天地明察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天地明察
著者 冲方丁
発行日 2009年11月30日
発行元 角川書店
ジャンル 時代小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
公式サイト 天地明察
コード ISBN 978-4-04-874013-5
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

天地明察』(てんちめいさつ)は、冲方丁による日本時代小説である。『野性時代』(角川書店)にて、2009年1月号から7月号まで連載された。第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞を受賞し,第143回直木賞の候補となった。2012年には映画化された。

江戸時代前期の囲碁棋士天文暦学者渋川春海の生涯を描く。

受賞歴[編集]

漫画[編集]

槇えびし作画で『月刊アフタヌーン』にて2011年6月号より連載されている。

書誌情報[編集]

  • 冲方丁(原作)・槇えびし(作画) 『天地明察』 講談社アフタヌーンKC〉、既刊4巻(2013年4月1日現在)
  1. 2011年9月23日発行、ISBN 978-4-06-310778-4
  2. 2012年3月23日発行、ISBN 978-4-06-387814-1
  3. 2012年8月23日発行、ISBN 978-4-06-387836-3
  4. 2013年3月22日発行、ISBN 978-4-06-387874-5

映画[編集]

天地明察
監督 滝田洋二郎
脚本 加藤正人
滝田洋二郎
原作 冲方丁
出演者 岡田准一
宮崎あおい
音楽 久石譲
撮影 浜田毅
編集 上野聡一
製作会社 『天地明察』製作委員会
配給 角川映画/松竹
公開 日本の旗 2012年9月15日
上映時間 141分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

おくりびと』の滝田洋二郎監督で2012年9月15日公開。主演はV6岡田准一。岡田は以前ラジオ番組で冲方と対談したことがあり、そのときに原作を読んでいた。

映画の内容は、山崎闇斎が、改暦作業に渋川晴海の後見として積極的な役割を果たし、反対派の襲撃を受けて死亡するなど、原作・史実と異なる点があり、このことはエンディングロールのあとで断られている。

キャスト[編集]

会津藩保科家

北極出地隊

幕府

朝廷

囲碁関係

スタッフ[編集]

受賞[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『天地明察』が北東文芸賞を受賞しました! -ぶらりずむ黙契録
  2. ^ 『天地明察』が舟橋聖一文学賞を受賞しました!-ぶらりずむ黙契録
  3. ^ 撮影当時は市川亀治郎。初期の広告(原作文庫本の帯など)では亀治郎名義となっているものがある。
  4. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]