フリューゲルホルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フリューゲルホルン: Flügelhorn, Flugelhorn, Fluegelhorn)は、金管楽器の1種であり、ビューグル属の楽器である。

フリューゲルホルン

概要[編集]

外観はコルネットに似るが、より管の内径が太い。サクソフォーンの考案者として知られるアドルフ・サックスによって考案された「サクソルン」(saxhorn)と呼ばれる一群のうちの「ソプラノ」(あるいは、その改良されたもの)とされる。しかし、音楽史家の中には、異説を唱える者もある。ミュンヘンのミヒャエル・サウワーレ (Michael Saurle) が1832年にバルブ付きのビューゲル(信号ラッパ)として発明したものが記録にある[1]。時として(英語風に)フリューゲルホーンとも呼ばれ、しばしばフリューゲルと略称される。「フリューゲル」(Flügel)はドイツ語で翼の意味である。

一般に知られるものは、多くのトランペットやコルネットと同じ変ロ調のものであり、これはB(♭)(ベー)管と呼ばれるが、変ホ調のものも存在し、こちらはEs(エス)管と呼ばれる。

音色は、トランペットやコルネットと比較して、より太く、一般に「より豊かで暗い」「甘美」と形容される。コルネットと同程度には機敏であるが、通常使用するマウスピースの深さから、高音域の演奏はより難しいとされている。

特徴[編集]

  • 管長はトランペットコルネットと等しく、音域も同様であるが、コルネットよりも円錐部分が多く、またその部分の口径も大きいことが、より太く柔らかく、深みに富んだ音色を生んでいる。
  • トランペットと同様、バルブは3つ備えることが普通であるが、フランスのメーカー、コルトワ等に見られるように、4バルブのものも存在する。ピストン式とロータリー式バルブがあるが、ピストン式が主流である。
  • マウスピースの口径はトランペットと同等であるが、シャンクが異なるため、通常は同じものを使用することはできない。シャンクにはケノンに代表されるストレート・シャンクと、トランペットと同様のテーパー・シャンクに大別されるが、メーカーによって実際のシャンク形状は異なることが現状である。また、その独特のメロウな音色を醸し出すために、より深いカップ形状が好まれる傾向にある。
  • フリューゲルホルンはトランペットやコルネットよりもペダルトーンへの移行が容易であることも特徴である。

使用例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Royal Bavarian privilege for a "chromatic Flügelhorn" 1832

関連項目[編集]

外部リンク[編集]