関ジャニ∞の音楽フェスティバル出演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関ジャニ∞ > 関ジャニ∞のライブ一覧 > 関ジャニ∞の音楽フェスティバル出演一覧

関ジャニ∞の音楽フェスティバル出演一覧(かんジャニエイトのおんがくフェスティバルしゅつえんいちらん)は、日本男性アイドルグループロックバンド関ジャニ∞が出演した音楽フェスティバルの詳細をまとめた項目である。

ドリフェス2015[編集]

テレビ朝日ドリームフェスティバル2015』(テレビあさひドリームフェスティバル2015)は、2015年11月21日から23日にかけて東京都国立代々木競技場 第一体育館で開催された屋内音楽フェスティバル[1][2][3]。関ジャニ∞は11月23日公演に出演[4][5]

開催概要(ドリフェス2015)[編集]

  • 自身初の音楽フェスティバルへの出演[2][3]
  • 前年には、メインボーカルを担当していた当時メンバーの渋谷すばるが、ソロで同イベントに出演していた[6][7]
  • 同イベントへの出演が決まり、渋谷は「今回、関ジャニ∞として7人で参加できることは、うれしいという言葉や文字では表現し切れない特別な思いがあります。持ち時間を全部、今の自分たちができる精いっぱいの演奏で表現します」とコメントした[2][3]
  • イベントでは、全8曲を全てバンドスタイルで披露し[4][5]、ロックバンドとして、高い評価を得た[8]
  • 本イベントの様子は、2022年8月現在一曲も映像化等はされていない。

出演の経緯(ドリフェス2015)[編集]

  • 2015年10月11日、自身の冠番組であるテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』にて、同イベントへの出演が発表され[9]、翌12日に各スポーツ紙やニュースサイトにて情報が解禁された[1][2][3]
    • 同番組で行っている様々なアーティストとのセッションで、バンドとして高いスキルを評価され、同イベントへの出演が決定した[2]
  • 同年11月23日、同イベントのトップバッターとして出演し、全8曲を披露した[4][5]
  • 同年12月6日、前述の『関ジャム』にて、同イベントの関ジャニ∞への密着映像がダイジェストで放送された[10]
  • 2016年3月4日、テレビ朝日(関東ローカル)にて、同イベントの3日間の模様が放送され、同イベントで披露した「ズッコケ男道」と「勝手に仕上がれ」とバックステージの様子が地上波初放送された[11]
    • 各ワイドショーや前述の『関ジャム』では一部放送があったが、披露された楽曲をフル尺で放送されたのは今回が初である。

セットリスト(ドリフェス2015)[編集]

※全てバンドスタイルでの披露。

  1. ズッコケ男道
  2. キング オブ 男!
  3. 宇宙に行ったライオン
  4. LIFE〜目の前の向こうへ〜
  5. 侍唄 (さむらいソング)
  6. High Spirits
  7. 勝手に仕上がれ
  8. オモイダマ

メトロック2017[編集]

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017』(トーキョー メトロポリタン ロック フェスティバル 2017)は、2017年5月20日・21日に東京都若洲公園で開催された野外音楽フェスティバル[12][13][14][15][16]。関ジャニ∞は5月21日公演に出演[17][18][19]

概要(メトロック2017)[編集]

  • 自身初の野外ロックフェスへの出演[14][16][18]
  • 音楽フェスへの出演は、2015年に出演した屋内ロックフェス『テレビ朝日ドリームフェスティバル2015』以来、約2年振りの出演となった。
  • ジャニーズ事務所所属のアーティストによる野外フェス出演は、2014年のTOKIOに続き2組目となった[15]
  • 自身は、同イベントの「WINDMILL FIELD」のトリ前である17時50分からのステージに出演した[12]
  • 同イベントへの出演が発表された5月12日時点でチケットは完売しており、自身のファンが新規にチケットを購入する事が出来なかった為、完全"アウェー"での参戦と言われていた[20][17][19]が、バンドスタイルで全10曲を披露し、その"アウェー"の状態を裏切るステージを魅せ[20][19]、ロックバンドとして更に高い評価を得た[13][17][20][14]
  • メンバーのスケジュールが多忙な為、野外リハーサルが出来ず、ほぼぶっつけ本番でのステージとなった[19]
  • 同イベントの様子は、39thシングル『奇跡の人』期間限定盤の特典DVDにライブ映像を5曲、初回限定盤にライブ音源を2曲収録された[21]

出演の経緯(メトロック2017)[編集]

  • 同イベントへの出演は、イベント主催者側からのオファーによって決定した[19][15]
  • 2017年5月12日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』にて、同イベントへの出演が発表された[22][23]
    • 同発表は、同イベントのチケットが完売後に発表された[20][16]
  • 同年5月21日、同イベントの「WINDMILL FIELD」ステージに出演し、全10曲を披露した[13][14][16][18]
  • 同年5月22日、同イベントで披露した楽曲が視聴出来るセットリストが自身の公式サイトと9thアルバム『ジャム』の特設サイトにて公開された[24]
    • これは、関ジャニ∞が所属事務所の著作権の問題から楽曲配信等を行っておらず、同イベント出演後に一部で「iTunesで曲が買えない」「もったいない」との声が上がった為、この様な異例の対応が取られた[20]
  • 同年9月6日、39thシングル『奇跡の人』期間限定盤に同イベントのライブ映像、初回限定盤にライブ音源が収録された[21]

セットリスト(メトロック2017)[編集]

  • ※が期間限定盤にライブ映像、※※が初回限定盤にライブ音源が収録[21]
  • 全てバンドスタイルでの披露。
  1. High Spirits
  2. ズッコケ男道
  3. 言ったじゃないか
  4. NOROSHI
  5. 宇宙に行ったライオン ※※
  6. ※※
  7. 侍唄 (さむらいソング)
  8. Tokyoholic
  9. 勝手に仕上がれ
  10. LIFE〜目の前の向こうへ〜

収録作品(メトロック2017)[編集]

  • 39thシングル『奇跡の人[21]
    • 期間限定盤:ライブ映像(M-1,2,3,7,10)[注 1]
    • 初回限定盤:ライブ音源(M-5,6)

関ジャムFES(2019年)[編集]

関ジャムFES』(かんジャムフェス)は、2019年10月12日千葉県幕張メッセ 国際展示場9~11ホールで開催予定だった屋内音楽フェスティバル[25][26][27][28]。同年10月12日から14日にかけて開催された屋内音楽フェスティバル『テレビ朝日ドリームフェスティバル2019』の初日公演の企画として開催予定だった[29][30][31]が、台風19号の影響で開催中止になった[32]

概要(関ジャムFES 2019)[編集]

セッション予定だったアーティスト[編集]

※この内、打首獄門同好会、清塚信也[注 2]、東京スカパラダイスオーケストラは、後述の『関ジャムFES(2021年)』にて、約2年越しにセッションを行った。

関ジャムFES(2021年)[編集]

関ジャムFES』(かんジャムフェス)は、2021年9月26日千葉県幕張メッセ 国際展示場1~3ホールで開催された屋内音楽フェスティバル[34][35]。同年9月24日から26日にかけて開催された屋内音楽フェスティバル『テレビ朝日ドリームフェスティバル2021』の最終日公演の企画として開催された[36][37]

概要(関ジャムFES 2021)[編集]

  • 前回『関ジャムFES(2019年)』同様、自身の冠番組であるテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』が主催する音楽フェスティバル[34][35]
  • 『関ジャムFES』としては、前回から約2年振りの開催。
    • 前回が台風の影響によって公演中止となった為、実質的には今回が初開催となる。
    • また、2020年にも同イベントを開催予定だったが、新型コロナウイルスCOVID-19」の感染拡大の影響により、イベントの開催が発表される事の無いまま中止となった[36][38]
  • 音楽フェスへの出演は、中止となった前回を除くと、2017年に出演した『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017』以来、約4年振りの出演となった。
  • 新型コロナウイルスの影響により、無観客でのライブを主に行ってきた為、2020年2月14日に開催された自身のライブツアー『関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE』の中止前最終公演から、約1年7か月振りの有観客ライブとなった[39]
  • 同イベントでは、同番組のホストである関ジャニ∞が、出演アーティスト5組とテレビの枠を越え、"生"でバンドやダンスのセッションを計6曲行った[36]
  • これまで出演した音楽フェス[注 3]は、全てバンドスタイルのみで楽曲を披露してきたが、同イベントの関ジャニ∞の単独ステージでは、バンド曲だけでなく、ハンドマイクのみの楽曲やダンス曲を含む、全10曲を披露した[36][39]
    • 尚、M-10の「無責任ヒーロー」のみ、単独ステージでは無く、東京スカパラダイスオーケストラ(※以下「スカパラ」)とのセッションとなった[39]
      • スカパラとはセッションコーナーで「Paradise Has No Border」と「メモリー・バンド」もセッションしている為、同イベントでは最多の計3曲をコラボレーションした[39]
      • この時にスカパラとセッションした「メモリー・バンド」は、元メンバーの渋谷すばるが関ジャニ∞として最後の出演となった2018年7月8日の『関ジャム』にスカパラがセッションゲストとして出演した際に、スカパラの谷中敦が渋谷の姿を見て制作した、「バンドの絆」を歌った楽曲である[40]
  • 同イベントの関ジャニ∞の単独ステージの様子は、自身の20thライブDVD/Blu-ray『KANJANI'S Re:LIVE 8BEAT』完全生産限定-Road to Re:LIVE-盤の特典DVD/Blu-rayにて収録された[41]
    • 各セッション及び東京スカパラダイスオーケストラを客演に招いた「無責任ヒーロー」は収録されていない。

出演の経緯(関ジャムFES 2021)[編集]

  • 2021年8月8日、テレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』にて、同イベントが、前回と同様に『テレビ朝日ドリームフェスティバル2021』内の最終日企画として開催される事を発表[34][35]
  • 同年9月26日、各アーティストとのセッションと、同イベントのヘッドライナーとして出演し、セッションで計6曲、単独ステージで全10曲を披露した[36][39]
  • 同年12月6日、『関ジャム』にて、今回の模様が地上波初放送された[42]
    • 尚、オープニングと関ジャニ∞の各アーティストとのセッション、更に単独ステージの東京スカパラダイスオーケストラとの「無責任ヒーロー」のセッションのみをダイジェストでの放送となり、関ジャニ∞単独ステージの模様は放送されなかった。
  • 同年12月21日、テレビ朝日(関東ローカル)にて、同イベントを含む『テレビ朝日ドリームフェスティバル2021』の3日間の模様がダイジェストで放送され、同イベントで披露した「ブリュレ」「」「NOROSHI」「無責任ヒーロー」が放送された[43]
  • 2022年5月18日、自身の20thライブDVD/Blu-ray『KANJANI'S Re:LIVE 8BEAT』完全生産限定-Road to Re:LIVE-盤の特典DVD/Blu-rayにて、本イベントの関ジャニ∞の単独ライブステージ部分の模様が収録された[41]

セットリスト(関ジャムFES 2021)[編集]

セッション(関ジャムFES 2021)[編集]

単独ステージ(関ジャムFES 2021)[編集]

  1. 友よ
  2. ズッコケ男道
  3. キング オブ 男!
  4. ブリュレ
  5. オモイダマ
  6. 言ったじゃないか
  7. NOROSHI
  8. LIFE〜目の前の向こうへ〜
  9. 無責任ヒーロー jam with 東京スカパラダイスオーケストラ

収録作品(関ジャムFES 2021)[編集]

ロッキン2022[編集]

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』(ロック イン ジャパン フェスティバル 2022)は、2022年8月6日から13日にかけて千葉県千葉市蘇我スポーツ公園で開催予定だった野外音楽フェスティバル[44][45]。関ジャニ∞は8月13日公演に出演予定[44][45]だったが、台風8号の影響により、同日のイベントが開催中止となった[注 5][46]

概要(ロッキン2022)[編集]

  • 野外フェスへの出演は、2017年に出演した『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017』以来、約5年振りの出演となる予定だった[44][45]
  • 音楽フェスへの出演は、2021年に出演した『関ジャムFES』以来、約1年振りの出演となる予定だった。
  • 自身初の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』への出演となる予定だった[47]
  • 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』及びロッキング・オンが主催する音楽フェス「Jフェス[注 6]」系列に、ジャニーズ事務所に所属するアーティストが出演するのは初となる予定だった[47]
  • 自身は、同イベントの「GRASS STAGE」の18時15分からのステージに出演し、クロージングDJを除き、同ステージのトリを飾る予定だった[48]
  • 同イベントへの出演に際し、メンバーの村上信五は「僕らの音楽を知らない方にも、この機会に知っていただき僕らのファンの皆様も僕ら以外の音にぜひ触れて、有意義な1日を共に過ごせることを願っております」とコメントした[44]
  • 同じくメンバーの安田章大は「関ジャニ∞、初のROCK IN JAPAN FESTIVALに参加させて頂きます。立ちたいと望んでもそう簡単には立たせてもらえないStageだから、関ジャニ∞Family一同、湧き上がる高揚を隠しきれません」と胸中を明かし、「"関ジャニ∞は(中略)楽しい音を奏でるRock band Groupでもある"と届けられる好機にしたいものです」とロックバンドとしてイベントに挑む意気込みを語った[44]
  • 安田は「毎年、(関ジャニ∞に)FESからofferが来る様になる」と言う事を目標として語り[49]、「来年もオファーしたいって思ってもらえる様に頑張りたい」と今後のフェス出演に意欲を示した[50]
  • 台風8号の影響により、会場内の安全が確保できないと判断した為、同日のイベントが開催中止となった[46]
  • 開催中止に伴い、中止の発表の約1時間後の2022年8月12日16時から、自身の公式Instagramにてライブ配信を行い、本イベントで披露予定であった「ふりむくわけにはいかないぜ」を生演奏で披露した[51][52][53]
    • これは、翌日の本番に向けてリハーサル中に開催中止が発表された為、大倉の「インスタライブで1曲演奏する」と言う提案があり[54]、話し合いの末、急遽生配信での楽曲披露となった[52][53]
    • 同配信で、安田は「アンラッキーもラッキーに変えられるような感じになったらなと思います」、大倉は「ポジティブにこれをちゃんと未来につなげられるように、なんか考えていきますので楽しみでいきましょう」、横山は「また会える日を楽しみにしています」と、中止を嘆くだけでなく、今後に期待を寄せた[52]
    • また、配信の最後には、安田は「絶対、絶対、今回で立ち止まらずに、ふりむくわけにはいかんと、絶対にフェス出るからな!」と楽曲タイトルと併せて想いを叫んだ[52]

出演の経緯(ロッキン2022)[編集]

  • 同イベントへの出演は、2021年の時点で、メンバーの安田が「5人でもちゃんとロックな音を出せる」と言う事を「ファン以外の音楽好きの人達もきっと分かってくれるはずだ」と言う安田の想いから、安田自ら「ロッキン出たい」とスタッフに懇願し、出演が決定した[50][55]
  • 2022年6月1日、同イベントへの出演が発表された[44][45]
  • 同年7月5日、同イベントへの出演及び自身のデビュー18周年記念野外ライブ『18祭』の開催に伴い、デビューシングル『浪花いろは節』からイベント出演当時の最新シングル『喝采』までの関ジャニ∞の楽曲の中から厳選された楽曲をコンパイルした配信限定アルバム『関ジャニ∞のいろは』が、関ジャニ∞アプリ限定で配信された[56]
  • 同年8月12日、台風8号の影響により、同日のイベントの開催中止を発表[46]。中止の発表の約1時間後の同日16時から、自身の公式Instagramにてライブ配信を行い、本イベントで披露予定であった「ふりむくわけにはいかないぜ」を生演奏で披露した[51][52][53]
  • 同年8月13日、同イベントの「GRASS STAGE」ステージに出演予定だったが、前述の通り中止となった[44][45][46]
  • 同年9月11日、自身の冠番組であるテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』にて、本イベントの関ジャニ∞のリハーサル等の舞台裏に密着した映像が放送された[57]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ M-1「High Spirits」は一部のみ収録。M-7,8の間に演奏された丸山のベースソロも収録。
  2. ^ 「関ジャムスペシャルバンド」として。
  3. ^ 開催中止の為、セットリストが不明な2019年の『関ジャムFES』は除く。
  4. ^ メンバーは、清塚信也本間昭光今井マサキハマ・オカモトOKAMOTO'S)、SATOKO(FUZZY CONTROL)、Reiの6人。
  5. ^ 同日以外の6日から12日までの4日間は開催された。
  6. ^ 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』や『COUNTDOWN JAPAN』、『JAPAN JAM』等を指す。

出典[編集]

  1. ^ a b “関ジャニ∞「テレ朝ドリームフェス」に出演”. 音楽ナタリー. (2015年10月12日). https://natalie.mu/music/news/162643 2022年7月27日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “関ジャニ∞ 音楽フェス初参戦「精いっぱいの演奏」”. 日刊スポーツ. (2015年10月12日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1551592_m.html?mode=all 2022年7月27日閲覧。 
  3. ^ a b c d “関ジャニ∞ 音楽フェス初出演”. 中日スポーツ. (2015年10月12日). オリジナルの2015年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151012082305/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2015101202000184.html 2022年7月27日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “ドリフェス最終日にX JAPAN、林檎、aiko、時雨、キュウソ、エイト登場”. 音楽ナタリー. (2015年11月24日). https://natalie.mu/music/news/166928 2022年7月27日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “ドリームフェスティバル3日目 音楽シーンの幅と奥行きを感じさせる多彩なアクトたちの熱演”. SPICE. (2015年11月24日). https://spice.eplus.jp/articles/24986 2022年7月27日閲覧。 
  6. ^ “テレ朝フェスに若大将バンド、渋谷すばる追加”. 音楽ナタリー. (2014年9月4日). https://natalie.mu/music/news/125290 2022年7月27日閲覧。 
  7. ^ “関ジャニ・渋谷すばる、ソロで1万1000人圧倒 マッチらカバー熱唱”. 音楽ナタリー. (2014年10月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2043204/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  8. ^ “注目フェスで、ロックバンド・関ジャニ∞の実力を見せつける”. Yahoo!News. (2015年11月26日). https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakahisakatsu/20151126-00051848 2022年7月27日閲覧。 
  9. ^ 「関ジャム 完全燃SHOW」2015年10月11日(日)放送内容”. 価格.com (2015年10月11日). 2022年7月27日閲覧。
  10. ^ @kanjam_tvasahi (2015年12月6日). "さらに関ジャニ∞参戦のフェス「ドリフェス」の舞台裏に密着!" (ツイート). Twitterより2022年7月27日閲覧
  11. ^ テレビ朝日ドリームフェスティバル2015 地上波放送決定!”. テレビ朝日ドリームフェスティバル2015. テレビ朝日 (2016年3月1日). 2022年7月27日閲覧。
  12. ^ a b “「METROCK」最終出演者は関ジャニ∞”. 音楽ナタリー. (2017年5月12日). https://natalie.mu/music/news/232378 2022年7月27日閲覧。 
  13. ^ a b c “関ジャニ∞ / 「METROCK2017」2日目(新木場・若洲公園)”. rockinon.com. (2017年5月21日). https://rockinon.com/live/detail/161035 2022年7月27日閲覧。 
  14. ^ a b c d “関ジャニ∞、初野外フェスで提示したアイドルとロックの可能性”. ORICON NEWS. (2017年5月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2091428/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  15. ^ a b c “関ジャニが野外フェス、ジャニーズでTOKIO以来”. 日刊スポーツ. (2017年5月22日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1827493_m.html?mode=all 2022年7月27日閲覧。 
  16. ^ a b c d “関ジャニ初の野外フェス出演! ファン不在"アウェー"盛り上げた”. スポニチ Sponichi Annex. (2017年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/22/kiji/20170521s00041000429000c.html 2022年7月27日閲覧。 
  17. ^ a b c “関ジャニ∞、野外フェス初参戦の反響 爪あとと今後への期待を残す【コラム】”. ORICON NEWS. (2017年5月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2091101/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  18. ^ a b c “関ジャニ∞村上、野外ロックフェス初出演で盛り上がりに感激「うれしい結果」”. サンスポ. (2017年5月22日). https://www.sanspo.com/article/20170522-WXCDS6DIF5NTLH5BFCEYZWTLJE/ 2022年7月27日閲覧。 
  19. ^ a b c d e “関ジャニ∞ 野外フェス初参戦! 完全アウェーをホームに変えた”. デイリースポーツ. (2017年5月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/22/0010211803.shtml?pg=2 2022年7月27日閲覧。 
  20. ^ a b c d e “関ジャニ∞、野外フェス初参戦で"完全アウェー"裏切る圧巻バンドパフォーマンス 反響殺到でレーベルが異例の対応”. モデルプレス. (2017年5月22日). https://mdpr.jp/music/detail/1688448 2022年7月27日閲覧。 
  21. ^ a b c d “METROCK音源&映像も収録、関ジャニ∞「奇跡の人」をシングルリリース”. 音楽ナタリー. (2017年7月15日). https://natalie.mu/music/news/241021 2022年7月27日閲覧。 
  22. ^ “関ジャニ∞「METROCK 2017」出演決定”. モデルプレス. (2017年5月12日). https://mdpr.jp/music/detail/1686408 2022年7月27日閲覧。 
  23. ^ 関ジャニ∞初の野外フェス! 5/21(日)「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017」に出演決定!”. 関ジャニ∞ (エイト) / INFINITY RECORDS 公式サイト (2017年5月12日). 2017年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月27日閲覧。
  24. ^ 5/21出演「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017」セットリスト公開!”. 「ジャム」特設サイト. INFINITY RECORDS (2017年5月22日). 2022年7月27日閲覧。
  25. ^ a b c d “関ジャニ『ドリフェス』出演決定 スカパラ、Perfumeらと生コラボ「ご期待ください」”. ORICON NEWS. (2019年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2144059/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  26. ^ a b c d “関ジャニ∞「ドリフェス」で打首、ゴスペラーズ、スカパラ、Perfumeらと豪華コラボ”. 音楽ナタリー. (2019年9月10日). https://natalie.mu/music/news/346938 2022年7月27日閲覧。 
  27. ^ a b c “関ジャニ∞、錦戸退社で5人体制初のステージ決定…10月テレ朝音楽フェス”. スポーツ報知. (2019年9月10日). https://hochi.news/articles/20190909-OHT1T50292.html?page=1 2022年7月27日閲覧。 
  28. ^ a b c “"関ジャムフェス"やります 10・12幕張メッセ 安田章大「光栄」”. デイリースポーツ. (2019年9月10日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/10/0012685370.shtml?pg=2 2022年7月27日閲覧。 
  29. ^ a b c “錦戸退所の関ジャニ、10月に5人体制で初イベント”. 日刊スポーツ. (2019年9月10日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201909090000560_m.html?mode=all 2022年7月27日閲覧。 
  30. ^ a b c “関ジャニ 5人体制で10・12初ステージ 新パフォーマンスに注目”. スポニチ Sponichi Annex. (2019年9月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/10/kiji/20190909s00041000407000c.html 2022年7月27日閲覧。 
  31. ^ a b c “5人の関ジャニ∞、10・12に初ライブ! 安田章大「人との繋がりに感謝」”. サンスポ. (2019年9月10日). https://www.sanspo.com/article/20190910-GBT2SAJQJJMHZAOX6KENBUKZKE/ 2022年7月27日閲覧。 
  32. ^ a b “「ドリフェス」関ジャムコラボ公演が台風の影響で中止「また開催できるように頑張ります」”. 音楽ナタリー. (2019年10月10日). https://natalie.mu/music/news/351075 2022年7月27日閲覧。 
  33. ^ “関ジャニ∞、"原点"松竹座で2度目の47都道府県ツアー開始”. ORICON NEWS. (2019年11月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2148236/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  34. ^ a b c d “関ジャニ∞『関ジャムFES』9・26開催決定 スカパラ、石崎ひゅーい、打首獄門同好会ら”. ORICON NEWS. (2021年8月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2202904/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  35. ^ a b c d “関ジャニ∞「関ジャムFES」開催決定! 石崎ひゅーい、打首獄門同好会、スカパラら登場”. 音楽ナタリー. (2021年8月9日). https://natalie.mu/music/news/440082 2022年7月27日閲覧。 
  36. ^ a b c d e “関ジャニ∞「関ジャムFES」で打首、石崎ひゅーい、シッキン、スカパラと一夜限りの豪華コラボ”. 音楽ナタリー. (2021年9月28日). https://natalie.mu/music/news/446932 2022年7月27日閲覧。 
  37. ^ MG 2021, p. 24.
  38. ^ 黒田隆憲、笹谷淳介、竹内伸一、尾藤雅哉、もりひでゆき「関ジャニ∞ プレミアムボリューム! SPフォトセッション&2万字超インタビュー」『MG』NO.8、東京ニュース通信社、2021年11月17日、 8頁。
  39. ^ a b c d e MG 2021, p. 25.
  40. ^ MG 2021, p. 27.
  41. ^ a b c “関ジャニ∞、1年9ヶ月ぶり有観客ライブを映像化 特典映像はドキュメント&関ジャムFES”. ORICON NEWS. (2022年3月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2227802/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  42. ^ “12月5日放送「関ジャム 完全燃SHOW」、野田洋次郎(RADWIMPS)直撃インタビュー延長戦オンエア。「松田聖子特集」未公開シーン&「関ジャムFES」初放送も”. TOWER RECORDS ONLINE. (2021年11月30日). https://tower.jp/article/news/2021/11/30/tg001 2022年7月27日閲覧。 
  43. ^ テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 2021年12月21日(火) 3:01 〜 4:00”. テレビ朝日 (2021年12月13日). 2021年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月27日閲覧。
  44. ^ a b c d e f g “関ジャニ∞、ロッキン初出演決定「Johnny'sの音のシャワーも浴びてみて」”. ORICON NEWS. (2022年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2236918/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  45. ^ a b c d e “「ロッキン」に関ジャニ∞、マンウィズ、羊文学、アンジュルム、PassCode、androp、(sic)boyら12組”. 音楽ナタリー. (2022年6月1日). https://natalie.mu/music/news/479806 2022年7月27日閲覧。 
  46. ^ a b c d “『ロッキン』台風8号の影響で開催中止「会場内の安全が確保できないと判断」”. ORICON NEWS. (2022年8月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2245601/full/ 2022年8月12日閲覧。 
  47. ^ a b “関ジャニ∞表紙のCUT7月号(6/17発売)では、ROCK IN JAPAN FESTIVAL初出演の意気込みも語ってくれています! フェスもCUTも、∞にお楽しみに!”. rockinon.com. (2022年6月1日). https://rockinon.com/blog/cut/202791 2022年7月27日閲覧。 
  48. ^ “ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022、タイムテーブル発表!”. rockinon.com. (2022年6月14日). https://rockinon.com/news/detail/202964 2022年7月27日閲覧。 
  49. ^ CUT 2022, p. 12.
  50. ^ a b CUT 2022, p. 16.
  51. ^ a b また近々会えることを楽しみに少しでもブチ上がりたもう!”. Instagram (2022年8月12日). 2022年8月12日閲覧。
  52. ^ a b c d e “関ジャニ∞、初出演予定のロッキン中止 インスタライブで急きょセッション「絶対にフェス出るからな!」”. ORICON NEWS. (2022年8月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2245618/full/ 2022年8月12日閲覧。 
  53. ^ a b c “関ジャニ∞「ロッキン」中止で急遽1曲披露「泣ける」「生演奏嬉しすぎ」と反響続々”. モデルプレス. (2022年8月12日). https://mdpr.jp/news/detail/3299485 2022年8月12日閲覧。 
  54. ^ “NHK「クロ現」異例のアイドル特集が大反響 「なにわ男子」プロデュースする関ジャニ・大倉忠義の思いに「号泣した」”. スポーツ報知. (2022年9月1日). https://hochi.news/articles/20220901-OHT1T51047.html?page=1 2022年9月1日閲覧。 
  55. ^ TVガイドPERSON 2022, p. 12.
  56. ^ 関ジャニ∞アプリを誰でもお試し! 全23曲「関ジャニ∞のいろは」無料プレイリスト配信スタート!”. 関ジャニ∞ (エイト) / INFINITY RECORDS 公式サイト (2022年7月5日). 2022年7月27日閲覧。
  57. ^ “今夜放送「関ジャム」で渋谷龍太、セントチヒロ・チッチ、TOSHI-LOWがフェスの魅力を徹底解剖”. 音楽ナタリー. (2022年9月11日). https://natalie.mu/music/news/493270 2022年9月12日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『FANCLUB MAGAZINE『FOR EIGHTER』』 VOL.21、ジャニーズ事務所、2017年、1-9頁。 
  • 高瀬純「live report「関ジャムFES」」『MG』NO.8、東京ニュース通信社、2021年11月17日、 24-27頁。
  • 古河晋「関ジャニ∞の8の革命、∞の未来」『CUT』No.446 2022年7月号、ロッキング・オン、2022年7月19日、 6-17頁。
  • 高瀬純「安田章大 未来へ 心の炎は燃えている。」『TVガイドPERSON』vol.121、東京ニュース通信社、2022年9月7日、 4-15頁。

関連項目[編集]