薮宏太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やぶ こうた
薮宏太
生年月日 (1990-01-31) 1990年1月31日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県[1]横浜市[2]
身長 179 cm[3]
血液型 A型[1]
職業 歌手タレント俳優アイドル
ジャンル J-POP
活動期間 2001年[4] -
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > Hey! Say! JUMP
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生(第7シリーズ)
任侠ヘルパー
ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜
ウチの夫は仕事ができない
備考

Ya-Ya-yahメンバー[5]

Hey! Say! JUMPのメンバー
テンプレートを表示

薮 宏太(やぶこうた、1990年1月31日[1] - )は、日本歌手タレントアイドル俳優であり、男性アイドルグループHey! Say! JUMPおよびHey! Say! BESTのメンバーである。

神奈川県[1]横浜市出身[2]ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

2001年[4]、オーディションを経て[6]小学6年生でジャニーズ事務所に入所[7]伊野尾慧も同じ回のオーディションに参加していた[6]ジャニーズJr.内ユニット・Ya-Ya-yahのメンバーに選ばれ、2002年5月15日NHKアニメ『忍たま乱太郎』の主題歌「勇気100%/世界がひとつになるまで」でCDデビューを果たす[8]

2004年、テレビドラマ『3年B組金八先生(第7シリーズ)』に出演。八乙女光鮎川太陽とともに「金八トリオ」として第8回日刊スポーツドラマグランプリ・最優秀新人賞を受賞した[9]

2007年9月24日からHey! Say! JUMPのメンバーに選ばれ、同年11月14日に再びCDデビューする。

2009年12月12日からは『SHE LOVES ME』で先輩にあたる少年隊植草克秀と共演し、舞台単独初主演をつとめる[10]

2008年に堀越高等学校を卒業しているが[11]、それから4年後、2012年1月2日開催のHey! Say! JUMPのコンサートで、早稲田大学人間科学部人間情報科学科通信教育課程に合格したことを公表して、同年4月に入学した[12][13]。8年をかけ2020年3月に卒業[14][15][16]。卒業論文のテーマは「地域密着型のサッカー文化を生み出す背景」[15]

人物[編集]

姉がジャニーズ事務所に履歴書を送ったことがきっかけでオーディションに呼ばれるが、本人はその頃からサッカーに夢中だったため渋っていたという[17]。しかし代わりに買ってあげると言われたサッカーのピンバッチにつられ、オーディションやレッスンに通う日々を重ねた[17]

大人になってからもJリーグや海外サッカー含めて年間150試合を観戦するほどのサッカー通で、2016年4月1日にWOWOWで放送された『伝統の一戦クラシコ直前!生放送スペシャル 今夜決定!バルサ&レアルドリームイレブン』や[18][19]、6月10日に放送された『UEFA EURO 2016TM サッカー欧州選手権 いよいよ開幕!オールナイト生放送 24カ国徹底紹介!ユー(ロ)の推し国を探せ!波乱と革命直前スペシャル』にもゲスト出演し[20]、2020年9月からはサッカー情報番組『リーガダイジェスト!』のMCにも抜擢された[21]

出演[編集]

グループでの出演はYa-Ya-yah#出演Hey! Say! JUMP#出演を参照。個人での出演のみ記載。

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組[編集]

スポーツ番組[編集]

  • リーガダイジェスト!(2020年9月14日 - 、WOWOW) - MC[21]
  • スペインサッカー ラ・リーガ 2020-21シーズン 第7節 伝統の一戦クラシコ バルセロナvsレアル・マドリード(2020年10月24日、WOWOW) - 副音声実況[37]

作品[編集]

曲名 作詞 作曲 JASRAC
作品コード
名義 収録 備考
流星の詩 RT2 TAKAROT,Andrew Choi,DEEZ 1M2-1675-2 Hey!Say!JUMP
薮宏太
アルバム『SENSE or LOVE』〈初回限定盤〉特典CD - 薮ソロ
Tears and Smile[38] 薮宏太 八乙女光 160-6371-6 Hey!Say!JUMP
薮宏太
八乙女光
Rain Dance 久保田洋司 LAWS TIM,LEE STEVE,POOLE KAREN ANN 0Y3-1711-9 Hey!Say!JUMP ライブDVD『Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり!in 東京ドーム』 - 薮ソロ
My Everything 久保田洋司 LEE STEVEN,CARBONE JOEY 151-4525-5 Hey!Say!JUMP ライブDVD『SUMMARY 2011 in DOME』 - 薮ソロ
HA・RU・NA・TSU・A・KI・FU・YU 酒井ミキオ 鈴木Daichi秀行 113-4165-3 薮宏太
未来へ 薮宏太 オオヤギヒロオ 132-4784-1 薮宏太
おと 薮宏太 伊野尾慧 172-2875-1 薮宏太
伊野尾慧
オリジナル色 薮宏太 日比野裕史 163-6437-6 Hey!Say!JUMP
薮宏太
八乙女光
スクール革命 薮宏太 BOUNCEBACK 153-9387-9 Hey!Say!JUMP シングル『真夜中のシャドーボーイ
誓いの空 薮宏太 LUNDGREN MATTIAS JOACHIM,WRETHOV ANDERS,WRETHOV ELIN VIKTORIA 0Z1-4666-1 Hey!Say!JUMP
Score 薮宏太 Joey Carbone,STEVEN LEE 168-5392-0 Hey!Say!BEST
Hey!Say!JUMP
アルバム『JUMP NO.1』 - Hey!Say!BEST
DREAMER 薮宏太 BOUNCEBACK 169-8722-5 Hey!Say!JUMP
Screw 薮宏太 馬飼野康二 178-3454-6 Hey!Say!BEST
Hey!Say!JUMP
シングル『OVER』〈通常盤〉 - Hey! Say! BEST
スナップ 薮宏太 加藤裕介 186-1058-7 Hey!Say!JUMP アルバム『JUMP WORLD』 - Hey! Say! BEST
スクランブル 薮宏太 194-0917-6 Hey!Say!BEST
Hey!Say!JUMP
シングル『Come On A My House』〈初回限定盤2〉 - Hey! Say! BEST
切なさ、ひきかえに 薮宏太 川口進,Joakim Björnberg,Christofer 7B9-6725-1 Hey!Say!JUMP アルバム『smart
UNION 有岡大貴,薮宏太,八乙女光 Andreas Ohrn,Chris Wahle,MiNE 1H6-2018-3 Hey!Say!JUMP
有岡大貴
薮宏太
八乙女光
アルバム『JUMPing CAR』 - 有岡大貴&八乙女光&薮宏太
Go Fighter 八乙女光,薮宏太 Tommy Clint,Atsushi Shimada 1N5-1689-0 八乙女光&薮宏太/Hey!Say!JUMP
Hey!Say!JUMP
シングル『ファンファーレ!』〈初回限定盤2〉 - 八乙女光&薮宏太

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『PLAYZONE 2002愛史』サウンドトラックCDには、薮の「僕はただ…」、少年隊・薮の「愛史〜羽ばたく勇気〜」が収録されている。
  2. ^ 「Sad Song」を披露。DREAM BOY DVDにも収録されている。
  3. ^ 第2幕では伊勢三郎を演じた[26]
  4. ^ シンガポール公演は藪の代わりにA.B.C-Z河合郁人が出演した[33]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Hey! Say! JUMP Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2012年3月1日). 2015年5月6日閲覧。
  2. ^ a b 薮宏太”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2016年12月13日). 2019年3月12日閲覧。
  3. ^ Kôta Yabu”. IMDb (2020年). 2020年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e “Hey!Say薮が下克上?タッキーと座長対決”. Sponichi Annex. (2009年6月20日). オリジナルの2016年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160826134923/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090620045.html 2017年4月30日閲覧。 
  5. ^ 薮宏太&八乙女光、“Ya-Ya-yah”復活が話題「帝劇が揺れた」”. modelpress. ネットネイティブ (2017年1月19日). 2019年2月1日閲覧。
  6. ^ a b 「祝10周年イヤー突入記念!!メンバーの10年で変わったところ大暴露!!」『月刊TVガイド』2017年4月号、東京ニュース通信社、 83-90頁。
  7. ^ Hey!Say!JUMP薮宏太「ジャニーズを辞めようと思った」過去を告白 デビュー後の苦悩&葛藤も”. モデルプレス (2016年5月1日). 2016年5月1日閲覧。
  8. ^ “Ya-Ya-Yah、光GENJIの曲でCDデビュー”. SANSPO.COM. (2002年4月28日). オリジナルの2003年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031005150927/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200204/g_top2002042804.html 2016年8月25日閲覧。 
  9. ^ “金八トリオ 麻薬・自殺未遂 重いテーマに10代が体当たり”. nikkansports.com. (2005年). オリジナルの2005年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051219123449/https://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2005/dgp-0507shinjin.html 2017年7月12日閲覧。 
  10. ^ “「Hey!Say!」薮 植草と“合体”!?”. Sponichi Annex. (2009年10月28日). オリジナルの2009年11月4日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091104154051/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20091028089.html 2018年5月19日閲覧。 
  11. ^ “オトナへJUMP 堀越高卒業式”. CHUNICHI Web. (2009年2月18日). オリジナルの2009年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090221235054/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009021802000129.html 2016年8月25日閲覧。 
  12. ^ “Hey! Say! 薮、4月に早大へ進学”. SANSPO.COM. (2012年1月3日). オリジナルの2012年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120110010430/http://www.sanspo.com/geino/news/120103/gng1201030512002-n1.htm 2016年5月1日閲覧。 
  13. ^ “Hey! Say! JUMP薮、早大合格”. nikkansports.com. (2012年1月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120103-884309.html 2012年1月5日閲覧。 
  14. ^ 薮宏太 (2019年2月27日). 【ぴいぷる】JUMP薮宏太「ゼロからのスタート。だからこそ何でもできる」 4月上演ミュージカルで10年ぶり単独主演(2/3ページ). インタビュアー:田中一毅. zakzak.. https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190227/ent1902270007-n2.html 2019年3月12日閲覧。 
  15. ^ a b 薮宏太が早大卒業 アイドルと両立「挫折しそうに」日刊スポーツ、2020年3月26日)
  16. ^ JUMP・薮宏太、8年がかりで“祝”早大卒業!ド根性で仕事と両立サンケイスポーツ、2020年3月26日)
  17. ^ a b c 薮宏太 (2019年2月27日). 【ぴいぷる】JUMP薮宏太「ゼロからのスタート。だからこそ何でもできる」4月上演ミュージカルで10年ぶり単独主演(1/3ページ). インタビュアー:田中一毅. zakzak.. https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190227/ent1902270007-n1.html 2019年3月12日閲覧。 
  18. ^ “ヘイセイ薮、サッカー番組初挑戦 WOWOW「クラシコ」特番ゲスト出演”. スポーツ報知. (2016年3月24日). オリジナルの2016年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160602185716/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160323-OHT1T50139.html 2017年4月30日閲覧。 
  19. ^ Hey!Say!JUMP・薮宏太、“憧れ”のサッカー番組初出演”. ORICON STYLE (2016年3月24日). 2016年5月1日閲覧。
  20. ^ “Hey!Say!JUMP薮宏太:「ポテンシャル高い」と開催国フランスの優勝を予想 開幕直前のユーロ語る”. MANTANWEB. (2016年6月10日). https://mantan-web.jp/article/20160610dog00m200001000c.html 2018年5月19日閲覧。 
  21. ^ a b “Hey! Say! JUMP薮宏太:「リーガダイジェスト!」新MCに就任 「サッカーファンとしてうれしい」 初回1時間SP&特番も”. MANTANWEB. (2020年9月2日). https://mantan-web.jp/article/20200901dog00m200060000c.html 2020年11月3日閲覧。 
  22. ^ “気持ちがいい!”薮宏太が「ホワイト・ラボ」の総額約4億円のセットに大興奮!!”. ザテレビジョン (2014年4月4日). 2016年5月1日閲覧。
  23. ^ 薮宏太、錦戸亮と初共演!「ウチの夫は仕事ができない」佐藤隆太&壇蜜らが参加”. cinemacafe.net (2017年5月31日). 2017年5月31日閲覧。
  24. ^ 加藤シゲアキと薮宏太「犬神家の一族」でドラマ初共演「2人の掛け合いを楽しんで」”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年12月17日). 2018年12月17日閲覧。
  25. ^ Biography(Hey!Say!JUMP)”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2004年). 2020年2月28日閲覧。
  26. ^ a b c 「『滝沢演舞場』を卒業してからの僕の成長を見てもらいたい!」『BEST STAGE』2015年4月号、株式会社音楽と人、 13頁。
  27. ^ 滝沢秀明主演 時代劇LIVEミュージカル『滝沢演舞城』製作発表記者会見”. シアターガイド (2006年1月24日). 2016年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  28. ^ “キスマイ玉森主演でドリームボーイズ…初演からの歴史”. スポーツ報知. (2016年6月29日). オリジナルの2016年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160701102524/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50085.html 2017年7月12日閲覧。 
  29. ^ 薮宏太主演『SHE LOVES ME』製作発表会”. シアターガイド (2009年10月28日). 2016年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月1日閲覧。
  30. ^ 薮宏太「気持ちの高ぶり方がハンパない」 舞台「40カラット」で大地真央の恋人に”. 共同通信社 (2013年9月18日). 2016年5月1日閲覧。
  31. ^ “ジャニーズ舞台開幕!セクゾンら若手総出”. nikkansports.com. (2013年12月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20131208-1228572.html 2016年12月4日閲覧。 
  32. ^ 10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る”. NEWSポストセブン (2015年4月18日). 2017年5月31日閲覧。
  33. ^ 滝沢秀明 「滝沢歌舞伎10th Anniversary」DVD化”. ローチケHMV. 2016年8月25日閲覧。
  34. ^ Hey! Say! JUMP薮宏太がカンテレ新作ミュージカル『ハル』で約10年ぶりに主演決定!”. TVLIFE Web. 学研プラス (2018年12月15日). 2018年12月15日閲覧。
  35. ^ ダウンタウン、アカデミックな新番組に「賢い部分見て」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2013年10月15日). 2018年5月19日閲覧。
  36. ^ 過去の放送内容”. 100秒博士アカデミー. TBS (2014年). 2018年5月19日閲覧。
  37. ^ Hey! Say! JUMP薮宏太、自身初の挑戦「一緒に楽しんでいただけたら」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年10月19日). 2020年11月3日閲覧。
  38. ^ 週末 YY Jumping”. 週末YYJumping. テレビ東京. 2020年11月1日閲覧。