大倉忠義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおくら ただよし
大倉 忠義
生年月日 (1985-05-16) 1985年5月16日(32歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府[1]東大阪市[2]
身長 178 cm[3]
血液型 O型[1]
職業 歌手俳優ドラマータレントモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM雑誌
活動期間 1997年[2] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
必殺仕事人2007
ヤスコとケンジ
必殺仕事人2009
ROMES/空港防御システム
生まれる。
三毛猫ホームズの推理
Dr.DMAT
ドS刑事
映画
100回泣くこと
クローバー
疾風ロンド
舞台
蜘蛛女のキス
備考
アイドルグループ関ジャニ∞のメンバー

大倉 忠義(おおくら ただよし[1]1985年5月16日[1] - )は、日本アイドル俳優タレント歌手であり、関ジャニ∞ドラマーである。

大阪府[1]東大阪市出身[2]ジャニーズ事務所所属。

関ジャニ∞では主にドラムを担当。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 居酒屋チェーン「鳥貴族」社長の大倉忠司の長男[8]。そのことから「金持ち育ち」「ボンボン」と言われることがよくあるが、これについて大倉は「実家の店が大きくなったのはここ最近で、なんもボンボンらしい生活はしてない」と話している。小遣いもジャニーズJr.になった当初から貰わず、新聞配達のアルバイト経験もある。また、父親に「地元のコンビニで一番安い時給を調べて来い」と言われ、同じ金額で父の経営する店の顧客名簿打ちのアルバイトをしたこともあるという[5]
  • メンバーの安田章大丸山隆平が「大倉はリズム感がある」とジャニー喜多川社長に伝えたところ、ドラムに抜擢され1か月猛特訓をした。その後、合格をもらい後に関ジャニ∞のメンバーを増やす時に最後のメンバーとして選ばれて加入。この時の課題曲が「Do you agree?」で関ジャニ∞として初のオリジナル楽曲になった[5]。こういった経緯からドラムに抜擢はされたものの、もし1か月でダメなら東京からドラムが出来るジャニーズJr.をもう一人呼びツインドラムにするという話があった。そこでメンバーの渋谷すばるが「チャンスやで。オマエが努力して、大倉ひとりで十分やってなったら、オマエの勝ちやで。」と励まされたことが大きな支えになったと語っている[5]
  • 2016年1月17日、腸閉塞のため大阪・京セラドーム公演[9]を休演した[10]。1月20日、仕事復帰を報告[11]

出演[編集]

グループでの出演は関ジャニ∞参照。個人での出演のみ記載。

主演作品は太字表記

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

声優[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

コンサート[編集]

  • 渋谷すばるwith大倉BAND(2006年8月29・30日・9月17日)
  • OkuraTadayoshi concert 2008(2008年10月11日 - 10月21日、Johnny's Theater、11月22日 - 11月30日、シアターBRAVA![19]

作品[編集]

ソロ曲[編集]

CD収録曲[編集]

  • まもりたい(作詞:大倉忠義、作曲:宮崎歩・亜美) - JASRAC作品コード:141-2031-3。『KJ2 ズッコケ大脱走』収録。
  • no-no-no(作詞:大倉忠義、作曲:LEWANDER ERIK OLOF) - JASRAC作品コード:1A1-2449-1。『PUZZLE〈通常盤〉』収録。
  • きっと幸せがキミを待ってる(作詞・作曲:市川喜康) - JASRAC作品コード:500-5981-5。『8UPPERS〈通常盤〉』収録。

CD未収録曲[編集]

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「大倉忠義」のみを含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • 最後の涙(作詞:大倉忠義[19]、作曲:中條美沙) - JASRAC作品コード:154-6043-6。
    「まもりたい」のアンサーソングとして女性目線で詩が書かれている[要出典]
  • だってアイドルだもん!!(作詞:大倉忠義、作曲:大西省吾) - JASRAC作品コード:154-6039-8。
    自身のソロコンサートで発表した曲[要出典]

作詞[編集]

  • Butterfly I Loved(作詞:大倉忠義、作曲:MO'DOO-) - JASRAC作品コード:134-1061-0(関ジャニ∞名義曲)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 大倉忠義のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2014年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 大倉忠義(関ジャニ∞)”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ PROFILE(関ジャニ∞) - Johnny's web”. 2017年5月6日閲覧。
  4. ^ ただし、丸山はこの時点で2回目のオーディションを受けており、1回目のときは同じオーディションに渋谷すばるがいた。
  5. ^ a b c d Myojo』2012年5月号10000字ロングインタビュー「裸の時代〜僕がJr.だったころ〜」より[要ページ番号]
  6. ^ 市川遥 (2012年8月16日). “関ジャニ∞大倉忠義が初単独主演!桐谷美玲と極上ラブストーリー”. シネマトゥデイ. 2016年4月9日閲覧。
  7. ^ 関ジャニ大倉&横山、高卒認定試験に合格「頑張ってよかった!」”. ORICON STYLE (2015年1月17日). 2015年3月12日閲覧。
  8. ^ “関ジャニ∞大倉、父親の鳥貴族社長が「継がせない。自分の夢を追いかけて」”. デイリースポーツオンライン. (2017年5月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/02/0010150475.shtml 2017年7月12日閲覧。 
  9. ^ ドームツアー「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」のファイナル
  10. ^ “関ジャニ・大倉 腸閉塞で休演/芸能/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年1月17日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/01/17/0008730198.shtml 2016年1月17日閲覧。 
  11. ^ “関ジャニ大倉、仕事復帰を報告「体調管理万全に頑張っていく」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/20/kiji/K20160120011892430.html 2016年1月20日閲覧。 
  12. ^ 関ジャニ∞大倉忠義「悔しくて誰にも相談できなかった」ドン底から救ってくれた恩人との秘話が明らかに”. モデルプレス (2016年11月20日). 2017年4月1日閲覧。
  13. ^ 関ジャニ∞大倉が『仕事人』で壮絶な“殉死””. ORICON STYLE (2009年4月7日). 2016年8月18日閲覧。
  14. ^ 秋の特番&ドラマ ROMES/空港防御システム”. インターネットTVガイド (2009年). 2016年8月18日閲覧。
  15. ^ 24時間テレビ ドラマスペシャル『はなちゃんのみそ汁』”. 日本テレビ. 2014年7月18日閲覧。
  16. ^ 関ジャニ・大倉忠義&大島優子『疾風ロンド』出演 スキー&スノボの腕前披露”. ORICON STYLE (2016年4月26日). 2016年6月12日閲覧。
  17. ^ 関ジャニ大倉忠義&高橋優「オールナイトニッポン」パーソナリティーに!福山雅治の“魂”継ぐ”. シネマトゥデイ (2015年3月11日). 2015年3月12日閲覧。
  18. ^ 大倉忠義、世界的名作『蜘蛛女のキス』主演 - 渡辺いっけいと二人芝居”. マイナビニュース (2017年3月28日). 2017年4月1日閲覧。
  19. ^ a b “関ジャニ∞大倉が翔ぶ!初ソロコンサート”. SANSPO.COM. (2008年10月11日). オリジナル2008年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081012195537/http:/www.sanspo.com/geino/news/081011/gng0810110503001-n1.htm 2016年6月12日閲覧。 

外部リンク[編集]