北原里英

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

きたはら りえ
北原 里英
北原 里英
AKB48時代の北原里英
2009年パリで開催されたJapan Expoで講演
生年月日 (1991-06-24) 1991年6月24日(31歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県一宮市
身長 157 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2008年 -
配偶者 笠原秀幸(2021年 - )
事務所 太田プロダクション
公式サイト Rie Kitahara official web site
主な作品
映画
ジョーカーゲーム
サニー/32
映画 としまえん
『HERO〜2020〜』
舞台
「新・幕末純情伝」 FAKE NEWS
どろろ
備考
Not yetメンバー
NGT48 チームNIIIキャプテン
元NGT48キャプテン
AKB48
(5期研究生→チームA→チームB→チームK)
SKE48 チームS兼任
第40回日本ハンドボールリーグ アンバサダー(SEASON2015 - 2016)
テンプレートを表示

北原 里英(きたはら りえ、1991年平成3年〉6月24日 - )は、日本女優YouTuber。女性アイドルグループ・NGT48およびAKB48の元メンバー、SKE48の元兼任メンバーであり、NGT48ではキャプテンを務めた。AKB48の派生ユニット・Not yetのメンバー[1]愛知県一宮市出身[2]太田プロダクション所属。

来歴

2007年

2008年

2009年

2010年

  • 3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演にて、太田プロダクションから移籍打診があったことが発表され、のちに正式に移籍した。
  • 2月17日、15thシングル「桜の栞」で初のフロントメンバーに選ばれ、2ndアルバム『神曲たち』でも通常盤ジャケットのフロントメンバーに選ばれた。
  • 4月30日、アメーバにてオフィシャルブログ「さんじのおやつ」をスタートした[5]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では16位となり、シングル選抜入りを果たした。
  • 5月17日、『週刊プレイボーイ』No.22 2010年5月31日号(集英社)に初のソログラビア「キタリエはじめました。」が渡辺麻友とともに掲載された。
  • 8月13日放送開始の『学校のコワイうわさ 新・花子さんがきた!!』では、ホワホワ役で声優デビュー。
  • 10月30日に自身初のソロカレンダーが発売され、同年11月6日には初のソロカレンダー発売記念イベントが開催された。

2011年

2012年

  • 3月4日、Google+秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りを果たす。
  • 5月30日、Not yetの4thシングル「西瓜BABY」のカップリング曲「guilty love」で初めて作詞を担当する[9]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では13位で、選抜入りを果たした[10]
  • 8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKへの異動と、同時にSKE48を兼任することが発表された[11]
  • 11月1日、新体制開始によりチームKに異動。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[12]
  • 11月18日に開催されたSKE48・10thシングル「キスだって左利き」の通常盤全国握手会において発表された、2013年1月30日リリースの11thシングル「チョコの奴隷」にて選抜メンバー入りを果たす[13]

2013年

  • 1月29日、SKE48ではチームSへの所属を発表。2月20日に開催される劇場公演から出演することが発表された[14][15][16]
  • 4月13日に開催されたSKE48春コン2013「変わらないこと。ずっと仲間なこと」で、「組閣」と称したチーム再編により、SKE48での兼任先がチームKIIとなることが発表された[17]
  • 4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演にて、SKE48チームS兼任解除が発表された[18]。これによってSKE48内から籍がなくなり、同年4月13日に発表されていたチームKIIへの異動も行われないことになった。
  • 5月8日のSKE48チームS「制服の芽」公演【北原里英 送る会】をもってSKE48の仕事を終了。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では21位となり、アンダーガールズに選出される[19]
  • 9月18日に開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16で、選抜入りを果たした。
  • 10月14日、この日行われた「チームKウェイティング公演」の昼公演にて、劇場公演回数500回を達成。

2014年

  • 2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』(東京・Zepp DiverCity)にて、新チームK副キャプテン就任が発表される[20]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では19位で、アンダーガールズに選出された[21]

2015年

2016年

2017年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では10位で選抜入りした。
  • 8月21日、新潟市歴史博物館で行われた「NGT48お披露目2周年スペシャルLIVE〜みなとまち新潟をもりあげちゃいます!〜」において、2018年春をめどにNGT48から卒業することを発表した[30]

2018年

  • 1月17日にファースト写真集『そして』を発売[31][32]
  • 主演映画『サニー/32』が2月9日に新潟市長岡市で先行公開されたのに続き、2月17日から全国公開された[33]
  • デビュー10周年に当たる3月1日にAKB48劇場において「北原里英AKB48劇場最終公演」として『地方組&5期生10周年特別公演〜大人になっても、全力でやらなきゃダメじゃん!〜』が行われた[34][35]
  • 4月14日に新潟の朱鷺メッセにおいて『北原里英卒業コンサート〜夢の1115日 新潟の女になりました!〜』が行われた[36]
  • 4月18日にNGT48劇場で行われた『北原里英 NGT48劇場 卒業公演〜最後まで、みんなのために〜』をもってNGT48としての活動を終了し[37]、4月30日付けで卒業した[38]
  • 6月、2018年新潟県知事選挙の啓発キャラクターに起用された[39]
  • 7月7日から30日まで舞台『「新・幕末純情伝」 FAKE NEWS』で主人公・沖田総司役を務める[40]

2019年

  • 5月10日に、東京に実在する遊園地としまえん[注 1]が舞台で主役を務めるホラー映画『としまえん』が公開された[41]

2020年

  • 6月24日にYouTubeに個人チャンネルの『きたりえチャンネル』を開設[42]

2021年

人物

AKB48

  • 多用するキャッチフレーズは、「夢見る名古屋嬢[注 4]。その他にも、公演によっては「きのこの山よりたけのこの里派」[64] や「『DEATH NOTE』で言ったらエルよりライト派」[65]「そばよりうどん派」のように、同じ属性にある2つの物を比較して「○○より○○派」というキャッチフレーズを使うこともある。チームB 5th公演では「愛知県からきました。北原里英○○才です。」に代え、ごくまれに他メンバーのキャッチフレーズを一部借用して観客の笑いを誘うこともある。
  • AKB48内で初めて名前を知ったメンバーは野呂佳代。憧れで神推しのメンバーは篠田麻里子と常々語っている。好きでもあり、憧れでもあり尊敬もしているのは戸島花[66]
  • 愛知県から上京してからは、指原(大分県出身)、大家志津香福岡県出身)、元研究生の冨田麻友(香川県出身)、元SKE48中西優香(愛知県出身)と1か月半、共に生活していた時期がある。特に大家とは約2年間にわたりルームメイトで、「東京の家族」と呼ぶほどの仲である。2010年時点は隣同士に住んでいた。また、この5人は自分達のことを「地方組」と呼び合っている[67]。その後、2人が抜けた後に地方組に入った小森美果横山由依とも親しくなっており、特に横山に関しては「横山とは会う場所が違ってたとしても、お互いにジャンル別だったとしても仲良くなれる」と発言していた。
  • 19thシングル選抜じゃんけん大会開催前にメンバーに対して実施されたアンケートの「AKB48に入って知った悲しみは?」という問いに「滑舌が悪いことに気づかされた。(あと自分で分かっているのに)叩かれるとこ」と答えた[49]
  • 『AKB48グループ大組閣祭り』(2014年2月24日、東京・Zepp DiverCity)にてチームK副キャプテンに任命された際のコメントは「横山の長いコメントを簡潔にわかりやすく伝えられるように頑張ります」であった[20]
  • 「AKBの知性派」とも言われている[68]
  • 仕事場では、知り合いのスタッフに必ず挨拶に行く[49]
  • 大人数での仕事が多いためか、「個人仕事のとき不安。一人ぼっちだとさびしい」とのこと[49]
  • 「『あなたにとってのAKB48』をひと言で表すと?」という問いに対して、「今の私のすべてです」と答えた[69]

NGT48・AKB48・SKE48での参加楽曲

シングル選抜楽曲

NGT48

AKB48

AKB48 チームサプライズ

重力シンパシー公演

  • 重力シンパシー
  • 素敵な三角関係
  • 旅立ちのとき
  • AKBフェスティバル
  • キミが思ってるより…
  • 女神はどこで微笑む?

バラの儀式公演

  • 未来が目にしみる
  • 最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?
  • 失恋同盟
  • バラの儀式
  • 美しい狩り
  • 哲学の森
  • ほっぺ、ツネル

SKE48

fairy w!nk

アルバム選抜楽曲

AKB48

  • 神曲たち』に収録
    • Baby!Baby!Baby!Baby!
    • 君と虹と太陽と
  • SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤』に収録
    • Seventeen
    • あなたがいてくれたから
  • ここにいたこと』に収録
    • 少女たちよ
    • 恋愛サーカス - 「チームB」名義
    • 人魚のバカンス
    • チームB推し - 「チームB」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m』に収録
    • ファースト・ラビット
    • ノーカン - 「チームB」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡』に収録
    • After rain
    • JJに借りたもの
    • 共犯者 - 「Team K」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
    • 愛の存在
    • Conveyor - 「Team K」名義
    • 生き続ける
  • サムネイル』に収録
    • すべては途中経過

未音源化曲

  • 私に似てる(ニンテンドー3DS用ソフト『AKB48+Me』収録曲)

ぱちスロAKB48 勝利の女神

  • ヘビーローテーション
  • AKBフェスティバル

劇場公演ユニット曲

NGT48名義

チームNIII 1st Stage「PARTYが始まるよ」

  • クラスメイト

チームNIII 2nd Stage「パジャマドライブ」

  • 純情主義
  • 鏡の中のジャンヌダルク

チームNIII 3rd Stage「誇りの丘」

  • 祈りはどんな未来もしあわせに変える

AKB48名義

チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」リバイバル公演

  • 純愛のクレッシェンド(小嶋陽菜のアンダー)

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」

  • パジャマドライブ(渡辺麻友のアンダー)
  • 純情主義(バックダンサー)

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」

  • ごめんね ジュエル(バックダンサー)

研究生「ただいま恋愛中」公演

  • 純愛のクレッシェンド

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」

  • ツンデレ!
  • ハート型ウイルス(大島麻衣〈2009年3月まで〉・佐藤すみれ〈2009年4月以降〉の休演時のみ代役として出演)

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームB 5th Stage「シアターの女神」

  • ロッカールームボーイ

大島チームK ウェイティング公演

大島チームK「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒

横山チームK「RESET」公演

  • 明日のためにキスを

SKE48名義

チームS 3rd Stage「制服の芽」

  • 万華鏡

出演

映画

テレビドラマ

その他のテレビ番組

テレビアニメ

ラジオ

CM

広報

ミュージック・ビデオ

ネット配信

  • 北原里英の『22時30分のおやつ』(2013年6月25日 - 、アメーバスタジオ)
  • Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜(2018年5月26日 - 、AbemaNews) - ナレーション[111]
  • すじぼり(2019年6月21日配信開始、U-NEXT) - 美貴 役[112]
  • 拝み屋怪談II(2019年7月6日 - 、ひかりTVdTVチャンネル) - 郷内真弓 役[113]
  • にじいろ競輪TV(2020年8月31日(不定期出演) - 、RakutenKドリームス 公式YouTube) - ゲストガール[114]

舞台

トークショー

  • 「COSMO★PLAYERS」僕と私とみんなで創る演劇〜主役はあなた〜(2020年9月7日 - 14日、ライブ配信;あにてれイープラス・zaiko)[127][注 11]
  • -絆-on Stage 2020「きたりえ、なっきぃ、タニシのコワイイハナシ2020」(2020年9月20日、ライブ配信;Streaming+[129]
  • きたりえ、なっきぃ、キョン、タニシのコワイイハナシ2020冬(2020年12月16日、赤坂REDシアター)

書籍

写真集

雑誌連載

  • 週刊ヤングジャンプ(2010年8月19日 - 、集英社) - 指原莉乃・柏木由紀渡辺麻友とともに「AKB48当番連載 ぐるぐる4」にて「きたりえ文学少女道」を連載。
  • Girls! → girls!(2011年9月21日 - 、双葉社) - 「北原里英 妄想実写化計画」を連載。

カレンダー

  • 北原里英 2011年カレンダー(2010年10月30日、ハゴロモ)
  • 北原里英 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 北原里英 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)
  • 北原里英 カレンダー2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)
  • 卓上 北原里英 カレンダー2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 壁掛 北原里英 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 卓上 北原里英 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 壁掛 北原里英 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)
  • クリアファイル付 卓上 北原里英 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2020年8月31日閉園
  2. ^ ウナギイヌの靴下を履いて『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』に臨み「なぜなら私はウナギイヌに似ているからです」とカメラマンに自己紹介した[49]
  3. ^ 「ウナギイヌ」に似ているという件から、『マジすか学園』出演時の役名も当初「ウナギイヌ」になりかけたが、商標の都合上不可となり[50]、最終的に「ウナギ」となった[51]
  4. ^ 実際は一宮市出身[2]
  5. ^ カナザワ映画祭2021での上映[80]
  6. ^ OPクレジットには「精靈 / 神殿の声」と表記が、テレビ朝日および東映公式サイトには「ユノ」と呼ぶ。
  7. ^ 初の単独レギュラー。
  8. ^ 放送開始前の TwellV公式サイト には同役に小野恵令奈がアナウンスされていたが、2010年9月活動休止の発表により代わって起用された。
  9. ^ 2015年2月6日から6月30日までのタイトルは「AKB48北原里英 いまきたラジオやってまーす!」。そのうち、2015年3月28日まではオレたちゴチャ・まぜっ! (第1部)内で放送。同年3月31日からアッパレやってまーす! 月曜日内での放送に変更。
  10. ^ 2017年10月2日から2018年4月16日までのタイトルは「NGT48北原里英のMOONLIGHTING」。
  11. ^ 2020年9月に上演予定だった舞台『COSMO★PLAYERS』の中止を受けた代替公演[128]

出典

  1. ^ a b AKB48大島優子率いる新ユニット「Not yet」デビュー決定!(ORICON STYLE)(2011年1月21日閲覧)
  2. ^ a b “AKB48北原里英、今度は映画デビュー”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年9月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20110903-829674.html 2017年6月13日閲覧。 
  3. ^ AKB48の北原里英が「テラスハウス」に出演の過去”. YomerumoNEWS. GMOインターネット (2014年4月15日). 2016年12月30日閲覧。
  4. ^ 「*3周年です」 - 本人公式ブログ(2011年3月1日)
  5. ^ *はじめまして”. 2021年3月25日閲覧。
  6. ^ 現在はHKT48に在籍。
  7. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  8. ^ 「AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年9月20日)
  9. ^ AKB北原里英 初の作詞曲テーマは「許されざる愛」 - スポーツニッポン(2012年5月15日)
  10. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  11. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日(2012年8月24日閲覧)
  12. ^ AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙 - ナタリー(2012年11月3日)
  13. ^ SKE48、新曲は初のバレンタイン曲「チョコの奴隷」 - オリコン 2012年12月25日21:53配信分
  14. ^ “北原里英に関して” (プレスリリース), 株式会社AKS SKE48運営事務局, (2013年1月29日), https://web.archive.org/web/20130516222020/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1359426380&select=member 2013年1月29日閲覧。 
  15. ^ “きたりえ2・20SKE通常公演デビュー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130129-1078190.html 2013年1月29日閲覧。 
  16. ^ SKE48プロフィール 北原里英(2013年1月29日閲覧)
  17. ^ SKE48 組閣発表 SKE48公式サイト 2013年4月13日
  18. ^ AKB48、夏に5大ドーム公演決定&新たなグループ兼任発表 - ナタリー 2013年4月28日(2013年4月28日閲覧)
  19. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  20. ^ a b 【AKB組閣】大島優子後任は「ビシバシ鍛えた」横山由依 - オリコン 2014年02月24日 23時06分(2014年3月12日閲覧)
  21. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  22. ^ “AKB春の嵐…川栄卒業、北原NGT移籍に衝撃走る”. ORICON NEWS. (2015年3月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2050647/full/ 2018年8月27日閲覧。 
  23. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  24. ^ 【第7回AKB総選挙】NGT48北原里英、自己最高の11位で笑顔「胸を張って新潟に行ける」 - oricon style(2015年6月6日)2015年6月6日閲覧
  25. ^ NGT48、初代26人が新潟で“船出” 1000人が沸く オリコンスタイル、2015年8月22日
  26. ^ “NGT48初日公演は感激の幕開け 北原里英らが涙”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590453.html 2016年1月10日閲覧。 
  27. ^ “NGT48、柏木由紀ら16人でチームN3結成”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590455.html 2016年1月10日閲覧。 
  28. ^ official_NGT48のツイート(731729938340929536)
  29. ^ “【AKB総選挙】「新潟の女になれた」NGT48北原里英12位選抜入り”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年6月18日). https://thetv.jp/news/detail/80380/ 2016年6月29日閲覧。 
  30. ^ “NGT北原里英が卒業発表「とても悩みました」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年8月21日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/akb48/news/1875560_m.html 2017年8月21日閲覧。 
  31. ^ “北原里英初の写真集はベトナムロケ、アオザイ姿や大胆カットも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月20日). https://natalie.mu/music/news/257466 2017年12月15日閲覧。 
  32. ^ a b 北原里英ファースト写真集『そして』”. ワニブックスオフィシャルサイト. ワニブックス. 2017年12月15日閲覧。
  33. ^ “北原里英、“女優転身宣言”後初の主演映画決定! 衝撃の体当たり演技披露”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年9月21日). https://thetv.jp/news/detail/122006/ 2017年9月21日閲覧。 
  34. ^ 2018年2月19日のツイート
  35. ^ 北原里英 AKB48劇場最終公演 公演名と出演メンバーのお知らせ” (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  36. ^ “NGT48、1年ぶり単独コンサートに熱狂 荻野由佳感極まる「色んな不安もあった」<セットリスト/レポ>”. モデルプレス. (2018年1月13日). https://mdpr.jp/music/detail/1740263 2018年2月3日閲覧。 
  37. ^ official_NGT48の2018年3月24日のツイート2018年3月24日閲覧。
  38. ^ 北原里英の2018年5月1日のツイート2018年5月1日閲覧。
  39. ^ a b 新潟県選管 啓発キャラクターに北原里英さん起用”. 産経新聞 (2018年5月17日). 2018年6月10日閲覧。
  40. ^ a b “元NGT48の北原里英、沖田総司役でつかこうへい舞台に出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年4月24日). https://natalie.mu/music/news/279460 2018年4月24日閲覧。 
  41. ^ “元AKB北原里英「毎日叫びました」ホラー映画主演 - シネマ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807250000044.html 2018年7月25日閲覧。 
  42. ^ 北原里英、29歳の誕生日にYouTubeチャンネル開設 反省を踏まえ苦手分野に挑戦”. oricon ME (2020年6月24日). 2020年6月24日閲覧。
  43. ^ “北原里英&笠原秀幸が結婚発表「あたたかい時間を紡いでいきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年9月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2208596/full/ 2021年9月29日閲覧。 
  44. ^ 北原里英 [@Rie_Kitahara3] (2021年9月29日). "ご報告です。" (ツイート). Twitterより2021年9月29日閲覧
  45. ^ 『AKBと××!』 Vol.2 Disc.1 AKBと絵日記
  46. ^ 「中学ではサイドプレーヤーでした」日本リーグアンバサダー北原里英さん”. 株式会社スポーツイベント (2015年11月12日). 2016年12月30日閲覧。
  47. ^ NGT48北原里英&AKB48向井地美音「そっくり」2ショットで“姉妹説”提唱「ガチでぱるるが見間違えてた」”. モデルプレス (2016年12月6日). 2018年8月27日閲覧。
  48. ^ *ラーメン部”. exciteニュース (2014年11月6日). 2016年12月30日閲覧。
  49. ^ a b c d e 『AKB48 DVD MAGAZINE Vol.05C AKB48 19th シングル選抜 「じゃんけん大会」 51のリアル〜Cブロック編』
  50. ^ 特許庁 商標出願・登録情報検索
  51. ^ 太田プロダクション 公式プロフィール
  52. ^ 例として、「*沖縄」 - 本人公式ブログ(2011年3月26日)
  53. ^ 北原里英が少し遅い誕生日”. アメーバニュース (2015年7月16日). 2016年12月30日閲覧。
  54. ^ 「*しあわせいっぱい!」 - 本人公式ブログ(2010年6月23日)
  55. ^ 2010年6月1日付 日刊スポーツ 「AKB48総選挙マニフェスト」
  56. ^ ゲスト:北原里英 10/08/05OA”. ぐるぐるナインティナイン. 日本テレビ (2010年8月5日). 2016年12月30日閲覧。
  57. ^ HaKaTa百貨店 2013年1月7日放送回”. gooテレビ (2013年1月7日). 2016年12月30日閲覧。
  58. ^ 「*しんじるかしんじないかは」 - 本人公式ブログ(2010年6月22日)
  59. ^ 『オトナファミ May 2011 No31』初恋エンタより
  60. ^ 2010年2月13日付 読売新聞夕刊『本と私』コーナーに掲載。
  61. ^ SKE48も中日V祝福 松井玲奈「逆転、感動!」 - スポーツニッポン 2011年10月19日(2011年10月19日閲覧) SKE48メンバーのほか、北原のコメントも掲載。
  62. ^ 「*どーーーーーんっ」 - 本人公式ブログ(2010年8月1日)
  63. ^ 2010年11月23日(火)OA 放送内容・面白コメント集”. 踊る!さんま御殿!!. 日本テレビ (2010年11月23日). 2016年12月30日閲覧。 『2010年11月23日放送『踊る!さんま御殿!!』にて「AKBの端くれ」と発言
  64. ^ 2009年3月27日昼公演チームA5th
  65. ^ 2010年4月30日チームA5th公演
  66. ^ 「*ついったあ」 - 本人公式ブログ(2011年10月15日)
  67. ^ 指原莉乃と仲がいいAKB48北原里英とは?”. YomerumoNEWS. GMOインターネット (2014年2月20日). 2016年12月30日閲覧。
  68. ^ Pop Style「いきものがかり&栗山夢衣&きたりえ」”. 読売新聞 (2010年10月27日). 2016年12月30日閲覧。
  69. ^ UTB』vol.202 (ワニブックス) 2011年2月21日発売号より[要ページ番号]
  70. ^ AKB48・北原里英、「グラッフリーター刀牙」で映画初出演 - 映画.com 2011年9月3日
  71. ^ AKB48・北原里英が映画初主演 「ジョーカーゲーム」12月公開 - 映画.com 2012年10月18日
  72. ^ AKB ShortShorts project 映画『9つの窓』ストーリー”. AKB ShortShorts project 映画『9つの窓』 公式サイト. 2016年1月29日閲覧。
  73. ^ 『任侠野郎』公式サイト
  74. ^ “ピエール瀧&リリー・フランキーの狂気…北原里英主演「サニー 32」ポスター披露”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2017年10月27日). http://eiga.com/news/20171027/4/ 2017年12月15日閲覧。 
  75. ^ “元「NGT48」北原里英、ホラー映画「としまえん」に主演!“遊園地の呪い”に絶叫”. 映画.com. (2018年7月25日). https://eiga.com/news/20180725/5/ 2018年7月29日閲覧。 
  76. ^ 劇場版「ジオウ」にDA PUMP、「リュウソウジャー」に佐野史郎と北原里英が出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年5月22日). 2019年5月22日閲覧。
  77. ^ “小林勇貴がカルト作「片腕マシンガール」をリブート、海外予告&キャスト解禁”. 映画ナタリー. (2019年6月20日). https://natalie.mu/eiga/news/336442 2019年6月21日閲覧。 
  78. ^ “映画『HERO~2020~』特報”. シネマトゥデイ. (2020年3月11日). https://www.cinematoday.jp/video/VIY7mGmcNvgOrE 2020年3月13日閲覧。 
  79. ^ “北原里英、主演映画で“当て書き”に感激「私とは真逆の人間」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2178685/full/ 2020年12月9日閲覧。 
  80. ^ a b “小林勇貴の新作は“スケ暴映画”「奈落の翅」カナザワ映画祭でプレミア上映”. 映画ナタリー. (2021年9月13日). https://natalie.mu/eiga/news/444922 2021年9月14日閲覧。 
  81. ^ “北原里英が全編中国語の台詞に挑戦 日中合作映画『安魂』2022年1月公開決定”. Real Sound. (2021年9月10日). https://realsound.jp/movie/2021/09/post-856108.html 2021年9月10日閲覧。 
  82. ^ “北原里英、全編中国語セリフに挑戦 日中合作映画『安魂』公開”. クランクイン!. (2021年9月10日). https://www.crank-in.net/news/93925/1 2021年9月10日閲覧。 
  83. ^ “北原里英、日中合作映画「安魂」唯一の日本人キャスト、セリフは全て中国語”. 日刊スポーツ. (2022年1月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201150000403.html 2022年1月15日閲覧。 
  84. ^ “「ろくでなしBLUES」連ドラ化!太尊は劇団EXILE青柳翔”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年5月17日). http://natalie.mu/comic/news/49529 2017年4月22日閲覧。 
  85. ^ “AKB48北原里英、ラブホテルで「貴重な初体験」 SEXYボンテージの女王様に”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年4月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1347564 2017年4月22日閲覧。 
  86. ^ “園子温監督ドラマ『みんな!エスパーだよ!番外編』から北原里英&真野恵里菜の制服姿”. CINRA.NET (CINRA). (2015年3月2日). http://www.cinra.net/news/20150302-minnaesperdayo 2017年4月22日閲覧。 
  87. ^ 横山由依、入山杏奈らAKBグループ11名がヒロインに!『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. ランキングBOX (2015年10月14日). 2015年11月22日閲覧。
  88. ^ 劇場霊からの招待状”. 「劇場霊」製作委員会. 2015年11月22日閲覧。
  89. ^ AKBホラーナイトアドレナリンの夜 第29話”. テレビ朝日. 2016年1月29日閲覧。
  90. ^ “北原里英が“大人の色気”でガチのキス!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年4月26日). https://thetv.jp/news/detail/76951/ 2016年4月27日閲覧。 
  91. ^ NGT48、初ドラマの配役決定 『ひぐらしのなく頃に』に北原里英ら6人出演”. oricon ME (2016年2月27日). 2016年2月28日閲覧。
  92. ^ “北原里英の“女子力”の高さが明らかに”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年11月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1638426 2016年11月23日閲覧。 
  93. ^ ひぐらしのなく頃に 解 キャスト・スタッフ”. BSスカパー!. スカパー・エンターテイメント (2016年). 2016年11月14日閲覧。
  94. ^ “徳永えり、山下リオ、北原里英ら12名がデリヘル嬢役で「フルーツ宅配便」出演”. 映画ナタリー. (2018年12月23日). https://natalie.mu/eiga/news/313474 2018年12月23日閲覧。 
  95. ^ ストーリー”. 騎士竜戦隊リュウソウジャー. 2019年11月15日閲覧。
  96. ^ 騎士竜戦隊リュウソウジャー 第39話 奪われた聖夜” (日本語). 東映オフィシャルサイト. 2019年12月15日閲覧。
  97. ^ “女の戦争~バチェラー殺人事件~:「ミスマガ」出身の寺本莉緒&“リュウソウピンク”尾碕真花ら女のバトル! “バチェラー”古川雄大を奪い合う”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2021年5月31日). https://mantan-web.jp/article/20210530dog00m200020000c.html 2021年5月31日閲覧。 
  98. ^ テレビ熊本ドキュメンタリードラマ 郷土の偉人シリーズ第29作「結びの糸・原田 茂~洋装への扉を開いた火の国の女~」”. テレビ熊本. 2021年11月3日閲覧。
  99. ^ 大地真央×松本まりか『最高のオバハン中島ハルコ』佐野史郎ら追加キャスト発表 主題歌はENHYPEN【コメントあり】” (日本語). TV LIFE web. 2022年9月15日閲覧。
  100. ^ "「永遠の昨日」に大友花恋や新原泰佑が出演、主題歌はAyumu Imazuと久保あおい". 映画ナタリー. ナターシャ. 28 September 2022. 2022年9月28日閲覧
  101. ^ “きたりえ恋愛我慢できるか!?”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年9月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20121001-1025825.html 2017年4月22日閲覧。 
    “AKB48北原里英、鎌倉でデート”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年12月29日). https://mdpr.jp/news/detail/1218258 2017年4月22日閲覧。 
  102. ^ “HKT48 VS NGT48、新番組「さしきた合戦」スタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年1月6日). http://natalie.mu/music/news/171491 2017年4月22日閲覧。 
  103. ^ 日本放送協会 (日本語), クイズ!丸をつけるだけ, https://www.nhk.jp/p/maru/ts/W65P5G4GVJ/ 2022年8月25日閲覧。 
  104. ^ “AKB北原、SKE須田、乃木坂生駒が「Go!Go!家電男子」で家電アイドル“USB45”に”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月6日) 2015年1月6日閲覧。
  105. ^ “NGT北原里英ラジオで冠番組 10月2日スタート”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201709200000074.html 2017年9月20日閲覧。 
  106. ^ “AKB48北原里英「み〜んなの視線を、いただキタハラ!」『アイトーク』発表会”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年10月24日). https://news.mynavi.jp/article/20121024-a070/ 2016年11月20日閲覧。 
  107. ^ “NGT48 北原里英が菊水酒造の酒造りに対する思いを感じる”. 日刊エンタメクリップ (日刊エンタメクリップ). (2016年11月20日). http://entameclip.com/news/42736 2016年11月20日閲覧。 
  108. ^ NGT48北原里英、ハンドボールの女神に リーグ40周年記念アンバサダー就任”. ORICON STYLE (2015年11月2日). 2015年11月2日閲覧。
  109. ^ 警視庁サイバーセキュリティ対策本部のツイート2018年8月22日閲覧。
  110. ^ “NGT48北原里英、クリス・ハート新曲MVで涙の熱演「ここで生きていく」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年1月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2065320/full/ 2016年1月14日閲覧。 
  111. ^ “北原里英「女の子は“サイン”があるんです」 AbemaTV『Wの悲喜劇』の新ナレーターに就任!”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2018年5月26日). https://times.abema.tv/articles/-/4252568 2018年10月22日閲覧。 
  112. ^ “小林勇貴×藤原季節「すじぼり」場面写真解禁、六平直政や北原里英も出演”. 映画ナタリー. (2019年3月15日). https://natalie.mu/eiga/news/324079 2019年6月23日閲覧。 
  113. ^ “藤田富の主演ホラー「拝み屋怪談」第2弾配信、北原里英が妻役で参加”. 映画ナタリー. (2019年6月11日). https://natalie.mu/eiga/news/335134 2019年6月30日閲覧。 
  114. ^ にじいろ競輪TV / RakutenKdreams【公式】 - YouTubeチャンネル
  115. ^ “宮迫博之と北原里英、劇団「ぐりむ-」新作舞台出演”. 日刊スポーツ. (2018年8月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808040000880.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 2018年8月5日閲覧。 
  116. ^ iceberrybugの2018年8月22日のツイート2018年8月23日閲覧。
  117. ^ “https://natalie.mu/stage/news/301573”. ステージナタリー. (2018年9月28日). https://natalie.mu/stage/news/301573 2018年10月10日閲覧。 
  118. ^ “鈴木拡樹主演の舞台『どろろ』に北原里英、有澤樟太郎ら、全キャスト発表”. エンタステージ. (2018年11月20日). https://enterstage.jp/news/2018/11/010807.html 2018年11月20日閲覧。 
  119. ^ “朗読劇「いつもポケットにショパン」愛原実花・下野紘ら5組が日替わり出演”. ステージナタリー. (2019年3月3日). https://natalie.mu/stage/news/322330 2019年5月1日閲覧。 
  120. ^ “廣瀬智紀・北原里英ら集結で舞台決定「7年を経た進化もお楽しみいただきたい」<「HERO」~2019夏~>”. モデルプレス. (2019年1月22日). https://mdpr.jp/news/detail/1817327 2019年1月24日閲覧。 
  121. ^ “板尾創路×増本庄一郎「THE BAMBISHOW」に北原里英、安里勇哉ら”. ステージナタリー. (2019年4月30日). https://natalie.mu/stage/news/329963 2019年4月30日閲覧。 
  122. ^ 【うち劇】 タイムリープガール 〜80's 歌のヒットパレード~”. うち劇公式サイト. 2020年7月25日閲覧。
  123. ^ マーダーミステリーシアター『演技の代償』”. マーダーミステリーシアター『演技の代償』公式サイト. 2021年2月21日閲覧。
  124. ^ “「亡国のワルツ」“革命家”前山剛久&廣瀬友祐のビジュアル公開、北原里英も出演”. ステージナタリー. (2021年3月19日). https://natalie.mu/stage/news/420766 2022年4月2日閲覧。 
  125. ^ “広島舞台に2人の女性の姿描く「夕凪の街 桜の国」に北原里英・國森桜・八木将康ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年5月4日). https://natalie.mu/stage/news/427009 2022年4月2日閲覧。 
  126. ^ “内博貴主演「走れメロス〜小説 太宰治〜」が“新装”再演、共演に内海光司”. ステージナタリー. (2022年1月20日). https://natalie.mu/stage/news/461773 2022年1月21日閲覧。 
  127. ^ “染谷俊之・中島早貴・百名ヒロキらが視聴者と創る、朗読劇イベント「COSMO★PLAYERS」”. ステージナタリー. (2020年8月18日). https://natalie.mu/stage/news/392489 2022年4月2日閲覧。 
  128. ^ Event”. コスモ★プレイヤーズ公式サイト. 2020年9月14日閲覧。
  129. ^ “怖いだけじゃない!ちょっと泣ける怖い話?!北原里英、中島早貴、松原タニシがお送りする『きたりえ、なっきぃ、タニシのコワイイハナシ2020』9/20(日)20:00生配信決定!” (プレスリリース), Age Global Networks株式会社, (2020年9月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000050441.html 2022年5月22日閲覧。 
  130. ^ “北原里英、美しすぎる表紙解禁に「キレイ かわいい 素敵」とファン歓喜”. NewsWalker. (2018年8月3日). https://thetv.jp/news/detail/156817/ 2018年8月5日閲覧。 

外部リンク