宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。
宝探しアドベンチャー
解きバトルTORE!
NTV ikuta studio 2014.jpg
番組の収録が行われた生田スタジオ
ジャンル クイズゲームバラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 小俣猛、藤田幸伸
財津功(総合演出)
プロデューサー 秋山健一郎
北詰由賀、筒井梨絵、山本玲子
中村英明(CP)
出演者 南海キャンディーズ 山里亮太(魔宮の番人・ファラ男)
田村亮ロンドンブーツ1号2号
関ジャニ∞
オードリー
ベッキー ほか
音声 モノステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
2011年7月から9月まで
放送時間 水曜日 19:00 - 19:56(56分)
放送期間 2011年7月6日 - 9月21日
2011年10月から
放送時間 月曜日 19:00 - 19:56(56分)
放送期間 2011年10月17日 - 2013年2月25日
テンプレートを表示

宝探しアドベンチャー 解きバトルTORE!』(たからさがしアドベンチャー なぞときバトルトレ!)は日本テレビ系列2011年7月6日から2013年2月25日まで『1900』枠で放送されたクイズゲームバラエティ番組

番組開始から3か月間は水曜日19:00 - 19:56(『1900』水曜枠)に放送されていたが、2011年10月から月曜日19:00 - 19:56(『1900』月曜枠)に移動した。

略称は『解きバトルTORE!』または『TORE!』。キャッチコピーは「獲れるもんなら獲ってみろ!」。

タイトルロゴやBGMは『インディー・ジョーンズ』をモチーフにしている。

概要[編集]

古代遺跡「TOREの魔宮」を舞台に、伝説の秘宝「黄金のファラ男像」を求めて様々なステージに挑戦する。

番組開始までの経緯[編集]

2010年4月21日から2011年3月9日までは同時間帯で『密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!』が放送されていたが、2011年3月11日東日本大震災東北地方太平洋沖地震)が発生し、『DERO!』のゲーム内容に津波や地震による建物の崩壊を想起させる演出が含まれていたため[1]、3月16日以降の放送が中止となった。結局3月9日の放送を最後に放送終了となり、約4カ月間の休止期間を挟んだ上で当番組にリニューアルされた。

初回となる7月6日は、19:00 - 20:54の2時間スペシャルとして放送された[2]

月曜19時台への移動[編集]

2011年10月より『1900』水曜枠で新番組『1番ソングSHOW』が放送されることになったため、当番組は10月から月曜日19:00 - 19:56(『1900』月曜枠)に移動することになった。同時に『1900』水曜枠では2時間スペシャルのみの放送だったテレビ大分がレギュラー放送を開始する[3]。しかし、テレビ大分はローカルセールス扱いのためにネットスポンサーは付かない。また、自社制作番組など別番組への差し替えもある。

月曜日での放送初回となる10月17日は、19:00 - 20:54の2時間スペシャルとして放送された。

なお、水曜時代の直後番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』との接続はステブレレスだったが、月曜時代の直後番組『世界まる見え!テレビ特捜部』との接続はジャンクションステブレ入りに変更された。

2012年9月24日には、番組開始以来初めて19:00 - 21:54[4]の3時間スペシャルが放送された。

2012年11月12日には、初の4チーム対抗戦の2時間スペシャルが放送された。また、一部のゲームで新ルールが追加された。

レギュラー放送の終了とその後[編集]

2013年2月25日の最終回2時間スペシャルをもって、レギュラー放送は終了した。以降は不定期特別番組として放送されている(主に木曜日を除き平日が中心である)。

2014年1月から中国タイで現地版が制作・放送されることが決定した[5][6]

不定期特別番組の放送リスト
放送回 放送日 放送曜日 放送時間
第1回 2013年8月19日 月曜日 19:00 - 20:54
第2回 2013年9月24日 火曜日
第3回 2014年4月7日 月曜日
第4回 2014年8月27日 水曜日
第5回 2014年10月6日 月曜日
第6回 2015年4月8日 水曜日
第7回 2015年8月21日 金曜日
第8回 2016年4月11日 月曜日

出演者[編集]

魔宮の番人・ファラ男[編集]

  • 声 - 山里亮太南海キャンディーズ
  • 番組の司会者兼ナレーター。魔宮の番をしており、挑戦者を時に導き、時に惑わす存在。モーションポートレートのシステムを使い、ツタンカーメンの黄金のマスクを模した格好で話しかける。
  • 登場時には「ファ〜ラファラファラファラ」と高笑いするのがお約束。
  • テーマ曲は、「レイダース・マーチ」(映画「インディージョーンズ」)であり、『DERO!』時代と同様8ビット風にアレンジされている。
  • 2012年5月7日の放送には登場せず、ファラーモン(後述)が代理を務めた。
  • 2013年1月7日放送分には登場せず、ファラ林(後述)が代理を務めた。なお、この時は山里が挑戦者として出演している(これ以降、挑戦時にはレギュラー扱いされる事があり、準レギュラーと同じルールになる事がある。)。
  • ゲストがファラ男と共に天の声を担当する場合がある。
2011年10月30日放送の「カイジ2公開記念TORE!特別編」に登場。ファラ男のようにモーションポートレートは使わず、顔出しで出演した。
2012年2月13日放送の2時間スペシャルと、収録を休んだファラ男の代理として2012年5月7日放送分に登場。デーモン本人の顔を思わせる容姿になっている。
2012年4月2日放送の2時間スペシャルに登場。天野本人の顔を思わせる容姿になっている。
  • 魔宮の番人(臨時)・ファラ林(若林正恭
2013年1月7日放送の2時間スペシャルに登場。若林本人の顔を思わせる容姿になっている。
この時の反応が良かったためか、2013年2月4日放送分では、相方の春日も『ファラ春日』として、「岩の間」のみではあるが、魔宮の番人を担当した。
  • また、2012年9月24日放送分からは本編の合間に、週替りのゲストが「見習いの番人」という扱いで、ファラ男とトークをしながらプレゼントクイズを出題する役を担った[7]。担当したのは、フク男(鈴木福)、ファラ花音(谷花音)、アニマルファラ口(アニマル浜口)・ファラ口初枝(浜口初枝)夫妻、ファラスギちゃん(スギちゃん)、ゴールデンボンバーLiLiCoら。
  • 2014年8月27日放送分は、ファラ男とは別にふなっしーがステージ開始前にVTRで登場して、各ステージの案内役を務めた。
  • 魔宮の番人・ふな男(ふなっしー)、魔宮の下部・ファラ部(綾部祐二
2015年8月21日放送の2時間スペシャルに登場。ふなっしーは本人がファラ男像をイメージしたアニメーション、綾部祐二は本人の顔を思わせる容姿になっている。

準レギュラー[編集]

※週替わりで出演し、チームリーダーを務めることが多い。ベッキー以外は『DERO!』から継続して出演。

  • 田村亮ロンドンブーツ1号2号)- 床の間ではかなりの生存率の高さを誇り「床の神」の異名を持っていたが、徐々に足場移動において、他の挑戦者を生存させられずに自分1人だけが生存するケースが多いことを露呈し、「床の死神」の異名を被っている。
  • 関ジャニ∞横山裕渋谷すばる村上信五丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義) - メンバーから2 - 3名が出演。最も多く出演しているのは村上で、幅広い活躍から「ミスターTORE」の異名を持つ。
  • オードリー若林正恭春日俊彰) - 通常はコンビで出演するが、ピンで出演することもある。若林は床の間での緻密な采配が光り、亮の「床の神」に対抗して「床プロ」の異名を取る。春日は崖の間での腕力を活かした粘りを持ち味とする。
  • ベッキー - 「崖の女王」の異名通り、崖の間のクイズ回答が得意。特に同じ文字入れクイズでは驚異的な速さの回答を連発している。

ルール[編集]

番組の作り出した「古代遺跡」風のアトラクションとクイズに対し、2チームまたは4チームに分かれた出演者が知力・体力を駆使しながら秘宝「黄金のファラ男像」の獲得を目指す。

  • 通常放送では4人 - 9人×2チーム、2時間スペシャル・3時間スペシャルでは7人 - 12人×2チームまたは4人 - 7人×4チームによる対抗戦。
  • 通常放送の場合、まずミイラの間・崖の間以外の中から選ばれた1ステージに個別で挑戦。生き残り人数×1体のファラ男像を獲得。
  • 2 - 3時間スペシャルの場合も、それぞれミイラの間・崖の間以外の中から選ばれた2 - 3ステージに挑戦(同じ種類のステージが選ばれる事もある)。生き残り人数×1体のファラ男像を獲得。
  • ミイラの間登場後は、スペシャルステージとして両チームの代表者がミイラの間に挑む。
  • 通常放送・スペシャル問わず、最後は崖の間で2チームが直接対決。崖の間では、勝利したチームが生き残り人数×2体のファラ男像を獲得。より多くのファラ男像を獲得できたチームには、賞金獲得ゲーム「最後の試練」の挑戦権が与えられる。
  • 『DERO!』時代には挑戦者は目隠しをされ、スタッフによって各ステージに連れて来られていたが、『TORE!』では目隠しと誘導スタッフは廃止され挑戦者が自ら入場する。
  • 2011年8月17日の放送では、対抗戦リニューアル前の『DERO!』のように出演者全員が1チームとして挑戦した。

4チーム対抗戦ルール[編集]

  • まず、1チーム当たり2ステージに挑戦した後、「崖の間」での優勝決定戦に勝利したチームが(ファラ男像の数に関係なく)優勝。最後の試練無しで、自動的に賞金を獲得。
    • 従来のファラ男像の数勝負ではないが、ファラ男像を多く獲得する程、崖の間が有利になるシステム。
  • 2012年11月12日放送分では、全てのステージで2人で挑戦。1チームずつ、床の間・壁の間・洞窟の間・石像の間・岩の間・ミイラの間の中から選ばれたステージに挑む。最大で、2体×2ステージの4体まで獲得できる。
  • 2013年1月7日放送分からは、2チーム直接対決の「壁の間」と1チームずつ挑戦するステージ(「岩の間」か「洞窟の間」。2013年2月25日放送分は、「新・床の間」か「洞窟の間」。)の2ステージに挑戦。「壁の間」では最大2体、「岩の間」・「洞窟の間」・「新・床の間」は3人挑戦で最大3体、合わせて5体まで獲得できる。

2チーム対抗戦新システム[編集]

  • 2013年1月21日放送分(通常回)以降及びレギュラー放送終了後の特番で導入。
  • 4チーム対抗戦ルールを踏襲し、2ステージ(レギュラー放送終了後は、3ステージ+ボーナスチャンス)行った後、ファラ男像を多く獲得するほど有利になる「崖の間」での優勝決定戦に勝利したチームが(ファラ男像の数に関係なく)勝利。レギュラー放送時は勝利チームが最後の試練に挑戦していたが、レギュラー放送終了後は最後の試練が廃止された。
  • 2014年8月27日放送分は、『ふなっしーからの挑戦状』という副題が付けられ、クイズ問題やセットの一部でふなっしーとコラボレーションを実施。更に特別ルールとして、各チーム1ステージだけ「ふなっしースーツ」[8]の使用が可能(ボーナスチャンス、崖の間を除く)。使う場合は、そのステージに挑戦するメンバーの中から1人にスーツを着せ、スーツを着た人が秘宝を獲得できた場合、通常の倍の2体(2ポイント)獲得となる。
  • 2014年10月8日放送分は、『大運動会SP』という副題で放送。ボーナスチャンス以外の全てのステージにおいて、多人数が挑戦できるルールで行われた。また、前述の「ふなっしースーツ」ルールも、各ステージで1人が着用するルールに拡充された。

ステージ[編集]

床の間[編集]

1チーム3名の挑戦者が、徐々に傾く滑りやすい床の上で、対岸に現れる足場に移動しながら問題に正解して頂上を目指す。なお、難易度を上げるため各自手袋と靴下を着用した状態で挑む。

坂登りパート
制限時間は10分。床の角度が30°の状態からスタート。
坂の途中にある3つのクイズ出題ゾーン(幅60センチメートルの足場)に移動していく。移動中に奈落の底に落下してしまうと失格となる。なお、移動する際は他の人の力を借りても良い(土台になってもらう、引っ張り上げてもらう等)。移動した後に元の位置に戻っても良いが、再度坂を登らなければならず、体力を消耗するというリスクを伴う。また、タイムアップの場合は足場がすべて引っ込み落下してしまいチャレンジ失敗となる。残っている挑戦者全員が新たなクイズ出題ゾーンに移動すると、クイズが出題される。移動中には床が傾くことはない。
問題は共通ワードクイズ。空欄のある言葉を、表示された二枚の絵を元にぎなた読み(複数の意味を持つ文章)になるように答える(例:「さ○○い」で、表示された絵は「徒競走でビリの子」と「10年ぶりに会うこと」、答えは「さいかい(最下位と再会)」)(誤答ペナルティなし)。ノルマは第1エリアでは3問、第2エリアでは難易度が上がった問題を2問、第3エリアではさらに難易度の上がった問題を1問(2012年4月からは第3エリアでのクイズ出題は廃止された)。ただし、クイズ解答中は床が傾き続け、次第に勾配がきつくなっていく。クイズ出題ゾーンで正解ノルマを達成すると床の傾きが停止し、次の足場が出現する。
3つのクイズゾーン(2012年4月からは2つ)[9]を制覇すると「坂落ちの試練」に挑戦できる。タイムアップになったり、全滅した地点で、チャレンジ失敗となる。
坂落ちの試練
広辞苑3択クイズ→正しい意味はどれ?クイズ(広辞苑に掲載されている正しい意味を選ぶ)が出題されいずれかの玉の中から正解と同じ色を選び、床の向こう側にある『お助けロープ』を利用して斜面の下(クイズ出題ゾーン第1エリア付近)にある顔のレリーフの口にはめ込み、その隣にある四角いボタンを押すことで解答する。制限時間は2分で、この時点でも床は動く。また、ロープは坂落ちの試練開始までロックされており、クイズ出題ゾーン挑戦中に使用することはできず、さらにロープは1度に1人しか使えない。なお、初期にはロープは長短2本あり、ロックされているのは短い方で、挑戦者はそちらに飛び移ってから長いロープを取る(短い棒があってこれに巻きつけてある。2人目以降はいきなり長いロープに移動することも可能)というやり方だったが、その後短いロープと巻きつけていた棒が廃止され長いロープがロックされるようになった。
正解ならば床が水平に戻り、残った人数分の秘宝を獲得できるが、不正解またはタイムアップの場合は足場が引っ込み、解答者は奈落の底に落下してしまう。ただし、制限時間内であれば残っているメンバーが何人でも挑戦可能。解答者が玉を持ったまま落下してしまった場合は、玉だけは元の位置に復活するようになっているので、複数持って行き回答場所到達後に決めてもよい(不正解で落下した場合は回答に使わなかった玉が復活する)。また、玉を取ってから回答場所に到達できずに落下しても次の挑戦者が再度同じ選択肢を使うことが可能(落下した解答者は復活しない)。基本的に挑戦者が自ら玉を取りに行くのだが、自力で玉を取れない場合、残っているメンバーがいれば玉を持たずに回答場所に移動して仲間に取ってもらうこともできる。ただしこれで不正解だと次の挑戦者は問題や選択肢を見ることができず、ロープを握って自分を支えたままで待たなければいけないので足場で待つよりも体力を消耗するというリスクを伴う。各自ポシェットが支給されている。
4チーム対抗戦特別ルール
2人での挑戦。ルールは同じ。

新・床の間[編集]

レギュラー放送の最終回となった2013年2月25日放送分で初登場。

基本的には床の間と同じだが、坂登りパートが変更されている。

坂登りパート
まず床の角度が30°の状態で、第1エリアで共通ワードクイズ3問に挑戦。制限時間は3問で1分。その後、35°まで傾けた上で、第2エリアの足場へ移動する。ただし共通ワードクイズの正解数に応じて定められた制限時間(30秒+1問正解につき20秒延長、最大で1分30秒)以内に、次の足場へ移らないといけない。時間内に移れなかった挑戦者は、自動的に脱落。
時間内に第2エリアに移れた挑戦者で、再び共通ワードクイズ3問に挑戦。その後、40°まで傾けた上で、同じく時間内に第3エリアへ移る。
なお1チーム1回のみ、共通ワードクイズでパス(問題の変更)が可能である。
足場の幅は、10cm削られて50cmになり、難易度が上がっている。
第3エリアに移れた挑戦者で「坂落ちの試練」に挑戦。「坂落ちの試練」は従来の「床の間」と同じ。
2013年8月19日放送分以降は、クイズ部分のルールを変更。第1・第2エリアの「共通ワードクイズ」は1分経過するまで何問でも解答でき、その正解数×20秒が次のエリアへの移動制限時間となる。また、坂落ちの試練も、正しく表記された熟語を選ぶ「意外と知らない漢字クイズ」に変更された。
大運動会SP(2014年10月4日放送分)ルール
5人での挑戦。ルールは同じ。
2015年4月8日放送分のルール
クイズパートを「絵スチャークイズ」に変更。サポートルームに「○○をする誰々」というお題が出され、それを絵で描いて表現し、挑戦者がお題を当てる。パスは禁止で制限時間は3分、正解数×15秒を移動時間として獲得。

洞窟の間[編集]

『DERO!』時代の「爆弾の間」のアレンジ版. 1チーム3名の挑戦者が、3つの洞窟の中でクイズに答える。制限時間は通常時は10分。2時間スペシャルではスペシャルゲストクイズ(1問目のみVTRにてスペシャルゲストが出題する)が出題されることがあり、その場合は制限時間が12分に設定される場合がある。また、「カイジ2公開記念特別編」では1問4分×3問で行われた。

3択パート
雑学3択クイズが出題され、洞窟の奥の祭壇に並ぶ3つの宝玉(前述床の間と同じく)の中から正解だと思う選択肢と同じ色の宝玉を「真実の台座」に置いて解答する。
それぞれの洞窟の中には1人しか入ることができず、選択肢は洞窟の中に入った挑戦者しか見ることができない。洞窟に入った者は、通信機を介して、洞窟の外に残ったメンバーに選択肢を伝え、チームで相談しながら答えを導き出す。
正解すると「石版の試練」に使う石版が第1・第2の洞窟で3枚、第3の洞窟で4枚手に入る。ただし、間違えると洞窟の床が開き、奈落の底に落下して脱落(『DERO!』時代の「遺跡の間」では仰向けの状態で落下していたが、本ステージではうつぶせの状態で落下する)。
回答方式の性質上1問で落下するのは、1度選んで失敗した選択肢をまた選ぶようなことをしない限り2名までとなるため、宝箱の開封に使う石版10枚のうち最初の3枚は時間切れにさえならなければ必ず手に入る。3問目を迎えた時点で全員生き残っていれば必ず石版の試練まで進める。
3つの洞窟全てで正解(3問正解)することで、計10枚の石版(2013年9月24日放送分では計8枚)を獲得すると、それらを用いて「石版の試練」に挑戦できる。
サポートチャンス
『DERO!』時代に「天井の間」と「水の間」に存在した命のテレフォンに相当する。2012年7月23日放送分から導入された新ルール。命のテレフォンは管理人に知らせる必要が無く、挑戦者の意志で使用の有無を決定できたのに対し、サポートチャンスを使う場合、まずファラ男を呼んでチャンス使用を伝える必要がある。サポートルーム側は『DERO!』時代には誰が出ても良かったのだが、『TORE!』では挑戦者がサポートルームにいる仲間の中から1名を指名して使うため、名前を呼ばれた者しか通話できず、通話中はサポートルームにいる他のメンバーは発言してはいけない。通話時間は『DERO!』時代と同じく30秒だが、答えそのものを言うことが認められている(『DERO!』時代に認められていたのはヒントのみであり、正解をそのまま教えるのは禁止だった)。ただし、サポートチャンス中でも制限時間のカウントはそのまま進行する[10]。また、命のテレフォンはサポートルーム側が分からなければ取らないという方法も認められていた[11]が、サポートチャンスでは認められていない。使える回数は命のテレフォンと同じく1回のみ。
2択チャンス
2013年1月7日放送分のみ導入された新ルール。次の問題を4択にする覚悟の上で3択問題の選択肢を2択にすることができる。行使した場合次の問題で使われる第4の選択肢の色は。最終問題で行使した場合にどうなるかは不明。
石版の試練
制限時間1分30秒以内(2011年8月10日放送分までは1分以内)に漢字一文字が書かれた石版を組み合わせて、3文字の熟語を3つ作る。ただし1枚は、どの熟語にも使用しないダミー。正解となる組み合わせ以外にもさまざまな3文字熟語を作れるようになっており、それを作ってしまうと残り2つをうまく作れないようになっている。通常は正解となる組み合わせは1種類のみであるが、2種類の正解が用意されたケースもある。誤答ペナルティは無いので制限時間内であれば何回でも回答してよい。正解すると残った人数分の秘宝を獲得できるが、時間切れの場合はその後ガスが噴射して試練失敗。タイマーのスタートは第3の洞窟で手に入る石版を手に入れてから始まる。このルールは『DERO!』時代の「石像の間」のルールを踏襲している。
2013年9月24日放送分以降は「しりとり石版の試練」に変更、ひらがな一文字が書かれた石版8枚を使って3文字の言葉4つで一周するしりとりを作れたらクリア。
4チーム対抗戦スペシャルルール
洞窟の扉には問題のジャンルが表示されており、その中から正解できそうな問題を選択する。サポートチャンスルール・石版の試練は通常ルールと同じ。
リニューアルSP(2016年4月11日放送分)ルール
両チーム5人ずつ参加する直接対決。先にクイズジャンルのみを発表し、そのジャンルを参考に各チーム1名ずつ代表者が洞窟内に入る。
クイズパートは「どれとどれ?クイズ」。5色の選択肢のうち2つが正解の問題が出されるので、10秒以内に洞窟内に設置されたボタンの中から正解だと思う色のボタンを2つ押して答える。2つとも合っていないと正解にならない。
2問不正解で落下(脱落)となり、次のメンバーにバトンタッチ。この際ジャンルが変更される事がある(苦手なジャンルだとしても、落下による交代以外はメンバーを変更出来ない)。
どちらかのチームが全滅した時点で終了。生き残ったチームは更に「しりとり石版の試練」もクリアできれば、残った人数分のファラ男像を獲得できる。
同時に全滅した場合そこでゲームオーバーとなり、どちらのチームもファラ男像を獲得できない。

新・洞窟の間[編集]

2013年1月21日放送分から登場。レギュラー終了と同時に前述の『洞窟の間』に戻されたが、2014年10月4日放送分ではルールを変更した上で復活した。

同時に3人が洞窟に入り、スピードチョイスクイズに挑む。

スピードチョイスクイズ
モニターに、1つのテーマに沿った複数の問題を表示。1の洞窟に入った人から順番に1人1問ずつ、答えられる問題を選んで解答していく。
問題は全部で3問あり、正解ノルマ(出題される問題数)は1問目は3、2問目は4、3問目は5。それぞれ全て正解でクリア。
制限時間10秒以内に、正解もしくはパスを宣言(チームで1回のみ)で次の人に解答権が移動。時間切れで奈落の底に落下し脱落となる。また、問題が複数残っている状態で残り1人になった場合は、残りすべてを20秒以内に答えなければならない。
3問クリア時点で残った人数分のファラ男像を獲得できる。
大運動会SP(2014年10月4日放送分)ルール
6人での挑戦。
まず洞窟外のモニターで問題ジャンルを発表。ジャンル発表から出題開始までの1分の間に、チームの中から3人が洞窟に入ってクイズに答える。
正解ノルマ(出題される問題数)は1問目及び2問目は4、3問目は5。それぞれ全て正解でクリア。
脱落者が出た場合、外に残っている人が直ちに空いた洞窟の中に入って、クイズを続行する(外に残っている人がいない場合は、洞窟の中へは誰も入らず、そのままクイズが進む)。
パスは、チームで2回まで。
3問クリアした上で更に「しりとり石版の試練」もクリアできれば、残った人数分のファラ男像を獲得できる。

壁の間[編集]

『DERO!』時代の「壁の間」をほぼそのまま踏襲。後述するTOYOTAとのコラボCMでも使われたステージ。

クイズパート
1チーム3名の挑戦者が左右の壁(3m60cmの幅からスタートする。残り80cmになるとゲージが赤色に変わる)が迫ってくる中、クイズゾーンにあるアンサーボックスに顔を入れ、ビジュアル2択クイズに答える。身長が低くそのままでは回答が困難な挑戦者に対しては足場が用意される。
全員正解が3問に達すると、壁の動きが止まり、1人ずつ「鉄球の試練」に挑戦する。『DERO!』時代と異なり、壁にフックで固定される事は無いため、挑戦者は自由に決めてよい。
出題中に壁が徐々に閉じていくため、正解できないまま壁が限界点に達した場合は失格となる[12]。ここの壁に閉じ込められてしまうと鉄球の試練に行けないため宝箱を開錠できなくなってしまい、秘宝は1体も獲得できなくなる。ここでの失格は4チーム対抗スペシャルでの具志堅用高丸山隆平関ジャニ∞)のみ。壁が閉じ切らない限り残されたスペースがどれだけあっても鉄球の試練には影響しない。壁が閉じ切るまで残り10cmになるとアナウンスが流れる。
鉄球の試練
『DERO!』時代でのキーボックスチャレンジに相当する。
クリスタルボックスの中の赤い筒から出る鉄球を2本のレールの間隔を開け閉めすることで動かし、青い筒の中に落とすことでカギを獲得する。レールの上から鉄球がなくなると新たな鉄球が現れ再挑戦できるので、1人で複数取ることも可能。なお、レールには傾斜がついているため、一発で仕留めないと鉄球は元の位置に戻ってしまう。
クイズゾーンとセーフティーゾーンの間には、長さ10m、高さ3mの巨大な壁に挟まれたチャレンジゾーンがあり、30秒が経過した時点でブザーが鳴り、左右の壁が急速に迫り潰されてしまう。その前に、獲得したカギをチャレンジゾーンのカギ穴に差して回し、セーフティーゾーンに移動する。潰されてセーフティーゾーンの扉が閉じると脱落になるが、閉じる前に回したカギは有効[13]なので、自分が助からなくても生き残っている仲間がいれば開錠して助けることが可能。なお、潰される際に壁の動態を阻む行為は反則とされている[14]。また、足が挟まってしまった場合でもセーフティーゾーンに抜けることができた場合は成功と見なされる[15]。『DERO!』時代とは違い、セーフティーゾーンへの扉は最初から開いているが、1本も開錠せずに逃げ込むのはアウト。
3人が協力して3本のカギを回すことができれば、生き残った人数分秘宝を獲得できる。3人目はその時点で残っているカギを全て回さねばならず、回せなかった場合は生き残った者も秘宝は獲得できない。さらに先に挑んだ人が失敗した場合後から挑む者がその分余計にカギを回すので(後述)、行動順番が遅い者ほど責任が重くなる。なお、3人合わせて3本のカギを回せても誰も壁を抜けることができなければ秘宝は獲得できない。
計算上は1人が回すカギは1本だが、1人が回せずに失格になった場合は残りのメンバーのどちらかが2本回さなければならなくなる。2人が回せずに失格した場合は3人目が3本回さなければならない。
逆に、最初の1人もしくは2人で3本取ることも理論上は可能なはずだが、これを行なうとクイズゾーンに人が残っている間に3本開錠できてしまうことになる。クイズゾーンに人がいる状態での3本解錠を達成した場合どうなるかは不明[16]
『DERO!』時代のキーボックスチャレンジではカギ2本取りに成功した者はいなかった[17]が、『TORE!』では2本取りに成功して秘宝を獲得する者が多数出ている(2本取りには成功しても秘宝は獲得できなかった者もいるが、その中には生き残った仲間へのアシストに成功した者もいる)。3本取り成功者も出ているが、ここから秘宝を獲得した者はまだいない(開錠した人はいる)。
2014年4月7日放送分以降は、上記の準レギュラー4組限定で、青い筒から発生した煙幕によって箱の中を見えにくくさせる仕掛け「煙幕の洗礼」が作動し、難易度を上げられる。
4チーム対抗戦スペシャルルール
2人で挑戦。クイズパートは通常と同じ。宝箱のロックを解除するには3本のカギが必要なのも同じ。そのため、2人の挑戦のうちどちらかで1回だけ金色の「ラッキーボール」が出現(出現時にはチャイムとアナウンスがある)、これを青い筒にいれると鍵が2本出る。
ボーナスチャンス(出張TORE!)
宣伝を兼ねて芸能人が1人ずつ特設ステージでの鉄球の試練に挑戦(通常と変わらないが、1個も成功せずに時間切れになった場合は炭ガスが吹き付けられる)。40秒で獲得したポイントを競う。
挑戦VTRを見て各チーム一番良い成績を出すと思われる挑戦者を指名。一番好成績を出した挑戦者を当てたチーム、もしくは相手が選んだ挑戦者が出した成績よりも良い成績を残した挑戦者を当てたチームにファラ男像1体が与えられる。
視聴者チャレンジ
番組で募集した団体が1人40秒×10人で挑戦。合計獲得ポイントを競う。

新・壁の間[編集]

2013年1月7日放送分から登場。

両チーム2人ずつ参加し、2チームが2対2で対戦する。

まず、鉄球の試練への挑戦権を賭けた早押しクイズを行う。問題は、移動したり拡縮する穴の向こうから見える写真の有名人や建物の名前を答える「のぞき穴クイズ」、ひねりの効いた商品の名前を答える「おもしろネーミングクイズ」、ヒット曲の歌詞を有名人が読み上げるのを聞いて曲名を当てる「歌詞朗読クイズ」など。不正解は、1回休み(ただし最後の1人まで残った場合はペナルティ無し)。2問正解した人から、鉄球の試練に挑戦。鉄球の試練では、鍵ではなく筒に入れるとそのまま落ちてくる鉄球を、相手チームより多く集める事が目的となる。制限時間はクイズパートの勝ち抜け順に応じて変動(1抜けが40秒、2抜けが30秒、3抜けが25秒、4抜けが20秒)、自分のチームの台座に置いた鉄球1個につき1ポイント))[18]。ただし、壁に挟まれた場合は脱落、脱落者の置いた・獲得した鉄球は無効となる。1人につき1回だけ金色のラッキーボールが出現(出現時にはチャイムとアナウンスが流れる)。獲得すると2ポイントとなる。

獲得ポイントが高かったチームの勝利となり、生き残った人数[19]×1体のファラ男像を獲得できる。

大運動会SP(2014年10月4日放送分)ルール
6対6で対戦。両チーム、3人×2グループに分かれて挑む。
まず、各グループの代表者1名が通常通り、鉄球の試練への挑戦権を賭けた早押しクイズで対戦。代表者が2問正解したグループから、鉄球の試練に挑戦できる(1抜けが60秒、2抜けが50秒、3抜けが45秒、4抜けが40秒)。鉄球の試練では、1人ずつ順番にリレー形式で行い、1球でも筒に入れたら次の人と交代できる。逆に球を入れていない人は、セーフティーゾーンへ逃げる事が認められていない。ラッキーボールは、1グループにつき1回だけ出現する。
リニューアルSP(2016年4月11日放送分)ルール
鉄球の試練が、「新・鉄球の試練」に変更された。内容は3人がそれぞれ、先がお好み焼きのヘラ状になっているバーを操り、鉄球をすくい上げて滑り台まで運び、ポケットに入れる。ただし、ポケットの上に扇形の役物が回転して邪魔をしている。落ちてきた鉄球は誰が拾ってもよく、拾った人のみがセーフティーゾーンへ逃げる事を認められる。それ以外のルールは同じ。

石像の間[編集]

2011年9月21日放送分から登場。『DERO!』時代の「石像の間」をほぼそのまま踏襲。高さ150cm、長さ18m(ゲームで使用するのは15m)のステージが舞台。

『DERO!』時代と大きく変わった点として、床に砂が敷き詰められていること[20]、石像停止ボタンが撤去され跡地には新たに試練パートが追加したことが挙げられる。また、石像が最初に動き出す際に『DERO!』では鼻から炭酸ガスを吹き出していたが、当番組では砂を吹き出すようになった。さらに、クイズパートのほとんどは『DERO!』時代のルールを踏襲している。

1チーム3名の挑戦者は、自身の足首に付けられた金具にロープを取り付ける[21]。うつ伏せに寝かせられた挑戦者はスタートと同時に部屋の反対方向に待機する石像の近くまで引きずられ、更に3枚の扉が閉まって前方を塞がれる。扉が完全に閉まると同時に石像の目が緑に光り前進を開始しスタートする。

挑戦中には挑戦者の背後から石像が迫ってくる。石像がデッドゾーンに到達すると、挑戦者は全員石像に食べられてチャレンジ失敗。しかし1人が石像の鼻のボタンを押すことで、その人が「身代わり」として食べられるのと引き換えに、石像がデッドゾーンから3m離れている所まで下がる。身代わりとなった者は失格となる。なお、鼻のボタンを押してから該当者が飲み込まれるまでは解答できないが、解答用ブロックを並べて用意することは可能。また、犠牲になる者が石像の鼻を押してから食べられるまでに答えがわかった場合、残りの仲間に正解を教えることは認められている[22]。2011年10月17日放送分から「身代わり」をすると、石像の口から炭酸ガスが排出されるようになった。なお、デッドゾーンの手前80cmはデンジャーゾーンと呼ばれており、石像がデンジャーゾーンに達すると警告音が鳴り、警告灯が点滅する。『DERO!』時代にはデッドゾーンとデンジャーゾーンは床に描かれていたが、『TORE!』では砂を敷いて床が見えなくなったため壁に描かれている。石像が失格者を飲み込む時は目が赤く光る。画面右下には石像の位置に対応した文字が表示され、石像がデンジャーゾーンに入ると赤と黄色に交互に色が変わる「DANGER」の文字、鼻を押すと紫で「身代わり」の文字が表示される。現時点でデッドゾーン到達は無いので何が表示されるのかは不明。また、石像の前進を阻む行為は禁止されている[23]

問題に沿って平仮名のブロックを並べて正解することで扉を開けていく。3枚目の扉を開くと石像が一旦停止し、「並べ替えの試練」に挑戦できる。石像が止まっている間は目が黒くなっている。

他のステージに比べて難易度が高く、2人以上が成功することは長らく無かった。2012年6月18日放送では史上初の「1人の犠牲者も出さずに3枚の扉を全て突破」が達成されたが、並べ替えの試練に失敗しパーフェクトは達成されなかった。2012年7月2日放送でついに史上初のパーフェクトが達成された(2人成功より先に達成されている)。

クイズパート
  • 第1の扉:さかさ言葉クイズ
左右それぞれその方向から読むとお題に沿った単語になる様に、6文字のブロックの中から3文字のブロックを選んで適切に並べて置く。
(例:片方から読むと“パーティー”、もう片方から読むと“料理の材料”、答え:→「こんぱ」「ぱんこ」←)
  • 第2の扉:穴埋めクロスクイズ
縦横どちらから読んでも言葉ができるように8文字のブロックの中からいくつかのブロックを選んで埋める。
2011年11月7日放送分までは「ジャンルクロスクイズ」として同じジャンルの単語を入れる方式で行われ、ノルマも3問だった。
2012年3月19日放送分からは『DERO!』時代同様1問正解で開錠されるようになった。
  • 第2の扉:しりとり穴埋めクイズ
2012年11月12日放送分から登場。
3×3のマスの中心を除く、縦横の3マスの矢印の方向に3文字のしりとりが完成するように5つの文字のブロックを使って穴埋めする。ただし1つのブロックはダミー。ヒントとして、言葉の真ん中の文字が出される。
(例:「○く○」→「○く○」→「○し○」→「○し○」 答え:「かくど」→「どくろ」→「ろしあ」→「あしか」で、再び「かくど」に繋がる)
  • 第3の扉:有名人名前並べかえクイズ
出されたブロックを全て使い、並べ替えて有名人の名前を作る。3問正解しないと扉は開かない。
当初は3問目は人名とその人物に関連した別の言葉の2つを両方完成させなければならなかったが、2012年3月19日放送分からは3問目も通常の並べ替え問題になった。
並べ替えの試練
ボックスから出てきた4枚の石版を並べ替えて順番を問うクイズに答える。解答のチャンスは2回まで。制限時間は1分30秒、挑戦中は石像が迫ってくる。1回目の解答で間違った場合、置き場所が合っている石版の数が表示される。正解した場合は石像が停止し、残った人数分の秘宝を獲得できる。ただし、2回の解答ともに不正解または時間切れの場合は石像に食べられてチャレンジ失敗。2回目で1回目の置き場所が合っている石版の数にそぐわない解答をした場合絶対に正解することはありえないが、このような解答をした場合でも2回目の解答とみなされてその時点でチャレンジ失敗となる。チャレンジ失敗となった場合でも置き場所が合っている石版の数は表示され、正解も石像に食べられる前に発表される。なお、並び替えの試練挑戦前に石像が指定の位置に移動するため、直前での石像との距離によって制限時間が増減しないようになっている。
4チーム対抗戦スペシャルルール
2人での挑戦。ルールは通常通り。

ミイラの間[編集]

2012年2月13日放送分から登場。『DERO!』時代の「砂の間」のアレンジ版。『TORE!』で唯一挑戦者入場が映らず、そして自力脱出不可能な拘束が加えられるステージ。

1チームにつき1名での挑戦。四方を石壁で囲まれた薄暗い部屋に置かれた「ミイラ製造機」が時間とともに回転、挑戦者の身体に伸縮性のある包帯を巻き付けていく。クイズ出題前から白いギプスのようなブーツ型のもので挑戦者の両足が固定されている。呼吸が出来るように顔の部分には3周程度しか包帯を巻かない配慮がされている。そのため、チャレンジ失敗になっても会話は可能。

挑戦者は制限時間60秒(ミイラの間初登場の2012年2月13日放送分では50秒)以内に挑戦者の趣味や造詣に関する一問多答問題(パス不可)を7つ正解すればミイラ製造機が逆回転して包帯をほどき、挑戦者は解放されて秘宝1体を獲得できる。時間切れになると全身に包帯を巻き付けられ、ファラ男型の巨大な棺に閉じ込められてチャレンジ失敗となる。

2012年7月23日放送分では清原和博が挑戦して成功したが、自分で勝手に包帯を解こうとしたためミイラ製造機の逆回転が途中で止まってしまい、かえって脱出に時間がかかるという事態を招いてしまった。「壁の間」での反則負けに続きステージの仕掛けを破壊した清原の姿を見たファラ男は、「コンセプトの練り直しだな」とぼやいた。

2012年8月6日放送分からは新ルールとして、大勢(2人以上)で挑戦するスタイルも行われている。解答できるのは代表者1人のみ、クリアすれば人数分の秘宝を獲得できる。それ以外のルールは、以前と同じである。2012年10月15日放送分より2人が交互に回答するルールが採用され、現在はこちらのルールに変更された。2人で挑む場合、身長差があっても高さ調整はしていなかったが、2012年10月29日放送で鈴木福と福徳秀介(ジャルジャル)が挑んだ際には高さを揃えるために足場が用意されていた。

史上初の成功者は上田晋也。最速での成功は渡部陽一の残り18秒。女性の成功者は長らく出なかったが、浅香唯が成功して女性としては初の成功者となった。また、大勢で挑んで成功した者はいない。

4チーム対抗戦スペシャルルール
通常ルール(2人版)と同じ。
2015年4月8日放送分のルール
4人での挑戦。制限時間1分30秒以内に8つ正解で秘宝4体を獲得出来る。
2015年8月21日放送分のルール
3人での挑戦。制限時間1分以内に7つ正解で秘宝3体を獲得出来る。

岩の間[編集]

2012年9月24日放送分の3時間スペシャルから登場。『DERO!』時代の「遺跡の間」のアレンジ版。

ステージの構成は奥に巨大な岩壁があり、手前が奈落[24]となっている。挑戦者は岩壁から突き出た足場に立ち、出題される常識問題に3問連続正解しなければならない(『DERO!』時代の「遺跡の間」を踏襲)。「遺跡の間」と同様、誤答した者がいると正解数はリセットされ再度3問連続正解しなければならない。1人失格すると2人で3問正解しなければならないので、1人目は2回正解しないといけない。2人失格すると1人で3問連続正解しなければいけない。岩壁には取っ手が付いており、挑戦者はここに捕まる[25]。挑戦者の腰に巻かれたベルトにはフックがあり、これで岩壁に体を固定する(『DERO!』時代の「壁の間」を踏襲[26])。誤答すると雷鳴を模した警告音が鳴り同時に警告灯が点灯する。誤答した挑戦者は「崖っぷちクイズ」に挑む。3問正解すると岩壁が1段階奥へと引っ込み、第3段階まで到達する[27]と宝箱と生き残った人数分のトイレのスッポンが出現し「張り付きの試練」に挑める。

崖っぷちクイズ
通常の問題に誤答すると、これに挑んで生き残りを賭けた勝負をすることになる。腰のフックを外して崖の淵まで移動し、そこにあるタッチパネルを使って解答する[28]。問題は3×3のマスのシークワーズで、指定されたジャンルの単語を指でなぞって答えを囲う。正解ノルマは1回目は3個、2回目以降は4個となる。クイズ開始から20秒経つとブザーが鳴って岩壁が動き出す[29]。正解すると崖下から「命の足場」が出現し、ここに移動して姿勢を低くすることで岩を回避して生き残れる(成功時に自分で登って戻るという性質上立ったままよけられる高さは確保できない)が、時間内に正解できなければ岩壁が迫ってきて奈落の底へ突き落とされてしまう[30]ので、足場が出たら迅速に避難する必要がある。時間を超えても問題には挑戦できるが、正解しても岩壁は迫ってくるので、足場に移動するまでに落とされると脱落となる。また、命の足場への移動に失敗して落下した場合も解答失敗時と同様に失格である。
張り付きの試練
第3段階まで到達すると挑戦できる。問題は「文字数クイズ」で、出題される問題に対して指定された文字数ちょうどになる解答を3回答える(例題:平仮名4文字の県名を答えよ。解答:青森、茨城、長崎)。腰のベルトは岩壁のフックから外さねばならず、開始すると岩壁の取っ手とフックが引っ込み、捕まることも体を固定することもできなくなる為、予め人数分支給されたトイレのスッポンを岩壁の鉄板部分に押し付けて落ちないように岩に張り付いていくこととなる(『DERO!』時代の「棒の間」を踏襲)。解答には制限時間があり、人数×20秒となっているが、全員分で統一されている2人目以降は、解答時間が変動する。時間切れになるとブザーが鳴って岩壁が動き、挑戦者を崖下に突き落とす。正解すると取っ手が出るのでこれに捕まることができるが、答えられないと岩壁の足場とスッポンだけで耐えなければいけない[31]。最後まで生き残った人数分の秘宝を獲得できる。正解しても取っ手が出る以外に挑戦者を助けるシステムは無いので、規定の回数正解したことに気付かずに落とされた者もいる。
2012年11月5日の放送で村上信五関ジャニ∞)が史上初の成功者となった。
4チーム対抗戦スペシャルルール
ルールは通常通り。挑戦者は2人なので最初から1人目が2回正解しないといけない。ただし必要ポイントが2に減らされている。
2013年1月7日放送分からは、4チーム対抗戦でも3人挑戦に戻ったので、ルールも通常ルールに戻された。

新・岩の間[編集]

2013年9月24日放送分で初登場。

崖っぷちに表示されるクイズに全員で答える。まず3つのジャンルが提示され、その中から好きなものを選択。岩についているボタンを押してから3秒後にクイズがスタートする。

クイズは6連続ビジュアルクイズ。モニターに映った物の名前を答える。制限時間は第1段階が45秒、第2段階が40秒、第3段階が35秒。ノルマは6を現在残っている人数で割ったもの(3人なら2問ずつ、2人なら3問ずつ、1人なら6問全部)で、ノルマを達成すればその人の命の足場が出現し、次の人に回答権が移動する(つまり1人目で詰まったら全滅となってしまう)。時間切れになると岩が突進してきて突き飛ばされ、失格となる。

6問正解したら岩が1段階奥へ移動し、残ったジャンルから次の問題を選択。第3段階をクリアすると、「新・張り付きの試練」に挑戦できる。

新・張り付きの試練
スッポンを使って岩に張り付き、一問多答クイズに早押しで答える。
制限時間は残った人数1人につき20秒でノルマは1人につき3個ずつ。時間切れになると岩が突進し、その衝撃で挑戦者を振り落とす。ノルマを達成した人は取っ手が出現し、それを握ることで身を守れる。
最終的に生き残った人数分のファラ男像を獲得。
2014年4月7日放送分では「一方通行!順番通りクイズ」に変更。一問多答クイズなのは同様だが、指定された順番で正解を挙げていく(間を飛ばした場合、遡る答えは不正解となる)。制限時間40秒以内に6個正解でクリア。
大運動会SP(2014年10月4日放送分)ルール
5人での挑戦。挑戦者を2人・2人・1人の3グループに分けて行う。
ビジュアルクイズの制限時間は60秒で固定。ノルマはその問題に挑戦する人数によって変わり、5人の場合は1グループ2問(ペアは1問ずつ)、4人の場合は1グループ4問(1人2問ずつ)。ペアの場合は前の人から順番に行う。
張り付きの試練は2014年4月7日放送分とルールは同じ。

地下水路の間[編集]

2014年4月7日放送分の2時間スペシャルから登場の新ステージ。『DERO!』時代の「水の間」のアレンジ版。

金網の向こうには高さ150cmの所に排水口があり、3つの台座の上にファラ男像を載せた舟がセットされている。なお、ステージ内には挑戦者がファラ男像が排水口から流れ落ちるのを止めるために使うアイテムとして、竿1本が備え付けられている。

スタートするとダクトから水が放水され、徐々に水位が上がっていく。すぐには答えにくい常識問題が出題され、30秒以内に回答する。間違えるとペナルティとして3本の配水管からも放水され、これを止めるまで次の問題が出題されない。止めるには、ランプの点灯した配水管の真下にあるバルブを回さなければならない(中央のバルブは比較的上にあるが、左右のバルブは水底にある)。5問正解すると、一旦放水が止まり、絵並べの試練に挑戦する。

絵並べの試練
スタートすると、ダクトと配水管の両方から放水される(止める事は出来ない)。
6枚のイラストパネルを使ってクイズに答える。水底にある解答スペースにパネルをセットしてボタンを押し答える。全部で3問出題(1問目は2枚、2問目は3枚、3問目は4枚使用)され、3問目を正解すると金網のロックが外れ、ファラ男像を取りに行ける。
ファラ男像が全て排水口から流れ落ちたらチャレンジ失敗となる。
2014年8月27日放送分
大きくリニューアルされ、水面に浮かんだファラ男像1体とふなっしー人形20体を載せた舟を守りぬくルールに変更された。

開始前の時点で予め水位50cmまで上昇。スタートと同時にバルブのハンドルが外れた配水管3本から放水。正解が3〜4個ある問題が出題され、全て正解できれば、ハンドルの入ったボックスのロックが解除。ボックスの中からハンドルを取り出して、バルブにはめて回し、配水管を止める。不正解の場合はペナルティが発生、30秒が経過するまで、次の問題は出題されない(『DERO!』時代の「水の間」のラストアンサークイズを踏襲。正解の場合、配水管を止めるまで次の問題が出題されない)。なお、ステージ内には挑戦者がファラ男像が排水口から流れ落ちるのを止めるために使うアイテムとして、わら1切れと新聞紙で丸めた棒1本が備え付けられている。3問正解して3本の配水管を全て止めたら、一旦水門が閉鎖され、3文字しりとりの試練に挑戦する。

3文字しりとりの試練
スタートすると、ダクトから放水を再開(止める事は出来ない)。
水中に沈められた専用ボードのマス目に、広辞苑に掲載されているかな3文字の言葉を記入して、ボードの15マスを全て埋める。ただし、最初と最後のマス及び途中1マスには予め文字が入っており、その文字を必ず使ってしりとりを繋げていく。
水位が150cmラインに到達する前に15マス全て埋められたらクリア。金網のロックが外れ、残った舟に載っているファラ男像及びふなっしー人形(10体で1ポイント換算)を獲得できる。150cmライン到達でチャレンジ失敗、閉鎖されていた水門が全開して一気に全ての舟が流出する。

崖の間[編集]

『DERO!』時代の「棒の間」のアレンジ版。

1チーム3名または4名による直接対決の最終ステージ。全長13m、足場の幅20cmの崖に2チームの挑戦者が立たされる[32]

挑戦者の背後には、横6個×縦10個に敷きつめられたブロックがそれぞれのチームに2ヶ所設置されている。

各チーム1問ずつ問題に挑戦するが、解答時間中は挑戦者の背後からブロックが一度に2 - 11個ずつせり出してくる。そのため、ブロックを避けながらクイズに答えなければならない。体勢を整えないと奈落の底に落下してしまう(ただし、一番上のブロックの上からしがみついたり、ブロックの間に指を入れて持ち堪えることもできるのでブロックが全部出るまで粘ることもできる[33])。なお、クイズ回答時以外に落下してしまう場合もあるが、その場合も無論失格である[34]。ブロックに押し出されそうになりながら無理に残ろうとして耐え切れずに落下した場合、落下後にブロックが本来より大きく飛び出すことがある。また、それとは逆に落下の際にブロックを押し込んでしまうこともある(いずれの場合もブロックは元の位置に戻る)。

同じブロックに2人以上いる状態で、解答権を持つ人が落下した場合は残っている人に解答権が移動する。このため、パスを使用出来ない局面にて、解答者は自ら落下する事で正解が分かったパートナーに解答権を譲ることもできる。

解答者以外の人物が答えを教えるのは反則である。第1回放送ではテリー伊藤が回答権が無いのに3度に渡って正解を言った直後に落下、その後に本来の回答者である葉山エレーヌ(テリーと同じブロックにいた)が正解した。この時はファラ男が登場して、「本人が落ちた事と初回という事で大目に見るが二度目は無い」と忠告した。ただし、正解を有効とし反則は適用されなかった。これ以降に回答権無しで正解を言った者はいない。

パスは1チーム1回まで可能。

どちらかのチームの挑戦者が全滅し、ターンを消化するまでクイズが出題され、残ったチームが生き残り人数×2体の秘宝を獲得できる。ただし、先攻が全滅した時点で後攻の総合勝利が確定した場合はターンを消化せずに終了となる。

  • 例1
Aチーム(先攻)1体、Bチーム(後攻)2体獲得した状況でAチームが全員落下した場合、Bチームは解答せずに総合勝利が確定する。
  • 例2
Aチーム(先攻)1体、Bチーム(後攻)0体獲得の状況でAチームが全員落下した場合、クイズは続行され、Bチームが1人でも正解すればその時点で総合勝利確定、全員落下した場合は崖の間の結果は引き分けとなり、Aチームの総合勝利となる。

また、3体以上差がある場合、負けているチームはメンバーが全滅しない場合でも先攻・後攻関係なく残りが一定数以下になった時点で逆転または引き分けになる可能性が無くなる。そのため、3体以上差が付いている状態で負けている方の逆転または引き分けの可能性がなくなった場合もその時点で終了。勝っている方のブロックが引っ込み、生き残った者が秘宝獲得となる(負けている側も決着がついた時点で生存者がいればその分のブロックは引っ込むが、宝箱との間を隔てる壁は閉じたままなのであまり意味は無い)。

  • 例3
Aチーム(先攻)0体、Bチーム(後攻)3体獲得している時はAチームは2人生き残らなければ逆転できないので、4人対4人の場合は3人落下すればその時点で終了してBチームの勝利、生き残っている人数分のファラ男像を獲得する。
  • 例4
Aチーム(先攻)4体、Bチーム(後攻)0体獲得している時はBチームは2人生き残りで同点、3人生き残りで逆転となる。3人対3人で開始の場合、1人落下の時点で勝ちは無くなるが、まだ負けは確定しない(引き分けの可能性が残っている)ためゲームは続けられる。なお4体差は通常放送における上限(第1ステージパーフェクトで3体+ミイラの間成功で1体)である。
  • 例5
極めて極端な例ではあるが、Aチーム(先攻)0体、Bチーム(後攻)7体獲得している時はAチームは全員生き残らなければ逆転できず、点差が奇数なので同点もない。そのため1人でも落下すればその時点でBチームより人数が多くても負けが決定し、ゲームは終了する。前述通り通常放送では起こらないためこのケースが発生する可能性があるのは2時間スペシャルのみ。

崖の間開始の時点で点差が偶数の場合、理論上は最終結果が同点になるケースも起こり得る。発生した場合同点決勝を行なって決着をつけることが番組内で明言されたが、実際に最終成績が同点となったことは無いためどこで何をするのかは不明。

2時間スペシャルでは理論上、崖の間で逆転不能な差を付けることも可能(3ステージ全部パーフェクトで9体、ミイラの間登場後はここでの成功で手に入る1体を足して10体が上限に対し崖の間は4人挑戦で8体が上限)だが、実際に発生したことが無いのでどのように対応するのかは不明。

2011年8月17日の放送は1チームでの挑戦となるため、全員落下するまでに10問正解すると成功という特別ルールで行われた(パスは2回まで可能)。10問正解した時点でターンを消化していなくても終了。生き残った人数分の秘宝を獲得できる。

イラスト変換Q
文字や絵で表された言葉を表示されたジャンルを参考にして答える(例:「と」の中に「胃」がある絵、正解は「トナカイ(と中胃)」)。
漢字イラストQ
イラストが漢字で表現されており、その漢字の場所や色、向きなどからそのイラストを答える(例:「魚」の中に「餡」がある絵、正解は「たい焼き」)なお、このクイズは『DERO!』時代を踏襲している。
別の呼び名Q
1つのモノの複数(2つまたは3つ)の呼び名を答える。出題された写真・イラストの呼び名をマス目と表示された文字を参考に全て答える。2012年3月19日放送分の2時間スペシャルにて初登場。

「○き」「○○ん」 (正解は「つき」「ムーン」)

同じ文字入れQ
空欄に同じ文字を入れて単語を作る(例:わい○○、正解はワイキキ)。
初回ではヒントも同時に出ていたが、第2回以降では出題後一定時間が経過してからヒントが出るようになった。また、単語も複合語(こ○○わし(独楽回し)・だ○だ○○ろ(橙色)・か○○○き(肩叩き)など)が出題されるようになった。
写真&文字並べ替えQ
表示された文字と写真を並び替えてできる物を答える。

(正解は「反抗期(「はんこ」「う」「き」)」)

先述の「別の呼び名クイズ」と入れ替わる形で、終了。
ピラミッドQ
ある有名人の写真が正四角錐型に折り曲げられており、その有名人は誰か答える。現時点で出題されたのは2011年7月13日放送分のみである。
有名人一文字チェンジQ
文章を一文字だけ変えて有名人の名前を作る(例:橋のセミ、正解ははしのえみ)。現時点で出題されたのは2012年10月15日放送分のみである。
共通ひっつきQ
2013年8月9日放送分で初登場。4つの映像に共通してひっつく言葉を答える。
漢字組み立てQ
2014年4月7日放送分で初登場。イラストを漢字に変換して、合体させるとできる二字熟語を答える(左上にヒントが出る)。

放送開始以来毎回開催されていたが、長らくパーフェクトが出ないステージだった。2012年11月26日放送分にて田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、鈴木紗理奈庄司智春品川庄司)、ベッキーにより史上初のパーフェクトが達成された。なお、庄司智春がパスを使用している。

4チーム対抗戦スペシャルルール
各チーム2人ずつ、4チームが同時に挑戦。スタート時に出現するブロックの数はこれまでに獲得した秘宝の数によって決定(秘宝なしで10マス、秘宝1体につき2マス減り、5体(パーフェクト)で0マスからスタート)。パスは各チーム1回。
3順目からはターン開始前に「サポートアタック」を各チーム1回のみ使用可能。他の1チームを指定し、サポートルームで待機するメンバーから1人を指名する。指名された人は解答者となって「正しいものはどれQ」に挑戦。映像3択問題に挑み、1問正解ごとに指定したチームのブロックを2マス出すことができる。問題は3問出題され、最大6マス出すことが可能。複数チームが同時に行使した場合は抽選で順番を決定する。制限時間は1問につき10秒で解答は1回のみ。最後まで生き残ったチームの優勝となる。
2チーム対抗戦新システム(2013年1月21日放送分以降)ルール
4対4(1ブロックにつき2名)の直接対決で、サポートアタックを使った場合は、相手チームのどちらか1ブロック(どちらにするかはチーム代表者が決める)からブロックがせり出す。
クイズは1巡目が「漢字イラストQ」→「漢字組み立てQ」、2巡目が「共通ひっつきQ」、3巡目は「サポートアタック」、4巡目以降は「同じ文字入れQ」で固定。
『大運動会SP』(2014年10月4日放送分)ルール
6対6で対決。ブロックとブロックの間を仕切っている部分も1つのブロックとして扱われ、時間と共にせり出す。
リニューアルSP(2016年4月11日放送分)ルール
「新サポートアタック」が登場。互いに代表者を1人ずつ出し、早押し対決を行う。出題されるのは「重ねて漢字Q」2つに分割された漢字を徐々に中央に寄せて重ねできる漢字一文字を答える。全部で5問出題され、1問正解するごとに敵チームの指名されたメンバー1人の周辺にブロックが2マス出る。

最後の試練[編集]

勝利チームが最後に挑むボーナスチャレンジ。チーム代表2名が挑戦。崖の間のセットに立ち、中央から出口に向かって進んでいく。道中は14列の壁により塞がれており、1 - 6問目及び8問目に正解することで2列ずつ壁が解放されていく。

サンドイッチQ
ジャンルを参考に言葉の真ん中に文字を入れて、三文字のジャンルに合う言葉を完成させる(例:問題は「ま□ろ」、ジャンルは「魚の種類」、正解は「ぐ」をいれて「まぐろ」)。
問題の解答権は先頭の人のみ。2秒経過ごとに背後から壁が1列ずつせり出していくため即答することがポイントとなる。8問正解すれば壁が全て開放となり(最後の2列は直前の壁を開放した後2問正解で解放)、向こう岸にたどり着けばクリアとなる。
1人成功で5万円(2時間スペシャルでは10万円)、2人成功で10万円(2時間スペシャルでは50万円)獲得となる。両者とも壁に押し出されて落下してしまうと失敗。賞金は無し。
2011年8月17日の放送では、1人成功の場合はファラ男像獲得数×1万円、2人成功の場合はファラ男像獲得数×2万円獲得というルールで行われた。
4チーム対抗戦や2チーム対抗戦新システムでは最後の試練は無く優勝チームが自動的に賞金を獲得する。

ネット局[編集]

『謎解きバトルTORE!』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間(第1期) 放送曜日・時間(第2期) 字幕放送
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
『謎解きバトルTORE!』制作局
日本テレビ系列 水曜日 19:00 - 19:56 月曜日 19:00 - 19:56
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列/フジテレビ系列 不定期放送[35]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列 水曜日 19:00 - 19:56
沖縄県 琉球放送(RBC) TBS系列 金曜日 15:55 - 16:53 ×
  • テレビ宮崎(UMK)は第2期以降、2時間スペシャルに限り同時ネット(月曜20時台が日本テレビ同時ネット枠となっているため。この場合は19時台に放送されるフジテレビ系列の時差ネット放送枠が休止となる)。
  • 一部系列局では再放送を行っている局がある。

スタッフ[編集]

不定期特番第8回放送分
  • 構成:吉橋広宣、今井とおる、西村隆志
  • ナレーション:赤平大
  • クイズ出題ナレーション:豊田順子(日本テレビアナウンサー)
  • クイズ:水野圭祐、伊藤文人、中川久嘉
  • TM:坂東秀明
  • SW:松嶋賢一
  • CAM:早川智晃
  • 照明:千葉雄
  • 音声:池田正義
  • VE:八木一夫
  • 美術:高野泰人
  • デザイナー:北村春美
  • 大道具:相馬勇
  • 小道具:鶴田しのぶ
  • 電飾:糸数青祥
  • 衣装:珍田愉華
  • 持道具:上田薫
  • 特効:栗原寛享
  • メイク:スタジオまむ
  • 音効:岡田淳一
  • EED:永岡大輔(オムニバス・ジャパン
  • MA:小川るみ(オムニバス・ジャパン)
  • CG:イシバシミツユキ、アイヴリック、諏訪部正英
  • イラスト:ODDJOB
  • 技術協力:NiTRo
  • 美術協力:日テレアート
  • 撮影協力:EAT、Motion Partrait、タリー、バンセイ
  • デスク:宮沢薫
  • TK:長坂真由美
  • AP:野中翔太
  • 進行:改發みなみ(改發→以前は、AD)、中條紗佳
  • AD:山本玲奈、水賀美佑太、大谷春希、藤村有希、後藤拓也、永井玲名、岡崎雄斗
  • ディレクター:鈴木潤一郎/吉田真紗記、石井和章、武石一也、髙橋慎耶、徳武真人、宮本瞳
  • 演出:小俣猛、藤田幸伸
  • プロデューサー:秋山健一郎、北詰由賀、筒井梨絵、山本玲子(筒井・山本→以前、AP)
  • 総合演出:財津功
  • 制作協力:AX-ONSpice Factory
  • チーフプロデューサー:中村英明(不定期第7回分から)
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • クイズ出題ナレーション:古市幸子延友陽子
  • クイズ:西条みつとし
  • TM:江村多加司
  • CAM:福田伸一郎
  • 照明:高橋明宏
  • VE:高橋卓
  • 美術:中原晃一
  • デザイナー:本田恵子
  • 装置→大道具:滝沢陽介
  • 装飾:宍倉正一
  • 衣装:有馬裕太、加川潤
  • EED:行木忍(オムニバス・ジャパン
  • MA:村上敏之(メディア・リース)
  • イラスト:タイムライン
  • 撮影協力:温泉宅配便
  • 編成:中野裕子(第1回のみ)、穂積武信
  • 広報:永井晶子
  • 進行:徳武真人
  • AP:山口正博
  • AD:大友彩奈、増井政憲、深澤尚、照井ゆずみ、戸谷志帆梨、吉田郁美、大屋万梨子、大河原英作、蔭山彩、中川健太郎、篠田将大、加藤真裕子、松本信子、齋藤聡、南雲悠、石島慎也、飛田一充、、北田有輝、金誠貴、伊藤美波、谷和真、小出大樹、大和田京甫
  • ディレクター:高橋直樹、西川宏一、増田雄太、武信考、久保木幹雄、山越由貴、清水克洋(清水→以前は、AD)
  • プロデューサー:天笠ひろ美、永井英樹、岡田五知信
  • チーフプロデューサー:小谷野俊介[36]鈴江秀樹[37]
  • 制作協力:THE WORKS

おもちゃ・ゲーム[編集]

宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE! 魔宮攻略ゲーム
バンダイから2012年7月28日に発売された。
TOREに登場するステージをベースにした個人戦ボードゲーム。2人 - 4人で遊べる。石像の間→壁の間→ミイラの間→床の間→崖の間の順番で5つのステージ+αに挑戦、ゲームやクイズをクリアしファラオ像を獲得。全ステージ終了時点で獲得したファラオ像が一番多い人の優勝となる。
同年7月12日 - 26日に『スッキリ!!』の「スッキリ!!商品開発部」のコーナーで制作段階が放送された。
2013年3月29日には、追加キットとして「岩の間」ステージが発売された。
宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE! 鉄球の試練ゲーム
日本テレビサービスより発売された。
鉄球の試練の単体販売版。本家に近い再現度となっており、付属のタイマーを使用することで本家さながらの緊張感を味わうことができる。また、角度を上げるシートやタイマーを隠す・離れた場所に置くなどして難易度を上げたバージョンに挑むことも可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “クイズに答え秘宝獲得目指す”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). (2011年6月30日). オリジナル2011年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110705222827/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20110630-OYT8T00703.htm 2013年2月19日閲覧。 
  2. ^ “日本テレビ「DERO!」から「TORE!」へ 人気クイズバラエティーがリニューアル”. まんたんウェブ(毎日新聞デジタル). (2011年6月15日). オリジナル2012年7月15日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/bk1m 
  3. ^ テレビ大分・10月期基本番組表より
  4. ^ 日本テレビに限り、18:57 - 19:00に事前枠も別途放送された。
  5. ^ プレスリリース
  6. ^ プレスリリース
  7. ^ モーションポートレートは使用せず。当初はファラ男の被り物を着けながら出演していたが、レギュラー末期では被り物もなくなった
  8. ^ ふなっしーの姿をしたコスチューム。
  9. ^ 企画段階では最初の移動の前にも出題が考えられていたようであり、第1回放送では移動前最初に集まる場所にもクイズゾーンと同じ赤いボタンがあるのが確認できる、ただし画面は存在しない。
  10. ^ 初回は相談相手がチームリーダーのみに固定され、アドバイス中は制限時間のカウントが止まっていた。
  11. ^ 命のテレフォンは取らなければ使ったことにならなかった。
  12. ^ TOYOTAとのコラボCMでは正解できないまま挑戦者全員がクイズゾーンの壁に潰される演出が使われている。
  13. ^ 壁が閉じた後で回した挑戦者がいたが、これは有効と判定されている。
  14. ^ 実際に閉じた壁を抉じ開けてセーフティーゾーンに移動した力自慢の挑戦者が出たが、「認めてしまうと力の強い人が単純に成功してしまう」として失格になっている。
  15. ^ 2013年1月7日放送分では村上信五(関ジャニ∞)が腰から下を挟まれて上半身だけが壁の間から出る形となり、そこからセーフティーゾーンの床に手を着いて両足を引きずり出した。これは有効と判定され生還している。
  16. ^ 1人目での3本取りを宣言して挑んだ挑戦者は存在するが、1本も取れずに失格となっている。
  17. ^ 3月9日放送の『DERO!』の最後に流れた次回予告(3月16日放送予定分)では山崎弘也アンタッチャブル)がカギを2本回し、閉じる壁の間をすり抜けて脱出しようとする所が映っていた。この際に「奇跡を起こせるのか!?」の字幕とナレーションがあったが、地震の影響で放送中止となったために幻の記録となってしまった。
  18. ^ もし敵チームの台座に置いた場合、それは敵チームのポイントになる。
  19. ^ 「生き残り」の定義は鉄球最低1個以上置いた上で、セーフティーゾーンまで到達できた場合を指し、完全にセーフティーゾーンに入らず下半身だけ挟まれていても、上半身がセーフティーゾーンに入っていれば「生き残り」と認められる(2014年8月27日放送分の鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)のケースで発生)。逆にセーフティーゾーンまで逃げられても自分のチームの台座に1個も鉄球を置けていなかった場合は、脱落と同等の「失格」扱いとなる(同日放送分の本田望結のケースで発生)。
  20. ^ 砂は『DERO!』時代の「砂の間」で使われていたものを用いている。『DERO!』時代に石像に向かって引っ張られる際、床との摩擦熱で「熱い」「痛い」と叫ぶ挑戦者が複数名いたため、摩擦緩和のための配慮と思われる。
  21. ^ 『DERO!』時代とは異なり施錠はしないので自分で外せる。ただしクリアするまで外してはいけない。
  22. ^ 2012年4月2日放送分にて東国原英夫が実際に行ない、残りのメンバーがその通りに解答して正解。
  23. ^ 2012年4月2日の放送で吉田沙保里が挑んだ際にはファラ男が「石像にタックルをしないように」と忠告している。
  24. ^ 他のステージの奈落と異なり、溶岩が流れているCG映像となっている。
  25. ^ 取っ手は3段階あり、その都度いずれかが挑戦者の身長に合ったものが使用される。また、身長が低く岩の取っ手に届かない挑戦者には補助の足場が追加される。
  26. ^ ただし「岩の間」ではルール上自分で着脱可能なので施錠されることはない。
  27. ^ 1段階目は青、2段階目は黄色、3段階目は赤の線が描かれており、その位置まで岩壁が移動する。
  28. ^ 企画段階では他の方法での回答も考えられていたようであり、初登場の時点では回答場所の横に赤いボタンがあるのが確認できる。10月15日の放送ではこのボタンは無くなっていた。
  29. ^ 岩壁の足場は突き落とされる際の安全の為崖っぷちクイズに挑む者が回答場所へ移動すると引っ込むようになっている。
  30. ^ 岩壁の他の挑戦者はフックで固定されている為落下することはない。
  31. ^ 仮に耐えたとしてもクイズに再挑戦できるかどうかは不明。
  32. ^ 子供がいるチームではその子供が挑戦する場合、ハンデとして相手チームより1名多いメンバーで挑戦することがある。
  33. ^ 理論上は腕力さえあればブロックが全部出た後でも回答することが可能。2012年6月18日放送で小島よしおが史上初となる全部出し後の正解を達成したが、直後に落下している(正解音は鳴ったので解答は有効、ただし鳴ったのは本人落下後だった)。2012年7月2日放送では村上信五が史上初となる全部出しからの生還を達成し、ブロックが全部出てからも挑戦継続可能であることが実証された。後に若林正恭も全部出しから生還している。
  34. ^ 自チームの勝利が確定した後に落下しても失格であり、獲得できるファラ男像が減り、場合によってはそれで勝敗が逆転することもあり得る。
  35. ^ 2時間スペシャルのみ同時ネット。
  36. ^ 2012年6月1日付で報道局生活文化部長に就任。
  37. ^ 2015年6月1日付で編成局次長に就任。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 1900・水曜枠
前番組 番組名 次番組
宝探しアドベンチャー
謎解きバトルTORE!
日本テレビ 1900・月曜枠
宝探しアドベンチャー
謎解きバトルTORE!