大倉忠義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおくら ただよし
大倉 忠義
生年月日 (1985-05-16) 1985年5月16日(36歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府[1]東大阪市[2]
身長 178 cm[3]
血液型 O型[1]
職業 歌手
俳優
ドラマー
タレント
ジャンル テレビドラマ映画CM雑誌
活動期間 1997年[2] -
著名な家族 大倉忠司(父)[4]
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
シンデレラになりたい!』/『必殺仕事人』シリーズ
歌姫』/『ヤスコとケンジ
ROMES/空港防御システム』/『GM〜踊れドクター
生まれる。』/『三毛猫ホームズの推理
お天気お姉さん』/『Dr.DMAT
はなちゃんのみそ汁』/『ドS刑事
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
知ってるワイフ
映画
大奥』/『エイトレンジャー』シリーズ
100回泣くこと』/『クローバー』/『疾風ロンド
窮鼠はチーズの夢を見る
舞台
蜘蛛女のキス』/『夜への長い旅路
ラジオ番組
大倉くんと高橋くん
備考
関ジャニ∞のメンバー
テンプレートを表示

大倉 忠義(おおくら ただよし[1]1985年〈昭和60年〉5月16日[1] - )は日本歌手ドラマー俳優タレント大阪府[1]東大阪市出身[2]ジャニーズ事務所所属。関ジャニ∞のメンバーであり、主にドラムを担当している[5]。有料公式モバイルサイト『Johnny's web』の連載[注 1]は「Oclub[6]

来歴[編集]

人物[編集]

居酒屋チェーン『鳥貴族』創業者で社長の大倉忠司の長男[4]。弟が2人いる[4]。「金持ち育ち」「ボンボン」と言われることがよくあるが、これについて大倉は「実家の店が大きくなったのはここ最近で、なんもボンボンらしい生活はしてない」と話している。小遣いもジャニーズJr.になった当初から貰わず、新聞配達のアルバイト経験もある。また、父親に「地元のコンビニで一番安い時給を調べて来い」と言われ、同じ金額で父親の経営する店の顧客名簿打ちのアルバイトをしたこともある[7]。なお父は「息子たちには家業(鳥貴族)を継がせない」と発言している[4]

V.WESTでドラムを担当していたメンバーがグループを辞めた際[8]安田章大丸山隆平が「大倉はリズム感がある」と社長のジャニー喜多川に伝えたことから、未経験のドラムに抜擢される[7][8]。以前社長から「バンドをやってほしい」と打診された時は「(ダンスが好きやから)やりたくないです」と答えていたが、これが最後のチャンスだと考え、1か月の猛特訓の末、社長や振付師からOKを出され、グループへの加入が決定した[7]。もし1か月でできなければ東京からジャニーズJr.をもう1人呼び寄せてツインドラムにするという話もあったが、それを知った渋谷すばるから「チャンスやで。オマエが努力して、大倉ひとりで十分やってなったら、オマエの勝ちやで。」と励まされたことが大きな支えになったと語っている[7]

自身が関西ジャニーズJr.だった頃、東京のJr.に比べてチャンスが少ないと感じていたことや[25]、孤独や不安を抱えていた経験から、後輩を手伝ってあげたいという思いをもち[26]、2018年からはなにわ男子ら関西ジャニーズJr.の公演プロデュースも手掛けたり[27]、楽曲を提供したりしている[25]

出演[編集]

  • ドラマ等の主演作品は役名を太字で表記。
  • テレビ・ラジオ番組は2021年現在レギュラー放送中または不定期で放送中の番組を太字で表記。

テレビドラマ[編集]

再現ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

声優[編集]

音楽番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

コンサート[編集]

  • 渋谷すばるwith大倉BAND(2006年8月29・30日・9月17日)
  • OkuraTadayoshi concert 2008(2008年10月11日 - 21日、Johnny's Theater / 11月22日 - 30日、シアターBRAVA![11][76]

プロデュース・演出[編集]

プロデュース[編集]

命名[編集]

演出・構成[編集]

関ジャニ∞や自身がプロデュースを務めるグループは割愛。

日程 タイトル 担当 備考
2018年 10月24日 - 11月4日 関西ジャニーズ Jr. LIVE 2018 Fall in LOVE~秋に関ジュに恋しちゃいなよ~ 演出・構成[80]
11月30日 - 12月25日 X’mas Party!!2018 演出・構成[81] [注 6]
2019年 1月3日・4日 関西ジャニーズJr. LIVE 2019 Happy 2 year!!〜今年も関ジュとChu Year!!〜 演出・構成[82] [注 6]
2020年 1月11日 - 13日 関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪 〜遊びにおいでや!満足 100%〜 プロデュース[83]
2021年 3月1日 - 31日 ANOTHER 新たなる冒険 監修[84]
2022年 1月31日 - 3月6日 THE BEGINNING 〜笑劇〜 企画・プロデュース[78]

Johnny's web連載[編集]

  • 倉'mas(2006年 - 2020年)
    • 倉'mas(2006年12月18日 - 12月25日)
    • 倉'masリターンズ またきみに会えたね(2007年10月12日 - 12月25日)
    • 倉'yas(2009年9月17日 - 12月25日) - 安田との共同連載[85]
    • 帰ってきたくらすます episode8 〜君と僕、時々白米〜(2012年10月25日 - 2013年1月4日)
    • 倉'mas0(2014年10月14日 - 12月25日)[86]
    • くらすます 〜関ジュに恋しちゃったよ〜(10月26日 - 11月19日)[87]
    • ウルトラハイパーくらすます 全国制覇への戦いの日々(2019年10月25日 - 12月25日)[88]
    • ウルトラハイパーくらすます2020 全国制覇への戦いの日々(2019年10月25日 - 12月25日)[89]
  • Oclub(2021年2月10日 - )[6]

楽曲制作[編集]

  • 特記の無い限り『関ジャニ∞』の楽曲。
  • 他アーティストへの楽曲提供は本項「#楽曲提供」を参照。
  • 「初収録作品」にて、特定形態のみの収録等の詳細については個々のページを参照。
作詞・作曲
曲名 初収録作品[注 7] 作品コード 備考
ありがとう 10thライブDVD/Blu-ray
KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX』(特典DVD)
500-9977-9 [注 8]
元気が出るSONG 8thアルバム
関ジャニ∞の元気が出るCD!!
713-6625-3 [注 9]
クリームシチュー 46thシングル
ひとりにしないよ
263-0626-3 [注 9]
作詞
曲名 初収録作品[注 7] 作品コード 備考
SAKAおばちゃんROCK 4thシングル
∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク
132-2489-1 [注 10]
まもりたい 2ndアルバム
KJ2 ズッコケ大脱走
141-2031-3 [注 11]
最後の涙[11] 未収録 154-6043-6
だってアイドルだもん!! 154-6039-8
Butterfly I Loved 12thライブDVD/Blu-ray
関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015
134-1061-0
no-no-no 3rdアルバム
PUZZLE
1A1-2449-1
∞o'clock 08 9thシングル
無責任ヒーロー
126-6072-8 [注 12]
fuka-fuka Love the Earth 151-1016-8 [注 13]
『って!!!!!!!』 4thアルバム
8UPPERS
701-2557-1 [注 14]
夜な夜な☆ヨーNIGHT 5thアルバム
FIGHT
181-4604-0 [注 15]
∞レンジャー 21stシングル
ER
128-7152-4 [注 16]
狩(仮) 6thアルバム
JUKE BOX
708-6016-5 [注 17]
my store 〜可能性を秘めた男たち〜 8thアルバム
関ジャニ∞の元気が出るCD!!
214-6958-0 [注 18]
Hopeful melody 16thライブDVD/Blu-ray
関ジャニ'sエイターテインメント
224-5828-0 [注 19]
My Story 43rdシングル
友よ
731-3592-5
Re:LIVE 44thシングル
Re:LIVE
256-2415-6 [注 20]

楽曲提供[編集]

※関ジャニ∞に対しての楽曲提供は本項「#楽曲制作」を参照。

曲名 アーティスト 担当 収録作品 作品コード 備考
My dreams[91] 関西ジャニーズJr. 作詞 未収録 242-0370-0
Can't stop[25] 242-0657-1

ソロ・ユニット曲[編集]

CD収録曲[編集]

  • 表記は発売および収録順。
  • 「初収録作品」にて、特定形態のみの収録等の詳細については個々のページを参照。
  • 関ジャニ∞以外のユニットへの参加作品は本項「#参加作品」を参照。
ソロ曲
タイトル クレジット 初収録作品 作品コード 備考
まもりたい 作詞:大倉忠義
作曲:宮崎歩、亜美
編曲:佐藤泰将
KJ2 ズッコケ大脱走 141-2031-3
no-no-no 作詞:大倉忠義
作曲:Erik Lewander, Iggy Strange-Dahi, R.P.P
編曲:加藤祐介
PUZZLE 1A1-2449-1
きっと幸せがキミを待ってる 作詞・作曲:市川喜康
編曲:大西省吾
8UPPERS 500-5981-5
One more night 作詞:宮本美季
作曲:宮本美季、koyabin
編曲:UTA
8BEAT
ユニット曲
タイトル クレジット メンバー 初出作品 作品コード 備考
太陽の子供 作詞:MASA
作曲:馬飼野康二
編曲:長岡成貢
横山・村上・丸山 KJ1 F・T・O 130-3709-9
Carnival 作詞・作曲:樋口了一
編曲:森俊之
丸山 130-3712-9
それでイイんじゃない 作詞・作曲:成海カズト
編曲:石塚知生
村上・錦戸 130-3729-3
ONE 作詞:SUBARU
作曲:安田章大
編曲:すばるBAND
渋谷・丸山・安田[注 21] 122-6124-6
二人の花 作詞・作曲:mArt、3104
編曲:葉山拓亮
丸山 マイホーム 174-6417-0
夜な夜な☆ヨーNIGHT 作詞:村上信五、安田章大、大倉忠義
作曲:安田章大
編曲:久米康隆
村上・安田 FIGHT 181-4604-0
狩(仮) 作詞:ヨシャオ族
作曲・編曲:大西省吾
横山・渋谷・安田[注 22] JUKE BOX 708-6016-5
アダムとイヴ 作詞:SHIKATA
作曲・編曲:SHIKATA、REO
横山 関ジャニズム 205-5673-0
my store 〜可能性を秘めた男たち〜 作詞:関ジミ3
作曲:TAKESHI、丸山隆平
編曲:高橋浩一郎
丸山・安田[注 23] 関ジャニ∞の元気が出るCD!! 214-6958-0
Steal your love 作詞:SHIKATA
作曲:SHIKATA、KAY
編曲:Peach
錦戸 パノラマ 715-8846-9
ノスタルジア 作詞:田中秀典
作曲・編曲:蔦谷好位置
丸山・安田・錦戸 ジャム 229-0987-7

CD未収録曲[編集]

  • 表記は50音順。
  • JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[92]の検索結果をもとに記述。
ソロ曲
タイトル クレジット 収録作品 作品コード 備考
最後の涙 作詞:大倉忠義
作曲:中條美沙
未収録 154-6043-6
だってアイドルだもん!! 作詞:大倉忠義
作曲:大西省吾
154-6039-8
Butterfly I Loved 作詞:大倉忠義
作曲:MO'DOO-
関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 134-1061-0
Hopeful melody 作詞:グリーンレンジャー
作曲:長橋健一
関ジャニ'sエイターテインメント 224-5828-0 [注 24]
ユニット曲
タイトル クレジット メンバー 収録作品 作品コード 備考
すばるBAND
Soul way 作詞:SUBARU
作曲:安田章大
渋谷・丸山・安田[注 21] 未収録 111-5171-4
Down up↑ 140-7441-9
High Position 137-0152-5
その他
明日 作詞・作曲:Gajin 丸山・安田 Spirits!! 126-6062-1
ありがとう 作詞・作曲:横山裕渋谷すばる、安田章大、大倉忠義 横山・渋谷・安田[注 25] KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX』(初回限定盤 特典DVD)
十祭
500-9977-9
Glorious 作詞:Samuel Waermo
作曲・編曲:Samuel Waermo, TJ Mixx
渋谷・錦戸 PUZZLE』(初回限定盤 特典DVD)
関ジャニ∞ TOUR 2∞9 PUZZLE
1A0-1387-7
torn 作詞:白鷺剛
作曲:飯岡隆志
編曲:CHOKKAKU
錦戸 無責任ヒーロー』(初回限定盤B 特典DVD)
COUNTDOWN LIVE 2009-2010 in 京セラドーム大阪
KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST 〜みんなの想いはどうなんだい?僕らの想いは無限大!!〜
十祭[注 26]
関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST
crystal』(期間限定-多謝台湾-盤)
151-0963-1
モナコブルー 作詞・作曲:出口雅之 丸山・安田 未収録 128-7134-6

参加作品[編集]

  • 音源化されている楽曲のみ記述。
  • 関ジャニ∞への参加は割愛。
曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
鏡花水月 The SHIGOTONIN 鏡花水月 2009年2月4日
涙枯れるまで

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実質的な「公式ブログ」にあたる。
  2. ^ このときのオーディションに後に同じ関ジャニ∞のメンバーになる丸山隆平安田章大錦戸亮がいた[7]
  3. ^ 1日限定上映[56]。同作を収めたDVDは同年10月20日発売の関ジャニ∞のアルバム『8UPPERS』の初回限定盤に収録。
  4. ^ 当初は2020年6月5日に公開の予定だったが[64]新型コロナウイルスの感染拡大に伴って延期され[65]、9月11日の公開となった[66]
  5. ^ 不定期放送
  6. ^ a b 横山裕と共同担当
  7. ^ a b 収録形態は各ページを参照。CD未収録の場合は初収録された映像作品を記述。
  8. ^ 作詞・作曲共に横山裕渋谷すばる安田章大と共作。原曲は横山・渋谷・安田とのユニット曲。10周年記念ライブ『十祭』で披露時のみ関ジャニ∞として全員で披露。歌唱パートは変更無し。
  9. ^ a b 関ジャニ∞として作詞・作曲。
  10. ^ 関ジャニ∞として作詞。久保田洋司と共作。
  11. ^ ソロ曲。
  12. ^ 関ジャニ∞として作詞。
  13. ^ 関ジャニ∞として作詞。TAKESHIと共作。
  14. ^ 安田章大と共作
  15. ^ 村上信五・安田章大と共作。安田・大倉とのユニット曲。
  16. ^ 関ジャニ∞として作詞。磯崎健史と共作。
  17. ^ 「ヨシャオ族」名義で横山裕・渋谷すばる・安田章大との共作。横山・渋谷・安田とのユニット曲。
  18. ^ 「関ジミ3」名義で丸山隆平・安田章大との共作。丸山・安田とのユニット曲。
  19. ^ 「グリーンレンジャー」名義[90]。エイトレンジャー内のソロ曲。
  20. ^ 関ジャニ∞として作詞。「Eight × Eighter」名義。
  21. ^ a b ユニット名「すばるBAND」。
  22. ^ ユニット名「ヨシャオ族」。
  23. ^ ユニット名「関ジミ3」。
  24. ^ 「グリーンレンジャー」名義の楽曲。
  25. ^ 10周年記念ライブ『十祭』のアコースティックコーナーのみ、7人全員で披露。
  26. ^ 横山裕と村上信五によるカバー。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 大倉忠義のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2014年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 大倉忠義(関ジャニ∞)”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ PROFILE(関ジャニ∞) - Johnny's web”. 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ a b c d “関ジャニ∞大倉、父親の鳥貴族社長が「継がせない。自分の夢を追いかけて」”. デイリースポーツオンライン. (2017年5月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/02/0010150475.shtml 2017年7月12日閲覧。 
  5. ^ 円堂都司昭「ミュージシャンとしての関ジャニ∞の軌跡」『ミュージック・マガジン』2017年9月号、株式会社ミュージックマガジン、2017年、 35頁。
  6. ^ a b About Johnny’s web”. Johnny's net. 2021年7月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 「10000字ロングインタビュー「裸の時代〜僕がJr.だったころ〜」」『Myojo』2012年5月号、集英社、2012年3月23日、 159-163頁。
  8. ^ a b c d e 向原康太 (2018年5月3日). “関ジャニ∞ 大倉忠義、グループ加入初期の苦悩を明かす「認めてもらってないなというのもあった」”. Real Sound. 2019年4月29日閲覧。
  9. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING』 9巻 J-STATION、2001年、142-144頁。 
  10. ^ “第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 新人賞 内博貴 「関西」初、目標はSMAP”. nikkansports.com. オリジナルの2003年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030608230416/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2002/dgp-0501shinjin.html 2020年6月18日閲覧。 
  11. ^ a b c “関ジャニ∞大倉が翔ぶ!初ソロコンサート”. SANSPO.COM. (2008年10月11日). オリジナルの2008年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081012195537/http://www.sanspo.com/geino/news/081011/gng0810110503001-n1.htm 2016年6月12日閲覧。 
  12. ^ “世代超え新ユニット!目標は「修二と彰」超え”. Sponichi Annex. (2008年12月10日). オリジナルの2009年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090515215234/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20081210033.html 2018年2月12日閲覧。 
  13. ^ 市川遥 (2012年8月16日). “関ジャニ∞大倉忠義が初単独主演!桐谷美玲と極上ラブストーリー”. シネマトゥデイ. 2016年4月9日閲覧。
  14. ^ 関ジャニ大倉&横山、高卒認定試験に合格「頑張ってよかった!」”. ORICON STYLE (2015年1月17日). 2015年3月12日閲覧。
  15. ^ “関ジャニ・大倉 腸閉塞で休演”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年1月17日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/01/17/0008730198.shtml 2016年1月17日閲覧。 
  16. ^ “関ジャニ大倉、仕事復帰を報告「体調管理万全に頑張っていく」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/20/kiji/K20160120011892430.html 2016年1月20日閲覧。 
  17. ^ “関ジャニ∞大倉忠義「腸閉塞だった」 ラジオで生報告”. ORICON NEWS. (2016年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2065738/full/ 2021年7月25日閲覧。 
  18. ^ a b “関ジャニ・大倉忠義が新型コロナ感染、発症から10日間療養へ 丸山隆平は濃厚接触者該当も陰性”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年9月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/24/kiji/20200924s00041000372000c.html 2020年9月24日閲覧。 
  19. ^ a b 弊社所属タレント大倉忠義(関ジャニ∞)新型コロナウイルス感染に関するご報告”. ジャニーズ事務所 (2020年9月24日). 2020年9月24日閲覧。
  20. ^ “陽性の関ジャニ∞大倉、フジ主演ドラマは撮影中止”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年9月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202009240001117.html 2020年9月24日閲覧。 
  21. ^ “コロナ感染で療養の関ジャニ・大倉忠義、12日から活動再開 体調回復し、PCR検査も陰性”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年10月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/09/kiji/20201009s00041000132000c.html 2020年10月9日閲覧。 
  22. ^ “なにわ男子、11・12にCDデビュー決定 SixTONES&Snow Man以来1年10ヶ月ぶり”. ORICON NEWS. (2021年7月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2201689/full/ 2021年7月28日閲覧。 
  23. ^ @J_ohkura_88 (2021年9月22日). "関ジャニ∞の大倉忠義です。" (ツイート). Twitterより2021年9月22日閲覧
  24. ^ a b “関ジャニ∞大倉忠義、公式ツイッター開設 CDデビュー日の開始にファン歓喜「17周年おめでとうございます」”. ORICON NEWS. (2021年9月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2207782/full/ 2021年9月22日閲覧。 
  25. ^ a b c ナカニシハナ (2019年3月14日). “【〇〇。をプロデュース】プロデューサーとして活躍するジャニーズたち”. dmenu映画. NTTドコモ. 2019年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月12日閲覧。
  26. ^ 関西ジャニーズJr.が登場! 先輩・大倉忠義&横山裕が語る魅力とは?”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2019年2月7日). 2019年4月29日閲覧。
  27. ^ 高橋梓 (2019年3月2日). “関ジャニ∞ 大倉忠義、横山裕、村上信五……関西ジャニーズJr.プロデュースで発揮する手腕”. Real Sound. 2019年4月29日閲覧。
  28. ^ “関ジャニ∞大倉ドラマ初主演…いきなりの1人2役”. SANSPO.COM. (2006年2月23日). オリジナルの2006年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060303065408/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200602/gt2006022303.html 2021年8月24日閲覧。 
  29. ^ インテリジェンス”. 劇団演技者。 BACKNUMBER. フジテレビ (2006年). 2006年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧。
  30. ^ “関ジャニ∞新境地やねん!7人全員でドラマ出演”. Sponichi Annex OSAKA. (2006年9月20日). オリジナルの2006年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061113200118/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200609/20/ente197558.html 2021年8月7日閲覧。 
  31. ^ “東山&松岡で15年ぶり「必殺仕事人」”. スポーツ報知. (2007年2月12日). オリジナルの2007年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070213071810/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070212-OHT1T00116.htm 2021年8月24日閲覧。 
  32. ^ 関ジャニ∞大倉忠義「悔しくて誰にも相談できなかった」ドン底から救ってくれた恩人との秘話が明らかに”. モデルプレス (2016年11月20日). 2017年4月1日閲覧。
  33. ^ ““仕事人”東山 藤田まこととの共演に気合”. スポニチ Sponichi Annex. (2008年10月27日). オリジナルの2008年10月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081027202620/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/10/27/05.html 2021年8月24日閲覧。 
  34. ^ “藤田まことが“復活仕事人”!中村主水17年ぶり連ドラ復活”. スポーツ報知. (2008年9月29日). オリジナルの2008年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080929160848/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080929-OHT1T00021.htm 2021年8月24日閲覧。 
  35. ^ “関ジャニ∞大倉が『仕事人』で壮絶な“殉死””. ORICON NEWS. (2009年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/64933/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  36. ^ 金曜ドラマ『歌姫』”. MBS (2007年10月12日). 2021年8月24日閲覧。
  37. ^ “広末エラそ~!?エリカ様役で女優業再開”. 日刊スポーツ. (2008年6月10日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20080610-370342.html 2021年8月24日閲覧。 
  38. ^ “関ジャニ・大倉が連ドラ初主演…NHK「ROMES-」”. スポーツ報知. (2009年8月4日). オリジナルの2009年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090804195847/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090804-OHT1T00017.htm 2021年8月24日閲覧。 
  39. ^ 秋の特番&ドラマ ROMES/空港防御システム”. インターネットTVガイド (2009年). 2016年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月18日閲覧。
  40. ^ “ヒガシ主演ドラマチーム、W杯パラグアイ戦と撮影重なり意気消沈”. ORICON NEWS. (2010年6月26日). https://www.oricon.co.jp/news/77546/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  41. ^ “堀北真希、母の高齢出産に悩む娘役を熱演”. ORICON NEWS. (2011年2月23日). https://www.oricon.co.jp/news/85075/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  42. ^ “関ジャニ、“全員”で初のドラマ総出演~グループ出演は24時間テレビ史上初”. ORICON NEWS. (2011年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/89995/full/ 2021年6月4日閲覧。 
  43. ^ “相葉雅紀、リーダー・大野と連ドラ対決「和気あいあいとやりたい」”. ORICON NEWS. (2012年3月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2008686/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  44. ^ “錦戸亮、優香と結婚!? チャペルでドラマの製作会見”. ORICON NEWS. (2012年4月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2010237/full/ 2021年6月4日閲覧。 
  45. ^ “関ジャニ∞、メンバー全員がパパに挑戦 GWにSP番組放送決定”. ORICON NEWS. (2012年4月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2010697/full/ 2021年5月31日閲覧。 
  46. ^ “武井咲が「お天気お姉さん」に 関ジャニ大倉と初タッグ&大石静脚本で新境地”. ORICON NEWS. (2013年2月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2022101/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  47. ^ “関ジャニ・大倉、民放連ドラ初主演 ドクター役に初挑戦”. ORICON NEWS. (2013年11月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2030483/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  48. ^ “関ジャニ大倉、『24時間テレビ』ドラマ初主演 芦田愛菜&尾野真千子と家族の絆描く”. ORICON NEWS. (2014年7月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2039743/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  49. ^ 24時間テレビ ドラマスペシャル『はなちゃんのみそ汁』”. 日本テレビ. 2014年7月18日閲覧。
  50. ^ “多部未華子、連ドラで“ドS刑事”に! 関ジャニ・大倉を振り回す「強気で攻めたい」”. ORICON NEWS. (2015年2月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2048165/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  51. ^ “ディーン・フジオカ、連ドラ初単独主演で華麗なる復讐鬼に ターゲットは大倉忠義”. ORICON NEWS. (2018年2月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2105568/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  52. ^ “大倉忠義&広瀬アリス、初共演で夫婦役 来年1月期ドラマ『知ってるワイフ』”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年8月12日). https://www.crank-in.net/news/79606/1 2020年8月12日閲覧。 
  53. ^ “関ジャニ∞、クイズ番組で再現ドラマ主演 大倉忠義はジャパネットたかた前社長役に挑戦”. ORICON NEWS. (2018年10月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2120575/full/ 2021年12月5日閲覧。 
  54. ^ “関ジャニ大倉、再現ドラマでよしお兄さん演じる「もう、演じるキャラがいないのでは…」”. ORICON NEWS. (2019年6月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2138161/full/ 2021年12月5日閲覧。 
  55. ^ “関ジャニ∞大倉が「大奥」で映画デビュー”. 日刊スポーツ. (2010年2月16日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20100216-596528.html 2021年8月24日閲覧。 
  56. ^ 関ジャニ∞「8UPPERS FEATURE MUSIC FILM」10.11(月・祝)プレミア上映決定!”. TOHOシネマズ (2010年9月29日). 2010年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月5日閲覧。
  57. ^ “NEW関ジャニ∞お披露目 アルバム特典DVDで7人が演技”. 中日スポーツ. (2010年9月13日). オリジナルの2010年9月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100914175128/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010091302000030.html 2021年8月5日閲覧。 
  58. ^ “関ジャニ7人裏社会に生きる始末屋”. 日刊スポーツ. (2010年9月13日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20100913-677798.html 2021年8月5日閲覧。 
  59. ^ “関ジャニ∞初主演、コンサートの名物企画『エイトレンジャー』を映画化”. ORICON NEWS. (2012年3月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2007985/full/ 2021年6月4日閲覧。 
  60. ^ “関ジャニ主演映画『エイトレンジャー』第2弾決定「単純にうれしい」”. ORICON NEWS. (2013年11月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2030647/full/ 2021年6月4日閲覧。 
  61. ^ “関ジャニ・大倉、映画単独初主演 ヒロインには桐谷美玲”. ORICON NEWS. (2012年8月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2015682/full/ 2021年8月5日閲覧。 
  62. ^ “武井咲、OL役に初挑戦 漫画『クローバー』実写映画化”. ORICON NEWS. (2014年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2035064/full/ 2021年8月5日閲覧。 
  63. ^ “関ジャニ・大倉忠義&大島優子『疾風ロンド』出演 スキー&スノボの腕前披露”. ORICON NEWS. (2016年4月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2070743/full/ 2021年8月5日閲覧。 
  64. ^ “大倉忠義主演『窮鼠はチーズの夢を見る』6月5日に公開日が決定”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2020年1月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113649 2020年6月18日閲覧。 
  65. ^ “大倉忠義と成田凌の共演作「窮鼠はチーズの夢を見る」が公開延期に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年5月1日). https://natalie.mu/eiga/news/377646 2020年6月18日閲覧。 
  66. ^ “関ジャニ大倉と成田凌の主演映画9・11に公開決定”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年6月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202006180000574.html 2020年6月18日閲覧。 
  67. ^ “大倉忠義と成田凌で水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」映画化、監督は行定勲”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月12日). https://natalie.mu/eiga/news/319517 2019年2月12日閲覧。 
  68. ^ 「Special Cross Talk about『滝沢演舞城』」『POTATO』2006年4月号、学研、2006年3月7日、 114-115頁。
  69. ^ 大倉忠義、世界的名作『蜘蛛女のキス』主演 - 渡辺いっけいと二人芝居”. マイナビニュース (2017年3月28日). 2017年4月1日閲覧。
  70. ^ 大竹しのぶ主演で家族の確執描く「夜への長い旅路」4年ぶり舞台の大倉忠義が息子役”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年1月18日). 2021年2月15日閲覧。
  71. ^ “関ジャニ∞・村上信五と大倉忠義が声優に初挑戦だゾ”. ORICON NEWS. (2011年3月5日). https://www.oricon.co.jp/news/85464/full/ 2021年7月18日閲覧。 
  72. ^ “「関ジャニ∞のTheモーツァルト」にMay'n、SKE48東李苑ら参戦”. 音楽ナタリー. (2016年9月26日). https://natalie.mu/music/news/203198 2021年7月18日閲覧。 
  73. ^ “関ジャニ∞・大倉、壇蜜に翻弄されたい!?”. SANSPO.COM. (2013年4月1日). オリジナルの2013年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130403093358/http://www.sanspo.com/geino/news/20130401/joh13040105050000-n1.html 2021年9月10日閲覧。 
  74. ^ 関ジャニ大倉忠義&高橋優「オールナイトニッポン」パーソナリティーに!福山雅治の“魂”継ぐ”. シネマトゥデイ (2015年3月11日). 2015年3月12日閲覧。
  75. ^ “関ジャニ∞大倉と高橋優のラジオが3月で終了 5年の歴史に幕”. デイリースポーツonline. (2020年3月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/01/0013158980.shtml 2020年3月5日閲覧。 
  76. ^ “「関ジャニ∞」大倉がドンドコ太鼓を披露”. Sponichi Annex. (2008年10月11日). オリジナルの2008年10月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081019131152/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20081011085.html 2019年4月29日閲覧。 
  77. ^ “なにわ男子、CDデビューで関ジャニ∞・大倉忠義“プロデューサー”に感謝「恩返しすることができたら」”. ORICON NEWS. (2021年7月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2201706/full/ 2021年8月18日閲覧。 
  78. ^ a b “大倉忠義が企画・プロデュース Aぇ! group・小島健ら関西ジャニーズJr.の“笑劇”舞台、1月から上演”. ORICONEWS. (2021年11月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2213292/full/ 2021年11月10日閲覧。 
  79. ^ “関ジャニ横山裕&大倉忠義が命名「Boys be」はDAI語!タッキーとバチバチ?”. 日刊大衆. (2020年11月26日). https://taishu.jp/articles/-/90570?page=2 2021年8月18日閲覧。 
  80. ^ “関ジャニ大倉&横山、関西Jr.のライブ演出手がける国分太一が直撃取材”. ORICON NEWS. (2018年10月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2122130/full/ 2021年8月18日閲覧。 
  81. ^ “関ジャニ横山&大倉、古巣で“演出”担当 関西jr.が感激「身が引き締まる思い」”. ORICON NEWS. (2018年11月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2124534/full/ 2021年8月18日閲覧。 
  82. ^ “「なにわ男子」大阪城ホールでライブ始動 西畑大吾「勝負の年、速足で進む」”. スポーツ報知. (2019年1月3日). https://hochi.news/articles/20190103-OHT1T50135.html?page=1 2021年8月18日閲覧。 
  83. ^ “関西Jr. 西日本から風吹かせる 京セラD初単独公演!4万5000人の前で完全燃唱”. デイリースポーツ. (2020年1月14日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/14/0013031675.shtml?pg=2 2021年8月18日閲覧。 
  84. ^ “嶋崎斗亜らLil かんさい主演「ANOTHER」上演中、監修は関ジャニ∞の大倉忠義”. ステージナタリー. (2021年3月6日). https://natalie.mu/stage/news/419059 2021年10月5日閲覧。 
  85. ^ What's Johnny's web ?”. Johnny's net. 2009年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  86. ^ Johnny's web”. Johnny's web. 2014年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  87. ^ Johnny's web”. Johnny's web. 2018年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  88. ^ About Johnny’s web”. Johnny's net. 2019年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  89. ^ About Johnny’s web”. Johnny's net. 2020年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  90. ^ 関ジャニ∞・大倉、“担当色”グリーンに不満「レッドになりたい」”. ORICON NEWS. オリコン (2012年8月17日). 2018年3月7日閲覧。
  91. ^ 高橋梓 (2019年3月4日). “関西ジャニーズJr.の未来に夢を見たくなるーーそれぞれの道を歩み始めた密着ドキュメンタリー第4回”. Real Sound. 2020年4月30日閲覧。
  92. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2017年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]