上田晋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上田 晋也
本名 上田 晋也
ニックネーム 司会王、メディア王、童貞番長(学生時代)、バカボンのパパ[要出典]
生年月日 (1970-05-07) 1970年5月7日(46歳)
出身地 日本の旗 日本 熊本県熊本市南区
血液型 O型
身長 172cm
方言 共通語
最終学歴 早稲田大学教育学部中退
師匠 コント山口君と竹田君
コンビ名 くりぃむしちゅー
相方 有田哲平
芸風 漫才コントツッコミ
立ち位置
事務所 プライムナチュラルエイト
活動時期 1991年 -
同期 ナインティナイン
よゐこ
キャイ〜ンなど
現在の代表番組 おしゃれイズム
おとなの学力検定など
過去の代表番組 誰も知らない泣ける歌
他の活動 司会者俳優
配偶者  既婚
親族 上田啓介(実兄・タレント)

上田 晋也(うえだ しんや、1970年5月7日 - )は、日本お笑いタレント司会者キャスター俳優であり、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーツッコミ担当である。相方は有田哲平

熊本県熊本市南区出身。プライムを経て、ナチュラルエイト所属。身長172cm、体重63kg

来歴[編集]

熊本市立日吉小学校熊本市立城南中学校熊本県立済々黌高等学校卒業。入部したラグビー部で有田哲平プロレスの話題で話しかけられる[1]。プロレスの話や2人が「お笑いスター誕生!!」を見ていたことで意気投合[1]。当時の上田はいわゆる学校番長的存在で、有田はその上田に付いていくような感じであった。当時、上田は有田に「将来はプロレスの記者かお笑いをやる」と語り、驚かれている[1][注釈 1]。高校を卒業して熊本予備校に通う。一浪を経て、早稲田大学教育学部国語国文学科に入学するも中退。お笑い芸人になることを決意し、事務所に履歴書を送る前日に、偶然、友人宅で有田哲平と再会し2人で履歴書を提出することになり、デビュー。上田本人がネタを見て1度も笑ったことが無いというコント山口君と竹田君の付き人としてスタートする。当時のコンビ名は、海砂利水魚 (かいじゃりすいぎょ)。当初は海砂利水魚というのが落語の「寿限無」から出てきた言葉だということを知らなかった。

数々のライブ経験をこなす。TBSウンナンの気分は上々。』で、さまぁ〜ずとのグループ名の改名を賭けた対決に敗れる。内村光良によりくりぃむしちゅーに改名を命じられる。以降は、コント重視の作家志向な芸風から一転し、バラエティ中心にタレント業で活躍するようになる。

1993年に大河ドラマ炎立つ渡辺謙の付き人のようなことをしていた[2]

2004年12月14日に同郷・熊本県出身の一般人女性と結婚。2006年6月7日に第1子となる女児が誕生していた事を、同月11日放送の日本テレビ系列『おしゃれイズム』内で発表。2010年12月1日、男児誕生を「ナチュラルエイト」サイトにて発表した。

2006年8月からCS放送テレ朝チャンネルにて、単独の冠番組『上田ちゃんネル』がスタート。上田と仲が良い古坂大魔王やプライムの後輩芸人浜ロンなどが出演。

2012年3月17日放送『Going!Sports&News』(日本テレビ系)で、近く声帯ポリープ手術を受けることを発表[3]、『おしゃれイズム』収録では会話なく出演したが、31日『Going!Sports&News』以降本格復帰を果たした[4]

人物[編集]

芸風[編集]

  • 現在はツッコミを担当しているが、デビュー当時はボケ担当であった。現在もたまにボケ役にまわることがある。
  • 芸能界きっての「うんちく王」として知られる。テレビ朝日系列『虎の門』のコーナー「うんちく王決定戦」で三代目うんちく王となった。以来、執筆、教育番組にも出演。『天才ビットくん』(NHK)に出演し、単独でも活躍中。

例えツッコミ(例:ロケ中に子供がたくさんついてきたときに「ごめんね、映画『ロッキー』の撮影じゃないんで[5]」)を得意とする。またうんちくブームが去る前に、うんちくを披露する機会を減らしネタを従来の「ボケ・ツッコミ」に戻すなど、戦略的な面も持っている。うんちくなどに詳しい反面最近の雑学をテーマとするクイズ番組などには一貫して参加していない。一方で、超タイムショックではパーフェクトを達成している。

  • くりぃむナントカ』や『シルシルミシル』では、いじられキャラのポジション(それに上田がツッコミを入れる)となっている。『シルシルミシル』ではいじられ方がエスカレートし、バスローブをまとって派手な恰好の女性を侍らした影の権力者風の極悪人としてイメージイラストを勝手に描かれたり、勝手に国政選挙進出を目論んでいることにされるなど、徹底的に悪玉キャラが本人の意思関係なく定着している[6]
  • 話術にも優れ、バラエティ慣れしていない俳優やスポーツ選手などから話を引き出すのが上手い[6]
  • 持ちギャグに「ぺろ~ん!」というのがある。これは、『銭形金太郎』出演時に使っていたギャグで、現在は『Going!Sports&News』などで、見ることができる[7]

家族[編集]

  • 実家はプロパンガスの業者である。
  • 3人兄妹の次男。兄の上田啓介は熊本で番組プロデューサーローカルタレントをやっており、全国放送の番組としてはフジテレビの『ものまね紅白歌合戦』に「上田晋也のそっくりさん」や『ペケ×ポン』、『FNSの日』に出演した。それ以外にも『くりぃむナントカ』に数回出演しており、公式ホームページには上田が居るべきところに兄が写っている。ラジオ番組のピンチヒッターを務めたり、『おしゃれイズム』に出演したりなど頻繁に全国放送の番組に出演したがっている兄を上田は「日本一性質(たち)の悪い素人」と呼び、迷惑がっている上、「地元熊本では兄の方が人気があるんです。(僕としては)残念です。」と皮肉交じりでいろいろな番組で言っている。また、兄は自身の高校時代の同級生と組んでM-1に出場、あえなく1回戦で落選した。他に妹が1人。
  • 海砂利水魚時代に出演した自動車教習所CMは兄が制作し、ギャラは焼き肉一食分であった[8]
  • 自身は一女一男の父である[9]

趣味・嗜好[編集]

  • 松田優作の大ファンで、無名時代に墓参りに行った事があるという。松田の声真似が非常に上手く、木村拓哉から教えを請われたこともある。
  • 大の長渕剛ファンであり、18歳の時、熊本市民会館で行われた長渕剛のコンサートで、長渕の投げたハーモニカをキャッチすることに成功した。今でも大事に保管している(後年長渕本人にその思い出話をしている)。長渕本人とはライブでステージに上がって一緒に歌ってくれと頼まれたり、メールを交換しあったりなど親交が深い。コンサートへも行っている。
  • 仲間由紀恵の大ファンである。仲間が出演する舞台『スター誕生!!』を最前列で鑑賞した際、「好きな人が目の前にいるのに、なぜ抱きしめられないんだ!!」と苦しんだ。
  • 古舘伊知郎のファンでもある[10]
  • 好きなスポーツは野球ボクシング。ボクシングジムに通っている[11]。また、中日ドラゴンズファンであると公言している。ただし、チームのファンというより落合博満のファンだからだと語っており、落合氏の選手時代にはその移籍に伴い、ドラゴンズ→ジャイアンツ→ファイターズと応援するチームは変わっていた。その後、落合氏が中日ドラゴンズの監督に就任してからはドラゴンズを応援するようになったと語っている。浪人生時代にはウォーレン・クロマティ巨人)が、投手・宮下昌己(中日)から背中に死球を受け、帽子を取らず謝罪しなかった宮下に対してクロマティが殴打し、両軍入り乱れた大乱闘に発展した試合(開催地は熊本藤崎台球場)をレフトスタンドから観戦していた[12]
  • ボクシング生中継の国内タイトルマッチでは年数回で観客席で観戦している場面が映されている。好きな番組はWOWOW『エキサイトマッチ〜世界プロボクシング』、「はじめの一歩」を全巻所有している。
  • 辛い食べ物が苦手。また、コーヒーも飲めない[13]
  • 中学・高校時代はプロレスにかなり熱中しており、熱狂ぶりは相方の有田以上だったという。試合開始直前にアントニオ猪木が観客席に投げたタオルを受け取ったことがあり(猪木のセコンドについていた橋本真也が、他のファンに取られないように手に巻きつけてくれた)、それを大事に自宅の壁に飾っており、「アントニオ猪木さんのタオル(本物)」と書かれた紙も張っていた。また、新日本プロレスが熊本で試合を行う際にはしゃもじやハチマキを持ち込んで応援しに行っていたという(1986年熊本大会の前田日明vsディック・マードック戦のワールドプロレスリングの映像には、ハチマキをした上田が映っている。また藤波辰爾スーパー・ストロング・マシンに対して『お前平田だろ』発言をした1985年5月17日熊本大会も会場に見に来ていた)。のちにプロレスの「暴露本」を読みショックを受け、プロレスから興味が離れていった。[14]
  • 海砂利水魚時代からゴルフを始め、2009年3月にレッスンを受け始めた。
  • 自分が出演する番組を含め、ほとんどテレビを視聴しない、テレビ視聴時間は1週間に3時間であると発言(相方の有田は対照的に、自分の出演している番組に加え、上田単独出演の番組も録画してチェックしている)。
  • 小学校の頃から水谷豊のファンで、テレビ朝日『相棒』を観たり服装を真似している。
  • 競馬予想・馬券購入を爆笑問題田中裕二としている。
  • 映画鑑賞が趣味で、『ダイ・ハード』や『ターミネーター』が好きである。
  • アメリカンフットボールに興味を示している。オードリーのオールナイトニッポンによると、アメフト経験者である若林正恭にルールの解説を請うため、家を訪ね試合を観戦している。

容姿[編集]

  • トレードマークは天然パーマの髪型。番組内で「どうも天然パーマです」と自己紹介することもある。1998年には金髪、坊主頭にしていたこともある[13]
  • ファッションセンスが悪く、よく他人に笑われるが開き直ることにしている。結婚後は、家を出る前に妻にファッションチェックをしてもらうようになったが、3回に1度は服を変えるよう言われる。
  • いわゆる「老け顔」で、デビュー当時から顔の見た目が変わっていない。有田は若手時代に「なんであんな年上の人とコンビ組んでるの?」とよく聞かれたという[6]
  • 上田ちゃんネル』の収録中、テンションが上がった拍子に差し歯が飛んだことがある[15]

学生時代[編集]

  • 学生時代は番長であった。ただし番長であるにも関わらず、童貞であったことから、有田からは「学校初の童貞番長」と揶揄されている。
  • ラグビー部に入部し、そこで出会った人物や出来事が今日までの活躍に繋がる。
  • 早稲田大学入学後、各種サークルの新歓コンパに参加するが、大抵の場合、一次会終了時に先輩から遠慮するように言われていた。その理由は、トイレから帰って来るときに下半身を露出しているなど、周りをまったく考えずに一人で騒ぎ過ぎたからである。その後も、どのサークルにおいても馴染むことが出来なかったうえ、学部でも友達を一人も作れなかったことから、大学生活はつまらないものとなってしまい、最終的には中退に至ることとなった。

その他[編集]

  • 高所恐怖症かつ閉所恐怖症であり、観覧車に乗っただけでも身動きが出来なくなる[16]
  • 催眠術に全くかからないため、催眠術そのものを信じていない[17]
  • 有田とは対照的に、家電に全く興味が無い。
  • 記憶力が優れており暗記する企画では活躍する事が多い。
  • 人前で泣くことは滅多にない[17].

出演[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

ドラマ出演[編集]

テレビアニメ[編集]

PV[編集]

[編集]

  • 竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方(2008年、朝日新聞出版

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『QuickJapan』vol.55、51ページによれば、お笑いよりもプロレス記者になることに憧れていたが、暴露本「アントニオ猪木・最後の真実」(板坂剛、1985年、鹿砦社)を読み、精神的にショックを受けている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「総力特集 くりぃむしちゅー 変身したバラエティ・スター」、『QuickJapan』vol.55、太田出版、2004年7月28日、 51頁。
  2. ^ 各界「伝説の師弟」(2)師匠・コント山口君と竹田君→弟子・くりぃむしちゅー”. アサヒ芸能 (2013年6月12日). 2015年7月21日閲覧。
  3. ^ くりぃむしちゅー・上田が声帯ポリープ手術へ「しゃべることができません」 - MSN産経ニュース
  4. ^ くりぃむ上田、31日生放送で本格復帰デイリースポーツ2012年3月27日閲覧
  5. ^ ロッキー2』内の、ランニングするロッキーをたくさんの子供が追いかけているシーンを指す。くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンでリスナーからいじられ、2008年2月14日のYahoo! Japan急上昇ランキングで3位に入った。
  6. ^ a b c AERA 2010年4月26日号 p.49~51「お笑い 読んでから笑え(15)くりぃむしちゅー 上田晋也×有田哲平」
  7. ^ 日テレサービスグッズコーナー(2015年7月21日閲覧)
  8. ^ 2004年フジテレビ「広告大賞」より。
  9. ^ くりぃむしちゅー・上田晋也に第2子男児が誕生”. oriconstyle (2010年12月4日). 2012年11月26日閲覧。
  10. ^ [1],goo
  11. ^ メイウェザーvsパッキャオ戦のファイトマネーは330億円!現地で生観戦した3人の日本人タレントとは(Woman Eyes)
  12. ^ くりぃむしちゅー語入門(新潮文庫)第3章「電光石火―海外旅行で使える!?上田晋也つっこみ名言PART2」
  13. ^ a b くりぃむしちゅー語入門 第1章「美辞麗句―海外旅行で使える!?上田晋也つっこみ名言PART1」
  14. ^ くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン 104回目(2007年9月4日)
  15. ^ “上田晋也:放送200回の思い出は“差し歯事件””. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2015年5月5日). http://mantan-web.jp/2015/05/05/20150505dog00m200008000c.html 2015年7月21日閲覧。 
  16. ^ 有名人データベース 上田晋也(PASONICA JPN)
  17. ^ a b くりぃむしちゅー語入門「第3章 電光石火―海外旅行で使える!?上田晋也つっこみ名言PART2」
  18. ^ 爆問・太田、くりぃむ・上田との“ローカル”冠番組に毒「在京テレビ局でやりたい」”. ORICON (2015年8月23日). 2015年8月24日閲覧。
  19. ^ くりぃむ上田、障害者スポーツ選手を応援する新番組でナレーション”. お笑いナタリー (2016年2月15日). 2016年2月16日閲覧。
  20. ^ “「天才バカボン」が実写ドラマに!パパ役は上田晋也、バカボン役はオカリナ”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年2月3日). http://natalie.mu/comic/news/174713 2016年2月3日閲覧。 

外部リンク[編集]