あおい輝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あおい てるひこ
あおい 輝彦
本名 青井 輝彦(旧芸名)
生年月日 (1948-01-10) 1948年1月10日(70歳)
出生地 日本の旗 日本東京都杉並区
身長 170cm
血液型 A
職業 俳優歌手声優
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台、アニメ
活動期間 1962年-
配偶者 あり
事務所 しまだプロダクション
主な作品
二人の世界
あしたのジョー
犬神家の一族
二百三高地
水戸黄門

あおい 輝彦(あおい てるひこ、1948年1月10日 - )は、日本俳優歌手声優日本大学鶴ヶ丘高等学校日本大学芸術学部卒業[1]

所属事務所[編集]

ジャニーズ事務所 → 劇団四季 → バーニングプロダクション → タドポール企画 → 松沢事務所 → アクターズプロモーション → 有限会社ユーリー → しまだプロダクション

来歴[編集]

アイドルグループ ジャニーズのメンバーとして1962年に芸能界デビュー。同グループは1967年11月に解散。

グループの解散後、当時四季株式会社の代表だった浅利慶太の勧めにより、劇団四季の研究生となる[2]

1968年木下恵介アワー枠のドラマ『おやじ太鼓』に出演。ジャニーズ解散後初の出演作となる。また同年、初のソロシングルをリリースした。

1970年、アニメ『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈役に抜擢された。

1970年~1971年TBSテレビ系列の火曜ドラマ二人の世界』に出演。自身が歌った主題歌『二人の世界』は、オリコン週間最高3位、同年の年間シングルチャートではトップ20入りする。

1976年6月にリリースした『あなただけを』が、オリコン週間チャートで6週連続第1位を獲得、同年の年間シングルチャートでも第7位に入り、自身最大のヒット曲となる。また同曲で『第27回NHK紅白歌合戦』にソロとして初出場した。さらに同年、あおいは第9回日本有線大賞において有線ヒット賞と特別敢闘賞を受賞している[3]

1977年にも『Hi-Hi-Hi』がオリコン週間最高7位(1977年度年間46位)、『センチメンタルカーニバル』がオリコン週間最高8位(1977年度年間53位)を記録する。

1976年11月に公開された映画『犬神家の一族』に犬神佐清役で出演。同映画は1976年邦画配給収入2位のヒット作となる。なお、同年の邦画配給収入1位となった映画は『続・人間革命』であり、あおいは同作で山本伸一役を演じている。

1983年、映画『大日本帝国』の小林幸吉役で第6回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

1988年より、『水戸黄門』で12年間に渡り、助さんこと佐々木助三郎を演じる。

2004年、17年ぶりとなる新曲『倖せ来るり』をリリースした。

2013年、芸能生活50周年を迎え、記念コンサートを開催した[4]

人物・エピソード[編集]

  • デビュー以前には『週刊少年マガジン』の表紙を飾ることもあった[5]
  • 現芸名は、すべて漢字では「硬い」というジャニー喜多川の提案により名字をひらがな表記にしたもの[6]
  • 1972年10月、5年の交際期間を経てファッションモデルの秦紀子と結婚。ホノルルの教会で挙式した。
  • 1976年12月7日未明、自宅から現金54万円が盗まれるという被害に遭った。
  • 娘の青井英里奈はタイに留学中、ヒップホップグループのエリナ&アフロブロスとしてデビューしており、エリナ&カッパロールとして日本でもデビューしている[7]
  • あおいが飼っていた紀州犬・あおい龍号は、1980年にドラマ『黄金の犬』にゴロ役で出演し[8]、翌年には『炎の犬』にリュウ役で出演している。
  • 本人曰く寒がりである。『水戸黄門』の撮影中、暑がりの伊吹吾郎が冬でも楽屋の冷房をつけるため、よく冗談で喧嘩をした[9]
  • バードウォッチングが趣味で、鳥の鳴きマネが得意[10]
  • 『水戸黄門』の撮影で京都に通ううち、大の日本酒好きとなる。2003年には青木酒造と共同で、米の栽培から大吟醸の仕込みまでを行った。仕込まれた酒は限定販売された[11]
  • 2005年10月1日、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会[12]により、名誉唎酒師酒匠に任命された[13]

音楽[編集]

シングル[編集]

タイトル 発売日 作詞 作曲 編曲 備考
ビクターレコード
僕の秘密
c/w あの娘はマーメイド
1968年8月5日 あおい輝彦 - A面曲は『おやじ太鼓』の劇中歌として使用された。
RCAレコード
二人の世界
c/w あかりを消して
1971年2月5日 山田太一 木下忠司 木下忠司
青木望
A面曲は『二人の世界』主題歌。
三人家族
c/w 苦しき夢
1971年5月5日 木下忠司
門馬直衛
木下忠司
ドイツ民謡
木下忠司
馬飼野康二
A面曲は『三人家族』主題歌。放送当時は「二人だけ」という曲名だった。
B面曲は『冬の雲』主題歌。あおいの楽曲ではない。
ひとりの旅
c/w 平和の握手
1971年7月5日 山田太一
岩谷時子
木下忠司
J.Fontana
木下忠司
若松正司
夜霧のかなたへ
c/w 愛の未完成
1972年1月25日 阿久悠 都倉俊一
三木たかし
都倉俊一
青木望
おいたち
c/w 泪の河
1972年6月25日 千家和也 都倉俊一 青木望
恋人たちの海
c/w 愛を求めて
1972年9月5日 谷口美恵子佐々木勉
佐々木勉
佐々木勉 青木望
エレックレコード
リボンフラワー
c/w ガラスの恋
1973年9月25日 あおい輝彦 -
君がいても
c/w 薔薇の殺意
1974年5月10日 門谷憲二 あおい輝彦 -
旅の終わり
c/w 君がいなくちゃ
1974年11月10日 岡田冨美子 あおい輝彦 -
テイチクレコード
あなただけを
c/w 水鳥たちの季節
1976年6月25日 大野真澄
山本寛太郎
常富喜雄
山本寛太郎
惣領泰則
君が優しすぎるから
c/w 夜明けのプレリュード
1976年10月25日 岩谷時子
門谷憲二
井上忠夫
あおい輝彦
浅野孝己
薗広昭
Hi-Hi-Hi
c/w 君、ただ一人
1977年3月5日 森雪之丞
阿部敏郎
高田弘
馬飼野俊一
センチメンタルカーニバル
c/w 湘南ビーチガール
1977年6月25日 阿部敏郎
うさみかつみ
阿部敏郎
岡田史郎
馬飼野俊一
高田弘
ジャニスを聴きながら
c/w 一人きり、帰り道
1977年10月5日 荒木一郎
阿部敏郎
薗広昭
馬飼野俊一
A面曲は原曲荒木一郎のカバー曲。歌詞が一部変更されている。
バラの渚
c/w 海岸道路
1978年2月5日 中里綴
阿部敏郎
長戸大幸
阿部敏郎
馬飼野俊一
小麦色のヴィーナス
c/w ルート17
1978年6月25日 うさみかつみ
-
Felix Fitial
-
薗広昭
-
北アルプス
c/w ブルースノー
1979年1月25日 ちあき哲也
-
平尾昌晃
-
船山基紀
-
サマー・エンジェル
c/w ミッドナイトブルー
1979年4月25日 麻美一希
-
麻美一希
-
馬飼野俊一
-
再会
c/w しゃれた沈黙
1980年1月25日 網倉一也
奈良橋陽子篠塚満由美
網倉一也
大野雄二
吉川忠英、薗広昭
木森敏之
A面曲は『女の肖像』主題歌。
いつも君のそばに
c/w 遠い旅路
1980年5月25日 山上路夫
-
平尾昌晃
-
竜崎孝路
-
A面曲は『雪姫隠密道中記』主題歌。B面曲は同番組挿入歌。
キャニオンレコード
哀しみのレッドローズ
c/w Baby don't you cry
1981年6月 湯川れい子
井上詩苑、湯川れい子
井上大輔
再会物語
c/w 蜜月
1982年 阿久悠 井上大輔
想い出のRain
c/w 背中合わせのMornin'
1983年11月 SHOW
小林和子
玉置浩二
後藤次利
-
青い星から
c/w 金色のVictory
1984年6月 小林和子 山崎稔 入江純 両楽曲共に日本バレーボール協会公認曲。
テイチクレコード
あなただけを
c/w 二人の世界
1985年2月 - - - 再発盤。
キャニオンレコード
愛の歴史
c/w ターミナル
1987年10月5日 なかにし礼
高柳恋
鈴木キサブロー 難波弘之
和泉一弥
A面曲は三井ホームのテレビCMに使用された。
テイチクレコード
あゝ人生に涙あり
c/w ふるえて眠れ
1995年2月22日 山上路夫 木下忠司 池多孝春 A面曲は『水戸黄門』第18部〜28部主題歌で伊吹吾郎とのデュエット。1988年録音。
B面曲は由美かおる高橋元太郎のデュエット。
ガウスエンタテインメント
倖せ来るり
c/w 恋ふらり
c/w 二人の世界
2004年6月23日 - - -

アルバム[編集]

タイトル 発売日 収録曲 備考
RCAレコード
二人の世界/あおい輝彦の青春 1971年 二人の世界/あの素晴らしい愛をもう一度/三人家族/時計を止めて/あかりを消して/白い想い出の中で/ひとりの旅/平和の握手(ケ・サラ)/知床旅情/知らない海へ一人で/白いブランコ/心の子守唄(ニンナ・ナンナ)
恋人たちの海 1972年 おいたち/恋人たちの海/愛を求めて/このさわやかな風に/明日があるから/泪の河/別れの朝/勝利への讃歌/メルシー・シェリー/生命をかけて/愛の未完成/夜霧のかなたへ
エレックレコード
免許証 1973年11月10日 序曲/太陽と稲妻/リボンフラワー/真夏の夜の夢/水色の涙/夜明けのプレリュード/ガラスの恋/日本の唄/国の為/浮気なスザンナ/君がいても/バラよいつまでも プロデビュー前のCharが参加している。
ニコラシカ 1974年11月10日 一曲目/君がいなくちゃ/旅の終り/雨の日/自由の鐘を二人に/おはよう/たそがれ人生/私は泣いてはいない/別れ/愛の舟に乗って/おやすみ
テイチクレコード
スタートへの出発 1976年10月5日 この素晴しい世界/あなたが欲しい/あなただけを/水鳥たちの季節/今は昼下がり/二人の世界/あしたこそは/別れ/雨の日/旅の終り/私は泣いてはいない/君がいなくちゃ/愛は舟に乗って/サヨナラ・マイ・ラブ 「今は昼下がり」は佐藤公彦とのデュエット。「あしたこそは」はポール・アンカ提供曲。「サヨナラ・マイ・ラブ」はタケカワユキヒデ提供曲。
あおい輝彦 オンステージ 1977年1月25日 オープニング/あなただけを/太陽のあいつ/イエスタデイ/あしたこそは/ネバーマイラヴ/君が優しすぎるから/メルシーシェリー/パパ早く歩かないで/ニンナナンナ/エンディング 1976年10月4日に中野サンプラザホールで行われたコンサートを録音したもの。
Hi-Hi-Hi 1977年5月1日 Hi-Hi-Hi/ふりむいた君/君が優しすぎるから/僕の秘密/ここに幸あれ/君がいても'77/あなただけを/あの娘はマーメイド/夏のときめき/二人の世界/君、ただ一人/夜明けのプレリュード
センチメンタル・カーニバル 1977年7月25日 センチメンタル・カーニバル/湘南ラブストーリー/燃えるサマーサンディー/夏のときめき/あの娘はマーメイド/湘南ビーチガール/あなただけを/Hi-Hi-Hi/あしたこそは/夜明けのプレリュード/君、ただ一人/水鳥たちの季節
あおい輝彦 あなただけを~ジャニスを聴きながら 1977年10月25日 ジャニスを聴きながら/君がいても'77/ふりむいた君/湘南ラブストーリー/私は泣いてはいない/海岸道路/夜明けのプレリュード/水鳥たちの季節/センチメンタル・カーニバル/君、ただ一人/あなたが欲しい/今は昼下がり/雨の日/君が優しすぎるから/サヨナラ・マイ・ラブ/Hi-Hi-Hi/二人の世界/一人きり、帰り道/別れ/僕の秘密/君がいなくちゃ/この素晴しい世界
LOVE YOU AGAIN 1981年7月 DISCO ON THE BEACH/BABY DON'T YOU CRY/哀しみのレッド・ローズ/そっと ONLY YOU/孤独の街/LOVE YOU AGAIN/恋の SUMMER PLACE/IT'S NEW WORLD(and small world)/30代はムーディー・ロマンス/愛しのレイラ/航海
あおい輝彦 オリジナルベスト 1985年7月21日 センチメンタル・カーニバル/湘南ラブストーリー/燃えるサマーサンディー/夏のときめき/あの娘はマーメイド/湘南ビーチガール/あなただけを/Hi-Hi-Hi/あしたこそは/夜明けのプレリュード/君、ただ一人/水鳥たちの季節
水戸黄門、愛を唄う 1995年2月22日 あゝ人生に涙あり/渚でひとり/海辺の居酒屋/愛の逃亡者/オヤジの背中/高松ラストナイト/遅咲きの薔薇/ふるえて眠れ 『水戸黄門』出演者によるオムニバスCD。あおいの楽曲は、伊吹と歌う主題歌「あゝ人生に涙あり」とソロ曲「渚でひとり」が収録。
あおい輝彦 定番ベスト 2004年9月1日 あなただけを/センチメンタル・カーニバル/Hi-Hi-Hi/二人の世界/あしたこそは/夜明けのプレリュード/君、ただ一人/水鳥たちの季節/湘南ラブストーリー/燃えるサマーサンディー/夏のときめき/あの娘はマーメイド/湘南ビーチガール/小麦色のヴィーナス/ジャニスを聴きながら/いつも君のそばに
あおい輝彦 アンソロジー 1966 - 1980 2006年1月25日 時計をとめて/二人の世界/三人家族/恋人たちの海/あなただけを/あなたが欲しい/今は昼下がり/サヨナラ・マイ・ラブ/君が優しすぎるから/Hi-Hi-Hi/ふりむいた君/あの娘はマーメイド/センチメンタル・カーニバル/ジャニスを聴きながら/バラの渚/小麦色のヴィーナス/北アルプス/サマー・エンジェル/再会/いつも君のそばに/ネバー・マイ・ラヴ/あゝ人生に涙あり
あおい輝彦 スーパー・セレクション 2008年3月10日 あなただけを/センチメンタル・カーニバル/Hi-Hi-Hi/二人の世界/小麦色のヴィーナス/ジャニスを聴きながら/燃えるサマーサンディー/君、ただ一人
テイチクミリオンシリーズ あおい輝彦 2009年9月23日 あなただけを/センチメンタル・カーニバル/Hi-Hi-Hi/二人の世界/あしたこそは/夜明けのプレリュード/君、ただ一人/水鳥たちの季節/湘南ラブストーリー/燃えるサマーサンディー/夏のときめき/あの娘はマーメイド/湘南ビーチガール/小麦色のヴィーナス/ジャニスを聴きながら/いつも君のそばに 収録曲は『あおい輝彦 定番ベスト』と同一。
あおい輝彦 ゴールデン☆ベスト 2011年4月6日 あなただけを/センチメンタル・カーニバル/Hi-Hi-Hi/二人の世界/あしたこそは/夜明けのプレリュード/君、ただ一人/水鳥たちの季節/湘南ラブストーリー/燃えるサマーサンディー/夏のときめき/あの娘はマーメイド/湘南ビーチガール/小麦色のヴィーナス/ジャニスを聴きながら/いつも君のそばに 収録曲は『あおい輝彦 定番ベスト』と同一。
ソニー・ミュージックダイレクト
GOLDEN☆BEST あおい輝彦 RCAイヤーズ 2016年3月30日 二人の世界/あの素晴しい愛をもう一度/三人家族/泪の河/明日があるから/このさわやかな風に/愛を求めて/別れの朝/知らない海へ一人で/メルシー・シェリー/勝利への讃歌/恋人たちの海/おいたち/夜霧のかなたへ/心の子守唄(ニンナ・ナンナ)/愛の未完成/白いブランコ/生命をかけて/時計を止めて/あかりを消して/白い想い出の中で/ひとりの旅/平和の握手(ケ・サラ)/知床旅情 アルバム『二人の世界/あおい輝彦の青春』『恋人たちの海』の全収録曲を収めたもの。

ソノシート[編集]

  • マルマンファンシーラブシート 風の中のふたり(1970年代)
    • マルマンが販売していたハーレーというライターのノベルティ。朗読作品。
  • 熱い心を解き放せ / 白い盃

出演[編集]

ジャニーズ時代の出演作品はジャニーズを参照。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1976年(昭和51年)/第27回 あなただけを 09/24 研ナオコ

※出演順は「出演順/出場者数」で表す。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • おやじ太鼓 第一部(1968年1月16日 - 10月8日、TBS) - 鶴亀敬四郎役
    • 第一部、第二部共にあおいが同名主題歌を歌っているが、音源は未発売。
  • もも・くり三年(1968年8月22日 - 9月26日、テレビ朝日)
  • 3人家族(1968年10月15日 - 1969年4月15日、TBS) - 柴田健役
  • 天と地と(1969年1月5日 - 12月28日、NHK) - 武田義信役
  • 仇討ち 第16話「仇討選手」(1969年1月15日、TBS)
  • おやじ太鼓 第二部(1969年4月22日 - 10月14日、TBS) - 鶴亀敬四郎役
  • なくてはならぬものがたり(1969年6月22日、TBS)
  • 兄弟(1969年10月21日 - 1970年4月14日、TBS) - 志沢順二役
  • 5人の危険屋 プロフェッショナル 第24話「反抗の条件」(1970年3月15日、TBS)
  • 彦左と一心太助 第22話「やってくれたぜ!」(1970年3月30日、TBS)
  • 冬の旅(1970年4月16日 - 7月9日、TBS) - 宇野行助役
  • あしたからの恋(1970年4月21日 - 11月24日、TBS) - 野口努役
  • 24才シリーズ / その10 六月の花嫁(1970年6月14日、TBS)
  • 酒場の扉(1970年8月2日、TBS)
  • 黄色いサンダル(1970年8月23日、TBS)
  • 闘魂(1970年10月4日 - 1971年2月14日、日本テレビ) - 川島道夫役
  • 男は度胸(1970年10月9日 - 1971年10月1日、NHK) - 徳川継友役
  • 二人の世界(1970年12月1日 - 1971年5月25日、TBS) - 榊原恒夫役
  • 徳川おんな絵巻 第21話「雪サこんこん」、第22話「さいはての花ひらく」(1971年2月20日・27日、関西テレビ) - 松平武元役
  • 清水次郎長(1971年5月8日 - 1972年4月29日、フジテレビ) - 森の石松役
  • 祝辞(1971年6月12日、NHK)
  • さらば夏の日(1971年8月22日、TBS)
  • 冬の華(1971年9月2日 - 12月9日、TBS) - 竹田乙彦役
  • あほんだれ一代(1971年9月6日 - 24日、NHK)
  • 天下御免(1971年10月8日 - 1972年9月29日、NHK) - 赤星十三役
  • 夫婦学校(1) 第18回「赤ちゃん差し上げます」(1972年2月3日、日本テレビ) - 佐々木康臣役
  • わが恋の墓標(1972年3月13日 - 4月3日、テレビ朝日)
  • 心(1972年4月9日、TBS)
  • お祭り銀次捕物帳(1972年5月6日 - 8月26日、フジテレビ) - 銀次役
  • もしか或る日(1972年9月10日、TBS)
  • 姉さんの秘密(1972年9月16日、日本テレビ)
  • かあさんの四季(1972年10月4日 - 1973年9月26日、フジテレビ)
  • 夫婦学校(2) 第2回「大安吉日」(1972年10月12日、日本テレビ) - 石塚勝役
  • 赤ひげ(1972年10月13日 - 1973年9月28日、NHK) - 保本登役
  • ぜんまい仕掛けの柱時計(1972年11月4日、NHK)
  • たけくらべ(1973年7月15日、TBS)
  • 蝉しぐれ(1973年9月8日、日本テレビ)
  • 肝っ玉捕物帳(1973年9月8日 - 1974年3月2日、フジテレビ)
  • 水滸伝(1973年10月2日 - 1974年3月26日、日本テレビ) - 史進役
  • たんぽぽ 第1シリーズ(1973年12月3日 - 1974年5月6日、日本テレビ)
  • みちくさ(1974年4月3日 - 6月26日、フジテレビ) - 宗助役
  • いわぬが花(1974年4月6日 - 6月29日、フジテレビ)
  • かあさんの明日(1974年7月3日 - 9月25日、フジテレビ)
  • 風は知っている(1974年9月22日、TBS)
  • おんな浮世絵・紅之介参る!(1974年10月6日 - 1975年3月9日、日本テレビ) - 花川戸の夜太郎役
  • 春ひらく(1974年12月4日 - 1975年4月30日、フジテレビ)
  • ふたりは夫婦 第23回「ロマンか不満か」(1975年3月17日、フジテレビ)
  • 亜紀子(1975年4月3日 - 6月26日、日本テレビ)
  • 魅せられた夏(1975年7月3日 - 10月9日、TBS)
  • 女の足音(1976年4月7日 - 7月28日、フジテレビ) - 明日香慎吾役
  • その人は今…(1976年10月11日 - 1977年3月28日、NHK)
  • 悪女について(1978年4月6日 - 9月28日、テレビ朝日) - 鈴木義彦役
  • 夢のあとに(1978年4月21日 - 6月30日、TBS)
  • 犬笛・娘よ、生命の笛を吹け(1978年7月7日 - 8月25日、日本テレビ) - 秋津四郎役
  • 検事霧島三郎(第一部)(1979年4月7日 - 5月19日、MBS
  • 大いなる朝(1979年8月27日、TBS) - 小山内薫役
  • 女の肖像(1980年1月15日 - 4月1日、日本テレビ) - 安見修役
  • スキーバスを追え!36人の乗客(1980年2月9日、テレビ朝日)
  • 雪姫隠密道中記(1980年4月5日 - 9月27日、MBS) - 葵新之介役
  • ガン回廊の朝(1) ガンなんか負けてたまるか―現代の戦場(1980年5月29日、日本テレビ)
  • 悪霊の住む家 危険な誘惑(1980年6月7日、テレビ朝日)
  • わが首相のベッド ガン回廊の朝II(1980年7月10日、日本テレビ)
  • 水戸黄門 第11部(TBS) - 出羽庄内藩士 浜中弥太郎役
    • 第1話「密命おびた逃亡者 -水戸-」(1980年8月18日)
    • 第6話「奇才・化け物祭り対決 -鶴岡-」(1980年9月22日)
  • 彩の女(1980年11月5日 - 1981年3月25日、フジテレビ)
  • 大江戸捜査網 第495話「闇を裂く十手」(1981年5月30日、テレビ東京) - 多田平八郎役
  • 一本足の華燭(1981年12月3日、日本テレビ)
  • 料理教室殺人事件 卵のトリック(1981年12月5日、テレビ朝日)
  • 氷の女 私の姉を襲ったレイプ事件が平和な家庭を崩壊させた(1982年2月9日、日本テレビ)
  • 女医のめざめる時?医大不正入学殺人事件(1982年4月1日、日本テレビ)
  • 花の影(1982年4月14日 - 6月2日、フジテレビ)
  • 危険な誘拐 貴女ならどうする!?(1982年5月22日、テレビ朝日)
  • おはよう24時間(1982年6月3日 - 9月30日、TBS) - 綾部公役
  • ある青春の挽歌(1982年9月21日、日本テレビ) - 滝川真一役
  • いじわる看護婦(1)(1982年11月4日、フジテレビ) - 若先生役
  • 男はたいへん(1983年2月9日 - 3月2日、TBS)
  • ミステリー Wの悲劇(1983年2月23日・3月2日、TBS) - 中里右京役
  • 長谷川町子のいじわる看護婦(2)(1983年4月4日、フジテレビ) - 若先生役
  • 白いかっぽう着の女(1983年4月10日、TBS)
  • 泉ピン子のがんばれ!ジャガーズ(1983年4月25日、フジテレビ)
  • 悲しみの交通刑務所 死んでもあなたを許さない(1983年6月20日、テレビ朝日)
  • 女弁護士 朝吹里矢子7 モーテルの女が消えた!(1983年5月28日、テレビ朝日)
  • 大奥(1983年8月2日 - 10月11日、関西テレビ) - 柳沢吉保役
  • 嫁姑 女のいくさ(1984年1月9日、テレビ朝日)
  • 幻想花 白い肌が男を狙う…OLの異常な体験 抱かれて、燃えてだまされて…(1984年3月17日、テレビ朝日)
  • いじわる看護婦(5)(1984年3月26日、フジテレビ) - 若先生役
  • 電話魔 どこまでも追いかけてくるあの声・ママが殺される!(1984年5月8日、日本テレビ)
  • 溺れ蜜狂い蜜(1984年6月16日、TBS)
  • ほとんど離婚(1984年7月12日 - 8月9日、テレビ朝日)
  • 私の中の阿修羅!(1984年8月30日、日本テレビ)
  • 年末時代劇スペシャル / 忠臣蔵(1985年12月30日・31日、日本テレビ) - 赤埴源蔵
  • 佐渡が島殺人事件 殺しの現場を激写した女カメラマン(1986年5月17日、テレビ朝日)
  • 喪失 阿蘇天草殺人事件(1986年6月13日、フジテレビ)
  • 隣人同志(1986年9月11日、日本テレビ)
  • 弁護側の秘密(1986年9月19日、フジテレビ) - 水木邦夫役
  • 年末時代劇スペシャル / 白虎隊(1986年12月30日・31日、日本テレビ) - 板垣退助
  • ばら色の人生(1987年4月8日 - 7月8日、NHK)
  • 砂の殺意 過ちを許せなかった女たち(1987年5月25日、フジテレビ)
  • スケバン保母さん ツッパリ風雲録(1987年7月6日、フジテレビ) - 伊吹洋一役
  • 必殺剣劇人(1987年8月7日 - 9月25日、テレビ朝日) - すたすたの松坊主役
  • 一日未亡人 不信の夫婦にせまる殺人者の罠(1987年11月13日、フジテレビ) - 千賀義之役
  • 年末時代劇スペシャル / 田原坂(1987年12月30日・31日、日本テレビ) - 大山巌
  • 水戸黄門 第18部(1988年9月12日 - 1989年5月1日、TBS) - 佐々木助三郎
  • 年末時代劇スペシャル / 五稜郭(1988年12月30日・31日、日本テレビ) - 木戸孝允
  • 水戸黄門 第19部(1989年9月25日 - 1990年4月16日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • 美空ひばり物語(1989年12月30日、TBS)
  • 柳生武芸帳(1990年4月2日、日本テレビ) - 松平伊豆守役
  • 管理職降格(1990年6月7日、テレビ朝日)
  • 柳生武芸帳 柳生十兵衛五十人斬り(1990年10月1日、日本テレビ) - 松平伊豆守役
  • 水戸黄門 第20部(1990年10月22日 - 1991年10月7日、TBS) - 佐々木助三郎役
    • 第3話「情けが仇のとろろ汁 -駿府-」 - 但馬豊岡藩主・京極高永役(一人二役)
    • 第12話「悪を糺す阿波踊り -徳島-」 - 新三役(一人二役)
  • 遊の人 天下の御意見番大久保彦左衛門(1991年1月2日、TBS) - 一心太助役
  • 柳生武芸帳 京に渦巻く大陰謀!十兵衛・ニ謎の姫君(1991年4月1日、日本テレビ) - 松平伊豆守役
  • 柳生武芸帳 十兵衛あばれ旅(1991年10月1日、日本テレビ) - 松平伊豆守役
  • おやじのヒゲ11(1991年11月4日、TBS) - てる役
  • 年末時代劇スペシャル / 源義経(1991年12月31日、日本テレビ) - 平宗盛
  • 忠治旅日記(1992年2月24日、TBS) - 板割の浅太郎 役
  • 水戸黄門 第21部(1992年4月6日 - 11月9日、TBS) - 佐々木助三郎役
    • 第30話「帰らぬ夫は凶状持ち -行田-」 - 巳之助役(一人二役)
  • 柳生武芸帳 十兵衛あばれ旅 伊達六十二万石の陰謀(1992年4月8日、日本テレビ) - 松平伊豆守役
  • 水戸黄門 第22部(1993年5月17日 - 1994年1月24日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • 子子家庭は危機一髪(1993年7月19日 - 9月3日、TBS) - 坂部辰弥役
  • 水戸黄門 第23部(1994年8月1日 - 1995年5月15日、TBS) - 佐々木助三郎役
    • 第13話「姫様狙う悪の罠 -福井-」 - 稲葉源三郎役(一人二役)
  • 水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 第1話「世の悪人輩よ覚悟しな!女は怖いぞくノ一忍法」(1995年5月22日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • 水戸黄門 第24部(1995年9月11日 - 1996年6月10日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • 水戸黄門 第25部(1996年12月9日 - 1997年10月27日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • 水戸黄門 第26部(1998年2月9日 - 8月17日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • 水戸黄門 第27部(1999年3月22日 - 10月18日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • 水戸黄門 第28部(2000年3月6日-11月20日、TBS) - 佐々木助三郎役
  • カードGメン・小早川茜4(2002年3月4日、TBS) - 前田馨役
  • はぐれ刑事純情派(テレビ朝日)
    • 第15シリーズ 第2話「身代金2000万円と父が消えた!?安浦刑事を馬鹿野郎と呼んだ女」(2002年4月10日) - 田倉真治役
    • 新春スペシャル「東京-稚内-礼文島北の最果て宗谷岬、それぞれの旅立ちさよなら、三波主任!」(2003年1月1日) ‐ 大賀辰也役
  • 万引きGメン・二階堂雪10(2003年5月26日、TBS) - 野添役
  • 逃亡者おりん(2006年10月20日 - 2007年3月23日、テレビ東京) - 大岡忠光役
  • 新春ワイド時代劇 / 忠臣蔵 瑤泉院の陰謀(2007年1月2日、テレビ東京) - 浅野長照役
  • 事件13(2008年8月30日、テレビ朝日) - 大槻和夫役
  • 逃亡者おりんスペシャル(2008年9月19日・26日、テレビ東京) - 大岡忠光役
  • 新春ワイド時代劇 / 戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち(2011年1月2日、テレビ東京) - 櫛橋伊定役
  • 水戸黄門 最終回スペシャル(2011年12月19日、TBS) - 謎の侍役
  • 逃亡者おりんスペシャル 最終章(2012年1月12日、テレビ東京) - 大岡忠光役
  • アオイホノオ 第4話「いざ!東京出撃」(2014年8月9日、テレビ東京) - 矢吹丈役(声)

アニメ[編集]

テレビ

映画

  • あしたのジョー(1980年) - 矢吹丈役
  • あしたのジョー2(1981年) - 矢吹丈役
  • 三国志 第一部 英雄たちの夜明け(1992年) - 劉備玄徳役
  • 三国志 第二部 長江燃ゆ!(1993年) - 劉備玄徳役
  • 三国志 完結編 遙かなる大地(1994年) - 劉備玄徳役
  • 風を見た少年(2000年) - フリッツ博士役[15]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

テレビ

映画

ナレーション[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • 艶姿 水前寺清子〜真実一路のマーチ(1971年9月18日 - 24日、日本劇場
  • 冬の旅(1975年12月4日 - 27日、日生劇場) - 宇野行助役
  • 東宝ミュージカル / グリース(1977年11月3日 - 27日、日本劇場)
  • 松竹現代劇 / 三銃士(1978年12月4日 - 26日、日生劇場) - ポルトス役
  • アニーよ銃をとれ(1980年10月2日 - 25日、新宿コマ劇場) - フランク・バトラー役
  • 恐怖時代(1983年2月5日 - 28日、日生劇場) - 春藤家の太守役
  • 美空ひばり特別公演 元禄おんな舞(1984年9月、梅田コマ劇場 / 11月1日 - 12月20日、新宿コマ劇場) - 佐吉役
  • ミュージカル されど写楽(1985年6月6日 - 29日、博品館劇場) - 今野写楽役
  • 青年(1986年) - 伊藤俊輔役
  • 遥かなり山河〜白虎隊異聞〜(1987年1月2日 - 2月27日、帝国劇場 / 5月、中日劇場) - 神保修理役
  • 必殺シリーズ放映十五周年記念興行 納涼必殺まつり(1987年8月1日 - 25日、京都・南座) - すたすたの松坊主役 
  • モボ・モガたちの夢と純情歌集 有頂天時代〜銀座生れといたしましては(1988年1月4日 - 31日、銀座セゾン劇場) - 新太役
  • 水戸黄門(1988年、1989年、1993年、1995年、1996年、全国) - 佐々木助三郎役
  • 芸能生活35周年記念公演 若様風来坊(1998年6月 - 7月、全国)
  • 夢追い目明かし謎の千両箱(1999年7月2日 - 26日、名鉄ホール
  • MIRACLE(2001年、2003年、2005年、全国) - シド役
  • 大江戸人情噺 奴と若様(2004年1月2日 - 27日、名鉄ホール) - 内藤孝之進役
  • ジャパン(2005年1月)
  • ABC座2013 ジャニーズ伝説(2013年10月6日 - 28日、日生劇場) - ナレーション出演
  • ABC座2014 ジャニーズ伝説(2014年5月9日 - 30日、日生劇場) - ナレーション出演
  • 笑う門には福来たる〜女興行師 吉本せい〜(2014年12月3日 - 25日、新橋演舞場
  • 少年たち 危機一髪!(2016年9月4日 - 28日、日生劇場) - ナレーション出演
  • ABC座 ジャニーズ伝説2017(2017年10月7日 - 28日、日生劇場) - ナレーション、映像出演

コンサート[編集]

  • 芸能生活50周年記念コンサート あおい輝彦スペシャル・オンステージ ぼくたちの流行歌(2013年4月17日)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.529
  2. ^ 木下惠介アワー 兄弟”. 松竹ブロードキャスティング株式会社. 2018年7月30日閲覧。
  3. ^ 第9回日本有線大賞 HISTORY 日本有線大賞 - 有線ランキング”. キャンシステム株式会社. 2016年11月6日閲覧。
  4. ^ あおい輝彦、ジャニー喜多川氏の祝福に感謝「シャンパンいただいた」”. オリコン株式会社. 2016年11月3日閲覧。
  5. ^ 少年マガジン|ちばてつやのブログ『ぐずてつ日記』”. ちばてつや. 2016年11月12日閲覧。
  6. ^ あおい輝彦 ジャニーさん秘話明かしちゃった、ひらがな名字に斬新演出…― スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポーツニッポン新聞社. 2018年8月5日閲覧。
  7. ^ □□□Erina Web Site□□□ - ウェイバックマシン(2003年4月12日アーカイブ分)
  8. ^ 黄金の犬 - テレビドラマデータベース
  9. ^ かわら版『ゲストインタビュー』:水戸黄門 最終回スペシャル”. TBSテレビ. 2016年11月3日閲覧。
  10. ^ [徹子の部屋 (2013年3月19日放送回) の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]”. エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社. 2016年11月5日閲覧。
  11. ^ あおい輝彦 “究極の酒”が完成 - ウェイバックマシン(2003年2月28日アーカイブ分)
  12. ^ 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)”. 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI). 2017年7月28日閲覧。
  13. ^ 第6回名誉唎酒師酒匠任命式典 受任者プロフィール”. 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI). 2017年4月9日閲覧。
  14. ^ あしたのジョー”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  15. ^ 風を見た少年”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]