好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
好きやねん、大阪。/桜援歌 (Oh!ENKA)/無限大
関ジャニ∞シングル
初出アルバム『KJ1 F・T・O
A面 好きやねん、大阪。
桜援歌 (Oh!ENKA)
無限大
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP演歌・歌謡曲
ロック
時間
レーベル テイチクレコード
ゴールドディスク
プラチナ(日本レコード協会
チャート最高順位
関ジャニ∞ シングル 年表
大阪レイニーブルース
(2005年)
好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大
(2005年)
∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク
(2006年)
テンプレートを表示

好きやねん、大阪。/桜援歌 (Oh!ENKA)/無限大』(すきやねん おおさか/おうえんか/むげんだい)は、関ジャニ∞の3枚目のシングル[4]。2005年9月14日にテイチクレコードから発売された[5]

概要[編集]

  • 前作『大阪レイニーブルース』から約6ヶ月振りのリリース。
  • 自身初のトリプルA面シングルである。
  • 本作は、無期限謹慎中の内博貴を除く、7人体制で初のシングルである[注 1]。本作以降、約13年間7人体制でのリリースとなる。
  • CDは初回限定盤、通常盤の2形態で発売。
  • 表題曲「好きやねん、大阪。」は、関ジャニ∞が出演するハウス食品『好きやねん』のCMソングである[5][6]
    • 自身がテレビCMに出演するのは初である[6]
  • 表題曲「桜援歌 (Oh!ENKA)」は、NHK教育アニメ『忍たま乱太郎』の第17代目エンディングテーマである[5]
    • 1stアルバム『KJ1 F・T・O』では、同曲の「KJ1 mix」としてアレンジバージョンが収録されている為、本作収録バージョンは1stベストアルバム『8EST』にてアルバム初収録された。
  • 表題曲「無限大」は、20世紀フォックス配給劇場アニメ『ロボッツ』の日本版応援ソングである[7][8]
    • 上述の「桜援歌 (Oh!ENKA)」と同様に、1stアルバムでは、同曲のアレンジバージョンが収録されている為、本作収録バージョンは1stベストアルバムにてアルバム初収録された。
  • 初回限定盤には、表題曲の「コント:三角公園ver.」を収録[9]
  • 通常盤には、表題曲「好きやねん、大阪。」の「コント:田中さんver.」を収録[9]
    • 以降のアルバムに収録されている「好きやねん、大阪。」のコントは、全て「田中さんver.」である。

各形態概要[編集]

特典
特典内容 形態
「好きやねん」ステッカー 初回限定盤
20Pオールカラーブックレット
8Pブックレット 通常盤
「忍たま乱太郎」ステッカー 通常盤(初回プレス分)

販売形態[編集]

  • 発売日:2005年9月14日
    • 初回限定盤(TECH-28:CD)
      • 「好きやねん」ステッカー
      • 20Pオールカラーブックレット
    • 通常盤(TECH-38:CD)
      • 8Pブックレット
      • 「忍たま乱太郎」ステッカー(※初回生産分のみ)
  • 発売日:2015年7月1日
  • 発売日:2019年7月12日
    • 通常盤:十五催ハッピープライス盤(JSNC-1503:CD)

チャート成績[編集]

  • オリコンチャート
    • 初週16.3万枚を売り上げ、2005年9月26日付の「オリコン週間 CDシングルランキング」で週間2位を獲得した[1]
      • 本作で演歌シングルの初動売上最高記録を更新した[1]
      • 演歌シングルが初動売上で10万枚を突破するのは本作が初である[1]
    • 2005年9月度「オリコン月間 CDシングルランキング」で月間5位を獲得した[2]
    • 2005年度「オリコン年間 CDシングルランキング」で年間36位を獲得した[3]

収録曲[編集]

通常盤[編集]

  1. 好きやねん、大阪。(コント:田中さん) - [3:52]
    作詞・作曲:イイジマケン
    編曲:吉岡たく
  2. 桜援歌 (Oh!ENKA) - [3:55]
    作詞:MASA
    作曲・編曲:馬飼野康二
  3. 無限大 - [4:27]
    作詞:MASA
    作曲・編曲:馬飼野康二
  4. 桜援歌(Oh!ENKA) (オリジナル・カラオケ)

初回限定盤[編集]

  1. 好きやねん、大阪。(コント:三角公園) - [3:52]
    • 間奏に通常盤とは異なったコントが挿入されている[4]
  2. 桜援歌 (Oh!ENKA)
  3. 無限大
  4. 好きやねん、大阪。 (オリジナル・カラオケ)

収録作品[編集]

アルバム[編集]

好きやねん、大阪。
  • 1stアルバム『KJ1 F・T・O
  • 1stベストアルバム『8EST
  • 2ndベストアルバム『GR8EST』(201∞限定盤 特典CD)
※メドレーの1曲として収録。
桜援歌 (Oh!ENKA)
  • 1stアルバム『KJ1 F・T・O』
※アルバムバージョンを収録。
無限大
  • 1stアルバム『KJ1 F・T・O』
※アルバムバージョンを収録。
  • 1stベストアルバム『8EST』
  • 10thアルバム『8BEAT』(Eighter盤)
※5人の再録バージョンを収録。

シングル[編集]

好きやねん、大阪。
  • 24thシングル『涙の答え』(通常盤 初回プレス分)
※リミックス音源のメドレーの1曲として収録。
無限大
  • 24thシングル『涙の答え』(通常盤 初回プレス分)
※リミックス音源のメドレーの1曲として収録。

映像作品[編集]

ライブ映像[編集]

好きやねん、大阪。
桜援歌 (Oh!ENKA)
  • 2ndライブDVD『Spirits!!』
無限大

ミュージック・ビデオ[編集]

好きやねん、大阪。
  • 2ndライブDVD『Spirits!!』(初回プレス分 特典DVD)

発売記念イベント[編集]

『好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大』
大握手会
イベントの種類 音楽系イベント
初回開催 2005年9月17日・18日
会場 東京国際フォーラム
大阪南港ATC
主催 テイチクエンタテインメント

『好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大』大握手会』(すきやねん おおさか/おうえんか/むげんだい だいあくしゅかい)は、2005年9月17日・18日に開催された、本作のリリースを記念したイベント[10][11]

開催概要[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 内は関ジャニ∞の謹慎が解かれることの無いまま脱退した。脱退後は事務所に残りソロで活動。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “関ジャニ∞、演歌で初動売上No.1記録!”. ORICON NEWS. (2005年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/4473/full/ 2021年10月19日閲覧。 
  2. ^ a b “邦楽シングル 月間ランキング”. ORICON STYLE. (2005年10月1日). オリジナルの2005年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051030032149/http://www.oricon.co.jp/rank/js/m/1/ 2021年10月19日閲覧。 
  3. ^ a b “シングル 年間ランキング”. ORICON STYLE. (2005年3月8日). オリジナルの2005年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051223085317/http://www.oricon.co.jp/rank/js/y/ 2021年10月19日閲覧。 
  4. ^ a b “関ジャニ∞、新シングルには“コント”を収録!”. SANSPO.COM. (2005年9月8日). オリジナルの2005年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051208035100/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200509/gt2005090806.html 2021年8月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “関ジャニ∞ 7人で初新曲”. デイリースポーツ. (2005年8月19日). オリジナルの2005年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051228221947/http://www.daily.co.jp/gossip/2005/08/19/184039.shtml 2021年8月30日閲覧。 
  6. ^ a b ““関ジャニ7”新曲&テレビCM初出演”. スポニチ Sponichi Annex. (2005年8月19日). オリジナルの2008年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080312215636/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050819045.html 2022年1月5日閲覧。 
  7. ^ a b “SMAP剛と関ジャニ“初共演”「ロボッツ」で吹き替え”. SANSPO.COM. (2005年7月1日). オリジナルの2005年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050703022401/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005070107.html 2021年8月30日閲覧。 
  8. ^ “草なぎ剛 関ジャニ8に弟子入り?”. スポニチ Sponichi Annex. (2005年7月1日). オリジナルの2008年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080312215345/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050701058.html 2022年1月5日閲覧。 
  9. ^ a b 好きやねん、大阪。 / 桜援歌(Oh!ENKA) / 無限大”. 関ジャニ∞ / IMPERIAL RECORDS. テイチクエンタテインメント (2005年). 2021年8月31日閲覧。
  10. ^ a b 関ジャニ∞「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」『Dear Eighter』、ジャニーズ事務所、2012年8月、 69頁。
  11. ^ a b プロフィール”. 関ジャニ∞ - TEICHIKU RECORDS. テイチクエンタテインメント (2006年). 2006年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビアニメ忍たま乱太郎エンディングテーマ
前作:
上戸彩
関ジャニ∞
桜援歌(Oh!ENKA)
次作:
関ジャニ∞
愛に向かって