横山裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よこやま ゆう
横山 裕
本名 横山 侯隆(よこやま きみたか)[1]
生年月日 (1981-05-09) 1981年5月9日(36歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市[2]
身長 176 cm[3]
血液型 A型[4]
職業 歌手
俳優
パーカッショニスト
トランペッター
ジャンル 音楽番組バラエティ番組テレビドラマ
活動期間 1996年[5] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
ザ・クイズショウ
左目探偵EYE
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
映画
破門 ふたりのヤクビョーガミ
備考
アイドルグループ関ジャニ∞のメンバー

横山 裕(よこやま ゆう[4]1981年5月9日[4] - )は、日本歌手俳優であり、関ジャニ∞パーカショニストトランペッターである。

大阪府[4]大阪市[2]出身。ジャニーズ事務所所属。

関ジャニ∞では主にパーカッショントランペットを担当。

略歴[編集]

人物[編集]

中学卒業後は「早く自立したい」という思いから高校に行かず、建設会社に就職していた。そのためジャニーズJrの仕事でテレビ局入りする際は周りのほとんどが学校帰りの制服姿だったのに対し、横山は建設現場帰りのニッカポッカで通ったところ、スタッフから「流石にソレ(ニッカポッカ)はマズいよ。ジャニーズは夢を売る仕事であって、今までのジャニーズのセオリーでソレは無いから」と窘められたという。だが、横山は建設現場でも他の作業員の足手纏いにならないよう一生懸命働いたため上司にも気に入られており、その後Jrの仕事が忙しくなって仕方なく建設会社に退職を願い出ると「お前が芸能界でアカンかったらいつでも戻って来いよ」と暖かく送り出されたという[9]。 横山裕の「裕」は芸名であり、本名は「侯隆(きみたか)」である[1]本人曰く、「裕(ゆう)」になったのは、ジャニー喜多川が「侯隆」を読めず「YOU!この漢字読めないよ!」と言われたことと、ジャニー喜多川の口癖が「YOU(君)!」だったことからだという[要出典]。嵐の相葉雅紀は横山のことをプライベートではきみちゃんと呼んでいる。

2010年5月に母親が急逝。母子家庭に育った横山は青森でのソロコンサート開演4時間前に報せを聞いたが、コンサートは予定通り開催した。このことについて、事務所側にも「どうする?」と聞かれたが「大丈夫やから」と言い、楽屋でもコンサート本番中も泣き崩れそうになったが「迷いはなかった」「僕が笑ってステージに立たないで家に帰ったら、そんなのオカンもイヤやろうなって」と語っている[5]。その後も公演スケジュールを予定通りにこなし、すすり泣く客席に「しんみりするなよ」と笑いかける場面もあった[10]。また、関ジャニ∞の8周年記念イベントパンフレット内でのインタビューで、当時を振り返り「人生で一番泣いた。後にも先にもあんな辛いことはない」と話し、同時に、葬儀にメンバー全員が参列したことを「めっちゃくちゃ嬉しかった」「すごく誇れた」と語っている。一方でメンバーも大倉が「横山君が泣いてる姿を初めて見た」と語っており、「これからはオレらが横山君の家族にもならなあかん」と、葬儀の後、丸山の家に皆で集まり話しあったとも打ち明けている[11]。横山の母親は亡くなる1週間ほど前に大阪城ホールでのソロコンサートを観に来て非常に喜んでいたそうで、横山は「会場には1万人以上のお客さんが入っていて、それをお母さんに見せてあげられたのは自分なりの親孝行ができたと思う」と語っている[9]

2013年2月ごろにトランペットを始め、関ジャニ∞とも親交の深いトランペッターのYOKANに師事。半年後に東京ドームでサプライズとして初披露した。ライブで披露するには横山が吹く直前まで楽器を温めるなど、レコード会社の担当スタッフもトランペットのことを熟知する必要があり、周りを巻き込んでの練習だったと語っている。トランペットになった経緯はサックスを始めたいと思っていたところ、直前にメンバーの錦戸亮が購入しており、プロデューサーに他の楽器を強く勧められ、乗せられたからだと明かしている[12]

特技はバスケットボール。中学時代に大阪選抜に選ばれたほどの腕前で[13]、現在も麒麟田村裕NON STYLE井上裕介などとバスケットボールをしている[14]

モンスターハンターシリーズ』が大好き[15]で、自身のラジオでも魅力を語っていた。メンバーにも勧め、自身が担当する文化放送『レコメン!』の2010年12月の放送で渋谷すばる大倉忠義を呼びシリーズの特集をしたところ、カプコンからCMの依頼をもらい、翌年にCMに出演した[16]

出演[編集]

グループでの出演は関ジャニ∞参照。個人での出演のみ記載。

テレビ番組[編集]

バラエティ番組[編集]

単発番組[編集]

  • 春まで待てない!関ジャニ一生懸命スペシャル大人への階段(1999年2月21日、関西テレビ)
  • 高校4年の春 ザ・ドキュメント(2011年6月4日、関西テレビ) -ナレーター
  • 禁断の芸能人イメージ調査ゲームファイトグラフ2014(2014年1月3日、フジテレビ) -MC
  • ただ一つの愛に生きた女たち~LOVE YOU ONLY~(2014年12月19日、フジテレビ
  • 千原ジュニアの粋な夜(2015年1月8日、TBS) -天狗
  • 阪神淡路大震災20年報道特別番組 キミに伝えたい(2015年1月17日、読売テレビ) -MC
  • 一流がスゴイと認めた!超スゴイ人の秘密(2015年2月8日、読売テレビ・日本テレビ系) -MC
  • 桜満開!星は満天!記憶に残る“宇宙絶景”(2015年3月28日、NHK総合) -MC
  • 世間とズレてる人間は誰だ⁉︎ズレ!オチ(2016年1月3日、2016年7月5日、フジテレビ) -MC
  • あの頃キミは若かった(2016年4月5日、TBS) -MC
  • メデキン〜目のつけどころで一攫千金〜(2016年6月19日、東海テレビ) -MC
  • 巻き込まれ決断ショー〜私はこれで助かりました〜(2017年4月16日、フジテレビ) -MC
  • イガイ星人ジャパパパーン(2017年6月27日、フジテレビ) -MC

音楽番組[編集]

  • music-enta(2000年4月19日 - 2001年3月14日、テレビ朝日)

情報番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ番組[編集]

  • ジャジャジャジャニーズ(1999年 - 2004年9月27日、FM大阪
  • 古本新之輔ちゃぱらすかWOO!・ちゃぱら★FIGHT木曜日 横山裕村上信五の笑う大捜査線(1999年4月 - 2002年3月、文化放送
  • SUPER STAR QR(2002年4月1日 - 2003年7月3日、文化放送)木曜パーソナリティ担当
  • 関ジャニ∞ 横山裕・村上信五のレコメン!(2003年7月7日 - 2013年3月28日、文化放送)

舞台[編集]

CM[編集]

  • たまごっっっち オスっちメスっち(1997年)
  • テレビガイド(2007年12月) - 村上信五と共演
  • モンスターハンターポータブル3rd(2011年) - 村上信五・渋谷すばる・丸山隆平と共演
  • 味の素クノールカップスープ」(2012年) - 手越祐也井ノ原快彦とユニット「トリオDEつけひた」を結成[24]
  • Wii U「ドンキーコング トロピカルフリーズ」(2014年) - 渋谷すばると共演
  • 森永製菓
    • チョコモナカジャンボ(2015年、上戸彩と共演)
    • 森永製菓「ハイチュウプレミアム」(2017年)

ソロコンサート[編集]

  • 横山YOUがヤっちゃいますコンサート(2007年12月18日 - 23日、大阪松竹座)[6]
  • 横山YOUがヤっちゃいます第2弾コンサート'08春(東京・名古屋)
  • 横山YOUがヤっちゃいます第3弾コンサート 2010春(2010年4月2日 - 5月30日、14都市)

作品[編集]

ソロ曲[編集]

CD収録曲[編集]

  • WONDER BOY(作詞・作曲:磯崎健史) - JASRAC作品コード:141-2041-1。『KJ2 ズッコケ大脱走』収録。
  • 413man(作詞:横山裕、作曲:大西省吾) - JASRAC作品コード:159-0586-1。『PUZZLE』(通常盤のみ)収録。
  • トリックスター(作詞・作曲:葉山拓亮) - JASRAC作品コード:500-5978-5。『8UPPERS』(通常盤のみ)収録。

CD未収録曲[編集]

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[25]において、アーティスト名に「横山裕」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • cHocoレート(作詞:横山裕、作曲:安田章大) - JASRAC作品コード:169-8139-1
  • Fantastic Music!(作詞・作曲:磯崎健史) - JASRAC作品コード:137-0155-0。ライブビデオ『47』収録。
  • HOPE(作詞・作曲:田中秀典) - JASRAC作品コード:169-8140-5。
  • confUsion(作詞:白井裕紀新美香、作曲:加藤裕介) - JASRAC作品コード:146-5327-3。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 関ジャニ∞横山裕、嵐・相葉雅紀からの“本名呼び”にガチ照れ ファンから興奮の声殺到”. モデルプレス (2017年1月3日). 2017年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 横山裕(関ジャニ∞)”. CDJournal. 2017年3月26日閲覧。
  3. ^ PROFILE(関ジャニ∞) - Johnny's web”. 2016年8月閲覧。
  4. ^ a b c d 横山裕のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. 2013年11月2日閲覧。
  5. ^ a b c Myojo』2012年3月号[要ページ番号]10000字ロングインタビュー「裸の時代〜僕がJr.だったころ〜」より。
  6. ^ a b “関ジャニ∞横山「歌が苦手です」…初のソロ公演”. スポーツ報知. (2007年12月19日). オリジナル2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522082047/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20071219-OHT1T00080.htm 2017年5月11日閲覧。 
  7. ^ 関ジャニ大倉&横山、高卒認定試験に合格「頑張ってよかった!」”. ORICON NEWS. オリコン (2015年1月17日). 2017年5月11日閲覧。
  8. ^ 関ジャニ横山&大倉が高卒認定試験合格 2カ月猛勉強実った スポーツニッポン(電子版,2015年1月17日)
  9. ^ a b TVでた蔵「2015年2月28日放送 7:30 - 8:00 MBS サワコの朝」”. ワイヤーアクション (2015年2月28日). 2016年3月26日閲覧。
  10. ^ 女性セブン』、2010年6月10日[要ページ番号]
  11. ^ イベント『∞祭 ボクらも8っちゃい、8っちゃけまつり』パンフレットより。
  12. ^ ブラストライブ 2014 Vol.30 WINTER (2014年1月10日発売)「関ジャニ∞横山裕 東京ドームでのトランペットデビューを迎えるまでの軌跡」p.11 - 14、p.106 - 107より
  13. ^ ようやく汚名返上できた?関ジャニ∞横山裕くん”. YOMERUMO NEWS (2012年2月21日). 2016年3月26日閲覧。
  14. ^ 麒麟・田村:関ジャニ横山はバスケ仲間 NBAオールスター戦の見どころも紹介”. MANTAN WEB (2015年2月15日). 2016年3月26日閲覧。
  15. ^ オリコンスタイル (2016年7月13日). “関ジャニ∞がアニメ『モンハン』主題歌 横山裕&渋谷すばる感激”. 2016年10月12日閲覧。
  16. ^ ラジオからの呼びかけが成功!? 関ジャニ∞が「モンハン」CMに決定!”. exciteニュース (2011年3月23日). 2016年3月26日閲覧。
  17. ^ その顔が見てみたい - フジテレビ”. フジテレビ. 2012年9月10日閲覧。
  18. ^ “関ジャニ∞がNHKで初冠番組! 「関ジャニ∞の明日はどっちだ!」10月放送”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2012年9月19日). http://tower.jp/article/news/2012/09/19/n01 2012年9月30日閲覧。 
  19. ^ “関ジャニ∞・横山裕 : 産休の松嶋尚美代打で「きらアフ」抜てき 鶴瓶も太鼓判”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2013年7月1日). http://mantan-web.jp/2013/07/01/20130701dog00m200019000c.html 2014年5月1日閲覧。 
  20. ^ “関ジャニ横山、吸血鬼役に挑戦”. スポーツ報知. (2009年8月18日). オリジナル2010年8月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100812003431/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20090818-OHT1T00014.htm 2017年6月11日閲覧。 
  21. ^ “関ジャニ・横山、アウトロー刑事挑戦 主演の波瑠に「引っ張ってもらおう」”. オリコン. (2016年6月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2073186/full/ 2016年6月11日閲覧。 
  22. ^ “佐々木蔵之介&関ジャニ∞横山裕「破門」正式タイトル決定、公開は2017年1月に”. 映画ナタリー. (2016年8月1日). http://natalie.mu/eiga/news/196499 2016年8月1日閲覧。 
  23. ^ “横山裕が手塚作品でダークヒーローに!「上を下へのジレッタ」演出は倉持裕”. ステージナタリー. (2016年11月10日). http://natalie.mu/stage/news/208702 2016年11月10日閲覧。 
  24. ^ “ジャニーズ 3人組新ユニット結成!?”. DAILY SPORTS ONLINE. (2012年9月21日). オリジナル2012年10月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121001030109/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/09/21/0005392510.shtml 2017年6月11日閲覧。 
  25. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2017年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]