レコードレーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レコードレーベル: record label)又は単にレーベルは、本来はレコードの盤面中央部に貼付された、曲目、音楽家、レコード会社名などのクレジットが記載された「ラベル紙」である。「ラベル」は、英語表記で「label」であり、音楽業界では見た目からローマ字読みで日本語化された「ラベル」ではなく、アメリカなど業務上直接やりとりを行う上で使用されてきた発音から「レーベル」といってきた[1]。レコード業界では、それが転じて、ラベル紙に記された(印刷された)ブランド名自体を「レーベル」と呼ぶようになった。レコード会社そのもの、系列レコード・レーベルを指すのは、レコードのラベルに記されるのはブランド名であるからで、ブランド名には、会社名そのものを使う場合も、また、別ブランドを使う場合もあるからである。そのブランド名が会社組織であるのかないのかとは関係がない。

概要[編集]

レーベルはラベル(label)のことでありレコード盤の中央に貼り付けられていたものを指す[1]。レーベルはレコード会社ごとにデザインが異なったものが用いられブランド化が図られるようになった[1]

音楽のジャンルの多様化とともにレコード会社は様々な音楽性をもつアーティストを同時に抱えるようになると、レコード会社は音楽性ごとに組織化してレーベルを立てるようになった[2]

歴史のあるレーベルにはブランド的価値が発生するが、固定されたイメージ(所属アーティストに商業的音楽家が多いなど)がつきまとうこともある。そのため、ブランド戦略の一環として新規のヒモ付きレーベルが作られることもある。新レーベルが制定され、あたかもインディーズ系レコード会社に新鮮なアーティストが所属しているように見せることで、若者向けマーケットを開拓しようとするのである。また、マネージメントやプロデューサなどがレーベルとして独立させ、原盤権などを分離する例も多い。プロ・アーティストが、アマチュアのためにレーベルを制定することもある(プライベートレーベル)。レーベルは、所属するミュージシャンの音楽とそのジャンル、方向性、規模を、作品以外で端的に示す指標であるとも言える。

90年代ごろにはコロムビアワーナーポリグラムなどの6大メジャーが存在したが、その後さらに合併が繰り返されて、音楽ファンには歓迎できないメジャーによる寡占化が進行した。レコード・レーベルはメジャー・レーベルとインディー・レーベルが存在するが、2014年における世界のメジャー・レーベルの市場占有率は、約65〜70パーセントとされている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 落合真司『音楽業界ウラわざ』、2003年、73頁。
  2. ^ 落合真司『音楽業界ウラわざ』、2003年、73-74頁。
  3. ^ Independent Music is now a growing force in the global market”. Musicindie.com (2014年2月1日). 2020年1月8日閲覧。

関連項目[編集]