佐久間宣行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さくま のぶゆき
佐久間 宣行
生誕 (1975-11-23) 1975年11月23日(48歳)
日本の旗 日本福島県いわき市
出身校 早稲田大学商学部
職業 テレビプロデューサー
演出家
作家
ラジオパーソナリティー
YouTuber
活動期間 1999年 - 現在
雇用者 テレビ東京(1999年4月 - 2021年3月)
フリー(2021年4月 - 現在)
著名な実績ゴッドタン
青春高校3年C組
大人のコンソメ
ウレロ☆未確認少女
ピラメキーノ
トーキョーライブ22時
おしゃべりオジサンと怒れる女
ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』シリーズ
あちこちオードリー
考えすぎちゃん
トークサバイバー!
影響を受けたもの 伊集院光
ダウンタウン
ウッチャンナンチャン
身長 183 cm
肩書き 船長[注 1]
配偶者 既婚
受賞 ATP新人賞(ナミダメ
ギャラクシー賞ゴッドタン
2022年日本民間放送連盟賞・ラジオ番組部門(東京地区/生ワイド番組部門1位)
「読者が選ぶビジネス書グランプリ2023」総合グランプリ第1位
公式サイト 佐久間宣行 (@nobrock) - X(旧Twitter)
佐久間宣行 (@nobrock1) - Instagram
テンプレートを表示
佐久間宣行のNOBROCK TV
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
登録者数 170万人
総再生回数 7億4947万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年2月21日時点。
テンプレートを表示

佐久間 宣行(さくま のぶゆき、1975年昭和50年〉11月23日 - )は、日本テレビプロデューサー演出家放送作家ラジオパーソナリティYouTuber司会者。『ゴッドタン』や『ウレロ☆シリーズ』、『あちこちオードリー』などを手掛ける[2][3]2019年4月4日からはラジオパーソナリティとしてニッポン放送佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』を担当。

概要[編集]

福島県いわき市出身。福島県立磐城高等学校[4][5]早稲田大学商学部卒業。

1999年4月テレビ東京に入社し、『ゴッドタン』や『あちこちオードリー』などを立ち上げる。2021年3月同社を退社、4月からフリーランスとなる[6]

自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』ではリスナーから「船長」と呼ばれている。血液型はA型

略歴[編集]

会社員 時代[編集]

学生時代にマスコミ志望となり大学の広告研究会に所属していたが[5]、就職活動ではメーカーや金融、商社を中心に受けており内定も取れていた。面接慣れのために軽い気持ちで受けたフジテレビの入社試験で役員面接まで通過[7]。フジテレビ側の面接官で、当時『踊る大捜査線』のプロデューサーであった亀山千広(後にフジテレビ社長、2021年現在BSフジ社長)に「君はテレビ現場(制作)に向いている」と言われたことがきっかけでモノづくりに興味を持つ。本腰を入れて就職活動を始めたが、エントリー期限に間に合ったのがテレビ東京だけで、同社に願書を提出、採用され1999年に入社[8]

入社後はドラマ・深夜ドラマのADを1年経験した後にバラエティー担当に転属。『クイズところ変れば!?』のADを番組終了までの半年間担当し、その後は『ペット大集合!ポチたま』『TVチャンピオン』でチーフADを担当。入社3年目に企画が通って深夜枠では異例の若さで『ナミダメ』でプロデューサーデビュー[9]ATP(全日本テレビ番組製作社連盟)新人賞を受賞する。これ以後、時々面白い企画を出すやつ という認識がテレビ東京内で出始め、『TVチャンピオン』のディレクターを担当しながら、お笑い関係の番組も手掛けるようになる。入社5年目に『大人のコンソメ』の総合演出を経験、その後、総合演出をとるスタイルとなった[10]。本人曰く「最初からプロデューサーではなくディレクターを志したのだが、その際にプロデューサーの仕事も引き受けた方が番組を自由に作れると感じた方が多かったので、プロデューサーの仕事もするようになった」と語っており、多くの番組でプロデューサーと演出を兼任している理由にこれを挙げている。

2002年、27歳のときに同社に勤務していた女性と職場結婚。4年後に娘が生まれる[9]。2011年6月まで編成局企画推進部主任を兼務。2013年6月28日、『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』で映画監督デビュー[11]。(脚本も担当している。)翌年公開の『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』でも同様に監督・脚本を務めた[11]

会社員+半脱サラ 時代[編集]

2015年8月29日、『佐久間宣行のオールナイトニッポンR』という番組名で、『オールナイトニッポンR』(ニッポン放送)の週替わりパーソナリティを担当。ニッポン放送はフジテレビ系列であり、テレビ東京関係者が番組パーソナリティーを担当するのは異例のことであった。

2017年9月、『ゴッドタン』がギャラクシー賞・2017年8月度月間賞を受賞した[12]

2019年3月13日、『オールナイトニッポン・オールナイトニッポン0(ZERO)パーソナリティ発表会見』において、4月4日から毎週木曜 3:00 - 4:30(水曜 27:00 - 28:30)の時間帯で『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』を担当することが発表された。現役のテレビ局社員がANNの冠がついたレギュラー番組を担当するのは史上初となった[13]。佐久間は中学生時代に『伊集院光のオールナイトニッポン』を聞いてラジオを好きになった。また、それは昭和最後の水曜2部オールナイトニッポンだった。奇しくも、平成最後の水曜2部オールナイトニッポンのMCを任せられたことに感極まった[14]

同年10月8日、本多劇場で『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO) リスナー感謝祭2019〜sailing day〜』を開催。380名のリスナーで満員となった。チケット申込み受付の際、前売り6000円と必ずしもリーズナブルではない価格設定にもかかわらず、1万通を超える応募があった。番組内で「船長」と呼ばれる佐久間Pは全コーナーに出ずっぱりで、1人しゃべりはもちろん、シークレットゲストとして迎えたおぎやはぎ小木博明とのトークを展開し、会場のクルーことリスナーたちと新たな船出の日を盛大に過ごした[15]

2020年3月9日、オールナイトニッポン史上初のサラリーマンパーソナリティーとして始まった水曜枠の2年目継続が発表される[16]。前年は新番組発表の記者会見でテレビ東京だけ小さなデジタルカメラの報道クルーで苦笑されたが、2年目突入の本会見ではテレビ東京だけ取材陣が来なかった。

同年8月、テレビ東京クリエイティブビジネスチームに所属。

同年9月、『佐久間宣行ANN0』が聴取率単独首位に。その週のニッポン放送は聴収率調査で週平均首位となり貢献した[17]

同年10月14日、自身のラジオ番組で翌年1月11日に東京国際フォーラムにて2度目の単独イベント『佐久間宣行のオールナイトニッポン0 リスナー大感謝祭2021〜fanfare〜』の開催を発表。翌々週の放送終了後からチケット発売が開始されるも、新型コロナウィルスの感染拡大、二度目となる緊急事態宣言の影響を考慮し、イベントは中止となった[18]。その後、イベント開催日と同日に有料配信イベント『佐久間宣行のオールナイトニッポン0 リスナー小感謝祭2021〜Believe〜』を開催。チケットの売り上げは生配信の開始時点で1万2000枚、同年1月20日時点で1万6000枚以上を記録した[19]

同年3月26日、テレビ東京社員として最後のオールナイトニッポン0に出演。先輩の伊藤隆行クリエイティブビジネスチーム部長、後輩の三宅優樹ディレクターが出演。

脱サラ(フリー)時代[編集]

2021年3月31日付で同社を退社。ただし、以後も契約して『ゴッドタン』『あちこちオードリー』『考えすぎちゃん』は全て継続。プロデューサー、演出を行う。加えて特別番組や新番組も準備中[6]

同年4月28日、『佐久間宣行ANN0』にて初の番組本が発売されることを発表。発売が6月にもかかわらずオンエアー中にAmazonランキング第3位、放送翌日に第1位の記録を樹立する[20]

同年7月4日、自身初のYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』を開設。配信開始1週間で登録者数5万人を突破する[21]。開設1か月弱(7月29日)で登録者数10万人を突破。1か月半(約45日)で登録者数15万人を突破した。

同年10月3日より放送開始予定の日本テレビ東京03とスタア』の企画・演出を橋本和明とともに手掛け、これがフリー転身後初の民放番組演出となる[22]。橋本は昔から佐久間の作る番組ファンで、佐久間が手掛けたキャラクターコントをSKE48の番組で登場させたこともあるほどリスペクトしている[23]

2022年4月6日、22年間のサラリーマン人生の集大成として本気で書いた初のビジネス書『佐久間宣行のずるい仕事術 僕はこうして会社で消耗せずにやりたいことをやってきた』を発売。会社や上司、クライアントと揉めずに最短の道で最速でやりたい仕事をやるために今すぐできる仕事のコツ62を紹介。NFTデジタル特典付き特装版も同時発売され、お宝写真として没になった幻の企画書がNFTとして付属する[24]

同年6月7日、自身のYouTubeサブチャンネル『NOBROCKドキュメント』を開設。7月1日、サブチャンネルにて新たなアイドルをプロデュースすることを発表した。吉田豪竹中夏海にアドバイスを求めながらオーディションを実施する[25]。その結果佐久間が選出した9名がアイドルグループ「ラフ×ラフ」として翌年3月9日にデビューし、佐久間は総合プロデューサーとなりデビュー曲「100億点」の作詞も担当した[26]

同年7月15日、佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)が『2022年日本民間放送連盟賞』ラジオ番組部門(東京地区審査)で1位に選ばれる。番組中に話した高校1年生の娘と2人で旅行に出かけるまでのエピソードや、それに付随したリスナーとの呼応が高評価を得た[27]

2023年2月18日、処女作『佐久間宣行のずるい仕事術』がダイヤモンド社「読者が選ぶビジネス書グランプリ2023」総合グランプリ第1位を獲得した[28]

同年9月、縦型映画祭『TikTok TOHO Film Festival 2023』の審査員を池田エライザ藤井道人らとともに務めた[29]

人物[編集]

  • 早稲田大学入学時に広告研究会に入りクリエイターを目指すが、凄い人ばかりだったため会社員になろうと決意。当時18才のとき同じサークルには舞台版「ドラゴンクエスト」プロデューサーの日本テレビ・依田謙一や、映画監督西川美和大映テレビ社長の渡邉良介(ドラマ『テセウスの船』仕掛け人)が所属していた[8]。後日談としてサークルに勧誘されたのが同学年の渡邉良介で前日入部していた渡邉のことをしばらく佐久間は先輩だと思っていた。その出会いから8年後、佐久間と渡邉はタッグを組んでATP(全日本テレビ番組製作社連盟)新人賞を受賞した伝説の番組『ナミダメ』を手掛けることとなる[30]
  • ラジオ好きを自称しており(後述)、早稲田大学3年の時『オールナイトニッポン』に憧れてニッポン放送を受験するが役員面談で失敗。そのとき合格したのが同年齢の吉田尚記アナウンサー。今では笑い話として2人は話している[31]。ちなみに会社の後輩にこのことを話すと「僕、ニッポン放送から内定もらったんですけど、蹴りました」と言われたという。自身のYouTube番組『佐久間宣行のNOBROCK TV』の中で、朝日放送ラジオ(ABCラジオ)『誠のサイキック青年団』の雑音リスナーであり、イベントにも参加するほどのヘビーリスナーであったことを話している[32]
  • 入社当時、コントをやりたいと企画書を出したら「そういうのはフジテレビじゃないとできないよ。でもそういうのが好きだったら、深夜ドラマをやってみれば?」と言われて、深夜ドラマのADについた。その後も企画書を出し続け、コント番組の実現にこぎつけた[33]
  • 深夜ドラマのADの頃は激務と雑用に全くモチベーションを見いだせなかったが、とあるドラマで小道具として工夫をこらした弁当を作ったところ監督の目に留まり弁当中心にシーンが編成された。このことがきっかけで仕事へのやりがいと拘りを強めたと話す[8]
  • 複数のインタビューで成功の秘訣を聞かれて「テレ東は失敗しても怒らないって勝手に思ってます」と答えている。
  • 『オールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティーのオファーを電話で受けた佐久間はすぐさま小孫茂社長に直談判しようと決意。丁度電話を切った後に目の前を社長が通ったので、「社長!オールナイトニッポンからメインパーソナリティーの仕事来たんですよ」と話しかけたが、「順序を守れ」と上司からこっぴどく怒られたという。定例社長会見で小孫は「とても喜ばしいことだと思っている」と話している[34]
  • 影響を受けた人物としてラジオでは伊集院光を挙げる。特に番組内で生まれたバーチャルアイドル芳賀ゆい』がリスナーとの妄想トークで生まれたことに感銘を受けた。最終的に奥田民生作の「星空のパスポート」でCDデビュー、手タレを使って握手会をする姿に佐久間は「あ~、妄想を止めなくてもいいんだ」と思い、今の「ヒム子」「キス我慢選手」「マジ歌選手権」はそのときのお笑い原体験が基になった。「キス我慢選手権」を映画にするという決断も、その時の原体験が糧になっている。テレビではダウンタウンウッチャンナンチャンコント番組夢で逢えたら』(フジテレビ)に影響をうける。この2つが佐久間がお笑い好きになった原点となったと発言している[14]
  • 22年間勤務したテレビ東京を退社する経緯について、自身のラジオで「(放送当時の)3年前か4年前から、自分で編集して、カンペを出すディレクターとして最年長。管理業務として現場にベタ付きができなくなり。正直まだディレクターやりたいなと思いまして」と説明した。またテレビ東京で働く妻から「私が会社で働くから、いざとなったら食わせるから、好きにやれば」と後押しされた。実父は55才で他界しており、先日、45才の誕生日を迎えた時、佐久間は残りの10年は後悔しない年月にしたいと、亡き父に誓った[6]
  • 自身のラジオ番組内でキアヌ・リーブスと同じますかけ線の手相だと告白。手のひらに横一直線の線があり「大強運」「天下取り」の星のもとに生まれたという[35]
  • 福島県いわき市にいた頃はアニメ演劇が好きなオタクだった。東京ではアニメの映画が単館でやっていたり、演劇だと野田秀樹東京サンシャインボーイズがあり憧れのため上京を決意。東京の大学を受けたいと思った。流行っている芝居やライブに行きたいというだけのモチベーションで早稲田大学に入学したので当時は作り手になるとは思ってもみなかったとのこと[注 2]
  • ドッキリにかかりたくないためマネージャーを置かない。マネージャーがいなければ許可取りできないから自身のラジオで話している[37]

その他[編集]

制作エピソード[編集]

手法[編集]

  • ADをしながら『ナミダメ』で初プロデューサーをするという歪な形をしていたとき、『TVチャンピオン』で企画が採用されて初めてディレクターを経験。『3分料理人選手権』『ママチャリ王選手権』。この2本で「面白い企画をあげるやつ」と部内で認められ、当時テレビ東京がほとんど制作してこなかった深夜のネタ番組を依頼された。その時に出演者のオーディションを行い、合格したのがおぎやはぎ劇団ひとりだった[8]
  • 多忙ながらも小劇場ライブハウスに頻繁に足を運んで情報収集を行っており、番組の中で小劇場俳優やインディーズバンドを積極的に起用している[39]。また小説家の西加奈子朝井リョウなどの文壇との人脈もあり、『ご本、出しときますね?』や『共感百景』など小説家歌人をゲストとして迎える番組も手がけている[40]
  • ラジオ好きを公表。幅広くラジオを聴くヘビーリスナーを自称している。ラジオを聴くことで「芸人のパーソナルを先に知る」「芸人の得意技を先に知る」ことがテレビディレクターとしての武器になっていると話す。例えばハライチ岩井を”じゃない方芸人”のイメージから払拭。ラジオで聴くとブレーン(ネタを作ってる)な岩井、付け所が面白い岩井と感じて、ゴッドタンで“腐り芸人”でお願いしようと、いち早く考えられたのはラジオを聴いていたから[41]
  • 自らの足でブレイク前の芸人・俳優を劇場まで見に行って見つける努力を怠りない。現在でも寝る間を惜しんで週に1回は劇場へ足を運ぶ。無名時代の東京03においても収容人数130人の小劇場、恵比寿・エコー劇場を訪問、すぐに東京03のための企画書を用意し出演依頼をした[42]
  • THE21のインタビューに企画立案のコツとして「自分の内面への注目を通じた自身が本当に観たい番組作り」を挙げている[43]
  • 日刊スポーツのインタビューに「よそと同じことをやっていたら勝てない。違うことを常に探しつづける癖はテレ東育ちのおかげ」「目指してきたのはどこかに発明や美しさがある番組。視聴率は大事だが視聴率をとっても尊敬できない番組は作らない」と持論を展開している[44]
  • 自分の感性に合う素人の観劇ブログなどを探し定点観測することで、自分が鑑賞するコンテンツの作品選び、ならびにスケジュール作成に役立てている。

逸話[編集]

  • 最初の配属先は深夜ドラマ。通常、局員はプロデューサーだけで制作会社の人間で作るものなのだが、配属される3日前にバイトのADが2人同時に逃げ出したので急遽、バラエティに配属される予定が深夜ドラマのADとなった[注 2]
  • 初めて行った仕事内容は「車止め」。ドラマ撮影をしているときに一般車が映り込まないように車を止めるものだが、無謀にも1人で五叉路を止めなくてはいけなかった。「この先やって行けるかな」と後悔したという[注 2]
  • 初めてモノづくりで認められた出来事はドラマのAD時代に小道具(女子高生が作る弁当)に力を入れたことにあった。台本には詳細に書かれていない弁当だったが監督がひどく面白がって「この弁当がすごく良い出来だから、本(脚本)を変えようか」と言ってくれた。「ADの仕事もちゃんとやれば面白いのだな」と思うようになり仕事が面白くなった[注 2]
  • 唯一逃げ出したいと思ったエピソードに深夜ドラマ『国産ひな娘』第24話のときのロケ先選びをあげている。設定は無人島で、都内から行けるという条件で人気のない三浦海岸のビーチを見つけた。2日前から前ノリして無人島らしく入念にゴミ掃除をしたが、当日、大学のサークルがバーベキューをやっていた。なんとか300メートル移動してもらうことを了承してもらったが、肉を焼く煙はカメラに写ってしまう。佐久間は差し入れのビールを両手に「カット」がかかる間だけ肉を焼くのを止めてもらえるよう頭を深々とさげた。監督には「CGで消せないですかね」と食い下がったが「深夜ドラマにそんな予算ない」と一蹴されたという。「車止め」の次は「肉止め」の仕事が待っていた[注 2]
  • テレビ番組会議は「どうしたら視聴率が上がるか」が話題の中心で、視聴率を分析して対策を考えるところから始めるのが一般的。しかし佐久間の会議に視聴率の話は一切出ない。代わりに冒頭1時間くらい、最近観て面白かったものの話、気になる人の話をスタッフは延々聴かされる。まるで子供のころ、やたら自慢してくるサブカル少年が、まんま大人になったのが佐久間だと、長い付き合いの放送作家オークラは話す[45]
  • 転職番組「キャリオク」でプレッシャーを乗り越える方法として「やる意味と楽しさを見つけて心に植え付けること。結果だけに固執して結果を残す人は結局、結果に潰されちゃう。他人に評価を握らせるな。自分の指標で楽しめ」と語る。テレビ東京時代に佐久間は、上司から「俺にハマってない」と罵られ、「お前がオレにハマってないだけだ!」と心の中で叫んでいたという[46]

担当番組[編集]

★印はテレビ東京

現在[編集]

レギュラー

過去[編集]

レギュラー

特番

映画

MV

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

配信番組[編集]

  • 独占生中継2023 隅田川花火大会 SIDE B(テレビ東京公式YouTubeチャンネル・TVer Special Live、2023年7月29日) - 司会[95][96]
  • 佐久間&三四郎&森香澄の「俺らも歌っちゃう?ミュージックフェス裏配信」(テレビ東京公式YouTubeチャンネル・TVer Special Live、2023年11月15日) - 司会[97] 音楽番組『テレ東60祭!ミュージックフェスティバル〜一生聞きたい!昭和・平成・令和ヒット曲100連発〜』の公式裏生配信番組

吹き替え[編集]

楽曲[編集]

MV[編集]

CM[編集]

  • ソフトバンク「SPYのボスの正体は佐久間宣行」篇(ウェブCM、2022年12月15日 - )[102]
  • 大日本除虫菊 お風呂の防カビムエンダー「やった感出すヤツ」篇、「お宝」篇(2023年10月)[103]

新聞[編集]

舞台[編集]

  • 東京03 FROLIC A HOLIC feat. Creepy Nuts in 日本武道館 なんと括っていいか、まだ分からない(日本武道館、2023年3月4日・5日)

書籍[編集]

  • 『できないことはやりません ~テレ東的開き直り仕事術~』講談社、2014年10月16日。ISBN 978-4-06-218824-1 
  • 『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる〜佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)2019-2021〜』扶桑社、2021年6月30日。ISBN 978-4-594-08742-5 
  • 『佐久間宣行のずるい仕事術 僕はこうして会社で消耗せずにやりたいことをやってきた』ダイヤモンド社、2022年4月6日。ISBN 978-4-478-11479-7 
  • 『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる〜佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)2021-2022〜』扶桑社、2022年11月2日。ISBN 978-4-5940-9294-8 

関連書籍[編集]

イベント[編集]

プロデュース

  • まさかのマジ歌マジライブ in 日本青年館(日本青年館、2009年7月16日)
  • まさかのマジ歌フェスティバル in Zepp Tokyo (Zepp Tokyo、2011年4月11日)
  • ゴッドタン マジ歌フェスティバル2012 in メルパルクホール(メルパルクホール、2012年1月12日)
  • ゴッドタン マジ歌フェス2013 in 渋谷公会堂(渋谷公会堂、2013年4月18日)
  • ゴッドタン マジ歌ライブ2014 in 中野サンプラザ 〜ゴッドタンオールスターズ & 照れキュート全員登場スペシャル(中野サンプラザ、2014年3月17日)[2]
  • ゴッドタン マジ歌ライブ2015 in 東京国際フォーラム 〜9年目の本気がココにある〜(東京国際フォーラム、2015年9月17日)
  • ゴッドタン マジ歌ライブ2017 in 日本武道館〜マジ武道館〜(日本武道館、2017年3月16日)
  • ゴッドタン マジ歌ライブ2018 in 横浜アリーナ 〜今夜一発いくかい?(横浜アリーナ、2018年5月31日)[2]
  • 劇場公演2019 青春高校3年C組新宿アルタ KeyStudio、2019年2月28日 - 3月3日・4月3日 - 5月26日)[104]
  • ネタギリッシュNIGHT(豊洲PIT、2019年5月23日)[105]
  • スタジオ公演2019 青春高校3年C組 (テレビ東京第4スタジオ、2019年5月29日 - 2020年2月22日)
  • 青春高校3年C組 デビューKICKOFF ライブ〜どんな夢にも一歩目がある〜(豊洲PIT、2019年8月28日)[106]
  • ゴッドタン マジ歌ライブ2020 in さいたまスーパーアリーナ(さいたまスーパーアリーナ、2020年2月13日)[107]
  • ゴッドタンオンラインライブ お笑いを存分に語りまくれるBAR ~俺のお笑い青春事件ベスト3(2021年9月23日)[108]

個人

審査員[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 自身のラジオ番組での呼称。
  2. ^ a b c d e 黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送『あさナビ』(2021年10月20日放送)にて発言[36]
  3. ^ 諸事情により欠席。代理としてビビる大木が出演。
  4. ^ Spotifyの同番組との連動企画あり。
  5. ^ テレビ東京社員の三宅優樹とのデュオ。
  6. ^ 本来は「リスナー大感謝祭2021〜fanfare〜」として開催する予定であった[18][19]

出典[編集]

  1. ^ 【金の盾が届きました】チャンネル登録者数100万人記念の「金の盾」を佐久間Pが開封します! (YouTube Shorts). 佐久間宣行のNOBROCK TV. 2023年6月12日. 2023年10月25日閲覧
  2. ^ a b c "劇団ひとりもびっくり?「ゴッドタン」が12年目でもまだ無名番組だった!". アサ芸プラス. 2019年2月23日. 2021年7月12日閲覧
  3. ^ 佐久間 2014, p. [要ページ番号].
  4. ^ "令和4年度進路講演会 「意志の力 夢をカタチにするために」". 福島県立磐城高等学校. 福島県立磐城高等学校. 2022年5月26日. 2023年12月6日閲覧
  5. ^ a b 佐久間宣行(インタビュアー:綿貫大介)「テレビプロデューサー・佐久間宣行さんロングインタビュー。カルチャー好きになったのは「趣味人」だった祖父の影響【前編】」(日本語)『kodomoe(コドモエ)』、白泉社、2022年9月30日https://kodomoe.net/serial/interview/56629/2023年12月6日閲覧 
  6. ^ a b c "佐久間Pが円満退社報告「以後もテレビ東京と契約」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2021年3月4日. 2021年7月12日閲覧
  7. ^ “「オールナイトフジコ」にフジ港浩一社長、秋元康氏ら集結もツッコミ「最終回まで来ないでしょ」”. 日刊スポーツ. (2023年4月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202304150000351.html 
  8. ^ a b c d カジサック KAJISAC (2019年11月4日). 【超裏話】ゴッドタンを作った佐久間宣行さんが赤裸々に語る (YouTube配信). カジサック KAJISAC. 2021年7月12日閲覧
  9. ^ a b c 佐久間宣行(インタビュアー:綿貫大介)「テレビプロデューサー・佐久間宣行さんロングインタビュー。子どものおかげで他者が何を考えているのか考えるクセをつけられた【後編】」(日本語)『kodomoe(コドモエ)』、白泉社、2022年11月2日https://kodomoe.net/serial/interview/56774/2023年12月6日閲覧 
  10. ^ a b "幻冬舎×テレビ東京×note「コミックエッセイ大賞」開催!けらえいこ、箕輪厚介、佐久間宣行らが審査員に". muric.jp. 2019年4月3日. 2019年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月12日閲覧
  11. ^ a b "佐久間宣行の監督映画作品". MOVIE WALKER PRESS. ムービーウォーカー. 2023年12月6日閲覧
  12. ^ "「ゴッドタン」初ギャラクシー賞、ゴールデン3時間半SPで". お笑いナタリー. ナターシャ. 2017年9月20日. 2021年7月12日閲覧
  13. ^ "テレ東・佐久間P、ANN2部のパーソナリティー抜てき 現役TV局員で史上初". ORICON NEWS. oricon ME. 2019年3月13日. 2021年7月12日閲覧
  14. ^ a b c "佐久間宣行 TBSラジオ『伊集院光とらじおと』出演を語る". miyearnZZ Labo. 2019年5月16日. 2021年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月11日閲覧
  15. ^ a b "佐久間船長とクルーが本多劇場でヨーソロー!ゲスト小木も絶賛「歴史の始まり」(ライブレポート)". お笑いナタリー. ナターシャ. 2019年10月9日. 2021年7月12日閲覧
  16. ^ "佐久間宣行P、『ANN0』会見で嘆き「テレビ東京だけ来てない」". マイナビニュース. マイナビ. 2020年3月9日. 2021年7月12日閲覧
  17. ^ "ニッポン放送、聴収率調査で週平均首位 - 『佐久間宣行ANN0』など単独首位". マイナビニュース. マイナビ. 2020年10月8日. 2021年7月12日閲覧
  18. ^ a b "佐久間宣行『ANN0』、東京国際フォーラムで番組イベント第2弾決定". マイナビニュース. マイナビ. 2020年10月15日. 2021年7月12日閲覧
  19. ^ a b "おぎやはぎ矢作が1人しゃべりに感服「たいしたもんだ」佐久間Pのリスナー小感謝祭(イベントレポート)". お笑いナタリー. ナターシャ. 2021年1月11日. 2021年7月12日閲覧
  20. ^ "『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』 の書籍化が決定! 佐久間氏「売れたらワンチャン実写化ある」". TOKYO HEADLINE. 2021年4月29日. 2021年7月12日閲覧
  21. ^ a b "佐久間宣行、YouTubeで「ちゃんとバラエティーを作りたい」 新番組の狙いを明かす". ORICON NEWS. oricon ME. 2021年7月9日. 2021年7月12日閲覧
  22. ^ "東京03地上波初冠コント番組「東京03とスタア」佐久間宣行×橋本和明によるコント番組スタート!". 東京03とスタア. 日本テレビ. 2021年9月15日. 2021年9月16日閲覧
  23. ^ 2021年9月16日放送回『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』にて。
  24. ^ 『佐久間宣行のずるい仕事術』が4月6日に発売決定!』(プレスリリース)ダイヤモンド社、2021年2月9日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000045710.html2022年2月10日閲覧 
  25. ^ "佐久間宣行、本当にアイドルをプロデュースすることに". 音楽ナタリー. ナターシャ. 2022年7月1日. 2023年4月27日閲覧
  26. ^ "佐久間宣行プロデュースのラフ×ラフ初ステージ!東京ホテイソンも泣きながら「100億点」". 音楽ナタリー. ナターシャ. 2023年3月10日. 2023年10月16日閲覧
  27. ^ "『佐久間宣行ANN0』高1娘との"旅行回"が快挙 日本民間放送連盟賞・東京地区の1位に選出". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年7月15日. 2023年4月27日閲覧
  28. ^ "佐久間宣行Pが選ぶ「仕事の発想力とメンタル回復に効く 最強のエンタメ50選」【ずるい仕事術】副教材! - DIAMOND愛読者クラブ". ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2023年2月18日. 2023年4月27日閲覧
  29. ^ "佐久間宣行、2回目の"縦型"映画祭の審査員「レベルがすごく上がっている」と評価". ORICON NEWS. oricon ME. 2023年9月27日. 2023年12月6日閲覧
  30. ^ "佐久間宣行さんが振り返るキャリア 「自分の武器は自分じゃわからない」【イベントレポート 前編】". はたわらワイド. パーソル. 2021年5月18日. 2021年9月30日閲覧
  31. ^ "テレ東・佐久間Pがオールナイトニッポン0担当"長年の夢"が実現". デイリースポーツ. デイリースポーツ新聞社. 2019年3月13日. 2021年11月28日閲覧
  32. ^ ラジオ愛が大爆発! 森三中黒沢 最強ラジオテーブル発表! (YouTube配信). 佐久間宣行のNOBROCK TV. 2021年11月27日. 2021年11月28日閲覧
  33. ^ "テレ東『ウレロ☆無限大少女』演出・佐久間宣行氏、テレビは不便でも「ネットやスマホを超える価値あるものを」 (2) - テレビ屋の声(4)". マイナビニュース. マイナビ. 2016年2月26日. 2021年7月12日閲覧
  34. ^ "テレ東、佐久間Pのラジオに理解「いいことだと」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2019年3月28日. 2021年7月12日閲覧
  35. ^ "佐久間宣行 長瀬智也の折込チラシ登場を語る". miyearnZZ Labo. 2021年7月8日. 2021年9月30日閲覧
  36. ^ "佐久間宣行 テレビ東京AD時代に強いられた「肉止め」とは". ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送. 2021年10月31日. 2021年11月1日閲覧
  37. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン(2023年3月30日放送)にて
  38. ^ "結婚式のブーケから15年後に…「WBS」大江麻理子キャスター、佐久間宣行との意外な関係". テレ東プラス. テレビ東京. 2023年12月5日. 2023年12月6日閲覧
  39. ^ 佐久間宣行 (2014年12月9日). "できないことはやりません――テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行インタビュー". cakes(ケイクス). 2021年7月12日閲覧
  40. ^ "オードリー若林 佐久間宣行のトークスキルを語る". miyearnZZ Labo. 2019年8月29日. 2021年9月30日閲覧
  41. ^ "ゴッドタン佐久間P、ラジオを聴くと「芸人の得意技を先に知れる」". ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送. 2019年4月10日. 2021年7月12日閲覧
  42. ^ "佐久間宣行、東京03は「見つけたというか出会ったっていう感じ」無名時代の運命的な出会いを明かす!". COCONUTS. 2021年8月13日. 2021年9月30日閲覧
  43. ^ "テレ東から名物バラエティー番組を世に出し続けるプロデューサーの仕事術". THE21オンライン. PHP研究所. 2020年3月18日. 2021年7月12日閲覧
  44. ^ 佐久間宣行(インタビュアー:梅田恵子)「佐久間宣行 テレビよ永遠に?「ないですね」見据えるのは「面白いもの」の未来 - 日曜日のヒーロー&ヒロイン」『nikkansports.com』、日刊スポーツ新聞社、2022年2月27日https://www.nikkansports.com/entertainment/column/sundayhero/news/202202200000240.html?mode=all2023年10月25日閲覧 初出:『日刊スポーツ』2022年2月20日。
  45. ^ 著書『佐久間宣行のずるい仕事術 僕はこうして会社で消耗せずにやりたいことをやってきた』119ページ
  46. ^ キャリオク【私の仕事論:佐久間宣行】「自分を信用していない」ゴッドタンやあちこちオードリーなど人気番組を手掛ける佐久間の仕事との向き合い方とは
  47. ^ "オールナイトニッポン0(ZERO) 4月からは伊藤健太郎、Creepy Nuts、佐久間宣行、King Gnu 井口理、霜降り明星がパーソナリティに決定!!". ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送. 2019年3月13日. 2021年7月12日閲覧
  48. ^ "Netflixに"お笑いのイカゲーム"登場 千鳥×佐久間宣行Pの新感覚バラエティ". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年2月19日. 2022年2月20日閲覧
  49. ^ 間瀬佑一 (2022年12月15日). "佐久間宣行、"地上波では流せない"新番組を発表 「ブレーキをかけないコントを楽しんで」". Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint. 2022年12月16日閲覧
  50. ^ "星野源&若林正恭、新ユニット「LIGHTHOUSE」結成 悩める2人がNetflixでガチトーク【コメントあり】". ORICON NEWS. oricon ME. 2023年7月11日. 2023年7月11日閲覧
  51. ^ "テレ東・佐久間宣行氏、テレビ局社員の枠を超えるテレビ番組の"モノづくり"". ORICON NEWS. oricon ME. 2019年5月17日. 2021年7月12日閲覧
  52. ^ "テレ東・佐久間宣行が本格派ドラマに初挑戦!前代未聞の「自白」ミステリー、9ヶ月遅れて放送決定!/木ドラ25「あなた犯人じゃありません」". テレ東リリ速. テレビ東京. 2020年11月26日. 2021年7月12日閲覧
  53. ^ "テレ東&TBSが新感覚バラエティー ウイカ、ハナコ岡部、DJ松永がテレ東・佐久間Pとタッグ【コメントあり】". ORICON NEWS. oricon ME. 2020年9月7日. 2021年7月12日閲覧
  54. ^ 【フジテレビ】元テレビ東京 佐久間宣行がフジテレビで初演出番組!『ポップハライチ』』(プレスリリース)フジテレビジョン、2022年2月24日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001177.000000084.html2022年3月9日閲覧 
  55. ^ “YOASOBI「あの夢をなぞって」が上白石萌歌主演で“スマホ映画化””. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年3月17日). https://natalie.mu/music/news/469885 2022年3月17日閲覧。 
  56. ^ デビューシングル「ウェーイTOKYO」MV、大公開 (YouTube配信). 16 December 2023. 2023年12月17日閲覧
  57. ^ "新春テレビ放談2019 新春テレビ放談2019(バラエティー)". WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2022年2月1日閲覧
  58. ^ "【特別企画】佐久間P(テレ東)× 鈴間P(日テレ)× 番組P(NHK)三者会談【やってみた】 新春TV放談2020". NHK_PR. NHKオンライン. 2019年12月26日. 2019年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月12日閲覧
  59. ^ "NHKにテレ東・佐久間P&日テレ・土屋P&フワちゃんも集結 テレビについて徹底トーク". ORICON NEWS. oricon ME. 2020年5月8日. 2021年7月12日閲覧
  60. ^ "フワちゃん、佐久間P、土屋敏男、野木亜紀子ら「あたらしいテレビ」徹底討論". お笑いナタリー. ナターシャ. 2020年5月8日. 2021年7月12日閲覧
  61. ^ "あたらしいテレビ2021:NHK年初番組「新春TV放談」に代わって放送 野木亜紀子、テレ東・佐久間Pらがテレビを見つめ直す". MANTANWEB(まんたんウェブ). MANTAN. 2020年12月25日. 2021年7月12日閲覧
  62. ^ "かまいたちMC「あたらしいテレビ2022」さらば森田、佐久間P、藤井健太郎氏ら語る(コメントあり)". お笑いナタリー. ナターシャ. 2021年12月21日. 2021年12月22日閲覧
  63. ^ "パンサー向井、佐久間Pら進行「あたらしいテレビ2023」座談会にAマッソ加納(コメントあり)". お笑いナタリー. ナターシャ. 2022年12月22日. 2023年1月4日閲覧
  64. ^ a b "局の垣根超えたバラエティ制作者が審査員『ツギクル芸人グランプリ』". マイナビニュース. マイナビ. 2019年7月18日. 2021年7月12日閲覧
  65. ^ "8月12日放送の「アナザースカイ」は佐久間宣行が東京へ!". アナザースカイ. 日本テレビ. 2021年8月5日. 2021年8月13日閲覧
  66. ^ "佐久間宣行P、『アナザースカイ』番組スタッフにめちゃくちゃ気を遣われる「本当にやりづらそうで……」". ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送. 2021年8月11日. 2021年8月13日閲覧
  67. ^ "6月から7月もNHK総合テレビでお楽しみください。". NHK_PR. NHKオンライン. 2021年6月23日. 2021年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月12日閲覧
  68. ^ "あいついま、何見てる? 神田伯山 × 松本まりか × 佐久間宣行 コンテンツ・ラヴァーズ". NHK_PR. NHKオンライン. 2021年7月13日. 2021年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧
  69. ^ "加藤浩次・佐久間宣行氏ら「真犯人フラグ」"真犯人"を予想 細かい考察に西島秀俊「鋭いです」". モデルプレス. ネットネイティブ. 2022年3月11日. 2022年3月12日閲覧
  70. ^ "佐久間宣行とアルコ&ピース平子が地元福島いわきで街ぶら「サクマ&ピース」". お笑いナタリー. ナターシャ. 2021年9月22日. 2023年11月8日閲覧
  71. ^ "「サクマ&ピース」シーズン2、地元福島で平子「まだ知らない場所や食べ物」を実感(コメントあり)". お笑いナタリー. ナターシャ. 2023年4月27日. 2023年11月8日閲覧
  72. ^ "「サクマ&ピース」シーズン3、平子「2人で撮りあった写真は秘密の宝物」(コメントあり)". お笑いナタリー. ナターシャ. 2023年2月8日. 2023年11月8日閲覧
  73. ^ "「サクマ&ピース」シーズン4は酒でべろんべろん、ゲストにゴー☆ジャス(コメントあり)". お笑いナタリー. ナターシャ. 2023年10月31日. 2023年11月8日閲覧
  74. ^ "シュガー&シュガー サカナクションの音楽実験番組". NHK. 2021年11月19日. 2021年11月19日閲覧
  75. ^ 電波少年Wさん [@wowow_denpa] (2021年12月6日). "ゲストは演出家・プロデューサー #佐久間宣行 さんです〜〜〜✨". X(旧Twitter)より2021年12月13日閲覧
  76. ^ "ディーン・フジオカ、日向坂46佐々木美玲ら さんま御殿に初登場!「いま話題の有名人冬のぶっちゃけ祭り」". 踊る!さんま御殿!!. 日本テレビ. 2022年2月1日閲覧
  77. ^ "インディアンス&佐久間宣行「さんま御殿」初登場". お笑いナタリー. ナターシャ. 2022年2月1日. 2022年2月1日閲覧
  78. ^ "青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2020-2022". TVer. TVer. 2022年3月15日. 2022年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月16日閲覧
  79. ^ "ぷらぷらす". NHK. 日本放送協会. 2022年11月3日閲覧
  80. ^ 佐久間宣行 [@nobrock] (2022年12月24日). "本日23:50〜24:00放送の NHK「ぷらぷらす」 たった今収録しました!". X(旧Twitter)より2023年1月13日閲覧
  81. ^ "【鎌倉殿の13人】最終回は第48回、12月18日放送予定 特番も決定". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年9月22日. 2022年9月30日閲覧
  82. ^ "「鎌倉殿の13人」特番ディープバージョン放送!泣く泣くカットのトーク日の目60分版 ファン願望叶った". スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2022年10月14日. 2022年10月14日閲覧
  83. ^ "佐久間宣行氏MC『盛ラジオ』番組詳細発表 お笑い芸人の"盛力"問う新企画を日向坂46・松田好花も見守る". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年10月27日. 2022年10月27日閲覧
  84. ^ "佐久間宣行が松本人志にアドバイス「まつもtoなかい」テレビや作品づくりを語る". お笑いナタリー. ナターシャ. 2023年6月18日. 2023年6月22日閲覧
  85. ^ "「勝手にテレ東批評」レギュラー初回に平成ノブシコブシ吉村". お笑いナタリー. ナターシャ. 2023年10月7日. 2023年10月7日閲覧
  86. ^ "佐久間宣行、オードリー若林、ハライチ岩井の「ボクらの時代」". お笑いナタリー. ナターシャ. 2023年10月8日. 2023年10月25日閲覧
  87. ^ "フジコーズがFNS歌謡祭で生パフォ さらば森田やオズワルド伊藤も「完全なバーター」で出演". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2023年12月14日. 2023年12月15日閲覧
  88. ^ "テレ東・佐久間宣行氏の4夜連続ラジオ特番 秋元康氏、東京03飯塚、オードリー春日もゲスト出演". ORICON NEWS. oricon ME. 2020年2月13日. 2021年7月12日閲覧
  89. ^ "乃木坂46山崎怜奈、体調不良で大事を取って冠ラジオ『ダレハナ』休演 生駒里奈・佐久間宣行が代打". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年3月29日. 2022年3月31日閲覧
  90. ^ "8/17番組レポート【突然のゲストはアルピー平子さんと佐久間宜行さん!】". FMいわき. いわき市民コミュニティ放送. 2021年8月17日. 2022年3月26日閲覧
  91. ^ "今週の空想メディアは、テレビプロデューサー・佐久間宣行さんをお迎えしました。". 空想メディア. TOKYO FM. 2021年8月23日. 2022年4月14日閲覧
  92. ^ "今週の空想メディアは、テレビプロデューサー・佐久間宣行さんをお迎えしました。". 空想メディア. TOKYO FM. 2021年8月30日. 2022年4月14日閲覧
  93. ^ "ナイツ『ラジオショー』ドランクドラゴン・佐久間P・三四郎・サンドが代演". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年1月21日. 2022年2月13日閲覧
  94. ^ “佐久間宣行が木戸大聖主演ドラマ「僕たちの校内放送」に本人役で出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年7月31日). https://natalie.mu/eiga/news/534932 2023年7月31日閲覧。 
  95. ^ “アルピー酒井と佐久間宣行が裏生配信、テレ東「独占生中継!2023隅田川花火大会」”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2023年7月28日). https://natalie.mu/owarai/news/534770 2023年8月24日閲覧。 
  96. ^ “「ADから中継Dまでやらせてもらった」元テレ東・佐久間宣行P司会の裏生配信が決定!7月29日(土)夜6時30分「独占生中継2023隅田川花火大会」題字は書道家・青柳美扇 作&ゲスト情報解禁!”. テレ東リリース最速情報 テレ東リリ速 (テレビ東京). (2023年7月27日). https://www.tv-tokyo.co.jp/information/202307/4086.html 2023年8月24日閲覧。 
  97. ^ テレ東60祭!ミュージックフェスティバル2023」 テレビ東京、2023年11月
  98. ^ “一言だけ!「ストレンジャー・シングス」シーズン4ゲスト声優4名が決定”. シネマトゥデイ. (2022年5月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0130323 2022年5月26日閲覧。 
  99. ^ “佐久間P&三宅Dが歌手デビュー、青春高校3年C組卒業ベストアルバムにデュエットソング収録”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年3月18日). https://natalie.mu/music/news/420615 2022年10月30日閲覧。 
  100. ^ “佐久間P、CDデビュー! タイトルは「俺のベビースターラーメン」 秋元康が曲提供”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年3月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/18/kiji/20210318s00041000233000c.html 2022年10月30日閲覧。 
  101. ^ "ラフ×ラフ「100億点」MVで悪目立ちする佐久間Pを雑消し". 音楽ナタリー. ナターシャ. 2023年4月15日. 2023年10月16日閲覧
  102. ^ スパイ西島秀俊さんの新ターゲットは「錦鯉」! スパイ本部局長・佐久間宣行さん 女スパイ・みりちゃむさんら初登場メンバーとともに錦鯉がシアワセな理由を徹底調査!!』(プレスリリース)ソフトバンク、2022年12月15日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000041498.html2022年12月15日閲覧 
  103. ^ "お風呂の防カビムエンダー「やった感出すヤツ」篇「お宝」篇 - CM情報". KINCHO. KINCHO 大日本除虫菊株式会社. 2023年10月28日閲覧
  104. ^ "『青春高校3年C組劇場公演』1万人動員達成でCDデビュー 秋元康がプロデュース". ORICON NEWS. oricon ME. 2019年4月1日. 2021年7月12日閲覧
  105. ^ "ゴッドタン「ネタギリッシュNIGHT」チャンピオン大会が豊洲PITで!シード枠も". お笑いナタリー. ナターシャ. 2019年4月19日. 2021年7月12日閲覧
  106. ^ "青春高校3年C組、メジャーデビューと旅立つメンバーの新たな門出にキックオフ(ライブレポート / 写真108枚)". 音楽ナタリー. ナターシャ. 2019年8月29日. 2021年7月12日閲覧
  107. ^ "ゴッドタン「マジ歌ライブ」2020年2月にさいたまスーパーアリーナで開催". お笑いナタリー. ナターシャ. 2019年10月13日. 2021年7月12日閲覧
  108. ^ "おぎやはぎ&劇団ひとり「ゴッドタン」に隠し事ない、つい熱くなっちゃう「語れるBAR」". お笑いナタリー. ナターシャ. 2021年9月19日. 2021年9月30日閲覧
  109. ^ "千原ジュニア、TV6局の底力に感心 "渾身の企画"挑戦で会場沸く". ORICON NEWS. oricon ME. 2016年3月26日. 2021年7月12日閲覧
  110. ^ "SHOWROOM前田氏、サイバー藤田氏らが語った"テレビ局の危機"〜「誰がテレビを殺すのか、あるいは誰も殺せないのか。」(1)". ABEMA TIMES. ABEMA. 2018年5月10日. 2021年7月12日閲覧
  111. ^ "詳細 - ニッポン放送のラジオ2番組とTIFのコラボ!トークステージが決定!". TOKYO IDOL FESTIVAL 2019. 2019年7月18日. 2021年7月12日閲覧
  112. ^ "「佐久間宣行といつか武道館へ」ニッポン放送・石井玄氏が見据える"普通のおじさん"の楽しすぎる未来". ORICON NEWS. oricon ME. 2021年11月8日. 2021年11月8日閲覧
  113. ^ "ニッポン放送×ノーミーツの配信公演「あの夜を覚えてる」主演に千葉雄大&高橋ひかる(コメントあり)". ステージナタリー. ナターシャ. 2021年11月24日. 2021年11月25日閲覧
  114. ^ "ミスiD". ミスiD公式ページ. 2016年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月12日閲覧
  115. ^ "インフォメーション 「あなたが選ぶ!お笑いハーベスト大賞」開催報告(2016)". 一般社団法人 日本音楽事業者協会 JAME. 2016年7月17日. 2021年7月12日閲覧
  116. ^ "Aカテは職人化、Bカテは越境して広がり続ける!? ACC賞フィルム部門 佐久間宣行(テレビ東京)審査委員×澤本嘉光審査委員長が対談". 宣伝会議. 一般社団法人ACC. 2018年5月30日. 2021年7月12日閲覧
  117. ^ 佐久間宣行 [@nobrock] (2018年7月25日). "あと吉本坂の審査員が回って来ました……なんでダンス審査?". X(旧Twitter)より2021年7月12日閲覧
  118. ^ "JAPAN PODCAST AWARDS". JAPAN PODCAST AWARDS公式ページ. 2022年2月18日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

SNS
NOBROCK TV