東野幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東野ひがしの 幸治こうじ
本名 同じ
ニックネーム ひがしのり
生年月日 (1967-08-08) 1967年8月8日(53歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県宝塚市
血液型 O型
身長 178cm
言語 日本語
方言 関西弁
共通語
最終学歴 兵庫県立宝塚高等学校
出身 心斎橋筋2丁目劇場のオーディション
コンビ名 Wコウジ(非公式)
トリオ名 サイコパス
相方 今田耕司(Wコウジとして)
芸風 コント
立ち位置 右(Wコウジとして)
事務所 吉本興業
活動時期 1985年 -
同期 木村祐一
リットン調査団
辻本茂雄
石田靖
ぜんじろう
前田勝(ティーアップ)
現在の代表番組 レギュラー番組
行列のできる法律相談所
東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…
ワイドナショー
主治医が見つかる診療所
1周回って知らない話
ちゃちゃ入れマンデー
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ
本能Z
マルコポロリ
スペシャル番組
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
やりすぎ都市伝説
ものまね王座決定戦
鳥人間コンテスト選手権大会
過去の代表番組 ダウンタウンのごっつええ感じ
4時ですよーだ
ダウンタウン汁
あらびき団
配偶者 既婚(離婚歴あり)[1]
親族 娘2人
テンプレートを表示
東野幸治
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年2月 -
ジャンル ラジオ
登録者数 約13万人
総再生回数 約876万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年9月5日時点。
テンプレートを表示

東野 幸治(ひがしの こうじ、1967年8月8日 - )は、吉本興業所属の日本お笑いタレント司会者YouTuberとしても活動する。

兵庫県宝塚市出身。身長178 cm、体重65 kg血液型はO型兵庫県立宝塚高等学校卒業。

愛称はひがしのり(髪の毛が濡れた時に頭に海苔がのっているようだったから)。今田耕司とコンビで仕事をすることが多く、今田とのコンビで「Wコウジ」と呼称されるが、正式なコンビではない。

略歴[編集]

1985年、高校3年生のときに吉本興業の新人オーディションを受け合格し、そのまま芸人となる。当時、お笑いブームが終わりダウンタウンという新しい世代の芸人を中心に吉本興業が新たなムーブメントを起そうとしていて、そのオーディションの一環でダウンタウンが2丁目劇場で公開録音していた「心斎橋お笑い探検隊」(ラジオ大阪)というラジオ番組に出演する。番組に出演すると豪華商品がもらえると友達に誘われたのがきっかけであるが、もらえたのはボールペンだった。なお、同じオーディションをリットン調査団も受けていた。一時期、大学に通う友人に乗せられ大学受験を決意し芸人を休業するも受験に失敗し、その後は芸人活動に本腰を入れる。

若手時代は心斎橋筋2丁目劇場を中心に活動、ダウンタウンが司会を務める公開生番組『4時ですよ〜だ』などに出演していた。番組開始当初は素人参加コーナー「ダウンタウンの欲望」の募集の告知を呼びかける「欲望の男」だけの役だったが、次第に頭角を現し、最後の半年は今田耕司石田靖らとともに司会を任されることとなる。また『4時ですよ〜だ』が放送されていた頃、今田とのコンビで2丁目劇場の超若手が出演するライブイベント「2丁目jrたんけんたい」(上部組織にダウンタウンがメイン司会を務める「2丁目探検隊」というライブがあった)の司会進行を担当していた。この頃の月収は7 - 8万円程度で、とくに危機感も向上心も湧かなかった。

また、同時期に夕方の帯番組として放送されていた圭・修が司会を務める『素敵!KEI-SHU5』では、白いランニングにトレパン姿の「セニョール東野」というキャラクターで各地をリポートするVTR企画も担当(このセニョールのキャラは、当時の舞台上でのネタで演じられていたものだった)。

『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務とされていた吉本新喜劇の補強メンバーとされたが、当初は新喜劇の出演をどうしても受け入れる事ができず、芸人を引退し植木屋への転職を考えていた。しかし、今田らの熱心な説得により芸人引退を思い止まり、新喜劇では主に主役として出演する。

その後、今田らと共にダウンタウンが上京した1年後に東京へ進出。NSC出身ではないため、4期生で数か月先輩である今田などには敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一には、東野の方が数か月先輩ではあるものの同期として接し、5期生の辻本茂雄に対しては先輩として振舞っている。

東京進出以降は今田と「Wコウジ」としてのテレビ出演を経て、2000年代以降は司会者としての活動も増えている。

2020年2月23日よりYouTubeにて「東野幸治の幻ラジオ」というラジオ番組の配信を開始した。本番組はリビングで収録した音声を娘が編集してアップするという手作り番組で、吉本興業に頼らず作成している。長女がディレクターを務めており、東野は「娘D」と呼んでいる。

人物[編集]

  • 上京前まではおかけんたと同居していた[2]
  • 私生活では1991年に一般人女性と結婚し、二女をもうける。2001年に離婚したが、2011年に復縁し再婚した[1][3]。前述の「娘D」こと長女は夫婦で海外に居住しており、2020年8月24日に配信された「幻ラジオ」にて、東野から自身にとっては初孫となる女児を出産をした事が報告された[4]
  • 2001年2月に東京・目黒区内で自家用車を運転中、二人乗りバイクと接触し、バイクに乗っていた少年ふたりが怪我をした。少年のうち、一人は重傷、もう一人は軽い怪我。東野も怪我を負って入院をした。

芝居[編集]

  • コントの経験は豊富なものの、シリアスな芝居をさせると途端に大根役者になる。
    • ダウンタウンのごっつええ感じ』では彼の演技力を鍛えるためのコーナー(コーナー名は「龍としのぶ 俳優養成テレビ小説」)まで作られた。この企画では東野がセリフを言うシーンにだけ、台本に書かれている本当のセリフを字幕スーパーにして、画面下部に表示していた。これにより、ストーリーだけを見ればギャグの無いシリアスな筋書きのドラマだが、本人が劇中で発するセリフが台本のそれとは全然違うことがわかり、視聴者の笑いを誘発するという仕掛けが施されていた。
    • その後2001年に『明日があるさ』で久々のドラマ出演を果たしたが、演技力は全く成長しておらず、挙句には彼の演技のあまりの酷さに他の共演者のNGを誘発する始末となった(撮影初日のシーンで出したNGは8回)。そのため、本来ならNG同然の箇所も見受けられるが「これ以上の演技力は求められない」として放送されている部分もある。ガチガチの動きは浜田曰く「東野だけ時代劇だった」とのこと。
    • 若手の頃Vシネマに出演し、ベッドシーンで騎乗位を行ったが、ガチガチで「高い高い」のようになっていた。
  • 2004年に子供向け特撮ドラマ『戦隊シリーズ』の司令官役での出演オファーが来ていたことを自身の番組内で公表していたが、これは東映制作のスーパー戦隊ではなく、松竹制作の『魔弾戦記リュウケンドー』だった。後にこの役は諸処の事情から辞退し、同じ吉本興業所属の清水圭が演じる事となった。
  • 尊敬する役者は萬屋錦之介である。

評価[編集]

  • 中心から少し離れた位置でのトーク力があり、「ちょっと待って下さいよ」と話に割り込んでくる姿は他のお笑い芸人たちに多くものまねされている。
  • 今田と共に「雛壇芸人」のお手本的存在と言われている。
  • ファンは全員中年男性なため「Mr.好感度ピンポイント芸人」と評される[5]
  • 井上公造から「東野さんの仕事の量と日本の景気は連動している」と言われたことがある。テレビ局側の立場に立つと、景気が悪いからといって大御所芸人を降板させることはできず、また若手芸人はギャラが安いので景気が悪くても使える。東野のような中堅芸人が一番切りやすいため、その仕事量で景気が把握できるという説で、実際2001年頃のデフレ不況の時、東野はレギュラーが8本なくなったことがあり、本人もこの説を支持している。
  • お笑いコンビのアンガールズは、2人とも東野のファンであることをきっかけに仲良くなり、その後コンビを結成している[6]
  • 有吉弘行からつけられたあだ名は「二軍のボス」[7]
  • カメラの回っていない所では極端に寡黙で存在感もなく、本性はまったく感情を持ち合わせていないと島田紳助松本人志らに揶揄された。

出演[編集]

テレビバラエティ[編集]

現在のレギュラー出演番組
スペシャル番組(最新出演から1年未満の間隔で継続出演している特別番組)
過去のレギュラー出演番組
特別番組(MCもしくはメインキャスト)
  • 関西新笑品カタログ(1986年7月17日、関西テレビ)
  • 世界の超豪華・珍品料理(1993年 - 1995年、フジテレビ)
  • 明石家さんまのスポーツするぞ!大放送(フジテレビ、1993年 - 1997年/全11回)
  • 今田東野ナイナイの芸能界ダメならぬがねば!(1994年10月1日、フジテレビ)
  • 笑っていいとも!特大号(1995年 - 2001年、フジテレビ)
  • スーパークイズスペシャル(日本テレビ)
  • 超豪華オールスター大集合!!番組対抗 炎の熱血バトル(1997年秋~1998年秋、テレビ朝日)- MC
  • 芸人講座(1999年、毎日放送)- MC
  • 吉本俺達いい日旅立ち(2003年1月3日・2004年1月3日・2005年1月3日、中部日本放送)
  • 東野&ぐっさんの初体験世界征服ツアー(2004年3月21日・2005年1月29日、テレビ朝日)
  • 今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説(2005年 - 2013年、テレビ東京) - MC
  • 志村けんと100人のオンナ 女のシアワセ研究所(2005年3月31日、読売テレビ)- MC
  • クイズ敵か?味方か!? 2005年お騒がせスター ダマしあいスペシャル(2005年12月31日、テレビ東京) - MC
  • 芸能界激震クイズ!!超無礼講!そこまで言っちゃっていいのかスペシャル(2006年1月2日、フジテレビ)- MC
  • ヒットソングで遊びまくれ!ザ・歌ゲー将軍!(2006年11月25日、日本テレビ)- MC
  • 吉本芸人100人祭り!笑って忘れて スタジオにこれ以上入りませんSP (2006年 - 2011年、関西テレビ) - MC
  • どっちの料理ショー(2006年3月30日、読売テレビ) - MC(オレンジキッチン担当)
  • ビートたけしのお笑いウルトラクイズ(2007年1月1日、日本テレビ)- MC
  • 結婚しない男グランプリ~キング・オブ・独身貴族決定戦(2007年2月26日・6月2日、フジテレビ)- MC
  • 東京お笑い新名所「浅草フラワームーン」(2007年3月10日、フジテレビ)- ナビゲーター
  • よくある質問(2007年5月6日・10月27日・2008年3月21日・3月22日、テレビ朝日)- MC
  • ネタ祭り2007夏の陣(2007年8月19日、テレビ朝日)- MC
  • 鳥人間コンテスト選手権大会(2008年/2010年 - 2018年、読売テレビ)- MC
  • カスペ!「世界のどっきりワールドカップ!!」(2008年3月18日、フジテレビ)- MC
  • トレダカ(2008年5月2日、毎日放送)
  • 脳天イライラクイズ!芸能界頂上大決戦SP(2008年5月6日、日本テレビ)- MC
  • サタデーバリューフィーバー「みやげ話みつけ旅SP」(2008年7月5日、日本テレビ)- MC
  • ブサイク男爵(2008年9月28日・2009年1月2日、フジテレビ)- MC
  • サタデーバリューフィーバー「まんてん☆トーク」(2009年4月4日、日本テレビ)- MC
  • サタデーバリュ-フィーバー「知恵☆BAG!~芸能人を救うベストアンサー~」(2009年5月16日、日本テレビ)- MC
  • お笑い芸人どっきり王座決定戦スペシャル(2009年5月6日 - 2011年6月28日/全5回、フジテレビ) - MC
  • 芸能人・自慢話対決!Gマン21(2009年8月12日、TBS)- MC
  • プレミアムステージ2009(2009年12月27日、読売テレビ)- MC
  • 今田東野!北の果ては俺の旬(2010年1月3日、中部日本放送)
  • 涙のツボ〜私は必ずコレで泣いてしまう!〜(2010年7月2日、朝日放送) - MC
  • 世界ブサイク陸上2011(2011年1月4日、フジテレビ)- MC
  • 東野vsたむけん 芸人ゴルファ~!!(2011年5月28日、関西テレビ)
  • 意外な法則 大発見!? にゅ〜とんのリンゴ(2011年6月11日、読売テレビ) - MC
  • よしもと100人に聞きました! ○○といえば!? あの芸人(2011年7月14日、毎日放送)- MC
  • 芸能人品定めバラエティ ケンピン!(2011年9月30日、フジテレビ) - MC
  • オールスター感謝祭(2011年10月1日、TBS) - MC
  • 水曜エンタ!「笑う経済白書 THEピンキリSHOW」(2012年1月25日・3月14日/全2回、TBS) - MC
  • 漫才Lovers(2012年 - 2017年、読売テレビ)- MC
  • 1万人が選ぶ!よしもと全世代(秘)ランキング100周年DE大解禁SP(2012年4月7日、読売テレビ)- MC
  • 輝け!ニッポンお宝大賞 〜全国“やっちまった”オーナー列伝〜(2012年5月20日、フジテレビ)- MC
  • 国民総参加クイズSHOW! QB47(2012年8月24日、2013年1月2日・3月29日・5月8日・8月5日・12月5日、2014年3月19日・9月27日・12月29日、2015年3月25日/全10回、NHK総合テレビ) - MC
  • 芸能界ボス自慢サミット(2012年8月26日、関西テレビ)- MC
  • 芸能界ダイバニ部 部長 東野幸治(2012年9月、全国各局)- MC
  • ディクショナリーTV見る 日本語ランド(2012年10月28日・2013年2月7日・2月14日・2月21日・2月28日、関西テレビ)- MC
  • 東野・有吉のどん底(2012年12月30日 - 2013年10月3日/全4回、TBS)- MC
  • FNS27時間テレビ(2013年・2014年、フジテレビ)
  • 西日本横断生放送スペシャル どうにもとまらない2013(2013年1月1日、毎日放送)- MC
  • 常識がないと自腹です 京都はんなりツアー(2013年1月3日、TBS) - MC
  • 大人気店でドッキリ!ありえない商品 売れる!?売れない!?(2013年1月4日、日本テレビ) - MC
  • ナゼこうなった!?アノ人たちの進化論(2013年3月2日、フジテレビ) - MC
  • ワールド輪入バラエティ「黒船SHOW社」(2013年3月23日、読売テレビ)- MC
  • 漫才歴史 ミステリー 笑いのジョブズ(2013年3月24日、朝日放送)- MC
  • スパニチ!!「わたし、イタ親ですか?芸能界ママ友大集合SP」(2013年3月31日、TBS) - MC
  • 爆笑プラス1SHOW(2013年4月7日、テレビ朝日) - MC
  • 水トク!「刺激的実験バラエティ やってみよう!」(2013年5月29日、TBS) - MC
  • 絶対に覗きたい24の財布~超有名人の賢いお金の使い方~(2013年6月4日、毎日放送)- MC
  • TVエース〜先輩!教えてください〜(2013年7月3日、TBS)- MC
  • ザ・ドキドキどっきり(2013年7月4日・2014年6月26日・2015年1月9日/全3回、フジテレビ) - MC
  • 年収格差別!お金バラエティ ピラミッド(2013年7月27日・2014年3月12日/全2回、TBS)- MC
  • 大人のケンカ(2013年10月9日、日本テレビ) - MC
  • クイズ!早押しスプリンターズ(2013年12月27日、フジテレビ) - MC
  • 耳が痛いテレビ(2014年 - 2016年、日本テレビ)- MC
  • 新春豪華どっきり祭り!(2014年1月2日、フジテレビ) - MC
  • 地元還元!100万円ヒーロー(2014年1月3日、日本テレビ) - MC
  • それ行け!日本語ティーチャーズ(2014年4月4日、TBS) - MC
  • マカフシ(2014年5月17日・8月3日・12月23日/全3回、フジテレビ) - MC
  • 魂の文化系TV(2014年6月21日・11月5日/全2回、TBS) - MC
  • トリマキーマン(2014年9月7日、日本テレビ) - MC
  • 余談大賞(2014年12月23日 - 2016年12月28日、TBS) - MC
  • ナオ・ソーヤの昌険!(2015年1月28日・2月4日、毎日放送)- MC
  • 大人も知らない大人の事情(2015年2月14日・6月8日、テレビ東京)- MC
  • 現場のバカヂカラ(2015年3月22日、日本テレビ) - MC
  • 最強文化系コロシアム 天下一文道会(2015年6月17日・10月2日、TBS)- MC
  • いま乗りたい!幸せ観光列車ベスト20(2015年12月9日、RKB毎日放送)- MC
  • No.1歌姫決定戦~第一回夢のステージで歌えるコンテスト~(2015年12月23日・2016年9月14日、フジテレビ)- MC
  • カミワザJAPAN(2015年12月30日、フジテレビ)- 応援団長
  • えっ!松本今田東野が深夜にカバーネタ祭り(仮)(2016年1月4日、TBS)- MC
  • THEミッション(2016年1月16日、フジテレビ)- 解説者
  • 知ってトクするニッポンの今解体!新ジョー式(2016年3月21日、関西テレビ)- MC
  • 言わせろ!リアクションワード(2016年3月22日、日本テレビ)- MC
  • 爆笑!いいね動画シアター(2016年3月26日、フジテレビ)- 審査員
  • サンバリュ「トシにはトシの悩みがある」(2016年4月10日、日本テレビ)- MC
  • おまかセルフィ ~島ぜんぶでお~きな自撮り~(2016年5月31日、フジテレビ)- MC
  • 昔ココ住んでました!っと芸能人がいきなり訪れるTV(2016年6月18日・2018年1月27日・2019年1月7日、テレビ東京)MC
  • ニッポンのノビシロ(2016年6月18日、フジテレビ)MC
  • 1位芸人が集結!ネタフェス2016夏(2016年8月14日、朝日放送)- MC
  • なにゆえのカリスマ!?~熱狂する人させる人(2016年10月10日、TBS)- MC
  • 勝手にエントリー(2016年10月16日、読売テレビ)- MC
  • ビリ学(2016年11月19日、テレビ朝日)- MC
  • セキララ夫人会(2016年11月27日・2017年4月29日、テレビ朝日)- MC
  • 最後の一日 最後の言葉 〜本当にそれでイイんですか?〜(2016年12月11日・2017年3月26日・2018年4月27日、日本テレビ)- MC
  • さよなら、フーテン人生(2016年12月20日、フジテレビ)- MC
  • 国民的お金持ちグランプリ日本一うらやましいのは誰だ!?(2017年1月2日、関西テレビ)- MC
  • 笑いの勇者(2017年3月30日・8月12日、フジテレビ)- MC
  • コレ誰?!偉人伝ナニした!?大調査団(2017年6月20日、朝日放送)- MC
  • 聞いてた話と違います!~ブームに潜む落とし穴~(2017年7月7日・12月23日、フジテレビ)- MC
  • ネタ祭り2017年夏の陣(2017年8月6日、朝日放送)- MC
  • 24時間テレビ40 「愛は地球を救う」(2017年8月26日・27日、日本テレビ) - スペシャルサポーター
  • 日本の定番!世界と比べる決定版ワールドべたペディア(2017年9月21日、読売テレビ)- MC
  • 東野アタック(2017年10月22日、フジテレビ)
  • 1億2000万人の叫び! こんな世の中はイヤだ!(2017年12月13日、日本テレビ)- MC
  • サンバリュ「B面政治家」(2017年12月24日・2018年5月6日、日本テレビ)- 議長
  • スタジオに絶対に来られないスゴイ人(2017年12月26日・2018年6月1日、毎日放送)- MC
  • ニッポン育てる大辞典(2017年12月31日、テレビ朝日)- MC
  • 世界のスーパーすっごい人にお願い!ちよっとだけでも何とかなりませんか?(2018年1月2日、フジテレビ)- MC
  • 住宅のぞき見スタディ で、この家いくら?(2018年1月13日、テレビ朝日)- MC
  • 報道ランナーSP 激動関西60年あの衝撃ニュースの裏側(2018年4月17日、関西テレビ)- MC
  • サンバリュ「クセが強すぎる!幸(さっちー)家族」(2018年4月29日、日本テレビ)- MC
  • みんなのこうじ苑(2018年5月19日、中京テレビ)- MC
  • 世のため人のため!すけっと呼んだら何人くるか?(2018年7月21日、日本テレビ)- MC
  • FNS27時間テレビ「飯テロ-1グランプリ」(2018年9月8日、フジテレビ)- MC
  • 演歌の乱(2018年9月25日・2019年3月26日、TBS)- MC
  • 発掘!リアル日本昔話 ~アレがないときどうした?~(2019年1月11日、テレビ東京)- MC
  • 最高の最低(2019年3月28日、TBS)- MC
  • 飯テラー1グランプリ(2019年3月31日、フジテレビ)- MC
  • 土曜☆ブレイク「クイズ!10カウント」(2019年9月14日、TBS)- MC
  • 地獄絵図グランプリ(2019年9月19日、読売テレビ)- MC
  • 東野幸治の宇宙科学特捜隊 アインシュタイン先生、世界は”ひも“でできていました(2019年9月21日、朝日放送)- MC
  • FNS27時間テレビ「スポーツ記者記事にしなかったウラ特ダネ生テレビ」(2019年11月2日、フジテレビ)- MC
  • 女の大逆転銀行(2019年11月30日、フジテレビ)- MC
  • G-1グランプリ 吉本No.1ゴルフ決定戦(2019年12月7日、朝日放送テレビ)- MC
  • 危機回避バラエティ その手があったか(2019年12月14日、TBS)- MC
  • 東野吉田のべしゃり部屋 〜令和の出来事しゃべり尽くSP〜(2019年12月29日、毎日放送)
  • 東野・千鳥のうちのパパはお笑い芸人 家族で漫才決定戦(2020年2月29日、フジテレビ)- MC
  • 数字でわかる芸能人 数字の神様(2020年3月26日、フジテレビ)- MC
  • 土曜☆ブレイク「究極の文化系バトル ~天脳山~」(2020年4月4日、TBS)- MC
  • 秒速!エンタSHOW アッという間シアター(2020年4月6日、TBS)- MC
  • 最強ものまねフェス2020(2020年6月13日、フジテレビ)- MC
  • クイズピンチヒッター(2020年7月11日、フジテレビ)- MC
  • 土曜☆ブレイク「同じもの好きなヤツら」(2020年8月22日、TBS)- MC
  • 東野幸治の爆研!ミライ科学特捜隊(2020年9月19日、朝日放送)- MC

インターネット配信[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

テレビゲーム[編集]

著書[編集]

CD[編集]

メンバーとして参加したRe:Japanエキセントリック少年ボウイオールスターズ(ニイハオ役)、日影の忍者勝彦オールスターズ(アメ入道役)も参照。
また、テイ・トウワプロデュースによる今田のKOJI1200名義のアルバム「I LOVE AMERICA(アメリカ大好き!)」にも今田をサポートする役割で大きく参加した。歌とラップ、コーラス、ベース(の口真似)、コントを披露している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “東野幸治が元妻と「復縁しました!」”. 日刊スポーツ. (2012年7月26日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/27/0006450930.shtml 2017年7月12日閲覧。 
  2. ^ おかけんた「アートの可能性さぐりたい」”. Lmaga.jp (2019年1月8日). 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ “東野離婚理由は何考えてるか分からない”. デイリースポーツ. (2013年10月27日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/27/0006450930.shtml 2017年7月12日閲覧。 
  4. ^ “東野幸治「おじいちゃんに」長女が第1子女児出産”. 日刊スポーツ. (2020年8月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008240000183.html 2020年8月25日閲覧。 
  5. ^ ゴッドタン』の「マジギライ1/5」に登場した際の紹介文を自身のブログに引用したもの(2012年8月12日「ピンポイント。」)が、『この間。』内容紹介文に流用された。
  6. ^ 内村てらす 2016年5月27日放送 - gooテレビ番組
  7. ^ 有吉弘行(@ariyoshihiroiki) Twitter - 2013年3月7日
  8. ^ 2019年4月3日から総合テレビでも放送。
  9. ^ フジ土8で“ドッキリ”レギュラー化 東野幸治&小池栄子MCで11月開始”. ORICON NEWS (2018年10月4日). 2018年10月4日閲覧。
  10. ^ “『今田×東野のカリギュラ』はただの過激番組じゃない! - 総合演出&プロデューサーが明かす"リアル"へのこだわり”. マイナビニュース. (2017年9月22日). http://news.mynavi.jp/kikaku/2017/09/22/005/ 2017年10月15日閲覧。 
  11. ^ 東野幸治『泥の家族』シンコーミュージック、2000年11月、1-233頁。ISBN 978-4-401-61664-0
  12. ^ 東野コージ『この間。』ワニブックス、2013年5月4日、1-463頁。ISBN 978-4-8470-9153-7
  13. ^ 東野幸治『この素晴らしき世界』新潮社、2020年2月27日、1-256頁。ISBN 978-4847091537

関連項目[編集]

外部リンク[編集]