佐久間宣行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくま のぶゆき
佐久間 宣行
生誕 福島県いわき市
出身校 早稲田大学商学部卒業[1]
職業 テレビプロデューサー演出家

佐久間 宣行(さくま のぶゆき、1975年11月23日[2] - )はテレビ東京制作局制作番組部所属のテレビプロデューサー演出家である。制作局CPチーム兼コンテンツビジネス局コンテンツビジネス部兼任)[1]

略歴[編集]

福島県いわき市出身。福島県立磐城高等学校早稲田大学商学部卒業。学生時代は広告代理店の営業や商社のマーケティングの仕事を志望していたが、軽い気持ちで受けたフジテレビの面接で「君はテレビ現場に向いている」といわれたことがきっかけで、本腰を入れて活動しテレビ東京に採用され、1999年に入社。ドラマ班、バラエティ班のアシスタントディレクターを務めて3年目のときに出した企画が通り、異例の若さでプロデューサーを任される。その企画がお笑いであったため、以降同ジャンルの番組に携わっている[1]。そしてその直後にスタートした新番組『大人のコンソメ』でも総合演出を担当した。

本人曰く「最初からプロデューサーを志したのではなくディレクターを志したのだが、その際にプロデューサーの仕事も引き受けた方が番組が自由に作れると感じた方が多かったので、プロデューサーの仕事もするようになった」と語っており、多くの番組でプロデューサーと演出を兼任している理由にこれを挙げている。

2011年6月まで編成局企画推進部主任を兼務。

2013年6月28日、『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』で映画監督デビュー。

2015年8月29日、「佐久間宣行のオールナイトニッポンR」という番組名で、「オールナイトニッポンR」(ニッポン放送)の週替わりパーソナリティを担当。ニッポン放送はフジテレビ系列であり、テレビ東京関係者が番組パーソナリティーを担当するのは異例のことであった。

人物[編集]

多忙ながらも小劇場ライブハウスに頻繁に足を運んで情報収集を行っており[3]、番組の中で小劇場俳優やインディーズバンドを積極的に起用する。また文壇との人脈もあり、『ご本、出しときますね?』や『共感百景』など小説家歌人をゲストとして迎える番組も手がけている。

担当番組[編集]

現在[編集]

レギュラー
特番

過去[編集]

レギュラー
特番
映画

出演[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]