10月31日閲覧。
  271. ^ King & Prince 2021.4-2022.3 ジャニーズ公式カレンダー 講談社より発売決定!”. with online. 講談社 (2020年10月23日). 2020年12月25日閲覧。
  272. ^ 【King & Prince】3月4日発売! 本体200ページ超えの大注目カレンダーの、推しポイントをメンバーが解説”. HAPPY PLUS. 集英社 (2022年3月1日). 2022年3月4日閲覧。
  273. ^ 『Myojo』2018年5月号、集英社、2018年3月23日、170-171頁。 
  274. ^ 『Myojo』2019年9月号、集英社、2019年7月22日、136-137頁。 
  275. ^ a b c Media Info(King & Prince) | Johnny's net”. ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」. 2020年1月21日閲覧。
  276. ^ 『Myojo』2019年10月号、集英社、2019年8月22日、150-151頁。 
  277. ^ キンプリ、『non-no』でファッション誌初連載 初回は平野紫耀&永瀬廉の“ファッション”がテーマ”. ORICON NEWS. オリコン (2021年6月14日). 2021年6月14日閲覧。
  278. ^ POTATO 2018年10月号”. POTATOweb.. 2019年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月19日閲覧。
  279. ^ 2023年6月号”. POTATO web. ワン・パブリッシング. 2023年11月30日閲覧。
  280. ^ 2023年7月号”. POTATO web. ワン・パブリッシング. 2023年11月30日閲覧。

動画

  1. ^ King & Prince「シンデレラガール」YouTube Edit - YouTube
  2. ^ King & Prince「Memorial」YouTube Edit - YouTube
  3. ^ King & Prince「君を待ってる」YouTube Edit - YouTube
  4. ^ King & Prince「Naughty Girl」YouTube Edit - YouTube
  5. ^ King & Prince「koi-wazurai」YouTube Edit - YouTube
  6. ^ King & Prince「Mazy Night」YouTube Edit - YouTube
  7. ^ King & Prince「&LOVE」YouTube Edit - YouTube
  8. ^ King & Prince「&LOVE」ダンスVer.映像ダイジェスト - YouTube
  9. ^ King & Prince「I promise」-Story ver.- YouTube Edit - YouTube
  10. ^ King & Prince「I promise」-Dance ver.- YouTube Edit - YouTube
  11. ^ King & Prince「Magic Touch」YouTube Edit - YouTube
  12. ^ King & Prince「Magic Touch」-Dance ver.- YouTube Edit - YouTube
  13. ^ King & Prince「Beating Hearts」YouTube Edit - YouTube
  14. ^ King & Prince「僕らのGreat Journey」YouTube Edit - YouTube
  15. ^ King & Prince「Namae Oshiete」YouTube Edit - YouTube
  16. ^ King & Prince「Namae Oshiete」-Dance ver.- YouTube Edit - YouTube
  17. ^ King & Prince「Namae Oshiete」Lyric Video - YouTube
  18. ^ King & Prince「恋降る月夜に君想ふ」YouTube Edit - YouTube
  19. ^ King & Prince「恋降る月夜に君想ふ」Music Video -Dance ver.- - YouTube
  20. ^ King & Prince「You are my hero」Special Movie Digest - YouTube
  21. ^ King & Prince「You are my hero」Lyric Video - YouTube
  22. ^ King & Prince「Lovin' you 」YouTube Edit - YouTube
  23. ^ King & Prince「踊るように人生を。」YouTube Edit - YouTube
  24. ^ King & Prince「ichiban」YouTube Edit - YouTube
  25. ^ King & Prince「ichiban」Special Dance Clip YouTube Edit - YouTube
  26. ^ King & Prince「Dream in」YouTube Edit - YouTube
  27. ^ King & Prince「TraceTrace」YouTube Edit - YouTube
  28. ^ King & Prince「TraceTrace」-Dance ver.- YouTube Edit - YouTube
  29. ^ King & Prince「ツキヨミ」YouTube Edit - YouTube
  30. ^ King & Prince「彩り」YouTube Edit - YouTube
  31. ^ King & Prince「Life goes on」YouTube Edit - YouTube
  32. ^ King & Prince「We are young」YouTube Edit - YouTube
  33. ^ King & Prince「シンデレラガール 2023」YouTube Edit - YouTube
  34. ^ King & Prince「King & Prince, Queen & Princess」YouTube Edit - YouTube
  35. ^ King & Prince「なにもの」YouTube Edit - YouTube
  36. ^ King & Prince「My Love Song」YouTube Edit - YouTube
  37. ^ King & Prince「愛し生きること」 - YouTube
  38. ^ King & Prince「MAGIC WORD」YouTube Edit - YouTube

外部リンク