有岡大貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ありおかだいき
有岡大貴
生年月日 (1991-04-15) 1991年4月15日(30歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県[1]
身長 164.5 cm[2]
血液型 A型[1]
職業
ジャンル テレビドラマCM映画バラエティ
活動期間 2003年[3] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
先生はエライっ!
スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜
金田一少年の事件簿』シリーズ
掟上今日子の備忘録
孤食ロボット
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season
映画
こどもつかい
劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-
備考
J.J.Express(2004年 - 2007年)
Hey! Say! 7 (2007年)
Hey! Say! JUMP(2007年 - )
Hey! Say! BEST(2007年 - )
A.Y.T.(2017年)
テンプレートを表示

有岡 大貴(ありおか だいき[1]1991年4月15日[1] - )は、日本の歌手俳優タレントで、男性アイドルグループHey! Say! JUMPのメンバー[1]

千葉県出身[1]。ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

かつては子役として活動し、2001年に連続時代劇[4]スーパー戦隊シリーズ百獣戦隊ガオレンジャー』に出演したり[5]Mr.Childrenの楽曲「ファスナー」のライブ用映像に出演していたこともある[6]

幼稚園の頃から香取慎吾に憧れており、小学6年生の時に自分でジャニーズ事務所に履歴書を送る[7]2003年にオーディションを経て入所[3]2004年にジャニーズJr.内ユニット・J.J.Expressのメンバーとなる[3][7]2007年4月[3]Hey! Say! 7(期間限定ユニット)が結成されメンバーとなり[8]、同年8月1日にCDデビュー。同年9月24日にHey! Say! JUMPが結成されメンバーとなり、同年11月14日にCDデビューする。

堀越高等学校出身[9]

2017年八乙女光髙木雄也と共に日本テレビ系テレビドラマ『孤食ロボット』の主演を務め、3人で新ユニット・A.Y.T.を結成して主題歌「Are You There?」も担当した[10]

出演[編集]

グループでの出演はJ.J.Express#出演Hey! Say! BESTHey! Say! JUMPを参照 ※主演作品は太字表記

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

舞台[編集]

CM・広告[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

作品[編集]

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[32]において、「有岡大貴」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

曲名 作詞 作曲 JASRAC
作品コード
名義 収録 備考
君と僕のフューチャー 磯崎健史 磯崎健史 161-8805-5 Hey!Say!JUMP
有岡大貴
Bubble Gum 辻村有記 辻村有記 239-4445-5 Hey!Say!JUMP
有岡大貴
アルバム『SENSE or LOVE』〈初回限定盤〉特典CD - 有岡ソロ
RELOAD 有岡大貴 Joakim Björnberg,Christofer Erixon,Atsushi Shimada 5A1-0136-0 Hey!Say!JUMP アルバム『smart
UNION 有岡大貴,薮宏太,八乙女光 Andreas Ohrn,Chris Wahle,MiNE 1H6-2018-3 有岡大貴
八乙女光
薮宏太
Hey!Say!JUMP
アルバム『JUMPing CAR』 - 有岡大貴&八乙女光&薮宏太
桜、咲いたよ 作田雅弥 作田雅弥 709-4293-5 Hey!Say!JUMP シングル『AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ 』〈初回限定盤3〉 ラップ詞を担当[33]
ASAP! 有岡大貴,知念侑李 知念侑李,有岡大貴,辻村有記 シングル『Sing-along』〈初回限定盤2〉[34]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Johnny's net > Hey! Say! JUMP > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2014年1月25日閲覧。
  2. ^ DUET』2018年5月号、p.23 ホーム社(2018/4/7)
  3. ^ a b c d プロフィール”. CDJournal. 2017年4月1日閲覧。
  4. ^ a b “ジャニーズ先輩に続け!有岡が大石主税役”. デイリースポーツonline. (2011年11月6日). オリジナルの2011年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111107072345/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/11/06/0004600801.shtml 2018年7月19日閲覧。 
  5. ^ 酒井一圭 (2018年12月31日). “紅白、行ってきます!”. 純烈 Official Blog. 2020年2月23日閲覧。
  6. ^ 佐藤結衣 (2017年8月14日). “Hey! Say! JUMP 有岡大貴、いよいよ演技で脚光 様々な役柄で見せる眼差しの強さ”. Real Sound. 2018年7月19日閲覧。
  7. ^ a b 「J.J.EXPRESSが走り出す!!」『duet』2004年6月号、ホーム社、2004年、 60頁。
  8. ^ Hey!Say!7が男性グループ史上最年少1位!”. ORICON STYLE (2007年8月7日). 2016年12月25日閲覧。
  9. ^ “ヘイセイ有岡「恥ずかしいけど僕の代だけ…」 堀越時代の切ないエピに驚きの声「デビューしてたのに?」”. Sponichi Annex. (2021年5月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/05/24/kiji/20210524s00041000322000c.html 2021年6月27日閲覧。 
  10. ^ Hey! Say! JUMP、3人組新ユニットが誕生『孤食ロボット』で主題歌を担当”. テレビドガッチ (2017年5月15日). 2018年7月8日閲覧。
  11. ^ a b Hey! Say! JUMP Biography 2006”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2006年). 2018年7月8日閲覧。
  12. ^ “Hey!Say!JUMPの4人が主演”. デイリースポーツonline. (2008年3月1日). オリジナルの2008年5月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080305031251/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/03/01/0000856739.shtml 2018年7月4日閲覧。 
  13. ^ “Hey!Say!JUMP山田が意外な告白”. SANSPO.COM. (2008年10月2日). オリジナルの2008年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081004051139/http://www.sanspo.com/geino/news/081002/gng0810020501000-n1.htm 2018年7月19日閲覧。 
  14. ^ “山田涼介演じる“金田一”が1年ぶり復活 ライバル役に成宮寛貴”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年9月11日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2028546/full/ 2013年9月16日閲覧。 
  15. ^ 岡田将生&及川光博&有岡大貴らが出演決定!土9ドラマ「掟上今日子の備忘録」”. cinemacafe.net (2015年8月18日). 2016年8月25日閲覧。
  16. ^ Hey! Say!有岡&高木&八乙女が連ドラ主演 “ミニサイズ”ロボ役に挑戦”. ORICON NEWS. オリコン (2017年5月15日). 2018年7月4日閲覧。
  17. ^ Hey! Say! JUMP有岡大貴「コード・ブルー」で月9出演決定 目覚ましい俳優活動に注目”. モデルプレス (2017年5月23日). 2017年6月10日閲覧。
  18. ^ a b 『コード・ブルー』スペシャル&スピンオフドラマ放送決定 成田凌、有岡大貴、新木優子ら中心に”. Real Sound (2018年7月4日). 2018年7月8日閲覧。
  19. ^ “Hey! Say! JUMP有岡大貴、ドラマ単独初主演!「探偵☆星鴨」で探偵役<本人コメントあり>”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2021年2月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0121822 2021年2月20日閲覧。 
  20. ^ 錦怜那 (2017年5月17日). “滝沢秀明&有岡大貴、ホラー映画なのに黄色い悲鳴でニンマリ”. シネマトゥデイ. 2017年6月10日閲覧。
  21. ^ 有岡大貴; 成田凌; 新木優子; 馬場ふみか (2018年8月3日). 【インタビュー】有岡大貴×成田凌×新木優子×馬場ふみか 視聴者から演者へ『コード・ブルー』が与えたもの. (インタビュー). cinemacafe.net.. https://www.cinemacafe.net/article/2018/08/03/57779.html 2018年9月29日閲覧。 
  22. ^ 『シン・ウルトラマン』にヘイセイ有岡出演「胸が熱くなります」 早見あかり、田中哲司、山本耕史も参加”. ORICON NEWS. オリコン (2019年9月25日). 2019年9月25日閲覧。
  23. ^ Hey!Say!JUMP八乙女&有岡が『ヒルナンデス!』火曜新レギュラーに決定”. ORICON STYLE (2014年3月7日). 2016年7月28日閲覧。
  24. ^ Hey! Say! JUMP・有岡大貴がサウナ番組をプロデュース! “初心者”Travis Japan・宮近海斗も参戦”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2021年3月30日). 2021年4月1日閲覧。
  25. ^ Hey! Say! JUMP有岡大貴、指原×川島の新番組の“ファミリー”に”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年10月10日). 2021年10月26日閲覧。
  26. ^ 関ジャニ∞村上信五ら「もしも塾」、聖地でみせた“舞台魂”に会場沸く”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年5月26日). 2019年6月27日閲覧。
  27. ^ 舞台初単独主演の有岡大貴が企画・プロデュースに挑戦「アシタを忘れないで」”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年4月9日). 2021年4月15日閲覧。
  28. ^ 公演概要 ナゾドキシアター「アシタを忘れないで』」”. The Globe Tokyo (2021年). 2021年6月27日閲覧。
  29. ^ 有岡大貴のCM出演情報”. ORICON NEWS. オリコン. 2018年7月8日閲覧。
  30. ^ “ブランドイメージとして「有岡 大貴さん」の起用につきまして” (プレスリリース), ポムフード, (2018年5月31日), http://www.pomunoki.com/news/2018/05/post-243.html 2018年7月8日閲覧。 
  31. ^ 有岡大貴の“豊かな感性と表現力”に迫る 3人のプロが秘められた魅力語る”. ORICON NEWS. オリコン (2021年4月27日). 2021年6月27日閲覧。
  32. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2013年3月29日閲覧。
  33. ^ AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2021年6月27日閲覧。
  34. ^ Hey! Say! JUMP「世界体操・世界新体操」テーマ曲をシングルリリース、振り付け担当は知念侑李”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年10月4日). 2021年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]